格安SIMの選び方を徹底解説!6つの手順で最適プラン&端末が選べる!

| 通信機器
Share:

初心者も迷わない!お得な格安SIMの選び方は?

通信料を大幅に削減することが出来るということで現在人気の高い格安SIMですが、皆さんは利用されていますか?実際のところ、どの会社がいいのかわからず利用されていない方も多いように思います。私自身も最近までは格安SIMに興味がありながらも中々踏み切ることが出来ずに使用していませんでした。ですが「このままではもったいない…」と思い様々な通信会社を調べたうえで本当に魅力的な製品を見つけ、ついに格安SIMデビューを果たしたのです!

  • WEBで調べた通信会社⇒26社
  • 電話で確認した通信会社⇒15社
  • 口コミで確認した通信会社⇒19社

この記事では上記で調べたデータを基に、格安SIMの本当におすすめの通信会社を厳選して紹介しています。本当に得する格安SIMを選ぶうえで役立つ情報を多く盛り込んでいますのでぜひ参考にしてみてくださいね。それでは早速、格安SIM の選び方をご紹介します!


格安SIMの選び方その1【SIMの種類】

格安SIMは「データ専用SIM」「音声通話SIM」の2種類に分かれます。これは一般的な家電量販店にある格安SIMの販売コーナーでも同じで、購入する際には必ず選択することになります。そんな2種類のSIMの違いとはいったい何でしょうか?

データ専用SIM

データ専用SIMは、SMS機能付きのものインターネットのみ可能なもの2種類があります。SMS機能付きの場合は電話番号でのショートメッセージを使用できるほか、LINEやFacebookなどの電話番号での認証作業が必要な場合にも使用することが出来ます。インターネットのみのSIMの場合、LINEなどの認証作業が上手くいかない場合もありますので、LINEなどを使う予定のある方はSMS機能付きのものを選ぶようにしましょう。

音声通話SIM

音声通話SIMは090や080、070などで始まる電話番号での通話が可能なSIMです。もちろんSMS機能も初めからついてきます。現在スマホやガラケーを使用していてMNP(電話番号をそのまま引き継いで他社で使用すること)をしたい場合、また、新規電話番号を作成して使用したいという場合にはこちらの音声通話SIMを契約しましょう。

格安SIMの選び方その2【データ量(プラン)】



動画をよく見るなら大容量or無制限がおすすめ

これまでスマホを使用していた方で動画をよく見ていた方、また、これから契約するうえで動画をたくさん見る予定のある方は、Wi-Fiの環境がない場合には大容量や無制限のプランがおすすめです。10Gや20G、またはいくらでも通信容量が使い放題なプランから自分の使用量に合ったプランを選んで使うといいでしょう。あまりにも通信容量の少ないプランを選んでしまうとすぐに通信制限がかかり、動画の再生やインターネットが重たくて動かなくなってしまうので注意が必要です。

Wi-Fiを利用するなら3GB以下でもOK

逆にWi-Fi環境が自宅や職場など普段多く通信する場所に整っているという方は3GB以下の通信量の少ないプランでもいいでしょう。動画やインターネットをWi-Fi環境意外で使用することがあまりなければ低用量でも通信容量を超えることは中々ありません。もしも3GBだと不安だという方は、一番人気のある5GBにしておくのも一つの手ですね。

格安SIMの選び方その3【通信速度】


低速(~300Kbps)

通信速度が~300Kbpsの低速な場合、大容量ファイルのダウンロードや動画の視聴は難しいでしょう。動画を再生したくてもエラーになったり全く読み込みが終わらない…といった状態になります。通信速度が低速な場合は軽いブラウジングやSMSなどに使用することが出来ますよ。LINEやメールだけの使用なら低速で十分でしょう。

中速(500Kbps~3Mbps)

通信速度が500Kbps~3Mbpsの中速な場合、中画質での動画視聴や大容量ファイルのダウンロードも可能です。ブラウジングもサクサクすることが出来ます。ただ、昼間や夜間の回線が混雑する時間帯に限っては、SNSやメール、画像の読み込みの少ないサイトではストレスを感じることはありませんが、動画視聴やインターネット閲覧時にやや動きが鈍く感じることもあります。

