顔の産毛のおすすめ脱毛法6つ!自宅OKの糸・パック・クリームも解説♪

| ヘルスケア
Share:

顔の産毛が濃い…どうやって脱毛すれば良い?

どんなにかわいらしい女子も、キレイな大人の女性も、顔に産毛がまったく生えない……!という人はおそらくいないと思います。みなさん影ながら何かしらの処理をしていますよね。一番簡単でコストの安いカミソリを使ったり、貼ってはがして完了の脱毛テープを利用したり。なかには、一本一本ピンセットで処理をしている人もいるかもしれません。

本当に産毛がほとんどなく、薄い人であればそれで良いのですが、顔の産毛が濃くて困っている人は一度脱毛のやり方をチェックしてみるべきかもしれません。方法は1つではないはずです。最近は美容意識が高まって、それに合わせて、工夫が凝らされたお役立ちアイテムが登場したり、プロの脱毛​サロン・脱毛​クリニックが力を入れたりしていますよ。

  • 購入リサーチした脱毛テープ⇒20種類
  • 購入リサーチした脱毛器具⇒15種類
  • リサーチした脱毛クリニック⇒​​10箇所

今回は、自分で脱毛するときの注意点、そして顔の産毛を脱毛するおすすめの方法を6つ紹介したいと思います。

これだけ方法があれば、あなたに相応しいアプローチが見つかるかもしれませんよ。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

顔の産毛脱毛の嬉しい効果2つ

それではさっそく、「顔の産毛は脱毛するに限る……!」その2つの理由について、まとめてみました。

化粧ノリが良くなる 

​まず1つ目はメイクのノリが良くなることです。ファンデーションやパウダーを使うときに産毛が生えていると、産毛についてしまって肌に定着し辛くなってしまいます。場合によっては、なかなか上手くいかないと、ついつい厚化粧になってしまうこともあります。

また、メイクが落ちるのが早い……という人も、アイテムのせいかな?と思う前に、産毛の有無を確認してみましょう。まずは、余計な障害物のないつるつるのお肌にして、メイクの土台を作っていきましょう。

肌の明るさがアップする 

顔の産毛脱毛をすることで嬉しい効果、その2つ目は、お肌の明るさがアップすることです。明るいお肌、イコール、すべすべのお肌と言っても良いでしょう。​​

産毛がある状態では​、美白要素の高い化粧水や、つるりとしたお肌になると評判のアイテムを使っていても効果は半減です。日光やライトが当たったときに産毛が邪魔をしてしまって、お肌にあたる光が反射できなくなってしまうからですね。

また、顔のアップ写真でも、逆光で朝日が当たったときに、顔の輪郭にそって産毛が​黄色く見えてしまうこともあります。ふんわりとした人間らしい印象にはなりますが、場合によっては輪郭がぼやけてシュッと見せることができず、顔が大きく見えてしまう……といったケースもあるため、断然処理をおすすめします。

至近距離で話す仲のいい女友達も、「あ……処理してないんだな」と意外と気づいているものですよ。

顔(産毛)のおすすめ脱毛法(1)|脱毛サロン

それでは、これから6つの顔の産毛脱毛方法を紹介します。まず1つ目は「サロンで脱毛する方法」です。

サロン脱毛のメリットは、やはりプロの手による施術を受けられることでしょう。専門知識も深く、「こうなりたい」という要望に美容の観点からの​​アドバイスが貰えるのもうれしいところです。カウンセリングでは、毛の生え変わりのスケジュールなども教えてもらえます。

デメリットを挙げるなら、お金がかかる点と、スケジュールを調整して通わなければならない点、かもしれませんね。

口コミ人気の高い脱毛サロンでは、こんなところがありますよ。

 \全身脱毛でスリムアップもできちゃう!/

Source: 公式サイト

キレイモ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • 初回価格:1ヶ月無料
  • 施術器:Piel(IPL方式)
  • 設備:完全個室、毛布、ウォーターサーバー

「キレイモ」は全身脱毛を得意とする人気サロンです。10代20代の若い世代を中心に高評価を集めており、数多くの有名人が通っていることで有名です。知名度も高いですね。

こちらは料金もありがたい設定になっていますので、ぜひ、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

公式サイトを見てみる!

