花粉症の治療法はどれを選ぶ?種類を定番から最新の方法まで解説

花粉症の治療法はどれを選ぶ?種類を定番から最新の方法まで解説

FSPgJ7Fc.jpg

今の花粉症の治療法はあなたに適したものですか?花粉症は突然発症し長年苦しむ人が大勢います。また確実な治療法がないことから色々な薬を試し、その副作用に苦しむ人もいます。もし現在花粉症でお困りなら、正しい知識を身につけてから治療に望みましょう。

シェアする

どの治療法が自分に向いているのだろう?

花粉症は1度かかると自然治癒が難しい病です。花粉症の治療として『薬物療法(内服薬・点眼薬・点鼻薬)』『レーザー治療』『手術』『免疫療法』『食事療法』が上げられます。花粉症の程度にもよりますが、自分に合った治療法を見つける事が1日も早く花粉症を治めることに繋がります。そしてマメに根気よく続ける事で徐々にですが体質が改善され症状も落ち着いてくるはずです。ここではそれぞれの治療法の効用や特性、副作用やその治療法が使用出来るかを主に記載しています。ここから自分に合う治療法を見つけてみてください。


おすすめ花粉ケアサプリメント!ラクトプランL-137

花粉症治療の定番「薬物療法」

効果を見極めて使う「内服薬」

現在、病院で処方される薬や薬局の市販薬で、花粉症で最も使われているのが抗ヒスタミン剤の内服薬です。これはアレルギーの原因であるヒスタミンの働きを遮る薬です。抗ヒスタミン剤は第1世代と第2世代に分けられます。(※第2世代は更にI類とII類に分けられます。)

【第1世代抗ヒスタミン剤の特徴と副作用】

  • 即効性がある。
  • 低価格である。
  • 脳の働きが鈍くなり集中力が落ちるため車の運転や集中力の低下、危険な作業に支障が出る。(※この副作用の事をインペアードパフォーマンスという。)
  • インペアード・パフォーマンスを避けるため市販薬ではカフェインを混入している薬剤が多い。
  • 肝臓で代謝された後、腎臓で排出される。
  • 口の渇きや胸焼けの症状が出る事がある。
  • 抗コリン作用があらわれやすい。そのため緑内障や前立腺肥大など下部尿路に閉塞性疾患のある人は服用を避ける。(※抗コリン作用とは眼圧が上がったり、尿が出にくくなる作用です。)
第1世代抗ヒスタミン薬の商品名副作用使用を控えた方がいい人
ポララミン 眠気・ふらつき・倦怠感・眼圧の上昇・排尿困難緑内障の人・前立腺肥大症の人・新生児・低出生体重児(2500g未満の赤ちゃん)
レスタミンコーワ眠気・倦怠感・口の渇き・めまい・動悸・頭痛・発疹・下痢・嘔吐・吐き気緑内障の人・前立腺肥大症の人
タベジール強い眠気・ふらつき・眼圧の上昇・排尿困難緑内障の人・前立腺肥大症の人・幽門十二指腸閉塞の人・狭窄性消化性潰瘍の人
アタラックス(P)眠気・倦怠感・口の渇き妊娠中の人(※奇形児の報告があります。)・ポルフィリン症の人
ペリアクチン眠気・倦怠感・口の渇き
緑内障の人・前立腺肥大症の人・・新生児・低出生体重児・狭窄性胃潰瘍の人・幽門十二指腸閉塞の人・衰弱している老齢者・急性気管支喘息の人

【第2世代抗ヒスタミン剤と特徴と副作用】

  • IとIIに分類され、II類はI類よりも眠気は少なく、痙攣の患者にも安全に用いる事が出来る。
  • I類は”てんかん”や”熱性のけいれん”を悪化させる場合がある。
  • 副作用が第1世代より少ない。
  • 高価格である。
第2世代抗ヒスタミン薬の商品名副作用使用を控えた方がいい人
ザジテン興奮・けいれん・麻痺・学習障害・認知機能力低下てんかんの人・幼児・乳児
サイザル居眠り・頭痛・疲労感重度の腎障害の人
アゼラスチン眠気・倦怠感・口の渇き・吐き気特になし
フェキソフェナジン眠気・腹痛・めまい・倦怠感特になし
デスラロタジン居眠り・血中コレステロールの増加・白血球数の増加特になし
ビラスチン眠気・口の渇き・頭痛特になし