高速(150Kbps~)

通信速度が高速な場合、大容量ファイルのダウンロードはもちろん、動画視聴が高画質で可能です。中速の場合には中画質でしか見ることの出来ない動画も、高速の場合には高画質での閲覧が可能です。回線が混雑する昼間や夜間にも快適にブラウジングや動画視聴が出来るでしょう。


格安SIMの選び方その4【利用する端末の種類】


格安SIM に使用する端末の種類はドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル・SIMフリーの5種類に分かれます。格安SIMを使用する場合には、この5種類の内いずれかのスマホが必要となりますので事前に使用するSIMが対応しているか確認しておいてくださいね。5種類それぞれの特徴をご紹介します。

ドコモ

ドコモの端末を使用する場合、現在ほとんどのMVNOはドコモの通信を利用していますので、最近販売された端末であればほとんどの格安SIMはそのまま使用することが出来ます。ですがまれに選んだMVNOが必ずしもドコモの通信だとは言良きれませんのでSIMフリー状態になっているかをあらかじめ確認しておきましょう。もしもSIMフリー状態になっていなければお近くのショップにて確認するのがベストです。また、端末によっては格安SIMに対応していない場合もありますので事前に使用する予定のMVNOのホームぺージなどで確認しておくと安心です。

au

auの端末を使用する場合、auの通信を使用しているmineo、UQモバイルで格安SIM を使用する際にはSIMロック解除の手続きは特に必要ありません。ですがそれ以外のMVNOを選ぶ場合には必ずSIMロックの解除の手続きが必要となります。手続き自体は回線契約中であればネットからもできますので契約を解除する前にネットで済ましておくと簡単です。もしも解約済みの場合にはお近くのauショップにてお手続きが必要となります。ただし解約後にSIMロック解除の手続気ができる期間がきまっているので注意しましょう。

ソフトバンク

ソフトバンクの端末を使用する場合、ソフトバンクの通信を使用しているb-mobile(ビーモバイル)で格安SIMを使用する際にはSIMロック解除の手続きは特に必要ありません。ですがそれ以外のMVNOを選ぶ際にはSIMロック解除の手続きが必要になります。auと同じく手続きは契約中であればネットから行うことも可能です。また、店頭でもSIMロック解除の手続きは行えます。解約後は90日以内なら店頭にてSIMロック解除の手続きが行えます。

ワイモバイル

ワイモバイルの端末はワイモバイルのSIMでないと使用できないと思っている方もいらっしゃいますが、ワイモバイルの端末もSIMロック解除の手続きを行って他社のSIMを使用することが可能です。ただしSIMロック解除の手続きが行える期間は決まっています。現在契約中の方は一度店舗でSIMロック解除の手続きが可能なのかを確認しておくと安心です。解約済みの方は解約後90日以内しかSIMロック解除の手続きが行えません

また、ワイモバイルの端末の中で、iPhone5sはSIMロック解除の手続きが行えません。今後行えるようになるかは未定ですが、ワイモバイルの端末を他社のSIMでも使いたいと思っている方は注意してくださいね。

SIMフリー

海外ではメジャーなSIMフリーの端末ですが、日本ではまだメジャーとまではいきません。どこのキャリアでも初めから使用できるSIMフリーの端末で有名なのはBIGLOBEの端末やiPhoneです。上記の4社のようにSIMロック解除の手続きがいらず、初めからSIMは好きな会社を選べること、比較的安価に手に入ることから人気が高いSIMフリー端末ですが、購入前に使用するSIMが対応しているのかは事前に確認しておきましょう。

格安SIMの選び方その5【付加サービス】

データ繰り越し

毎月のデータの使用量を使いきれずに余ってしまった場合に翌月に繰り越して使用できるデータ繰り越しの機能。使いきれなかったデータ容量を翌月に繰り越すことが出来れば通信料を節約してより快適にスマホを使用することが出来ます。

楽天会員ならもっとお得!楽天モバイル

\楽天ポイントもザックザク!通信速度と品質もバッチリ/


Source: 公式サイト

楽天モバイル

  • 編集部評価:★★★★★総合点92点
  • 初期費用:3,394円
  • 最低価格:567円~
  • 保障・特典:楽天会員ならポイント払い可。ランクに応じて割引あり
  • 販売会社:楽天

