肌に優しいおすすめクレンジングミルク11選!市販・プチプラの人気商品も紹介

| クレンジング
Share:

敏感肌にはクレンジングミルクがおすすめ!

仕事や日常生活に欠かせないメイクですが、美肌のためには「夜はしっかりメイクを落とすことが大切」と耳にしたことはないでしょうか?

メイクをしたまま眠ってしまったり、クレンジングでメイクを落としきれないまま放置していると、メイクの油性成分が酸化して肌にダメージを与えたり、毛穴詰まりを起こしたりと、様々な肌トラブルを招きます。

しかし一方で、「クレンジングは肌にダメージを与える」という声も……。一体どうすればいいの?!と思いますが、肌が求めているのは「肌に優しいけれどメイクはしっかり落とす」クレンジングです。

それを叶えるのがクレンジングミルク。オイルタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプなど様々な種類のあるクレンジングですが、最も肌に優しいと言われているのがクレンジングミルクです。

肌に優しい半面「クレンジングミルクは落ちが悪い」と思われがちですが、落ちにくいメイクなどでない限り、メイクは十分に落とせます。そして何より、敏感肌や乾燥肌の人でも使える優しさが魅力です。

今回紹介するのは肌への優しさはもちろん、クレンジング力、コスパなど「これは優秀!」と思えるクレンジングミルクばかり。使い方のコツも伝授するので、ぜひクレンジングミルクの良さを実感してみてくださいね。

クレンジングミルクの特徴

肌に優しいと言われているクレンジングミルクですが、「ミルクのようなテクスチャー」ということ以外に、どんな特徴を持っているのか知っていますか?

クレンジングミルクを使いこなすには、まずミルククレンジングについてしっかり知ることが大切。特徴を知って、良さを活かした使い方をしてくださいね。

最も肌に優しいクレンジング

クレンジングミルクも最大の特徴はなんと言っても「肌に優しい」こと。

肌にしっかりと張り付いているメイクを落とすには、どんな方法でもいくらかの摩擦や刺激は肌に与えてしまいますが、「摩擦や刺激を最小限に抑える」という点において、クレンジングミルクは他のクレンジングより秀でているのです。

クレンジングミルクが肌に優しいと言われている最大の理由は、成分の配合割合にあります。

クレンジングを構成する成分は大きく分けて、「界面活性剤(洗浄成分、乳化剤など)」「油性成分(オイルなど)」「水性成分(保湿剤など)」「美容成分」「精製水」に分けられます。

クレンジングは、界面活性剤や油性成分が多いほどメイクを落とす力が強く、肌に元からある油分である「皮脂」を落とす作用が強いのです。

また、界面活性剤については肌が弱い人にとっては刺激となる成分なので、敏感肌の人などは注意が必要です。

クレンジングミルクは、水性成分を多く含み、油分や界面活性剤が他のクレンジングと比較してかなり少なめに作られています。そのため、肌に最も優しいクレンジングだと言われているのです。

また、油分や界面活性剤が少ないということは、クレンジングを洗い流すとき、すぐに洗い流せて油膜などが残りにくいということ。オイルタイプやクリームタイプ、油性ジェルタイプなどは、クレンジングに配合されている油分の割合が多いので、洗い流す際に肌に油膜が残りやすく、何度もすすぎが必要になり、肌に負担をかけてしまいます。

クレンジングミルクは、界面活性剤の刺激が少なく、洗い流す際に肌に大きな摩擦を与えない「肌に優しいクレンジング」といえるでしょう。

メイクの洗浄力は弱い

メイクにはファンデーションや口紅などに含まれる油分がたくさん含まれています。クレンジングの洗浄力とは、油分を落とす「界面活性剤」の強さのこと。クレンジングはタイプによって界面活性剤の配合量が異なるので、界面活性剤の割合が少ないほど洗浄力が弱い、つまり肌に優しいと言えます。

クレンジングは大きく分けて以下のタイプに分かれます。

  • オイルクレンジング
  • 油性ジェルクレンジング
  • 水性ジェルクレンジング
  • クリームクレンジング
  • ミルククレンジング
  • ローションクレンジング

