格安SIM30社を比較!キャンペーン内容・料金・回線別おすすめを解説

| 通信機器
Share:

格安SIM30社を家電マニアが徹底比較!

格安SIMは加入者がどんどん増えた結果、小さな業者も含めて30社以上も存在しています。この中から自分に合ったところを選ぶのはなかなか骨の折れる作業で、「安くなるのは魅力だけど面倒…」と思ってしまう方も多いもの。

そこで今回は、格安SIMの選び方のポイントをわかりやすくまとめたうえで、それぞれのシチュエーション別におすすめの会社をお伝えします。

  • リサーチした格安スマホ会社⇒30社
  • 参考にした口コミ⇒約220件
  • 本記事で選出したおすすめの格安SIM会社⇒8社

自分にピッタリの会社・サービスを選ぶため、30社の徹底リサーチ結果をぜひ参考にしてください。

格安SIMの選び方は3つ

格安SIM初心者の方にぜひとも押さえておいてもらいたいポイントが3つあります。ここをきちんと把握すると、自分に向いている会社がどこなのか、わかりやすくなりますよ。

音声SIMかデータSIMで選ぶ 

格安SIMサービスは、通話+インターネット通信ができる音声SIMと、インターネット通信だけができるデータSIMの2種類があります。どの会社でも、音声かデータ専用かを選ぶことが可能です。ちなみに「音声のみ」のSIMは存在していません。

今までdocomo・au・ソフトバンクなどを利用してきた方なら、普通は音声SIMを選択すると考えてください。MNP(ナンバーポータビリティ)の手続きは、格安SIMでも可能です。

メインの端末でなく、サブで使っている端末ならデータSIMを選ぶという手もあるでしょう。格安SIMはデータ通信費が特に安いため、データSIMでも大幅な通信費の節約になります。

対応回線で選ぶ (ドコモやau・ソフトバンクなど)

現在お持ちのスマホを使って乗り換えるなら、対応回線のチェックは必須です。例えばドコモの端末を利用しているなら、ドコモ回線を使用している会社を選ぶのがおすすめです。

対応回線が同じであれば、スマホにかかっている「SIMロック」を解除しなくても利用できることがほとんどで、面倒な手間が1つ省けるからです。

現在はドコモ回線を使用している会社が大半で、au回線はいくつかの会社で対応しています。ソフトバンク回線については、開放されたのが遅いため、まだまだ使用している会社は少ないです。

サービス内容で選ぶ

格安SIMの会社は一見同じように見えますが、実は様々なサービスを展開していて、違いが見られます。例えば以下のような例があります。

  • かけ放題オプション
  • パケットシェア・パケットギフト
  • カウントフリー(特定の利用方法でデータ容量を消費しない)

自分のスマホ利用方法に適したサービスを選べば、格安SIMがさらにお得になります。

動作確認端末を確認する

お手持ちのスマホが、乗り換え先でも利用できるかを確認しましょう。各社の公式サイトには、動作確認結果の公表ページがあります。端末ごとのSIMカードのサイズもわかるので便利です。

格安SIMのおすすめランキング

おすすめの格安SIM・TOP3を発表します。ランキング作成に当たっては、データ容量3GBにおける月々の料金、キャンペーン内容、口コミなどを参考にしています。

BIGLOBE mobile

\YouTubeとTwitterが使い放題!/

Source: 公式サイト

BIGLOBE mobile

  • 編集部評価:★★★★★ 総合92点
  • 初回月額:1,600円(音声通話SIM・3GBの場合)
  • データ容量:1GB、3GB、6GB、12GB、20GB、30GB
  • 事業者:BIGLOBE

第1位としてご紹介するのはBIGLOBE mobileです。BIGLOBEで特徴的なのは、なんといってもフリーカウントのサービスである「エンタメSIM」です。

エンタメSIMでは、YouTubeとTwitterでのデータ使用量をカウントしません。YouTubeの動画が使い放題ということに!契約は、通常のセレクトプランにエンタメフリーオプションの月額480円を加える形になります。

悪い口コミから見るデメリット

  • スピードにガッカリ!
    2/5
    市内でもLTEのスピードが安定しない、稀に10Mbps位出ますが、昼頃1Mbps未満はほとんどで、ひどい時0.3Mbpsしかでないので、twitterでの動画やGIFファイルもちゃんと見れません。このプランは3日間300Mとかの制限はないのに、いくらベストエフォート型と言われてもこんなのはひどすぎます。複数の端末で検証しましたが、同じ結果でした。少なくとも5Mbpsほしいところです。

