メイク別クレンジングおすすめ15選!正しい落とし方もレクチャー!

| クレンジング
Share:

するんと落ちる♪メイク別おすすめクレンジング

毎日メイクをする女性にとって欠かせないのが、クレンジングです。クレンジングには様々な種類があり「メイクを落とす」という目的はどれも一緒ですが、その効果や特徴は商品によって全く異なります。

一番避けたいのは、クレンジングで肌を傷つけてしまうこと毎日しなければいけないことだからこそ、なるべく肌に優しいクレンジングを使用したいものです。

自分の肌やメイクに合わせたクレンジングを使うことで、長年悩まされている肌トラブルも解消できるかもしれません。

  • 調べたクレンジングの数⇒40種類以上
  • 試したクレンジングの数⇒30種類
  • 調査した口コミの数⇒50個

この記事では、メイク別・テクスチャ別におすすめのクレンジングと、正しいクレンジング方法を紹介しています。

たかがクレンジング、されどクレンジング……。ぜひ自分にぴったりのクレンジングを見つけて、メイクがするりと落ちる快感を味わってみてください。

クレンジングはメイクの濃さで選ぼう!

クレンジングの種類は、大きく分けて「オイルタイプ」「リキッドタイプ」「ジェルタイプ」「クリームタイプ」「ミルクタイプ」の5つがあります。これらの中から選ぶ上で重視すべきなのは、ずばり「メイクの濃さ」です。

“とにかく洗浄力が強いものを使う”のは間違い!知らず知らずのうちに、肌に負担をかけてしまっているかもしれません。 まずは自分のメイクの仕方を振り返り、その濃さに適したクレンジングを選びましょう。

濃いめのメイクはオイル・リキッドタイプ

がっつりアイメイクやウォータープルーフのファンデーションなどを使っているなら、オイルタイプやリキッドタイプのクレンジングが適しているでしょう。

メイク汚れをしっかり浮かせて落としてくれるような洗浄力が高めのクレンジングを使えば、肌にメイクが残ってしまうこともないはずです。

ただ、マスカラを重ね付けしていたりする場合は、クレンジングだけでは落としにくい場合もあります。メイクの状態を見て、ポイントリムーバーなどを併用すると良いでしょう。

ナチュラルメイクはジェル・クリームタイプ

濃すぎず、薄すぎずの至って平均的な濃さのメイクであれば、ジェルタイプやクリームタイプのクレンジングがおすすめです。

ジェル・クリームタイプの洗浄力は、5つのクレンジングの中でも中間くらい。つまり、肌にとってもメイクにとってもちょうど良いくらいの洗浄力と言えるでしょう。

薄めのメイクはミルクタイプ

薄めのメイクであればそもそも強い洗浄力は必要ないので、肌への優しさを重視するべきでしょう。

石鹸でも落とせるくらいの薄いメイクの場合は、肌への刺激を最低限に抑えることができる、なめらかなミルクタイプのクレンジングがおすすめです。

洗浄力が弱いので、乾燥肌の人でも使いやすいことが多いようです。

【オイル】クレンジングおすすめ3選

まずは、オイルタイプのクレンジングのおすすめ商品を3つご紹介します。

アテニア

\くすみを洗い流し美肌をつくる/

Source: amazon

アテニア スキンクリア クレンズオイル

  • 編集部評価:★★★★★ 総合96点
  • 価格:1,836円
  • 内容量:175ml
  • メーカー:アテニア

アテニアのスキンクリアクレンズオイルは、メイクを落とすだけでなく、くすみの原因となる「肌ステイン」まで落としてくれるというクレンジングです。

くすみがなくなることで、クレンジングを使用し続ければ肌を明るくする効果も期待できるのだとか。

肌ステインは蓄積してしまうと簡単には落とせない厄介なものですが、配合されているロックローズオイルが角層から切り離し、メイクとともに洗い流してくれます。

また、スキンクリアクレンズオイルは年齢に応じたエイジングケア効果でも話題!肌ステインの発生を防ぐとされるイモーテルオイルが配合されており、ロックローズオイルとともに力を発揮して美肌へと導いてくれるでしょう。

