ハイドロキノンの効果とは?どんなシミでも消える?副作用までリサーチ!

| スキンケア
Share:

ハイドロキノンのシミへの効果が知りたい!

有効成分のハイドロキノンはシミやそばかすの予防に抜群といわれていますが、医療現場でも使われているハイドロキノンは多くのシミに悩む人を虜にしています。しかし、ネットでは副作用のせいでシミが濃くなってしまったという噂も…。

  • 調べたスキンケア商品⇒15件以上
  • 調べたサイト数⇒50件以上
  • この記事で紹介する商品数⇒2商品

実際の所どうなのか、ハイドロキノンの効果や副作用の危険性、肌の変化が実感できるまでの期間や購入前に気を付けたい点まで調べました。

ハイドロキノンの副作用が怖いからと使わないのは損!正しく使用すればとても心強い味方となってくれます。正しく使ってシミに悩まない、まっさらな肌を手に入れましょう!

ハイドロキノンって何?

ハイドロキノンはイチゴや紅茶に含まれている天然由来の成分です。美白有効成分としてアメリカでは何年も前から化粧品に使用されており、日本でも2001年から化粧品に配合出来るようになりました。

今あるシミとこれからできるシミの両方に効果あり!

ハイドロキノンは既に肌表面にできてしまったシミを薄くしていく効果と、新しくシミが出来るのを予防する2つの効果が期待できます。

そのシミやそばかすをケアする力は美白作用のある成分として有名なビタミンCやアルブチンなどの何十倍、何百倍にもなるといわれています。

ハイドロキノンの効果は?

ハイドロキノンの効果は大きく分けて3つの作用から成り立っています。メラニンを黒く染めない作用・メラノサイトを減少させる作用・シミを薄くする作用です。それぞれの働きについて詳しくご紹介します。

既にあるメラニンを減少させる還元作用

そもそもシミが出来るまでには一連の流れがあります。

<シミが出来るまで>

  1. 肌が紫外線などの刺激を受ける
  2. メラノサイトからメラニンが生成される
  3. 酸化酵素チロシナーゼによってメラニンが酸化し黒くなる
  4. 黒くなったメラニンが表皮に沈着する
  5. シミが出来る

この一連の流れによってシミが出来ます。ハイドロキノンを使うと還元作用が働き、酸化したメラニンを元の状態に戻すよう作用するため、黒くなってしまったシミを薄くしていくことが出来ます。

メラニン色素の生成を抑制

ハイドロキノンはメラニンを作り出しているメラノサイトに直接働きかけ、その数を減らしていきます。メラノサイトの数が減れば、刺激を受けてもメラニンが生成されないため、シミを作りにくい肌を手に入れることが出来ます。

酸化酵素チロシナーゼの働きを抑制

酸化酵素チロシナーゼは、もともと染まっていないメラニンを黒く酸化させてしまう酵素です。黒く参加したメラニンが肌表面に現れることでシミとしてはっきり認識されてしまいます。

ハイドロキノンはこの酵素の働きを阻害し、メラニンが生成されても黒いシミとして肌表面に現れるのを防ぐことが出来ます。

ハイドロキノンが有効なシミとは?

ハイドロキノンはシミやそばかすを防ぐのに有効です!といってきましたが、実は効果が期待できないシミもあります。皮膚の下に深く入り込んでしまっているシミはハイドロキノンの力ではケアすることが出来ません。

とはいえ、肝斑やそばかすなど、多くのシミはハイドロキノンでケアできるといわれています。ハイドロキノンが有効といわれるシミの特徴を見てみましょう。

肝斑

肝斑はホルモンバランスの変化などによって頬骨周辺に出来るシミです。加齢や妊娠、更年期などライフイベントの節目に差し掛かってからシミが増え始めたという人は、肝斑かもしれません。

