その結膜炎は花粉症が原因かも?どんな目薬使えば治せる?

その結膜炎は花粉症が原因かも?どんな目薬使えば治せる?

WfONnZFe.jpg

アレルギー性結膜炎の大半が花粉症による季節性アレルギー性結膜炎であると言われています。我慢できない目のかゆみ、止まらない涙、あなたの対処のしかたは間違っていませんか?しっかりした対策を身につけて、つらい日々を解決しましょう!

シェアする

毎年目がかゆくなるのは結膜炎?


毎年春や秋などの決まった時期になるのは花粉によるアレルギー性結膜炎が多いようです。目がかゆくなった時はすでに炎症を起こしており、軽度の結膜炎になっている可能性が高いです。まずは花粉の対策をしっかりして、点眼薬等での治療、生活習慣の改善、屋内の清掃などなど、通年性の結膜炎にならないために、やるべきことをしっかりと実行しましょう。

アレルギー性結膜炎の種類と症状

通年性アレルギー性結膜炎

  1. 原因・・・​最も多いのがハウスダストです。ダニ・カビ・ほこり・ペットの抜け毛やフケなどが主な原因です。部屋の中に原因菌がありますので、1年をとおして季節に関係なく発症する可能性があります。
  2. 症状・・・目のかゆみ・痛み・ゴロゴロ感、まぶたの裏側や白目の充血、ひどくなると白目に水がたまったように腫れることもあります。
  3. 対策・・・眼科医を受診するのが一番ですが、生活環境を改善しない限りなかなか緩和されにくいと言われています。室内や風呂場・寝具をこまめに清掃し、常に換気に心がけ、ダニやカビが繁殖しにくい環境作りが必要です。ウォーキングなどの適度な運動や外食・肉類・糖分等を控えめにした食事など生活習慣の改善にも心がける必要があります。

季節性アレルギー性結膜炎

  1. 原因・・・植物の花粉によるものがほとんどです。春のスギやヒノキ花粉による症状が最も多く、秋にはブタクサやヨモギなどの花粉が起因しています。
  2. 症状・・・目のかゆみ・目やに・充血、ひどくなると痛みやかすみがでたりします。
  3. 対策・・・​アレルゲン(アレルギーの原因となる物質)は一つとは限りませんので病院で特定してもらい、それに見合った薬を処方してもらうのがいいでしょう。特定されれば発症前の早めの治療開始により症状の緩和が期待できます。

春季カタル

  1. 原因・・・季節性(植物の花粉など)と通年性(ハウスダストなど)の要因を併せ持ち、コンタクトも一因になっています。春から夏にかけての時期が特に多くみられましたが、近年では、その他の季節にも発症例が増えてきています。
  2. 症状・・・アレルギー性の中でも重症となる結膜炎です。眼瞼型(まぶたの裏側がデコボコに腫れる)​、眼球型(角膜(黒目)と結膜(白目)の境目付近が腫れる)、混合型(眼瞼型と眼球型の両方の症状)があり、​最悪の場合は視力低下を招くこともあります。
  3. 対策・・・​まぶたの裏側や眼球に異常が見られたら、早めに受診しましょう。通常は抗アレルギーまたは免疫抑制点眼薬を使用しますが、症状が悪化している時はステロイド系の点眼薬や内服薬が処方されます。5歳前後から10歳くらいのアトピー体質の子供(特に男子)にできやすく、成長とともに発症しなくなっていくようです。

アレルギー性結膜炎の原因

植物の花粉

2月~5月頃のスギやヒノキ花粉、5月~8月頃のイネ科のカモガヤ・オオアワガエリ、9月~10月頃のキク科のブタクサ・ヨモギなどがあります。春は樹木、初夏から秋には草花の花粉に対する反応(季節性アレルギー性結膜炎)が多いようです。中でも春のスギ・ヒノキには多くの人が悩まされています。

ハウスダスト・ペットの毛

家の中にアレルギーのもとがあるという厄介な要因です。家の中の埃は単なる綿埃ではなく、ダニやダニの死骸・フケ・カビ・ペットの毛などが入り混じっているケースが多く、結膜炎のみならず他のアレルギー症状(鼻炎・くしゃみ・喘息など)の原因にもなっているのです。「汚れた空間」が一因となっていますので、室内・寝室・浴室などをこまめに丁寧にまんべんなく清掃しましょう。

