くしゃみ鼻水の症状は花粉症?インフルエンザ?違いを知って正しく対処

くしゃみ鼻水の症状は花粉症?インフルエンザ?違いを知って正しく対処

fP5Tjj3Z.jpg

くしゃみや鼻水は花粉症にもインフルエンザにもみられる症状ですね。花粉症とインフルエンザの症状は似ている点もありますが、実は症状の出方が違うんです。花粉症かインフルエンザかを見分けるポイントをつかんで、初動を間違わないようにしましょう。

シェアする

症状で病気の区別はできる?

花粉症でもインフルエンザでも、くしゃみや鼻水が出ますよね。花粉症というと春先に多いスギ花粉に対するアレルギー反応、インフルエンザは乾燥する冬に流行する感染症というイメージが強いかもしれませんが、ブタクサに対する花粉症であれば夏から秋にアレルギー反応もピークを迎えますし、季節性のインフルエンザではなく、1年中かかるおそれがあるタイプのインフルエンザもあります。したがって、くしゃみや鼻水が出ているのが春だから花粉症、というように単純に判断することができません。しかし、症状の細かな違いである程度見分けることができると、初動を間違わずにすみます。今回は花粉症やインフルエンザの概要とこれらの見分け方、治療法や予防法について詳しく説明します。 


おすすめ花粉症対策サプリメント!山田養蜂場 花粉ケアEX

病気の基礎知識 

花粉症とは

日本人の約25%の人が悩んでいるとされる花粉症。花粉症は、スギやヒノキなどの花粉によってアレルギー反応が起こり、くしゃみや鼻水などといった症状が出る病気で、季節性アレルギー性鼻炎ともよばれます。アレルギー性鼻炎には、花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)のほかにも、ダニやハウスダストなどアレルギーを引き起こす原因となる物質(アレルゲン)が1年中身の回りにあるため、アレルギーの症状が1年中出る通年性アレルギー性鼻炎もあります。

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の原因である花粉もさまざま

日本で見られる花粉症のおもなアレルゲンはスギヒノキブタクサなどですが、花粉症を引き起こす原因となる花粉をもつ植物は約60種類あるといわれています。関東では、スギは2月から5月、ヒノキは3月から5月、ブタクサは8月から10月に飛散のピークを迎えます。 

インフルエンザとは 

人間どうしで感染するインフルエンザには、そのウイルスのタイプによってA型・B型・C型の大きく3つに分類することができます。

A型インフルエンザ

A型インフルエンザは、ほかのタイプのインフルエンザウイルスよりも激しい症状を引き起こすウイルスが原因で発症します。毎年冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人も多いかもしれませんが、そのワクチンの多くはA型インフルエンザを予防するためのものです。A型インフルエンザでは、38℃を超える高熱、呼吸器系の合併症、関節痛や筋肉痛といった激しい症状が出ます。また、大規模流行しやすく、ウイルスの変化が速いという点もA型インフルエンザの特徴です。

B型インフルエンザ

B型インフルエンザも近年では毎年流行しているインフルエンザです。A型インフルエンザのように大規模な流行となることはないと考えられており、症状も下痢やお腹の痛みなど、A型インフルエンザとは少し異なっています。

C型インフルエンザ

C型インフルエンザは一度かかると免疫がつき、一生その免疫が続くとされています。もし2度目にC型インフルエンザにかかったとしても、症状が軽くてすむことが多いようです。ほかのインフルエンザは大人にも猛威をふるいますが、C型インフルエンザは4歳以下の幼児が感染することが多く、また症状も比較的軽くてすむようです。

症状の違いでみる花粉症とインフルエンザ

くしゃみの頻度

鼻から入ってきた花粉が鼻の中にある肥満細胞という細胞を刺激すると、アレルギー反応を引き起こす原因となるヒスタミンロイコトリエンなどといった物質が放出されます。これらの物質は知覚神経を刺激します。刺激を受けた知覚神経がその刺激をくしゃみ中枢に伝えるため、くしゃみが出るというわけです。そのため、花粉症が原因で出るくしゃみは連続して起こり、回数も多いという特徴があります。一方、インフルエンザではくしゃみも出ることがありますが、回数はそれほど多くない場合がほとんどのようです。

鼻水の出かた

花粉症では、くしゃみと同様に鼻の粘膜についた花粉を体外に出そうとするため、鼻水が出ます。花粉症の鼻水は涙の成分と似ているといわれており、無色でサラサラと粘り気がないという特徴があります。対して、インフルエンザでは感染初期にはあまり鼻水は出ません。発熱や倦怠感といった症状が出た後、黄色や緑色の鼻水が出ることがよくあるようです。

