ハイドロキノンクリームの口コミ人気3選!正しく使えば安全?おすすめのケア法とは?

| スキンケア
Share:

ハイドロキノンクリームは危険!?口コミで副作用が少なかったのは?

みなさん、こんにちは。みなさんはお肌のシミが気になることはありませんか?年齢と共に進行する人もいれば、日中外回りで紫外線を浴びることが多く、10代20代の若さでも色素の沈殿が目立ってりまう人もいるのです。なるべくなら、白くてくすみのないキレイなお肌になりたいですよね。

最近の化粧品やスキンケア用品には、数々の美白有効成分が含まれていますので、そこに注目して選んでいる人も多いのではないでしょうか。しかし、色々試してもいまいち効果を実感できない……!

そこで注目したいのが、「シミの漂白剤」とも呼ばれるほど美白効果が高いと言われる「ハイドロキノンクリーム」の存在です。昔から皮膚科や美容外科で利用されてきたハイドロキノンと言う成分が、有効にはたらいてくれるようです。

しかし、威力が高いということは、それだけ刺激が強いとも言えますよね。そこで、ハイドロキノンクリームについてリサーチしてみることにしました。

  • 購入リサーチしたハイドロキノンクリーム⇒10種類                                     
  • リサーチした医療情報サイト⇒約10箇所                                                          
  • 購入リサーチしたボディーケア用品⇒約15種類                                                

今回は、ハイドロキノン配合のクリームの特徴や使い方、そして思わぬお肌のトラブルの可能性や、トラブルの予防法。そしてハイドロキノンの配合量を調べてみて「これはいいな」と感じたおすすめのクリームを紹介していきます。

お肌のシミが気になる人は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。                                        

ハイドロキノンクリームで肌トラブル!?悪い口コミ

昔は写真の現像に使われていたというハイドロキノンクリーム。美白の成分として優秀なようですが、やはり、多少なりともデメリットが存在するようです。まずは、トラブルの事例の口コミをチェックしてみましょう。                          

痒みや痛みが出る                               

  • 軽いかゆみが
    ただピリピリする様な刺激はなかったのですが、ムズムズと軽いかゆみが。うーん、残念です。

    @cosme

  • 肌がひりひり
    肌がひりひりして、慌てて説明書をみたら、夜だけの使用。 そりゃそうですよね。ハイドロキノンですもの。

    @cosme

ハイドロキノンクリームを使ってみた口コミでは、「むずむずするかゆみ」や、「お肌がピリピリする」といった、過剰な皮膚の反応を感じた人もいるようでした。

単純にお肌にあわなかったとも考えられますが、もしかしたら、間違った使い方をしているのかもしれません。後半ではハイドロキノンクリームの正しい使い方もレクチャーしていますので、チェックしてみてくださいね。                                                                

白抜けする                                      

  • 白く色抜け
    シミには変化がなく、それ以外の所がマダラに白く色抜けしてしまいました。

    @cosme

  • 美白どころか
    何が合わなかったのか分かりませんが、美白どころか、使い始めて1週間ほどで肌荒れし、かぶれたようになりました。残念です(>_<)

    @cosme

ハイドロキノンクリームの特徴である「美白効果」が裏目に出て、まだらに白く色ぬけしてしまった、という人もいるようでした。残念ですね。

お肌トラブルが心配な人は、まずはハイドロキノンの配合量が少な目のクリームから試してみるといいかもしれませんね。                             

ハイドロキノンクリームで失敗しないためには?

ハイドロキノンクリームの口コミをチェックしてみると、ハイドロキノンのそういった危険性も認識しながら、自分に合ったクリームを探している人が多いようでした。

そこで、初心者さんにも分かりやすい、ハイドロキノンクリームを選ぶポイントを2つにまとめてみました。

濃度が高すぎないものを選ぶ                                    

ひとつめは、ハイドロキノンの濃度が高すぎないものを選ぶことでしょう。その分美白効果は落ちるかもしれませんが、お肌のトラブルを起こさないことも美肌をつくるための基本ですよね。