肝斑の特徴

  • 左右の頬骨の周辺にある
  • 茶色・灰色などが混在している
  • 妊娠やピルの服用をしてから出来始めた
  • 更年期に入ってから出来始めた
  • 30代~40代になって目立ち始めた
  • レーザー治療を受けてから目立ち始めた

日光黒子(老人性色素斑)

老人性色素斑は紫外線を多く浴びたり、肌が老化したりすることによって誰にでも出来てしまうシミです。若いころよく日に当たっていたという人はこのシミができてしまう可能性が高くなります。

日光黒子(老人性色素斑)の特徴

  • ぽつぽつと点在している
  • 小さなものから大きなものまである
  • 濃淡関係なく茶色をしている
  • 肌との境目がしっかりしている
  • よく日に当たっている

そばかす(雀卵斑)

そばかすはシミとは違うように思われがちですが、医学的にはシミの一種として捉えられています。多くは遺伝によるもので幼少期から現れ始め、色白の人の肌によく出来る傾向にあるようです。

そばかすの特徴

  • 鼻~頬骨周辺に広く散らばっている
  • 小さく薄い色をしている
  • 一つひとつが三角形や四角形になっている
  • まだ幼い頃からシミがある
  • 肌が白い
  • 家の系図にそばかすの人がいる

 炎症後色素沈着

炎症後色素沈着とは、ニキビ・虫刺され・ケガ・脱毛などによってできた跡のことです。炎症中に体内で生成されたメラニンがシミとして肌に残り続けてしまったために出来ます。

炎症後色素沈着の特徴

  • ニキビ・傷・虫刺されなどがあった部分に出来ている
  • 毛を抜いた部分に出来ている
  • シミの色は特定ではない
  • ニキビがよくでき、頻繁に跡になる
  • アトピーがよくでき、なかなか治らない

ハイドロキノンはニキビ跡にも効果はある?

ニキビ跡にもタイプがあり、ハイドロキノンは赤みや紫色の炎症を起こしている状態のニキビ跡のケアには向いていません。そうしたニキビ跡には、炎症を鎮める成分が配合されたものを使って対処しましょう。

ハイドロキノンは、色素沈着を起こしているニキビ跡をケアに役立ちます。

色素沈着タイプのニキビ跡には効果あり!

ニキビが炎症を起こした際にメラニンが生成され、それが肌表面に色素沈着したタイプのニキビ跡なら、ハイドロキノンで綺麗な肌を目指すことが出来ます。

もともとニキビが出来ていた個所に茶色いシミのようなものが出来ていたら、ハイドロキノンでケアしましょう!

ハイドロキノンの効果が実感できるまでの期間は?

ハイドロキノンの効果を実感できるまでには個人差があります。使用しているスキンケア商品のハイドロキノン配合量はもちろん、生活習慣なども影響してくるので、これを機に一度普段の生活を見直してみるのもおすすめです。

ハイドロキノンの濃度によって違う

ハイドロキノンの配合量はスキンケア商品によって大きく異なります。基本的に薄いシミなら2週間前後、濃いシミなら1か月前後で肌の変化が表れてくるようです。

これだけでも十分な効果の早さですが、もっと早く肌の変化が出てほしい場合は、化粧品に配合されているハイドロキノンの配合量がより多いものを選ぶのがおすすめです。

ただし、配合量が多ければ多いほど効果も期待できますが、副作用のリスクも高まります。実際に使用した人の口コミや販売実績などを見て検討する、パッチテストを必ず行う、使用方法を守るなどしてリスクを減らすようにしましょう。

効果を高めるには肌のターンオーバーを改善する

肌はターンオーバーという機能を持っています。この機能のおかげで肌表面にある古い角質が剥がれ落ち新しい肌が生まれ出てくるので、シミやくすみのケアに役立ちます。

ただし、この肌のターンオーバーは崩れやすく、普段から注意して過ごすことが大切です。

睡眠時間がしっかりとれているか、栄養バランスの取れた食事を摂っているか、適度な運動をしているか、過度なストレスがかかっていないかなど。普段の生活をチェックして、肌のターンオーバーを促す健康的な生活を心掛けましょう。

ハイドロキノンの副作用は?

