10代におすすめの乳液ランキング!読モの私が若くても保湿が大事だと断言するよ!

| 乳液
Share:

10代後半の読モが肌に必要な成分からおすすめを厳選

乳液を選びときに、なにを基準に選んでよいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。そのためケアが化粧水に偏っているという人も多いようです。

しかし、乳液も併せて使うことで、より高い保湿効果が期待できるようになるのです。

  • 調査したサイト⇒50サイト
  • 参考にした口コミ⇒300件
  • おすすめできる乳液⇒10種類

この記事では、乳液の成分などを解説しながら、10代の肌に適した乳液を紹介します。化粧水だけでケアをするのとではきっと違いが実感できるはずです。ぜひ参考にして、乳液でのスキンケアを始めてみてください。

10代におすすめできる乳液の選び方

乳液を選ぶときには、具体的にどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。

肌へ刺激が強い成分が入っていない

乳液に限らず、化粧水も美容液もその効果を決めるのは成分です。そのため、乳液を選ぶときにも成分に着目しましょう。

どの成分が肌に良いかは一概に言えませんが、逆にどの成分を避けるべきかは比較的はっきりしています。合成香料着色料石油系界面活性剤などの添加物が入っていないものを選ぶことが大切です。

また添加物ではありませんが、以下の2つの成分は避けるようにしましょう。

  • エタノール
  • PG

エタノールはお酒の成分です。化粧水や乳液を付けた際にスーッとしたら、このエタノールが入っていることがあります。

エタノールはアルコールの一種なので、すぐに蒸発してしまいます。アルコール消毒液をイメージするとわかりやすいはずです。しかしこの蒸発するときに、肌の水分を奪ってしまうのです。

これでは保湿のためにつけているのに本末転倒になってしまうので、エタノールは避けるようにしましょう。乳液の成分表示を見てみて、エタノールと書かれていないものを選びます。

またPGは保湿成分の一種なのですが、肌への刺激が強いので最近ではあまり使われなくなった成分です。とはいえいまだに配合している商品も多いようなので、意識的に避けるようにしましょう。

10代に口コミで人気の乳液おすすめランキングTOP10

10代におすすめの乳液を紹介していきます。なぜその乳液がおすすめといえるのか、成分のことなどをよく考えながら見てみてください。そうすれば、自分にぴったりの乳液を選ぶことができるはずです。

ノブ ACアクティブ

\毛穴に詰まりにくい脂性肌向け!/

Source: Amazon

ノブACアクティブ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • 価格:1,500円
  • 内容量:メイク落とし20mL、洗顔料15g、化粧水(モイスト)20mL、乳液6mL、化粧水(ノーマル)2mL×2個
  • メーカー:常盤薬品工業株式会社

脂性肌の人に適した乳液です。乳液はべたつくからちょっと抵抗があるという人にもおすすめ。

またこの商品はセット商品として、乳液を含め5の商品を試すことができます。まずは一通り試して、自分に合うかどうか確認してみましょう。

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット

  • 少ない
    4/5
    容量は少ないけど試すにはいいと思う。

    Amazon

  • 変化なし…?
    3/5
    使っていても、お肌の状態に変化なく・・・もう少し、使ってみます。

    Amazon

トライアルセットなので量が少なく感じるかもしれませんね。お試しとして、あるいは旅行用として購入している人が多いようです。

また、肌に変化が見られなかったという声も。ただ、まだ使い始めて間もないのか、またそもそも脂性肌ではないのかなど、いろいろな理由が考えられます。

良い口コミから見るメリット

  • トライアルで商品探し
    5/5
    自分の肌に合うかどうかをトライアルで試してみると1週間で大体わかるのでこれを元に適切な商品選びができました。

    Amazon

  • 娘に購入したところ…
    5/5
    ニキビの出やすい娘のために購入。(中略)まだ2回しか使っていないようで分からないけど悪くはなさそうなのでこれからも使いたいと喜んでくれました。

    Amazon

やはりまずはトライアルで試してみることが大切ですね。それをもとに、自分に適した化粧品を選ぶことができます。また、娘に購入したところ好評だったとの声も。とくにニキビなどに悩んでいる人であれば、きっと肌に合うはずです。

