熱はないのに風邪のような関節痛!頭痛や寒気もあるのになんで?

熱はないのに風邪のような関節痛!頭痛や寒気もあるのになんで?

gmeRCESN.jpg

「熱なし」なのに風邪を引いた時のような関節痛が……、なんて経験をしたことはありませんか?実は発熱しなくても風やインフルエンザの症状が出ることはあるのです。関節痛などの痛みがある時、それがどんな病気の兆候か症状から類推していきます!

シェアする


熱がないから風邪とは違う病気?

体の節々に痛みがあり、寒気もするけど、計ってみたら熱はぜんぜんなかったなんて経験をした人もいるかもしれません。熱がないので、風邪ではない何か別の病気にかかってしまったのかと不安になりがちですが、風邪でも熱が出ない場合はあるのです。風邪の時に体が痛むメカニズム以外にも、関節痛、寒気、喉の痛みなど各症状への対策やその他の類似症状の紹介・対策なども合わせて解説していきます。体の異常サインがどの病気に類するものかを知ることで、適切な処置を行いましょう。

熱はなくても風邪は発症

関節痛はあるのに熱が出ない仕組み

風邪を引くと関節痛が起こる時がありますが、これは体内に侵入してきた細菌やウィルスが侵入してきた時に作られるPGE2という物質が原因です。PGE2は体内に入ってきた風邪ウィルスに対して免疫作用として分泌される物質なのですが、関節痛を引き起こす作用もあります。まず最初に風邪ウィルスが侵入すると、免疫細胞が活性化してPGE2を分泌し風邪ウィルスに対抗しようとするのです。PGE2には体温を上げる作用もありますので、通常だと痛みとともに発熱が起こります。けれども、この発熱が時間差で発生したり、自分でも気づかないうちに発熱し汗が出たため体温が下がっていたりといった理由で、痛みだけが症状としてあらわれることもあるのです。

関節痛への対策

風邪を引いている時の関節痛は、免疫機能が風邪ウィルスと戦っている証拠ですので、風邪の症状が治まれば自然となくなります。なので、そういった時にできる対策は無駄にエネルギーを使わずに安静にしておくことです。風邪による関節痛がひどい時はゆっくりと休むことが一番ですが、仕事や学校などでそうもいかない場合は、なるべく体力を使わないように省エネモードで過ごすことが大切でしょう。

寒気がある場合の対策

寒気を感じている時は、肉体が体温を上げ風邪ウィルスと戦おうとしている前兆ですので、まずは部屋を暖かくして、重ね着などで寒くないようにすることが大切です。温かい食べ物や飲み物をとって体を冷やさないようにしなければなりません。また、熱が出ている時はとくにこまめに水分補給して脱水症状を起こさないよう気をつけましょう。ぞくぞくが止まらない場合は、首の後ろにカイロやホットタオルを当ててリンパ節を温めてあげると効果的です。じんわりとした温かさはリラックス効果も期待できるでしょう。

頭痛が酷い時の対策

脈に合わせるようなズキズキとした痛みは、風邪の時に出やすい痛みの症状です。この頭痛はウィルスや細菌に対抗するために免疫細胞である白血球を活発化して増やした結果、血液の循環を促そうと血管が膨張たことで起こる痛みだと言われています。もともと偏頭痛持ちの人は肉体的な変化からストレスを感じやすく、風邪で体が緊張状態になるため、自律神経に影響を与え、痛みを引き起こすというケースもあるでしょう。対処法としては、頭の痛い部分を冷やしたり、圧迫したりすることです。頭痛にきくといわれる「風池」などのツボも効果的でしょう。また、自律神経からくる痛みは血液の流れをよくしてやることで和らぎますので、肩や首を温めてマッサージを行うのも有効です。

喉の痛み・咳、鼻水への対策

喉の痛み

風邪により扁桃腺がはれることで、喉に痛みを感じるようになります。この場合、第一に考えなければならないのは、炎症を鎮めることです。対策としては、刺激物や熱すぎる飲食物を摂取しないようにして喉に刺激を与えないようにすること、加湿器やマスクを使用し喉のうるおいを保つこと、うがいをしっかり行うことなどがあげられます。痛みがひどい場合は、喉の炎症を鎮める薬にたよるべきですが、初期状態なら部屋の湿度をあげた状態でマスクをして、早めに就寝するだけでも効果があるでしょう。