公式サイトを見てみる

シュウ ウエムラ

\自然由来成分98%/

Source: 公式サイト

アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:4,400円
  • 内容量:150ml
  • メーカー:シュウ ウエムラ

自然由来成分98%のクレンジングです。なめらかで優しい使い心地でありながらもW洗顔不要なのが嬉しいポイント。まつエクをしていても使用可能です。

皮脂と同成分のオレイン酸を含む日本つばきカメリアオイルが配合されており、とろみのあるテクスチャで心地よい洗い上がりを実感できるでしょう。

公式サイトを見てみる

オイルタイプのプチプラならコレ

\なでるだけで簡単メイクオフ!/

Source: Amazon

ファンケル マイルドクレンジングオイル

  • 編集部評価:★★★★★ 総合91点
  • 価格:1,050円
  • 内容量:60ml
  • メーカー:ファンケル

ごしごし擦らないとメイクが落ちなさそうで不安……という方必見です。

ファンケルのマイルドクレンジングオイルは、メイクになじませて軽くなでるだけでオフできてしまうという優れもの!しかも不快なヌルつきも残りません。

商品名の通り、オイルでありながらもマイルドな洗い心地なのが特徴です。クレンジングと同時にスキンケアもできてまさに一石二鳥。必要以上に肌を擦る必要がないので、摩擦による小じわの心配もいらないでしょう。

角栓ケアにも効果が期待できる、独自成分の「毛穴つるすべオイル」でエイジングケアにも繋がります。

公式サイトを見てみる

【リキッド】クレンジングおすすめ3選

次に、リキッドタイプのクレンジングのおすすめ商品を3つご紹介します。

ビオデルマ

\拭き取るクレンジングでしっかりオフ/


Source: 公式サイト

サンシビオ エイチツーオー D

  • 編集部評価:★★★★★ 総合90点
  • 価格:2,484
  • 内容量:250ml
  • メーカー:ビオデルマ

コットンで拭き取って使用するタイプのクレンジングです。

メイクが落ちたかどうかをしっかり確認することができるので、顔に汚れが残ってしまう心配はいりません。しかも洗い流す必要がないので、スキンケアがめんどうな人にもぴったり

保湿成分としてキュウリ果実エキス、独自成分であるD.A.F.(Dermatological Advanced Formulation)が配合されており、メイク落としと同時にうるおいケアまでできます。

公式サイトを見てみる

アルファピニ28

\まるで美容液みたいなクレンジング/

Source: Amazon

アルファピニ28 ボタニカル クレンジングリキッド

  • 編集部評価:★★★★★ 総合91点
  • 価格:3,348円
  • 内容量:120ml
  • メーカー:アルファピニ28

98%天然成分のクレンジングで、植物由来セラミドアミノ酸AHAダイズブドウ果汁発酵液などの美容成分がたっぷり配合されています。“洗う美容液”と言っても過言ではないでしょう。

とろっとした贅沢感漂うテクスチャが、メイク汚れだけでなく毛穴の汚れや黒ずみまで解消してくれるとのこと。オイルは使われていないので、ヌルつきが残ることもありません。

また、ラベンダーやユーカリ、ローズマリーなどの天然ハーブの香りが、リラックス効果も与えてくれます。

公式サイトを見てみる

リキッドタイプのプチプラならコレ

\潤いを残しつつしっかり洗い流す/

Source: Amazon

オルビス クレンジングリキッド

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:1,440円
  • 内容量:150ml
  • メーカー:オルビス

オイルを使っていないのに、肌に乗せるだけでメイクがふわっと浮き上がるような高いクレンジング力を誇ります。ファンデーションだけでなく、アイメイクも口紅もしっかり落としてくれるとのこと。

洗い上がりはヌルつきがなくさっぱりなのに、肌には潤いがたっぷり残ります。クレンジングの時間にストレスを感じていた人にはぜひ使ってみてほしい商品です。

公式サイトを見てみる

【ジェル】クレンジングおすすめ3選

次に、ジェルタイプのクレンジングのおすすめ商品を3つご紹介します。

リ・ダーマラボ

\こんにゃくスクラブで毛穴汚れもスッキリ/

Source: Amazon

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

  • 編集部評価:★★★★★ 総合97点
  • 価格:3,076円
  • 内容量:150g
  • メーカー:リ・ダーマラボ

@コスメでも非常に評価が高いクレンジングです。驚きなのがその成分で、なんと99.3%が美容液成分なのです。ヒアルロン酸やアミノ酸、ビタミンCなど、お肌に嬉しい成分が盛りだくさん!