    価格.com

格安SIMはお昼時はどうしても速度が落ちる傾向があります。お昼時は、データ通信が軽めの利用に留めておく必要があるかもしれません。

良い口コミから見るメリット

  • キャッシュバック目的
    4/5
    キャンペーンの魅力に負けて契約したので、もともと速度には期待していませんでしたが、au→Ymobileときて、BIGLOBEの通信速度でどのくらい生活に影響があるのか未知数でした。 お昼の下り0.8MbpsでもわりとスムーズにHP閲覧できたのがうれしかったです。 もっと速度の出るデータSIMを他社で契約しているので、普段はBIGLOBE、ダウンロードやPCテザリングなどは他社データSIMと使い分けていこうと思います。

    価格.com


BIGLOBEのキャッシュバックはやはり魅力的なことがわかります。速度も普通にWebを閲覧する程度であれば問題ないようです。

BIGLOBE mobileの特徴

  • 月額480円のオプションでYouTubeが使い放題
  • キャッシュバックキャンペーンがお得

音声通話SIMを契約した方へのキャッシュバックキャンペーンが魅力的です。3GB以上を契約して13ヶ月以上利用すると、10,800円のキャッシュバック!1年間の料金がかなりお得になります。

【公式】BIGLOBE mobile 詳細はこちら

mineo

\月額料金の大幅割引キャンペーンと独自の取り組みが魅力!/

Source: 公式サイト

mineo

  • 編集部評価:★★★★★ 総合90点
  • 初回価格:1,510円(音声通話SIM・3GBの場合)
  • データ容量:500MB、1GB、3GB、6GB、12GB、20GB、30GB
  • 事業者:ケイ・オプティコム

「スマホそのままで通信料が安くなる」がコンセプトのmineoが第2位にランクイン!au回線とドコモ回線に対応していて、どちらのユーザーも乗り換えやすいです。

mineoユーザーが貯めたパケットのタンクから毎月1GBを無料で引き出せるパケットタンク、パケットを贈り合えるパケットギフトなど、独自の取り組みが数多くあるのも特徴です。便利なサービスが多いので、格安SIM初心者も安心して利用できます。

悪い口コミから見るデメリット

  • 安くなってよかったけど、苦労した
    2/5
    乗り換えて動作させるまで、そりゃあもう大変でした。説明書読んでも、見慣れない用語満載だし、あらゆる場面でID+PW聞いてくるし、途方に暮れましたわ。SIMカードのサイズを間違えて注文してしまい、再発行に2000円余分にかかりました。こちらのミスなのですが、サポートが慇懃無礼で冷たい!素人相手に同じような回答繰り返してるから、うんざりな様子がうかがえました。問題解決能力がない人にはお勧めしません。

    みん評

格安SIMについて何の知識もないと、利用するまで大変です。mineoに限らず、一通りの手順や用語をしっかり把握しておく必要があります。

良い口コミから見るメリット

  • mineoに乗り換えて正解!
    5/5
    au端末がそのまま使える数少ない格安SIMであること、そして料金プランが細かく設定してあることが決め手となり、先月からmineoを利用しています。 結果として大正解!だと思っています。地域によっては昼や夕方極端に重たくなる…という口コミも見かけますが、うちの地域ではほとんどそんなこともありません。 常時ストレスなく利用でき、月額料金もau時代の8000円から3000円にダウン。キャリアメールにこだわらないなら、検討するべき価値のある格安SIMだと思います。

    みん評

自分の端末がそのまま使えると非常に便利です。大手キャリアの半額以下の料金にコストカットできるのは魅力的ですね。

mineoの特徴

  • au回線とドコモ回線の両方に対応
  • 「続・大盤振る舞い」など大型キャンペーンが魅力
  • コミュニティサイトのマイネ王は必見

mineoは月額料金が非常に安くなるキャンペーンを開催することでも有名です。最新情報をぜひチェックしてみてみましょう。

【公式】mineo 詳細はこちら

UQモバイル

\通信速度に定評のあるau回線サービス!/

Source: 公式サイト

UQモバイル

  • 編集部評価:★★★★☆ 総合88点
  • 価格:1,980円(プランSの場合)
  • データ容量:2GB、6GB、14GB
  • 事業者:UQモバイル

UQモバイルは格安SIMの中でも速度が速い回線サービスとして知られています。運営会社がKDDI系列のUQWiMAXであることから、auのサブブランドと呼ばれることもあり、速度も有利なのではないかと言われています。

