ゼクシィ縁結びカウンター無料相談レポ!手頃な価格と充実サポートに驚き!

| 婚活
Share:

ゼクシィ縁結びカウンターで婚活に加速!無料相談体験レポ!

「結婚したいけど出会いがない~!」そんな不安や焦りを感じているなら、流行りの婚活サービスを利用してみませんか?

年々増加する婚活サービスですが、費用や実績が気になってなかなか最初の一歩を踏み出せないということもあるはず。そんな人におすすめしたいのがゼクシィ縁結びカウンターです。

  • 婚活サービスで結婚する割合⇒11%
  • 調べた口コミ⇒85件
  • 調べた時間⇒約20時間

この記事ではゼクシィ縁結びカウンターの実態をあらゆる視点から調査しています。費用や活動内容、そしていちばん大切な出会い率や成婚実績など、知りたい情報を全部まとめました。

ゼクシィ縁結びカウンターの悪い口コミから分かったデメリット

ネットが主流の婚活サービスとあって、公式サイトはわかりやすく充実しています。けれど、キレイな言葉ばかりが並んでいると、「信じていいの?」とかえって疑いたくなるのも本当のところ。真実を知るために、悪い口コミをチェックしてみましょう。

  • もっと相談に乗ってほしかった…
    4/5
    匿名希望
    時期が悪かったかもですが、担当のコーディネーターさんが忙しくなかなか相談もできません。

    http://婚活サイト.net

  • 結婚への真剣度はやや低め?
    4/5
    トニー
    全員が活動しているとは限らないということ。(中略) 趣味や友達の優先したい方、時間をかけてお相手をじっくり検討したいと考える方向けなのかもしれません。

    https://konkatu-review.com

  • 会員検索にやや不満
    4/5
    会社員
    年齢と居住地くらいでしか、検索ができません。 大手結婚相談所ではもっと、趣味や職業など、細かく設定できたので、それと比べると物足りなさは感じます。

    婚活ナビ+(プラス)

  • カウンセラーに期待しすぎちゃダメ
    4/5
    37歳男性
    基本的には自分で活動して、たまにカウンセラーに相談をするという程度の存在です。

    婚活ナビ+(プラス)

チラホラと目につくのが、婚活のサポーター的存在であるカウンセラー(ゼクシィ縁結びカウンターではマッチングコーディネーターと呼ばれる)に関するもの。

手取り足取りとあらゆる面をサポートしてくれるイメージのある結婚相談所のカウンセラーですが、ゼクシィ縁結びカウンターではマッチングコーディネーターからの積極的な働きかけはあまりされないようです。

他には、リーズナブルで手軽なサービスだからこそ、登録会員の結婚への真剣度が足りないと感じる人もいるようです。

ゼクシィ縁結びカウンターの良い口コミから分かったメリット

悪い口コミを見て気後れするのはまだ早い!口コミの大半は、実は「始めてよかった」のような高評価が多いのです。どんな点が評価されているのかチェックしてみましょう。

  • 始めやすい料金がうれしい
    5/5
    看護師
    興味はあったけど、お高い初期費用がネックでなかなか踏み込めず。しかし、ゼクシィカウンターは他よりも圧倒的に安かったので、これなら払えると思い入会しました。

    婚活ナビ+(プラス)

  • 安定の会員数できちんと出会える!
    5/5
    ポピーポ
    会員の質も良く、大手企業に勤めている男性も多くいました。(中略) 入会1か月目できちんとお見合いすることができましたし、現在までに10人くらいの人とお見合いして仮交際しています。

    http://婚活サイト.net

  • スタッフのサポートがスゴい!
    5/5
    はじめ
    一番安いコースに入会しましたが、それでもカウンセラーの方は一生懸命話を聞いてくれた(中略)活動4ヶ月めですが、価値観のあうかわいらしい女性に巡り合うことができました。

    http://婚活サイト.net

  • リーズナブルだけど信頼できます
    5/5
    ゼクシー
    キレイで素敵なサロンで驚きました。 (中略) 最終的に料金が非常に安いことと、接客してくれたスタッフの人がいい感じだったから入会しました。

    http://婚活サイト.net

誰もがまずいちばんにあげるのが始めやすい料金設定。スポーツクラブに通うくらいの月会費で始められるから、金銭面で負担を感じることが少ないようです。

まだ新しいサービスにもかかわらず、会員数が多い=出会いのチャンスが多いのも人気の理由となっています。

【体験レポ】ゼクシィ縁結びカウンターの無料説明会に行ってみた!

