バイオフィニティの口コミ「疲れにくい」は本当!?4週間使用の本音レポ

| コンタクト
Share:

バイオフィニティは裸眼に近い?OLが本音レポ

こんにちは、ミヂカ編集部です。「目は口ほどにものを言う」ということわざのとおり、人は目を通して世界を見つめています。

目がゴロゴロして痛い、長時間付けていると目だけでなく視神経を通して肩まで痛くなってくる。本当はコンタクトを装着したいのに、眼鏡にしてしまった……そんな経験はありませんか。

  • 比較してみた他社製品⇒5社
  • 調査費用総額⇒約5万円以上

色んな口コミがあってどれを信じたらわからない!そう悩めるコンタクトジプシーの人のために、バイオフィニティ4週間チャレンジを実施した結果、意外な人気の理由が見えてきました。

バイオフィニティの快適な付け心地で、生き生きした毎日を手に入れてみませんか。

公式サイトを見てみる

バイオフィニティの悪い口コミ

ちまたでは良い評価ばかり聞くものも、目線を変えてみればさまざまな意見があることがわかります。使用感ばっちりなバイオフィニティの悪い口コミとはどのようなものなのでしょうか。

  • 取り外しにくいことだけ。
    3.6/5
    Biofinityは、取り扱い易さの悪さこそことごとく面を冒されるが、装用感そして潤いキープ力などの性能の良さは、目下右に出るレンズは見当たらない。

    sealbikjei.blog.myuss.jp

  • 配送が遅い…
    2.4/5
    女性
    ふだんこれを使ってるので、注文して3・4日になるのですが一向に発送なりません。遅すぎです。すぐに欲しいのに…。

    amazon

着け心地は最高のバイオフィニティ。しかし、とにかく付け外しがツルツル滑ってうまくいかない、といった声が多く聞かれました。2weekものでも着けっぱなしにせず、夜外して洗浄する必要があるのですが、その際に取り外しにくいのはストレスの元です。

また、人気商品のためコンタクトショップサイト以外で配送依頼をするとすぐに届かないといった声も多く聞かれました。

とくに配送遅延問題が顕著なamazonで起きる問題のようで、急いで欲しい人は店頭か、お急ぎ便を使ったほうが良いなと感じました。

バイオフィニティの良い口コミ

悪い口コミ以上に、良い口コミがとても多く見られたのがバイオフィニティの特徴でした。多くの人に選ばれる理由が、口コミから見えてきました。

  • 最後の日まで快適
    4.6/5
    女性
    日々の洗浄をきちんとやったおかげか、最後の日まで快適でした。 14日間継続して視界がクリアで違和感なくつけられたのはびっくりしました。

    コンタクトレンズ価格.jp

  • 2weekで一番いいです。
    5/5
    男性
    いろんな2weekを使ってきましたが、一番快適です。汚れにも強く、1日20時間使用しても曇りません!他社より高いだけの事はあります。

    amazon

  • 使い心地◎
    4/5
    女性
    前に眼科でこちらを処方されたのを思い出し、購入。 きちんとケアすれば、何の問題もなく使用できるものですね。 目も乾きにくく(個人差はありますが)とても使いやすいです。

    amazon

とにかく使い心地が最高で、2weekものでは最上級の商品であると、使ってみた人から虜になっているようでした。

お値段は他社最安値製品と比べると多少上がりますが、それを補って余りある「裸眼のように着けていることすら忘れてしまう」クリアな視界は、一度体験したら病みつきになることでしょう。

傷や汚れにも強く、水分を保持してくれるから従来品にありがちなレンズの曇りにも強いのです。2週間ずっと快適だったのは初めての体験だった、と嬉しい感想が多く見受けられました。

【本音レポ】4週間使った感想は…

仕事で毎日長時間パソコンに向き合う、30代事務OLの筆者がバイオフィニティ4週間チャレンジを行いました。

コンタクト歴10年、近視。普段はワンデータイプを使っていますが、コスパの良い2weekに変えたくなったのがチャレンジの動機です。

3日後に商品到着!