まずは濃度の低いものから試してみて、異常がなければもう少し高濃度のものを選ぶようにするといいのではないでしょうか。

肌が弱い人は敏感肌でも使える処方のものを選ぶ 

ハイドロキノンの濃度と合わせてチェックしたいのが、敏感肌の人も使いやすいと書かれている処方のものを選ぶことです。お肌の炎症を抑える成分が配合されていたり、パッチテストが行われていたり、できるかぎりの工夫と研究でお肌にやさしいタイプに作られているものを選びましょう。                                                      

おすすめのハイドロキノンクリーム3選

それでは、そんな2つのポイントをクリアする、おすすめのハイドロキノンクリーム3選を紹介します。合わせて、ハイドロキノンの配合量も記載していますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。                           

QuSomeホワイトクリーム1.9

 \効果のスピードアップと低刺激性を実現!/

Source: 公式サイト

QuSomeホワイトクリーム1.9

  • 編集部評価:★★★★★ 総合 86点                                              
  • 初回価格:6,480円                                                                          
  • 1回あたりの値段:216円                                                                
  • 保証・特典:全国どこへでも送料無料 / 365日間返品・返金保証  
  • メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社                       

ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社の「QuSomeホワイトクリーム1.9」は、「ハイドロキノンが1.9%」のクリームです。浸透テクノロジーQuSome®と融合させて紫外線ダメージにアプローチするナイトクリームで、寝ている間の効果のスピードアップと低刺激性を実現させてくれます。

さらりと軽い感触で肌に広がり、べたつかず、軽い感触でなめらかにお肌に馴染んでいきます。

Made in Japanで信頼度も高く、メーカーも「圧倒的な透明感を放つ、一点の濁りもない肌を目指す」と、かなり自信のあるアイテムになっていますよ。                                   

公式サイトを見てみ

ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

 \新安定型ハイドロキノンはアンプルールだけ/

Source: 公式サイト

ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

  • 編集部評価:★★★★★ 総合 86点                                            
  • 初回価格:10,800円                                                                    
  • 1回あたりの値段:360円                                                             
  • 保証・特典:定期コースで1,080円(10%)お得になる              
  • メーカー:アンプルール                                                              

アンプルールの「ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110 」は、「ハイドロキノンが2.5%」のスポット集中美容液です。マイクロカプセル化された新安定型ハイドロキノンが、頑固なシミを時間差で夜通し集中的にケアしてくれます。

カンゾウ根エキス、ムラサキ根エキス、ゲンチアナ根エキス、アロエベラ葉エキスなどの植物性エキスも配合されていますよ。              

公式サイトを見てみる

プラスナノHQ

 \W美活お試しセットならこちらです!/

Source: 公式サイト

プラスナノHQ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合 79点                                           
  • 初回価格:2,980円                                                                      
  • 1回あたりの値段:99.33円                                                         
  • 保証・特典:–                                                                             
  • メーカー:株式会社ファブールマルシェ                                   

株式会社ファブールマルシェの「プラスナノHQ 」は、「ハイドロキノンが4%」のハイドロキノンクリームです。プラスピュアVC25ミニ 2mLとセットになったお試しセットがお得です。通常価格5,400円のところ、44%オフの2,980円で体験できます。

肌のキメを整える「レスベラトロール」や「アスタキサンチン」も配合し、さらにビタミンA、ビタミンC、ビタミンEといったお肌の栄養になるビタミンも組み合わされているのが特徴です。                           

公式サイトを見てみる

顔全体を美白したい時のハイドロキノンソープ

気になるポイントのほか、顔全体を美白したいなら、洗顔に使えるハイドロキノンソープがおすすめです。ハイドロキノンの専門店が研究・開発した洗顔料も登場していますよ。

プラスソープHQ                                  

\真っ黒な炭のせっけんです!/

Source: 公式サイト

プラスソープHQ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合 79点                                               
  • 初回価格:4,320 円                                                                           
  • 1回あたりの値段:96円                                                                     
  • 保証・特典:–                                                                                   
  • メーカー:株式会社キャピタルビューティージャパン                     

「プラスソープHQ 」は、「ハイドロキノン1%以下」のやさしい美容石鹸です。こだわりの厳選成分であるハイドロキノン、グリコール酸を整肌成分として、すっきり成分の炭を洗浄補助成分として配合しています。

濃密濃厚なきめ細かい泡がすぐに作れるのがポイントで、肌表面の汚れをしっかり洗い流してくれます。女性のあこがれのつるすべたまご肌に導いてくれますよ。顔だけでなくカラダ全体に使えるのもうれしいですね。                                                 

公式サイトを見てみる

ハイドロキノンクリームは市販と皮膚科処方、どちらがいい?