ゼクシィ縁結びカウンターではファーストコンタクトとして無料相談会をおすすめしています。実際にカウンセラーと話せて、気になることを直接ぶつけられて、しかも無料(!)とあれば、入会に悩むヒマがあるならとりあえず参加しておいて損はないでしょう。

とは言え、「無理に入会を勧められないか」とか「根堀り葉掘り聞かれてイヤな思いはしないか」といった不安を感じてしまう人も多いはず。そこで今回、絶賛婚活中のライター(30代)が無料相談会にチャレンジ!

予約から店舗まで

無料相談会はネットから予約できます。

まず北海道・首都圏・東海・関西・九州の各ブロックから最寄りの店舗を選びます。すると、予約の空き状況が確認できるカレンダーが表示されるので希望日時を選択し、最後に個人情報を入力すれば完了!

ちなみに個人情報といっても名前と性別、年齢、住まいのある都道府県、電話番号、メールアドレスくらいなので、慎重すぎる性格の私でも抵抗なく入力できました。

私が選んだ店舗は銀座店。

テレビで紹介されて以来、1ヶ月先まで予約でいっぱい……という噂でしたが、翌週土曜の予約を無事に確保。ただ、仕事明けに参加しやすい夕方の時間帯は週末を中心に埋まりやすいようなので、やはり早めの予約が肝心のようです。

そして、いよいよ当日。

銀座店は各線銀座駅から徒歩5分くらいの好立地にあります。コリドー街から1本内側に入った場所にあって、わかりやすい場所のわりに人通りはそれほどありません

ディスプレイに「ゼクシィ縁結び」の表示があって一瞬ひるんでしまいましたが、まるでインテリアショップのようなおしゃれな雰囲気のせいか、あまり身構えることなくビル内へ入れました。

トビラを開けるとそこはもう縁結びカウンター。逃げも隠れもできません。

受付をしてもらうと待たされることなくすぐに個室に案内されます。他の人とバッティングしない気遣いがけっこううれしいです。

登録者の年収や美人かどうかが気になる!

個室に通されると、自分の職業や性格、相手に求めることなどについての簡単なアンケートに記入しました。

ちょうど記入を終えた頃に部屋に入ってきたのがマッチングコーディネーターさん。結婚相談所では一般的にカウンセラーと呼ばれる人で、婚活のアドバイザーとして専任でサポートしてくれるんだとか。

お互いに挨拶をしつつ、アンケートの内容を確認していくのですが、さすがはプロのマッチングコーディネーターです!

営業されているような雰囲気がなく、婚活をテーマに話しているだけのようなナチュラルなトークのせいか、「相手の年収は500万円はほしい」だとか「1年以内に真剣に付き合える相手を見つけたい」だとか、自分でもハッキリと自覚していなかった希望や要望がスラスラと口から出てきます。

その結果、現時点で自分の希望する条件にマッチする相手が、ゼクシィ縁結びカウンターに400人超もいることが判明。

そして最後に資料とともにプランの説明。「お、いよいよ勧誘タイムか?」と思っていたのですが、なんと簡単な内容説明だけで終了して「興味がわいたらまた連絡を下さい」の言葉でお開きとなってしまいました。

「えー!ここまで勧誘ナシで本当にいいの?」と心配になるほどアッサリと終了。所要時間はネットに告知されていたとおりほぼ1時間ジャストでした。

入会を考えようかな…

マッチングコーディネーターさんと話したことで、今まで漠然としていた結婚へのイメージがクリアになったせいか、無料相談会の帰り道から私の心はかなり激しく浮き足立った状態に。

その後1週間くらい、本当に求める相手や結婚後のイメージについて考え続けていたのですが、ふと気づいたことがありました。「あれ?勧誘の電話がない」

そうなんです。無料相談会で電話も住所もメールアドレスも伝えているのに、電話や手紙どころか、メールの1本も届かないのです。ここまで徹底されると逆に淋しいくらいです!