スマホとSIMのセットのラインナップが豊富でスマホ初心者にもおすすめな楽天モバイル。ドコモの通信を使用しているのでつながる地域も広く、楽天グループならではの特典が豊富なのが魅力です。楽天会員ならランクに応じて割引を受けることが出来たり、支払いを楽天ポイントで行えます。また、楽天モバイルの使用料金でポイントがたまるのでポイントをためている方の葉とってもお得!ポイントバックキャンペーンなども豊富のおすすめのMVNOです。

公式サイトを見てみる

最低利用期間・解約金なし

通常大手キャリアでの契約の場合には2年契約で更新月以外での解約やMNPには契約解除料金がかかってしまいます。その点格安SIMは何年契約というものはない会社がほとんどで、中には最低利用期間も特になくいつでも解約可能という会社まであります。そういった会社はたとえ契約から1か月がたっていなくても解約が可能となりますが、使用した1か月間が無料期間であってもその1か月分の支払いは必要となりますので気を付けてくださいね。

契約後1か月以内でも解約可能!OCNモバイルONE

\豊富なサービスプランで大満足! /

Source: 公式サイト

OCNモバイルONE

  • 編集部評価:★★★★★総合点90点
  • 初期費用:SIMパッケージ費用3,240円、SIMカード手配料425円
  • 最低価格:972円~
  • 保障・特典:ONE光とセットでお得
  • 販売会社:NTTコミュニケーションズ

NTTの純正格安SIMなので通信速度もばっちり!ONE光とセットでの申し込みならさらにお得に使用できます。月に1度自由にプランの変更が可能なので、使用状況に応じてプラン変更を行えるのも魅力です。更に2年縛りや解約時の手数料もありません。ターボ機能のON/OFFで通信容量を節約することも可能、もし超えてしまった場合には容量追加オプションの申し込みですぐに通信制限が解除できます。

公式サイトを見てみる

複数のSIMカードが利用可能

MVNO、格安SIMの中には、複数枚のSIMを使用可能な物があります。1つの契約で複数枚のSIMの使用が可能となる為、別々の端末を使用して通信容量を分け合うことが可能となるのです。端末を複数台所持している人や、家族でMVNOを考えている人にもおすすめです。ただし、SIM1枚につき3000円程度の手数料と、SIMの代金が必要となりますので気を付けてくださいね。

SIMを複数契約するならDMMモバイル

\格安料金で月額料金を大幅削減!/

Source: 公式サイト

DMMモバイル

  • 編集部評価:★★★★☆総合点87点
  • 初期費用:SIMパッケージ費用3,240円、SIMカード手配料425円
  • 最低価格:518円~
  • 保障・特典:ギフトカードなどのキャンペーン多数
  • 販売会社:DMM.COM 

格安SIM業界最安値のDMMモバイルは、プランが豊富なのが魅力の一つです。シェアプランも518円~とたいへん安く、家族での訳合いにはもちろん、2台持ち、3台持ちにもおすすめです。沢山の容量を家族で分け合うことでお得に通信料を削減することも可能です。もちろん音声通話とデータ通信の両方がついているプランもあるので1台でがっつり使いたい!という方にもおすすめのMVNOです。

公式サイトを見てみる

カウントフリー

特定のアプリや機能、サービスを使用する際にそのデータ通信料を使用した通信料として数えない、つまり使用した通信料にとカウントしないことをカウントフリーといい、現在徐々にこのカウントフリー機能付きの格安SIMが増えてきています。スマホではアプリやネットなどのサービスを使用する際数多くの通信を繰り返してサーバーを通して実行されますがカウントフリー機能の付いたSIMであれば、特定の機能やアプリを使用する際には契約している既定の通信料からその使用量が引かれることがなくなるのです。決まったアプリや機能を数多く使用する人にとってはとてもうれしい機能ですね。