公式サイトを見てみる

ノブ ACアクティブの成分と特徴

  • 毛穴に詰まりにくいことが実証済み
  • セラミドでしっかり保湿
  • ビタミンC・E誘導体で肌の酸化を防ぐ
  • 低刺激性で敏感肌でも安心

ニキビの原因は、毛穴に油分が詰まること。乳液は油分を含むので使い方を間違えるとニキビの原因にもなってしまいます。しかしノブACアクティブは毛穴に詰まりにくい特徴を備えています。そのためニキビ肌の人でも安心して使える乳液です。

またその一方で、保湿成分であるセラミドビタミンC・E誘導体を配合。

セラミドは人の肌に備わっている保湿成分ですが、敏感肌や乾燥肌の人は不足しがち。肌が油っぽいのに洗顔後はカサカサに乾燥する、といったタイプの人にもおすすめの成分です。

ビタミンC・E誘導体は抗酸化作用といって、シミやくすみなどを防止します。外で活動することが多い10代の人も積極的に取り入れたい成分です。

ノブ ACアクティブを安く買う方法

万が一肌に合わなかったときのことを考えると、まずは安いトライアルセットを試してみることがおすすめです。

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2018年2月現在)

公式サイトAmazon楽天
1,500円1,500円1,500円

この3つの通販でなら、価格は同じようです。ただし、ここでは公式サイトでの購入をおすすめします。なぜなら、公式サイトではプレゼントがついてくるから。

化粧水とハンドタオル、そしてニキビ対策のガイドブックがついてくるようです。同じ価格でプレゼントまでついてくるので、公式サイトで購入するのが一番お得でしょう。

公式サイトを見てみる

ノブIII バリアコンセントレイト

\潤い成分を多数配合!/

Source: 公式サイト

ノブIII バリアコンセントレイト

  • 編集部評価:★★★★★ 総合96点
  • 価格:1,500円
  • 内容量:メイク落とし15g、洗顔料15g、化粧水(しっとり)20mL、乳液8mL、保湿クリーム4g、化粧水(さっぱり)2mL×2個、保湿美容液0.8g×2個
  • メーカー:常盤薬品工業株式会社

先ほどのノブACアクティブと同じメーカーの商品ですが、こちらは乾燥肌の人のためのシリーズです。

脂性肌の人が使うと少し重たく感じるかもしれません。自分の肌質を考え、適しているほうを選びましょう。

またこの商品もトライアルセットなので、まずは一通り試してみましょう。

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット

  • べたつく使用感
    3/5
    使用感は結構べとつきます。

    Amazon

  • 重たい
    3/5
    保水力なくてテカるタイプの乾燥肌には重い美容液かな。

    Amazon

乾燥肌の人向けの商品として、しっかりと肌を保湿してくれます。そのため、夏には少し重たく感じてしまうかもしれません。季節に合わせて量を調節しながら使うと良いでしょう。

また、乾燥肌でも皮脂が多いタイプの人には不向きかもしれません。あくまで、カサカサで常に乾燥している肌質向けの商品と言えるでしょう。

同じ乾燥肌でも皮脂が多くてテカるようであれば、脂性肌向けでも保湿成分を含んでいる商品、あるいは混合肌向けの商品を選んでみると良いかもしれません。

良い口コミから見るメリット

  • もっちり肌へ
    5/5
    娘用に購入しました。刺激がなくて使いやすかったとのことです。お肌ももっちりして調子良いようです。

    Amazon

  • 皮膚科医もおすすめ
    5/5
    ぴーーんと張りのある肌が蘇ります。シワやたるみに効果のあるセラミド配合の美容液で、皮膚科の先生もすすめる商品です。

    Amazon

カサついて荒れてしまった肌をなめらかに整えてくれるような成分が含まれています。そのため、肌がもっちりするようになったとか、ハリがよみがえったという声が多くみられました。