ペットは散歩や外出から戻ったら手足をきれいに洗い、ブラッシング時には専用シートを敷いて毛やごみが飛び散らないように注意しましょう。

コンタクトの汚れ

レンズの汚れは主に2つあります。

  1. 涙の成分・・​​たんぱく質系や塩分系、ブドウ糖などがレンズに付着
  2. 化粧品・・・目に入った油分などがレンズに付着

ワンデータイプ(使い捨て)はさほど心配はいりませんが、1週間または2週間交換タイプの場合はこれらが原因で汚れることが多いのです。レンズやケースの洗浄をしっかりするとともに、化粧はレンズの装着後、化粧落としはレンズを外してからするように心がけましょう。

アレルギー性結膜炎の治し方

点眼薬での薬物療法

通常は抗アレルギー点眼薬(ヒスタミンH1拮抗点眼薬)で、かゆみを引き起こすヒスタミン(神経伝達物質の一つでアレルギー症状の一因となる)の作用を抑制させます。比較的副作用の少ない薬と言われています。重症(はれや充血)になるとステロイド系の副腎皮質ホルモン点眼薬が用いられるようになります。副作用としてまれに緑内障があり得ますので、医師の指示どおりに使用してください。さらに悪化するとステロイド系の内服薬と併用する場合もあります。

花粉を予測して初期療法

自覚症状が出る2週間程度前から受診し初期療法を始めると、発症時期を遅らせたり、ピーク時のつらい症状の緩和などが期待できます。個人差はありますが、効果が現れるまでに2週間前後かかる​抗アレルギー性のメディエーター遊離抑制点眼薬(ヒスタミンなどの増殖抑制作用がある)が初期療法には有効のようです。

おすすめの市販の目薬3選

ザジテンAL点眼薬

  1. 成分・特徴・効果・・・主成分は医療用として使用されているケトチフェンという成分で、目の充血・かゆみ・異物感などの症状を鎮め、ハウスダストのアレルギーにも効果が期待できます。
  2. 使用方法・・・1日4回、コンタクト装着時は使用不可。
  3. 副作用・・・・目にしみたり強い刺激を感じた場合は、使用を中止し眼科医に診てもらうようにしましょう。
  4. 価格・・・・・メーカー希望小売価格は 1,380円(税抜)、Amazonや楽天などでも販売されています。

口コミ

  • リピータ-です
    5/5
    女性 30代
    眼科でもらった目薬と同じ成分の市販薬です。 結膜炎でコンタクトがゴロゴロする時も差して寝るとだいぶ状態が落ち着きます。 血管収縮剤の入っていない物を使いたいですし、効果も感じたのでリピートします。

    @cosme

アレルギー症状発症後も効果があるとの評判どおりのようです。就寝前の点眼はより効果が望めるのでお勧めです。

ザジテンAL点眼薬

ロートアルガードクリアブロックEXa

  1. 成分・特徴・効果・・・​アレルギー症状の抑制効果のあるクロモグリク酸Naが主成分で、目の充血・かゆみ・かすみなどに効果があり、ハウスダストのアレルギーにも効果が期待できます。
  2. 使用方法・・・1日4回。コンタクト装着時は使用できません。
  3. 副作用・・・・充血・痛みなどがあった場合は使用を中止し、医師に相談してください。
  4. 価格・・・・・メーカー希望小売価格は1,580円(税抜)。Amazonや楽天での販売もしております。

口コミ

  • 快適
    この目薬を朝に注せば私の場合ですが、1日快適に過ごせます。また来年もあるといいな!