【抗ヒスタミン以外の処方薬】

抗ヒスタミン薬は『鼻水・くしゃみ』の症状に用いられますが、これらの薬は鼻の粘膜が腫れた『鼻づまり』が酷い症状に用いられます。

  • 抗ロイコトリエン薬・・・ロイコトリエンはヒスタミンと同じくアレルギー反応などに関係が深い化学物質です。この働きを抑えるのが抗ロイコトリエン薬で、鼻づまりが酷い場合は抗ヒスタミンよりもこちらが処方されるようです。(併用される場合もあります。)花粉が飛散する前に飲み始め、効果が出るのには2週間以上かかります。子供にも処方されるので副作用は少ないですが、稀に腹痛・下痢・吐き気などがあります。症例は少ないですが重度の副作用で、アナフィラキシー症状や血管浮腫、肝障害などがあります。
  • ステロイド薬・・・効き目はとても良いですが副作用も多く、やめる場合は少しずつ量を減らしていく事が必要になります。
抗ヒスタミン以外の処方薬副作用使用を控えた方がいい人
プランルカスト (抗ロイコトリエン薬)発疹・腹痛・下痢・嘔吐・肝機能の異常特になし
モンテルカスト (抗ロイコトリエン薬)肝機能の異常・発疹・Al-P値上昇・LDHの増加特になし
ベタメタゾン (ステロイド薬)ムーンフェース(顔のむくみ)・体重増加・多毛緑内障の人・消化性潰瘍の人・高血圧の人・結核の人・急性心筋梗塞の人・精神疾患・真菌症患者・最近内蔵手術をした人・血栓症の人

妊婦さんは5週目までは薬物療法を避けたほうが無難です。

目のかゆみ緩和する「点眼薬」

花粉症に多い症状に目のかゆみがあります。この原因は(花粉症)アレルギー性結膜疾患です。これを改善するには花粉症の為の点眼薬を使うのがおすすめです。市販でも沢山販売されていますが、病院で処方された点眼薬が望ましいでしょう。理由は防腐剤が入っていないからです。ちなみにアレルギー性結膜疾患には大きく分けて2種類あります。

  1. 季節性アレルギー性結膜炎・・・毎年同じ時期に症状を発症する。ヒノキやスギなどの花粉をアレルゲンとするもの。
  2. 通年性アレルギー性結膜炎・・・1年を通して症状が見られる。ハウスダストやダニ、ペットなどをアレルゲンとするもの。

花粉症アレルギー性結膜疾患には、抗アレルギー薬という薬が主に用いられています。これはかゆみなどを引き起こす伝達物質が目の血管に出るのを抑える働きをします。症状が酷い場合には、副腎皮質ステロイド薬が用いられることもありまするようです。ただし、こちらは効果が高いかわりに副作用も強く出る場合もあります。よく知られているのは緑内障です。

【点眼用抗アレルギー薬の特徴と副作用】

主にヒスタミンの働きを抑えます。角膜炎や目の痛み、充血などの副作用もあります。(全ての人に起こるわけではありません。)

【点眼用副腎皮質ステロイド薬の特徴と副作用】

結膜炎や角膜炎などの炎症性疾患を改善したり、術後の眼の炎症などを抑えます。緑内障、角膜ヘルペス、角膜真菌症などの副作用もあります。(全ての人に起こるわけではありません。)

処方薬名副作用使用を控えた方がいい人
アレジオン (抗アレルギー薬)発疹・腫れ・かゆみ・吐き気・息苦しい・動悸・頻尿・血尿15歳未満の人・肝臓病の人
レボカバスチン (抗アレルギー薬)副作用は少ないが、目の刺激感・かゆみ・充血・眼痛・重度の場合はアナフィラキシー・ショック妊娠中の人・授乳中の人
パタノール (抗アレルギー薬)副作用は少ないが、かゆみ・まぶたの腫れなど特になし
オルガドロン (副腎皮質ステロイド薬)角膜真菌症・緑内障・白内障・角膜ヘルペス・感染症にかかりやすい妊娠中の人・妊娠前後の人・新生児・乳児・幼児
サンテゾーン (副腎皮質ステロイド薬)傷の治りが遅い・刺激感・充血・まぶたの腫れ・緑内障・頭痛・吐き気・白内障・視力低下結核の人・目の角膜に以上がある人

