犬心は癌や膵炎のワンちゃんに優しいドッグフード?3ヶ月あげた結果と成分調査

| ペット
Share:

犬心は病気のワンちゃんに優しいドッグフード?3ヶ月あげた結果

突然愛する犬が病気になってしまい、途方に暮れている飼い主に提案したいフードがあります。療法食として開発された日本産のフード「犬心」です。癌や腫瘍ができてしまった愛犬の為の「元気キープ」と、高血糖や高脂血に関わる疾患に対応した「糖&脂コントロール」2種類があります。

  • 調査したドッグフード⇒23ブランド
  • 参考にした専門サイト⇒102サイト
  • 参考にした口コミ⇒25件

これらの疾患にどんな風に良いのか、口コミ・体験ルポ・成分からどんな会社が開発したのかをリサーチしました。愛犬に良くなって欲しいと願う飼い主の皆さん、是非参考にして下さいね。

犬心の悪い口コミからわかったデメリット

犬心はデメリットがあるのか悪い口コミを探してみたら、以下のような口コミが見つかりました。

  • 人が食べたら美味しくなかった
    人も食べられるって言うんでちょっと試食してみたけど、あんまりでしたが・・・

    Instagram

犬心は人が食べられるほどの高品質ということなので試してみられたのですね。人と犬の味覚は違うので、やはり美味しくはなかったようです。愛犬がどんなものを食べているのか、試食したい気持ちは良くわかりますよね。愛犬の方はというと、気に入ったようですごい勢いで完食したそうです。

  • 少ししか食べない
    ヤギミルクのご飯も全く食べなくなったので、今度は犬心ってご飯にしました お高い良質なフードなのに、少ししか食べず

    Instagram


いろいろ愛犬に合うフードを探して、犬心にたどり着いたけど少ししか食べてくれない…。この方の愛犬は食が細く何をあげても、このような状態らしいです。少しでも多く食べて栄養を摂って欲しいですよね。一番好きなフードに、細かく砕いた​犬心を振りかけてあげてみても良いかもしれません。

皆さん療法食として犬心を愛犬に与えておられます。病気で食が細くなりがちな愛犬に、栄養価が高い犬心を与えたいという切実な気持ちが伝わってきます。犬にも好みがあるので、犬心があまり好きではないという愛犬がいても不思議ではありません。

犬心の良い口コミからわかったメリット

良い口コミは沢山見つかったので、そこから見えたメリットを紹介します。

  • 食欲が戻った
    全く食べてくれなくなっちゃったので、ようやく食べてくれるフードが見つかり、安心です、飽きませんように

    Instagram

病気の愛犬が食べてくれないのは、飼い主にとって身を引きちぎられる思いです。食べてくれるフードがあっても、それが愛犬にとって好ましくないなら病気の回復には繋がらないかもしれません。病気の犬の為に作られた犬心を食べてくれて良かったですね。飼い主もホッとされたのではないでしょうか。

他にも「飽きずに食べてくれる」「大好きのよう」というような、犬心が愛犬の好みにピッタリ合った口コミがありました。

  • 散歩に行って活発に動いています
    ハムの食事療法ができ、とても助かっています。 調子が良い日と悪い日があるものの、良い時は散歩に行って活発に動いています。

    犬心公式サイト


クッシング症候群と甲状腺機能低下症を併発している愛犬の口コミです。いつも栄養を考えてフードを手作りするのは、本当に大変です。高品質で栄養満点の犬心があれば、そんな飼い主の負担を減らし愛犬も元気を取り戻すことができるので良いですね。

  • 状態が良いと感じています
    トロイの食事管理ができて、とても助かっています。最近、少し体重が増え、状態が良いと感じています。

    犬心公式サイト


慢性膵炎と糖尿病を併発している愛犬の口コミです。膵炎も糖尿病も、膵臓から分泌されるインシュリンが減ることで起こります。血中の糖を利用する為に欠かせないインシュリンが減ると、効率よくエネルギーが作れないので体重が減ってしまいます。

この2つの疾患にも対応した犬心のフードで、しっかり栄養が摂れ、犬自身の免疫力も回復しているようです。

これらの口コミのように、病気で元気がなかった愛犬が犬心を食べて元気を取り戻した体調を維持できているという内容が多かったです。

犬心を3ヶ月あげてみた効果とは?

