汗をかく6つの病気に注意せよ!異常な量の汗は多汗症の可能性も!?

汗をかく6つの病気に注意せよ!異常な量の汗は多汗症の可能性も!?

uiGrIHZr.jpg

「汗をかく」という病気があるのをご存知ですか?汗は体温調節を行う重要な働きを持っています。通常であれば汗をかくのは悪い事ではありません、しかしその量が異常なほど多いと感じている人は、ちょっと立ち止まって病気についてチェックしてみませんか

シェアする

暑くないのに異常に汗が出る病気

通常人は暑いと感じたときに体温調節のために汗をかきます。汗の水分が皮膚上で蒸発し、熱が奪われて体温を一定に保ちます。しかしこの汗が「病気のサイン」になっていることもあるのです。屋外や室内が暑くないという状況下でもなぜか汗が出る、汗が止まらないなどと感じている人は、その汗の裏に病気が隠れているかもしれません。たかが汗と見過ごさずに、気になる体の症状をチェックしておきましょう。

病気が潜む可能性がある6つの汗

汗と体の不調:自律神経失調症

暑いわけではないのに異常な汗を感じたら、まず最初に疑うべき病気は「自律神経失調症」です。自律神経は活動時や緊張時に働く交感神経とリラックス時に働く副交感神経があります。通常はこの2つの神経がバランスを保ちながら、私達の環境や健康に関わっています。

自律神経は自分の意志でコントロールできるものではないのです。心臓を動かしたり、消化をすすめたりと内臓や血管の働きを指示しているのです。汗もまた交感神経によって、全身のエクリン腺からの発汗をコントロールされています。

自律神経失調症とは

交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、体に誤った指示を出してしまうものです。とくに交感神経が優位に働くことが多いようです。暑くないのに汗が出るというのも、交感神経の誤作動が原因なのです。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症は汗の他にも、色々な症状が見られます。全身の器官に指示を出しているので、バランスを崩すと、全身の機能に支障をきたしてしまうのです。主なものを見ていきましょう。

主な身体的症状主な精神的症状
疲労感や怠惰感
めまい
不眠
耳鳴り
動悸
頭痛
多汗
微熱
手足のしびれ
喉の乾き
残尿感
イライラ感
不安感
疎外感
落ち込み
やる気が出ない
うつ的な気持ち
焦燥感
人に会いたくない
気分の起伏が大きい

自律神経失調症の原因

原因も人それぞれ違うようで、一概には言えず複数の要因が重なって起きることも少なくありません。主なものを見ていきましょう。

  • 夜更かしや不規則な生活パターンなどの生活リズムの乱れ
  • 転勤や引っ越し、進級などの環境の変化
  • 人間関係などの社会的ストレス
  • 騒音や暑さ、寒さなどの環境的ストレス
  • ホルモンバランスの変化
  • 生まれつき自律神経が過敏な体質
カルナ博士
昔に比べ、スマートフォンなどが普及したのも自律神経を乱す要因になっておるようじゃ。寝る前に画面を見ていることで交感神経が働いてしまい、質のいい睡眠がとれんのじゃ

 自律神経失調症の治療

自律神経失調症の治療の方法

  • 生活習慣の見直しの指導
  • カウンセリングなどの心療治療
  • 整体やマッサージなどによる理学療法
  • 音楽療法 
  • 自立訓練法

色々な症状が出る病気なだけに、その治療方法も多岐にわたります。多くの人は最初に身体に現れた症状に合わせ対処療法をおこないます。

頭痛や胃もたれ、腹痛などに対しては鎮痛剤などの薬を処方したり、漢方薬で体質を改善させます。またうつ的な症状には「抗うつ剤」「抗不安剤」などが使用されるようです。

ひばり
対処療法は、自律神経失調症をもとから改善するものではないのです。元からしっかり治すには、時間をかけて治療していくことになるのです。

自律神経失調症を大元から改善するために大きな要因は「生活習慣の見直し」です。食事や睡眠を規則正しくとれるよう、ストレスを減らす生活パターンなどの指導を受けます。

音楽を聞いたり、カウンセリングを受けたり、マッサージをしたり心と体の両方から治療をすすめていきます。中でも注目されている治療方法が「自立訓練法」です。

自立訓練法とはどんなものですか?