また他にはない特徴といえば、配合されている極小こんにゃくスクラブ。ぷるぷるの小さなスクラブが、毛穴の汚れや角質を吸着してくれるとのこと。頑固な黒ずみや角栓の解消にも一役買ってくれるでしょう。

濡れた手でも使えて、W洗顔がいらないのも嬉しいポイント。お風呂場でこれ一本でスキンケアができてしまうので、めんどくさがりな方にもおすすめです。

公式サイトを見てみる

マナラ

\美容成分たっぷりの温感ゲル/

Source: Amazon

マナラ ホットクレンジングゲル

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:4,104円
  • 内容量:200g
  • メーカー:マナラ

ヒアルロン酸コラーゲンスクワランなど、たっぷりの美容液成分が配合されています。無添加にもこだわり、着色料や合成香料、石油系界面活性剤などは使用されていません。

お肌に出すと温かくなるゲルに保湿成分が配合されており、これが角質層に働きかけることによって角質をも除去することができるそうです。

また、顔全体がぽかぽかとするので、リラックス効果も抜群!クレンジングの時間が楽しみになるかもしれません。

公式サイトを見てみる

ジェルタイプのプチプラならコレ

\洗い上がりさっぱり/

Source: 公式サイト

ビオレ メイク落とし しっかりクリアジェル

  • 編集部評価:★★★★★ 総合90点
  • 価格:820円
  • 内容量:170g
  • メーカー:ビオレ

ドラッグストアでも気軽に手に入るクレンジングです。オイルフリーで、洗い上がりはさっぱり。毛穴落ちしたメイクやポイントメイクもしっかり落とすことができます。

濡れた手でも使用可能で、W洗顔も不要!他の商品と比べると非常に安価なので、クレンジングにあまりお金をかけたくないという人にはぴったりでしょう。値段の割に内容量が多いので、コスパは抜群です。

詳細を見てみる

【クリーム】クレンジングおすすめ3選

次に、クリームタイプのクレンジングのおすすめ商品を3つご紹介します。

ポーラ

\クリームがオイルに変化!/

Source: 公式サイト

ポーラ モイスティシモ クレンジング

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:3,780円
  • 内容量:120g
  • メーカー:ポーラ

クリームが、肌に乗せるとオイルに変化する不思議なクレンジングです。オイルと言っても肌への刺激は少なく、敏感肌の人でも使えるような商品になっています。

保湿成分として配合されている主な成分は、サクラエキスオウレンエキス。これらの成分が角層を整えて、潤いを逃さない肌をつくるとされています。メイクをしっかり落としつつ、肌環境も整えてくれるでしょう。

また、クリームの香りはジェントルフローラル。クレンジング中は贅沢な気分を味わうことができます。

公式サイトを見てみる

プレディア

\泥パワーで毛穴汚れもごっそり/

Source: 公式サイト

プレディア スパ・エ・メール ファンゴ W クレンズ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合91点
  • 価格:4,500円
  • 内容量:300g
  • メーカー:プレディア

天然ミネラルの泥が配合されているクレンジングです。泥の力で、毛穴に詰まった汚れやメイクをしっかりと洗い流すことができるとされています。

洗い上がりはつっぱることなく、もちもちでふっくらな肌。悩みの種となりがちな目立つ毛穴が目立たなくなる効果も期待できるでしょう。

優しい香りも好評で、まるでスパを受けているような気分を味わうことができます。

詳細を見てみる

クリームタイプのプチプラならコレ

\こんにゃくスクラブがザラつきを除去/

Source: 公式サイト

Nature & Co クレンジング クリーム

  • 編集部評価:★★★★★ 総合90点
  • 価格:1,080円
  • 内容量:150g
  • メーカー:コーセー

ザラザラとした肌にお悩みの方には、Nature&Coのクレンジングクリームがおすすめ!こんにゃくスクラブが配合されていて、ザラつきの原因となる古い角質を除去してくれるとされています。