また、皮膚科の先生から勧められたという声も多くありました。実際、乾燥肌・敏感肌に欠かせないというセラミドも配合されているため、良質な化粧品だといえるでしょう。

公式サイトを見てみる

ノブIII バリアコンセントレイトの成分と特徴

  • 欠かせない保湿成分「セラミド」
  • 皮膚を守る「スクワラン」
  • セラミドの浸透を助ける「液晶化技術」
  • 角層の健康を支える「アミノ酸」

乾燥肌の人は、肌にあるセラミドの量が普通肌の人よりも少ないという研究結果があります。アトピー肌の人ではなんと、普通の人の3分の1くらいしかセラミドが肌にないというデータも。そのため、セラミドは乾燥肌の人が積極的に使いたい成分だといえます。

そのほかにも、とにかく肌の保湿力を高める成分を多数配合。まさに乾燥肌・敏感肌の人のための商品です。

ノブIII バリアコンセントレイトを安く買う方法

安く買いたい人はまずトライアルセットを試してみるのがおすすめです。

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2018年2月現在)

公式サイトAmazon楽天
1,500円取扱い無し1,500円

公式サイト、あるいは楽天で購入するのがお得ということになりますが、公式サイトではプレゼントがついてきます。いまは、セラミドを配合した高保湿美容液がついてくるようです。そのため、公式サイトで購入するのが最もお得といえるでしょう。

公式サイトを見てみる

セタフィル

\世界中で愛される商品!/

Source: Amazon

セタフィル

  • 編集部評価:★★★★★ 総合92点
  • 価格:1,058円
  • 内容量:118mL
  • メーカー:ガルデルマ

乾燥肌の人のための商品で、世界中で支持されている商品です。水分と油分をバランスよく補うことで、健康的な状態の肌へと導きます。

Amazonを見てみる

悪い口コミから見るデメリット

  • ぬるぬるした使用感
    3/5
    グリセリンが多く配合されているからでしょうか、塗り終わって手を洗う際、ヌルヌルし過ぎて気持ち悪くなります。

    Amazon

  • 形状が似ている
    3/5
    ボトルが某消毒薬と激似のシルエット。大きさといい、うっかり間違えそうです。

    Amazon

乾燥肌用の商品と言うことで、しっとりした使用感の元であるグリセリンが多く含まれています。さっぱりした使用感が好みの人は、グリセリンではなくBGが基材になっているものを選びましょう。

また成分とは関係ありませんが、形がほかの商品と似ていて間違えそうになるという声がありました。間違えると大変なので、十分に注意しましょう。

良い口コミから見るメリット

  • 一日しっとりが続く
    5/5
    お風呂上がりに塗ると一日中しっとり。乾燥する冬には1番。

    Amazon

  • しっとり無香料
    5/5
    白い乳液で香りはあまりありません。しっとり具合はかなり良いと思います。冬などお風呂の後にはぴったりかと思います。

    Amazon

入浴後に塗ると、次の日も含めて乾燥が気にならないという声が非常に多く、見られました。無香料で使いやすいのも嬉しいですね。

Amazonを見てみる

セタフィルの成分と特徴

  • 118mLもの大容量
  • 保湿力に優れたオイルを配合
  • 低刺激性・無香料
  • 伸びがよくコスパも抜群

特筆するような成分が含まれているわけではありませんが、とにかくたくさん使えのが魅力です。どんなに優れた成分が配合されていても、少ししか使わないのでは効果は実感できません。その点、惜しみなく使えるセタフィルは効果を実感しやすいといえるでしょう。

セタフィルを安く買う方法

購入するなら、Amazonか楽天になります。

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2018年2月現在)

公式サイトAmazon楽天
取り扱いなし1,058円1,058円

どちらで購入しても同じ価格です。ただしこれは1本当たりの価格なので、まとめて購入すると安く購入できることもあるようです。

Amazon

オルビス

\ビタミンCで綺麗な肌に!/

Source: Amazon

オルビス ホワイトニングモイスチャー

  • 編集部評価:★★★★★ 総合90点
  • 価格:2,160円
  • 内容量:50g
  • メーカー:オルビス株式会社

シミの原因である活性酸素を除去する、ビタミンCが含まれています。紫外線を浴びる機会の多い人におすすめです。界面活性剤が使われていないうえ無香料・無着色で安心できます。ただしエタノールが含まれているので肌が敏感な人は不向きかもしれません。