(産毛)のおすすめ脱毛法(2)|医療レーザー

​顔の産毛おすすめ脱毛方法​その2は、「医療レーザー」という手段です。

医療レーザー​のメリットは、医学的な分野の知識と高度な技術により、本格的な施術が受けられることでしょう。美容の施術というよりは治療に近いイメージかもしれませんね。

ただし威力が高い反面で、料金が高めに設定されているのがデメリットでもあります。

医療というと堅いイメージですが、女性が美容目的で入りやすい、こんなクリニックもありますよ。

 \脱毛の疑問も無料カウンセリングで解決!/

Source: 公式サイト

アリシアクリニック

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95点
  • 初回価格:2ヶ月無料​
  • 施術器:ライトシェアエディット、メディオスターNEXTPro​
  • 設備:完全個室

「アリシアクリニック​」は、​全身脱毛が最初の2か月なんと0円になるという、かなりうれしい設定になっています。お得なキャンペーンも開催されており、医療レーザーの敷居をぐぐっと下げてくれているクリニックだと思います。

こちらも施術の前に必ず説明があり、質問にもしっかり答えてくれますので、「脱毛ってやっぱり痛そうだし、コワイ……」という人にもおすすめの方法だと言えるでしょう。

公式サイトを見てみる!

顔(産毛)のおすすめ脱毛法(3)|脱毛パック

顔の産毛おすすめ脱毛方法​その3は、「脱毛パック」を自宅で使ってみる方法です。​

上記2つに比べてお手軽な値段で済ませることができるため、かなり現実的です。やり方もとてもシンプルで、顔に塗って、少ししたら剥がすだけで、ごっそりと取ることができます。産毛程度であればこれで十分な人も多いと思いますよ。

デメリットとしては、セルフなのでやり方次第ではうまくいかないことがあること、痛みに対して効果がいまいちな点でしょうか。

みなさんが使っているおすすめの脱毛パックはこちらです。

\自宅で好きなときに簡単にできます!/

Source: 公式サイト

がばいよか剥がすパック

  • 編集部評価:★★★★☆ 総合84点
  • 価格:1,249円(送料350円)
  • 内容量:90g
  • メーカー:アスティ コスメフリーク
  • アスティ コスメフリーク​の「がばいよか剥がすパック​​」は、塗って剥がすだけ​の簡単なシートマスクです。ほどよい吸着力と、ジェルマスクのなめらかさが特徴で、顔をまるごとパックし、すみずみの細かい産毛まで一度に処理してくれます。

    毛穴の角栓や古い角質もしっかり取り除いてくれるので、毛穴の清潔さも保つことができます。馬油の持つ保湿作用でお肌もしっとりなめらかにしてくれますよ。自然由来のレモングラスの香りも、気持ちよく使えるポイントです。

    公式サイトを見てみる!

    顔(産毛)のおすすめ脱毛法(4)|家庭用脱毛器

    顔の産毛おすすめ脱毛方法​その4は、「家庭用の脱毛器」を購入し、セルフで脱毛していく方法です。​

    家庭用の脱毛器​のメリットは、サロンやクリニックに近い本格的な施術を自宅で実行できることです。家庭で利用できる照射レベルには制限がありますが、産毛程度の薄い毛であれば十分効果が得られる場合がほとんどです。

    家庭用の脱毛器のデメリットは、器具の値段として、まとまった出費が必要になることでしょう。5桁~6桁のお値段が相場になってきますので、末長く使う予定があり、自分に合ったアイテムをしっかり選ぶ必要があります。

    家庭用の脱毛器の代表格と言えば、こちらのアイテムです。

     \お肌をすべすべに導きます!/

    Source: amazon

    ケノン

    • 編集部評価:★★★★★総合 90
    • 価格:69,800円
    • 保証・特典:2年保証/カートリッジ3個・眉毛脱毛器・専用ポーチつき​
    • メーカー:アローエイト​