ドイツの精神科医によって広められた「自己催眠法」です。リラックスできる環境や姿勢をとることで、疲労回復効果や精神的苦痛の緩和などが得られます。

自己暗示をかけることで自分の緊張をほぐして、過敏になっている交感神経の働きを弱め、副交感神経の働きを強くしていきます。体をリラックスさせて暗示をかけていくものです。

カルナ博士
自律神経が乱れ交感神経が過敏に活動することで、暑くもないのに汗をかいてしまうんじゃな。汗は確かに自分ではコントロールできんのう。

 ホットフラッシュ汗:更年期障害

突然大量の汗をかくようになったら更年期障害の一つ「ホットフラッシュ」が原因かもしれません。女性は閉経をむかえる前後10年ほどを更年期と呼び、色々な症状が体に起こってきます。ホットフラッシュもその一つです。

更年期障害とは

女性は閉経の前後10年ほどは、女性ホルモンの一つ「エストロゲン」の分泌が減少してしまいます。このエストロゲンは、自律神経とも深い関係にありどちらかがバランスを乱すと両方のバランスが乱れるのです。

更年期障害の症状

ホルモンバランスが崩れる更年期障害もまた、多くの症状を引き起こします。代表的なものを見ていきましょう。

  • 頭痛
  • めまい
  • 肩こり
  • 冷え
  • 動悸
  • ホットフラッシュ
  • イライラ
  • 疲労感や怠惰感
  • 気分の浮き沈み

この中でも大量の汗をかくホットフラッシュは8割強の方が経験するものと言われています。その汗のかき方にも3つのパターンがあるようです。

  1. 前触れもなく首や背中、胸、頭など上半身から大量の汗が出る
  2. 顔が急にかぁぁとあつくなる
  3. のぼせたような状態になり、めまいを感じる

更年期障害の原因

一言でいえば「エストロゲンの減少」が原因です。エストロゲンは排卵と月経を起こすもので、妊娠に必要な子宮の環境を整える(内膜を厚くするなど)ものです。

加齢とともに卵巣の機能が低下しエストロゲンの分泌量が減るのは、残念ながら避けることは出来ません。このことでホルモンバランスが崩れ自律神経も乱れてしまうのです。

男性に更年期障害はないのでしょうか?

あります。男性のホルモン(テストステロン)の低下で起こります。突然の汗やのぼせ、そしてほてりは男性更年期の始まりと言われています。

 男性の場合、ホルモン低下が女性と比べて緩やかに下降するようです。そのため自分でも気が付かないまま更年期障害を発症している人が多いと言われています。

更年期障害の治療

  1. ホルモン補充療法(HRT)によってエストロゲンを補充する。ホットフラッシュに効果的です。
  2. うつなどの精神症状が出ている場合は抗うつ剤や抗不安剤などを使用します
  3. 漢方薬の使用で症状を和らげます
ひばり
私が調べたところによると、更年期障害の治療は一部の漢方以外は健康保険が適用されるようです。

 発汗や体重増減や尿異常:糖尿病

もし体の一部だけが異常に汗をかくと感じていたら糖尿病の合併症「糖尿病性神経障害」の可能性があります。糖尿病は合併症をおこしやすい病気で「糖尿病性神経障害」「糖尿病性網膜症」「糖尿病性腎症」は糖尿病の3大合併症と言われています。

糖尿病(糖尿病性神経障害)とは

糖尿病は、血糖値(血液の中の糖分)が高くなる病気です。健康な人の場合は空腹時の血糖値は80~110mg/dLで、食後ブドウ糖が血液の中に入ることで140mg/dL位まで上昇します。これよりも高い血糖値が続く場合、糖尿病と呼ばれます。

高血糖の状態が続くことで、全身に張り巡らされている神経もダメージを受けてしまいます。それが糖尿病性神経障害というわけです。

カルナ博士
一説では「ソルビトール」という障害を起こす物質が神経細胞に蓄積するのが原因とされておるが、はっきりとした原因は解明されていないようじゃの

糖尿病の原因 

糖尿病は2種類に分けることができます。それぞれの原因を見ていきましょう

Ⅰ型糖尿病Ⅱ型糖尿病
状態すい臓がインスリンをほとんどつくらない
すい臓がインスリンを全くつくらない
体中のインスリンの不足
インスリン不足
ブドウ糖がうまく取り入れられない
原因自己免疫疾患
内臓脂肪の増加
運動不足
肥満
加齢
食生活の乱れ