Amazonを見てみる

ミノン

\コスパに優れたさっぱり乳液!/

Source: Amazon

ミノン

  • 編集部評価:★★★★★ 総合86点
  • 価格:1,522円
  • 内容量:100g
  • メーカー:第一三共ヘルスケア株式会社

グリセリンよりもBGを多く含んでいるため、べたつかない使用感が人気の乳液。脂性肌の人にもおすすめです。その一方で伸びが良いので、コスパにも優れています。

Amazonを見てみる

アクアレーベル

\アミノ酸で肌を整える!/

Source: 公式サイト

アクアレーベル

  • 編集部評価:★★★★★ 総合85点
  • 価格:1,620円
  • 内容量:130ml
  • メーカー:株式会社資生堂

美白効果があるといわれるトラネキサム酸を筆頭に、多くのアミノ酸を配合しています。肌の調子を整え、保湿力を高めてくれるのです。価格に対して量も多いので、コスパも優れていると評判です。

公式サイトを見てみる

キュレル

\低刺激で敏感肌でも安心!/

Source: Amazon

キュレル

  • 編集部評価:★★★★★ 総合84点
  • 価格:2,484円
  • 内容量:110ml
  • メーカー:花王株式会社

セラミドの代わりとなる疑似セラミドを配合しているため、乾燥肌の人におすすめの商品です。さらにアルコールフリーなので、敏感肌の人でも刺激を感じる可能性が低いといえるでしょう。

その一方で美白成分も含んでいるので、総合的に肌を美しく保つサポートをしてくれる乳液といえます。

Amazonを見てみる

無印良品 さっぱりタイプ

\安心の無香料無着色!/

Source: 公式サイト

無印良品 さっぱりタイプ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合82点
  • 価格:580円
  • 内容量:200ml
  • メーカー:株式会社良品計画

乳液でありながらさっぱりしているので、べたつく使用感が苦手な人にもおすすめ。さっぱりしていても伸びがよく、大容量なのでコスパも優れています。さらに香料や着色料、アルコール、パラベン、鉱物油などを使っていないので、敏感肌の人にも安心です。

公式サイトを見てみる

ロート製薬 肌ラボ 極潤

\ヒアルロン酸で潤い保つ!/

Source: Amazon

ロート製薬 肌ラボ 極潤

  • 編集部評価:★★★★★ 総合81点
  • 価格:705円
  • 内容量:140ml
  • メーカー:ロート製薬株式会社

グリセリンが含まれていて、しっとりとした使用感になっています。保湿成分としては、ヒアルロン酸が配合されています。香料や着色料、鉱物油、アルコールが含まれていない安心できる乳液です。

Amazonを見てみる

ヒフミド

\本物のセラミド贅沢に配合!/

Source: 公式サイト

ヒフミド

  • 編集部評価:★★★★★ 総合80点
  • 価格:4,500円
  • 内容量:100ml
  • メーカー:小林製薬株式会社

少し高額ですが、それには理由があります。人型セラミドを3種類も配合しているからです。一般に化粧品に配合されているセラミドは、人のセラミドをまねて作った疑似セラミドですが、こちらには本物と同じセラミドが配合されているので、より高い保湿効果が期待できます。

公式サイトを見てみる

高校生・大学生でも買える市販のおすすめプチプラ乳液【10代人気高め】

いくら優れた成分が配合されていても、価格的に継続使用できないのでは意味がありませんよね。10代にもおすすめなプチプラの乳液を紹介します。

ちふれ

\安くてたっぷり!/

Source: 公式サイト

乳液 さっぱりタイプ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合80点
  • 価格:550円
  • 内容量:150ml
  • メーカー:株式会社ちふれ化粧品

ヒアルロン酸やトレハロースといった保湿成分で肌の潤いをサポートします。無香料無着色ですが、アルコールやPGが使用されているので敏感肌の人には不向きかもしれません。

公式サイトを見てみる

10代でも乳液は必要?化粧水だけじゃダメ?

