【2017最新】おすすめ花粉症の市販薬!強さだけで選んで大丈夫?

【2017最新】おすすめ花粉症の市販薬!強さだけで選んで大丈夫?

j10V5U8x.jpg

花粉症の市販薬は様々。しかし、ただ効果が強いかどうかだけで判断せずに、しっかりと自分に合った薬を見つけることが大切です。そこで、2017年度最新の花粉症におすすめの市販薬を徹底調査し、色々な市販薬を比較してみました。花粉症に悩む人必見です!

シェアする


一番花粉症に効く薬はどれ?

目がかゆい、鼻がムズムズするという症状が代表的な花粉症。スギやヒノキなど1年を通して様々な種類の花粉が飛散しています。今や日本人の平均で3人に1人は花粉症だというデータもあり、比較的若い年齢から毎年花粉症と戦っている人も少なくありません。

辛い花粉症、早く治したいですよね。そこで今回、「花粉症に高い効果を発揮する薬はどれか」を調査!経口薬目薬点鼻薬など、薬の種類別に効き目がありそうな市販薬をランキング形式で厳選してみました。

果たしてどの薬が一番効くのか、薬の強さ以外にも成分や口コミなどを参考にジャッジしていきます。

薬を味方につけて花粉症を撃退!これで悩んでいた不快症状も改善されるかもしれません。ご紹介する薬の中から、自分に最も合っているものを見つけてみて下さい。


おすすめ花粉ケアサプリメント!ラクトプランL-137


カルナ博士
花粉症の人は辛いのぅ。風邪と違って何日か経てば症状が落ち着くわけでもなく、対象の花粉が飛散しているシーズン中はずっとくしゃみや鼻水が止まらない場合も少なくないようじゃ。しかも、毎年決まった時期にと考えると本当に厄介じゃのぅ。これはどうにかしたいぞ、ひばりくん。
ひばり
大丈夫よ博士。今回は花粉症に効く市販薬を徹底的に調査してみたわ。症状に合った薬を見つけられるように、口コミも交えながらご紹介していきますね。

 花粉症は春だけと思ったら大間違い

花粉症の季節といえば春のイメージが強いですが、実はその認識は間違い。春夏秋冬、花粉は1年中飛散しているのです。春を過ぎれば花粉症ではないと判断するのは早く、他の季節でも花粉症を発症する可能性は大いにあります。

ここでは、季節ごとの花粉症の原因花粉の種類について解説していきます。

季節ごとの花粉症原因

季節ごとの花粉症原因

花粉の種類にはいくつか種類があって、人により花粉症を発症する花粉が異なります。

それぞれ大体の季節ごとに飛散のピークがあるので、どの季節に花粉症が気になるかによって、大体の花粉症の原因を知ることができるでしょう。主に花粉症の原因となる花粉の種類を見ていきましょう。

春に飛散する花粉

名前種別飛散時期
スギ樹木2~4月ごろ
ヒノキ樹木3~5月ごろ
ブナ樹木北海道では5~6月ごろ、本州から南では4~5月ごろ

春に飛散量が多い代表的な花粉として、スギ・ヒノキ・ブナなどが挙げられます。特にスギ花粉症は近年大人に限らず子供の発症率も増えてきており、花粉症の中で最もメジャーと言われるものです。

スギとヒノキは共通したアレルゲンを持っているとされているので、スギ花粉症の人が同時にヒノキ花粉症を発症するケースも珍しくありません。

ブナの木は、北海道と本州より南では1ヶ月ほど飛散時期にズレがありますが、全国的に分布している樹木のため、こちらも花粉症の原因となりやすい樹木です。

夏に飛散する花粉

名前種別飛散時期
カモガヤイネ科5~8月ごろ
ハルガヤイネ科4~7月ごろ
ギョウギシバイネ科6~8月ごろ

夏の花粉症のメインとなるのは主にイネ科の植物。飛散する時期には少しバラつきがありますが、大体残暑が厳しくなる8月ごろまでが飛散のピークとなります。

カモガヤ・ハルガヤは牧草として使用されることも多く、緑が多い地域や酪農が盛んな地域を中心に栽培されていることが多いのが特徴。ギョウギシバは、道端に生えることもあり、夏の晴れた日に日当たりの良い場所に自生しやすい植物です。