マッチングコーディネーターさんが「結婚は自分で決めるものだから、私たちはそのサポートをしているにすぎない」とおっしゃってましたが、勧誘が一切ないのも、自分の気持ちを大切にしてほしいという気持ちの表れなのかもしれません。

そして、あの日から高まり続ける婚活意欲を考えると、まずはシンプルプランから始めてみようかなと思う私です。入会、しちゃおうかな……。

無料相談の予約はこちら

【他店比較】自分に適しているのはどれ!?

どうせお金を払って婚活するなら、できるだけ自分にぴったりの婚活サービスを見つけたいところ。そこで、ゼクシィ縁結びカウンターに並んで人気の高い婚活サービス2社の特徴を比較しました。

ゼクシィ縁結びカウンターvsツヴァイvsオーネット

ゼクシィ縁結びカウンターと同じようにネットや広告で知名度の高い婚活サービスと言えば、ツヴァイとオーネットがあります。

婚活サービスと言ってもいろいろなスタイルがありますが、この3社はいずれも登録者のデータから条件に見合う相手を見つけるデータマッチング型。そして同じスタイルだからこそ、それぞれに微妙な違いや特徴があるのです。

婚活を知られたくない人は「ツヴァイ」

イオンが運営する婚活サービスです。

価値観マッチングと呼ばれる独自の検索によって、見た目や職業を超えた精度の高いマッチングを行っています。また、双方の希望を組んで紹介する両側紹介を基本としているので、実際に出会ったときの満足度が高いと言われています。

ネックとされるのがお付き合い期間。

正式なお付き合い後、3ヶ月で別れるか結婚するかを決めなければならず、「短すぎる」と感じる人もいるようです。

会員数の多さなら「オーネット」

楽天が運営する婚活サービスです。

最大の魅力が出会いの多さ。会員数は約46,000人(2016年度)で、ツヴァイの約32,000人、ゼクシィ縁結びカウンターの約23,000人を大きく上回っています。年間198人もの相手に申し込みができるため、出会いの確立はかなり高いと言えるでしょう。

ただし、オーネットでは相手の写真をなかなか確認できないというデメリットも。

年3回&店舗でのみ、写真付のプロフィール検索が可能ですが、それ以外は申し込みをOKしてもらえるまで写真を見られないので、「イケメンor美女しかイヤ!」という人にとっては不満が多いかもしれません。

コスパの良さなら「ゼクシィ縁結びカウンター」

ツヴァイにもオーネットにも負けないゼクシィ縁結びカウンターの魅力と言えば、やっぱりリーズナブルな料金設定

月会費は3社ともほとんど変わらないのですが、大きく違うのは初期費用です。ツヴァイは105,000円(プランによっては145,000円)、オーネットは106,000円かかるのに対して、ゼクシィ縁結びカウンターは30,000円。他社に比べておよそ3分の1の価格で活動を始められるのです。

気軽に始めたいなら「ゼクシィ縁結びカウンター」がおすすめ

マッチング力のツヴァイ、出会いのオーネット、コスパのゼクシィ縁結びカウンター、それぞれに魅力があってどれを選べば正解というものではありません。

でも、もし今「婚活したいけどなんだか不安」だと感じているなら、ゼクシィ縁結びカウンターがおすすめ。結婚情報誌でもおなじみの圧倒的な知名度、そして気軽に始めやすいリーズナブルな料金設定のおかげで、婚活を始めるにあたっての不安がぐんと減るはずです。