鼻をスッキリ「点鼻薬」

花粉症では目と同じく鼻にも症状が出る人が多くいます。この時、病院で処方される点鼻薬には『鼻噴霧用ステロイド薬鼻用血管収縮があります。

【鼻噴霧用ステロイド薬の特徴と副作用】

ステロイド剤は効果は強力ですが、副作用も強いとされています。ただし鼻だけに噴霧する場合、副作用は内服より軽減されるようです。

【点鼻用血管収縮薬の特徴と副作用】

鼻づまりを強力に改善しますが、耐性が出来やすいので10日ぐらいの使用に留めます。

処方薬名副作用使用を控えた方がいい人
フルナーゼ鼻への刺激痛・不快臭真菌症患者
ナゾネックス鼻への刺激痛や乾燥感、咽喉頭への刺激痛や乾燥感真菌症患者
エリザス鼻や咽喉頭への不快感真菌症患者
アラミスト鼻血真菌症患者

注目を集める「レーザー治療」

レーザー治療の特徴

副作用が少ないので、妊娠中や授乳中で投薬を避けたい方や眠気を起こしたくない方、内服薬ではいまいちな効果だった方、そして花粉が昨年より多く飛ぶ予報で内服薬だけでは不安と思う方に向いている治療法です。鼻の粘膜に弱いレーザー光を当て、焼いて凝固させることで粘膜を変化させる治療法です。治療シーズンは花粉シーズン前の11月から2月くらいが良いようです。

治療後の特に3日間ぐらいは鼻水が大量に出たり、鼻がヒリヒリしたり、鼻詰まりが酷くなったように感じますが、1週間ぐらいで効果を実感し1ヶ月すると症状が落ち着くそうです。使用レーザーは施設ごとに異なる事もありますが、現在主に使用されているレーザーを記します。

使用されるレーザーの種類と特徴

  • CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)・・・シーズン前に手術が必要・レーザー治療で使用される事が多い・高温(800℃ぐらい)のレーザー光・治療時間が20~30分
  • 半導体レーザー(光融合型レーザー)・・・シーズン中も手術が可能・取扱いの病院が少ない・低温(60℃)のレーザー光・治療時間が5~10分
  • ラジオ派凝固術・・・他のレーザー治療で効果を感じられない場合に行う・1度で効果を感じる・たまに局所注射麻酔でショックが出たり、粘膜や骨壊死がおきた症例もありその治療に2ヶ月は要する。

当たり前のことですが、治療前の検査やアフターケアがしっかりしている事、十分な知識と治療環境が整っている施設を選ぶことが大事です。

治療法と効果

先ず、麻酔を鼻の粘膜に塗り、同じく麻酔薬が染み込んだガーゼを鼻に詰め15分程待ちます。その後、痛みの感覚がない鼻の中に麻酔注射を打ちます。その後レーザー治療を施しますが、1~10分程度で終了します。レーザーの種類は施設によって違う事もありますが、『炭酸ガスレーザー』だと水分に吸収されやすく色にも左右されにくいので、粘膜表面の出血を抑えられ適しているとされています。

レーザー治療の効果は半年で無くなる人もいれば、5年ほど続いた人もおり、平均的には1~2年と言われています。個人差がありますが、レーザー治療だけでは症状が収まらない場合には同時に内服薬などの併用もすることになります。

費用

レーザー治療は保険適用されており、初診時は検査代の2,500~4,500円程度で、手術時は9,000円程度(3割負担の場合)となります。違う病院で過去に検査を受けている場合、検査代金を抑える事も出来ます。