商品を注文してから、3日後に到着しました。まず目を引くのは、オシャレなパッケージのデザインです。水彩画の優しいブルーが目に優しく、そのまま洗面所に置いておいても邪魔にならない素敵なデザイン。

レンズの使用期限は、14日間。レンズ用の洗浄液や保護用ケースなどもそろえ、明日からのバイオフィニティデイズに胸が期待でふくらみます。

【装着初日】驚きの着け心地

まず着けてみて驚いたのが、まるで何もつけていないかのような裸眼感。負担がほぼ感じられず、まばたきの違和感もありません。

バイオフィニティの酸素透過性は、普通のレンズの7倍もあり、目がゴロゴロしたり余分に疲れることがとても少なく感じました。

夕方になっても目が痛くならないのは、初めての体験でした!

【1週間後】乾きが気にならなくなった

コンタクトレンズにありがちなトラブル、「乾き」。ドライアイになると目も痛いし視力もさらに落ちるし、充血顔は可愛くないしで良いことなど一つもありません。

ですが、気付けば自然と裸眼のようにフィットしているバイオフィニティなら、目の乾きが気にならなくなりました。いつも頻繁にさしている目薬も、今日はランチ後の1回だけで済んでいます。

【2週間後】14日目の夜まで使えた

ワンデータイプのときには、朝着けて夜にはポイと捨てればよかったのですが、2weekは洗浄と保存が大切になってきます。最初は少し面倒に感じていた手間も、目を洗う気持ちよさがくせになり、大した手間に感じなくなってきました。

何より、一度で捨てないのでとても経済的。洗うのも洗浄液に浸けておけばいいので、大変さは感じませんでした。

汚れも簡単に落ちるので、14日目の夜、最後まで何の問題もなく、初日と同じクオリティで使用できたことは驚きでした。

【4週間後】2枚とも最後まで潤った

2週間目の交換の日も確実に新品へと換え、さらに2週間が過ぎました。2weekタイプは途中で使えなくなってしまうのではないか?途中で劣化したら?という不安がありましたが、すべて杞憂でした。

涙の膜をレンズが引き寄せてくれるバイオフィニティなら、2週間後でもたっぷりとうるおってくれました。

ワンデータイプにはないコスパの良さ驚異のうるおいのおかげで、今後はバイオフィニティをメインに使おうと思いました。

【徹底比較】シリコンゲル素材のおすすめは?

バイオフィニティに使われている素材は、ほかのレンズと何が違うのでしょうか。隅々まで見比べてみると、バイオフィニティの優れた面が浮き彫りになってきたのです。

「シリコンハイドロゲル」は次世代レンズ

いままでのコンタクトレンズ素材はシリコンが主流ですが、レンズが水分を蒸発させてしまうので目の乾きや痛み、目の中がゴロゴロするという不快感を与えていました。

しかしバイオフィニティの「シリコンハイドロゲル」はシリコンなのに水に濡れやすく、汚れや雑菌の付着を軽減してレンズが曇りにくくなっているだけでなく、レンズの乾燥を防いで快適な付け心地を長時間キープ。

また、酸素透過率もトップクラスで、従来製品の約7倍もの酸素透過率を誇ります。

この高い酸素透過率が、裸眼のような付け心地を可能にしているのです。

着け心地なら「バイオフィニティ」

上記の次世代レンズのおかげで、コンタクトにありがちな不快感を見事に払拭し、軽い着け心地を実現したバイオフィニティの使用感に勝るコンタクトレンズは、今のところ見当たりません。

それほどまでにコンタクトの使用感が快適になっており、違和感をほとんど感じさせないのです。

着け始めはバイオフィニティ特有の形から少し圧力がかかったように思えるかもしれませんが、すぐに慣れることでしょう。

コスパなら「ワンデーアキビューオアシス」

毎日使用するものなら、やはり値段は外せない点。バイオフィニティと同じような使用感なのにお値段は安い、という観点からこちらを選ぶ人もいるようです。

ただ、やはりワンデーアキビューのほうが目に装着した時のゴロゴロ感、乾き、長時間快適な使い心地のどの面から見てもバイオフィニティよりはやや劣り朝付けると夜には曇りも気になりました。

