WiMAX2+の失敗しない選び方!おすすめプロバイダー・ルーター・契約プランは?

| 通信機器
Share:

WiMAX2+の選び方とおすすめを紹介!

WiMAXはポケットWi-Fiの中でもお得なイメージ。しかし取り扱っているプロバイダー会社も多いため「どのプロバイダーと契約すればいいの?」と迷っている人も多くなりやすいのが現状です。

そこで今回は、最新のWiMAX2+を契約できるプロバイダーを一括調査。どのプロバイダーが一番お得なのか徹底的に比較しました。

  • リサーチしたプロバイダー会社19
  • 参考にしたサイト⇒約30件
  • 総リサーチ時間⇒約40時間

「これが良かった!」という意見から「これをして失敗した…」など、成功から失敗まで幅広い口コミを分析。その中で見えてきた失敗しない選び方や注意点を編集部がまとめて、ここでしっかりアドバイスしていきたいと思います。

お得度No.1プロバイダーはこちら

WiMAX2+の基本の3つの選び方

まずは「WiMAX2+にしよう!」と決めた後に迷いやすい3つのポイントをご紹介。このポイントを押さえておくだけで、あなたにピッタリのWiMAX2+を選びやすくなります。

お得なプロバイダーを選ぶ

各プロバイダーは新規顧客を得るために、お得なキャンペーンを行っていることがほとんどです。特にユーザーから見て分かりやすいお金の面でメリットがある内容が多く、金額や内容も各社それぞれ。

期間限定キャンペーンとタイミングが合えば、通常よりお得度がかなり上がることもあるので要チェックです。

プロバイダーのチェックポイントはこれ!

  • 月々の料金が安くなる
  • キャッシュバック発生
  • 解約金を負担してくれる

性能の良いルーターを選ぶ

ルーター(端末)はスマホやPCのように定期的に最新機種がリリースされ、性能もその度に上がっています。

とは言え契約時に最新機種が選べることが多いので、ほとんどの人がルーター選びで迷った経験はないかと思います。しかし念のため、自分が快適に使える性能かどうかチェックしておきましょう。

もしかしたら最新機種よりも、あなたが使いやすいと感じる良性能のルーターがあるかもしれません。

ルーターのチェックポイントはこれ!

  • 電波範囲の広さ
  • 上り/下りスピード
  • バッテリー稼働時間

自分に合うプランを選ぶ

WiMAX2+にはいくつかプランがありますが、自分に合った適切なプランがどれなのか、契約前に見極めておくとGoodです。

適切に選ぶためには、どんな状況で使うことが多いか、どんな状況になるとストレスが溜まるのか思い出してみましょう。そうするとポイントが見えやすくなり、プラン選びにも迷いがなくなります。

プラン選びのチェックポイントはこれ!

  • 契約期間
  • 月間データ容量
  • LTE使用の有無

WiMAX2+のプロバイダーの選び方は?

WiMAX2+を扱うプロバイダーは多くありますが、その中でベストな会社を選ぶためのポイントはこちら。当たり前と思いがちな内容ですが、しっかり比較してお得度を上げていきましょう。

キャンペーン内容で選ぶ

やっぱり一番のポイントはキャンペーン。中にはキャンペーン目当てでプロバイダーを乗り換える人もいるほどメリット大です。

キャッシュバックや月額料金の割引など、お得になる内容が目白押し。なるべく複数社を比較して、一番お得になるプロバイダーを選ぶのがベストと言えます。

契約期間に払う金額が安いプロバイダーを選ぶ

同じ内容のプランでもプロバイダーによって月々の料金にバラツキがあります。中には端末機種代やオプション代を無料にして、月々の金額がお得になりやすいサービスを提供している会社もあります。

つまり最初のプロバイダー選びだけで、支払い金額に大きな差が出てきてしまうのです。実際にA社とB社を比較すると年間15,000円以上も違うという衝撃の事実まであります。

「GMOとくとくBB」が1番おすすめ

WiMAX2+を提供しているプロバイダーは現在19社(2018年2月時点)。

その中で最も編集部がオススメするのがGMOインターネット(株)が提供する「GMOとくとくBB」です。

「GMOとくとくBB」オススメの理由

  • キャッシュバックが最高値
  • 月々の基本料金がお得
  • ルーター代が無料

料金面で業界トップとも言えるお得さが魅力的。実際に本家のUQ WiMAXとの価格を比較してみると、なんとキャッシュバックを含めると2年間で約40,000円も金額の差が生まれます。

(2018年2月現在、ギガ放題2年契約時の税抜価格。オプション料金などは除く)