医師と慎重な相談が必要な「手術」

メスを入れる事は正常な部分にも多少なりとも傷をつける事になります。後日何かの後遺症や問題が出る可能性も0ではありません。信頼出来る病院を数軒比べて判断する事も自分の身体を守る事になります。どうしても必要な場合によく考えてから望んでください。

後鼻神経凍結術

この手術は鼻の神経や粘膜を切ることなく、後鼻神経を低温(-70度)で冷やして変性させる手術です。 主に難治性患者を対象としていますが、安定期の妊婦さんや幼児も可能な手術ですが、再発の可能性もあります。鼻片方で2,000~4,000円ほどです。

【メリット】・・・切ることなく手術するため術後の腫れがほとんど無く安全・短時間で済み日帰りで手術可能・安価なので手軽に試せる

【デメリット】・・・再発する可能性がある

後鼻神経切断手術

Vidian神経切断術の改善した手術方法で鼻づまりの症状が酷い場合に行われます。涙線につながる神経を温存でき、くしゃみにも効果があるようです。術後6ヶ月での効果は92%と報告されています。入院費込で約20万ぐらいですが、所得によっては高額治療費制度を利用出来るので10万以下で済む人もいます。 術後に眠気などの症状があるため2日は安静にする事が必要です。

【メリット】・・・長い治療期間の薬物療法よりトータルで見ると経済的・重症なアレルギー患者にも効果がある・副作用がほぼ無い

【デメリット】・・・入院が必要(1週間前後)・歯のしびれ

鼻茸切除術

鼻茸とは鼻ポリープとも呼ばれ、鼻の中にクラゲのような柔い塊が鼻腔内にぶらさがる病気で、炎症性やアレルギー性が原因とされています。軽度の症状なら投薬と通院ですが、重度になると切除術をします。主な症状は鼻づまりが主体ですが、一度できた鼻茸は大きくなっていく事もあり、鼻炎治療で一旦小さくしても完全には抑えられないので、この手術で取り除きます。手術中の出血を抑えるため、外来通院である程度鼻茸を小さくした後に切除します。日帰り手術で3~6万円くらいです。

【メリット】・・・日帰り手術も可能・内服薬より効果的

【デメリット】・・・症状が酷い場合は入院手術が必要

下甲介粘膜焼灼術

アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)に対して行う治療で、アルゴンプラズマ凝固法(APC)と言われている手術になります。鼻の粘膜の中を、高周波の電気で焼くことで反応を鈍らせます。レーザー治療に近いイメージですが、レーザーよりも同等以上の効果があるとされています。 強い鼻詰まり、くしゃみ、鼻水に効果的で鼻の下鼻甲介粘膜の部分がアレルギーを引き起こしている場合にこの手術を行います。両側約10分ほどで、花粉症のシーズン前(遅くとも1月中)に受けます。

保険適応で3割負担 約5,000円~、1割負担 約3,000円~ぐらいです。妊娠中の人(妊娠時期にもよる)・心臓にペースメーカーがある人・血液をサラサラにする薬を内服中の人や血液凝固能に問題がある人・花粉飛散シーズン中・重度の鼻中隔わん曲症の人(片側のみとなることもあります)

【メリット】・・・短時間の手術・痛みが少ない・合併症が少ない・費用負担が少ない

【デメリット】・・・根治ではない

下鼻甲介化学剤手術

この手術は鼻に麻酔をかけ、トリクロール酢酸水溶液を鼻腔の”下甲介(かこうかい)”部分に塗布するだけです。この酸が粘膜の質を変化させるそうで5年程効果が持続するそうです。費用は両鼻で2,000円程。

【メリット】・・・日帰りで手術が可能・副作用がない・安価なので手軽に試せる

【デメリット】・・・根治ではない

粘膜下下鼻甲介骨切除術

鼻腔の粘膜の腫れが慢性化したり鼻詰まりが酷い人が行う手術です。鼻中隔湾曲症によって広くなった鼻腔にアレルギー症状のもととなる異物(アレルゲン)が入りアレルギー性鼻炎を繰り返して悪化する人にも有効で曲がった鼻の隔軟骨を切除し、まっすぐな部分だけに整えます。リスクとして鼻が凹む可能性もあります。費用は保険適用で合計でおおよそ5~6万くらいです。日帰りも可能な病院もありますが、1泊2日程度の入院をした方が安心です。

