花粉症で体がかゆい!全身に症状がでる前に止め方教えて!

花粉症で体がかゆい!全身に症状がでる前に止め方教えて!

e0iLwnv9.jpg

体がかゆいのも花粉症の症状のひとつ。かゆみは無意識に掻いてしまう事で症状はさらに悪化。さらに湿疹やただれまで引き起こす可能性も!そんなやっかいなかゆみは早期に対策が必要です。生活習慣から薬の治療まであらゆるかゆみの改善方法をご紹介します。

シェアする

くしゃみ鼻水だけだったのに体までかゆい!

​花粉によるくしゃみや鼻水…。「はぁ~そんな季節か…」としんみりするのも束の間。気づかぬうちに、目を擦ったついでに頬をボリボリ…鼻を触ったついでに口元をボリボリ…。「あれ?なんか肌がかゆい!」と思った時は、もう既に肌がボロボロ・カサカサになっていた…なんて経験ありませんか?

花粉によるアレルギー症状は鼻や目だけにとどまらず、肌にも炎症を起こし人によっては全身のかゆみを併発することもあります。今回は、そんなやっかいな花粉症による肌のかゆみ」に対する解決法を外出時・スキンケア・生活習慣の視点で詳しくご紹介します。

カルナ博士
顔がかゆくて仕事に集中できんのじゃ。ひばりくん助けてくれんかのぅ。
ひばり
博士はかゆくなくても仕事に集中している雰囲気はないけど、とりあえず大丈夫?

カルナ博士
そんな冷たいことを言わずに春になると顔がかゆくなるんじゃよ。
ひばり
それは「花粉症皮膚炎」かも。かゆくなったり、乾燥したり。時には湿疹ができたりただれたりもするよ。しかも、放っておくとどんどん悪化する…。

カルナ博士
え!?それは困ったもんじゃ。今すぐ対策を教えてくれ!よろしく頼むぞ。

かゆみがあるときのおすすめ対策

かゆみが苦痛すぎてなんとかしたい!そんな人におすすめの対策をご紹介します。

花粉を防御

花粉で肌がかゆくなってしまうのは、肌に花粉が付着することが主な原因です。例えば、花粉を鼻で吸い込むと、鼻の粘膜や神経を刺激にくしゃみや鼻水に。目に花粉が入ると目の粘膜や結膜に刺激を与えてかゆくなります。同時に皮膚にも同じことが言えて、肌に花粉が付くことで刺激が加わり、かゆみを発生させたり乾燥肌になってしまいます。

まずは、花粉から肌を守ることが大切!肌の露出を控えて、花粉の付きにくい肌環境にしましょう。

花粉を肌に寄せ付けないおすすめの小物

  • 花粉メガネ(またはゴーグル)
  • マスク
  • 帽子
  • 花粉が付きにくい洋服

メガネ・ゴーグル​

メガネで目の周りの皮膚を守りましょう。普通のメガネは隙間から花粉が侵入してくるので、花粉対策用のゴーグルがおすすめです。薬局などで取り扱っている花粉対策用のゴーグルはちょっと恥ずかしい…という人は、花粉メガネがいいでしょう。比較的購入しやすく有名なブランドは、zoffやJINSがよく知られていますね。おしゃれな花粉メガネを豊富に取り扱っています。ぱっと見で普通のメガネのようなデザインで自然な印象です。目尻あたりは透明な素材のガードがついていて、顔の形にフィットするように造られています。

カルナ博士
花粉対策用のメガネが発売され始めた当時は、ダッサいものしかなかったからのぅ。今はおしゃれで自然なデザインが多いから便利じゃな。

ひばり
しかも3,000円程度で安く購入できるから、毎年買い替えてもいいよね!マスクをしても曇りにくい加工をしてあったり工夫が施されているのも嬉しいね。

 マスク​

マスクは必需品。しっかりガードするには少し大きめのサイズがおすすめです。鼻の凹凸に合わせて形を変形できるワイヤーが入っているもので、プリーツ式にマスクが広がってあごラインまで覆ってくれるタイプのものがいいでしょう。