    Qoo10 レビュー

​人気の目薬だけに効果は十分のようです。朝・昼・夕・夜と定期的に点眼をしたほうが、さらなる症状の緩和にもつながるでしょう。

ロートアルガードクリアブロックEXa

サンテ アルフリー新目薬

  1. ​​成分・特徴・効果・・・前述のロートアルガードと同成分のクロモグリク酸Naが主成分。目のかゆみ・充血・異物感に有効でハウスダストにも効果が期待できます。
  2. 使用方法・・・1日4~6回。コンタクト装着時は使用不可。
  3. 副作用・・・・充血やはれがあった場合は、医師に相談してください。
  4. 価格・・・・・メーカー希望小売価格1,580円。Amazonや楽天でも販売しています。

口コミ

  • 頼りになります
    女性 20代
    慢性鼻炎なので、常にポーチに入ってます。目が痒くなり出しても、一発で治る頼りになるやつです!私は我慢できずに割とソフトコンタクトしながら点眼してます。 本当はダメなんですけどね~

    yahoo!beauty

 目薬の効き目は十分にあるようですが、支障が出ないように使用上の注意は守りましょう。

サンテアルフリー新目薬

予防の基本は花粉を避ける

マスクや帽子で花粉をガード

余分な花粉を体内に入れないように​外出時は必ずマスクをしましょう。鼻の粘膜を保湿・ガードをしてくれますので、くしゃみや目のかゆみなどの軽減にもなります。できれば花粉の侵入をカットするタイプで、鼻や頬に隙間ができにくいものが良いです。髪の毛に花粉が付くと落ちにくくなりますので帽子も忘れないようにし、深めにかぶるようにしましょう。

コンタクトなら専用メガネに変える

花粉対策眼鏡をするようにしましょう。コンタクトをしたままでも良し、度付きにしても良し、花粉症になる時期だけは専用のメガネで目を守ってあげましょう。花粉対策眼鏡はフレームと肌のすき間を埋める透明のカバーが付いているので花粉の侵入を大幅にカットでき、普通のメガネと同じ感覚で使用できます。マスクをしていても曇りにくいというメリットもあります。

衣類の花粉は落としてから部屋に入る

窓などの開け閉めは気にしている人が多いのですが、自分自身についた花粉を気にする人は意外と少ないのです。家の中に侵入してしまった花粉は人間が持ち込んでいるケースが意外と多いそうです。帰宅時に花粉を身につけたまま家の中に入らないようにすること。コートやジャケットはいったん脱いで良くはたき、スカートやズボン、全身をよくはたきます。そして家に入ったらまず空気清浄機を稼働しましょう。人の動きと共に空中に浮遊している花粉も撃退できます。

手洗い・うがい・洗顔の徹底

帰宅時には必ず手洗い・洗顔・うがい(口内とノド)をしましょう。衣服の花粉を落としても手や顔には花粉がビッシリ付いています。特に手洗いは入念にするようにしましょう。

【手洗いのやり方】

  1. シャツの裾をまくり時計などを外します。
  2. ​まず水で軽く洗い流します。
  3. 石鹸を良く泡立て、手のひらと甲、指と指の間を洗います。
  4. 全ての指を1本ずつ洗います。
  5. 指先、爪と爪周りを洗います。
  6. 手首を片方の手で握り、グルグルと回すように洗います。
  7. 石鹸を良く洗い流したらきれいなタオルで拭きます。

花粉の時期は外出を控える

できるだけ外出を控えるか、1度の外出で用事を済ませるようにしましょう。外出=花粉の中に身を投じることになりますので、マスク・花粉対策メガネ・帽子の着用を忘れないように。ちなみに都市部の1日の内で1番花粉が飛散する時間帯(風向きや風量によって違いはある)は、午前中に放出された花粉が届く13時~15時頃、上空から落ちてくる17時から20時頃となっていますので、この時間帯は外出要注意です。

部屋をこまめに掃除

雑巾がけやウエットシート+掃除機+空気清浄機で、床やソファに付着している花粉や浮遊している花粉を撃退しましょう。布団やベッドも掃除機(できればレイコップのような専用掃除機が良い)をかけるようにしましょう。そして布団乾燥機を使ってできる限り外干しをしないように。布団を外に干した場合は、良くはたいてから午前中にしまうように心がけましょう。

生活習慣改善で花粉に強くなる

適度な運動をする

​ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動を少し汗をかく程度にするのがよいです。適度な運動は自律神経を整え(アレルギーの過剰反応を抑える)、筋力が付くことによって免疫力をアップさせ、新陳代謝を活性化させて体内の解毒作用を高めてくれます。

ひばり
屋外での運動は違う効果もあるんです!
カルナ博士
ほほう、どんな効果なんじゃ?
ひばり
紫外線を浴びることで、体内にビタミンDが合成されます。ビタミンDは免疫系統を正常化させる栄養素で、不足するとアレルギーを発症させる一因にもなるのです。
カルナ博士
そうなのか!でも日焼けが心配じゃのう。
ひばり
そうですね、日焼けには十分な注意が必要ですが、週に2回、10~30分程度で十分なんです。どうですか?ウォーキング程度の時間でちょうどいいんではないでしょうか?