GMO
とくとくBB
UQ
WiMAX
月額基本料
3,609円~4,263円4,380円
キャシュバック34,000円なし
ルーター代無料2,800円
合計
67,004円107,920円

「GMOとくとくBB」の月額基本料は初回2ヶ月は3,609円、3ヶ月目以降は4,263円

これだけサービスが良いと「何か裏があるんじゃ…」と不安になるかもしれませんが、GMOインターネット(株)は上場企業なので全く心配なく契約できる大手プロバイダーです。

また、業界ではめずらしい20日以内キャンセル保証もあり。これはサービスエリア内であるにも関わらず使い勝手が悪い場合、20日以内なら解約金無料で解約できる画期的なサービスです。

ピンポイント判定(エリア確認)が「〇」である地域が前提ですが、条件に合っている人は万が一の保険として考えられるのがメリットです。

「GMOとくとくBB」はこちら

WiMAX2+の端末(ルーター)の選び方は?

WiMAX2+をネットに繋げる端末(ルーター)の性能を確認しておくと、日頃のストレスを減らすことができます。快適なネット環境のためにも下記のポイントをチェックしておきましょう。

速度が速いものを選ぶ

端末(ルーター)は大きく分けて2種類タイプがあります。

  • 持ち運びできる「モバイルWi-Fiルーター
  • 家に設置する「据え置き型Wi-Fiルーター

用途の違いはあれど、どちらも早い速度に対応しているルーターを持つことで快適なインターネットが実現します。速度の単位はMbps」が単位で、この数値が大きいほど速度が速いことになります。

人によって上り(アップロード)・下り(ダウンロード)の重要度が違うので、自分が重要な方の速度をチェックして、最速スピードが対応できるルーターを選んでいきましょう。

au 4G LTEにも対応しているものを選ぶ

WiMAX2+回線は、ビルなど障害物が多かったり、旅行などで山間部に入ったりすると電波が届きにくくなることがあります。その困った状況を助けてくれるのがau 4G LTEです。

au 4G LTEはスマホや携帯電話と同じ回線なので、ほとんど途切れることはありません。そのためWiMAX2+回線が届かないエリアでも通信することができるのです。

使用するにはau 4G LTEに対応しているルーターが必須。最新機種ならほとんど対応していますが、念のためチェックしておきましょう。

※注:WiMAX2+とau 4G LTEは別回線なので、au 4G LTE使用時はハイスピードプラスエリアモードへの手動切り替えと、LTEオプション料が必要になります。

オプション料は1,005円(月額)ですが、3年以上の契約プランを選択すれば無料になるプロバイダーがほとんどです。

最新の「W05」が1番おすすめ

\下り708Mbps対応で圧倒的スピード/

Source: UQ WiMAX 公式サイト

Speed Wi-Fi NEXT W05

  • 対応回線:WiMAX2+・au 4G LTE
  • 最大速度:下り708Mbps/上り75Mbps
  • バッテリー稼働:約9時間
  • 重量:131g

au 4G LTE対応の最新機種(2018年2月現在)で、以前のルーターより上り・下りどちらも約2倍以上のスピードに対応しているのが最大のメリット。外出先でも満足できる速度で通信が可能です。

スタイリッシュでコンパクトなデザイン、バッテリーも長持ちするので持ち運びも苦になりません。ブラックとホワイトの2種類から好きなカラーが選べます。

据え置き型なら「HOME L01s」

\同時接続42台で工事不要のルーター/

Source: UQ WiMAX 公式サイト

Speed Wi-Fi HOME L01s

  • 対応回線:WiMAX2+・au 4G LTE
  • 最大速度:下り440Mbps/上り30Mbps
  • 最大同時接続:42台
  • 重量:450g

LANポートを含め最大42台も接続できる据え置き型ルーター。有線LANでネックになりがちな通信工事が不要なので、手間もお金もかけずに開始できるのがメリットです。

au 4G LTEに対応しているので通信の安定性も〇。シンプルなデザインとLED消灯モードで、どんな部屋でも目立たずスマートに設置できます。

WiMAX2+の契約プランの選び方は?