【メリット】・・・術後1年の効果で、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが解消率が高い。

【デメリット】・・・入院が必要(1週間前後)・術後に鼻水の分泌量が低下したり鼻が乾く

Vidian神経切断術

この手術は重度の鼻水に効果があり、鼻の分泌である鼻線に繫がる大錐体神経という神経を切断する方法です。鼻水の80%を抑えることができますが、鼻づまりには効果が低いそうです。費用は保険適用で他の治療も行った場合でおおよそ25万くらいですが、年齢や所得によっては高額療養費制度が適用されるので割安になる可能性もあります。

【メリット】・・・副作用が無い・小児や乳幼児にも可能

【デメリット】・・・入院手術が必要な場合が多い・ドライアイの可能性・再発の可能性もあり

花粉症の根本治療に「免疫療法」

アレルギーの原因となる物を少しずつ与え、抵抗力をつける治療法を『免疫療法』と言います。免疫療法には2つあります。

舌下免疫療法

2014年10月から開始されたスギ花粉のために行われる治療で、医師の処方箋が必要なので定期的な通院が必要なので薬局では購入が出来ません。アゴの左右にあるアレルギー反応に関するリンパ線に効果を届かせるため、舌にアレルギーのもとを落とし2分間程待ってから飲み込みます。2回目からは自宅で処置が可能ですので続けやすい方法ですが、2~5年の継続治療が必要となってきます。

体質改善を目的としているので即効性はありませんが、3年目ぐらいから効果を感じる人が多いようです。この治療法の期間中は免疫に関係するステロイドを含んだ内服薬は控え、花粉が飛散する3ヶ月前から治療を始めるのが良いとされています。

【舌下免疫療法の副作用】

  • 唇・口内・舌の腫れやかゆみ
  • 喉のかゆみ
  • 耳のかゆみ
  • 腹痛・嘔吐・下痢

【舌下免疫療法を受けられない人】

  • スギ花粉症でない人
  • 全身ステロイド剤を投与している人
  • 抗がん剤を投与している人
  • 気管支喘息の人
  • 薬の服用を毎日継続できない人
  • 継続的に通院出来ない人
  • 12歳未満の人

皮下免疫療法

季節性アレルギー鼻炎の花粉症だけでなく、ハウスダストやダニアレルギーなどの通年性アレルギー鼻炎にも効果がある注射による免疫療法です。くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみや充血、皮膚炎などを改善します。月に1度または1週間に1度は上腕に注射が必要なため、忙しい人には大変かもしれませんが、この療法は80%以上の人に効果があるとされたデーターもあります。薬代は保険適用されており、投与量にもよりますが、1回につき500~1,000円ほどになっています。

【皮下免疫療法の副作用】

  • 注射した上腕のかゆみや腫れ
  • 蕁麻疹
  • 腹痛・下痢・嘔吐
  • ごくまれに『アナフィラキシー』という重度の副作用が報告されていますので、万が一の場合はすぐに救急車を呼んでください。(※『アナフィラキシー』は、呼吸困難・全身に蕁麻疹・酷い吐き気や嘔吐・不整脈・血圧低下など)

【皮下免疫療法を受けられない人】

  • 5歳未満の人
  • 妊娠中の人
  • 自己免疫疾患または合併症のある人
  • 悪性腫瘍の人
  • 重度の気管支喘息の人
  • 継続的に通院出来ない人

花粉症の仕組みを知って対策

花粉症のメカニズム

病原菌など身体に悪い働きをする原因を『抗原』と言い、アレルギーの原因となる抗原物質を『アレルゲン』と呼びます。健康な身体の場合には外部から抗原が侵入してきた時『抗体(免疫のもと)』で抵抗します。しかしアレルギー性疾患の人は、本来害ではない花粉も害のある異物だと抗体が勘違いし、必要以上に免疫を上げ抵抗しようとします。この過剰な免疫力が身体に花粉症アレルギーとして障害を起こしているのです。