カルナ博士
黄色や緑色の鼻水の中には、体の中でインフルエンザウイルスやそのほかの細菌と戦った白血球の死がいが含まれておるんじゃ。鼻水から感染するおそれもあるから、鼻水をかんだティッシュはきちんとゴミ箱に捨てるんじゃよ。

鼻づまりの状態

鼻から入った空気は、鼻の中を通ってのどに流れていきます。しかし、花粉症で鼻の中の粘膜が腫れてしまうと、空気が鼻の中を通ることができず鼻づまりの症状を示すようになります。花粉症の鼻づまりの症状はひどい場合が多く、継続時間も長い傾向があります。一方、インフルエンザでは鼻づまりがある場合もあるものの、鼻呼吸が難しく感じるほどの症状は出ないことが多いようです。

喉の痛み

花粉症では喉のイガイガ感をまれに感じる程度ですが、インフルエンザではほとんどの場合、喉にひどい腫れや痛みが出ます。インフルエンザの場合、喉の痛みに先駆けて38℃以上の高い熱が出たり筋肉痛や関節痛といった全身症状が出たりすることが多いようですが、風邪をひいて免疫が低下したためにインフルエンザにかかったというようなケースだと、発熱や筋肉痛などといったインフルエンザによくある症状の前に、風邪の症状として喉の痛みが出ることもよくあります。花粉症では喉の痛みがほとんどなく、インフルエンザではひどい喉の痛みや腫れといった症状が出ることが多いというところが見分けるポイントの1つになってきます。

熱が出るかどうか

花粉症では熱が出ることはほとんどありません。また、熱が出ても微熱程度でおさまることがほとんどです。一方、インフルエンザ、特にA型インフルエンザでは38℃以上の高熱が出る場合が圧倒的に多いようです。また、普通の風邪などと比較すると急速に体温が高くなるといった特徴もあります。

咳の有無

花粉症では咳は出ることもあるといった程度で、それほど症状がひどくなることはありません。しかし、花粉症などのアレルギー性鼻炎の患者さんのうち、3分の1はぜんそく症状も併発しているという調査もあります。このように、ぜんそくを併発している花粉症は咳がひどくなる場合があります。一方、インフルエンザが原因で出る咳は数日間続き、症状もひどくなる傾向があります。

症状の出かた

インフルエンザでは、高熱や全身の倦怠感などといった激しい症状が急速に出るといった特徴があります。特にお年寄りや小さな子供では重症化しやすいので注意が必要です。一方、花粉症は鼻水やくしゃみなどの症状が出ますが、1日2日で急速に悪化するということはほとんどありません。花粉の飛散量によって、症状の程度も変わってきます。

その他の症状

花粉症では、目のかゆみや充血、涙が出るといったアレルギー性結膜炎が起きることがあります。また、肌に花粉がつくことで肌が荒れたり、耳の中に花粉が入ることで耳がかゆくなったりすることもあります。一方、インフルエンザでは、筋肉痛や関節痛、全身の倦怠感があることが特徴です。

カルナ博士
花粉症とインフルエンザ。鼻水やくしゃみといった似た症状が出ても、症状の出かたが違うことが多いんじゃな。花粉症とインフルエンザの違いを、表に簡単にまとめてみたぞい。
ひばり
花粉症かな?インフルエンザかな?と迷ったときは、参考にしてみてくださいね!
花粉症インフルエンザ

