鹿肉ドッグフードは犬の健康にいい?どこで買える?メリット・通販商品を紹介

| ペット
Share:

鹿肉ドッグフードは安全?評判は?おすすめ品調査​

最近、愛犬家に注目されているのが鹿肉が使われている鹿肉ドッグフード。

ドックフードは多種多様で、使われている肉によって栄養価にも違いが出てきますが、​鹿肉は牛肉や豚肉より高タンパクで低カロリー​なので太りすぎを予防してくれます。

さらに、鹿肉には鉄分やビタミンB群、良質な脂肪酸も豊富に含まれており、これらの栄養素は貧血予防や免疫力のUP、皮膚や粘膜を健康に維持してくれる効果が期待できます。

このような理由から鹿肉ドッグフードは、犬の健康に良いベストなドッグフードとして愛犬家の間で話題になっていますが、野生動物である鹿は豚や牛などのような家畜ではないため、安全面が気になる人も多いのではないでしょうか?

そこで、鹿肉ドッグフードは本当に愛犬に安心して与えることができるドッグフードなのか徹底調査しました。

  • 調査した鹿肉ドッグフード数⇒21商品
  • 閲覧した口コミ件数⇒120件
  • リサーチしたサイト数⇒54サイト

この記事では、鹿肉ドッグフードのメリットやデメリット、通販で買えるおすすめの鹿肉ドッグフードなどもご紹介。さらに、安全な鹿肉ドッグフードを選ぶポイントなども伝授します。

高タンパクで低カロリー​、栄養価が高い鹿肉ドッグフードは、肥満予防効果があり、シニア犬にもおすすめ。犬の健康に良い安全な鹿肉ドッグフードを選んで、大切な愛犬の健康管理をしましょう!

悪い口コミからわかる鹿肉ドッグフードのデメリット

​栄養価の高い鹿肉ドッグフードは、犬の健康に良いドッグフードとして注目されていますが、中には悪い口コミも。まずは、悪い口コミから鹿肉ドッグフードのデメリットを確認してみましょう。​

  • ウンチがゆるくなった
    初回、ウンチがゆるくなったので、以前のフードと混ぜて、少しずつ増やして行ってます。効果、期待しています!

    楽天市場

  • 最初は食べなかった
    最初は食べなかったけど、少しづつ混ぜてあげたら慣れてきたみたいです。 効果?は続けないとわからないと思うのでしばらく試してみます。

最初はウンチがゆるくなったり、食べなかったという声もありましたが、最初から食いつきが良いワンちゃんも見られました。万が一食べない場合は、少しずつ混ぜて食べさせてあげると段々慣れて食べられるようになるようです。

良い口コミからわかる鹿肉ドッグフードのメリット​

鹿肉ドッグフードは、もちろん悪い口コミもありますが、それを上回る良い口コミがとても多いのが特徴。良い口コミから鹿肉ドッグフードの様々なメリットが見えてきます。

  • こんなに食いつきが良いフードは初めて
    お試しした後の購入です。こんなに食いつきが良いフードは初めてです。 チョッと高めですが、我が家の高齢犬には、いつまでも元気でいていてもらいたいので、、、、ってとこです。

    amazon

  • ずっと食べさせようと思います
    良質のタンパク質のおかげか特に意識してなくてもすっきり痩せて、しかも獣医さんにもいい筋肉と褒めてもらいました。 ずっと食べさせようと思います

    楽天市場

  • 全身の毛がツヤツヤ
    以前のご飯に比べて、背中の所だけが毛が硬かったのですが、これを半年以上与えている今では、全身の毛がツヤツヤで、どこを触ってもモフモフツヤツヤで気持ちがいいです。

    楽天市場

食いつきがとても良く、鹿肉ドッグフードを食べていると太りにくいという声が多くありました。また、筋肉がしっかりして全身の毛並みが良くなったという声が多く、特にシニア犬の毛艶が良くなったのを実感している人が多いようです。

鹿肉ドッグフードの良い特徴​

栄養価が高い鹿肉は、ドッグフードの原料に最適。ここでは、鹿肉ドッグフードの良い特徴について徹底解説します!