無料相談の予約はこちら

ゼクシィ縁結びカウンターの特徴

人気はコスパだけが支えているわけではありません。他の特徴を詳しく見ておきましょう。

大手「リクルート」が運営している

ゼクシィ縁結びカウンターを運営するのは、結婚情報誌「ゼクシィ」を発行するリクルートです。ゼクシィなどの出版事業の他、じゃらんなどのメディア事業、Indeedなど人材採用事業など、さまざまな分野でトップを走る企業。

あらゆる分野で成功を収めてきた大手企業だからこそ充実したサービスと低価格を実現し、2015年のスタートからたった数年で急成長を遂げたのでしょう。

会員年齢層が若め

ゼクシィ縁結びカウンターの会員数はおよそ23,000人ですが、特徴的なのはその内訳。

入会資格は男性が18~54歳前後まで、女性が18~45歳前後とそれなりに広く設定されていますが、実際には男性の58%が31~40歳、女性の69%が20~35歳となっていて、他の婚活サービスに比べると年齢層が若めです。

店舗数は20店程度

東京や大阪など都心部を中心に全国に22店舗あります。北海道から九州まで全国にありますが、それほど店舗数が多いとは言えず、人によっては通える範囲に店舗がないということもあるでしょう。

ただ、サービス開始時には数店舗しかなかったことを考えると、今後も店舗が増える可能性大です。

店舗一覧はこちら

入会1ヶ月で8割の人がトライアルデート成立

婚活サービスでは「ちゃんと出会えるか」も重要なポイントですが、ゼクシィ縁結びカウンターではなんと80%の人がわずか1ヶ月で初デート(トライアルデート)に成功しているのだとか。

会員専用のページを自宅でも気軽にチェックできる、プランによっては6名以上の紹介が確約される、システムではなくコーディネーターが相手を選んでくれるなど、出会いのチャンスや精度を上げるためのノウハウが充実しているからこその実績と言えるでしょう。

ゼクシィ縁結びカウンターでの心配な点

利用者の満足度が高く、人気も急上昇中ですが、人によっては向き・不向きがあるかもしれません。

と言うのも、ゼクシィ縁結びカウンターでは出会いのチャンスを自分でつかむことが基本なのです。

もちろん、専任のマッチングコーディネーターは困ったときにしっかりバックアップしてくれます。「会話が弾まない」「どうすれば第一印象をあげられる?」など、ちょっとした不安にもしっかり応えてくれます。

ただ、こうした相談も相手選びもデートの申し込みも、やるかやらないかを決めるのは自分

そのため、自分では決められない、自分からは言い出しづらい……そんな受け身姿勢の人には不満が残る可能性があります。

ゼクシィ縁結びカウンターの支払い方法は?途中解約できる?

誰でも「出会い」にお金はあまりかけたくないもの。いくらリーズナブルでコスパ抜群なゼクシィ縁結びカウンターとは言え、お金に関することは気がかりの1つではないでしょうか?

そこで、支払いなどお金にまつわる基本情報をまとめました。

支払い方法は口座引き落とし

入会金や月会費の支払いは、翌月26日の口座引き落としとなっています(26日が土日祝の場合はその翌日)。契約の場でいきなり「現金で!」と言われることはないので、余裕を持って支払いすることができます。

途中退会可能で手数料の発生はなし

「もう止めたい」と思ったのになかなか止められない、そんな契約のゴタゴタはよくある話。けれど、ゼクシィ縁結びカウンターに関してはそんな心配は一切不要!

退会の受付は毎月20日まで。つまり、思い立ったらすぐに退会することが可能なのです。さらに退会にかかる費用は一切発生しないので、入会時と同じように気軽に婚活をストップできます。

クーリングオフ可能

契約した直後に運命の出会いがあったらどうなるの?……なんて不安を感じている人も大丈夫!