各クレンジングに含まれる界面活性剤の割合(目安なので商品によって異なります)を、多い順に並べると以下のようになります。

ローション>オイル>油性ジェル>水性ジェル>クリーム>ミルク

洗浄力の点から見ると、ミルククレンジングは最も肌に優しことがわかりますね。

洗い流すタイプと拭き取りタイプがある

クレンジングには、大きく分けて「洗い流すタイプ」と「拭き取るタイプ」があります。それぞれのメリットデメリットを挙げてみましょう。

【拭き取りタイプ(ローションタイプ、シートタイプ、クリームタイプなど)】

  • メリット⇒水道がなくても使える、持ち運びに便利
  • デメリット⇒拭き取る際に肌に摩擦を与える、肌に界面活性剤が残ってしまう

【洗い流すタイプ(オイルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプなど)】

  • メリット⇒クレンジングとメイクがよくなじみ、落とし残しがない
  • デメリット⇒洗い流しの手間が必要、W洗顔が必要な場合が多い

クレンジングミルクにも、洗い流すタイプ、拭き取りタイプ、どちらでも使えるタイプの3つがありますが、肌に優しいのは断然「洗い流すタイプ」です。

マツエクにも使える

クレンジング選びで注意が必要なのが「マツエク(まつげエクステンション)」をしている場合です。マツエクは通常は一度付けると2~3週間は持つと言われていますが、マツエクをしたときに「オイルタイプのクレンジングは使わないで」と言われた人も多いと思います。

オイルタイプのクレンジングがNGの理由は、マツエクに使われているグルー(接着剤)がオイルによって溶け出してしまうからマツエクをしている場合は、「オイルフリー」タイプのクレンジングか、「マツエクOK」と記載されているクレンジングを選ぶ必要があります。

クレンジングミルクは他のクレンジングに比べて油分が少ないタイプのクレンジングなので、ほとんどの場合マツエクにも使えます。(クレンジングミルクの使用の際は念の為「マツエクOK」かどうかを確認してください)

人気のクレンジングミルクおすすめTOP3

お待たせしました!!それではさっそく、人気実力ともにミヂカ編集部がおすすめできるクレンジングミルクTOP3を紹介します。TOP3は、どれも肌への優しさだけでなく、価格、成分、実際に使った人の口コミなどがバランスよく、安心して使える商品です。

どのクレンジングミルクにしようか迷ったらとりあえずこの3つから選びましょう。

【編集部評価の基準】総合判定を★の数(5個が最大)で表示

  • 成分⇒刺激の強い成分を使っていないか?保湿成分や美容成分が十分に配合されているか?
  • 使用感⇒テクスチャーや香り、使いやすさはどうか?
  • 口コミ⇒気になる口コミはないか?口コミでの評価はどうか?
  • 人気⇒販売実績やベストコスメ受賞歴など
  • 価格⇒内容量に対しての価格はどうか?定期コースなどのお得な購入方法はあるか?

トリートメントクレンジングミルク(カバーマーク)

 \洗い上がりのしっとり感が抜群/

Source: 公式サイト

トリートメントクレンジングミルク

  • 編集部評価:★★★★★
  • 価格:3,240円(税込み)
  • 内容量:200g
  • メーカー:カバーマーク

カバーマークのトリートメントクレンジングミルクは、「化粧水を忘れるほどの潤い感」と謳っているほどの高い保湿力が魅力のクレンジングミルク。

成分の89%が美容液成分という「美容液クレンジング」が叶うクレンジングミルクは、一度使うと病みつきになること間違いなし!!

トリートメントクレンジングミルクの口コミ

  • 優しく洗える!
    5/5
    30代女性
    優しい洗い心地なのに、きちんと落ちる。そして毛穴にも優しくふっくらします。

    @cosme


  • しっとり感が続く!
    5/5
    50代女性
    他社のクリームタイプを使っていましたが、(中略)このクレンジングにしてからそれが解消されて大変満足しています。

    楽天市場

口コミサイトでの軒並み高評価のカバーマーククレンジングミルク。「肌に優しい洗い心地なのに、メイクはちゃんと落ちる」という口コミが多数ありました!