普段歩いている道や身近な場所に存在しているものが多いため注意が必要です。

秋に飛散する花粉

名前種別飛散時期
ブタクサキク科8~10月ごろ
ヨモギキク科8月中旬~10月ごろ
カナムグラアサ科8月下旬~10月ごろ

秋になると飛散量が増えるのが、ブタクサヨモギなどキク科の植物。そしてアサ科のカナムグラといった雑草が多くなります。厄介なのは、田んぼや山に近いところだけでなく、市街地の公園や道路の脇など比較的どこにでも生えていということ。

雑草が生えていても、ほとんどの人は気にしないと思いますが、これらの植物の飛散量が多い秋に花粉を吸いこんでしまうと花粉症を発症したり、すでに花粉症の人は症状が悪化する可能性も出てきます。

他の雑草と見分けがつかないものも多く、自力では防ぎきれない場合もあるためしっかりと花粉症対策をして外出するようにしましょう。

冬に飛散する花粉

名前種別飛散時期
スギ樹木12~2月ごろ
イネイネ科12月、2月ごろ(関東・九州中心)
ハンノキカバノキ科1~2月ごろ

寒い冬の季節でも、花粉は関係なく飛散しています。スギ=春に飛散するイメージが強いですが、実は冬の時期にも注意すべき花粉なのです。冬~春と長期間に渡って飛散量が増える傾向にあるので、スギ花粉症の人は冬に症状が表れても珍しいことではありません。

特に2月はスギ花粉の飛散量がピークとなるので気をつけたいところです。

また、関東や九州地方を中心にイネ花粉、1月ごろからはハンノキ花粉の飛散量も増え始めます。ハンノキは3月ごろが飛散量のピークと言われていますが、1月2月の時期から徐々に量が増えるので、早い時期から花粉症対策をしておくと安心です。

カルナ博士
1年中花粉症に悩まされるのは嫌じゃのぅ。花粉症の中でも特に多いと言われているスギ花粉は冬にも飛散しているとは知らなかったぞぃ。
ひばり
身近にある雑草の中にもアレルギー反応が出るものがあるから気をつけなきゃいけないわね。しかも、スギ花粉だけ、イネ花粉だけなど花粉症を発症する花粉がひとつとは限らないの。季節が変わって異なる植物が原因で花粉症に悩まされることもあるので要注意ね…

 薬が効かないときはハウスダストも疑う

花粉症だと思い薬を飲んでいても、イマイチ効果が発揮されない、症状が緩和されないという場合は、ハウスダストアレルギーも疑いましょう。

ハウスダストは、花粉症によく似た症状であるアレルギー性鼻炎を始め、アトピー性皮膚炎や気管支喘息などを引き起こす可能性があるものです。日常生活の中で原因となるものがないかチェックしてみましょう。

ハウスダストアレルギーの原因

  • ペットの毛や虫の死骸、ホコリ
  • 目に見えるほどのカビ
  • 布団やカーペットに潜んでいるダニ

主なハウスダストの原因は3つ。まず、生活する内に出てくるホコリや犬・猫などのペットの毛、ゴキブリなどの虫の死骸が多いとハウスダストを引き起こしやすくなります。

これらはダニの大好物でもあるため、そのまま放置してしまうとダニの繁殖にも繋がりさらにハウスダストを引き起こす環境を作り上げてしまいます。

また、特に湿度が高い場所に発生しやすいカビがある場合、カビに含まれる細菌や胞子が空気中に漂っている可能性が高くなります。この空気を吸うことでもハウスダストを発症しやすくなるので要注意です。