刺激のある食べ物・飲み物を避ける

鼻やのどの粘膜を刺激して悪化させるようなものは食べないようにしましょう。トウガラシやタバスコ、カプサイシンなどの辛み食材、その食材を使った激辛〇〇と銘打った食べ物。胡椒やスパイスが効いたスープなどなど。鼻やのどの粘膜はアレルギー症状で炎症を起こしていることを自覚して、せめて花粉症の時期だけは避けるようにしたいものです。

栄養をバランスよく摂る

栄養バランスの良い食事には普段から気を付けたいですが、花粉の時期には更にアレルギーに効く栄養素を持った食材を摂取するようにしましょう。アレルギーの抑制効果がある青魚(EPAやDHAを豊富に含むマグロ、サバなど)・レンコン(カテキン)・キクラゲや乾燥シイタケ(ビタミンD)・ヨーグルト(抗体の活動抑制)など、魚と野菜、発酵食品などを中心に栄養をまんべんなく摂るようにしましょう。

サプリを上手に活用

花粉症対策にはサプリもお勧めです。乳酸菌系や甜茶系など多くのサプリが販売されていますが、山田養蜂場の「花粉ケアEX」は「天然の抗生物質」と呼ばれている貴重な「プロポリス」が使われており、異色の存在感があります。「プロポリス」は蜂蜜とは違い、ミツバチの巣の補強や細菌・微生物などから巣を守る強力な抗菌作用があると言われています。そして、「甜茶エキス」とローヤルゼリーの基となる「花粉荷」という栄養素も配合されたサプリです。

Amazon(4,860円~税込み)や楽天(4,752円~税・送料込)でも販売されていますが、公式サイトの定期購入がお得です。送料無料・税込で4,320円で販売されています。

山田養蜂場 花粉ケアEX

アレルギー性結膜炎の疑問

花粉症との違いは?

花粉症の症状は一定の時期もしくは季節によって発症しますが、アレルギー性結膜炎は一般的には通年性の慢性的な症状になります。

 花粉症による結膜炎(季節性アレルギー性結膜炎)は植物の花粉が起因していますので、対象となる花粉が飛散しなくなれば徐々に鎮静化していきます。慢性的な通年性アレルギー性結膜炎はハウスダスト(ダニ・カビ・ほこりなど)などが起因しており、部屋の中にあるアレルゲンが原因ですので治りにくい結膜炎と言われています。​

この病気は誰かにうつる?

アレルギー性結膜炎は人には感染しません。人に感染するのはウィルス性の結膜炎です。

 ウィルス性結膜炎は充血・目やに・涙が多くなるといった症状で、多くはハンカチやタオルを介して感染します。湯船の中で顔をぬぐうのもやめた方がいいです。浴槽の中のお湯を介して感染する可能性がありますので、最後に入浴するのがいいでしょう。

アレルギー性とウィルス性の判断は医師でないと難しいので、気になったら早めに受診するようにしてください。

コンタクトしていても目薬使える?

コンタクト専用目薬以外は使えません。

 一般の目薬には防腐剤が含まれています。コンタクトを装着したまま使用していると、角膜障害(更なる充血や痛み)やレンズの変性の原因になることがありますので、使用は控えてください。​

花粉で結膜炎になるなら早めの予防

花粉症の発症と同時進行でかかってしまうアレルギー性結膜炎。花粉症発症前の初期治療によって症状の緩和に期待しましょう。発症後の治療は効果があらわれるまでに時間もかかり、自分もつらい思いをすることになります。早めに花粉症対策をしっかりしておけば鼻炎や結膜炎も軽度ですみ、いつもより快適な春を迎えることができるでしょう。

参照リンク

アレルギー性結膜炎|MSDマニュアルプロフェッショナル版
的確な花粉症の治療のために|厚生労働省

アレルギー性結膜炎疾患診療ガイドライン(第2版)|日本眼科学会

TOP