  • ワンデーアキビューオアシス(15日分)⇒約2,600円
  • バイオフィニティ(2week、6枚入り)⇒3,460円

酸素透過性なら「2weekメニコンプレミオ」

他社製品のなかでも、とくに高い酸素透過率を誇るのがメニコンプレミオです。バイオフィニティと同様の「シリコンハイドロゲル」を使用しているため、瞳の呼吸を邪魔しません。

分子構造レベルで開発されたレンズが、1日中続く潤い感を実現しています。

しかし、バイオフィニティと比べると酸素透過性はやはりバイオフィニティのほうが優勢です。

【酸素透過係数(Dk値)】

  • 2weekメニコンプレミオ⇒約130
  • バイオフィニティ⇒約160

編集部おすすめは「バイオフィニティ」

着け心地、コスパ、酸素透過性……さまざまな観点から見ても、バイオフィニティは他の製品と群を抜いて優秀で、他のコンタクトユーザーからことごとくおすすめされる理由がよくわかりました。

総合的に見てもバイオフィニティの欠点とはたまに外しにくくなること程度で、日常のコンタクトの快適さと比べてみれば微々たる問題であることがわかります。

編集部が自信を持っておすすめできるコンタクトレンズは、バイオフィニティなのです。

バイオフィニティの特徴まとめ

バイオフィニティのどんな特徴が、コンタクト愛用家に支持されているのでしょうか。その特徴は、皆に愛される理由でもありました。

新素材「ナチュラルウエッタブルシリコーンハイドロゲル」

高い酸素透過率(酸素を通しやすい素材)」と、「素材の絶妙なやわらかさ」を両立させた、コンタクトレンズの新素材です。

汚れにも強く、うるおいもキープして乾燥から守ります。

開けた瞬間から、14日目の夜まで、快適な付け心地を実現しました。

柔らかく着け心地の良いレンズ

レンズの端にいくほど薄くなる、丸くなめらかな先端部分は目の表面とレンズの間に涙の層を作り、乾燥をやわらげてくれます。

まばたきするたびに涙をスムーズに交換してくれるのも、厚みをコントロールしたレンズエッジデザインによるものです。

汚れにくく曇りにくい

レンズの汚れが落ちやすいかどうかは、レンズにどれほど水分を持たせることができるかがポイントになります。バイオフィニティはレンズ表面に優れた保水性を持ち汚れが付着するのを抑えます。

また、汚れも簡単に落ちるので、いつでも衛生的に使用できます。

扱いやすいレンズ

コンタクトレンズでまちがえやすいのが、表裏の区別です。付けたてはわかりやすくても、ケアしたあとなど表裏がわかりにくい場合も。

バイオフィニティはレンズにほどよいコシを与えているので、形が変形しにくく表裏もわかりやすい扱いの良さ。

ほどよいしなりで、レンズを割ってしまった!ということが少ないのも嬉しいメリットです。

バイオフィニティの販売会社は大丈夫?

有名企業がトラブルや倒産に向き合っている昨今の会社事情。クーパービジョンは大丈夫なのでしょうか?

クーパービジョンはコンタクトシェア3位

2005年の1月、オキュラーサイエンスとクーパービジョンが合併し、世界で3位のコンタクトレンズメーカーとなりました。

「見る」行為をより素敵なものに推進するために、以下の6つのこだわりを持っています。

  1. パートナー主義
  2. 眼科医などのアイケアのプロとユーザーの信頼関係を支援
  3. 高品質な製品中心主義
  4. レンズ素材へのこだわり
  5. レンズのデザインへのこだわり
  6. レンズの作り方へのこだわり

日本国内においては、2011年にシェア第2位を獲得。1dayタイプの市場シェアと、2weekレンズの主力商品、バイオフィニティによって国内国外のシェアを伸ばし続けているのです。

アメリカはコンタクト先進国

アメリカはカリフォルニア州、レイクフォレストにクーパーカンパニーズの本社があります。

そもそも、日本で売られているコンタクトレンズの販売元は大抵が海外です。目が悪ければコンタクト、というのはアメリカでの常識となっているようです。

そんなコンタクト国であるアメリカでのシェア第3位は、それほどまでに多く支持を得、信頼されている証となるでしょう。

ちなみに、アメリカではコンタクトケア用品は日本より大幅に安い場合が多いようですが、コンタクトレンズ自体の値段はアメリカのほうが格段に安いということはなさそうです。