鹿肉は高タンパクで低カロリー 

鹿肉は豚肉や牛肉より高タンパクで低カロリー。カロリーは牛肉の半分もなく脂質やコレステロールも少ないので、とってもヘルシー。

そのため、鹿肉を使ったドッグフードを食べさせると、愛犬の太りすぎを予防することができると言われています。

鹿肉はビタミンや鉄分が多い

鹿肉は、高たんぱくで低カロリーなヘルシーな食材ですが、ビタミンや鉄分といった栄養素も豊富に含まれています。

貧血予防や免疫力UPなどの効果がある鉄分は、子犬にとっても大切な栄養素です。鉄分不足は子犬の発育にも影響を与えるため、不足しないように摂取することが重要です。

また、鹿肉に豊富に含まれているビタミンB群は、皮膚や粘膜を健康に維持してくれる効果があるので、鹿肉ドッグフードを与えると犬の毛並みが良くなると言われています。

鹿肉は良質な脂肪酸が摂れる 

鹿肉には、リノール酸やDHAなどの良質な脂肪酸も含まれています。良質な脂肪酸はビタミンB群と同様に、皮膚や粘膜を健康に維持してくれる効果​があります。

青魚に多く含まれているDHAは、豚肉や牛肉​にはほとんど含まれていませんが、鹿肉には含まれています。

良質な脂肪酸であるDHAは、皮膚や粘膜を健康に​するだけでなく、動脈硬化を予防したり、シニア犬のボケ予防、視力を改善するなど様々な効果が期待できるため、愛犬に積極的に摂取させてあげたい栄養素の1つです。

チキンやビーフなどが合わない犬にあげられる​

チキンやビーフ、​魚など他の肉類が合わなくアレルギーが出てしまう犬には鹿肉ドッグフードがおすすめです。

チキンやビーフは、ドッグフードの原料として良く使われますが、​同じ原料のドッグフードを食べ続けると、アレルギーが出てしまうことも。しかし、鹿肉はドッグフードの原料としてあまり使われていないので、アレルギーを発症しにくいと言われています。

また、野生の鹿は牛や豚などの家畜のように抗生物質やホルモン剤を与えられておらず、添加物を含んだ飼料や医薬品などによる汚染の心配もないため、アレルギーを発症するリスクが少ないと言われています。

楽天など通販で買える鹿肉ドッグフードの紹介​

ここでは、楽天などの通販で買える鹿肉ドッグフードをご紹介します。鹿肉ドッグフードは種類が豊富で、それぞれのドッグフードには様々な特徴があるため、比較して自分の愛犬にベストな鹿肉ドッグフードを選んであげましょう!

ZEN プレミアムドッグ​ グレインフリーベニソン

\野生の鹿肉を使用した安心安全なドッグフード!/​

Source: 公式サイト

ZEN プレミアムドッグ​ グレインフリーベニソン

  • 編集部評価:★★★★★ 総合97点
  • 価格:2,894円(楽天)
  • 内容量:700g
  • メーカー:有限会社UGペット​

日本国内の野生の鹿が主原料に使われています。中国産の原料は一切使われておらず、90%以上が日本の食材

野生の鹿は、ホルモン剤や抗生物質に汚染されていないため安全性が高いとされます。衛生管理の徹底している日本国内の工場で生産されているので、高品質で安全性の高いドッグフードだと言えるでしょう。

また、60%以上が動物性タンパク質源で肉食獣の​犬の消化器官に合った配合調整がされていて、アレルギーの出やすい小麦や大豆、鶏卵は使われていないため、アレルギーが心配な犬にもおすすめです。

公式サイトを見てみる

ジウィピーク エアドライドッグフードベニソン​

\ニュージーランド産の上質な鹿肉をたっぷり配合!/​​

Source: 公式サイト

ジウィピーク エアドライドッグフードベニソン

  • 編集部評価:★★★★★ 総合96点
  • 価格:8,713円(楽天)
  • 内容量:1㎏
  • メーカー:レッドハート株式会社

ニュージーランド産のドッグフード。ニュージーランドの牧場で育った鹿の生肉や内臓がバランスよく配合されています。犬の苦手な穀物は使用されておらず肉類が90%以上​含まれている贅沢なドッグフードです。