ハイドロキノンはシミやそばかすなどのケアに期待が大きい分、刺激が強く副作用のリスクもあります。使用前は必ずパッチテストを行うなどして十分に注意して使用しましょう。

赤みやかゆみが出る

ハイドロキノンは肌内部に浸透しにくく酸化しやすい物質です。ハイドロキノンが酸化すると、肌へ強い刺激を与えるベンゾキノンという物質が出来、肌荒れを引き起こしてしまいます。

取り扱い方法や消費期限を守るなどして十分に注意しましょう。

皮が剥ける

ハイドロキノンがシミや肝斑などをケアしていく途中経過に皮がむけるという好転反応があります。

しかし、その原因がハイドロキノンによるかぶれを引き起こしている場合もあるので、かゆみ・痛み・肌の乾燥などを感じたらすぐに使用を中止しましょう。

シミが濃くなる

ハイドロキノンを塗った後、UV対策もせずに外へ出るとシミが濃くなってしまいます。ハイドロキノンを塗った後に外出する場合は、必ずUVケアをしておきましょう。紫外線の影響を受けにくい就寝前に塗るのもおすすめです。

白斑ができる恐れがある

5%以上の高濃度のハイドロキノンを長期間使用した際に、塗り込んだ部分だけ異様に白くなってしまうことがあります。シミが薄くなってきたと感じた時点で使用を中止し、白斑を作らないように注意することが必要です。

こうした副作用を知るとハイドロキノンを使うのが怖くなりそうですが、パッチテストを行ったり用法用量を守って使っていれば副作用のリスクを減らすことが出来ます。

ハイドロキノンは綺麗な肌を目指したい人におすすめの成分なので、シミに悩む人は一度試してみるのがおすすめです。

まずは、ハイドロキノン配合のスキンケア商品の中でも副作用が現れる可能性が低く、実績もあるものを試してみましょう。

浸透して長時間肌へのアプローチ!「ビーグレン ホワイトケア」

\独自の浸透技術で弱点克服!/

Source: 公式サイト

ビーグレン ホワイトケア

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • トライアルセット価格:1,944円(送料無料)
  • 内容量:クレイウォッシュ(15g)、QuSomeローション(20mL)、Cセラム(5mL)、QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)、QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)
  • メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社

ハイドロキノンが持つ肌に浸透しにくいという欠点を克服したスキンケア商品です。ビーグレンは独自浸透技術のQuSomeで皮脂に近い成分のカプセルでハイドロキノンを包み、角層まで有効成分を届けます。

有効成分は長時間シミの元となっている部分にとどまり続けるので、しっかりと肌へとアプローチをしてくれます。

さらに、ホワイトケアは自信があるからこその365日間返金保証付き!リピーターは90%を超えており、シミや肝斑などのケアに人気の高さがうかがえます。

医学専門誌にも取り上げられるほどのスキンケア商品。試してみない手はありません。

公式サイトを見てみる

欲しいところに手が届く!「アンプルール ラグジュアリーホワイト」

\点と面から攻める!/

Source: Amazon

アンプルール ラグジュアリーホワイト

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • トライアルセット価格:1,890円(送料無料)
  • 内容量:スポット美容液、化粧水、薬用美白美容液、美容乳液ゲル、メイク落とし、洗顔料
  • メーカー:株式会社ハイサイド・コーポレーション

安定型ハイドロキノンを配合している美容液が気になる点を集中的にケア!安定型のハイドロキノンは長時間シミの元へと作用し、シミのケアをサポートしてくれます。

高保湿のゲルや、毛穴汚れから大気汚染物質までしっかり洗い流せるクレンジングなどと併せて明るい肌へ!現役の皮膚の専門家が開発しているので信頼性は抜群!7日間のトライアルで運命を感じてしまうかもしれません。