風邪によって咳や疸が出る時には空気の入れ替えや湿度の調節を積極的に行う必要があります。加湿器で50~60%くらいに設定し部屋の中でももマスクをつけるようにすれば、喉や口の湿度を保ったままにしてくれるでしょう。咳をするときも大きな咳だと喉に負担がかかりますので、なるべく小さな咳を何回もするように意識する必要があります。もちろん、喉に刺激を与えるような酒やたばこ、カラオケなどは控えるようにしましょう。

鼻水

風邪の引き始めはさらさらの水っぽい鼻水が出て、ある程度進行すると黄緑色の粘度がある鼻水がでるようになります。「黄緑色の鼻水が出たら風邪はなおりかけ」と思われているかもしれませんが、これは誤解です。黄緑色の鼻水はウィルスやウィルスと戦った白血球の死骸を含んだ鼻水ですので、これが出ている時は今まさに体内で激しく戦っている最中といえるでしょう。対処法としては栄養バランスのよい食事をしっかりととり、薬も服用して十分な睡眠をとることです。また、述べたように鼻水はウィルスが混ざっていますので、すすらずにかんで捨てるようにしましょう。その際、つよく鼻をかみすぎると炎症を引き起こすかもしれませんから、片方ずつ、少しずつかむようにすべきです。

インフルエンザでも同じ症状?

インフルエンザは「インフルエンザウィルス」を要因とする感染症です。症状はほぼ風邪といっしょですが、違いとして、たいていインフルエンザの方が、関節痛、悪寒、高熱などの症状が重くでます。さらに、これらの症状が前触れもなく突然あわわれるのが大きな特徴といえるでしょう。風邪は発熱はありますが、インフルエンザほどの高熱になることはまれで、むしろ、咳・疸・鼻水などの症状がでることが多いです。インフルエンザでも咳・疸・鼻水は出ますが、これは風邪との合併症からくるもので、そのすぐ後に高熱やひどい関節痛などの症状があらわれてきます。前触れもなく急激な悪寒や関節痛、発熱をした場合、インフルエンザの可能性が高いですので、早めに病院に行くようにしましょう。

下痢も酷いなら「感染性胃腸炎」を疑う

感染性胃腸炎の特徴

感染性胃腸炎は、細菌、ウィルス、寄生虫などが要因となって起こる胃腸炎です。風邪と似た症状ですが、原因がはっきりしない場合急性胃腸炎と診断されることもあります。発熱や腹痛、倦怠感などの他に吐き気、嘔吐、下痢、脱水症状があらわれるのが特徴です。


ううむ、熱がなくても関節痛や悪寒などの症状があれば、それは風邪やインフルエンザと判断していいのかのう?

いえ、博士、そう思い込むのは早計よ?風邪によくにた症状は他にいくつかあわ。その代表的なものが「感染性胃腸炎」という病気ね。感染性胃腸炎は主にウィルスや細菌などが原因の胃腸炎の象徴で、関節痛や発熱など風邪によく似た症状です。「お腹にくる風邪」なんて呼ばれることもあります。

うむむ、風邪と似とるのう(汗)。見分け方はないんかな?

大丈夫。風邪は基本的に鼻から肺までの空気の通り道にできる病気、一方、感染性胃腸炎は、胃腸の病気だから吐き気や下痢を伴います。ですので、風邪の症状で吐き気や下痢がひどい場合、感染性胃腸炎を疑いましょう。 


症状と原因

感染性胃腸炎はノロウィルス・ロタウィルスなどのウィルスや細菌類が原因です。感染経路には病原体が付着した手で口に触れることで起こる接触感染、汚染された食品を食べることによって起こる経口感染があります。病原体によって異なりますが潜伏器官は1~3日程度とされています。

ノロウィルス

主に吐き気、嘔吐、下痢、発熱、腹痛などの症状を引き起こすウィルスです。子供は嘔吐、成人は下痢が多く症状としてあらわれるでしょう。有症期間は平均24時間~48時間程度です。

