ウォーターサーバーは苦情が多い!?3社のデメリットや契約時に要注意することは?

| ウォーターサーバー
Share:

ウォーターサーバー3社の苦情は?元バイトが解説

最近では、ウォーターサーバーを導入している家庭も多く、持っていない場合も導入を検討している人が多いのではないでしょうか?確かにウォーターサーバーは便利なものですが、選び間違えると後で後悔することになります。

  • 調査したメーカー⇒30社
  • 調べた口コミ⇒200件
  • おすすめのウォーターサーバー⇒2社

この記事では、ウォーターサーバーによくある苦情をメーカーごとにまとめ、契約時に注意が必要なことも教えます。さらに、30社の調査と200件の口コミを調べてわかった、おすすめのウォーターサーバーメーカーも発表します。

フレシャスのよくある苦情は?

スタイリッシュなデザインでかっこいいと、大人気のウォーターサーバーですが、実は、実際設置した人たちから多くの苦情が出ているのを知っていましたか?

水が臭い・カビ臭く感じる

よくある苦情のひとつとして、「水が変な臭いがする」というものがあげられます。

フレシャスのウォーターサーバーは、自動クリーニングシステムが搭載されているので、水パック交換時にボタンひとつで、サーバー内をきれいにしてくれ、サーバーを清潔に保つことができます。
では、ぜ水が臭くなってしまうことがあるのでしょうか?
それは、サーバー内のパイプなどの部品が汚れている場合です。自動クリーニングが搭載されていることから、自分では何も清掃しなくて良いと思っている人が多いですが、細かい部品などは月に一回程度自分で水洗いする必要があります。
このことを知らず、メンテナンスを行なっていないために、水の臭いの素となる汚れやカビが発生してしまった結果、水が臭くなったということです。
また、ウォーターサーバーの設置場所が正しくない場合もあります。直射日光が当たる場所など、一般的に食品を置いておくにはふさわしくない場所にウォーターサーバーを置いていませんか?これでは、水が早く悪くなって、賞味期限前でも水の臭いが少しおかしくなることもあるでしょう。

水の宅配休止に手数料がかかる

解約時に解約金がかかる、ということもよくある苦情です。

ただ、どんな場合でも解約金がかかるわけではなく、一定の条件があります。フレシャスのウォーターサーバーを契約して1年経たないうちに解約をすると、解約金として5,000円がかかるという条件です。そのため、1年以上使用してから解約する場合は、なんの費用もかかりません。
解約金については、契約時に必ず説明、もしくは契約詳細などに書かれていたはずで、了承してから契約したということになっています。
さらに、メーカーは、高価なサーバー本体を一台使うことになるので、あまりに早くやめられてしまうと、サーバー代も回収出来ず、赤字になってしまうという事情もあると思います。
「解約金があるなんて知らなかった」という不満を持たないようにするために、契約する前に契約内容についてしっかり確認しましょう。

お湯が出ない

お湯が少しずつしか出ないけど、壊れているのでは?」という苦情もよくあります。これは、メーカーが故意に設定しているものです。
なぜそういう設定をしているかというと、お湯が大量に出ると、事故が起きる確率が高くなるからです。はずみでお湯を押してしまった時に、大量の熱湯が出てきたら……と考えれば非常に危険なことがわかりますよね。

また、カップに注ぐ時でも、熱湯が勢いよく出てくると跳ねたお湯でやけどをしてしまう可能性があります。
これらの危険を回避するために、「わざと」お湯が少ししか出ないようにしてあるのです。

水交換が面倒

フレシャスの水パックは、他社のものと比べて、容量が少なくなっています。それは、とくに女性が水パックを交換するときの負担を少しでも軽くするために、水パックを小さめにしているのだそうです。
交換頻度が高いのが面倒、重くても交換回数が少ない方が良い、という人は、他メーカーを選んだ方がよいでしょう。

クリティアによくある苦情は?