バイオフィニティは5種類あり

コンタクトレンズは視力や乱視の有無によって種類が違います。あなたにぴったりのバイオフィニティで、快適な毎日を送りましょう。

近視用「バイオフィニティ」

 \今までのコンタクトには戻れない率No1/

Source: 公式サイト

  • タイプ:2week、軽度の近視用
  • 平均価格:3,640円
  • 枚数:6枚入り

着けた瞬間から、快適さが夜まで続く2weekタイプレンズの大人気商品です。

シリコンハイドロゲルが従来の約7倍もの酸素透過率を可能にし、目の負担を軽減しながら汚れにも強いレンズがクリアな視界を長時間保ち続けてくれます。

親水性シリコンマクロモノマー素材でレンズをやわらかく、フィット感もアップ。レンズ自体が潤いを抱え込んでくれるので、涙の潤いで一日中快適な着け心地に。

「バイオフィニティ」のおすすめ点

  • 酸素を瞳にたくさん届ける(酸素透過係数128)
  • 親水性シリコーンマクロモノマーで優しいフィット感
  • レンズの水濡れがよく汚れに強く、洗浄も簡単

レンズを装着した時の違和感や、瞳の乾き。それはコンタクトレンズだから仕方ないと、諦めていませんか?バイオフィニティは、そんなレンズに期待できなくなったコンタクトユーザーにこそ試してほしいコンタクトです。

これから初めてコンタクトレンズを着けるという人にも、目に負担なく使い続けられるのがバイオフィニティなのです。

公式サイトを見てみる

強度近視用「バイオフィニティXR」

\眼鏡を卒業!1日中視界をサポート/

Source: 公式サイト

  • タイプ:2week、強い近視用
  • 平均価格:3,280円
  • 枚数:6枚入り

-12.50D ~ -20.00D(0.50Dステップ)の近視が強い人は、バイオフィニティXRをおすすめしています。

近視も度が強くなると、眼鏡にした場合レンズがとても分厚くなってしまい、眼鏡をかけた際に目が小さく見える、眼鏡自体が重くて耳や鼻への負担が大きい、といった点が挙げられます。

その点バイオフィニティXRなら裸眼とほぼ変わらない着け心地で、メイクやマスクなどを邪魔しません。

「バイオフィニティXR」のおすすめ点

  • バイオフィニティと同じレンズを採用
  • 眼鏡のわずらわしさを解消
  • 2weekでお手入れ簡単

汚れにくいバイオフィニティ同様のレンズで、1日を通して歪みのない、クリアな視界を確保。涙の層をしっかりと引き込むから、潤いながら快適な装用感が14日目最後の日まで続きます。

公式サイトを見てみる

乱視用「バイオフィニティ トーリック」

\もう視界をボヤかせない!乱視用の革命児/

Source: 公式サイト

  • タイプ:2week、乱視用
  • 平均価格:4,680円
  • 枚数:6枚入り

瞳は、呼吸しています。コンタクトを着けていると目がゴロゴロしたように疲れたり痛みを感じたりするのは、目の乾きの他にきちんと瞳へ酸素が届いていないことも原因のひとつ。

しかし、高い酸素透過率はレンズが硬くなってしまい、着け心地が悪くなってしまいます。

バイオフィニティ トーリックは、高い酸素透過率を誇りながら水分を多く含ませる新素材の効果により、やわらかくいながら酸素をたっぷりと瞳に届けてくれる、優しい着け心地を実現しました。

「バイオフィニティトーリック」のおすすめ点

  • オプティマイズド バラスト デザイン
  • 優れた水濡れ性・保水性を持つアクアフォームテクノロジー
  • 酸素で呼吸しながらやわらかな着け心地を実現

レンズ全体のデコボコをなくして、レンズの余計な動きやズレを軽減。パラスト(周辺)部分を広くすることで、まぶたからの圧力を均一にレンズへ伝え、安定性が増しています。

