ハイドロキノンクリームの驚きの美白効果とは?美容マニアが検証!

| スキンケア
Share:

シミを薄くするハイドロキノンクリームの効果は?美容マニアが検証!

できてしまったシミをケアするというハイドロキノンを使ったことはありますか?多くの女性の中には「効果はあっても使うのが怖い」という気持ちがいまだにあるようです。

シミをきれいにしたい人にこそ使ってほしい、そんな気持ちを込めて編集部でハイドロキノンの効果を調査し、まとめてみました。

  • 調査したハイドロキノンクリーム⇒35種類
  • 調査した美容・医療関連サイト⇒89サイト
  • 本当におすすめできるハイドロキノンクリーム⇒1種類

ハイドロキノンは従来の美白成分を圧倒するほどシミケアの力が強い成分ですが、肌への刺激や副作用があります。今回は安全に使うための基本的な知識とメリットデメリット、おすすめ美容クリームを紹介しています。

後半では医師の指導がなくても安心な正しい使い方を紹介していますので、長年悩んだシミとサヨナラする第一歩を踏み出してくださいね!

できたシミを薄くするハイドロキノンとは?

そもそもハイドロキノンとはどのような成分なのでしょうか?その働きの概要を解説します。

多くの美白成分はシミを作りにくくするだけ

美白化粧品の成分にはアルブチンやビタミンC誘導体が有名ですね。これらの成分はシミを薄くするように感じますが、実はほとんどはシミを作りにくくする働きがあるだけで、できてしまったシミを薄くすることはできません。

厚生労働省が認めた美白成分の働きには大きく分けて2種類あります。

  • メラニンを作らないように抑制する働き
  • すでにあるシミを還元する働き

約20種類ある美白成分のうちほとんどは、メラニンの生成を抑制する働きしか持っておらず、シミを元に戻すという還元作用のある成分はごく限られてしまうのです。

ハイドロキノンの働きは他の美容成分の10~100倍に及ぶと言われていて、還元作用も持ち合わせています。

メラニン生成を抑制する働きがある

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニンを作り出すチロシナーゼという酵素の働きを抑える作用と、メラニン色素を作り出すメラノサイトを減らす作用が確認されています。

メラニン色素ができるにはこの2つの働きが必要不可欠なのでハイドロキノンはメラニン生成を抑えることができるのです。

工業用からコスメ用に開発されたハイドロキノン

イチゴやコーヒーなどに含まれる天然成分のハイドロキノンは、元々写真を現像したり酸化を止めるために使用される工業用原料でした。現像をしていた人の手が白くなったことからその漂白作用に注目が集まり、美容目的での研究が進むようになりました。

医療の現場でも作用が認められ、重篤な肌トラブルにより濃くなったシミなどに処方されていましたが、規制の緩和によってコスメにも使用されるようになったのです。

「白斑」で問題になったのはハイドロキノンではない

某大手メーカーの化粧品で数年前に問題となった「白斑」ですが、実はハイドロキノンが原因ではありません。実際に皮膚の白斑を引き起こしたのはハイドロキノンベンジルエーテルという全く別の成分なのです。

この2つは化学構造も名前も大変似ていることから同じように問題視されてしまいましたが、コスメに配合されてから10年以上経過した現在まで、ハイドロキノンが配合された化粧品での白斑は報告されていません

日本国内の化粧品であれば厚生労働省の厳しい基準がありますし、問題のハイドロキノンベンジルエーテルは認可されていないので化粧品に配合される心配はなくなりました。

ハイドロキノンを正しく配合した信頼できるメーカーを選ぶ限り、皮膚の色が異常に抜けてしまう白斑のトラブルを必要以上に怖がることはないのです。

効果は強いが副作用が出ることもある

白斑の心配はないといっても、ハイドロキノンは肌への刺激が強い成分です。その分副作用が強く出る場合もあり、使用には注意を払う必要があります。

皮膚科で処方される場合には医師の指導がありますが、化粧品はあくまでも自己責任で使用するものです。生理前や季節の変わり目など肌の状態も一定ではないため、副作用が出ないとは限りません。