これは7歳のヨークシャテリアを飼っている筆者の体験ルポです。愛犬は男の子、名前をリキといいます。ある日嘔吐してしまい、お尻を突き上げ尻尾を下げてじっとしているので何か変だと思い、病院に連れて行きました。

検査の結果、膵炎だということが判明。でも3日間の絶食と点滴でかなり回復しました。一度なるとまた繰り返す恐れがあるらしいので、食事を見直すことに。何か良いフードはないかと探していた折、犬心を見つけました。

注文から到着までの流れ

膵炎を含めた7疾患に対応している「糖&脂コントロール」を公式サイトから注文。3kg入りの定期購入にしました。一回の支払いは、フードが税込で6,912円と、私の住んでいる地域だと送料200円がかかりました。商品は3日後に無事到着しました。

[当日]さっそくあげてみました!食べるかな?

袋を開けてみると、小型犬でも食べられるくらいの小さめサイズのフードでした。ウサギのフードのような細長い形で、香りも今までの外国産のフードとはどこか違い、ほんのり香る程度です。

​​​​​食欲があまりないリキに、手作りご飯に犬心を混ぜて食べてくれるのか、祈るような気持ちで与えてみました。食べてくれた時はホッとして涙がにじんでしまいました。美味しかったのか一食分ほぼ完食。

これから手作りご飯と犬心でやっていけそうな予感がします。

[1週間後]体重が少し増えた

1週間ちゃんとご飯を食べてくれて体重が少し増えました。リキは下痢で脱水症状気味だったのですが、しっかり犬心で栄養が摂れているようです。膵炎を患う前に食べさせていた添加物入りのフードと違い、消化吸収率が良さそうです。

[1ヶ月後]うんちの質が変わった

今まで緩めのうんちだったのか少し硬くなりました。犬心には善玉菌を優位にする乳酸菌やオリゴ糖が含まれています。お腹の調子が整い、体調が確実に良くなってきている感じがします。犬心は相変わらず美味しそうに食べてくれるので嬉しい限りです。

[3ヶ月後]膵炎を再発することなく元気に生活

天気が良い日は家の庭に出て、活発に走り回る日が増えました。犬心は毎日食べています。犬心には腸内環境を整え免疫力をアップさせる成分が入っているのでそのせいかもしれません。

シニア犬なので彼自身の免疫力活性は心強いです。心配している膵炎ですが、今のところ嘔吐することもなく再発はしていません。

[総評]美味しくて品質が良い療法食

これまで犬心を試してきて、日本産の無添加フードということもあり、本当に品質が高いのだなあと感じています。今では犬心がリキの一番のお気に入りのご飯です。

手作りご飯だけではちゃんと栄養が摂れているのか心配ですが、療法食用の犬心なら低カロリーながらも必要な栄養が摂れるので安心です。

一度ダメージを受けた膵臓は元の状態に戻ることはないので、これからも脂質が低いご飯で体質管理をしていきたいと思います。

犬心の成分と特徴とは?

療法食の犬心は疾患により2種類のフードがあります。適切にフードを食べさせてあげる為にも、獣医の下で体調管理するのがベストです。それでは犬心の優れた特徴を見ていきましょう。

「糖&脂コントロール」と「元気キープ」の2種類

糖&脂コントロール

\糖・脂コントロールのナチュラル療法食/

Source: 犬心 糖&脂コントロール 公式サイト

犬心 糖&脂コントロール

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95点
  • 価格:6,500円(税抜)
  • 内容量:3kg
  • メーカー:マッシュルーム・デザイン・スタジオ

「糖&脂コントロール」は糖尿病や高脂血が関わるクッシング症候群・糖尿病など7つの疾患に対応しています。糖の吸収を抑え血糖値をコントロールできるようになっています。さらに高品質で低脂肪なオメガ3・6脂肪酸で脂質を調整します。ダイエットの為に購入される方もいらっしゃるようです。

公式サイトを見てみる

元気キープ

\癌・腫瘍ケアのナチュラル療法食/

Source: 犬心 元気キープ 公式サイト

犬心 元気キープ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95点
  • 価格:7,500円(税抜)
  • 内容量:フード2.2kg オメガ3オイル240cc
  • メーカー:マッシュルーム・デザイン・スタジオ

「元気キープ」は癌や腫瘍をケアする為の食事です。癌や腫瘍の栄養となりにくい玄米大麦を使い、さらに糖吸収を遮断する食物繊維で糖質制限。また癌や腫瘍がある犬はタンパク質不足になりがちなので、タンパク質が多く摂れるように配合されています。 

美味しさ・栄養・安全を満たすためドライフードとオイルが別々になっています。癌ケア成分オメガ3オイルをフードにふりかけて与えて下さい。健康な犬にも一押しのフードです。 公式サイトを見てみる