くしゃみ

何度も続けて出る。

出ることがある。

鼻水

透明でサラサラした鼻水。

熱が出た後、黄色や緑色の鼻水が出ることがある。

鼻づまり

症状がひどい場合が多く、比較的長く続く。

症状が出ることがある。

痛みはあまりないが、イガイガ感を感じることがある。

ひどい痛み・腫れが現れる。

あまり出ない。出ても微熱。

38℃以上の高熱が出る。

症状が出ることもある。

症状がひどく、数日間続く場合が多い。

その他の症状

目のかゆみ、充血。

筋肉痛や関節痛、全身の倦怠感。

花粉症の治療法

薬物療法 

花粉症の薬にはさまざまな種類がありますが、それぞれ目的が異なります。また、薬の効果には個人差があるので、医師と相談の上、自分に合った薬を処方してもらいましょう。

薬の作用薬の形状

抗ヒスタミン薬

くしゃみ、鼻水、目のかゆみを引き起こす原因となるヒスタミンの作用を阻害する。

【経口薬】

第1世代と第2世代がある。最近では、眠気などの副作用が少ない第2世代のものがよく使われる。

【点鼻薬】

くしゃみや鼻水を軽減する。

【点眼薬】

目のかゆみや充血を改善する。

ステロイド薬

花粉症の症状がひどい場合に使う。免疫反応を抑える働きがあるので、どのタイプの症状にも効果が発揮される。

【経口薬】

点鼻薬(鼻噴霧用ステロイド薬)で効果が出ない場合に短期間のみ使用する。

【点鼻薬】

鼻づまりを改善する。定期的に使用する。

【点眼薬】

目の症状がひどいときに使用する。

メディエーター遊離抑制薬

アレルギー症状を引き起こす原因となる物質(ヒスタミンやメディエーター)が出るのを抑制する。

【経口薬】

効果が表れるまで、薬を使い始めてから2週間ほどかかるので、早めに服用する。

【点鼻薬】

くしゃみや鼻水を軽減する。

【点眼薬】

目のかゆみや充血を改善する。

抗ロイコトリエン薬

鼻づまりの原因(鼻粘膜の腫れ)を引き起こすロイコトリエンが免疫細胞から出るのを抑制する。

【経口薬】

鼻づまりを改善する。抗ヒスタミン薬などと組み合わせて使う場合が多い。

血管収縮薬

粘膜の血管を収縮させて粘膜の腫れを取り除く。

【点鼻薬】

鼻づまりに効果がある。使用し過ぎると鼻づまりがひどくなる場合もあるので注意。

皮下免疫療法

免疫療法とは、花粉などといったアレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)の抽出物などを少しずつ投与し、アレルギーを起こしにくい体を目指す治療法です。皮下免疫療法は、皮膚の下にアレルゲンの抽出物を注射して投与する方法です。

メリット

  • 完全に治ったり、症状がない状態にまで回復したりすることが期待できる
  • 通院は必要だが、毎日薬を飲む必要はない
  • 皮下免疫療法のみの医療費は1回あたり600円ほどと他の治療と比べて安価

デメリット

  • ぜんそくの発作やじんましんなど、全身反応が出る可能性もある
  • 治療開始すぐは通院する回数が多い

舌下免疫療法 

舌下免疫療法は、免疫療法のうち、舌の裏に薬をたらして投与する方法です。

メリット

  • 完全に治ったり、症状がない状態にまで回復したりすることが期待できる
  • 2~4週間に1度の通院ですむ
  • 全身反応の可能性が低い

デメリット

  • 症状がない季節にも、毎日薬を飲む必要がある
  • 12歳未満は舌下免疫療法を選択することができない

インフルエンザの治療法

生活療法 

インフルエンザにかかってしまったら、薬物療法を行うとともにしっかり体を休めるために安静にしましょう。特に、十分な睡眠をとることが重要です。また、免疫細胞を活性化するためにも、上がりすぎた体温を下げるために汗として出た水分を補給するためにも、お茶やジュース、水など、何でもよいので水分を積極的にとるようにしましょう。さらに、周りの人に移さないために家の中でも必ずマスクを着用し、学校や職場などの人が多い場所へ行くのは避けましょう。特に保育園や幼稚園、学校などに行っている子供の場合、熱が下がったからといってすぐに登園・登校してはいけません。発症後5日・解熱後2日の両方が過ぎてから登園・登校するようにしてください。 

薬物療法 

インフルエンザの場合、インフルエンザウイルスの表面にあるM2タンパク質の働きを阻害することで、細胞内でウイルスの増殖を防ぐM2タンパク阻害薬アマンダジンや、インフルエンザウイルスが増殖するのに必要なノイラミニダーゼの働きを阻害する作用があるノイラミニダーゼ阻害薬などが処方されます。日本国内で認可されているノイラミニダーゼ阻害薬には、リレンザ(吸入薬)、タミフル(経口薬)、ラピアクタ点滴用(注射薬)、イナビル(吸入薬)の4種類があります。これらはすべて、インフルエンザの原因であるインフルエンザウイルスの増殖を抑制してインフルエンザを治す抗インフルエンザ薬です。また、インフルエンザで咳などの他の症状が出ていて、抗インフルエンザ薬との飲み合わせに問題なければ、症状を抑える薬が処方されることもあります。

病気の治療の疑問

ひばり
花粉症とインフルエンザの違いや、治療法はわかったけれど……。まだまだ疑問に思うことはあるのよね~。
カルナ博士
それじゃあ、ひばりくん。花粉症やインフルエンザのよくある疑問とその答えを紹介するぞい。

両方併発したらどうなる?