インスリン

糖尿病というと「インスリン」という言葉をよく聞きますが、ンスリンはすい臓でつくられ糖分をエネルギーに変える力を持っているものです。

糖尿病性神経障害の症状

糖尿病は初期の段階では痛みもなく、発見するのが難しいものと言えます。何となく見逃してしまう初期の症状をあげてみました

  • 喉が渇く
  • 頻尿
  • 尿が泡立つ(タンパク尿)
  • 食後でも空腹感を感じる
  • 食後に眠くなる

さらに糖尿病性神経障害を合併することで症状が悪化します。体のどの神経がダメージを受けたかでその症状が違ってくるようです。

知覚神経や運動神経の障害自律神経障害末梢神経障害
しびれ
冷感
神経痛
こむら返り
感覚麻痺など
発汗異常
立ちくらみ
便秘や下痢
尿意がないなど
顔面麻痺
手足の感覚麻痺
聴神経の麻痺など

糖尿病の治療

  • 食事療法
  • 運動療法
  • 薬物療法(インスリンの分泌を促進する薬など)

糖尿病性神経障害を治していくには糖尿病そのものを治療していく必要があります。

発汗と甲状腺の腫れ:バセドウ病

甲状腺機能亢進症とも呼ばれるバセドウ病でもかなりの汗をかき、化粧もままならいという方が多くいます。バセドウ病は女性に多く発症するもので、1840年にドイツ人医師のカール・アドルフ・フォン・バセドウ医師がこの病気を発表したのでバセドウ病と名がつけられました。

バセドウ病とは

体内で甲状腺ホルモン分泌が過剰につくられて、新陳代謝が異常に上がってしまうものです。いわゆる自己免疫疾患と言えます。

ちなみに甲状腺は、のどぼとけの下側に存在するもので食物に含まれるヨウ素を原料に甲状腺ホルモン(臓器や細胞の新陳代謝を活発にするホルモン)を産生している臓器です。

バセドウ病の原因

自分の甲状腺を異物と誤判断し、甲状腺で自己抗体(自らを守ろうとする)が作られてしまいます。通常は脳下垂体からの指示で適正に作られる甲状腺ホルモンが、脳下垂体からの指示が無くても勝手に作り出されてしまうのです。

しかし自己抗体がなぜ作られるのか、まだ解明されていないようです。

バセドウ病の症状

  • 甲状腺の肥大
  • 息切れ
  • 動悸
  • 下痢
  • 多汗
  • 食欲増進
  • イライラ
  • 眼球突出
  • 不眠
  • 月経異常など
ひばり
バセドウ病では全身の代謝が異常に高くなり、カロリーを消費し続けるので体重の減少、そして汗をかきやすくなると言われています

バセドウ病の治療

一般的に使用されているのは、甲状腺ホルモンの産生を抑える抗甲状腺薬です。しかし1年から数年間飲みづつけることになるようです。そのほかの治療法と共にメリットやデメリットを見ていきましょう。

治療法メリットデメリット
抗甲状腺薬
(甲状腺ホルモンの産生を抑える)
薬を飲むだけ副作用が出ることがある
長期の治療
再発が多い
アイソトープ治療
(甲状腺を内部から破壊)
カプセルを1回飲むだけ
副作用がほとんどない
再発が少ない
受けられる施設が少ない
甲状腺機能が低下する可能性がる
手術
(一部を残し切除)
確実な治療効果
再発が少ない
手術の跡が残る
甲状腺機能が低下する可能性がる

おしっこ臭い汗:肝臓の病気

もしも汗におしっこの臭いを感じたら「腎機能障害・肝機能障害」の可能性があります。まずはこれらの障害がどのようなものか見ていきましょう。

腎機能障害の症状

腎臓の機能が60%以下になると「慢性腎臓病」と呼ばれるようになります。初期の段階で症状はありませんが、重症化すると「腎不全」と呼ばれ、本来の働きである血中の老廃物が排泄することができなくなります。その他みられる症状は下記の通りです。