そして、最も厄介なのが布団やカーペットに潜んでいるダニ。目に見えにくく、定期的に掃除や洗濯をしていないとハウスダストの原因となります。ハウスダストの最大の原因となるので、家の中や寝具をこまめに掃除・洗濯したり、防ダニ効果のあるものを使用するなどして工夫してみましょう。

花粉症に効く市販薬の選び方

花粉症について少し知識を深めたところで、花粉症に効く市販薬の選び方をお教えします。成分や強さなど、1つの項目で決めるのではなく、総合的に判断して自分に合った薬を絞っていけると良いですね。

使う薬のタイプを選ぶ

花粉症の症状を緩和したいときに使用する薬のタイプは、経口薬・目薬・点鼻薬と大きく3種類に分けられます。ここから、自分の症状に合ったタイプの薬を選んでいきましょう。

  • くしゃみがひどいならくしゃみの原因となるヒスタミンの働きを抑制してくれる経口薬
  • 目がかゆい・充血する症状には目薬
  • 鼻水や鼻づまりを解消したいなら経口薬または点鼻薬

など大まかにこのタイプと判断することが可能です。そこからさらに細かい症状別にベストな薬を探してみるのがおすすめです。

使用されている成分

使用されている成分で、ヒスタミン薬と漢方薬の2種類に分類されます。それぞれの特長を解説していきます。

ヒスタミン薬

花粉症の症状である、くしゃみや鼻水などを引き起こしているのはヒスタミンというアレルギー物質です。そのヒスタミンの働きを抑制し症状を緩和する働きがある成分を配合した薬を「ヒスタミン薬」と呼んでいます。

このヒスタミン薬はさらに第1世代抗ヒスタミン薬と、第2世代抗ヒスタミン薬に分けられ、副作用の起こりやすさによって分類されています。

よく、花粉症の薬を飲んだら眠気に襲われたり、口やのどが渇くという話を聞いたことがある人も多いかもしれませんが、この薬による副作用が出やすいのが従来のヒスタミン薬である第1世代抗ヒスタミン薬です。

対して、その副作用が起こりにくくなるように改良されたのが第2世代抗ヒスタミン薬となります。

どちらも働きとしてはあまり違いがありませんが、第2世代抗ヒスタミン薬の方はアレルギー物質の発生そのものを抑える働きのある抗アレルギー薬としての働きも兼ね備えているので、花粉症の予防薬としても治療薬としても使用できるメリットがあります。

漢方薬

漢方薬の中にも、花粉症の症状を緩和してくれる働きがあるものがいくつかあります。主に鼻水鼻づまりに効果が期待できるものが多く、花粉症の薬を服用した際に表れやすい副作用もないので漢方薬をメインに飲む人も少なくないようです。

また、花粉症以外にも慢性的な鼻炎の症状や蓄膿症、気管支炎にも有効と言われているので、気になる人は漢方を試してみるのも良いでしょう。

ひばり
花粉症に効く薬には、ヒスタミンの働きを抑制する成分が配合されているものが多いようです。花粉症予防に抗アレルギー薬を使用すると、いつもより症状が気にならなくなるかもしれませんね。眠気や渇きなどの副作用が心配な人は漢方薬をお試ししてみるのもOK。ヒスタミン薬でも第2世代抗ヒスタミン薬は副作用が起こりにくいので、そちらをメインに使用しても良いですね。

子供も使える強さか

今や花粉症は大人だけの問題ではありません。比較的若い十代や幼児期の頃から花粉症を発症するケースも多く、子供も薬を使う場合があるかもしれません。そこで気をつけたいのが薬の強さ。強い薬の方が効くからといって、安易に大人用の薬を子供に与えてしまうのはNGです。

薬をあげる前に、子供も使える強さかどうかを判断してから使用しましょう。花粉症の薬には子供用のシロップや鼻炎薬などもあるため、市販薬を使用する場合は子供用のものを中心に選ぶと良いでしょう。

口コミを比較

実際に薬を使用した人の反応や口コミも参考にしておくと良いですね。自分では効果がありそうと思っていても、実際に使用してみたらイマイチという声や、この薬の方が効いたという声があるかもしれません。