「他社のクレンジングミルクと比較しても優秀!」という声もあるように、自信を持っておすすめできるクレンジングミルクです。

公式サイトを見てみる

ミルキィクレンズアップ(アクセーヌ)

\メイクと一緒に余分な角質も落とせる/

Source: 公式サイト

ミルキィ クレンズアップ

  • 編集部評価:★★★★★
  • 価格:3,024円(税込み)
  • 内容量:120g
  • メーカー:アクセーヌ

アクセーヌは皮膚の専門家との共同研究で開発された化粧品ブランド。デパートなどのカウンターや通販でも購入できますが、皮膚科でも勧められることがある安全性が魅力です。

ミルキィクレンズアップは@cosmeメイク落とし(乳液タイプ)で第1位(2017年3月から8月)を獲得した人気のクレンジングミルク。ソフトなピーリング作用で、洗い上がりの肌がもちもち、ツルツルになりますよ。

公式サイトを見てみる

モイストクレンザー(フルーティア)

\肌への優しさにこだわったクレンジング/

Source: 公式サイト

モイストクレンザー

  • 編集部評価:★★★★★
  • 価格:3,456円(税込み)
  • 内容量:120mL 
  • メーカー:フルーティア

天然成分にこだわった化粧品づくりで人気の「フルーティア」の、無添加クレンジングが「モイストクレンザー」です。天然成分100%、合成界面活性剤不使用のとことん肌への優しさにこだわったクレンジングです。

クレンジングミルクには珍しい「天然クレイ(モンモリロナイト)」を配合。肌をこすらなくてもクレイが汚れを吸着して優しく落とします。天然精油の香りが優雅な、低刺激性クレンジングミルクです。

公式サイトを見てみる

ドラッグストアで買えるクレンジングミルク2選【市販】

「クレンジングはいつもドラッグストアで買っている」という人も多いですよね。ドラッグストアは他の買い物もできるし、クレンジングが無くなったとき、いつでもすぐに買いに行けるのが魅力です。

ドラッグストアにはたくさんのクレンジングミルクがあってどれを選べばよいか迷ってしまう……というあなたのために、おすすめ2選を紹介します!全てのドラッグストアで取り扱いがあるというわけではないので、購入前に確認されることをおすすめします)

 モイストクレンジングミルクジェル(アルージェ)

\ジェルに近いテクスチャー/


Source: 公式サイト

モイストクレンジングミルクジェル

  • 編集部評価:★★★★
  • 価格:1,500円(税抜)
  • 内容量:100g
  • メーカー:アルージェ

「ミルクジェル」と言う名のとおり、クレンジングミルクとクレンジングジェルの間のようなテクスチャーが特徴のモイストクレンジングミルクジェル。柔らかなジェルが肌に摩擦を与えずにメイクにすぐになじみます。

保湿成分「ナノ化天然セラミド」「カンゾウ葉エキス」「トリメチルグリシン」配合で、洗い上がりがしっとり。香料、着色料、鉱物油、表示指定成分、アルコール、パラベン無添加で、敏感肌の人でも安心して使えるクレンジングミルクです。

モイストクレンジングミルクジェルの口コミ

  • 肌に優しく毛穴汚れも落ちる!
    5/5
    20代女性
    本当に肌に優しいのですが、しっかり毛穴の汚れは落ちており、毛穴が目立たなくなった気がします。リピすると思います。

    @cosme


  • お肌に優しい気がします
    5/5
    洗いあがりはとってもしっとり、でも汚れはきちんと落ちていると思います。(中略)再度購入する可能性は高いと思っています。

    Amazon


「ミルクジェル」という珍しいタイプのクレンジングですが、「肌に優しい」「メイクなじみが良い」「汚れがちゃんと落ちる」と使用感抜群のモイストクレンジングミルクジェル。洗い上がりもしっとりつっぱらないようなので、リピートしている人も多いようです。

詳細を見てみる

無添加メイク落としミルク(カウブランド)