  • むくみ
  • 怠惰感
  • 多尿
  • 尿の泡立ち
  • 疲労感

汗と尿に関して注目してみると……

  1. 初期の段階(腎臓の機能が低下)では、汗が異常に出る尿を濃縮できなくなり尿量が多くなる
  2. 腎臓病がすすむと、尿をつくることができなくなり尿量が減る。汗もかきにくくなり、血中アンモニア濃度が上昇し意識不明になる
  3. 腎不全などになるとアンモニアが毛細血管から再び吸収されてしまい、尿や汗によって排出されずに体中を回る尿毒症になる

肝機能障害の症状

肝機能障害は色々な種類があります。症状の軽いものから重いものへその状態が変化していくのです。

種類状態
脂肪肝日常的に過剰な脂肪を摂取することで肝臓内の脂肪が増える
肝炎ウイルス性肝炎
脂肪肝が悪化したもの
肝硬変肝炎が進行した末期症状
肝臓が小さく硬くなる
アンモニアが上手く処理できない
肝臓がんウイルス性肝炎から進行したもの
他の器官のがんから転移したもの

また初期では症状が現れず「沈黙の臓器」とも呼ばれています。下記の症状が出るのは障害が進んだ時と言えるでしょう。

  • 倦怠感
  • 吐き気
  • 黄疸
  • 疲労感
  • 食欲不振
  • むくみ
  • 腹水
ひばり
このように「腎不全」「肝硬変」まで症状が進むと、アンモニア(毒素)が処理されずに体中を回ってしまいます。このため汗と共に排出され、汗におしっこの臭いが混じってしまうのです。

なぜ血液中に流れたアンモニアが汗に混じって出てくるのですか?

汗は血液から作られています。血管から血しょう(血液の液体成分)が汗腺に送られます。必要な成分は血管に戻され残りの水分を皮膚から排出するのが、汗なのです。


 めまいや喉が渇く:熱中症

高温多湿な場所にいたり、直射日光を長く浴びていて大量の汗をかいたときは「熱中症」に気をつけましょう。夏場に増える熱中症ですが、気を付けているつもりでもあっという間に重症化し搬送される人が後をたちません。熱中症のサインを見逃さないようにしたいものです。

熱中症とは

熱失神(日射病)、熱けいれん、熱疲労、熱射病の4つに分類されるもので、大量の汗をかいているにも関わらず水分、塩分を補給しなかったり、日陰などの涼しい場所で休憩をとれないなどが原因で起きるものです。

熱中症の原因

熱中症は環境、身体的要素、行動の3つの要因が重複し起こると言われています。体内に熱がこもり、急激に多量の汗をかき体内の水分や塩分が失われ脱水症状を起こしたりします。

環境身体行動
気温が高い
湿度が高い
日差しが強い
風通しが悪い
体調不良
高齢
乳幼児
糖尿病
肥満
運動不足
激しい運動
炎天下に長くいる
水分補給をしない

熱中症の症状

熱失神(日射病)

  • めまい
  • 一過性の意識障害
  • 大量の汗

熱けいれん

  • 筋肉痛
  • 手足のけいれん
  • 足がつる
  • 大量の汗

熱疲労

  • 怠惰感
  • 疲労感
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 頭痛
  • 大量の汗

熱射病

  • 40℃以上の体温上昇
  • 発汗停止
  • 意識障害
  • 手足の運動障害
  • 臓器の障害

熱中症の対応

まずは風通しが良い木陰など涼しい場所に移動しましょう。横になり衣服をゆるめます。その後冷たいタオルやペットボトルなどを首筋や脇の下、太ももの付け根にあて体を冷やします。

水分補給を行う際は、塩分を含んだ水分を補給しましょう。しかし自分で飲めない場合は無理の飲ませようとせず、速やかに医療機関へ搬送し点滴をおこなってもらいます。

カルナ博士
すでに意識がない、朦朧としている、呼びかけに答えないなどの時は速やかに搬送してもらうんじゃぞ。大切なことは何よりも予防することじゃ。水分補給をしっかりと行い、炎天下を避けるなど気を付けるんじゃぞ

汗は水分、塩分、ミネラルも奪います。そこに水分だけを補給すると血液中の塩分やミネラルの濃度が下がり熱中症の症状が悪化することもあるので、水1リットルに対して食塩を1~2gいれて飲むのが効果的です。