「スクラブ」と聞くと肌への刺激が強そうにも感じますが、商品名にもある通りボタニカル成分でつくられているので、ダメージを気にする必要はありません。洗い上がりはすべすべツルツルでありながらも、肌の潤いはしっかりと残してくれます。

詳細を見てみる

【ミルク】クレンジングおすすめ3選

次に、ミルクタイプのクレンジングのおすすめ商品を3つご紹介します。

パラドゥ

\ミルクなのに高い洗浄力/

Source: Amazon

パラドゥ スキンケアクレンジング

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:255円 / 1,296円
  • 内容量:23g / 120g
  • メーカー:パラドゥ

クリームタイプのクレンジングは洗浄力が弱めなのが特徴ですが、パラドゥのスキンケアクレンジングは優しい使い心地ながらも高い洗浄力を誇るとされています。

その秘密が、独自開発された「アクアカプセル処方」。まるでカプセルのようにクレンジングの成分を閉じ込め、肌に触れることによりはじけてメイクに広く吸着し、ごしごし擦らなくても軽い力で落とすことができるとのこと。

しかも美容液成分が89%なので、洗い上がりがつっぱることもありません。W洗顔不要なのも嬉しいポイントです。

詳細を見てみる

カバーマーク

\まるでトリートメント!/

Source: Amazon

カバーマーク トリートメント クレンジングミルク

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95点
  • 価格:3,240円
  • 内容量:200g
  • メーカー:カバーマーク

カバーマークのトリートメントクレンジングミルクは、クレンジングというよりもまるでトリートメントのような使用感を持つ商品です。

美容液成分はなんと89%で、クレンジング後にはヒアルロン酸よりも高い保湿力を誇る「MCキトサン」が肌にヴェールのようなうるおい膜を形成。もちもち肌を長時間持続させることができるそうです。

また、独自開発した「 アクアクレンジングゲル構造」により、擦らなくても肌にのせるだけでメイクが浮き上がるとされています。

公式サイトを見てみる

ミルクタイプのプチプラならコレ

\敏感肌でも安心/

Source: 公式サイト

ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム

  • 編集部評価:★★★★ 総合89点
  • 価格:650円
  • 内容量:300g
  • メーカー:ちふれ

プチプラで有名なちふれ。もちろん、クレンジングも例外ではありません。300gという大容量でも1,000円でお釣りがくるので、スキンケアにはあまりお金をかけたくないという人にもおすすめです。

ウォッシャブルコールドクリームはとても軽い使用感で、クレンジングだけでなくマッサージクリームとしても使用することができる優れものです。

無香料、無着色、ノンアルコールなので、敏感肌の人でも安心して使えるでしょう。

公式サイトを見てみる

5つの機能付き!クレンジングバームならコレ

上記でご紹介したクレンジングタイプのどれにも当てはまらない、「クレンジングバーム」というものをご存知ですか?

クレンジングバームは元は固形で、肌に乗せるとオイル状に変化するというものです。クレンジング力と同時に高い美容効果も期待できることから、注目を集めています。

ここでご紹介するのは、なんと「クレンジング」「洗顔」「角質ケア」「マッサージケア」「トリートメント」の5つの機能を併せ持ったクレンジングバームです。

D.U.O

\5つのケアが同時に可能!/

D.U.O クレンジングバーム

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • 価格:3,600円
  • 内容量:90g
  • メーカー:D.U.O

D.U.Oのクレンジングバームは、「毛穴クリアカプセル」という独自技術で構成されています。

固形状態のバームを肌にのせると、洗浄成分と美容成分が詰め込まれたカプセルが微粒子化し、毛穴の奥までこれらの成分が行き渡るという仕組みです。

その結果、通常のクレンジングでは届きにくい古い角質や汚れなども取り除くことができるとされています。

また、D.U.OにはビタミンCやナノコラーゲン、ナノヒアルロン酸などをはじめとした31種類ものエイジングケア成分が配合されています。

これらが肌に浸透することにより、エイジングケアとしての効果も期待できるでしょう。

公式サイトを見てみる

メイクを残さない!クレンジングの仕方

美肌をキープするためには、正しいクレンジングは必要不可欠です。では、その正しいクレンジング方法についてはご存知でしょうか?