    アローエイト​​の「ケノン」は、楽天市場の年間家電ランキングでなんと5年連続第1位​を獲得している人気の家庭用の脱毛器です。こちらはフラッシュ式で、顔をはじめ、腕や脚、デリケートゾーンなどカラダ全身に使えるので、かなり重宝するアイテムになっています。

    毛根にダメージを与えて毛を落とすため、施術後はお肌がすべすべになり、キレイな仕上がりになりますよ。

    公式サイトを見てみる

    顔(産毛)のおすすめ脱毛法(5)|脱毛クリーム

    ​顔の産毛おすすめ脱毛方法​その5は、「脱毛クリーム」を使う方法です。​

    ドラッグストアや薬局で気軽に買って帰れるお値段の安さで、コストを浮かせることができます。カミソリで剃っていると、そのうちに毛が濃くなったり、毛の切り口が目立って黒ずみに見えることもありますが、こちらならそんな心配もないでしょう。

    ただし、脱毛(除毛)クリームは種類がたくさん登場していて、どれがいいのかわからなくなるのがネックです。ものによっては、「ぜんぜんつるつるにならなかった……」「やり方が間違っているのかな……?」といった、効果的にイマイチともみられるコメントも多いので、数多いアイテムから自分に合ったアイテムを見抜く必要があります。

    お値段はそう高くありませんので、良い商品に出会えるまで、いろいろなアイテムに手を出してみると良いかもしれませんね。

    顔(産毛)のおすすめ脱毛法(6)|糸脱毛

    ​顔の産毛おすすめ脱毛方法​その6は、「糸脱毛(スレッディング)」という手段です。「なにそれ​初めて聞いた……!」という人もいるかもしれません。脱毛方法としては、マイナーな部類になりますね。

    糸脱毛​は、韓国などのアジア​系の国で人気のある脱毛方法で、糸に産毛をからめて脱毛​します。カミソリではデリケートなお肌を傷つけてしまうけれど、太さや素材の異なる糸を使い分けて、なるべくストレスフリーに済ませられるのが特徴です。

    ただし、日本ではまだそれほどメジャーではない方法なので、試している人が少ないということ、セルフで実行するにはコツを掴む必要があり、個人差が大きいこと、サロンで受けるにしても、お値段にも差があること、などの注意点があるようです。

    また、こちらは脱毛クリームと同じく永久脱毛とは違いますので、定期的な施術が必要​だと覚えておきましょう。

    顔の産毛のセルフ脱毛の注意点3つ

    さて、6つの方法を紹介しましたが、いかがでしょうか。顔の産毛の脱毛方法には、「サロンやクリニックでやってもらう方法」と、「セルフで済ませる方法」の2つに大きく分かれるようですね。

    効果が高いのはやはりプロに頼む方法でしょう。しかし、お値段的なことを考えると、「やっぱりシェーパーやカミソリで自分で処理した方が良いや……!」と考える人も多いと思います。そこで一度、顔の産毛のセルフ脱毛を成功させるポイントを、確認しておきましょう。

    肌を清潔にしてから行う 

    キレイに産毛を剃るために、まずは肌をそりやすい状態に整えておきましょう。​しっかり洗顔をして、お肌を清潔な状態にしておくことがポイントです。

    お肌に余分な皮脂やほこりがついていると、うまく剃れないばかりか、炎症を起こしてしまうなどのお肌トラブルの原因となったり、シェーパーやカミソリ​の歯が傷みやすく切れにくくなってしまう……といったマイナスなことばかり起きてしまいますので注意しましょう。

    前後のケアをしっかりとやる 

    シェーパーやカミソリ​​での脱毛は、どうしてもお肌にダメージを与えてしまいますので、前後のケアも必要になってきます。

    剃るときに肌が乾燥している状態では、お肌へのダメージが大きくなりますのでおすすめできません。事前に、お肌を保護するクリームなどで​カバーしてから行いましょう。

    また、忘れがちなのが剃った後のアフターケアです。実はこちらが最重要。産毛処理をした後には、きちんとした保湿ケアを行い、肌荒れや毛穴トラブルを未然に防ぎましょう。そうすれば、「産毛を剃りたかっただけなのに、ニキビや赤みが発生して汚くなってしまった……」なんて事態も避けられますよ。

    剃る向きに気を付ける 

    ​また、産毛を剃るときは、歯を滑らせる方向が大切なのです。みなさんは「毛の流れに​剃ってシェービングする​」のと、「毛の流れに逆らってシェービングする​」のと、どちらが正しいと思いますか?