花粉症とインフルエンザ、両方同時に発症したらどうなるのですか?

花粉症の症状が出ているときは、免疫が低下している場合が多いので、インフルエンザにかかると重症化しやすくなります。また、インフルエンザにかかっているときに花粉症を発症した場合も、花粉症の症状が重症化しやすくなります。

 花粉症の薬と抗インフルエンザ薬は、基本的には併用しても問題ありません。しかし、ほかの薬も処方されている場合や、市販の薬をすでに飲んでしまった場合は、病院と薬局でお薬手帳や市販薬の成分表示などを医師や薬剤師に見せ、総合的な判断をしてもらいましょう。

風邪とは見分けられる?

風邪と花粉症、インフルエンザは見分けることができるのでしょうか?

症状の出かたに花粉症やインフルエンザと異なる点があるので、見分けることができます。しかし、少しでも風邪の症状ではないと感じる点があれば、病院へ行って医師の判断を仰いでください。

風邪の症状のポイントは次の通りです。花粉症とインフルエンザ、風邪との違いを確認しましょう。

風邪花粉症インフルエンザ

くしゃみ

出ることも多い。続いても3,4回。

何度も続けて出る。

出ることがある。

鼻水

初めはサラサラな鼻水だが、徐々に粘り気が出てくる。

透明でサラサラした鼻水。

熱が出た後、黄色や緑色の鼻水が出ることがある。

鼻づまり

症状が数日間続くことが多い。

症状がひどい場合が多く、比較的長く続く。

症状が出ることがある。

痛みや腫れがある。

痛みはあまりないが、イガイガ感を感じることがある。

ひどい痛み・腫れが現れる。

38℃以下の微熱であることが多い。

あまり出ない。出ても微熱。

38℃以上の高熱が出る。

数日間続く。

症状が出ることもある。

症状がひどく、数日間続く場合が多い。

その他の症状

目のかゆみ、充血。

筋肉痛や関節痛、全身の倦怠感。

予防方法の基本は一緒

カルナ博士
花粉症とインフルエンザ。症状も治療法も違うが、予防のしかたは基本的には同じなんじゃよ。
ひばり
しっかり対策して花粉症の症状がひどくならないように、インフルエンザにかからないようにしましょうね!

外出時はマスクを装着

マスクは、空気中にある花粉、ウイルスや菌を含むほこりなどの小さな粒子をキャッチしてくれるので、花粉やインフルエンザの原因となるウイルスが体に侵入するのを防いでくれます。家庭で使うマスクは、不織布でできているものとガーゼでできているものの2種類ありますが、フィルターの性能や衛生面を考えると、不織布でできているもののほうがおすすめです。


マスクは、顔とマスクの間にすき間ができないように装着するのがポイントです。そのためにも、鼻・口・あごを確実に覆うようにしましょう。また、小鼻のまわりはすき間ができやすいので、鼻の部分はしっかり押さえてフィットさせてください。使用後のマスクには、花粉やウイルスなどが付着しています。マスクを外すときはできるだけゴムの部分を触り、フィルター部分を触らないようにしましょう。

帰宅したら手洗い・うがい

外に出ると、花粉やウイルスは体中にくっついてきます。特に手は無意識に目をかいてしまったり、食べ物を手づかみで食べてしまったりと粘膜に触れやすいですし、口で呼吸をすると口の中にダイレクトに花粉やウイルスが飛び込んできてしまいます。そのままにしておくと、花粉やウイルスが体内に入ってしまいます。手についてしまったり口に入ってしまったりした花粉やウイルスは、手をあらったりうがいをしたりして、できるだけ体の中に入り込んでしまわないようにしましょう

正しい手洗いのしかた

  1. 手のひらを合わせ、5秒間洗う。
  2. 手の甲を伸ばして5秒間洗う。
  3. 指先・つめの間を小さな円をかくようにして5秒間洗う。
  4. 指の間を5秒間洗う。
  5. 親指を手のひらでしっかり5秒間洗う。
  6. 最後に手首を5秒間洗う。

正しいうがいのしかた

  1. 約60mlの水または希釈したうがい薬を用意する。
  2. 1回目は、口に含んで強くうがいをする。
  3. 2回目は、上を向き、喉の奥まで届くように15秒間うがいをする。
  4. 3回目は、2回目と同じうがいをもう一度行う。