安心の国産品

犬心は日本の5つの大学・獣医などが携わって共同開発された商品。療法食ということで、厳しい基準で作られている外国産並みに、安全に配慮された高品質のフードです。

日本ならではの大豆や、花びらたけが配合されているのが特徴的です。花びらたけは免疫機能を高めることによる癌への抑制効果が確認されています。

主原料はヒューマングレードのお肉

病気の犬にとってタンパク源になるお肉の質は特に重要。犬心は私たちが食べられるほどのグレードが高いお肉が使われています。種類は牛や馬、鶏です。酵素を消滅させる高温加工は施されていません。療養中の犬にとって、タンパク質を効率的に吸収できるフードです。

副産物や廃棄物は不使用

実は日本ではドッグフードは雑貨品として扱われ、法律での原料の縛りが非常に緩いのです。そのため人が食べてはいけない廃棄物や、栄養がない副産物が配合されているフードが普通に売られています。健康な犬でも食べさせたくはないもの。病気の愛犬ならなおさらです。

獣医の監修ということもあり、これらは一切不使用です。 公式サイトには、飼料として使われる肉骨粉や乾燥肉が不使用であることがしっかり記載されています。

人工添加物は不使用

ドッグフードは副産物や廃棄物と同様、人工添加物についても非常に緩い基準です。人工添加物が長年蓄積し体に悪い影響を及ぼすであろうことは人も犬も同じです。アレルギーのリスクや発癌のリスクも叫ばれています。

犬心には食品添加物・酸化防止剤・防腐剤・合成調味料・香料などの人工添加物は一切含まれていません。愛犬に安心して与えることができます。

療養食としての栄養バランスが良い

犬心はこだわりの自然原料と手作り製法で作られています。開発者は栄養のエキスパートです。獣医や5大学の深い考察も得て、それぞれの原料を配合するバランスは科学的根拠に基づいたものです。 

「糖&脂コントロール」は糖質を抑え、かつ低カロリー。タンパク質はしっかり摂ることができ、7疾患に対応する栄養バランスとなっています。

「元気キープ」は癌によってタンパク質を奪われがちな愛犬の為に、高タンパク。そして腫瘍の成長を遅らせるアルギニンが配合されています。

「犬心  糖&脂コントロール」でケアできる7大疾患

糖尿病や高脂血に関わり、同じ原因でそれぞれ併発リスクが高い7大疾患があります。「犬心  糖&脂コントロール」はこれら全ての疾患に対応しています。その7大疾患とはどういうものかご説明します。疑わしい場合は病院に連れて行ってあげて下さいね。

クッシング症候群 

脳下垂体や副腎に腫瘍ができることで糖質コルチロイドを過剰に分泌させることがあります。それによって起こる一連の症状をクッシング症候群といいます。

糖質コルチロイドとは副腎皮質から分泌されるホルモンで、体の活発性に関与します。過剰に分泌すると水を多く飲む、息切れする、脱毛などの症状が現れます。

膵炎 

膵臓で作られた膵液が腫瘍などの原因で逆流し、膵臓に炎症が起こることを膵炎といいます。腹痛、下痢や嘔吐、脱水症状などがみられます。また膵臓から分泌されるインシュリンが低下することによって、糖尿病を発症することもあります

高脂質な食べ物を食べている犬に多い傾向があり、普段から脂質が少ない食べ物を与えるように心がけることが大切です。

甲状腺機能低下症 

高齢の犬に発症しやすく、喉にある甲状腺からの甲状腺ホルモン分泌低下により発症します。甲状腺ホルモンは全身の代謝に関与する大切なホルモンで、分泌が低下すると元気がなくなる、太りやすくなる、寒がる、脱毛などの症状がみられます。

年をとってしまったから…と思いがちですが、飼い主が注意深く観察して早期発見してあげることが重要です。

高脂血症 

高脂血症とは血中のコレステロールと中性脂肪の値が高い状態をいいます。食後これらの値が高くなるのはあたりまえですが、絶食した状態で12時間以上の高脂血は何か異常がある可能性があります。食欲の低下や下痢・嘔吐などの症状がみられますが、中には無症状の子もいます。

高脂血症は肥満や糖尿病とも深い関係があります。脂っこい食事や運動不足に気を付けてあげましょう。

糖尿病 

膵臓から分泌されるインシュリンの分泌機能が低下することにより、血液中に糖が多く存在している状態をいいます。初期には症状が殆ど現れませんが、慢性的に続くと水を多く飲む、体重が減少する、食べる量が増えるなどの症状がみられ、悪化すると白内障になる可能性があります。普段から食べすぎや運動不足に気を付けてあげましょう。