\無添加低刺激製法で安心して使える/

Source: Amazon

無添加メイク落としミルク

  • 編集部評価:★★★★
  • 価格:880円(税込み)
  • 内容量:150mL 
  • メーカー:カウブランド

無添加石鹸でおなじみのカウブランドが販売するクレンジングミルクは、着色料、香料、防腐剤、品質安定剤、鉱物油、アルコールを全てカット。洗浄成分も肌に優しいアミノ酸系洗浄成分を選ぶなど、徹底的に肌への優しさを追求したクレンジングミルクです。

保湿成分「天然由来セラミド」配合で、洗い上がりもつっぱりません。150mLで880円(税込み)とコスパの良さも魅力です。

詳細を見てみる

安いけど実力派のクレンジングミルク2選【プチプラ】

毎日使うクレンジングは、できれば安い方がいいですよね。成分や使い心地にこだわって選べば、「安かろう悪かろう」ではなく、プチプラでも優秀なクレンジングミルクがちゃんとあります。

スキンケアクレンジング(パラドゥ)

\ミルクタイプでもしっかりメイクが落ちる/

Source: 公式サイト

スキンケアクレンジング

  • 編集部評価:★★★★
  • 価格:1,296円(税込み)
  • 内容量:120g 
  • メーカー:パラドゥ株式会社

パラドゥはセブンイレブンが販売するオリジナルコスメブランド。コンビニ販売を想定した価格と使いやすさが人気を集めています。

ミルクタイプのクレンジングは洗浄力が弱いと言われますが、メイクを浮き上がらせる「アクアカプセル」を配合しているので、軽い力でも油性成分をしっかり落とすことが可能に。美容成分を89%配合した、うるおいたっぷりのクレンジングミルクはコスパも抜群です。

スキンケアクレンジングの口コミ

  • 洗顔後つっぱらない
    5/5
    洗顔料の後は、すぐ乾燥する肌質ですがこれでメイクを落とした後は、何もつけなくても大丈夫です。

    Amazon

  • メイクがしっかり落ちる!
    5/5
    20代女性
    『ミルククレンジングは落ちない』という自分の中のイメージを打ち壊してくれた商品です!濡れた手で使ってもしっかり落としてくれて、さっぱり感はあるのに、肌がつっぱることもありませんでした。

    @cosme

クレンジングミルクは総じて洗浄力は弱めですが、スキンケアクレンジングは「今まで使っていたクレンジングミルクよりもしっかり落とせる」という声が多数ありました。「クレンジングミルクの優しさは欲しいけれどメイクは落ちて欲しい!」という人におすすめです。

パラドゥのスキンケアクレンジングはセブンイレブンにて販売しているので、気になる人は近くのセブンイレブンに足を運んでみてくださいね。

マイルドクレンジングミルク(無印良品)

\抜群のコスパと肌への優しさで人気/

Source: 公式サイト

マイルドミルククレンジング

  • 編集部評価:★★★
  • 価格:990円(税込み)
  • 内容量:200mL 
  • メーカー:無印良品

数々のヒット化粧品を生み出している無印良品ですが、クレンジングミルクもコスパの良さと高い品質で人気です。天然保湿成分の「アンズ果汁」「桃の葉エキス」配合でクレンジング後の肌がしっとりうるおいます。

無香料、無着色、無鉱物油、アルコールフリーなので肌への刺激もなし。200mLで990円と驚きのコスパで、毎日惜しみなく使うことができますよ。

公式サイトを見てみる

オーガニック派におすすめのクレンジングミルク2選

肌に触れるものだからこそ、100%無添加で自然の植物の力をふんだんに使った化粧品を使いたい!というオーガニック派の人におすすめのクレンジングミルクは肌に優しいので、敏感肌の人にもおすすめです。

ローズデュークレンジングミルク(アンネマリー・ボーリンド)

\エイジングケアもできるクレンジング/

Source: 公式サイト

ローズデュークレンジングミルク

  • 編集部評価:★★★★
  • 価格:4,428円(税込み)
  • 内容量:150mL 
  • メーカー:アンネマリー・ボーリンド

ナチュラル・オーガニック化粧品で有名なドイツボーリンド社認定のオーガニックコスメ「アンネマリー・ボーリンド」は、いわゆる並行輸入ではなく、輸入前後の品質チェックなど、徹底した品質管理の元販売されている正規品です。