自宅での花粉回避方法

花粉症と診断されたら以下の事を先ず気をつけましょう。これだけでもだいぶ差が出るはずです。

  • 床は水拭きをして部屋の掃除をマメに行う。
  • 部屋は程よく加湿させる。
  • 花粉が沢山飛散している日は洗濯物を外に干さない。
  • 帰宅時には服についた花粉を落としてから家に上がる。
  • 帰宅したら手洗いやうがい、洗顔をする。
  • しっかりと休む。
  • 花粉情報を把握しておく。
  • 鼻のまわりを温める
  • しっかり湯船につかる

外出中の花粉回避方法

花粉の多い時間帯は昼前後夕方です。この時間に外を歩く場合には以下の事を試してみてください。

  • 花粉症用のマスクやメガネ(出来ればゴーグル)をかける。
  • 花粉症対策のツルツルの上着を着たり、帽子をかぶる。(花粉は髪につきやすいです。)
  • 強風の晴れの日の昼間の外出は避ける。

食事・サプリで花粉症を緩和

花粉症の症状を緩和するためには食生活にも気を配りたいものです。ここでは”ヒスタミンを抑える食材”と“ヒスタミンを多く含む食べ物”での食事療法と効果的なサプリを記載します。

【ヒスタミンを抑える食材】・・・積極的に摂取する事で花粉症を軽減し、体質を改善していきます。

ブロッコリー/キャベツ/小松菜/キノコ類/いちご/レモン/オレンジ/ブドウ/ブルーベリー/ヨーグルト/納豆/海藻/緑茶/紅茶/甜茶/グァバ茶

【ヒスタミンを多く含む食べ物】・・・なるべく控える事で花粉症の症状を悪化させないようにします。

サバ/イワシ/マグロ/さんま/鮭/タラ/魚の缶詰/タコ/エビ/イカ/あさり/アンチョビ/豚肉/サラミ/卵白/たけのこ/トマト/さといも/ナス/ほうれん草/ココア/コーヒー/ビール/チョコレート/お餅

花粉ケアEX [120粒/ビン入]

山田養蜂場 税込4,860円(通常価格) 税込4,320円(定期購入の場合)

日常の食材以外にもサプリメントで摂るのが効率的です。ミツバチが集めた花粉荷やヒスタミンを抑える甜茶などから作られています。季節の変わり目や環境の変化に敏感な方に向けて開発された商品で、原料は自然由来の成分なので副作用もなく安心です。1日4粒が目安になります。(※全ての人に副作用が0ではありません。)

【成分】

  • 花粉荷:7.5mg
  • 甜茶エキス:600mg
  • プロポリスエキス末:225mg

山田養蜂場 花粉ケアEX

ラクトプランL-137

ハウス食品 税込3,086円(通常価格) 税込2100円(初回お試し限定) / 税込1544円(定期購入初回限定) 定期2回目以降からは税込2,932円

生きたままの乳酸菌L-137を腸に届けます。この乳酸菌の特性として加熱によって守る力がアップする事があげられます。そのため温かい体内でも維持が可能なようです。大腸を整える事で免疫力を上げる効果が期待出来ます。10mg1日3粒が目安になります。(※全ての人に副作用が0ではありません。)

【主成分】

乳酸菌加熱菌体(HK L-137) 

ハウス食品 ラクトプランL-137

自分に合った治療法で花粉症から解放

花粉症は軽症で治まる人もいれば手術治療が必要な重症の人までいます。軽症ならば食事療法やサプリメントなどで少しづずつ体質を変えていくのが、1番安心して行える基本の治療法だと思います。それでも足りない場合は優しい処方の内服薬を併用するのが良いでしょう。もし仕事や生活に支障が出ている場合には手術も検討してみてはいかがでしょうか? ただし生活リズムを整える事が免疫力を上げて体質を改善する事に繋がりますので、どの治療法を選んでも基本の生活態度を注意してください。


おすすめ花粉ケアサプリメント!ラクトプランL-137

参照リンク

厚生労働省|的確な花粉症の治療のために

岩野耳鼻咽喉科サージセンター|花粉症対策について

MSDマニュアルプロフェッショナル版|アレルギー性鼻炎