また、素材の栄養を損なわないように低温で時間をかけて温風乾燥させるエア・ドライ製法が採用されていて、遺伝子組み換え原材料は一切使われていません

さらに、ニュージーランドの自社工場で、厳しく管理し製造されているため安全性も高いと言えるでしょう。

楽天市場を見てみる

ニュートロ ナチュラルチョイス鹿肉&玄米 

\良質なタンパク質と食物繊維が腸内環境を整える!/​​​

Source: 公式サイト

ニュートロ ナチュラルチョイス鹿肉&玄米​

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95点
  • 価格:3,462円(楽天)
  • 内容量:2kg
  • メーカー:ニュートロジャパン

1924年にカリフォルニアで創業したニュートロは創業90年の老舗のフードメーカー。

厳選した自然素材が使われているドッグフードで、鹿肉の他にもチキンやラム、フィッシュなど6種類の味があります。

そのなかでも、高タンパクで低カロリー、しかもアレルギーも起こしにくいと言われている​鹿肉と、玄米やオートミールがバランスよく配合されている鹿肉&玄米​は、犬の腸内環境を整えてくれると愛犬の間で話題に。

さらに、鹿肉&玄米​は​超小型犬でも食べやすい小粒タイプ。犬がかみ砕きやすい形の粒になっているので、消化しやすく栄養をしっかり吸収できることができるというメリットもあります。

楽天市場を見てみる

エゾ鹿ブリタニア エゾ鹿無添加ドライフード​

\ 北海道の野生のエゾ鹿​を使用した 無添加ドッグフード!/​​​​

Source: amazon

エゾ鹿ブリタニア エゾ鹿無添加ドライフード​

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:4,968円(公式サイト)
  • 内容量:1㎏
  • メーカー:株式会社ノースフリート​

牛や豚などの家畜は、抗生物質やホルモン剤に汚染されているという心配がありますが、ブリタニアのエゾ鹿無添加ドライフードは、北海道の野生のエゾ鹿が原材料​です。

牛や豚などの家畜が原材料のドッグフードより安全性が高く、保存料や着色料​も使われていないため愛犬に安心して与えられます。

また、エゾ鹿肉の他にも、昆布やブロッコリーなども含まれているため栄養のバランスが◎。犬が苦手でアレルギーが出やすい穀物は使われていないため、アレルギーの心配がある犬にもおすすめです。

さらに、エゾ鹿肉以外の原材料も北海道産もしくは国内産。自社工場で人が食べるシカ肉と同じように手作りで製造​されている高品質なドッグフード、粒の大きさが小型犬から大型犬まで対応できる10mm~15mmなので犬種を選ばず与えることができるという魅力もあります。

公式サイトを見てみる

DOGSTANCES 鹿肉ベーシック ​

\国内工場で低温製造の国産無添加ドッグフード!/​​​​​

Source: amazon

DOGSTANCES 鹿肉ベーシック ​

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:初回のみ950円(公式サイト)
  • 内容量:300g
  • メーカー:株式会社プロ・アクティブ​

主原料は国産の野生の鹿肉で、着色料や保存料は一切使われていない安全性の高いドッグフードです。

また、大量生産ではなく国内の工場で栄養を損なわないように​低温製造されていて、熱によるタンパク質の変性を防ぐために、主原料である鹿肉は生のものが使われています。

DOGSTANCESの鹿肉ベーシックは​、子犬からシニア犬まで全ての年齢に対応して​いますが、犬に必要な動物性タンパク質をしっかり摂取することができるドッグフードなので、シニア犬に特におすすめ。

シニア犬に与えると毛艶が良くなったり筋肉しっかりするなどの口コミも多く寄せられています。

また、公式サイトでは300gのお試しセットが950円で販売されています。こちらは初回のみ、1家族1袋までの注文になりますが、愛犬にお試しで食べさせてみるにのピッタリです。   

公式サイトを見てみる

キアオラ ドッグフードベニソン​

\良質な脂肪酸を効率的に摂取!​/​​​​​​

Source: amazon

キアオラ ドッグフードベニソン​

  • 編集部評価:★★★★★ 総合93点
  • 価格:2,700円(amazon)
  • 内容量:900g
  • メーカー:レッドハート株式会社​

ニュージーランドの自然放牧で育った鹿が使われているドッグフード。肉食獣の​犬の消化器官に合うように、​穀物や果物、野菜は使われておらず、肉類が最大限に配合されているのが特徴です。