ロタウィルス

主に嘔吐、下痢、発熱などの症状を引き起こすウィルスです。乳児が発症するとけいれんを起こしてしまう場合があります。有症期間は平均5~6日とされています。感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状になる場合もあるでしょう。

感染性胃腸炎の治療法

感染性胃腸炎には特別な治療法はありません。原因となるウィルスや細菌の種類により症状に応じた対症療法が行われるのです。乳幼児や高齢者の場合、下痢による脱水症状を引き起こすこともありますので、早期の治療が求められます。とくに高齢者は嘔吐物が気管に入ることによって肺炎を引き起こす可能性がありますので、体調の変化に留意しつつ医療機関を受診するようにしましょう。


強いストレスあるなら「自律神経失調症」の疑い

自律神経失調症の特徴

自律神経失調症は、精神的なストレスやホルモンバランス・生活習慣の乱れなどの影響から自律神経がバランスをくずして、肉体的・精神的にさまざまな不調を引き起こす病気です。風邪と似た症状を引き起こす場合もあります。原因不明の体の不調はこの病気である可能性が高いといえるでしょう。


風邪、インフルエンザ、感染性胃腸炎、いろいろあるのう(汗)。他に風邪と勘違いしそうな病気はないかの?

いくつかあるけど、もうひとつ代表的なものは「自律神経失調症」ね。自律神経失調症は、風邪やインフルエンザ、感染性胃腸炎などのような外的要因からではなく、多くは強い精神的なストレスを受けることにより発症する病気です。まだ、解明されていない点も多々あり、症状もさまざまですが、風邪によく似た症状を引きおこすこともあります。

症状と原因

自律神経失調症は、関節痛や頭痛、腹痛、疲労感など実に多岐に渡る症状を引き起こします。原因は大きく4つに大別されます。一つ一つ見ていきましょう。

本能性型自律神経失調症

生まれつき自律神経の働きが乱れやすいタイプです。主に低血圧、虚弱体質などになりやすく体力に自信がない人に多い傾向にあります。


神経症型自律神経失調症

神経症の一種で、自分の体の不調に敏感な人がなりやすい症状です。神経質な人に多く心理的要因から身体の不調を引き起こすことが多いでしょう。

心身症型自律神経失調症

感情の疲労や日常生活のストレスを無理に抑えることによって発症するタイプです。自律神経失調症の約半数がこのタイプに分類されます。あらわれる症状や重さはさまざまです。


抑うつ型自律神経失調症

慢性的ストレスが蓄積することによって発症するタイプです。抑うつ状態におちいりますが、他の体の症状に隠れてうつ状態であることがわからない場合、適切な治療がなされないこともあります。

自律神経失調症の治療法

自律神経失調症では、精神的な負荷が自律神経のバランスを乱すことによって、肉体にさまざまな症状を引き起こします。これを治療するためにはストレスを解消し、またいかにストレスをため過ぎないようにするかがポイントでしょう。ストレスを解消するためにまずやるべきことは、自身のストレスが何に起因しているのかしっかりと自覚することです。そして、要因を自覚した上で、解消方法を考え実践していかなければなりません。例えば、趣味のカラオケやスポーツ、映画鑑賞など、森林浴やマッサージなどで定期的にリフレッシュするなど、人によって方法は異なるとは思いますが、大事なのは「楽しめる」ことです。もちろん、生活習慣が乱れている人はそれを正す必要もありますが、まずは「楽しめる」ことを見つけてそれに没頭できる時間を増やすことが重要だと言えるでしょう。


慢性化していると危険な病気

関節リウマチ

関節リウマチは関節が炎症を起こした炎症性関節炎です。世界人口の1%にみられる病気で、人種にかかわらず、女性の方が男性より2~3倍多く発症しており、通常、35~50歳で発症しますが、どの年齢層でも発症する可能性はあります。関節痛が慢性化してきたら、関節リウマチの発症も疑うべきでしょう。

症状

関節リウマチは、最初一部の関節が痛くなり、徐々に異なる関節を侵していきます。炎症はだいたい対称的に起こり、手、足、手首、ひじ、足首など体の両側の関節がほぼ同程度の炎症を引き起こすでしょう。ゆっくりまたは急激に進行していきますが、疲れやすさや虚脱感を伴い、食欲減衰、体重減少、微熱なども引き起こしてしまいます。