色々な口コミも見て、できるだけ高評価で自分の症状に合っているというものを選べればベストです。

最強の市販薬ランキングTOP5

お待たせしました!それでは、花粉症に効果が期待できる最強の市販薬をご紹介します。今回はより効果が高そうだと編集部が判断したTOP5をランキング形式でご覧下さい。

久光製薬『アレグラFX』

 堂々の第1位に輝いたのは、久光製薬の『アレグラFX』。くしゃみ・鼻水・鼻づまりなど花粉症の代表的な症状に効くアレルギー専用鼻炎薬です。

特徴

  • 1日2回飲むだけで24時間効き目が続く
  • 副作用が起こりにくく眠気を感じにくい
  • 口の渇きが気にならない
  • 集中力が低下しずらい
  • 空腹時でも服用可能

アレグラFXには、100ヶ国以上で販売しアレルギー性の治療剤として使用されているフェキソフェナジン塩酸塩を配合。副作用を感じにくい第2世代抗ヒスタミン薬だから、眠気・口の渇き・集中力の低下が気にならず快適に過ごせるように開発されています。1日2回、1回1錠飲むだけで効果があり、空腹時にも服用可能なので食事のタイミングに合わせなくてもOK。花粉症と戦うアナタにおすすめしたい経口薬です。

基本情報

成分
フェキソフェナジン塩酸塩 120mg(1日量:2錠中)

用法・用量

1日2回朝夕に1回1錠服用
副作用
  • のど・まぶた・口唇などの腫れ
  • 吐き気
  • しびれ
  • 頻尿

などが起こる可能性あり

価格オープン価格
購入方法薬局・薬店・インターネットなどで購入可能

口コミの評判は?

アレグラFXを試した口コミを調査した結果、辛い鼻水が止まり花粉症の症状が気にならなくなったという声が多かったです。最初はなかなか効果を実感しにくいかもしれませんが、飲み続けている内にじわじわ効果が出始める人も少なくないようです。

カルナ博士
花粉症に効くと噂の経口薬第1位はアレグラFXじゃな。CMもインパクトがあって使ってみようと思う人も増えているようじゃ。主成分となっているフェキソフェナジン塩酸塩を配合していることによって、副作用が出る可能性をできるだけ抑えているところにも注目だぞぃ!

「アレグラFX」はこちら

エスエス製薬『アレジオン20』

続いてご紹介するのは、エスエス製薬から発売されている『アレジオン20』。特長は、1錠あたりに医療用と同量のエピナスチン塩酸塩を20mg配合していること。

抗アレルギー作用・抗ヒスタミン作用・抗炎症作用の3つの働きが期待でき、花粉症を始めとする鼻炎アレルギーに高い効果を発揮します。副作用が出にくい第2世代抗ヒスタミン薬で、1日1回就寝前の服用でOKなので続けやすいのも嬉しいポイントです。

基本情報


成分
エピナスチン塩酸塩 20mg(1日量:1錠中)
用法・用量1日1回就寝前に服用
副作用
  • 皮膚の発疹
  • 吐き気
  • めまい
  • 息苦しさ
  • 動悸

などが起こる可能性あり

価格6錠1,490円(税込)、12錠2,138円(税込)
購入方法薬局・薬店・インターネットなどで購入可能

口コミの評判は?

市販薬の中でもアレジオン20が体質に合っているという意見が多く集まっていて、花粉症や鼻炎の症状が出るときにリピートしている人も少なくないようです。眠くなるといった副作用も出にくいので、仕事がある日でも安心ですね。
ひばり
アレグラFXと同じくらい人気が高いのがアレジオン20ね。1日1回飲めば効くというのが1番嬉しいポイントかもしれないわ。就寝前のタイミングで良いので、家に常備しておけばOK。長期間の使用も苦ではなくなりますね。