さらに、鶏脂やキャノーラ油、フィッシュオイルなどがバランスよく配合されているため、皮膚や粘膜を健康に維持してくれる​脂肪酸を効率よく摂取できます。

また、抗酸化作用がある「アスタキサンチン」​がたっぷり含まれているサーモンも配合されているので、活性酸素が除去され免疫力をUPする効果も期待できます。

​犬に必要な栄養がバランス良く配合されているキアオラのドッグフードベニソン​は​、愛犬の健康を維持してくれるおすすめのドッグフードです。

amazonを見てみる

鹿肉ドッグフードの気になる点とは?​

高タンパクで低カロリー​、犬の健康に良い優秀なドッグフード​と言われている鹿肉ドッグフードですが、いくつか気になる点も。

国産と輸入品がある  

鹿肉ドッグフードは、国産と輸入品があります。なかには国産にこだわる人もいるでしょうが、中国産は別にして自然豊かな海外で育った鹿が使われている輸入品の方が、高品質である場合もあります。

さらに、鹿肉ドッグフードを選ぶ時は、鹿肉以外の原料の産地も確認しておくと安心です。原料の産地はホームページなどで確認することができますが、確認できない時は販売元にメールや電話で問い合わせてみましょう。

値段の高いものが多い

野生動物である鹿は、季節や天候次第で捕獲が困難な場合もあるため、供給が不安定です。そのため、牛肉や鶏肉、豚肉を使ったドックフードより値段が割高のものがほとんどです。

ドッグフードは毎日与えるものなので、値段の高い鹿肉ドッグフードはコストパフォーマンスはあまり良くないと言えるでしょう。

良質の肉を使っていない可能性  

野生の鹿は、牛や豚などの家畜のように抗生物質やホルモン剤に汚染されている心配はありません。しかし、なかには良質の肉が使われていない鹿肉ドッグフードもあるため注意が必要です。

人が食べることができるヒューマングレードのレベルの鹿肉は良質の肉ですが、副産物や廃棄物が含まれていないか​も確認したいポイントの一つです。

ただし、ヒューマングレードの鹿肉でなくても公的機関に認定された工場で製造されている場合は、まず問題はないと言えるでしょう。

穀類や添加物が使われている可能性  

鹿肉ドッグフードは、鹿肉の他にかさ増しの目的で穀物が使われていることもあります。しかし、肉食獣である犬は、穀物の消化が体の負担になるため注意が必要です。

そのため、穀物が使われていない鹿肉ドッグフード、もしくは特にアレルギーの出やすい小麦などは使われておらず、犬が消化しやすい穀物のみが使われている鹿肉ドッグフードを選ぶようにしましょう。

また、鹿肉ドッグフードの中には人工添加物が使われているものも。犬の体に負担をかけてしまうため、人工添加物不使用の鹿肉ドッグフードを選ぶほうが良いでしょう。

特に日本で製造されているドッグフードは、ドッグフードに使用可能な添加物の制限が海外ほど厳しくないので注意しましょう。

販売店の対応の良し悪し

鹿肉ドッグフードを購入する場合は、不良品だった場合に返品できるかどうかなど、販売店の対応にも気をつけましょう

販売店の対応の良し悪しは口コミなどで確認することができます。口コミをしっかりチェックして、出来るだけ対応の良い販売店を選んだ方が、万が一不良品だった場合も安心です。

豆知識!ジビエの衛生管理に関するガイドライン​

野生の鹿は、牛や豚などの家畜のように抗生物質やホルモン剤に汚染されている心配はありません​が、家畜のように餌は管理されておらず、食用に解体する場合も病気があるかどうかの検査が義務付けされていません。

しかし、鹿肉のような野生動物を食用に使うための安全基準があり、現在日本では衛生管理に関してのガイドラインがあります。

ガイドラインには、鹿肉のような野生動物を扱う狩猟者や食肉処理業者​などが守る必要がある衛生措置について詳しく記載があり、具体的な処理方法や食用にすると問題がありそうな疑いがある場合は廃棄するように指示されています。

また、ペットフードの販売についても安全を確保するための法律があります。ペットフード安全法は、業者の届出が義務付けられいて、表示や製造方法の基準などのマニュアルも用意されています。これを守っている業者は安全と言えるでしょう​。

安全なドッグフードを食べさせたい!他におすすめは?​

高タンパクで低カロリー​​、栄養豊富でアレルギーの心配もない鹿肉ドッグフードは犬の健康に良いと評判の人気のドッグフード。しかし、鹿肉を使ったドッグフード以外にも安全なドッグフードはあります。

そのため、ここでは大切な愛犬に食べさせたい、他におすすめのドッグフードをご紹介します!