後ほど詳しく解説しているポイントを押さえて、安全に使用しましょう。

ハイドロキノンのメリット

ではここでハイドロキノンのメリットを見てみましょう。

肌の奥まで成分が届く

肌は表面の各層から基底層まで4つの層に分かれています。シミの原因となるメラニンは肌の一番奥深いところにある基底層で作られ、新陳代謝と共に徐々に表面に押し上げられて垢となってはがれ落ちます。

ハイドロキノンは真皮層まで及んでしまったシミをケアすることはできませんが、角質層全体に浸透することができるので、角層付近のシミから基底層のメラノサイトまで幅広くケアします。

この働きは肌を白くすることにつながるので肌の変化が目に見えて現われます。

濃いシミを薄くできる

ハイドロキノンの特徴的な働きは「還元作用」というものです。「還元」とは物質の酸素が奪われる化学的な反応を言います。

メラニン色素は紫外線に触れると酸化して黒く変色します。つまり酸素と結びつくことがシミの色を作り出しているので、この酸素を奪う還元作用でシミができる前の状態に肌を戻すことができるのです。

美白成分は数多くありますが、ハイドロキノンはこの還元作用が飛びぬけて優れているため、肌の漂白剤と呼ばれるようになったのです。

早い人は2週間くらいで効果を実感

ハイドロキノンは即効性があることでも知られています。特に角層のシミに対してのアプローチ力は歴然としていて、皮膚の表面にあるシミほど早く薄くなります

使い始めて2週間くらいで肌の変化を実感する人もいて、通常4週間かかると言われる肌のターンオーバーを待たなくてもシミが薄くなることもあるようです。

皮膚の奥深いところにできてしまったシミに対しては多少時間がかかりますが、2~3ヶ月継続して使用することで変化を実感できるでしょう。

ハイドロキノンのデメリット

次にハイドロキノンのデメリットも見ておきましょう。

不安定で酸化しやすい

ハイドロキノンの性質は不安定熱や紫外線に弱いため、保管が難しいという弱点があります。

先ほど「還元作用が強い」とありましたが、これは他の物質の酸素を奪うと同時にハイドロキノンが酸化しやすいという事でもあります。

高温や太陽の陽に当たると酸化が進み、メラニン色素への効果がなくなるばかりか、肌への刺激となる成分が増えてしまうので保管には注意が必要です。

一年を通して冷蔵庫で保管し、開封後は1ヶ月を目安に早めに使い切りましょう。

刺激があるので敏感肌向きではない

ハイドロキノンは皮膚の内部にあるシミにまで働きかけるため、この過程でピリピリとした刺激を感じたり赤くなったりする場合があります。

この刺激は配合される濃度が濃くなるにつれて強くなります、欧米諸国でも4%以上のハイドロキノンは処方箋が必要になるなど厳しく規制されています。

日本国内でも医師の処方がない限り5%以上の濃いクリームを使用することはできず、処方されても厳しい指導の下短期間に限って使用することがほとんどです。

化粧品に配合される場合は1~2%の濃度になることが多いですが、敏感肌に向いているとは言えません。使用する時には低濃度のものを選び、肌の状態を確認しながら慎重に使いましょう。

長く使い続けると肌に負担がかかる

肌は刺激を長期間受け続けると次第に弱くなる傾向があります。ハイドロキノンは肌への刺激がある成分なので、同じ部分に長期間塗ることで肌への負担が増してしまいます。

皮膚科での治療の際には必ず肌の休息期間を設けるよう指導があるので、化粧品の場合でも長期間の使用は避けることをおすすめします。長期間でなくてもシミが少しでも薄くなったと感じた時点で一度お休みをするといいでしょう。

また赤くなるほど皮が剥けたり、かゆみが出た場合にはすぐに使用を中止して皮膚科を受診することをおすすめします。

ハイドロキノンクリームおすすめNo.1は「ビーグレン」

ハイドロキノンは各メーカーの研究により刺激を極限まで抑えることに成功しているため、気軽に購入できる化粧品でも安全に使用できる商品が誕生しています。そこで今一番おすすめのホワイトケア化粧品を紹介します。