ハイドロキノンクリームは皮膚科で処方してもらうこともできます。私たちが自分で購入するのとどちらがいいのか、メリット、デメリットをまとめてみました。                                   

市販で入手するメリットとデメリット             

まずは、市販で入手する際のメリットですが、やはり通院の手間がないのがポイントになります。必要だと思った時にいつでも気軽に手に入るのは、大きなメリットと言えるでしょう。忙しく皮膚科に通うことができない人、もしくは病気でないのにわざわざ病院まで行きたくないな、という人におすすめの手段です。また、値段が事前に分かるため、財布と相談しやすいのもポイントのひとつでしょう。

しかし、ハイドロキノンを劇薬と指摘する人も多く、個人的に購入するとなると心配になってしまうのが最大のデメリットでしょう。そして、市販されているハイドロキノンクリームの場合は、処方されるクリームのように高濃度のハイドロキノン製品ではないため、即効性や効率の良い効果を期待しにくい点も挙げられます。

処方で入手するメリットでデメリット           

続いて皮膚科で出してもらう場合のメリットは、安全に高濃度の処方をしてもらえる点と、正しい使い方や心配事を専門的に答えてもらえる点にあるでしょう。心配性の方はこちらがおすすめです。

ただし、ハイドロキノンの処方を受けるためにはハイドロキノンクリームの代金のほかに診察料がかかり、想像よりも値段が高くなってしまうケースが多いでしょう。およその初診料は2,000円前後、再診の際は1,000円前後、ハイドロキノンクリームはだいたい2,000円以上と考えておくと良いかもしれません。

通院の手間も必要になりますので、こちらはお金や時間に余裕のある人向けの方法ではないでしょうか。                           

ハイドロキノンクリームの特徴と効果的なシミは?

それでは、ここで一度ハイドロキノンクリームの特徴や性質について、チェックしてみましょう。                                 

ハイドロキノンクリームの特徴                

ハイドロキノンは欧米で主流の美白対策です。実際に美白効果が実証されており、シミの原因となるメラニンの生成を抑えるとして医療の分野でも使われている成分です。メラニン色素が作られる時に、大きな役割を持つチロシナーゼという酵素の生成を妨げてくれます。

同時に、メラノサイトというメラニン色素を作り上げるものにはたらきかけて、減少させてくれることが分かっています。

その効果は、化粧品に入っている美白成分として有名なアルブチンの効果を大幅に上回ると言われています。

ハイドロキノンクリームが効果的なシミ 

ハイドロキノンクリームが効果的なシミは、日焼けによるシミ、左右対称にできる肝斑(かんぱん)、ニキビや虫刺されによる色素沈着、ソバカスなど、広範囲に渡るのが特徴です。

ただし、すべての色素沈着を解決してくれるわけではないと覚えておきましょう。

ハイドロキノンクリームの使い方   

それでは、ここではハイドロキノンクリームの正しい使い方を解説します。                               

1:丁寧で優しく洗顔                                                

まずは、顔の汚れや余分な皮脂を洗い流すため、丁寧に洗顔しましょう。ただし、ピーリングまでしてしまうと刺激がダイレクトに伝わってしまう可能性があるので注意しましょう。ゴシゴシと強く擦るのもNGです。

2:化粧水や美容液で肌を整える                            

続いて普段のケアと同じように、化粧水や美容液でお肌のキメを整えましょう。ハイドロキノンが入っている化粧品のオールインワンタイプなら、ここで使いましょう。

3:肌が乾いてからハイドロキノンクリームを綿棒で塗布する 

続いてハイドロキノンクリームを塗っていきますが、お肌が完全に乾いてから塗るのがポイントです。あせらず、化粧水をしっかりとお肌に馴染ませて土台を定着させ、ハイドロキノンクリームが化粧水や美容液と混じらないようにしましょう。

また、広範囲を塗布する必要はありませんので、綿棒を使って気になる場所にピンポイントにのせていくのがコツです。

4:十分な保湿をする                                       

ハイドロキノンクリームを塗ったらそこで終わりにせず、クリームや乳液などでしっかりと保湿対策を行いましょう。塗ったハイドロキノンクリームが寝ている間にこすれてしまうのを防ぐ意味もありますよ。