お肉たっぷりグレインフリー「モグワン」「カナガン」

\犬の苦手な穀物は一切不使用の無添加ドッグフード!/​​​​​​​

Source: amazon

モグワン カナガン

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95点
  • 価格:モグワン3,168円(公式サイト・定期)/カナガン3,564円(公式サイト・定期)
  • 内容量:1.8㎏(モグワン)/2㎏(カナガン)
  • メーカー:株式会社レティシアン​

モグワンとカナガンの取扱い会社は同じですが、カナガンはイギリスが発祥のドッグフードで、モグワンは日本の会社が日本で飼われている犬のために開発したドッグフードです。

欧米と日本では、犬が飼われている環境が違うので、運動量にも差があります。

そのため、カナガンの主原料はチキンのみですが、​モグワンは日本で飼われている犬にベストな栄養バランスになっています。チキンの他にサーモンが含まれていて、カナガンより低脂肪で低カロリーなドッグフードです。​

また、どちらも肉食獣である犬が消化する時に負担になる穀物は含まれておらず、着色料や香料は含まれていない無添加ドッグフードなので安全性は高いと言えるでしょう。

運動量があまり多くない室内犬やシニア犬、肥満気味の犬には低脂肪で低カロリーなモグワンがおすすめですが、運動量が多くて消費カロリーも多い犬はカナガンでも問題ないでしょう。

モグワンもカナガンも公式サイトで定期購入すると通常価格より安く購入できるので、お得に購入したい人は定期コースがおすすめ。定期コースのお届け周期や個数は自由に変更でき、定期コースにしておくと買い忘れることもないので便利です。

モグワンの公式サイトを見てみる

カナガンの公式サイトを見てみる

​国産品でおすすめ「馬肉自然づくり」

\人間用の新鮮な馬肉を使用した高品質ドッグフード/​​​​​​​​

Source: 公式サイト

馬肉自然づくり

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95点
  • 価格:2,400円(公式サイト・定期)
  • 内容量:1㎏
  • メーカー:株式会社 利他フーズ​

主原料は、鹿肉と同じように高タンパクで低脂肪、低カロリーだと言われている馬肉です。人間の馬刺し専門店が開発し、人間用としても認められている新鮮な馬肉が使われている高品質なドッグフードです。

使われている馬肉は、カナダ生まれの馬を日本で育てたもので、馬肉以外の原材料も国産のものが使われています。さらに、国内の工場で徹底管理され製造されていて、添加物は一切使われていない安心安全な無添加ドッグフードです。

また、馬肉自然づくり​は高タンパクで低脂肪、低カロリー​のドッグフードなので、犬に必要な動物性たんぱく質​をしっかり摂取できます。成犬やシニア犬に特におすすめです。

アレルギーの出やすい小麦は使われていませんが、玄米やはと麦などの​穀物は使われているので、穀物が一切使われていないグレインフリーではありません。

しかし、ビタミンやミネラルが豊富な穀物を厳選して使用しているため、そこまで心配はないと言えるでしょう。また、公式サイトで定期購入すると初回は20%OFF、2回目以降も10%OFFで購入できるのでかなりお得です。

さらに、馬肉自然づくりの定期コースは、定期コースに良く見られる回数の縛りがないので、一回受け取ったらいつでも解約可能。そのため、お手頃価格で愛犬にお試しすることができます。

公式サイトを見てみる

オシャレなパケと安全な成分&販売店が多い「ロータス」

\安全な成分で種類が豊富な人気のドッグフード!/​​​​​​​​​

Source: amazon

ロータス

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:グレインフリー ターキーレシピ小粒、グレインダッグレシピ、グレインフィッシュレシピ小粒 ​​2,500円(公式サイト)
  • 内容量:800g
  • メーカー:ロータスジャパン株式会社​