スキンケアは化粧水だけ、という人は10代には多いようです。しかし、乳液も併せて使いましょう。

実は化粧水だけを使っても、その化粧水の効果を最大限に発揮できていない可能性があります。乳液を合わせて使うことで、化粧水をさらに効果的に使うことができるようになるのです。

もう少し後になってから……と思っている人も多いかもしれませんが、肌の潤いは一度失ってしまうと、取り戻すのは大変です。一方で、日々のケアでキープすることは可能なのです。

いまのうちから正しいスキンケアをすることで、美しい状態の肌を保ちましょう。

10代に必要な成分はこれ!いま使っている乳液の成分表をチェック

乳液に限らず、化粧品を選ぶときに成分表示を見る癖をつけるようにしましょう。聞きなれない成分も多数あるとは思いますが、成分を気にするかどうかで乳液選びの質は大きく変わってくるのです。

ちなみに、成分表示は上に表示されているものほど多く配合されていることを示します。たとえばしっとりするグリセリンとさっぱりするBGが両方とも含まれていても、グリセリンが上に表示されているならしっとり目の使用感だと判断することができます。

保湿成分

代表的なものにはコラーゲンやヒアルロン酸があります。ただ、最も効果が期待できるのはセラミドです。そのため、成分表示をみてセラミドが配合されていたら、乾燥肌の人におすすめの商品だといえます。

ただし、人型セラミドは「セラミド」と成分表示に書かれているので一目でわかりますが、疑似セラミドは違う名前で書かれているので判断しにくいです。

例えば代表的なものには、以下の成分があります。

  • ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド
  • セシルPGヒドロキシエチルパルミタミド
  • ラウロイルグルタミン酸ジフィトステリル
  • ラウロイルグルタミン酸ジオクチルドデシル

見ての通り非常にややこしい名前で表記されているので、判断が難しいです。ただ注釈として「人工セラミド」や「疑似セラミド」、「セラミドをサポートする成分」などと書いてあることもあります。

直接セラミドと名前がついていなくてもセラミドの働きをする成分がある、ということを知っておきましょう。

整肌成分

肌を整える成分です。保湿成分もある意味このなかに含まれるので、明確な違いはありません。先ほど紹介したヒアルロン酸やセラミドも、整肌成分の一種といえます。

しかしそのほかの整肌成分として、ビタミンアミノ酸などがあります。これらは保湿を目的としたものではなく、荒れてしまった肌の状態を整えるための成分です。

たとえばビタミンCであれば、酸化によるダメージを軽減します。日焼けによるシミの生成も酸化による減少の一つなので、美白効果をもたらす成分と言うこともできるでしょう。

このように、乳液には保湿以外にも肌を良い状態にキープしてくれる成分が多数含まれています。これらにも着目して乳液を選びましょう。

過剰分泌油脂抑制成分

脂性肌の人は、皮脂の分泌を抑制してくれるような成分を選びましょう。現状としてそう言った効果があるとはっきり言える成分はあまり多くないのですが、代表的なのは大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。皮脂が多いのは男性ホルモンが優位になりすぎているからなので、大豆イソフラボンで女性ホルモンの働きを助け、バランスをとるのです。

また植物エキスなどを配合している乳液であれば、そういった効果が期待できるものもあります。

ただ、体質的に皮脂が分泌しやすいのであれば、化粧品だけで対処するのは難しいです。保湿をして肌の状態を整えることは乳液でもできますが、皮脂の分泌量そのものにアプローチしようと思ったら、食事や生活習慣なども含めて総合的なアプローチが必要になってくるでしょう。

乳液だけでなく化粧水も大事!10代におすすめはこれ!