帽子

髪の毛にも多くの花粉が付きます。髪についた花粉が肌に落ちて症状を悪化させることも。室内に花粉を持ち込む原因にもなるため髪も花粉をガードする必要があります。

髪はなるべく帽子に隠れるように深く被ります。髪が長い人はなるべく小さくまとめましょう。

ひばり
ロングヘアの人は髪を丸くまとめて、小さめのスカーフで束ねた髪を覆うようにするとしっかり花粉をガードできますよ!しかも可愛いいから一石二鳥です。

カルナ博士
髪が傷んでいると花粉が付きやすいぞ。だからといってスタイリング剤や油分でベタベタにしても、花粉が取れにくくなるから注意じゃ。

花粉の付きにくい服

花粉が付きやすいのは「静電気」が起きやすい素材です。また、服が毛羽立っているものや凹凸があるものは表面積が大きくなるので花粉が付きやすくなり、手で払っても落としにくくなります。

花粉が付きやすい素材​​花粉が付きにくい素材
​・ウール
・フリース
・ファー​ など
・​ポリエステル
・ 綿
・レザー
・ デニム
・ビニール​ など
カルナ博士
外出前に静電気スプレーをするのもおすすめじゃよ。家に入る前に、手やブラシで払い落とすのを忘れんようにな。コロコロと転がす粘着テープを使うとさらに花粉をしっかり落とせるぞ。

ひばり
洗濯する時に使う洗剤や柔軟剤は「花粉を寄せにくくする」「静電気防止」などと書かれたものを使うと効果がアップしそうですね!干す時は室内干しまたは乾燥機を使いましょう。

お風呂と洗顔で花粉を肌に残さない

お風呂は朝に入る人もいますが、肌のかゆみを防ぐには夜に入浴して花粉をしっかり洗い流しましょう。花粉が付着したまま長時間過ごすと、症状が悪化する場合も。なるべく早く花粉を洗い流すほうがいいようです。

顔のかゆみや乾燥を防ぐには洗顔の方法も重要です。

洗顔する時のポイント

  • 洗顔料は刺激の少ないものを使う
  • 短い時間で優しく洗う

 洗顔料は低刺激のものを使用

おすすめは、原料がシンプルな固形石鹸。クリーム状の洗顔料や泡で出てくるタイプの洗顔料は使い勝手が良いですが、便利な形状にする過程で様々な加工添加物が必要になります。一方で固形石鹸は、成分を固めるだけなので余計な成分を含むことなく加工できるのです。泡立てるのがちょっと面倒だな…と思ってしまいますが、刺激が少ない固形石鹸を使ってみましょう。

【主な洗顔料の刺激成分】

  • ​界面活性剤
  • 保存料・防腐剤
  • 泡立ち成分 など
ひばり
クレンジングは、拭き取るタイプやオイルタイプのものは、肌の刺激が大きいので避けた方がいいよ!できればクリームタイプジェルタイプのものがおすすめです!

​おすすめの洗顔の手順

  1. ​洗顔料はふわふわに泡立てる(顔に付けてから泡立てるのはNG。皮膚への刺激が増えてしまいます)
  2. 力を入れずに泡が優しくタッチする程度で顔の上をなでる
  3. お湯は30度くらいのゆるま湯で。洗顔は1分~1分半で洗い流す(泡が触れる時間が長いと、肌の刺激が増えていきます)
  4. しっかりすすぐ。額や耳元の毛の生え際、あごライン、小鼻のくぼみなどは洗顔料が残りやすいので念入りに。
  5. タオルで軽くポンポンと押さえるようにして拭く

肌の保湿

肌のかゆみ・乾燥を感じるということは、肌のバリア機能が低下していることが理由です。バリア機能が低下していると、角質層がボロボロで刺激が入り込みやすく水分は蒸発しやすくなっています。そのため、『肌に保湿成分を与える事』『水分が蒸発しないように肌をカバーすること』が必要です。