ゼクシィ縁結びカウンターの契約はクーリングオフの対象なので、契約日から8日以内であれば書面で契約の無条件解約&全額返金が可能です。

休会は月1000円で可能

婚活の中心となる30代になると、急に忙しくなって婚活するヒマがなくなるということもあるでしょう。

そんなときには休会制度が便利です。毎月20日までに申請すれば月1,000円で休会できる制度で、期間にも回数にも制限がないので、気兼ねなくONとOFFを使い分けることができます。

パーティやセミナーは別料金

会員情報の検索や紹介の他にも出会いの場を増やしたいなら、会員限定のパーティや婚活セミナーへの参加もおすすめです。

ただし、どちらもオプションサービスで月会費とは別に費用が発生するので、「今月は気合を入れたい」「婚活に悩んできた」など状況に応じて参加するといいでしょう。

成婚料なし

一般的な結婚相談所では成婚にかかる退会に20万円や30万円の成婚料がかかるもの。けれど、ゼクシィ縁結びカウンターでは運命の相手に出会って結婚しても一切の費用がかかりません!

重い負担がないので、ハッピーな気持ちのまま結婚に向けて前向きに進んでいけるはずです。

ゼクシィ縁結びカウンターの会員数はどうして多い?

始まってわずか2年ほどのサービスなのに、会員数は23,000人。ここまで多いのはなぜでなのか、気になる実態を調べました。

「CONNECT-ship」参画各社会員が登録

ゼクシィ縁結びカウンターの会員数は全国で約8,700人とされています(2017年現在)。

でも、「23,000人じゃないの?だまされた!」と考えるのはちょっと待って!実際に出会える会員数は本当に約23,000人なのです。

その秘密はCONNECT-ship(コネクトシップ)への参画

コネクトシップは信頼できる婚活サービス事業のみで構成されたネットワークで、そのネットワークに属する会員を互いに紹介し合うことができるサービスです。

コネクトシップ会員のうち、ゼクシィ縁結びカウンターへのマッチングを許可されている会員が147,000人ほどいるため、合計して23,000名という数字が出ているのです。

「パートナーエージェント」の会員が登録

ゼクシィ縁結びカウンターにはコネクトシップ会員の他にも出会いのチャンスを高める制度があります。

それがパートナーエージェントの存在です。

パートナーエージェントとは1年以内の高い成婚率で知られる結婚相談所ですが、その登録会員のうち「マイPR」サービスを利用するおよそ3,000人の会員とも出会いの場が提供されているのです。

ゼクシィ縁結びカウンターの写真撮影会って何!?

オプションサービスにはなんと写真撮影会まであるとの情報が……!写真撮影会がどうして婚活サービスに必要なのか、そしてどんなことをするのか、調べました。

登録写真は最重要情報!

婚活サービスでは本人と直接対面するより前に写真で身なりを判断されるのが一般的で、ゼクシィ縁結びサービスも例外ではありません。

マッチングコーディネーターから紹介を受けることもありますが、ほとんどの場合、マイページ経由で会員情報を検索し、写真とプロフィールから相手を選ぶことになります。

つまり、何気なく選んだ写真が自分の第一印象を決めてしまうことになるのです!「でも、プロフィールに使うような写真なんてない!」と焦る必要はありません。写真撮影会に参加すれば問題解決です。

プロに撮ってもらうなど3パターンの写真撮影

写真撮影会ではプロのカメラマンがプロフィール写真を撮ってくれます。撮影には2パターンあり、撮影のみが4,860円、ヘアメイク付の撮影が9,720円となっています。

値段だけ見ればそれなりに高額ですが、写真のおかげで出会いのチャンスがUPすると思えば、これくらいの初期投資は安いもの!