よかれと思ってやっていることが、実は肌にとっては逆効果になってしまっているかもしれません。

メイクを残さずきれいに落とすための、クレンジングのコツを3つご紹介します。

優しくこすらず、適量を顔全体に広げる

まずは、メイクを落とすために必要な量のクレンジング剤を顔全体に広げていきます。

クレンジングの種類やメイクの濃さによって適量は変化するため、事前に確認しておきましょう。特定の場所だけに集中しないよう、まんべんなく広げるのがポイントです。

ただし、メイクになじませようとするあまり肌をゴシゴシこすってはいけません。あくまでも肌にのせるイメージで、優しく伸ばしていきましょう。

円を描きながらメイクとなじませる

クレンジングとメイクをなじませるためには、くるくると円を描くように指先を動かしていきます。

なるべく小さい円を描くようにすると、汚れが吸着しやすくなります。上下や左右の直線の動きだけでは、メイクが落としきれないことが多いので注意しましょう。

指先をすべらせるように内側から外側にかけてメイクを少しずつ浮かせていくのがコツです。顔の中でも凹凸が多い中心部は特に汚れが落としにくいので、そこから重点的に行うようなイメージです。

洗い残しのないようにしっかり流す

メイク汚れにクレンジングがしっかりなじんだら、最後はすすぎです。クレンジングが肌に残ることがないようしっかりと流しましょう。洗い残しがあると、せっかくの努力も水の泡です。

コツとしては、30〜32度くらいのぬるま湯ですすぐことです。30〜32度は「汚れを落としやすく、潤いを残しやすい温度」と言われており、肌にとっては最適な温度といえます。

ちなみに30〜32度というのは、肌にとっては少し冷たく感じるくらい。温かくて気持ち良さを感じるくらいだと、少し熱めかもしれません。

必見!クレンジングシートは使っちゃダメ?!

忙しいときや疲れ切っているときに重宝されるクレンジングシート。メイクが手軽に落とせるというメリットがある一方、実はデメリットのほうが多く、美肌を保ちたいという人にはおすすめできません

クレンジングシートはメイクを「拭き取る」ということ。ある程度の力が肌にかかってしまうのは避けられず、摩擦の刺激が肌トラブルの原因になることがあります。

また、商品によってはアルコール成分が強いものもあります。使用後はさっぱりとしますが、アルコールは揮発性が高いため、肌が非常に乾燥してしまう可能性があるのです。

クレンジングに関するQ&A

メイクを落とすのにクレンジングは絶対必要?

しっかりと汚れを浮かせるためにクレンジングは必要です。洗顔だけだと汚れが残ってしまいます。

クレンジングと洗顔にはそれぞれ違った役割があります。メイクなどの油汚れはクレンジングで、古い角質などは洗顔で落とすのが基本です。

W洗顔不要と謳っているクレンジングは数多くありますが、クレンジングが不要な洗顔料はほとんどありません。メイクとクレンジングは切っても切れない関係であると覚えておきましょう。

日焼け止めしか塗ってなくてもクレンジングは必要?

必要です。日焼け止めは立派なメイクなので、クレンジングをしないとしっかり落ちません。

日焼け止めは、スキンケアというよりメイクの一種です。最近ではSPFが高い日焼け止めも多く販売されており、きちんと落とさないと肌トラブルの原因になることも……。

日焼け止めだからといって油断せず、メイク同様クレンジングでしっかり落とす必要があります。

自分に合うクレンジングでメイクオフ♪

クレンジングには様々な種類があります。どのクレンジングが合うかは人それぞれ。自分に合うクレンジングを見つけるためには、まずは自分のメイクの仕方を振り返ってみましょう

濃いめのメイクならオイルタイプかリキッドタイプ、薄めのメイクならクリームタイプかミルクタイプのクレンジングがおすすめです。

また、クレンジングの中にはメイク落としだけでなく、角質オフ効果や美容効果が期待できるものもあります。それぞれのクレンジングの特徴を見て、自分の肌悩みを解消してくれるようなものを選んでみてください。