公式サイトを見てみる

ハイドロキノンを購入する際のポイント

ハイドロキノンは色素沈着のケアに効果が期待できる有効成分です。しかし、選び方を間違えるとなかなか変化が現れなかったり、副作用が出てしまったりといったリスクを負うことがあります。

  • 購入する際の安全面
  • ハイドロキノンの濃度
  • 肌への浸透性​

自分の肌を痛めないためにも、選ぶ際にはこれらのポイントを抑えておきましょう。​

安全面や効果を最優先するなら皮膚科で

ハイドロキノン配合のスキンケア商品はどこからでも購入することが出来ます。Amazonや楽天はもちろん、スキンケアブランドの公式サイトや個人輸入することも可能です。

しかし、信頼できない販売元からの個人輸入や購入だと偽物のリスクもあります。

スキンケア商品に配合できるハイドロキノンの量には上限があり、多くても5%未満しか配合できません。これを守っていない個人輸入商品や悪徳業者が横行しているのも事実です。

安全面や効果を重視するなら皮膚科を選びましょう。皮膚科なら専門家の指導の下、5%以上の高濃度のハイドロキノンを処方してもらえるので安全性・効果共に安心です。

ハイドロキノンの濃度をチェック

ハイドロキノンには濃度が定められており、市販の化粧品に配合できるのは濃度1%~5%未満と決められています。

そのため、濃いシミに悩んでいる人や早く治したい人は、ハイドロキノン配合化粧品の中でも濃度が5%に近いものを選ぶのがおすすめですが、その分副作用の出る確率も高くなるので、専門家ではない人が取り扱う場合は十分注意しましょう。

また、個人輸入できるサイトなどではこの5%を超える濃度のハイドロキノン商品が販売されていることもありますが、購入は控えた方が賢明です。

濃度の高いハイドロキノンは副作用の発生率が高くなる上、その治療費は全額自費になってしまいます。実際、濃度の高すぎるハイドロキノンを自己判断で使用した結果、その副作用に悩む人たちの口コミを多く見ることが出来ます。

肌への浸透性をチェック

ハイドロキノンは色素沈着のケアにおすすめの成分として注目を集めていますが、肌に浸透しにくいという弱点を持っています。

この弱点を克服できていないハイドロキノン配合のスキンケア商品は、副作用のリスクが高くなる上、シミへの効果があまり期待できないためおすすめしません。

ビーグレンの「QuSome」やアンプルールの「安定型ハイドロキノン」など、ハイドロキノンの浸透率を上げているスキンケア商品を選びましょう。

口コミなど効果が高評価のものを選ぶ

口コミが多いということはそれだけ使用者の数が多く、評価が高いということはそれだけ使用者の満足度が高いということになります。口コミの全てを信用するのは危険ですが、メリット・デメリットを知るために参考にするのがおすすめです。

公式サイトにはメリットばかりピックアップされていることも多いので、@コスメやTwitter、5ちゃんねる、Yahoo!知恵袋などの口コミも参考にしましょう。こうしたサイトでは実際の使用者のリアルな感想を聞くことが出来ます。

ハイドロキノンでシミに悩まない素肌美人を目指そう!

ハイドロキノンはしみやそばかすを防ぐ有効成分としてとても注目されています。多くのシミに効果が期待でき、肌の変化の実感速度も速いため、肌トラブルに悩む多くの人の心強い味方となってくれるでしょう。

ただし、高い効果が期待できる分、選び方や使用方法を誤ると副作用を引き起こす可能性もあります。

ハイドロキノン配合のスキンケア商品を選ぶ際には、ハイドロキノンの濃度やブランドの実績、肌への浸透性などをチェックしておくことが大切です。

しっかりと吟味して選んだハイドロキノン配合のスキンケア商品なら、シミに悩まない美しい肌へと導いてくれるでしょう。

※本記事での美白とは、「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」ことです。​