撮影会は設定日が限られていて、思い立ったらすぐにプロの写真が手に入るわけではありません。けれど、それまでは婚活のプロであるマッチングコーディネーターが撮影してくれた写真が使えるので安心。しかも、無料です。

プレミアムプランがおすすめ

気合いの入ったプロフィール写真を手に入れたら、出会いはもう思いのまま!……といかないのが婚活のむずかしいところ。婚活には運とタイミングも必要なので、すぐに相手が見つかるとは限りません。

そこで重要なのがプラン選び。ゼクシィ縁結びカウンターには3つのプランがあり、どのプランも検索からの申し込み(ファーストコンタクト)が月10人までとなっています。

  • シンプル:9,000円(検索のみ)
  • スタンダード:16,000円(検索+紹介)
  • プレミアム:23,000円(検索+紹介)

検索だけだと相手から断られてしまうことも多いのですが、スタンダードとプレミアムはマッチングコーディネーターによる紹介がプラスされるので、自分にぴったりの相手と出会えるチャンスが広がります(申し込みは月6人まで)。

さらにスゴいのがプレミアムで、なんと月1件以上のファーストコンタクト成立が確約されているのです。言い換えると、プレミアムプランなら月1人以上との出会いが保障されているということ。

さらに、万が一ファーストコンタクトが成立しなければ当月の月会費が7,000円OFFになるとあって、コスパ面もばっちりです。

プロの写真を最大限に活用したいなら、出会いのチャンスを確実にできるプレミアムプランを選ぶのがベストです。

ゼクシィ縁結びカウンターの疑問解消Q&A

誰もが気になる不安や疑問に答えていきます!

ゼクシィ縁結びカウンターは結婚相談所なの?

結婚につながる出会いの場を提供する婚活サービスです。

結婚相談所は仲人があらゆる面で結婚までの道をサポートするのに対し、ゼクシィ縁結びカウンターは出会いから結婚までの過程は普通の恋愛とほとんど変わらないことを考えると、結婚相談所とは違う新しい婚活サービスと考えるほうが自然かもしれません。

既婚者や冷やかしが登録していない?

入会の必要書類に本人確認書類や収入証明書、3ヶ月以内に発行された独身証明書が含まれているので安心。さらに、入会時には結婚の意思確認を行っているので真剣度の高い入会者が多いです。

どの位の期間で結婚が決まるものなの?

個人差はありますが、登録から1年が目安のようです。

半年から1年ほどで結婚を前提とした真剣交際に進む人がほとんどだと言われています。この数字は公開されているわけではありませんが、会員期間は1年(以降は自動更新)で、1度目の更新を前に退会を決める人が多いとされています。

また、ほとんどの婚活サービスでは3ヶ月~半年の交際期間を推奨し、その期間を目安にマッチングコーディネーターが2人の背中を後押ししてくれるので、通常の出会いよりもスムーズに結婚が決まりやすいようです。

会社や家族や友人にバレたりしない?

勧誘電話が一切なく、入会後の連絡はすべてメールなのでバレません!活動の基本もパソコンやスマホから利用できる会員専用ページ。活動を通じて会社や家族、友人にバレる心配はありません。

ゼクシィ縁結びカウンターの成婚率は?

公開されていませんが、30~40%前後だと推測されます。

入会後わずか1ヶ月で80%の人がファーストコンタクトに成功しています。これは出会いの多さや会員の積極性を物語る決定的な証拠

有名な結婚相談所の成婚率は平均して20~30%ほどと言われていますが、これだけ高いマッチングを実現しているゼクシィ縁結びカウンターなら、さらにその上の成婚率であっても不思議ではないのです。

ゼクシィ縁結びカウンターで結婚までの最短ルートを行こう!

2015年のスタート以来、ぐんぐん会員数を伸ばしているゼクシィ縁結びカウンター。

月9,000円で始められるリーズナブルな料金にもかかわらず、リクルートが運営するだけあって安心感もサポート体制も業界最高レベルと言えます。

結婚はしたいけれど何から始めればいいかわからない、そんな悩みがあるなら、婚活のプロ・マッチングコーディネーターと話せる無料相談会だけでも試してみて下さいね。

無料相談の予約はこちら