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

\軽い塗り心地で肌に浸透/

Source: 公式サイト

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

  • 編集部評価:★★★★★総合98点
  • 価格:6,480円
  • 内容量:15g
  • メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社

ハイドロキノンをナノカプセルで包んだQuSomeという技術を使い、肌に浸透しやすく刺激の少ないクリームにすることに成功しました。

明るい肌を維持するβホワイト、透明感を支えるTGP2、シミを作りにくくするヘキシル3‐グリセリルアスコルビン酸という3つの成分を一緒に配合しているので、透明感のある肌を目指せます。

定期コースに申し込むと5%割引の6,156円とお得な価格になります。まとめ買いならさらに割引になるだけではなく、ビーグレンの定期コースはいつでも解約できるのでおすすめですよ。

公式サイトを見てみる

皮膚科でハイドロキノンクリームを処方してもらうには?

元々ハイドロキノンは医療の分野で使用されていたので、皮膚科を受診して処方してもらうこともできます。

まずはシミ治療を希望していることを伝え処方してもらいますが、ハイドロキノンは保険が適用されない自由診療のため、クリニックによって費用に差があります。

一般的には4~5%濃度のクリーム5gで2,000~2,500円になり、初診料と合わせても4~5,000円で受診できることが多いようです。

ただし、肌の状態は人それぞれですし、すべてのシミに作用があるわけではありません。ハイドロキノンを希望しても効果が期待できないと医師が判断した場合には別の治療を提案されることもあると覚えておきましょう。

皮膚科の先生に聞いた!ハイドロキノンの安全な使い方

刺激の強いハイドロキノンを安全に使うために、日ごろ患者に指導している皮膚科の先生に直接注意点を聞いてみました。

ハイドロキノンクリームを選ぶ基準は「濃度」

皮膚科で処方されるハイドロキノンクリームは5%の濃度が多くなりますが、これは治療の効果を確実にし、かつ肌への刺激にも配慮した結果です。

医師の指導のない市販の美容クリームは1~4%の濃度がほとんどですが、濃くなるほど刺激を感じるので、安全のために2%程度の低濃度のクリームを選ぶことがトラブルを防ぐためにもおすすめです。

ハイドロキノン配合の美容クリームはほとんどの場合濃度が表示されているので必ず確認し、肌の状態に合わせて選ぶことが大切です。

必ずUVカット剤を一緒に使う

ハイドロキノンクリームを使用する際の注意点として紫外線を徹底的にカットすることがあげられます。

紫外線に当たることで成分が酸化するとシミへの作用が弱くなるだけでなく、刺激を与える成分が増えてしまうことがわかっています。つまり、ハイドロキノンをつけて紫外線を浴びると治療とは逆効果になってしまうのです。

1日1回の場合は夜に使用し、朝につける時には必ずUVカット剤をつけて、なるべく日に当たらないように過ごしましょう。

3ヶ月使ったらしばらく休む

ハイドロキノンは即効性が認められる成分ですが、シミの濃さや年齢などによって2~3ヶ月にわたって使い続けないと変化がない場合もあります。

しかし肌は刺激を受け続けると弱くなり、突然トラブルが起きることも考えられるので、特に異常がない場合でも3ヶ月以上の使用は避けるほうがいいでしょう。

皮膚科では1~2ヶ月継続して効果が見えた場合でも、次の治療までは3ヶ月~半年ほど開けることが多くなります。美容クリームはそれほど濃い濃度ではありませんが、念のため3ヶ月使ったら1ヶ月休むなど肌の休息期間を持ちましょう

肌が弱い人はパッチテストがおすすめ

ハイドロキノンのクリームを市販で買う場合は医師の指導がないため、使い始める前にパッチテストで安全を確かめましょう。

【パッチテストのやり方】

  1. 肘の内側に少量のクリームをつける
  2. 絆創膏を上から貼る
  3. そのまま24時間置いた後、肌の状態を確認する

肘の内側は皮膚が薄いので顔と同じくらい敏感な部分です。顔につける前にパッチテストをすることで、赤みやかゆみなど心配な症状が出ないかどうか確かめることができます。

お休み期間に使いたい美白化粧品

ハイドロキノンのお休み期間にも紫外線の影響はあります。肌のシミを増やさないためにも、日頃からしっかりケアしておきましょう。

ビーグレン ホワイトケア

\潤い肌でシミをカバー/

ビーグレン ホワイトケア

  • 編集部評価:★★★★★総合96点
  • 価格:1,944
  • 内容量:クレイウォッシュ15g、ローション20ml、Cセラム5ml、ホワイトクリーム1.9 5g、モイスチャーリッチクリーム7g
  • メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社