まばたきによるレンズのずれを安定させるために厚みを均一にそろえ、いつでも快適でクリアな視界に。

公式サイトを見てみる

遠近両用「バイオフィニティ マルチフォーカル」

\見えるをサポート!スマートな毎日を/

Source: 公式サイト

  • タイプ:2week、遠近両用
  • 平均価格:3,640円
  • 枚数:6枚入り

ずっと同じコンタクトレンズを使用していたのに、最近目がしょぼしょぼして小さな文字が見えづらくなった。そう感じたら、加齢による視力のピント機能が衰え始めているのかもしれません。

遠近両用のマルチフォーカルなら、老眼鏡に頼らず素顔のままで、楽に見えやすくなります。

遠くの文字だけでなく、スマホや新聞などの手元の小さな文字もクリアな視界に。見ることが疲れてきている年代の人におすすめです。

「バイオフィニティ マルチフォーカル」の特徴

  • 中央は遠視、中間部分を経てレンズの縁に近視の度数入り
  • 手元から遠くまでピントが合いやすい
  • シリコンハイドロゲルレンズ採用

40歳を超えると、スマホやパソコンを少し長く扱っただけで目の疲労を感じるという人が増えてきます。近視だけではなく、遠視も入っているオールビューコンタクトなら、眼鏡をかけることなく「見える」をサポート。

公式サイトを見てみる

スマホ・PCを使う人に「バイオフィニティ アクティブ」

\近業作業の多い現代人を目から支える/

Source: 公式サイト

  • タイプ:2week
  • 平均価格:店頭価格
  • 枚数:6枚入り

現代人は、目の疲れに悩まされ続けています。デバイス機器による目の負担は想像以上に大きく、手元の物を見る時には毛様体筋という目のピント部分が緊張し、目の疲れの原因に。

疲れ目の軽減のために設計されたデザインで、デバイス機器から遠くの物を見るときのピント機能もサポート。

1日2時間以上、近業作業(スマホ、PC、読書、勉強、事務など)をする人は、アクティブの快適さに驚くことでしょう。

「バイオフィニティ アクティブ」のおすすめ点

  • 長時間パソコンやスマホを使う人向け
  • 汚れにくく高い酸素透過性
  • やわらかいシリコン少なめ素材で目にフィット

普通の近視用コンタクトレンズだと夕方には目がかすんでしまってしまう、肩こりや頭痛がある、目の乾燥を感じる人におすすめです。ユーザーの84%が「装用中目が快適である」、約90%以上が「目の負担が軽減した」と感じています。

公式サイトを見てみる

2weekコンタクトレンズが人気な理由

1dayや1weekなど、コンタクトレンズの種類は数あれど、なぜ2weekが選ばれるのでしょうか。

1dayより経済的

1日で使い捨ててしまうタイプのコンタクトはとても衛生的で、交換日も毎日なのでわかりやすくはありますが、コスパの面から考えると2weekのほうがよほど安く経済的です。

【14日間使い続けた場合】(どちらも1箱2,500円で1年間使った場合)

  • 1day⇒1日あたり165円
  • 2week⇒1日あたり約77円

2weekは外すたびにケア用品を必要としますが、その費用を含めても2weekのほうが安く使えます。1ヶ月使い捨てよりも2weekのほうが換える頻度が高いので、より清潔に使いやすいメリットがあります。

種類が豊富

カラコンや乱視用、遠近両用など各メーカーからさまざまな種類が一番多く販売されているのが、2weekです。

とくにカラーコンタクトレンズは2weekのものが多く、カラコンで度入りや、カラーのフチありフチなし、ソフトレンズ、ハードレンズなど好みのものが選べます。

酸素透過性が高い

レンズを装着している間は、黒目や角膜が覆われた状態になっています。裸眼と比べると、瞳に酸素が届きにくく、乾きやすい状態に。

角膜の部分には血管がありません。涙液を仲介して酸素を取り込まなければなりません。

シリコーンハイドロゲル素材なら、酸素を通しやすく、含水率が多く乾きにくいのが特徴です。直接レンズを通して酸素が届くため、酸素透過率は通常のコンタクトの数倍以上になります。

ソフトレンズとハードレンズで酸素の透過率に違いはあるの?