ローズデュークレンジングミルクは美容効果の高いダマスクローズのローズウォーターを使用したクレンジングミルク。

ビタミンC、ビタミンE、イチョウ葉エキスを配合した独自成分「ビタミンプロテクションコンプレックス」使用で年齢肌のサポートも期待できます。

ローズデュークレンジングミルクの口コミ

  • 肌が内側からしっとり
    5/5
    30代女性
    クレンジングで肌が変わる、というのを実感出来ました。次の日の朝、肌が内側からしっとりします。(中略)普通のファンデーションなら十分落ちると思います。

    @cosme

  • 香りがいい!
    4/5
    香りがよく好きです。 メイクもきれいに落とせています。濃いメイクはしていませんが。 うるおいも残してくれるので、助かっています。

    iHerb

オーガニック化粧品は「使い続けることでその良さ実感した」という人が多いようです。メイク落ちも問題なく、価格は少し高めですがエイジングケアも兼ねられるのが魅力です。添加物などにこだわりたいナチュラル志向の人が十分満足できるクレンジングミルクです。

公式サイトを見てみる

ダマスクローズクレンジングミルク(テラクオーレ)

\ダマスクローズの香りで優雅にクレンジング/

 

Source: 公式サイト

ダマスクローズクレンジングミルク

  • 編集部評価:★★★★
  • 価格:3,780円(税込み)
  • 内容量:125mL 
  • メーカー:テラクオーレ

テラクオーレは厳しいイタリアのオーガニック認証「SoCert」を取得したオーガニックコスメのブランド。クレンジングミルクもオーガニック原料を95.8%使用した高品質クレンジングミルクです。

W洗顔不要なので、忙しい毎日にぴったり。「ダマスクバラ花エキス」「オリーブ油」「ブドウ種子油」などの保湿成分配合で洗い上がりもしっとり潤います。

公式サイトを見てみる

時短が叶う!ダブル洗顔不要のクレンジングミルク2選

ほぼ毎日メイクをしている人にとって、「メイク落とし」は面倒だけれど、省けないスキンケアの一つ。疲れているからといって、メイクを落とさないで寝てしまったら……大変なことになりますよね。

忙しい毎日、なるべくスキンケアに時間はかけたくないという人に、とても便利なW洗顔不要のクレンジングミルクを2点紹介します。

クレンジングミルク(ママバター)

\10種のオーガニック成分配合/

Source: 公式サイト

ママバタークレンジングミルク

  • 編集部評価:★★★★
  • 価格:1,500円(税抜き)
  • 内容量:130g 
  • メーカー:ママバター

高品質な天然由来成分を使用した化粧品シリーズで人気のママバター。クレンジングミルクも「シアバター」「ホホバ種子油」「ラベンダー花エキス」「コケモモ種子油」などこだわりの10種のオーガニック成分を配合

合成香料、合成着色料、鉱物油、シリコン、パラベン不使用で肌が敏感な人でも安心して使えます。

ママバタークレンジングミルクの口コミ

  • 肌がキレイになった!
    5/5
    肌の弱い私でも、トラブルはありません。肌もキレイになった気がします。お化粧が薄めの方には、おススメだと思います。

    楽天市場

  • オーガニックなのに低価格!
    5/5
    20代女性
    ナチュラルメイクの私には合っているようで、つるんとメイクや汚れが落ちるし、とても気に入っています!!また、オーガニックにしてはお財布に優しいのでリピ確定です♪♪

    @cosme


口コミでは、ナチュラルメイクなら問題なく落とせる洗浄力と、洗い上がりのしっとり感が高評価を得ています。オーガニック成分配合の化粧品は高価な場合が多いですが、お財布に優しい価格が嬉しいですね。

公式サイトを見てみる

クレンジングミルク(ケサランパサラン)