ハイドロキノンクリームのトラブル予防法6つ

ハイドロキノンクリームは、使用する際のチェック項目が非常に多いアイテムですから、事前に確認しておきましょう。正しい使い方をしていれば、トラブルを未然に防ぐことにつながります。                                       

1:保管は冷蔵庫が基本                               

ハイドロキノンクリームは保管方法にも注意が必要です。直射日光は絶対に避け、冷蔵庫にしまうようにしましょう。

2:使用期限を守る                                       

2つ目の注意事項は、使用期限を守ることです。

ハイドロキノンは非常に酸化しやすい性質を持っているため、開封後の使用期限は短くなります。詳しくは商品の取扱説明書を確認してみましょう。多くの場合は開封後1ヶ月以内に使い切ることを想定されていますよ。

3:使用前はパッチテストを行う                     

はじめてハイドロキノンクリームを使う場合は、自分のお肌に合うかどうかのパッチテストを行いましょう。やり方はとても簡単です。

二の腕や手の甲などにハイドロキノンクリームを塗り、その上から絆創膏を貼って、1日程度放置します。その後かゆみや赤み、炎症など、お肌に異常が起きなければ、第一段階はクリアしていると言えるでしょう。

4:目の周りやデリケートゾーンには使用しない 

ハイドロキノンクリームは、残念ながら目の周りやデリケートゾーンに使用してはいけません。目の周りは通常の皮膚よりも薄く、さまざまな刺激に敏感に反応してしまう箇所なので使用を控えましょう。

デリケートゾーンも、粘膜、もしくは粘膜に近い部分はNGです。

5:基本は夜にケアに使用                              

ハイドロキノンクリームは、基本的には夜寝る前に1回だけ使用するものがほとんどです。トラブルの口コミでもありましたが、やはり非常に刺激の強い成分ですので、間違ったやり方で塗りすぎるとお肌がヒリヒリして、痛みやかゆみを招いてしまうこともありますから注意が必要です。

6:しっかり日焼け対策                                    

ハイドロキノンクリームの落とし穴として要チェックなのが、この項目です。ハイドロキノンはメラニンの生成を阻害してくれる成分であるものの、紫外線をあびるとかえってシミを濃くしてしまう性質も持っています。

そのため、外出時は必ず日焼け対策を行うようにしましょう。また、室内においても日焼け止めなどで対策しておくと、なお安心です。

ハイドロキノンクリームの疑問解消Q&A

それでは最後に、ハイドロキノンクリームに関するその他の疑問を、まとめてチェックしてみましょう。                                 

ハイドロキノンクリームの効果がわかるまでにどの位かかる?

濃度が濃いほど早いと考えられます。おおよそ2週間~2ヶ月ほど。長くて6ヶ月ほどかかるケースもあります。

濃度が高いハイドロキノンクリームは「数か月使用して数か月休む」など、お肌を十分に休ませる期間を設けることをおすすめします。       

トレチノインとハイドロキノンクリームは併用するのが良い?

併用しても良いですが、混ぜるのはNGです。

トレチノインは、ビタミンA誘導体の一種でお肌のターンオーバーを促進し、皮膚内部からシミを排出させる作用があり、ハイドロキノンと合わせることで効果は期待できそうです。

しかし、それぞれのはたらきが異なり、ハイドロキノンに酸化しやすい性質があるため、混ぜることはおすすめできません。                     

ハイドロキノンクリームはピリピリするのが当たり前?

好転反応か副作用かの判断は難しいところです。心配なら皮膚科を受診しましょう。

ハイドロキノンクリームは効果大!けれど使い方には要注意!

今回は、ハイドロキノンクリームに期待できる美白効果・シミ消し効果、そしてその危険性や正しい使い方について解説しました。医療の分野で使われる優秀な効果を持ちながら、使用する上でさまざまな注意事項のある成分でしたね。

近年は市販のハイドロキノン配合クリームも登場し敷居が低くなっていますが、利用する際は十分に説明書を読んで、間違った使い方をしないようにしましょう。正しい用法用量を守り、美しい白い肌を作るために存分に活用してみましょう!