オシャレなパッケージが目をひくロータスのドッグフードは、愛犬家の間で密かに人気のドッグフードで販売店が多く種類が豊富なのが特徴です。

ホルモン剤不使用の鶏肉や白身魚などが原材料になっていて、完全無添加ではありませんが、使われている添加物は天然のものなので安全性が高く愛犬に安心して与えられると評判です。

また、成分が凝縮され栄養が吸収されやすい形になるオーブンベイク製法で​作られているため、少量でもしっかり栄養を吸収することができます。

アレルギーが出やすい小麦や大豆、とうもろこしは使われておらず、使われているチキンやラムには副産物が含まれていません。

さらに、グレインフリーのドッグフードは穀物が一切使われていないので、アレルギーが心配な犬にも安心です。

また、犬が消化しやすいオリーブオイルやサーモンオイルも配合されていて、良質な脂肪酸もバランスよく配合されているので、愛犬の皮膚や粘膜が健康になり毛艶が良くなるなどの効果も期待できます。

amazonを見てみる

鹿肉ドッグフードに関するQ&A集​

ここでは、鹿肉ドッグフードに関するよくある疑問にお答えします。購入する前に不安に思っていることを解消しておくと安心ですね!

安全かどうか見分ける方法は?  

鹿肉ドッグフードが安全かどうか見分けるためには、主原料である鹿肉の産地やその他の原材料についてもしっかりチェックすることが大切です。そこで、まずは鹿肉ドッグフードの全成分や安全性についてホームページに記載があるか見てみましょう。万が一、ホームページに記載がない場合は、電話やメールで問い合わせをしてみると良いでしょう。

愛犬に合うか心配。お試しサンプルから始めるべき?

高タンパクで低カロリー​、栄養豊富でアレルギーも予防できる鹿肉ドッグフードですが、愛犬に合うかどうか心配だという人も多いのではないでしょうか。その場合は、少量で価格が安いお試しサンプルから始めるのがおすすめです。問題なければそのまま継続していく方法をとると安心です。

鹿肉ドッグフードで下痢が続いたら?  

鹿肉ドッグフードの口コミの中には、最初はウンチがゆるくなったという声もありました。その場合は、少しずつ今まで食べていたドッグフードに混ぜて様子を見るという方法もありますが、下痢が長く続くようなら愛犬には合わない可能性があるため、他のフードに切り替えましょう。

老犬にも鹿肉は合う?  

高タンパクで低カロリーの鹿肉ドッグフードは、肥満を防いでくれる効果があるため肥満予防に効果的ですが、特にシニア犬におすすめのドッグフードだと言われています。鹿肉は、他のお肉より高タンパクなので、少量でも犬にとって大切なタンパク質をしっかり摂ることができます。そのため、食べる量が減ったシニア犬も少量で必要なタンパク質を、十分摂ることができます。さらに、鹿肉は消化吸収が良いため、胃腸が弱くなったシニア犬に負担が少ないと言われています。

鹿肉ドッグフードはアレルギー犬やシニア犬に良いみたい!​

アレルギーを発症するリスクが少ない鹿肉が主原料である鹿肉ドッグフードは、アレルギーを持っている犬におすすめ。また、鹿肉は牛肉や豚肉より高タンパクで低カロリー​なので太りすぎを予防​してくれる効果も期待できます。

さらに、高タンパクで低カロリーな鹿肉ドッグフードは、少量でも十分なタンパク質が摂れるため、食べる量が減ったシニア犬にも最適で、鹿肉は消化吸収が良いので、胃腸が弱くなったシニア犬に負担がかかりません。

犬の健康に良いとして愛犬家の間で大人気の鹿肉ドッグフードですが、鹿肉が入っていればそれで良いのではなく、安全な鹿肉ドッグフードを選ぶためにはいつくか注意点があります。

人が食べることができるヒューマングレードのレベルの鹿肉が​使われているものは安全性が高いと言えますが、犬の負担になる人工の添加物やアレルギーを起こしやすい穀物が使われていないかなどもしっかりチェックしておくとより安心です。

大切な愛犬のために、愛犬にピッタリの安心安全な鹿肉ドッグフードを見つけてあげましょう!