カウントフリー機能の先駆け!LINEモバイル

\LINEユーザーに最適の格安SIM/

Source: 公式サイト

LINEモバイル

  • 編集部評価:★★★★★総合点90点
  • 初期費用:SIMパッケージ費用3,240円、SIMカード手配料425円
  • 最低価格:540円~
  • 保障・特典:2台契約で2代目の事務手数料無料
  • 販売会社:LINE株式会社

スマホを使用している方なら今やだれもが使っていると言えるほど有名なLINEの会社から販売されたこのLINEモバイル。LINEモバイルというだけあってLINEとの相性は抜群によく、コミュニケーションアプリでのデータ通信料がカウントフリーとなるプラン、LINEのみがカウントフリーとなるプランが販売されています。コミュニケーションフリープランなら、ラインだけでなくFacebookやインスタグラムなどのサイトでの画像や動画の読み込みに対してもデータ通信料がカウントフリーとなるので、こういったコミュニケーションツールを多用する人にとっては大変便利なSIMです。

公式サイトを見てみる

高速と低速の切り替え機能あり

格安SIMを選ぶ際に人気の機能である切り替え機能。通信速度を高速/低速で切り替えることによって、通信料をさらに節約できるという機能です。料金を安く抑えたいと考えている方にとってはとても便利な機能ですね。ただ、低速に切り替えた際にはLINEやメッセージのやり取り、軽いブラウジングには支障ありませんが、動画の視聴などは行うことが出来ません。動画の視聴や画像の読み込みの多いブラウジングを多く行う方は、使わない時間帯だけ低速に切り替えておくと通信料の削減が可能です。

高速/低速の切り替えもワンタップ!mineo

\専用アプリでON・OFF簡単!残データ量もすぐわかる/

Source: 公式サイト

mineo

  • 編集部評価:★★★★☆総合点85点
  • 初期費用:SIMパッケージ費用3,240円、SIMカード手配料438円
  • 最低価格:756円~
  • 保障・特典:auプラン・ドコモプランの選択可能
  • 販売会社:ケイ・オプティコム

mineoの最大の特徴といえば、au回線・ドコモ回線の選択ができる点です。これまで使用していた端末がau・ドコモの方はSIMロック解除のお手続きをすることなくそのままmineoのSIMに差し替えるだけで簡単に格安SIMを使用することが可能となるのです。更に、mineoには家族割引というものがあり、家族でmineoのSIMを契約した場合には1台につき50円の値引きが適用されます。これは住所が同じでない場合、姓が違っている場合にも適用することが可能なので家族で契約することでさらにお値打ちに使用することが出来るのです。 

公式サイトを見てみる

格安SIMを選ぶ前にやっておきたいこと

格安SIMを選ぶうえで、やっておきたいのは「現在使用している通信会社での使用状況」です。具体的には下記の3点を見直してみましょう。

現在のデータ量の把握

まず初めに確認しておきたいのが今使っている通信会社での現在のデータ使用量。MVNOを選ぶうえでこのデータ使用量というのはとても大切な確認ポイントなのです。何故なら、MVNOの料金はデータ使用料によって大きく変わってくるからです。

データの使用量が1GBよりも少ないようであれば格安SIMを使用して最低料金で持つことが出来ますし、1GB以上であっても現在のデータ使用量に見合ったプランを選ぶことで使用料金を大幅に削減することが出来ます。間違ったデータプランを選んでしまうと逆に料金が高くなってしまったり、データ使用量を超えてしまって通信制限がかかってしまうことがあるので注意しましょう。

MVNOとは?

他社(au・ドコモ・ソフトバンクなど)の無線通信を借り、独自のサービスを付け加えて音声通信やデータ通信のサービスを低価格で提供している事業者のこと。

何をしたいのかを明確にする

あなたの携帯の使用目的は何ですか?携帯電話の使用目的といえば大きく分けて次の3種類に分けられます。

  • 音声通話のみが目的
  • 音声通話とデータ通信の両方が目的
  • データ通信のみが目的

上記の3種類のうちどの使用目的なのかによってどこのMVNOを選ぶべきか、また、どんなプランを選ぶべきかが変わってきますので使用目的を定めておきましょう。

利用する端末を決める

現在使用している(または過去使用していた)携帯端末も確認しておきましょう。利用した携帯端末によってはその携帯をそのまま使用できる場合もありますし、逆に使用できないこともあります。持っている端末のSIMだけを変えて使用するつもりだという方は、この利用する端末の確認が1番大切になりますので気を付けてくださいね。