化粧水と乳液は合わせて使うことでより高い効果が期待できるということは先ほど紹介しました。ならば、せっかく乳液を選ぶのであれば化粧水も良いものを使いたいですよね。10代におすすめの化粧水を紹介します。

プロアクティブ+

\ニキビにはこれ!/

Source: 公式サイト

プロアクティブ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95点
  • 価格:4,900円
  • 内容量:洗顔料60g、美容液30g、保湿クリーム30g、電動洗顔ブラシ
  • メーカー:ザ・プロアクティブカンパニー株式会社

化粧水と美容液は基本的には同じもので、配合されている成分などにより呼び名が異なります明確な区分はありません。サリチル酸グリチルリチン酸ジカリウムなど、ニキビに効果的といわれる成分が多数配合されているので、脂性肌・ニキビ肌の人におすすめです。

公式サイトを見てみる

乳液の塗り方『簡単5ステップ』

効果的な乳液の使い方についてみていきましょう。

1.入浴やホットタオルで毛穴を開かせる

化粧水のなじみをよくするために、まずは温めて毛穴を広げましょう。肌が潤っている入浴後に行うのがおすすめです。

2.化粧水をしっかりなじませる

肌にまんべんなく化粧水を付けます。浸透させたいからといって、叩いたりこすったりするのはやめましょう。化粧水を付けたら、2~3分程度おきます。

3.乳液を手に取り手の平で温める

化粧水をつけたら、乳液を手の平に出しておきましょう。そして、体温で少し温めます。せっかく入浴後で毛穴が開いていても、乳液の冷たい感触で毛穴が収縮してしまっては意味がありません。肌へのなじみをよくするため、少し温めてから乳液を使います。

4.乳液をこすらず優しくなじませる

優しくなじませるのは化粧水と同じです。肌に刺激を与えないようにつけていきます。

5.気になる部分には重ね塗りする

乾燥が気になる部分には少し重ね塗りをしておきましょう。肌の部分によって乾燥の度合いは異なるので、それぞれにあった保湿をすることが大切です。

10代の敵はニキビ!乳液+αの予防方法

10代の肌の悩みというと、やはりニキビが多いですよね。その予防方法を紹介します。

乳液や化粧水はニキビ用を選ぶ

ニキビの原因菌を防いでくれる成分が含まれたものや、毛穴に詰まりにくい性質のものを選びましょう。そこに留意しておかないと、かえって悪化する可能性があります。例えば、ニキビがあるのに乾燥肌用の重たい乳液を使うと、それが毛穴に詰まってニキビの原因になることもあるのです。

ニキビ肌に限らず、自分の肌質に合った商品を選ぶことが大切です。

ビタミンを積極的に摂取する

ビタミンとは、体の調子を整えてくれる栄養素のこと。肌の調子も、ビタミンに支えられているのです。

乳液や化粧水にもビタミンC誘導体という形で含まれていたりしますが、理想的なのはきちんと食事から摂取することです。これを機に食生活が偏っていないか振り返ってみましょう。

良質な睡眠をとる

睡眠不足になるとニキビが如実に増えます。皮脂の量がうまく調節できないうえ、本来睡眠中に修復される肌のダメージがそのままになってしまいます。

眠っている間にも脳からホルモンが分泌され、それが体の諸機能に関わっているのです。正しく眠らないと、この機能が狂ってしまいます。ニキビに限らず睡眠不足は体に良くないので避けるようにしましょう。

10代が乳液を使う前に知っておきたいおすすめQ&A

10代によくある乳液についての疑問と、その答えを紹介していきます。

アトピー肌でも乳液を使って大丈夫?

刺激が強くないものを選んで使いましょう。

むしろ積極的に使うべきです。アトピー肌は敏感なので、乳液で保護してあげる必要があります。とりわけセラミドが不足しがちなので、乳液で補いましょう。ただし刺激の強い乳液だとかえって負担になるので、どの商品を選ぶかが重要です。

メイクの上から乳液を塗っても大丈夫?

大丈夫です。ただし化粧が崩れないように注意しましょう。

指の腹にとり、なめらかに伸ばすように使いましょう。あまりこするとメイクが崩れるので、サッとつけるのがコツです。

10代だけど20代・30代がおすすめする乳液を使っても効果はある?

一概には言えません。ただし年齢にあったものを選ぶことが大切です。年齢によって肌が必要とする成分の種類や量が異なります。

10代におすすめの乳液で同じクラスのあの子と差をつけよう

10代におすすめの乳液を紹介しました。

スキンケアは、早いうちから行うかどうかで、後々の結果が大きく変わってきます。今のスキンケアに乳液をプラスして、より良い肌の状態を保っていきましょう。