クリティアのウォーターサーバーといえば、そのデザイン性に人気があります。amadanaとコラボして出来上がったサーバーは、高級家具のようなおしゃれな雰囲気を醸し出しています。しかし、サーバーの機能自体に対する苦情は多いようです。

水の交換が大変

クリティアのウォーターサーバーは、ボトル式です。パックに比べてボトル自体の重さもあるうえに、ボトルの中には12Lもの水が入っているので、その重さはかなりのものです。
その重さのボトルを上に持ち上げないといけないので、女性には厳しく、高齢者は危険なのでやめておいた方が良いというレベルです。

水を受け取れなくてもお金がかかる

配送のタイミングが合わず、水を受け取れなかったのに、課金はされていたという口コミがありました。さらにこの人の場合、1年半ほどそのままにしていたら、水は届かないまま課金だけはずっとされていたそうです。
もちろん、顧客の方も解約の手続きをとれば良かったのですが、一般的な日本の企業の場合は、一回受け取りが完了しなかった時点で連絡がつくまで携帯やメールに連絡をしてきてくれます。
それをずっとほったらかしにして課金だけ継続するというのは、企業のシステム自体が良くないと言わざるを得ません。

入会後の対応が悪い

電話対応が非常に悪いという口コミを多くみかけました。上品なサーバーのデザインとは反対の、とても品のない対応をされるということです。
ある人は、年配の女性の偉そうな態度で対応され、他のある人は、若い女性からタメ口で対応されたということです。普通の生活でも、知らない人にタメ口を使ったり偉そうな態度を取ったりしせんよね。顧客とメーカーという立場ならなおさらです。
経営者の方々はこれらの口コミを真摯に受け止めて、カスタマーサービスを改善した方が良さそうですね。

サントリーで聞く苦情は?

サントリーは大手の飲料メーカーなので安心感がありますよね。その安心感で選ぼうと思っている人もいるかもしれません。しかし、サントリーのウォーターサーバーに関する苦情もたくさん見つかりました。

水の臭いが気になる

一番多くみかけた口コミが「水が臭い」ということ。ビニール臭い、容器が臭いという意見が多く寄せられていました。
それと同時に、「サントリーの水がおいしすぎる!」という意見も多かったため、何の違いなのか調べていったところ、ウォーターサーバーの設置場所に問題があることが原因であることがみえてきました。
サントリーのホームページで説明されているとおり、水の品質を維持するためには、下記の場所は避けるように書かれています。
屋外、直射日光の当たる場所、熱源の近く、湿度の高い場所、不衛生な場所、洗剤など臭いの移りやすいものの近く、ペットのケージの近く
サントリーの水が臭いと感じた人は、まず設置場所について再検討をしてみてはいかがでしょうか?

サーバーが大きい

サントリーのウォーターサーバーはすべてボタンで操作することができます。注水温度までボタンで選択できるので、とても便利です。

しかし、問題は、そのサーバーの大きさ。広いおうちならば問題ないと思いますが、一人暮らしのアパートに置くと、その存在感は大きすぎるようです。サントリーのウォーターサーバーは、一軒家など比較的空間に余裕がある家でない限り、やめておいた方が良さそうです。

コストがかかる

サントリーはペットボトルの飲料水も有名です。「南アルプスの天然水」など、スーパーやコンビニでも売っているため、飲んだことがある人も多いでしょう。
このペットボトルの水とサントリーのウォーターサーバーの水の値段を比較すると、なんとペットボトルの方が割安であるということです。
550mlのペットボトルはさすがに割高ですが、2Lのペットボトルであれば、ウォーターサーバーよりもかなり割安です。25Lで比べると、ウォーターサーバーは3,980円、2Lペットボトルは1,210円なので、価格は三分の一以下という結果です。
ウォーターサーバーはボタンひとつで水が出てくる手軽さや、お湯も出るという便利さ、ペットボトルのようにゴミがかさばらないなどあるので、求めるものによってどちらが良いかは変わってきます
ただきれいな水が飲めれば良いという人は、ペットボトルの方がお得です。