原因

正確な原因は不明ですが、関節リウマチは自己免疫疾患であると考えられています。なんらかの要因で自己免疫システムが正常に働かなくなり、関節内側の軟部組織を攻撃してしまうのです。さらに肺や血管のような体の各結合組織をも攻撃し、病状が進行すると関節の軟骨、骨、靭帯は破壊され、関節の変形・不安定化・瘢痕(はんこん)などを引き起こしてしまいます。

治療法

治療法としては、投薬や手術によるもの以外に、患者の症状をやわらげ休息や栄養を十分にとらせる保存的療法があります。疾患修飾抗リウマチ薬(DMARD)は、症状を軽減させ病気の進行を遅らせるので、関節リウマチと診断された場合、すぐに投与されることが多いです。

繊維筋痛症

繊維筋痛症は、以前は結合組織炎などと呼ばれていた病気ですが、炎症しないので「炎」という字がとりのぞかれました。軟部組織(筋肉、靭帯、腱含む)に広がる痛みとこわばりができるのが特徴で、発症率は女性の方が7倍も高く、若年や中年の女性に多くみられます。命にかかわる病状ではありませんが、症状は持続するため日常生活に支障をきたすことになるでしょう。

症状

持続する全身のうずき、こわばり、局部の痛みなどが感じられ、広範囲にわたって症状があらわれることがあります。どこの軟部組織にも症状があらわれる可能性がありますが、とくに首、肩上、胸、腰、太もも、腕、関節などは痛みを起こしやすい部分といえるでしょう。下肢、手、足に痛みやこわばりがあらわれることはそれほど多くはありません。また、症状は周期的に長期にわたって起こる慢性的な疾患といえます。多くの患者は熟睡できなかったり、不安を感じていたり、慢性的な疲労を感じてたりしており、悪化すると偏頭痛や過敏性腸症候群などとの合併症にもなりかねません。

原因

詳しい原因はわかっていませんが、睡眠不足、怪我、反復性の捻挫、湿気や低温にながくさらされるなどで症状があらわれることがあります。精神的なストレスも要因のひとつでしょう。ただ、本質的にはストレスが原因というよりそのストレスにどう対応するかが問題になっているのかもしれません。この病気にかかる人の多くはどちらかといえば、A型気質の人が多いと言われています。

治療法

一般的な治療法として、十分な睡眠をとる、軽いストレッチ運動を行う、患部を温める、患部を適切にマッサージするなどがあげられます。ストレスや生活習慣の乱れに端を発する場合がほとんどですので、規則正しい生活・食事、十分な睡眠、適度な運動を心がけ、体を冷やさないように努めることが大切です。


病気の予防には免疫力の向上

適度な運動で血流を良くする

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動や軽いストレッチなどは体の血流をよくしてくれ、エネルギーを消費し余分な体脂肪を減らしてくれるので、健康を維持するには欠かせないものだといえるでしょう。適度な運動は高血圧、糖尿病などの生活習慣病の予防にもなり、ストレス解消にもつながりますので、継続して行うことが大切です。

十分な睡眠で疲れをとる

睡眠不足は、集中力の低下、注意力散漫などを引き起こし、イライラや疲労の原因にもなります。睡眠不足の状態が長く続くと大きなストレスとなり、上記の自律神経失調症や高血圧、糖尿病などの生活習慣病を引き起こしてしまうかもしれません。

それでは、十分な睡眠時間とはどれくらいなのでしょうか?「理想的な睡眠時間は8時間」と言われますが、実は適切な睡眠時間というのは個人差が大きく、大事なのは時間よりもむしろ「眠りの質」といえます。質の高い眠りとは朝目が覚めた時に「ぐっすり眠った」という感覚がきっちり得られる眠りです。人間の体の中には「体内時計」があり、朝、日の光を浴びることで一度リセットされます。この体内時計のリズムに合わせて規則正しい生活をおくれば、夜になると体が睡眠の準備を整えてくれますので、それに従うことで質の高い眠りを得られるのです。夜型の生活リズムが定着してしまっている人は、目が覚める時間をちゃんと決めて、目覚めたら日の光をしっかりと浴びるように心がけましょう。