サイズが小さいハードレンズのほうが、黒目を覆う部分が小さいために酸素を取り込みやすくなっています。ソフトで目が乾く!という人は、ハードレンズの使用の検討を。

処方箋不要&通販価格最安値はどこ?

毎日使うものだから。一番安い最安値店、処方箋不要で買えるおすすめ店舗を紹介します。

001lens

コンタクトレンズを1日使い捨てや1ヶ月使い捨てなどの「タイプ」か、クーパービジョンや他メーカーなどの「メーカー」から選べます。

入金確認後、在庫がある場合は1週間前後でお届け。在庫がない場合もすぐメールでお知らせしてくれます。

便利な後払い方式を選択できるのも助かります。

配送状況を確認できるから、いつ届くか安心できます。トーリック製品は通常お届けまで1ヶ月かかるので、余裕を持った発注を。

公式サイトはこちら

オンラインコンタクト

カラーコンタクトを色別に探せる便利なショップです。

海外配送センター(シンガポール)より国際書留で発送します。発送後、1週間から10日ほどでお届けとなります。コンタクトだけでなく、ヘアケアやサプリメントも取り扱い。カラコンの種類がとても多いショップです。

1度に注文できるのは合計4箱まで。4箱以上購入の場合、注文後に送料800円がかかることがあります。

公式サイトはこちら

LENSMODE

便利な後払いが適用できる、コンタクトレンズ通販サイト。コンタクトを「タイプ」か「メーカー」から選ぶことができます。

まとめ買いやケア用品も取り扱っており、コンタクトだけでなく眼鏡もラインナップ。

コンタクトレンズを初めて通販で買う際にわからないことがたくさんある!という人は、レンズモードの『マンガでわかる!コンタクトレンズネット通販ガイド!』を参考にしてみてください。

公式サイトはこちら

楽天でバイオフィニティを買う方法

楽天にて「バイオフィニティ」と検索すると、必ず「ロートモイストアイ」も一緒に検索結果に出てきます。

これは、両方の商品が同じレンズを使っているため。『2週間使い捨て』『高酸素透過性』『シリコンハイドロゲル素材』と、バイオフィニティとまったく一緒の性能を持っているのです。

値段もバイオフィニティとほぼ同じか、少々安価なものもありますので、楽天で購入する際はロート製薬のロートモイストアイもチェックしてみることをおすすめします。

【簡単】バイオフィニティの取り外し方法

手を清潔にして、コンタクトレンズに触れて黒目の上で動くかどうか確認しましょう。動かない場合はレンズが乾いて目に張り付いた状態なので、人工涙液をさして瞬きし、潤いを。

それでも動かない場合は、レンズの下部分を持ち上げ、一部を黒目から離します。これを数回行えば、レンズの張り付きはおおよそ解消されているでしょう。

【コンタクトレンズの外し方】

  1. 利き手の指の水分はしっかりと拭いておく
  2. 少し顎を引いて上目遣いに。利き手中指で下瞼の真ん中を下げる
  3. 利き手人差し指でレンズ下部を少し下にずらしながら、親指を添えてレンズをつまむ(指の腹で優しく)
  4. 黒目の位置が目の真ん中にあると外しやすい

指が太くてどうしても外しにくい、または付けにくいという人は、『ソフトレンズ専用つけはずし器具』があります。直接手で触れずにコンタクトの付け外しがスムーズにできるので、忙しい朝などの時短になります。

バイオフィニティは眼が疲れやすい人にピッタリ

実は130年以上も歴史のあるコンタクトレンズ。その月日の間に、コンタクトは私たちの生活になくてはならないものとなりました。

しかしデメリットも多く、コンタクトは痛くて疲れて合わないから使ってこなかった、という人も。そんなコンタクト初心者さんにも、毎日使うヘビーユーザーの人にも強くおすすめできるのがバイオフィニティなのです。

まるで着けているのを感じさせない裸眼のような使用感は、他社製品と比べてもトップクラスの酸素透過率のおかげ。バイオフィニティでコンタクトのわずらわしさから解放、輝く瞳で毎日快適に過ごしましょう。