これらの病気を感じたとき、一体何かを受けるべきなのでしょうか

​病名​主な診療科
​自律神経失調症​​心療内科
精神科​
​更年期障害​​婦人科​
​糖尿病​​内科
内分泌代謝内科​
糖尿病内科​
バセドウ病​​​内分泌科
内科​
​肝臓障害​​消化器内科​
腎臓障害​​​腎臓内科
泌尿器科​
​熱中症内科
救急外来​​

病気ではない安心の汗

暑さや運動後にかく汗

汗を出す汗腺は2つ存在します。汗の99%を出す汗腺はエクリン腺で体全体に見られるものです。もう一つは毛穴と連結しているアポクリン腺で、思春期に急に発達するものです。ホルモンや脂肪分などを含み体臭となります。

エクリン線からの汗は自律神経と深くかかわっていると言われています。

体温調節機能

自律神経の働きの一つ、体温調節を汗はになっています。気温の上昇、運動、発熱などで体温が高くなると汗を出し、肌で水分を蒸発させることで熱を発散し体温を一定に保っています。

好きな子の前で急に出る汗

好きなこの前に立った時、急に汗が出たという経験はありませんか?この汗は体温調節とは関係ないものです。

精神的発汗

好きな子を前にして興奮状態になると、体は交感神経が活発になります。汗腺の活動も活発になり汗が出てしまいます。

カルナ博士
とくにエクリン腺の多い、手のひらなどが汗ばむんじゃの。わしも初デートの時は手が汗でびしょびしょだったわい。懐かしいの

 重大な場面で緊張して汗をかく

緊張による発汗も精神的発汗の一つです。交感神経が過敏になる原因は……

  • ストレス
  • 不安
  • 緊張
  • 不安
  • 興奮

などがあります。仕事などの重大な場面で、汗が出るというのは人の自然の摂理と言えるでしょう。このほかにも辛いものや酸味が強いものを食べたときに汗が出ます。これは「味覚性発汗」という生理現象​で心配はいりません。しかし交感神経の働きによって出る汗でも尋常じゃないほどの汗が出る場合は「多汗症」と呼ばれる症状かもしれません。

異常な汗をかいたら何科を受診?​

もしも体温調節機能や精神的発汗、味覚性発汗で異常な汗を感じていたら、多汗症を疑い「皮膚科」を受診してみましょう。

多汗症は年々増えている病気と言われています。しかし体質だから仕方がないと思いこみ受診しない人も多いようです。近年では多汗症の症状を軽くできる治療も開発されているようです。

多汗症の治療を行っているか事前に確認

多汗症専門外来発汗異常外来​​といったように専門的に治療を行える医療機関もあります。もし一般的な皮膚科を受診する場合は、事前に多汗症の治療を行っているか確認したほうがいいようです。

その際保険が適応されるのか、どのような治療方法をおこなえるのか確認しておきましょう。

ひばり
もし、多汗症の裏にほかの病気が隠れていても皮膚科を受診することで、原因を追究し何科で検査、治療を受けるべきか教えてもらえるはずです。

汗かきと多汗症の見分け方​ 

自分は汗かきだと思っている人もいるのではないでしょうか?汗かきと多汗症のボーダーラインはどこにあるのでしょう?​汗かきの定義というものは特にありません。多汗症でなくても、目立つところに汗が出ていれば「あの人は汗かきだ」と言われるかもしれません。

多汗症と呼ばれる診断基準がどこにあるのかの​日本皮膚科学会のガイドライン​を参考にチェックしていきましょう

多汗症の診断基準

  • ①初の症状が25歳以下である
  • ②両側「対称性」の汗がでる
  • ③睡眠中は発汗が止まる
  • ④週に1回以上多汗のエピソードがある
  • ⑤家族血縁者に多汗症の人がいる
  • ⑥汗のせいで日常生活に支障が出る

上記の項目のうち2つが当てはまり、さらに「過剰な発汗が6カ月以上続いている」​という方は多汗症と判断されます。

多汗症は全身性と局部性の2種類​

多汗症と言っても汗の出かたによって全身性多汗症​と局部性多汗症の2種類に分けることができます。

全身性多汗症の特徴​

全身多汗症は、その名の通り全身に多量の汗をかくものです。遺伝からくるものとも言われたり、上記で紹介したような「​自律神経失調症​」「​更年期障害​​」「糖尿病​」「バセドウ病​​​」などが原因とも言われ、はっきりとした原因は解明されていないようです。