シミや色素沈着を集中的にケアするホワイトケアセットはハイドロキノンの休息期間に顔全体のケアに利用してみましょう。

ビーグレンのQuSome技術によってナノカプセルに包み込まれたハイドロキノンなら、肌への浸透力がさらにアップし、刺激を与えることなくシミをケアします。

汚れをやさしく吸着するモンモリロナイト配合のクレイウォッシュや、QuSome技術で浸透力がアップしたローションや保湿クリームがうるおいを保ち紫外線にも負けない肌をサポートします。

お休み期間に新たにシミができないように、ライン使いでしっかりとケアしていきましょう。

公式サイトを見てみる

シミの種類とメカニズムについて

ハイドロキノンでケアすることのできるシミの種類と、そのメカニズムや特徴について見ていきましょう。

老人性色素斑

一般的に最も多いタイプのシミです。必ずしも加齢と共にできるのではなく、紫外線を浴びたことや肌のターンオーバーの乱れが主な原因になります。

【特徴】

  • 顔の頬骨やこめかみなど紫外線を浴びやすい部分に多い
  • 非対称にできる
  • シミの境界線がはっきり見える

日焼け後の背中や腕にもシミがある場合は老人性色素斑の可能性が高く、早めに対処しないと数年後に表れることもあります。

肝斑

女性ホルモンの乱れによって現われるシミを指し、30~50代頃の女性にできることが多いです。

【特徴】

  • 頬の両側にできる
  • 薄く広い範囲にシミができる
  • 左右対称にシミができる
  • 境界線ははっきりしない

境界がぼんやりしていて広い範囲に広がるので、顔のくすみと間違えやすいですが、左右対称にくすみがあるなら肝斑の可能性が高いでしょう。

そばかす

年齢に関係なくできる遺伝性の高いシミで、女性ホルモンのバランスの崩れやすい思春期や出産後に濃くなることがあります。

【特徴】

  • 小さなシミが頬や鼻付近に広がる
  • 4、5歳からできる人もいる
  • 同じような小さなシミが体にもできる

そばかすの予防法はありませんが、そばかすも他のシミと同じように紫外線の影響によって濃くなる場合があるので、紫外線対策や保湿などのスキンケアが必要です。

炎症後色素沈着

肌内部の細胞が炎症によって傷ついた跡にシミのように黒くなったものを指します。主に火傷やニキビ、虫刺されなどができた後にシミが残ることが多いです。

【特徴】

  • 傷によってシミの大きさが違う
  • 炎症の具合によってシミの濃さが違う
  • 背中ニキビの跡にもできやすい

炎症後色素沈着は虫刺されを掻き壊したり、ニキビを潰したりすると、皮膚を炎症から守ろうとしてメラニン色素が作られ茶色や黒のシミが残ります。炎症が真皮層にまで及んでいるとハイドロキノンでのケアは難しくなります。

シミを予防するためにできること

シミの種類を見るとそれぞれメカニズムや原因が違うことがわかりますね。では予防するために効果的な習慣はあるのでしょうか?