\ミルクだけどメイクがすっきり落ちる/

Source: 公式サイト

ケサンパサランクレンジングミルク

  • 編集部評価:★★★
  • 価格:3,000円(税抜き)
  • 内容量:200g 
  • メーカー:ケサンパサラン

1987年誕生したメイクアップブランド「ケサンパサラン」。メイクを知り尽くしたブランドだからこそ、メイク落としにもこだわり十分です。

肌に優しくすっきりメイクが落ちるクレンジングミルクはクレンジング成分を保湿成分で包み込むことで、肌への優しさを実現。W洗顔不要で塗れた手でも使える手軽さで、忙しい女性に支持されているクレンジングミルクです。

公式サイトを見てみる

クレンジングミルクの正しい使い方

「クレンジングミルクが欲しい!」と思っているあなたも、「さっそくクレンジングミルクを購入した」というあなたも、使用する前にちょっとその手を止めてください!クレンジングミルクは日々のクレンジングに最適ですが、「使い方にコツが必要なクレンジング」ということを知っていますか?

肌への優しさNo.1のクレンジングミルクですが、洗浄力がマイルドということは、言い換えれば「洗浄力が弱い」ということ。ここではクレンジングミルクの良さを活かしながら、欠点をカバーする賢い使い方について解説します。せっかく入手したクレンジングミルクを使いこなすためにも、ここは必見ですよ!

アイメイク&リップは専用リムーバーで落としておく

肌に優しいクレンジングミルクですが、最大の短所はいわゆる「落ちにくいメイク」は苦手だということです。ウォータープルーフのマスカラや、ティントリップなどは残念ながらクレンジングミルクだけでは、洗い残しが出る可能性大。

基本的にポイントメイク以外は濃い目のファンデーションでもクレンジングミルクで落とせます。しっかりメイクの日は、クレンジングミルクを使用する前に専用リムーバーを使って、アイメイクや落ちにくいリップを落としておきましょう。

\ アイメイクリムーバーの詳細記事はこちら/

アイメイクリムーバーの選び方次第で今後のしわの数に影響が出てくるかもしれません。特にしっかり目元をメイクしている人は要注意!知らず知らずのうちに肌をこすってしまいしわやたるみの原因を作っているかも!自分に最適なリムーバーを使いましょう!

乾いた手で使用する

「クレンジングは乾いた手で使用する」とよく言われます。これは濡れた手でクレンジングを触ると、手に付いた水分がクレンジングに含まれる油分と合わさって「乳化」してしまうから。

乳化とは通常混ざり合わない油分と水分が混ざることで、実は乳化自体は悪いことではなく、クレンジングを洗い流すときには「乳化」の作用を利用して洗い流しています。

クレンジングは、乳化させる前にメイクの汚れ(油性成分)とクレンジングの洗浄成分(界面活性剤)をしっかり混ぜ合わせる必要があります。

汚れが洗浄成分と混ざる前に乳化が起きてしまうと、メイクをしっかり捕まえることができず、十分にクレンジング作用が働かなくなってしまうのです。

特にクレンジングミルクはクレンジングの中でも最も洗浄成分(界面活性剤)の割合が少ないので、濡れた手で使用するとあっという間に乳化し、サラサラになって流れてしまいます。

「濡れた手でも使える」と表記がある商品を除いて、クレンジングミルクは乾いた手で使用するようにしましょう。

使用量はたっぷりと

クレンジングミルクの短所でもある「洗浄力の弱さ」をカバーするためには、クレンジングミルクはたっぷりと使用するのがコツです。使用量は商品添付の説明書に記載されている量を守ることが基本ですが、プッシュタイプで大体3~4プッシュ、500円玉でいうと2~3枚分くらいは必要です。

「たっぷり使って肌を傷めない?」と心配する人もいるかも知れませんが、クレンジングミルクは肌に最も優しいクレンジングなので問題ありません。逆に使用量が少ないと肌との摩擦が生じやすく肌を傷めることに……。ケチらずたっぷりと使用してくださいね。

手のひらで温めてから使う

クレンジングミルクの洗浄力の最大限に引き出すためのコツが、使用前に手のひらで温めてから使うということ。温める理由は、メイクを落とすための「転相」という作用が起こりやすくなるからです。

ここで「転相」について説明しておきましょう。クレンジングミルクに含まれている成分は、はじめは「油分が水分に包まれた形」で安定しています。

クレンジングミルクを肌に乗せてメイクとなじませる過程で、クレンジングミルクが手のひらや体温によって温められると、「水分が油分に包まれた形」に変化します。油分が表面に出てくると、油分メイクの油性成分となじんでメイクを落とすことが出来るのです。