カルナ博士
全身多汗症の割合は少なく全体の1割程度と言われておるんじゃ。9割を占めるのがこれから紹介する局所多汗症というわけじゃの

局部性多汗症の特徴​ 

局所性多汗症は、体の特定の場所に集中して汗をかくものです。​汗をかく場所は一ヵ所のみというわけでもなく、手のひら、脇の下、足の裏など数か所に及ぶことが多いようです。

汗をかきやすい場所は、汗腺が多い手の平や顔、脇の下、足の裏などです。

汗腺について

汗を語るうえで重要な「汗腺」を少し詳しく見ていきましょう。汗腺はエクリン汗腺​とアポクリン汗腺​があります。アポクリン汗腺​は主に情緒刺激で発汗し、ホルモンや脂肪分などを含む汗を出すものです。数も少なく脇の下、乳輪、外陰部​、へそ周り、乳輪などに存在します。

エクリン汗腺​

多汗症で注目していきたいのは全身に分布するエクリン汗腺​です。

​エクリン汗腺​
​総数​約300~500万個​
​能動汗腺数​​平均230万個​
​​能動汗腺数​​が多い場所
足の裏
手のひら
​​​能動汗腺数​​が​少ない場所​前胸部
背部
腹部
臀部
​主な発汗の種類体温調節性発汗​
精神性発汗
味覚性発汗

さらに局部性多汗は5種類に分かれる​

多汗症の9割を占める局部性多汗症ですが、その症状からさらに5種類に分けられています。

手のひらの汗:手掌多汗症​

手掌多汗症​(しゅしょうたかんしょう)は手の平に大量の汗をかくもので、触れたものがべたついたり手の後がついたりします。人と手をつなぐのをためらってしまうものです。
また、多くの場合足の裏の発汗を伴うので「手掌足蹠多汗症」(しゅしょうそくしょたかんしょう)と呼ばれることもあるようです。​

足の裏の汗:足蹠多汗症

足蹠多汗症​(そくしょたかんしょう)は足の裏に異常な汗をかくものです。靴下がムレて臭いが気になったり、雑菌が増えやすいので水虫になる人も多いようです。

脇の下の汗:腋窩多汗症​

腋窩多汗症​(えきかたかんしょう)は脇の下に多量の汗をかくものです。局部性多汗​の中で最も割合が多く、左右対称に発汗し片方だけが発汗するということはないようです。

比較的男性に多く「アポクリン腺」から出る汗​と混じり、ワキガを併発してしまう人も多くいます。

頭に汗:頭部多汗症​

頭部多汗症​(とうぶたかんしょう)​は頭に異常な汗をかくもので、髪の毛がぐっしょりと濡れてしまったり、頭から汗がダラダラ流れてきたり隠すことが困難で精神的にストレスを抱えてしまうものです。

また頭がムレて雑菌が繁殖しやすい為、臭いが気になる場合もあります。

顔面に汗:顔面多汗症​

顔面多汗症​(がんめんたかんしょう)は暑くもないのに額に汗がでたり、顔に異常なほどの汗をかきポタポタと流れるものです。女性の場合は化粧が出来ないといった悩みにつながってしまいます。

顔面多汗症​の多くは味覚性発汗​

味覚性発汗は刺激物を食べたときに起こるものですが、味覚性多汗症の場合はその汗が大量に出てしまいます。症状としては……

  • ​刺激物を食べたときの汗が異常に多い、止まらない
  • 刺激物以外、何を食べても汗が出る、止まらない
カルナ博士
食べて汗をかくのは悪いことじゃなかろう。多少汗が多いからと言って問題になることかの?
ひばり
博士はそう思うかもしれないけど、多くの人は「食べたら多量の汗が出る、恥ずかしい」「人と食事をしたくない」と思うものです。

 味覚性多汗症​に人は精神性発汗​が加わることが多いものです。​悪化すると引きこもりうつと言った症状になってしまう場合もある危険な症状です。

味覚性発汗の特殊型に耳介側頭神経症候群​ がある

顔面多汗症​を引き起こす味覚性発汗ですが、実は耳下腺炎​(じかせんえん)いわゆるおたふく風邪の手術で「味覚性多汗症​」になってしまうこともあります。

耳下腺は耳の下にあり、唾液を作る場所です。手術や炎症が起こることで耳下部分の発汗が多量になることが​あるようです。これを「耳介側頭神経症候群(じかいそくとうしんけいしょうこうぐん)​」と呼びます。