メタボ肥満 

内臓に脂肪が付きすぎのメタボ肥満は人と同様、犬にも様々な弊害を生みます。重い体を支える関節に炎症を起こしたり、糖尿病やクッシング症候群などに繋がる可能性があります。

肥満の基準が細かく設定されているので、病院での血液検査で愛犬のメタボ度合いが分かります。運動や食事などといった生活習慣の悪化が原因になることが多いです。

脂質代謝異常症

脂質代謝異常症は、血中のコレステロールや中性脂肪が高濃度になっている状態です。原因は遺伝によることもありますが、食生活の乱れ・糖尿病や甲状腺機能低下症などの疾患によって引き起こされることがあります。

ダイエットができない(痩せない)、目が白濁する、下痢や嘔吐といった症状がみられます。また膵炎などの合併症を起こしやすくなってしまいます。

犬心の副作用や心配な点

犬心は、もしかしたらこんなことが心配されるかもしれません。

穀類が使われている

穀類が必要以上に多く使われているフードは、犬にとって消化器官の負担になるのでおすすめできませんが、犬心はそういったフードではありません。

犬心には大麦・玄米・トウモロコシが含まれています。さつまいもやじゃがいもも含まれ、これには消化速度が違う炭水化物を組み合わせることによる血糖値対策だとも考えられます。 これらの材料にアレルギーがある犬には、控えた方が賢明です。そうでない犬には、これらの穀類で食物繊維やビタミン、ミネラルが摂れる利点があります。

中でも水溶性食物繊維は、脂質の値や血糖値を抑える効果があり、療養中の犬にとって必要なことです。

犬心の会社・メーカーは安心?解約・返品保証

犬心を販売している会社はどのようなところでしょうか。ドッグフードとは想像がつかない会社の意外な専門分野が判明。定期コースの解約は簡単にできるのか、また返品保証もご紹介します。

メーカーは「大和菌学研究所/マッシュルーム・デザイン・スタジオ」

犬心を販売しているのは大和菌学研究所のマッシュルーム・デザイン・スタジオです。大和菌学研究所の創業は1946年、約70年の長い歴史がある会社です。

ここを母体とした「マッシュルーム・デザイン・スタジオ」が2011年に創業され、2015年に犬心シリーズが販売開始されました。 その後高いリピート率を誇り、飼い主と愛犬の支えになっています。

もともとキノコ研究と製造をしていた

大和菌学研究所はキノコの研究開発において活動が華々しく、多くの論文発表、数々の特許を取得しています。東京農業大学、関東学院大学、奈良女子大学、同志社大学と連携を取り今も研究開発を進められています。 

そんな中キノコの天然サプリを愛用されていたお客さんから、「愛犬に与えたら絶好調になったよ」という声が多数寄せられたのがきっかけでドッグフードの開発にも乗り出しました。

手作り製法とナチュラルにこだわり、病気の犬の栄養を満たすのには高い壁があったそうです。でも各専門家達のサポートもあり、そこを乗り切ることができました。

犬の免疫力を引き出すキノコの組み合わせキノコの悪影響を及ぼさないフード全体の栄養バランスが実現しています。

公式サイトでは14日以内なら返品や交換ができる

商品に欠陥・現品相違があった場合には開封や未開封を問わず、返品や交換をしてもらえます。その場合は商品到着後14日以内にメールや電話で連絡する必要があります。その後商品を着払いで送り、到着後新しいものに交換という流れになります。

定期コースはいつでも休止や再開ができる

定期コースのサイクルは1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月から選べ、いつでも休止や再開ができます。休止したい場合は、「お届け予定日の3日前」までに、メール又は電話連絡をして下さい。必要がなければ休止でき、愛犬のペースに合わせて購入できるので便利ですね。

[Amazon・楽天vs公式]犬心を安く買う方法

犬心はAmazon・楽天で販売されていませんでした。公式サイトの定期コースでの購入が最安値になります。​

【糖&脂コントロール】

  • ​3kg=6,500円
  • 6kg=11,500円
  • 9kg=16,000円
  • 12kg=19,800円

12kg買った場合は3kg分が4,950円になり1,550円のお得です。定期コースだと、それぞれの内容量価格から100円OFFになります。

【元気キープ】<フード2.2kgとオメガ3オイル240ccが1セット>

  • ​1セット=7,500円 
  • 2セット=12,500円 
  • 3セット=17,000円 
  • 4セット=20,800円

4セット買った場合は1セット5,200円となり、-2,300円×4で9,200円の得です。 定期コースだと、それぞれのセットにつき100円OFFになります。

犬の健康チェック!知っておきたい基礎知識

飼い主が愛犬の為にできることは、日頃の健康チェックです。しっかりと基礎知識を持って愛犬を守ってあげましょう。

早期発見&早期治療

言葉が話せない犬の為には、早期発見&早期治療が何より大切です。普段から、耳や目、口や鼻のまわりに異常がないか、元気や落ち着きはどうか、水を多く飲みすぎないか、息が荒くないか、などをチェックしてあげると愛犬の異変に気付いてあげることができます。