クレンジングミルクを手のひらで温めておくことは、転相が起こりやすくするためにとても有効です。この一手間で洗浄力がグンと上がるので、今まで「ミルククレンジングの洗浄力に不満があった」という人は、是非試してみてくださいね。

ぬるま湯で丁寧にすすぐ

クレンジングでもう一つ大切なことは、「すすぎをしっかり行う」ということ。かといって、バシャバシャゴシゴシとすすいでしまうと、肌に負担をかけてしまいます。

クレンジングの洗浄成分によって柔らかく弱くなっている肌に負担をかけないように、すすぎは慎重に、かつすすぎ残しのないように行います。

【クレンジングミルクのすすぎのポイント】

  1. 34度(少し冷たいと感じる)くらいのぬるま湯ですすぐ
  2. すすぐときに肌に摩擦や刺激を極力与えない
  3. 髪の生え際など、フェイスラインにすすぎ残しがないように気をつける
  4. 10回から15回はしっかりとすすぐ

すすぎを丁寧に行うことは、転相によって「水分が油分に包まれた形」のミルクを、再度「油分が水分に包まれた形」に戻す「再乳化」をすることによって、肌の汚れを残さずキレイに洗い流すことができます。

クレンジングミルクは手作りできる!?

肌に優しいクレンジングミルクですが、敏感肌の人などで「徹底的に無添加にこだわったクレンジングミルクが欲しい!」という人には、クレンジングミルクを手作りする、という方法もあります。

また、クレンジングミルクは毎日使うものなので、「なるべく安くていいものが欲しい」という人にも、比較的安価で作れる手作りクレンジングミルクがおすすめです。手作りクレンジングミルクに使うのは、植物性の「乳化ワックス」と呼ばれる界面活性剤。合成のものに比べて肌への刺激が少ないので、敏感肌の人も安心して使えますよ。

【クレンジングミルクの作り方】

〈材料〉出来上がり約50cc

  • 植物性乳化ワックス(エマルシファイングワックス)  小さじ1
  • 精製水 大さじ3
  • キャリアオイル(スイートアーモンドオイル、ホホバオイル、アボガトオイルなど) 小さじ2
  • 精油(ラベンダー、ゼラニウム、フランキンセンスなど) 1~5滴

〈作り方〉

  1. 耐熱容器に乳化ワックスとキャリアオイルを入れ、湯せんする
  2. 1を乳化ワックスが完全に溶けるまでかき混ぜる
  3. 別の耐熱容器で精製水を温めておく
  4. 2に3を少しずつ加え、かき混ぜる
  5. 完全に混ざり温度がさがってきたら、精油を加えてさらに混ぜ合わせる
  6. 煮沸消毒した蓋付きの容器に移して、しっかり蓋をする

〈注意事項〉

  • 手作りクレンジングミルクは防腐剤を使用していないので、清潔な手で使用し2週間を目処に使い切ってください。
  • 精油に刺激を感じる人も要るので、敏感肌の人は精油を入れないか、少量(1~2滴)にしてください。
  • 肌に異常を感じたときは使用を中止してください

やっぱり洗浄力もほしいならクリームタイプやジェルタイプ

肌に優しいクレンジングミルクは日々のメイク落としにぴったりですが、日によってはしっかりフルメイクをするときもありますよね。今日はしっかりメイクをしたという日は、クレンジングミルクだけでは落とすことができないので、ポイントメイクは別に専用リムーバーが必要です。

別々に分けてクレンジングするのが面倒という人は、しっかりメイクの日は洗浄力のあるクレンジングクリームやクレンジングジェルを使うようにしましょう。

【クレンジングクリームの特徴】

  • 洗浄力が高い
  • 油分や保湿成分が多いので洗い上がりがしっとり仕上がる
  • クリームがクッションになるので、肌への摩擦は少ない
  • 拭き取りタイプは肌に摩擦がかかる
  • 油分が多いので洗い流しに時間がかかる