生活環境を清潔に保つ

アレルゲンとなる花粉が飛散している時期に外へ出ると、体中に花粉が付着してしまいます。インフルエンザウイルスも同様に、特に流行シーズンには体中に付着してしまいます。花粉やウイルスが付着した体のまま、外から家の中に入るとどうなるでしょう。結果として家の中も花粉やウイルスが蔓延してしまうことになります。そうすると花粉症の症状がひどくなったり、インフルエンザにかかってしまったりするおそれがあります。部屋の掃除をしっかりする、換気をしたり空気清浄機を動かしたりして部屋の中の花粉やウイルスを追い出す、といったことを行い家の中を清潔に保つようにしましょう。

体力を落とさない生活習慣

十分な睡眠や栄養バランスの良い食事、適度な運動は、体力を落とさないためにとても重要な生活習慣です。体力が低下すると免疫のバランスも崩れやすくなり、花粉症の症状が悪化したりインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなってしまいます。


生活習慣の改善といっても、なかなか重い腰が上がらない……という人は、まず食事に納豆をとり入れることから始めてみましょう。納豆には花粉症対策とインフルエンザ予防の両方に効果が期待できることがわかっています。納豆のねばねばのもとになるムチンという成分は粘膜を修復し、アレルギーの抑制に働く効果が期待されています。また、S−903納豆菌にはインフルエンザ予防効果があることが報告されています。

インフルエンザは予防接種を受ける

特にA型インフルエンザは、毎年国がその年に流行することが予想されるタイプのウイルスに効果があるワクチンをつくります。インフルエンザウイルスは遺伝情報が変わるスピードが早いため、同じタイプのウイルスでも以前のワクチンだと効果がないということもあります。また、インフルエンザワクチンの予防効果はワクチン接種の2週間後から5ヶ月後程度ともいわれています。以上のことから、インフルエンザの予防接種は毎年受けたほうがよいでしょう。予防接種を受けてもインフルエンザにかかる場合がありますが、予防接種をしない場合よりも症状が軽くてすみます。

花粉症にはサプリも活用

花粉症で特に多いアレルゲンがスギ花粉。スギ花粉が飛散する時期は2月から5月といった季節の変わり目で、体調を崩しやすい時期でもあります。そんな時期にはサプリを利用すると、体調不良からの免疫低下を防ぐことができるかもしれません。


特におすすめなのが、山田養蜂場から販売されている「花粉ケアEX」です。山田養蜂場は、はちみつ関連製品のプロですが、「花粉ケアEX」1日分にも健康維持に有用な成分を多く含むプロポリスエキス末が225mgビタミン・ミネラルが豊富なローヤルゼリーの原料である花粉荷が7.5mg配合されています。また、食欲増進や解熱に効果があるとされる甜茶エキスも600mg含まれています。いずれも自然由来の成分という点も良いですね。「花粉ケアEX」は、120粒ビン入り(約30日分)で通常価格4,500円(税抜)ですが、定期購入の場合は4,000円(税抜)とお得になります。また、120粒袋入り(約30日分)もあり、こちらは通常価格4,400円(税抜)定期購入の場合は3,900円(税抜)となっています。

花粉ケアEX

かからないために日ごろから予防

花粉症とインフルエンザ。症状が似ているようで、少しずつ違っていることがわかりましたね。ただし、花粉症とインフルエンザでは治療法がまったく異なります。しかし、どちらか判断できないという場合は、内科や耳鼻科、眼科、アレルギー科などで医師の診察を受けましょう。また、花粉症対策とインフルエンザ予防の考え方は、基本的には同じです。しっかり対策して、花粉症やインフルエンザに悩まされない日々を送りたいですね。


おすすめ花粉症対策サプリメント!山田養蜂場 花粉ケアEX

花粉症対策&インフルエンザ予防 6つの心得

  • 外出時にはマスクを着用する。
  • 手洗いうがいをしっかり行う。
  • 部屋の中などの生活空間を清潔に保つ。
  • 規則正しく、体力を落とさない生活習慣を身につける。
  • インフルエンザの予防接種は毎年受ける。
  • 花粉症対策にはサプリの利用も考えてみる。

参照リスト

武田薬品工業株式会社 タケダ健康サイト|花粉症

MSDマニュアル家庭版|インフルエンザ

ライオン|正しい手洗い

ライオン|正しいうがい

全国納豆協同組合連合会 納豆PRセンター|花粉症にも効果あり

TOP