肌に保湿成分を与えるには?​>>

有効な保湿成分が入っている化粧品を使いましょう。おすすめの保湿成分4つをご紹介します。化粧品を選ぶ時はぜひ参考に。

​セラミド​​肌が自ら発生させている保湿成分の約4割がセラミドです。肌に水分を保つ維持力も高く、効率的に肌のバリア機能を整えてくれます。​
​ヒアルロン酸​​肌の水分を吸着する役割があるので、水分量を多く保つことができます。​
​コラーゲン​​細胞同士を結びつける働きがあり水分の蒸発を防ぎます。また、肌へ栄養を行き渡らせる役割もあります。​
​ビタミンC誘導体​​コラーゲン生成を助ける役割があり、肌をイキイキとさせるビタミンCを肌に浸透させやすくした成分です。​
カルナ博士
肌のバリア機能が低下している場合は、化粧品の刺激にも反応する事がある。アルコール(エタノール)が入った化粧水はヒリヒリする事もあるぞ。

ひばり
化粧水は、保存料などの添加物やアルコールが入っていない低刺激のものがおすすめですね。

肌の水分が蒸発しないようにするには?​>>

化粧品で水分を補給した後は、肌に膜を張って水分の蒸発を防ぐ必要があります。そのためには、乳液やクリームを使いましょう。乳液やクリームは、化粧水と違い「油分」が入っています。その油分で皮膚の正面に蓋をする事で、肌の水分量を保持します。

特に肌の刺激に敏感な人は「ワセリン」がおすすめ。ワセリンは自然由来の成分で作られていて、肌に優しい保護成分です。乳液やクリームとは違い、肌の奥へ浸透せず表面にとどまりカバーしてくれるので、花粉が直接肌に付着する事も防げます。

お化粧は最小限に

メイクは普段使っているものよりも、肌に優しい成分で作られているコスメを使ったり、薄くメイクしたほうが良いとされています。メイクの成分が肌に刺激を与えて痛みを伴うことがあったり、メイクの上から肌を擦ったりすると余計に刺激を与えることにも繋がります。

また、コスメに含まれる油分が花粉を付着させる原因になることもあります。ファンデーションを塗った上からミネラルパウダーなどでベタつきを抑えサラサラな状態を保つと、花粉の付着を軽減することができます。

十分な睡眠で肌のターンオーバー促進

「肌のターンオーバー」とは、簡単に言うと『皮膚が生まれ変わる事』です。肌は表面の皮膚だけでなく、その奥深くで常に新しい皮膚が生成されています。ターンオーバーが行われる時は、表面の皮膚を垢として剥がれ落し、その下から新しい肌が押し上げられて綺麗に生まれ変わります。

では、この肌のターンオーバーはいつ行われているかというと、主に寝ている時に頻繁に行われています。肌のターンオーバーを促すためには十分な睡眠が必要になるのです。

ここで言う十分な睡眠とは「深い眠りにつくこと」「夜10時~2時くらいに寝ていること」です。ターンオーバーを促す​には成長ホルモンの存在が必要なのですが、この成長ホルモンは深い眠りについた時に豊富に分泌されるようになっています。

深い眠りは、通常寝付いてから最初の3時間の間に訪れることが分かっています。深い眠りを誘うには、寝る1時間前はテレビやスマホによる光の刺激を受けないことや、部屋を暗くし間接照明などを使ってリラックスして過ごすと良いとされています。

そしてもうひとつ「夜10時~2時」まではゴールデンタイムと言って、肌のターンオーバーが活発に行われる時間帯です。この時間に睡眠をとると効率的に肌の生成を促すことができると言われています。

内服薬を使う

皮膚のかゆみを改善するには内服薬を活用してみましょう。肌のかゆみは塗り薬がいいんじゃない?…と感じますが、体の中から免疫細胞や炎症の原因になるヒスタミンに直接アプロ―チさせることも有効であるとされています。おすすめの市販内服薬をご紹介します。

アレジオン20

医療用と同量配合が売りの「アレジオン20」は第2世代の抗ヒスタミン薬に分類されるアレルギー用の市販薬です。炎症の原因になるヒスタミンの働きを抑えると共に分泌を軽減させることで花粉症の症状を緩和します。

肌のかゆみや荒れは、花粉が皮膚に付着した刺激により、体内でヒスタミンが分泌されることで発生します。ですので、アレジオン20は鼻水やくしゃみなどの主症状の他、肌のかゆみもサポートしてくれます。第2世代と呼ばれる薬は「眠気・喉の渇き」などの副作用が起きにくいのが特徴です。

​効能​花粉やハウスダストによる鼻水・くしゃみなどの症状、かゆみ、炎症​​
製造元​​​エスエス製薬​
​服用可能年齢​​15歳以上​
​1日当たりの用量・用法​​1回1錠 1日1回就寝前​
​価格​​1,316円/6錠​