 \クレンジングクリームの詳細記事はこちら/

クレンジングクリームのおすすめアイテムを徹底調査!総合評価の高いもの、オーガニックなどジャンル別にご紹介します。毎日のメイク落としで汚れ知らずのツヤツヤお肌を目指せる、クレンジングクリームの選び方を要チェック♪

【クレンジングジェルの特徴】

  • 油分の多い油系ジェルと水分の多い水系ジェルがある
  • 水系ジェルは、油性成分は少ないが界面活性剤は多め
  • 油系ジェルは、クレンジング力が高い
  • ジェルがクッションになるので、どちらも肌への摩擦は少ない

  \クレンジングジェルにの詳細記事はこちら/

毛穴の黒ずみやお肌の感想が気になる方に人気のクレンジングジェル。クレンジングを30種類試した美容マニアが今おすすめしたい商品をご紹介します。クレンジングジェルの正しい使い方やその特徴についても再確認してツルツルお肌をGETしましょう!

賢いクレンジングの使い方としては、普段は肌に優しいクレンジングミルク、メイクをしっかりした日はクレンジングクリームかクレンジングジェル、という風に、いくつかのクレンジングをメイクや肌の状態によって使い分けるのがおすすめです。

ちなみに、クレンジングオイルもありますが、オイルタイプは洗浄力が最も強く、メイクだけでなく皮脂も落としてします。マスカラやティントリップなどポイントメイク落としには適していますが、乾燥肌の人や敏感肌の人はクレンジングオイルの使用は注意が必要です。

クレンジングミルクの気になるQ&A

クレンジングミルクの良さ、特徴などがわかってもらえたと思いますが、まだまだ疑問、質問がある人も多いですよね。ここでは、クレンジングミルクに関する皆さんの質問に答えていきます。

ニキビができていても使える?

ニキビ肌にクレンジングミルクはおすすめです。

ニキビをしていてもメイクをするので、何らかのクレンジングは必要です。クレンジングの中でもクレンジングミルクは油分が少ないタイプのクレンジングなので、ニキビを悪化させにくいのです。
また、いわゆる大人ニキビは肌の乾燥が原因ですが、クレンジングミルクは洗い上がりに潤いが残りやすいので大人ニキビにもおすすめです。

クレンジングミルクで日焼け止めは落とせる?

落とせるタイプと、落とせないタイプがあります。

ウォータープルーフの日焼け止めはクレンジングミルクでは落とせませんが、「石鹸で落とせる」というタイプの日焼け止めはクレンジングミルクでも落とせる可能性が高いでしょう。

クレンジングミルクのなじませかたは?

肌に刺激を与えないように指を使ってなじませます。クレンジングミルクを肌にたっぷり付けて、Tゾーンから、顎、頬の順になじませていきます。

「マッサージするように」と言われますが、指先に力を入れず、くるくると小さな円を描くようにすると、肌に摩擦を与えずにメイクを落とすことができます。

クレンジングミルクがおすすめの人は?

敏感肌の人はもちろんですが、以下のタイプの人におすすめです。
・ナチュラルメイクの人
・乾燥肌の人
・大人ニキビのできやすい人
・年齢肌が気になってきた人
・肌荒れが気になる人

クレンジングミルクなら潤いを残してメイクオフできる

美容家と呼ばれる人や、化粧品カウンターのBAさんなどに「肌に優しいクレンジングは?」と聞いてみると、「クレンジングミルク」という答えがすかさず返ってきます。

クレンジングミルクが肌に優しいことは確かですが、同じクレンジングミルクでも商品によって界面活性剤の割合や配合成分はさまざま。本当に肌に優しいクレンジングミルクを見つけるのは簡単なことでなありません。

今回紹介したのは、クレンジングミルクの良さが分かる優秀なクレンジングばかり。「これからクレンジングミルクを使って見たい」という人も、「今までクレンジングミルクを使っていたけど、洗い上がりが今ひとつ」という人も、お気に入りをぜひ見つけてくださいね。

そして使用の際には基本に立ち返って「正しい使い方」で使ってみてください。きっと今までにないすっきり感と優しい洗い上がりに驚くはずですよ!