対応しているのはau回線のみなので、ドコモ・ソフトバンク端末の場合はSIMロックの解除が必要です。

悪い口コミから見るデメリット

  • 自力で対応できる方お勧め。
    3/5
    UQモバイル、安さにつられSIM端末セット購入。問題が起きなければとても良い買い物ですが事が起きると、あっちこっちのたらい回しで解決せず。契約違約が有るので、2年は我慢ですが、多分その先は乗換を考えます。普通のショップ感覚購入は通用しない事を理解したうえで購入して下さい。

    みん評

格安SIMのサポート対応については、大手キャリアと同様とはいきません。基本的に、自分で調べて自分で解決する姿勢が必要です。

良い口コミから見るメリット

  • auの格安SIMの使い心地
    5/5
    月あたりの通信料が1600円で、元の金額より5000円以上安くなりました!年間だと6万円以上お得になったので、変えてよかったです。今のところ速度も良好で、どの時間帯でも快適にサクサク動画が見ることのできる感じです!

    みん評

auからの乗り換えで料金がかなり安くなったと喜んでいる方の口コミです。速度はやはり良好なようです。

UQモバイルの特徴

  • 格安SIMの中で特にスピードが速いのがメリット
  • auユーザーは簡単に乗り換えできて便利
  • 料金が1年後に上がるのがデメリット

 UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランは、1年後に料金が1,000円上がることに注意しましょう。

【公式】UQモバイル 詳細はこちら

料金をとにかく安くしたいならコレ!

Source: 公式サイト

サービス内容や通信速度よりも、とにかく安さが大事!という方には、DMMモバイルがおすすめです。

DMMモバイル 

他の会社はキャンペーンで安くなることが多いですが、DMMモバイルは通常価格でも業界最安値クラスであることが特徴です。一番安いプランで月440円、音声付きの3GBで850円と、キャンペーン無しの価格とは思えないほどの低価格です。

ドコモ回線を使用しているため、ドコモユーザーの方におすすめです。DMMポイントが利用できるので、電子書籍や動画など他のDMMサービスをよく利用する方には更なるメリットもあります。

ただし業界最安値クラスではありますが、キャンペーンを適用した他社の方が安くなることもあります。主要な会社は一通りチェックしておきましょう。

【公式】DMMモバイル 詳細はこちら

回線別に選ぶおすすめ格安SIMは?

au・ドコモ・ソフトバンクそれぞれの回線でおすすめの格安SIMをご紹介します。

auユーザーには「UQモバイル」

Source: 公式サイト

先ほどもご紹介したように、auユーザーならUQモバイルがイチ押しです。au端末をそのまま使えるケースが多く、通信速度が速いと口コミでも評判です。

おしゃべりプラン・ぴったりプランの2種類があり、短い通話の方はおしゃべりプラン、それ以外の方はぴったりプランを選びましょう。

ただし、1年後に月額料金が1,000円上がるデメリットには注意してください。

【公式】UQモバイル 詳細はこちら

ドコモユーザーには「楽天モバイル」もアリ

Source: 公式サイト

ドコモ回線を使用している会社はたくさんあり、先ほどおすすめしたmineoやBIGLOBE moibleもドコモ回線に対応しています。さらにもう1つおすすめの会社としてご紹介するのが、格安SIMの中でも最大手グループの1つである楽天モバイルです。

楽天モバイルは実店舗が多いので、直接スタッフに相談したり、スマホ機種を見て確かめることもできます。楽天スーパーポイントが使えるのも大きなメリットです。

ユーザー数が大きく、規模の大きい会社なので安心感を求める方にもおすすめ。ただし、楽天市場など楽天のサービスをほとんど利用しない方は、メリットが薄くなります。

【公式】楽天モバイル 詳細はこちら

ソフトバンクユーザーには「U-mobile」

Source: 公式サイト

ソフトバンクユーザーはU-mobileの「U-mobile S」がおすすめ。業界初となる、ソフトバンク回線の格安SIMサービスです。なお、ソフトバンク回線の格安SIMはまだ少ないため、通信速度はau・ドコモより速いです。