【成分】​エピナスチン塩酸塩、添加物:無水ケイ酸、乳糖、ヒプロメロース、ポビドン、アクリル酸エチル・メタクリル酸メチルコポリマー、マクロゴール、シリコーン樹脂、ステアリン酸Mg、タルク、酸化チタン、トウモロコシデンプン​

アレジオン20公式サイト

 かゆみを抑える塗り薬

先ほど紹介した内服薬の他に、塗り薬を使ってかゆみを防ぎましょう。かゆみを抑える塗り薬わ選ぶ時に必ず確認したいのが「ステロイド薬」「非ステロイド薬」かということです。

ステロイドは免疫細胞の働きを抑制して、かゆみを効果的に抑えてくれます。しかしその強い効果の裏には副作用も存在し、皮膚が薄くなったり、血管が浮き出てきてしまったりすることがあります。正しい容量で短い期間の使用であれば問題ないことがほとんどですが、目の廻りや口元など皮膚が薄い箇所には注意が必要です。

ひどいかゆみに耐えられず効き目を重視したい人は「ステロイド薬」のほうが効果を感じやすいでしょう。しかし、肌がもともと敏感肌である人は、肌に優しい非ステロイド薬のほうが安心して使えると思います。「非ステロイド薬」は目の廻りや鼻の下、口元などにも使用できます。

キュアレア

キュアレアは赤ちゃんにも使える非ステロイドの塗り薬です。ヒスタミンの働きを抑えるウフェナマートという成分が、かゆみや赤みを鎮めてくれます。花粉によるかゆみの他、乾燥肌のかゆみ、化粧かぶれの緩和を期待できます。

​効能​​花粉によるかゆみ・かぶれ、化粧かぶれ、湿疹、皮膚炎、ただれ、あせも、おむつかぶれ​
製造元​​​小林製薬​
使用方法​​​1日数回適量 洗顔後の清潔な肌に使用​
​価格​​1,080円/8g​

【成分】​ウフェナマート、ジフェンヒドラミン、グリチルレチン酸、添加物:2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体、流動パラフィン、グリセリン、1,3-ブチレングリコール、ステアリルアルコール、ステアリン酸ポリオキシル、ワセリン、ステアリン酸グリセリン、キサンタンガム、ジメチルポリシロキサン、コレステロール、パラベン、エデト酸Na、ステアリン酸K、pH調節剤を含有する​

キュアレア公式サイト

肌にかゆみが来る前にやるべきこと

花粉の時期をチェック

花粉症の原因となる花粉はスギ花粉やヒノキ花粉がよく知られていて、スギは10月頃から花粉がつき始め3月頃に飛散のピークを迎えます。ヒノキ花粉は少し時期が遅れて4~6月頃が飛散ピークになります。「では、夏ならOK?」と思いますが、夏にはイネ科やヨモギ系の花粉がアレルギー症状を引き起こしやすくします。花粉症は春先だけでなく前年の秋から対策が必要で、人によっては1年中発症する可能性もあるのです。

カルナ博士
人によってどの花粉にアレルギー反応を起こすのかが違ってくるから、春ではなく夏のほうが症状がひどいって人も中にはいるんじゃぞ。

ひばり
へぇ~。じゃ全部にアレルギー反応を起こす人は、1年中症状が出る可能性もあるってことだね。そりゃ大変だ…。

​春(3~5月)​夏(6月~8月)​秋(9月~11月)

冬​(12月~2月)

​スギ​◎○​○​​
​ヒノキ​​​◎​○​​
​ハンノキ​​​​◎​○​​
​イネ​​​​◎​​​​○​
​ブタクサ​○​​​​◎​​​​​
​ヨモギ​​​​◎​​​​​​​○​​
​カナムグラ​​​​◎​​​​​○​​

部屋は空気まで綺麗にする

部屋に入ってしまった花粉はできるだけ取り除いて、空気を綺麗に保つと良いです。部屋の空気を綺麗にするのに窓を開けてしまうと逆効果なので、おすすめは「空気清浄機」。正しく配置すればより効果的に花粉を取り除くことができます。