WiMAX2+の契約プランはいくつかありますが、ここでは各プランの特徴とメリット・デメリットをまとめました。

自分にはどのプランが合うのか検証してみましょう。

必要最低限でネットをしたいなら通常プラン

メールやIP電話など「最低限のネットができれば良い」という人は、一番価格の安い通常プランがオススメです。

■UQ Flatツープラス(通常プラン)

月間通信量7GBまで
月額料金
(税抜)
3,696円
(UQ WiMAXの場合)
メリット月々の料金が最安値
デメリット通信量に制限がある
ちなみに7GBの目安は…
  • メール(添付なし):14,000通
  • WEBの閲覧:46,200ページ
  • LINEの送受信:100万回以上
  • IP電話:380時間前後

なので、最低限のネットなら7GBを超えることはほとんどないと言えるでしょう。

思いっきり使いたいならギガ放題

ゲームや動画などで大容量の通信をよく行う人は、1ヶ月7GBでは圧倒的に不足してしまいます。上限を気にせず使いたい人はギガ放題を選択しましょう。

■UQ Flatツープラス ギガ放題

月間通信量上限なし
月額料金
(税抜)
4,380円
(UQ WiMAXの場合)
メリット通信量を気にせず使える
デメリット月々の料金が高め
両プランともプロバイダーによって少し名前が変更されていますが、大きく分けて「通常プラン」「ギガ放題」の2種類しかないので、どのプロバイダーで契約するときも簡単に判別することが可能です。

また、契約した後にもう片方のプランに魅力を感じた場合でも、この2つのプラン間ならいつでも変更可能(翌月適用)なため、契約時にピンときた方を選んでおけばOKです。

契約プラン2年・3年で選ぶ

「通常プラン」「ギガ放題」はそれぞれ契約年数を選択することができますが、どちらも基本は2年契約になります。これ以下の年数は選ぶことができません。

逆に、1年長くした3年契約は用意されています。契約を長くする最大のメリットは、au 4G LTEのオプション料(1,005円)を3年間無料にできることです。

最低限の契約をしたい人は2年契約、LTEオプション料を浮かせたい人は3年契約を検討してみてください。

おすすめは2年契約で「ギガ放題」

編集部のオススメは「ギガ放題」を2年間契約することです。

■2年契約がオススメの理由

日々成長し続けているインターネット業界では、回線の性能やプロバイダーのサービスなどたった1年で驚くほど性能が変わることも多いです。

そのため契約期間が長いほど良質なサービスに乗り遅れたり、タイミングを失ってしまう可能性も大きくなります。

もちろん3年契約のLTEオプション無料も魅力的ですが、将来の選択肢が自由になりやすいという点では2年契約がべストと言えるでしょう。

■ギガ放題がオススメの理由

実は多くのプロバイダーで、ギガ放題の月額基本料を初回2~3ヶ月割引するキャンペーンを行っています。つまり通常プランと変わらない値段でギガ放題が数ヶ月間使用できるのです。

しかもギガ放題から通常プランへの変更はいつでもOK(申請の翌月適用)なので、プランを迷っている人はギガ放題を選択しておくことがオススメです。

WiMAX2+は支払い方法次第で損をする?

WiMAX2+の料金ですが、実は支払い方法によって損をしてしまうこともあります。具体的にどんなことが起こるのか見てみましょう。

お得なのはクレカ支払い

プロバイダーへの料金支払いは口座振替・クレジットカード払いの2種類がメインです。

しかしプロバイダーによってはクレジットカード払いしか扱っていない会社もあり、キャッシュバックなどのキャンペーンもクレジットカード払いが条件となっているところも多いです。

そのためできる限りクレジットカードでの支払がオススメです。持っていない人はクレジットカードを事前に作成するか、キャッシュバックをあきらめて口座振替を選択することになります。

口座振替でのキャンペーンは少ない

「口座振替でもOKなキャンペーンはないか?」ということで調べてみましたが、残念ながらほとんどのプロバイダーが実施していませんでした。

その中でも1社だけ、ビッグローブ(株)が提供する「BIGLOBE WiMAX 2+」がキャッシュバックを実施していました。ただしクレカ払いと比べると金額が1/3にも減ってしまうので、かなりお得度が下がることが分かります。

口座振替だとユーザーが支払いを遅延するリスクが出てくるため、プロバイダー側としては確実に料金を回収できるクレジットカードが優遇されるのは仕方ないのかもしれません。

口座振替の場合は利用開始が遅くなる

プロバイダーが口座振替を優遇できないもうひとつの理由として、本人確認の手続きを踏まなくてはいけない手間があると思われます。

クレカ払いならすでにクレジットカード会社が本人認証を行っているため、プロバイダーが確認する手間が省けます。そのためクレカ払いを選択すればすぐに利用開始の手続きを進めることができるのです。

一方、口座振替だと本人確認をしなければいけないので即日利用というわけにはいきません。口座振替で手続きする場合は、開始スピードが遅れることも覚えておきましょう。

キャッシュバックを受け取る際の注意点は?