ひばり
私が調べたところでは、進行麻痺(梅毒による精神神経障害)や半身不随、そして脊髄の中に水が溜まり、ちくわのような形になってしまう脊髄空洞症などの神経系の病気の場合、片側だけに汗をかく「片側性多汗症」というものもあるようです。

 多汗症の治療法​

安価で効果薄:塩化アルミニウム溶液​

塩化アルミニウム溶液​の治療は日本皮膚科学会​でも手掌多汗症の治療に使うことを推薦しています。とくに手のひら、足の裏、脇の下に使用されることが多いようです。

塩化アルミニウムは市販の制汗剤にも使用されているもので、価格が安く高い有効性が報告されているようです。しかし一過性の効果なので継続的に治療を行う必要があります。

原理は

汗管​(汗を出す管)の細胞に作用するもので、汗管を閉塞させ発汗を少なくします。

治療方法

脇の下には塗布、手のひらや足の裏は、布手袋や靴下を巻き、その上に塩化アルミ二ウム溶液をつけラップなどを巻き付けて密閉する閉鎖密閉療法をおこないます。

デメリット

  • ​刺激皮膚炎​が起こることもある
  • 一過性の効果

器具で治療:イオントフォトレーシス​

イオントフォトレーシス​は通院しながら気軽に行える治療法として欧米では一般的になっています。保険の適用となっている治療で、手のひらや足の裏にとても有効な治療法と言われています。

原理は

水素イオンが汗管​の細胞に作用するもので、汗が作られないようにします。​

治療方法

​週に1回~2回、患部を水道水に浸し微弱な電流を流すことで水素イオンを発生させます。一般的には8回ほどで効果がみられ、多くの場合20回ほどで治療はいったん終了となるようです。

デメリット

  • ​通院の手間がかかる
  • ペースメーカーを装着している​場合は受けることができない
  • 妊婦さんの場合は受けることができない

効果高く副作用:ボツリヌス毒素局注​

ボツリヌス毒素局注療法​は、​塩化アルミニウム溶液​やイオントフォトレーシス​の治療で改善されない場合に行われるものです。脇の下におおきな効果を与えるものとして欧米では推奨度の高い治療​のようです。しかし一部を除き日本では保険適応外になっています。

原理は

交感神経をブロックすることで汗腺の働きを一時的に抑える​もの

治療方法

ボツリヌス菌がつくる天然のタンパク質を有効成分​とする薬を注射によって患部に注入します。20分程の短い施術時間でおこなうことができ、治療後3日程で効果があらわれます。効果は約半年~1年ほど続きますが完治する治療法​ではないため、症状がでたら再び治療を行います。

デメリット

  • 注射部位が痛んだり、腫れたりすることがある
  • 怠惰感
  • 脇の下以外の汗が増えることもある

一過性のものではなく、完治させるものはないのでしょうか

リスクが高くなりますが、手のひらに有効な胸腔鏡下交感神経遮断術(きょうくうきょうかこうかんしんけいしゃだんじゅつ)というものがあります

 胸腔鏡下交感神経遮断術​は内視鏡を使用し、胸部交感神経を遮断する手術​です。手のひらの多汗症に有効で高い効果があるものですが、脇の下や足の裏の汗が余計に増えてしまう場合もあります。また合併症も起こる危険があるため、医師との相談のもと、慎重に判断するべきものです。

「ただの汗かき」と放置しないで​

汗は私達の生活に欠かせないもので、人間が生きていくうえで必要なものと言えます。しかし異常な汗を感じた場合は「ただの汗かき」と放置せずに医療機関を受診するようにしましょう。汗の影におもわぬ病気が隠れているかもしれません。どんな病気も早期で発見すれば治る確率も高いものです。

参照リンク​

北里大学病院・呼吸器外科:多汗症

レファレンス協同データベース

日本皮膚科学会ガイドライン:原発性局所多汗症診療ガイドライン2015改訂版

東京医科歯科大学・皮膚科:発汗異常外来

TOP