空気清浄機の正しい置き方のポイント

  • 壁に寄せすぎない
  • 広いスペースに置く
  • 空気が循環している場所に置く
  • 花粉が侵入する入口に場所に置く

 ①壁に寄せすぎない

吸気口やフィルターが背面についている空気清浄機は、壁に近づけすぎると効果を減少させてしまします。また、カーテンがヒラヒラと空気清浄機を覆ってしまうのもよくありません。壁際に寄せすぎずに、空気清浄機の裏側にもしっかり空気が循環するように余裕を持って配置しましょう。

②広いスペースに置く

空気清浄機は家具と壁の隙間に置いてしまったりと部屋の隅に置いてしまうと本来の効果を発揮できません。部屋の隅や家具の隙間は空気が停滞しているため、効率良く空気を吸い込むことができなくなります。空気清浄機を配置する時は、十分にスペースを確保できる場所に置きましょう。

③空気が循環している場所に置く

空気清浄機は部屋内の空気が循環することで既存の空気を吸い込み、綺麗に浄化した空気を吐き出します。そのため、空気が停滞している場所では力を発揮しません。空気が循環しやすい場所は人が出入りする場所です。おすすめは「ドアの近く」。ドアの開け閉めによる風圧と、人が動く時の空気の流れをキャッチすることで、効率良く空気を吸い込んでくれます。ドアを正面にした壁沿いに置くと空気の流れを受けやすくなります。

④花粉が侵入する入口に場所に置く

花粉が侵入する起点となるのは「玄関」です。玄関の開閉時に侵入してくる花粉、服についている花粉が玄関中を浮遊しています。その浮遊している花粉がふわふわとリビングまで侵入してしまうのをできるだけ防ぐために、玄関に空気清浄機を置きましょう。

カルナ博士
なるほど~空気清浄機はリビングに置くイメージだが、玄関に置くのもアリじゃのう。花粉が侵入するスタート地点に置いて、部屋に入り前に吸い取ってしまう作戦じゃな。
ひばり
空気清浄機は、フィルター掃除も欠かせないね。フィルターにホコリがたまると効果がダウンするよ。こまめに掃除機でホコリを取り除いたり丁寧に水洗いするといいね。

 禁煙禁酒で体にダメージ与えない

アルコールは体内でアセトアルデヒドという物質になり、ヒスタミンの放出を増加させる働きがあります。お酒に酔うと鼻づまりが悪化したり、かゆみがひどくなった経験はありませんか?アルコール分は、炎症作用を促進させアレルギー症状を悪化させる原因になります。また、お酒を飲んで血管が拡張し体温が上がることでも、かゆみを悪化させてしまいます。

たばこは体の粘膜に刺激を与えます。鼻の粘膜・胃の粘膜はもちろん、皮膚が弱い箇所にも刺激を与えやすくするのでできる限り控えたほうが良いでしょう。

バランスのとれた食事で免疫力低下を防ぐ

花粉症の症状を緩和させるには、免疫バランスを整えることが大切です。免疫機能が正常に働くことで炎症成分のヒスタミンを放出する量を抑えることができます。免疫バランスを整えるには、規則正しい生活が基本で、その中でもバランスのとれた食事をすることも欠かせません。

ひばり
はい、質問!バランスのとれた食事ってどういう食事のことを言うの?

カルナ博士
それは、カップラーメンやファーストフードだけじゃダメってことじゃ!

ひばり
そんなのは分かるよ!もう少し具体的に説明してよ~

 バランスのとれた食事は、『主食・副菜・主菜・牛乳乳製品・果物の5つのグループに分かるメニューをバランス良く組み合わせること』と、『日本人の食事摂取基準に基づく栄養素の推奨量を満たすこと』です。​

バランスの良い食事メニュー

5つのグループに分かれる料理を組み合わせることでバランスの良い食事を目指せます。また、1日に摂取すべき食品は20~30品目を目標にすると良いとされています。

​主食​​米・パン・麺など​​炭水化物であるごはんやパン、うどんなどの料理​など​
​副菜​​野菜・きのこ・海藻・イモ類など​​ビタミンやミネラルを含む野菜類を中心に、海藻やきのこを使った料理​など​
​主菜​​肉・魚・豆・卵など​​タンパク質が中心の肉料理や魚料理など​
​牛乳・乳製品​​牛乳・チーズ・ヨーグルトなど カルシウムが中心の乳製品​
​果物​​リンゴ・ぶどう・いちごなど​​ビタミンやカリウムを中心とした果物​