ただし、データ専用SIMのみであり、音声通話SIMがないのが最大のデメリットです。 

【公式】U-Mobile 詳細はこちら

iPhoneユーザーにおすすめの格安SIM


Source: 公式サイト

iPhoneユーザーにおすすめなのは、iPhoneへの対応に力を入れているLINEモバイル!ただし、種類によっては対応していないものもあります。動作確認済み端末情報で、事前に確認するよう注意してください。

LINE モバイル

LINEモバイルはiPhoneへの対応が早く、最新の8/ 8plus/ Xにも対応しています。お手持ちのiPhoneで乗り換えるのは簡単です。

LINEの料金プランは全部で3種類あり、それぞれカウントフリーがあります。

一番安いLINEフリープランなら、LINEがカウントフリー対象で通話・トークが使い放題です。コミュニケーションフリープランなら、LINEに加えてTwitter・FaceBook・Instagramもカウントフリー対象に!

LINEをはじめSNSをよく利用する方におすすめ。ただしドコモ回線のみの対応なので、au・ソフトバンクのiPhoneはロック解除が必要です。ロック解除できない端末は使えないので注意してください。

【公式】LINEモバイル 詳細はこちら

どこの格安SIMのキャンペーンがお得?

各会社で注目すべきおすすめキャンペーン情報をご紹介します (2018年2月現在時点)。キャンペーン内容は随時変わるので、必ず最新情報をチェックしてください。

キャッシュバックはBIGLOBE mobile 

BIGLOBEは10,800円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。3GB以上の音声通話SIMを13ヶ月以上利用することが条件で、3GBプランの1年間の料金が、実質月額700円という安さになります。

ただしキャッシュバックに関して、音声1GBやデータ専用SIMは対象外なので注意しましょう。

また、SIM+スマホのセットに関しても、10,800円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。【公式】BIGLOBE mobile 詳細はこちら

UQモバイルは最大1万3000円 

UQモバイルには、「UQモバイルストア」という正規販売代理店があります。こちらで契約をすると、SIMのみ契約の場合は最大で13,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

ただし、AQUOSなど指定のスマホ端末も購入しないといけないため、SIMのみ申し込みでは対象外となってしまいます。スマホ端末も一緒に購入したい方に向いているキャンペーンです。

【公式】UQモバイルストア 詳細はこちら

学割や家族割がお得なのはワイモバイル

学割・家族割など、大手キャリアでもおなじみのサービスが充実しているのはY!mobile(ワイモバイル)です。

まずCMでもよく目にする「タダ学割」は、5~18歳の方は最大3ヶ月間0円になるキャンペーン。さらに次回の機種変更までは、データ容量が契約プランの2倍もらえるという特典もついてきます。

家族割は、2回線目以降の料金が月額500円引きになります。家族で複数回線を利用する場合にお得です。

【公式】ワイモバイル 詳細はこちら

月額料金割引がお得なのはmineo

mineoで実施されている「もうすぐ100万回線!ありがとうキャンペーン」は、6ヶ月間にわたって月額料金を900円割引してくれるキャンペーン!

音声通話・3GBプランなら、月額700円で6ヶ月間利用できることになり、とてもお得です。キャンペーン対象は音声通話SIMで、データ専用SIMは対象外です。

さらに、10分かけ放題のオプション料金が2ヶ月間は無料になるキャンペーンも実施しているので、かけ放題に興味のある方ならさらに見逃せません。

【公式】mineo 詳細はこちら

格安SIMの通話料金や音質はどう?

格安SIMの通話サービスについて、キャリアサービスとどう違うのか疑問に思う方も多いでしょう。しかし、おおよそのサービスは格安SIMでも用意されていると思って問題ありません。

専用通話アプリで0円や半額になる

専用の通話アプリを用意している会社も多く、アプリを通して通話すれば半額になることが多いため、圧倒的にお得になります。普通の標準的な電話アプリだと30秒あたり20円かかり、5分話すだけでも200円かかってしまいますから、専用アプリを使うことがおすすめです。

通話が多い方は、専用アプリだけでなくかけ放題オプションも検討すると良いでしょう。

かけ放題のオプションもあり 

2017年4月に楽天モバイルがかけ放題オプションを導入して以降、その他の多くの会社でも導入するようになりました。

これまでご紹介してきたおすすめの会社のかけ放題について見てみましょう。

  • mineo⇒10分かけ放題
  • BIGLOBE mobile⇒3分かけ放題
  • UQモバイル⇒5分かけ放題(おしゃべりプラン)
  • 楽天モバイル⇒5分かけ放題
  • DMMモバイル⇒10分かけ放題
  • LINEモバイル⇒10分かけ放題
  • ワイモバイル⇒10分かけ放題