動物病院で定期検診が受けられる所があるので、年に一回を目安に受けさせてあげるのがおすすめです。

個体差に合ったフードで免疫力アップ

毎日のフードは愛犬が健康に暮らす為にも非常に重要な要素です。太りがちな犬の為には低脂質ながらも栄養価が高いフードを選んであげましょう。個体差に合ったフードは愛犬のコンディションを整え、かつ免疫機能もアップさせてくれます。

いつでもきれいな水が飲めるようにする

犬の体は、60~70%もの水分で構成されています。まさに水は命の源です。様々な病気の併発リスクが高まる高脂血症を予防するには、血液をサラサラにする必要があります。

そのために重要なのが適度な水分補給。健康な犬でも、老廃物を速やかに排出できるように常に綺麗な水が飲めるようにしてあげましょう。お水はこまめに替え、器も清潔を心掛けて下さいね。

適度に運動させる

高血糖や高脂血は運動量とも密接な関係があります。運動をすることで血糖値を下げ、必要なカロリー消費で肥満を防ぐことができます。無駄吠えが多かったり、怒りっぽくなっていたりすると運動量が足りていないのかもしれません。

愛犬の体力に合った運動量をこなせるように、散歩や室内遊びをさせてあげましょう。食事の質や量にも気を付けながら、体重の増減をみて運動不足にならないようにしてください。

ストレスが溜まらない環境作り

ストレスを溜めないようにしてあげることで、病気への抵抗力もぐんと増します。飼い主ができる環境作りは多いものです。例えば室内の温度・湿度を快適にしてあげる。雨などで散歩がいけない日はその分、いつもよりコミニュケーションを多くとってあげるなどがあります。

また欲求不満や攻撃性を解消させてあげるために不妊手術も効果的です。愛犬が楽しく毎日を暮らせるためにも、環境作りは大切です。

犬心に関するQ&A集

犬心は企業努力によって生み出された、日本産の安心フードであることが分かりました。実際に購入する前に、些細な疑問も除いておいた方が更に安心です。

お試しサンプルはありますか?

あります。初回購入時のみ、食いつきを確認するためのお試しサンプル(200g)を同時に頼むことができます。

オンラインで商品を購入する場合は、単品・定期コースに関わらずサンプルの要・不要を選択しなければいけないシステムになっています。サンプル希望にチェックを入れた場合、まず先にお試し無料サンプルが到着し、その約7日後本品が到着することになります。

サンプルが発送された日から9日以内(本品到着予定日の3日前まで)に、メールか電話をすればキャンセルができます。 お試しサンプルを頼むと同時に本品も購入したことになりますが、食いつきNGなら本品はキャンセルできるのでお金はかかりません

病気ではない犬の肥満対策になりますか?

「糖&脂コントロール」は100g中325kcalとドッグフードの中では低カロリーです。なので肥満対策になります。

賞味期限はどれくらいですか?

目安は未開封で1年、開封後は1ヶ月です。防腐剤が使われていないので早めに使いきりましょう。

酸化防止シートを採用した特殊パックで、無添加でも長期保存が可能になっていますが、開封後はできるだけ早めに使いきるのがベターです。開封後は直射日光を避け涼しいところに保管して下さい。

犬の食事について相談ができますか?

愛犬の食事内容や犬心の専門的なことなど、気になることはメールや電話で相談ができます。丁寧な対応が高評価です。

電話相談:フリーダイヤル0800-123-1556(受付は土日祝は除く9:00~17:00の間) 

メール相談:[email protected] (24時間受付​)

犬心ドッグフードでワンちゃんの免疫力アップ!

糖尿病・高脂血・癌の犬は毎日の食事のケアが非常に重要です。そんな愛犬の為に犬心のドッグフードは開発されました。開発者は栄養のエキスパートで、獣医や5つの大学との連携で、栄養に満ちたナチュラルな療法食を完成させました。

キノコの力を借りて免疫力をアップさせる犬心のドッグフードシリーズは、療養中の愛犬の強い味方になってくれるでしょう。