要注意!苦情に繋がりやすい契約手法

契約手法については、ほかのウォーターサーバーでもよくみかける苦情のひとつになります。その注意点を紹介します。

景品でウォーターサーバーが当たった

モールなどで行われているイベントで、ウォーターサーバーが当たり喜んでその商品を受け取った人がいました。
これは、水を売るために高価なウォーターサーバーを無料で渡すという商法です。「景品商法」といわれるもので、違法になることもあります。
そもそも、ほとんどのウォーターサーバーは、サーバー代はかかりません。その後に1年以上など、継続して水を注文してもらうことを前提に無料でサーバーを貸し出すのです。
そのため、景品でウォーターサーバーだけをもらっても普通に契約したのとなんら変わりはないのです。もし、数年分の水も無料でついてくるのであれば、景品として受け取る価値もあるでしょう。

引っ越し業者の電話勧誘での契約

引っ越し業社が勧誘してくるものといえば、ネット回線の契約などがありますが、ウォーターサーバーもそのひとつです。
引っ越し時などにウォーターサーバーのチラシを渡され、後日引っ越し業社の営業担当の人から電話がかかってきてます。
「引っ越しを依頼してもらった特典で、ウォーターサーバーを無料でレンタルできますがいかがですか?」などと勧誘をします。何度も勧誘されるうちについお得なような気がして契約してしまった人もいるようです。
しかし、待ってください。これは、景品商法と同じ契約手法です。基本的はサーバー代はかからないので、わざわざ焦って引っ越し業社の勧誘に乗ることはないのです。

苦情の少ないウォーターサーバー2選

多くの口コミから分かった、ほんとうにおすすめできるウォーターサーバーを紹介します。

フレシャス

\富士山を含む採水地が選べる天然水/

Source: 公式サイト

フレシャス

  • サーバー料金:無料
  • 水の価格:1,140円〜(7.2L)
  • 水の種類:天然水
  • 最低注文数:2本
  • 配送料:無料
  • ボトルの種類:ワンウェイボトル

一番目のおすすめは「フレシャス」です。
苦情が多いウォーターサーバーとして紹介したフレシャスですが、ひとつひとつ苦情の内容をみていくと、ウォーターサーバーの設置場所やメンテナンス方法に間違いがあって起こったことなど、使う側が原因であることが多いことが分かりました。
【メリット】

  • 省エネ
  • 自動クリーン機能
  • 軽量の使い捨て水パック
  • おいしい天然水

【デメリット】

  • 水パック交換頻度が高い
  • 解約手数料がかかる

水パックの交換頻度がネックですが、逆に水パックが軽いということは、メリットにもなるのです。高齢者や女性に特におすすめのウォーターサーバーです。
公式サイトを見てみる

クリクラミオ

\富士山の恵み!バナジウムたっぷりの天然水/

Source: 公式サイト

クリクラミオ

  • サーバー料金:無料
  • 水の価格:1,400円(8L)
  • 水の種類:天然水
  • 配送料:無料
  • 最低注文数:1本
  • ボトルの種類:ワンウェイボトル

おすすめポイントは、かかる費用がお水だけであるということ、サーバーレンタル代、ボトル配送料、メンテナンス料もすべて無料です。

【メリット】

  • 水代以外無料
  • 注文単位が1本
  • 使い捨てペットボトル

【デメリット】

  • 水ボトルが重い
  • 解約手数料がかかる
  • サーバーのデザイン性がない

クリクラミオが特徴的なのは、水注文のノルマ(最低注文数)にあります。一般的には、最低月に2本ですが、クリクラミオは1本でOK一人暮らしの人も水を使い切れるか心配することなく、契約することができます。
公式サイトを見てみる

苦情を知り自分に合うサーバーを見つけよう!

様々なウォーターサーバーの苦情をみていくと、どのようなものが自分には合っているのかが少し見えてきたと思います。

ウォーターサーバーのいろいろな契約手法に乗せられて契約するのではなく、じっくりどのウォーターサーバーが自分に合うのかを検討して、自分の好きなタイミングで契約しましょう。そうすることで、契約後の後悔を避けることができますよ!