栄養素の摂取基準量を満たす

厚生労働省によって日本人の1日に必要な栄養素やエネルギー量を示した基準をを「食事摂取基準」と言います。健康維持や病気の予防を目的としていて、1歳~70歳以上までの年齢と性別に合わせてそれぞれ基準が設けられています。バランスの良い食事をするには、推奨されている栄養素量を満たすことも大切です。

例えば、肌の健康に欠かせないビタミンCは、成人の男女ともに1日100mgが目安です。レモン1つ当たりのビタミンCは約20mgと言われているので、1日に5つも食べなければならないほどの量なのです。意識して食事メニューを考えなければなかなか難しい数字です。

他にも特に健康な肌のために意識して摂取したい栄養素は、ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンEなどがあります。

​ビタミンA​​皮膚の保湿成分を生成したり、粘膜を正常に保つ働きがある​。
​ビタミンB群​​肌のターンオーバーを正常に保つ働きがある。不足すると乾燥の原因に。​
​ビタミンE​​肌血行促進、抗酸化作用による老化防止にも。​
​ビタミンC​​コラーゲン生成に必要な栄養素。新陳代謝を高める。​

「分かっているけど忙しくてついコンビニ弁当に頼ってしまう…」「料理は面倒くさい…」という人にとっては悩ましい現実。だからといって、何も改善しないのはもったいないことです。忙しい人でも手軽に栄養バランスを整えるには、栄養ドリンクやサプリメントがおすすめ。毎日、数秒の手間で足りない栄養素を補うことができるので積極的に取り入れていけるといいですね。​

サプリで不足を補おう

肌のターンオーバーを正常に保ちバリア機能を高めることで、健やかな素肌をサポートしてくれるサプリメントをご紹介します。

マルチビタミン&ミネラル

肌のかゆみや荒れを緩和させるには、ビタミンが豊富に含まれているサプリメントがおすすめ。サントリーの「マルチビタミン&ミネラル」は12種のビタミン、10種のミネラル、クエン酸やリンゴ酸といった果実酸がたっぷり配合されています。

​ビタミン12種​​ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンE・ビオチン・ナイアシン・葉酸・ビタミンD・パントテン酸・ベータカロテン​
​ミネラル​10種​マグネシウム・亜鉛・銅・鉄・カルシウム・マンガン・セレン・モリブテン・セレン・ヨウ素​
​果実酸​​リンゴ酸・クエン酸​

忙しくて食事を怠りがちな人、外食が多い人、食欲がない人にぜひ活用してもらいたいサプリメントです。

製造元​​サントリー​
​服用方法​​​​​1日6粒​​
価格​​​1,900円(180粒)/約30日分 定期お届けなら1,710円​

【成分】寒天、亜鉛酵母、マンガン酵母、澱粉、銅酵母、セレン酵母、クロム酵母、モリブデン酵母、ヨウ素酵母、焼成Ca、セルロース、クエン酸、酸化マグネシウム、V.C、リンゴ酸、ステアリン酸カルシウム、ナイアシン、V.E、シェラック、ピロリン酸鉄、パントテン酸Ca、カロテン、V.B6、V.B2、V.B1、葉酸、ビオチン、V.D、V.B12(原材料の一部にゼラチンを含む)​
  • 調子がいいです
    60代男性
    野菜をあまり食べず、血圧を高めな私にとってはミネラルやビタミンの摂取はとても気になるところです。ミネラルとビタミンの両方を摂れるのが、このマルチビタミン&ミネラル。飲み始めてみて、調子がいいので、家内にも勧め、今では夫婦二人で愛飲しています。

    マルチビタミン&ミネラル公式サイト

 日常で不足していたビタミンやミネラルをバランス良く取り入れることで、肌の質をサポートするだけでなく体内環境も改善できそうです。口コミでは「調子が良くなった」と高評価。副作用の心配が少なく男女ともに活用できるのもいいですね。

マルチビタミン&ミネラルご購入はこちら

かゆみの仕組みを知って間違った対策回避!