格安SIMのメリット・デメリットをチェック

メリット

  • 使用料金が安くなる
  • 契約に縛られない
  • 月額料金が定額になる

格安SIMの1番のメリットはその使用料金の安さと定額性です。一般的なキャリアのスマホでは最低でも6000円~の使用料金がかかります。ですが、格安SIMを使用すると、通話が少ない場合には月々約2000円ほどの低価格で毎月使用することが出来るのです。現在の使用料金が高くて困っているという方にとっては嬉しいですよね。

また、契約に縛られないという点も大きなメリットです。通常キャリアの携帯を購入する際には2年間の契約が必要となり、更新月以外で解約やMNPなどを行ってしまうと契約解除料がかかります。ですが格安SIMには1年以上使用すれば基本的に何年契約というものがありませんので、期間を気にせず使用することが出知るのです。

デメリット

  • 別途スマホの購入が必要
  • 電話をたくさんすると別途料金がかかる
  • キャリアのメールが使えない
  • 通信がやや遅くなる

格安SIMを使用する際には、SIM契約とは別で自分でスマホを用意することが必要になります。現在使用している端末を使用する場合には問題ありませんが、そうでない場合には端末も販売している格安SIMの販売会社を選ぶか、別途購入しなければなりません。

また、キャリアの直接の通信契約ではありませんのでキャリアのSIMに比べて通信速度が遅くなる場合があります。キャリアのメールが使用できないのでガラケーに対してメールが送れなくなる可能性があること、電話を多く使った場合には月額料金とは別に料金がかかるので料金が高くなることも注意です。

格安SIMの選び方Q&A


電話・メール・LINEは今までどおり使える?

格安SIMを契約した場合にも電話やメール、LINEは今まで通り使用できます。ただ、メールに関してはキャリアのメールアドレスがありませんので、ガラケーへの送信についてはできなくなる場合もあります。それ以外は比較的従来のスマホと変わりなく使えます。

格安SIMはどんな人におすすめ?

  • 電話をあまりしない人
  • スマホを初めて持つ人
  • キャリアでの契約が2年を超えている人

このような人には格安SIMがおすすめです。格安SIMは電話料金の基本料がありませんので電話代金は本当に使用した分のみとなり、全く使用しなければ0円で通信料のみとなるのです。スマホを初めて持つ方にとっても格安SIMはおすすめです。低価格でデータの使用量に応じて持つことが出来る格安SIMは、大体の人が選ぶ5GBでも2000円前後で使用できますし、新規加入者には割引がついている会社が多く、より料金を削減できます。

また、大手のキャリアで契約して2年以上機種変更をしずに使用している方にとって、格安SIMはとってもお得です。キャリアのSIMを2年以上使用している場合に支払う金額は大体月々8000円ほど、ですが格安SIMを契約した場合には同じ携帯電話で月々2000円とかなり安く使用できるのです。

格安SIM(格安スマホ)は機種変更できる?

格安SIM(格安スマホ)には、基本的に機種変更というものは存在しません。MVNOは基本的にSIM販売しているのであってスマホを販売しているのではないからです。その為機種変更を行いたい場合は自身で新しいスマホを用意することになるのが一般的です。ですが1部の会社ではスマホ自体の機種変更も行っています。

ただ、新規や乗り換えで契約するよりも割引がつかない分やはり割高になってしまいますので、機種変更よりも自身で用意するのが得策でしょう。

格安SIMは正しい選び方をすれば迷わない!

いかがでしたか?格安SIMを選ぶ際には事前に端末や使用状況、使用目的などをしっかりと確認することが大切です。

また、メリット、デメリットをしっかり頭に入れたうえでどの格安SIMがいいのか、またはキャリアSIM のほうがあっているのかを判断して購入を決めるようにしましょう。自分に合ったSIM を選ぶことでお値打ちに携帯電話を使用できる格安SIM をぜひ活用してみてくださいね。