基本料金へ組み込まれているかどうか、オプション料金がどうかなど違うので一概に比較はできませんが、10分かけ放題のある会社の方がやや有利と言えます。なお、かけ放題が使えるのはどの会社でも音声通話SIMのみです。

通話の品質は大手キャリアと変わらない

通話の質は、大手キャリアと同じ電話回線を使用している場合、おおむね問題ありません。ただし番号050から始まるIP電話アプリの場合は、少々質が劣る場合もあります。電話回線アプリか IP電話アプリか、確認しておきましょう。

事前確認必須!格安SIM契約の注意点

格安SIMならではの注意点についてまとめました。「こんなはずじゃなかった…」とならないためにも、申し込む前に必ずチェックしておきましょう。

キャリアメールが使えなくなる

@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jpなど、キャリアが付与していたメールは利用できなくなります。おすすめの対策方法は以下の2点です。

  • GmailやOutlookなどフリーメールに切り替える
  • LINEなどのアプリに切り替える

フリーメールやLINEなどであれば、ネットに接続さえできればどの会社でも利用できます。

料金支払いはクレジットカードが多い 

料金支払い方法は、クレジットカードとなっている会社が非常に多いです。口座振替やデビットカードに対応しているところもありますが、それほど多くはありません。コンビニ払いや銀行振り込みなどはまずないと考えてください。

クレジットカードを持っておくほうが、契約先の選択肢が多いので有利です。これを機に、年会費無料で保有できるカードを1枚持っておくのはいかがでしょうか。

LINEのID検索が出来ない (一部を除く)

格安SIMでは一部を除き、LINEの年齢認証をクリアする方法がないため、ID検索ができない状態になっています。友達追加をするときには、以下の方法を利用しましょう。

  • ふるふる機能やQRコード機能を使う
  • 専用URLを発行する
  • LINEモバイルを利用する

テザリングが使えない場合がある 

使用する機種によっては、テザリングが使用できなくなるケースがあります。テザリングを利用する方は、各会社の「動作確認済み端末」などの情報をチェックしましょう。サイトに明記されていない場合、チャットやメールで問い合わせることをおすすめします。

格安SIMの気になるQ&A

格安SIM契約を考えている初心者の方によくある質問・回答をまとめました。

解約金はかかる?

音声通話SIMの場合かかることもありますが、大手キャリアより条件は緩いです。

最低利用期間以内での解約だと解約金がかかることもありますが、格安SIMではおおむね1年となっていることが多く、キャリアより制限が緩やかです。イオンモバイルのように解約金がない会社もあります。

しかし、会社・プランによっては2年利用の条件・自動更新などキャリア同様となっていることもあるため、よくチェックしてください。

スマホが故障したらどうすればいい?

SIMカードのみの契約の場合は購入したショップへ相談しましょう。

SIMだけの契約では、各会社は端末故障の相談には乗ってくれませんので、購入したキャリアショップなどで相談しましょう。ただしキャリアとの契約がない以上、修理代は全額自費になるため、新しくSIMフリーの端末を購入した方が良いかもしれません。

SIMカード+スマホのセットを購入した場合は、格安SIM会社に相談してください。

初期設定を自分でしなくてはいけない?

基本的に自分で行う必要がありますが、有料でお任せすることも可能な会社もあります。

初期設定として、SIMカードの入れ替え・APN設定などが必要です。作業説明書もあり、30分もかからない作業なので、基本としては自分自身でやることがおすすめです。どうしても無理という場合、有料で業者に任せることが可能な場合もあります。 

格安SIMを理解してお得に使おう!

格安SIMを比較した結果からおすすめの会社をご紹介しましたが、気になる会社はありましたか?

料金・サービス・キャンペーンの3つの観点でしっかり検討して、自分に最適な会社を選ぶことが大切です。料金だけで飛びついてしまうと、必要なサービスが無くて不便な思いをしてしまうかもしれません。

また格安SIMは大手キャリアと異なり、自分で調べて理解し、解決していくことが欠かせません。SIMカードサイズ・初期設定内容など、サービス利用に必要な項目はしっかりおさえておくと利用が楽になりますよ。