花粉の影響で肌トラブルが発生してしまうことを「花粉症皮膚炎」と言います。花粉によるかゆみの原因を知って、適切に肌トラブルに対応していきましょう。

花粉症でかゆみが起きるメカニズム

花粉のアレルギー症状を持っている人の皮膚に花粉が付着すると、刺激物として認識し肌の免疫細胞が働き出します。すると免疫細胞は刺激物と戦うためにヒスタミンなどの化学伝達物質を放出し炎症を起こします。このヒスタミンの作用によってかゆみや赤みが発生します。

さらに、肌が刺激を受けることでバリア機能が低下し、乾燥や湿疹などの肌トラブルを併発するようになります。もともとバリア機能が弱い敏感肌の人やアトピー性皮膚炎の症状を持っている人は、花粉による刺激を受けやすいこともあります。

【花粉症皮膚炎を起こしやすい人】

  • ​アレルギー体質である
  • アトピー皮膚炎である
  • 敏感肌である
  • 乾燥肌で悩んでいる
  • 冷え性である(血流が悪い)

意外な症状も花粉症

花粉による肌トラブルはかゆみだけでなく、肌がヒリヒリ痛んだり皮膚が剥けてしまうこともあります。

花粉症皮膚炎の主な症状

  • 顔がかゆい
  • 鼻の周り・目の周りが赤くなる
  • 肌が乾燥して粉を吹いたりガサガサになる
  • 肌がヒリヒリする
  • 湿疹が出る
  • 皮膚が剥ける
  • 化粧のりが悪くなる

 その他にも意外な症状も花粉症皮膚炎の可能性があります。​

顔以外の症状例

  • 頭皮のかゆみやフケ
  • 背中のかゆみ・湿疹
  • 首のかゆみ
  • 手荒れ
  • 腕や脚のかゆみ など

 顔に症状が集中する人は顔の皮膚が特に刺激に弱いためで、顔以外の箇所も刺激に弱いのであれば症状が出る可能性があります。呼吸によっても体内に花粉が入り込みヒスタミンの放出が増えると、花粉に触れていない箇所でもかゆみが出てしまうことも考えられます。​

花粉の他にも症状を悪化させる原因がある

​アレルギー性の肌のかゆみは花粉が主な原因ですが、その後の対応や他の原因が重なって症状がひどくなるケースもあります。

かけばかくほど症状は悪化

かゆみが発生すると、つい無意識のうちに肌を引っ掻いてしまいますよね。しかしその行為はますますかゆみを促進し、さらには治りにくくしてしまいます。肌を擦ったり引っ掻いたりと刺激を与えると、角質層がボロボロになり皮膚の間に隙間があきます。その隙間に花粉が侵入したり水分が蒸発しやすくなりどんどん症状は悪化!改善するには触らないことも重要なのです。

紫外線の刺激も原因

特に春になると花粉症皮膚炎が悪化してしまう人は、花粉だけでなく紫外線の刺激も影響されていると考えられます。冬から少しずつ暖かくなると紫外線も急激に増えていきます。その紫外線が肌に刺激を与えて、症状を重くしている可能性もあります。日焼け止めを使用する場合は、できるだけ刺激が少ないものでベタつきにくいものが良いです。

気候の変化による肌ストレスも原因

気候が暑かったり寒かったりと、寒暖差が激しい季節は高気圧と低気圧が入り乱れて自律神経が乱れやすくなります。自律神経が乱れると免疫力低下に繋がるため、肌のバリア機能も低下していくことになります。体内環境が崩れることでも肌トラブルが発生しやすくなるのです。

スキンケアと合わせて花粉症対策

花粉症による肌のかゆみは単純なようで、実は改善するのが難しい症状のひとつです。花粉を寄せ付けないための対策は手間がかかる上に、食事や睡眠にも気をつけなければなりません。スキンケア方法を見直したりするのも一苦労です。しかし、しっかり努力することで、その分健やかな肌を期待できます。諦めずに適切な花粉対策を心掛けたいですね。

参考リンク

MSDマニュアルプロフェッショナル版|アレルギーおよびアトピーの概要

厚生労働省|的確な花粉症の治療のために

服部皮膚科アレルギー科|花粉症皮膚炎


TOP