栄養のある食事で免疫力低下に対処

しっかりと栄養のある食事をとること病気の予防には必要ですが、過食はさけなければなりません。ようはバランスよく必要な栄養素を摂ることが大切なのです。栄養のバランスをしっかりと考えた食事は、免疫力を高め、健康的な肉体を作り上げてくれます。おすすめの食材や摂る量の目安をご紹介します。

塩分

塩分の摂り過ぎは高血圧や動脈硬化を招きます。1日の摂取量は男性なら9g未満、女性なら7.5g未満のが適量です。すでに高血圧の診断を受けている人は1日6g未満にすべきでしょう。

脂質

脂質は体に必要な栄養素ですが、摂りすぎる可能性が高いので、なるべく油を使いすぎないようにして、肉類を食べる時は下茹でや湯通しなどをして、脂質を摂りすぎないように注意しなければいけません。油をオリーブオイルに変えたり、食物繊維がほうふな野菜やきのこ類をいっしょに食べるなどの工夫が必要です。

肉より魚

青魚にはコレステロールを低下させ、免疫力を高めてくれる成分がたっぷりと含まれています。また、肉体を正常に保つ上で欠かせない栄養素も多く含んでいますので、肉よりも魚中心の食事に切り替え、多くの病気を予防するようにしましょう。

野菜

野菜には食物繊維が豊富に含まれますので、コレステロール値などを減少させるのをサポートしてくれます。また、ビタミンなどの体に必要な栄養素も補ってくれますので、魚などといっしょになるべくたくさん摂るようにしましょう。目安としてはだいたい1日に350g程度です。

飲酒を控える

お酒は飲み過ぎると中性脂肪を増やすなどの弊害がいろいろと出てきますので、飲み過ぎないように注意する必要があります。適量は1日に日本酒1合、ビール中瓶1本くらいです。また、1週間にできれば2日は休肝日を設けるべきでしょう。

毎日の栄養補給にサプリ

病気の予防にはバランスのよい栄養素を摂る必要がありますが、仕事の都合などで、なかなか栄養補給ができないこともあると思います。そういう時は、サプリメントに頼りましょう。おすすめのサプリメントをご紹介します。参考にしてください。

ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル

大塚製薬から販売されているたんぱく質、脂質、ナトリウム、ビタミン、ミネラルなど大量の栄養素を含んだマルチ栄養補給サプリメントです。手軽に栄養補給ができますので、多くの人に指示されている代表的な商品となっています。

【内容量】

100粒入り(50日分/1日2粒目安)

【価格】

メーカー希望小売価格1,680円(税抜)

【口コミ】

  • これを飲んでから風邪を引いてません。
    これを飲みだして3年半くらいになりますが 一度も風邪を引いていません。 もちろん、このサプリメントのせいだけではないと思いますが 値段もお手頃なので、 信じる者は救われる的な気持ちで、 これからもお世話になろうと思っています。 難を言えば、他の方もおっしゃっている通り 粒が大きいことですね。

    Amazon

商品詳細はこちら


熱なしでも不安があるなら病院で診てもらう!

病名症状の特徴
風邪咳・疸・鼻水・関節痛など、発熱はするが高熱になることはまれ
インフルエンザ風邪の症状とほぼ同じだが、急激に症状があらわれ、高熱も伴う場合が多い
感染性胃腸炎風邪の症状の他に、吐き気や下痢も伴う
自律神経失調症風邪の症状も出るが、その他にもさまざまな症状がある。ストレスや生活習慣の乱れなどから起こることが多い
関節リウマチ関節通がだんだんひどくなっていく。局部が炎症し病状が進行すると関節破壊などを引き起こす
線維筋痛症炎症はないが、軟部組織の広範囲にわたって、痛みやこわばりがあらわれる。慢性的な長く続く痛み

熱がない場合でも発症する可能性のある症状や風邪に類似した症状の病気などを解説してきました。どの病気も早期発見、早期治療が大事です。不安があるようなら、早めに病院で診てもらうべきです。また、こまめな健康診断や検査は長く健康を維持するには必要なことですので、忙しくてもなんとか時間をみつけて、行くようにしましょう。


TOP