    一般的には毛の流れに逆らってシェービングする​​と、キレイに剃ることができると言われていますが、顔などのデリケートな箇所は、深剃りや毛穴を傷つける原因と​なってしまうことが分かっています。そもそも高品質でキレイに手入れされたアイテムであれば、どの角度からでも切れるはずですから、毛の流れに​剃ってシェービングする​のが理想的だと考えられます。

    顔の産毛の脱毛に関するQ&A

    ​脱毛の世界、だんだん分かってきたけれど、もっと素朴な疑問もたくさんありますよね。それでは最後に、顔の産毛の脱毛に関するQ&Aをまとめておきましょう。

    脱毛を続けたら生えてこなくなる?

    脱毛をしたから一生生えてこない、ということではありません。でも、続けることで毛が薄くなったり生えにくくなるメリットがあります。

    ​サロンやクリニックの永久脱毛に関しても、「ほぼ永久的に生えてこない脱毛​」という認識になっていて、100%を保証するものではないので注意しましょう。私たちが成長を続ける限り、皮膚の組織も成長し続けます。

    結局どれが一番効果的?

    人それぞれですが、一般的には医療レーザーの効果が高いと言われています。

    ​家庭用の脱毛器もクリニック監修のもとで生まれていますが、個人が照射できるレベルに決まりがあり、医療レーザー​に及ばない力に抑えられています。

    顔の産毛を抜くのはダメ?

    引っ張るという行為が毛穴のたるみをもたらしたり、周りの細胞を傷つけてメラニン生成を促してしまうこともあります。

    ​メラニンは刺激を感知して生成されます。毛を根本から抜いていく行為はキレイに仕上がるように思えますが、黒ずみの原因にもなってしまうようです。顔の産毛を​ピンセットで抜いていく行為は痛みが伴いますし、あまりおすすめできない方法です。

    顔の産毛が濃くなる原因は?

    顔の産毛が濃くなる原因は、遺伝のほかにも、「ホルモンバランスの乱れ」が大きく関わっています。

    生活習慣の乱れでホルモンバランスが変動してしまうことはままあります。​食生活、そして十分な睡眠をとって、お肌のコンディションを整えましょう。急激な男性ホルモンの増加​や、加齢によって産毛が濃くなることもあるようです。

    顔の産毛処理で濃くなることはある?

    カミソリやシェーパーで処理をすると断面が平たくなり、その状態で毛が成長をすることから、濃くなったように見えることがあります。

    ​厳密には、 産毛を処理しても濃くなったり増えたりすることはない、と考えて良さそうです。しかし、見た目で濃く見えてしまっているなら、同じことかもしれませんね。

    顔の産毛処理後のケアは必ずしないとダメ?

    アフターケアはマストとしておすすめしたいところです。

    「顔の産毛のセルフ脱毛の注意点3つ」の項目でも紹介しましたが、産毛を剃ったあとのお肌はダメージを受けている状態ですので、放っておくとお肌トラブルの原因につながってしまいます。

    まずは、しっかりと保湿し、お肌の隙間にほこりや汚れが入らないようにしましょう。

    顔の産毛脱毛で化粧ノリ&ワントーンUP♪

    ​顔の産毛は無いほうが断然良い!メイクのノリもよくなり、メイク直しも必要なくなるかもしれません。おまけに、顔をスッキリみせて、光の集まる明るいお肌に見せることもできそうです。

    しかし、やり方を間違えるとお肌トラブルの原因ともなりえるので、方法やアイテムはよく考えて選んでみましょう。時間の経過でどのように感じるかは、すでに試している人の口コミが、たいへん参考になると思いますよ。

    今回紹介した各メリット、デメリットも選ぶときのポイントにしてみてくださいね。