キャッシュバックは突然渡されることは少なく、受け取るまで時間がかかったり、手続きが必要だったりします。

ここでは「GMOとくとくBB」契約時のキャッシュバックに焦点をあてて、注意点をあげていきます。

途中で解約するともらえない

「GMOとくとくBB」の場合、キャッシュバックを受け取れる時期が約1年後になっています。そのため、それ以前に解約するとキャッシュバック資格が失われ、高額の違約金も支払うことになってしまいます。

これは「キャッシュバックで儲けて解約しよう」という悪意のあるユーザーを防ぎ、プロバイダー側の損失を防ぐために設けた規約とも言えます。

約11ヶ月後に来るメールで手続きをする

キャッシュバックはDMなど紙媒体ではなく、ほとんどメールから手続きを促されます。

しかし送信されるのは、約11ヶ月後と契約時からかなり時間が経っているタイミング。日々のメールに埋もれて手続きを忘れるという可能性も高くなりがちです。

この手続きを逃すと1円ももらえなくなり、契約時に計算していたお得額が大幅にマイナスになってしまいます。

メールが送られる先は自分が指定したアドレスではなく、契約時に作成できる基本メアド「@〇〇.gmobb.jp」などに送られてくるので、この点も注意しておきましょう。

振込口座の登録期間が短い

キャッシュバック手続きは受付してくれる期間も約1ヶ月と短いので注意が必要です。具体的には、プロバイダからキャッシュバックを振込む口座確認メールが来た月の翌月末までに登録することが条件となります。

口座は前もって登録することもできず、手続きが1日でも遅れると受け付けてもらえなくなります。

そのため事前にスマホなどのカレンダーに予定を書き込むなど、日にちが近づいたら思い出せるような工夫を契約時にしておくことをオススメします。

実際に受け取れるのは契約から約1年後

このように「GMOとくとくBB」の場合、キャッシュバックを受け取るには下記の手続きが必要なため、実際に受け取れるのは約1年後となります。

  1. 約11ヶ月後にメールを受け取る
  2. 翌月までに振込口座登録を完了

ちなみに他社では約2年後の受け取りもあるので、GMOは早い方だと言えるでしょう。

キャンペーン額が大きいほど期待も大きくなってしまいますが、契約時すぐにはもらえないことを念頭にプロバイダ契約を進めていきましょう。

WiMAX2+の解約の際の注意点は?

よく考えて契約したとしても、さまざまな理由から他のポケットWi-Fiやプロバイダーに変えようと思う場合は解約が必要になります。

タイミングが少しでも違うと金額に大きく差が出るので、しっかり解約時期を見極めましょう。

契約年数によって解約金は変わる

WiMAX2+は解約のタイミングによって解約金がかかります。プロバイダーによっても金額やタイミングが変わってきますが、ここでは本家の「UQ WiMAX」の場合の解約金を例に見てみましょう。

■2年契約の場合

  • 1~13ヶ月目の解約:19,000円(税抜)
  • 14~25ヶ月目の解約:14,000円(税抜)
  • 26ヶ月目の解約:無料

■3年契約の場合

  • 1~13ヶ月目の解約:19,000円(税抜)
  • 14~25ヶ月目の解約:14,000円(税抜)
  • 26~37ヶ月目の解約: 9,500円(税抜)
  • 38ヶ月目の解約:無料

つまり契約期間が長いほど解約金は下がっていくことが分かります。

また、2年契約だと26ヶ月目、3年契約だと38ヶ月目は「契約更新月」というタイミングで、解約金無料で解約することができる期間もあります。

契約更新月に解約すれば無料

契約更新月とは「契約を満了したので契約更新するか、解約するかをこの1ヶ月で決めてください」という猶予期間で、この月に解約をすれば解約金が無料になります。

ちなみに契約更新月に解約手続きをしなかった場合、契約時と同じ年数を自動更新されてしまい、その後の解約も9,500円(税抜)の解約金が適用されてしまうので注意が必要です。

プロバイダー乗り換えを考えている人はもちろん、考えてない人も「2年、3年後まで使い続けたいと思うプロバイダーか」を判断する良い機会と言えます。

あとになって後悔しないよう、更新月はしっかりチェックしておきましょう。

WiMAX2+で契約してお得にWi-Fiを使おう!

WiMAX2+のプロバイダーは19社もあるので、どれを選ぶべきか迷うことも多いと思います。しかしここでお伝えした選び方や注意点をしっかり守れば、イメージ通りお得にプロバイダーと契約ができるでしょう。

特に金額が大きいキャッシュバックの受け取りは忘れずに。お得度が断然変わってしまうので、契約したらすぐにリマインダーを設定しておくことをオススメします。

2018年2月現在のNo.1キャッシュバックは「GMOとくとくBB」。これから契約更新を控える人には特に注目のプロバイダーになると思います。

ぜひ今契約しているプロバイダーとも比較してみて、賢くお得なインターネットライフに一歩近づいてみてください。

「GMOとくとくBB」はこちら