正しいスキンケアをしてしっかり保湿する

シミを予防するには肌の潤いを守ることが大切です。肌は水分が足りないとターンオーバーが乱れてしまい、メラニン色素を排出することができなくなってしまうためです。

また乾燥した肌はシミが濃く見えることもあり、ふっくらと潤う肌を保つことが肌を白く見せることにつながるのです。

美白ラインとUVカット剤を使う

美白に有効な成分はシミの元になるメラニンに働きかけたり、肌のターンオーバーをサポートする力が実証されています。そのため有効成分をふんだんに使用した美白化粧品をラインで使用することでシミへの相乗効果が期待できるのです。

さらにメラニン色素を酸化する紫外線をカットするためにUVカット剤をつけると効果的です。

肌に良い食事をして体内からもケアする

肌の美しさは体の健康状態と比例しますが、健康な肌を作るのはやはり食事です。栄養バランスの良い食事をすると肌の状態も整い潤いのある肌になります。

また血液に酸素が足りていないと、肌に栄養を運ぶことができず乾燥肌になったりトラブルを引き起こします。女性は貧血に気をつけて肉や魚など鉄分の多い食材を3食摂り、バランスよく野菜も食べられるような献立を考えましょう。

美白サプリを飲む

体の内側から働きかけるにはサプリメントも有効です。バランスのいい食事を毎日作るのは大変ですが、サプリは手軽にとるだけで栄養を補ってくれる強い味方です。

\明るい肌へ毎日2粒/

Source: 公式サイト

ポーラホワイトショット インナーロックタブレットIXS

  • 編集部評価:★★★★★ 総合96点
  • 初回価格:6,696円(送料無料)
  • 1日あたりの値段:74.4円/90日分/180粒
  • 保証・特典:医薬部外品
  • メーカー:株式会社 ポーラ

ポーラホワイトショットシリーズはメラノサイトを研究し、シミに悩まない明るい肌をサポートするために開発されました。

ヤマモモの樹皮やローズマリーから抽出したベイベリーバークS、インドキノキという植物からとれたブランノールなど、肌の潤いを保ち新陳代謝をサポートする成分が肌を体の中からケアします。

オリジナル成分がふんだんに使われているサプリメントなのに、90日分入って1日わずか74円という安さも見逃せないですね。

公式サイトを見てみる

日焼けしてしまったら冷やしてケアする

旅行やスポーツ観戦などでうっかり日焼けをしてしまったら、その日の内にケアしましょう。日焼けは放置しておくと火傷のように炎症が進んでしまうのですぐに冷やしてケアすることが大切です。

外出中に肌のほてりや熱さを感じたら、ペットボトルなどを顔にあて冷やしてあげると一時的に抑えることができます。その後帰宅してから保冷材などを使って十分に冷やし、洗顔後はたっぷりの化粧水で保湿を忘れないようにしてください。

ハイドロキノンクリームに関するQ&A集

ハイドロキノンクリームの疑問はこちらで解決しましょう!

早くシミを消したいなら濃いクリームをたっぷりつける?

濃いクリームは刺激が強すぎるのでおすすめできません。

ハイドロキノンクリームは肌の状態に合わせて濃度を選ぶことが大切です。商品説明に書いてある適量を守って使いましょう。

保湿クリームとどっちを先につけるの?

保湿クリームをつけた後にハイドロキノンクリームをつけます。

保湿クリームを先につけることで肌を刺激から守ることにつながります。

酸化しやすいクリームを最後まで安全に使うには?

開封後はしっかりふたを閉めて冷蔵庫で保管しましょう。

一度開けたクリームはすぐに酸化が始まります。皮膚科でも推奨される通り冷蔵庫での保管がおすすめです。

クリームを使ってかゆくなったら皮膚科に行くべき?

肌が赤く腫れたり、かゆみが止まらない時はすぐに皮膚科で相談しましょう。

皮膚科に行く時には使用したクリームと成分表を持参し、いつごろから症状が出たのか詳しく相談しましょう。

ハイドロキノンクリームで透明感のある美肌を目指す!

白斑を引き起こしたのは実はハイドロキノンではなく、別の成分だとわかり安心した人も多いのではないでしょうか。しかしハイドロキノン自体、刺激の強い成分なので、使用中は肌の状態を細かく観察することが大切ですね。

シミの悩みを抱え続けるのは女性としてつらいですよね。皮膚科に通う時間がないという人は、美容クリームを使ったセルフケアで少しでも悩みの種を解消したいと思いませんか?

ハイドロキノンなら明るい肌を取り戻してくれるかもしれませんよ!

※本記事での美白とは、「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」​ことです。