「アレジオン20」はこちら

皇漢堂製薬『アレルビ』

第3位は、皇漢堂製薬の『アレルビ』です。花粉やハウスダストを始めとするアレルギー性鼻炎に有効なフェキソフェナジン塩酸塩を1錠あたり60mg配合しています。 

1日2回、1回1錠服用するタイプで、症状が酷くなる前から飲みはじめるとより高い効果を得られると言われています。鼻水・鼻づまり・くしゃみが辛い人も、飲み続けると症状を緩和してくれます。

14錠・28錠・56錠と使いたい期間に合わせて選べるので、短期間お試ししたい人から長期間飲み続けたい人まで購入しやすいのも特長です。

基本情報


成分
フェキソフェナジン塩酸塩 120㎎(1日量:2錠中)
用法・用量1日2回朝夕に1回1錠服用
副作用
  • 皮膚の発疹
  • じんましん
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 動悸

などが起こる可能性あり

価格
  • 14錠1,314円(税抜)
  • 28錠1,886円(税抜)
  • 56錠2,850円(税抜)
購入方法薬局・薬店・インターネットなどで購入可能

口コミの評判は?

アレグラFXとよく似た成分を配合しているのにも関わらず、こちらは56錠でも税抜2,000円代と価格がとってもリーズナブルとなっています。軽い鼻水やくしゃみの症状には特に効いたという口コミが多く、安くても効果を実感できている印象です。

アレルビが体質的に合っている人なら、長く使う市販薬としては費用を抑えられるアレルビがおすすめです。

カルナ博士
アレルビとアレグラFXで迷っているなら、価格が安めのアレルビを試してみるのも良いかもしれんのぅ。試してみんと分からんのじゃが、よほど重症でなければアレルビで十分効きそうな気もするぞぃ。

「アレルビ」はこちら

sato『ストナリニS』

1日1~2回の服用で長時間効果が持続する経口薬といえば、『ストナリニS』。胃と腸のそれぞれに溶けやすいように二重構造になっているので、1日1回の服用でも十分な効果が期待できます。

ストナリニSには、くしゃみや鼻水などの原因となる副交感神経の興奮を抑えるダツラエキスや、血管を収縮させて鼻粘膜の炎症を抑える塩酸フェニレフリンが配合されているため、花粉症や鼻炎の根本となる原因から改善し、症状を緩和する働きがあります。1錠が小さめで飲みやすい形状になっています。

基本情報


成分
マレイン酸クロルフェニラミン <内核>6mg <外層>6mg
塩酸フェニレフリン  <内核>6mg <外層>6mg
ダツラエキス  <内核>12mg <外層>12mg
(1日量:2錠中)
用法・用量1日1~2回、1回1錠を目安に服用
副作用
  • 皮膚の発疹
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 食欲不振
  • 顔のほてり

などが起こる可能性あり

価格
  • 12錠1,100円(税抜)
  • 18錠1,540円(税抜)
  • 24錠1,880円(税抜)
購入方法薬局・薬店・インターネットなどで購入可能

口コミの評判は?

ストナリニSの効果はというと、しっかりと花粉症やアレルギー症状に効くと評判なようです。しかし一方で、眠気やのどの渇きを感じやすいといった声もありました。効き目は十分あるので市販薬としてはおすすめですが、人によっては強い眠気やのどの渇きなどの症状が出る場合もあるため、使用するタイミングには注意したいですね。

ひばり
良い薬なんだけど、眠気やのどの渇きが出ることもあるみたいね。でも花粉症や鼻炎にはすっと効く可能性が高いから、強い効果を発揮する薬を探している人には特におすすめです。

「ストナリニS」はこちら

剤盛堂薬品『ホノビエン錠deux』

瓶または分包になっている花粉症に効く鼻炎薬といえば、『ホノビエン錠deux』です。

鼻炎のアレルギー症状を緩和するケイガイ・サイシン・ビャクシの3つのd-クロルフェニラミンマレイン酸塩に加えて、鼻づまりを解消してくれるとされるシンイ、炎症を抑えて症状の回復を促すカンゾウ・ショウキョウなど様々な漢方の有効成分で構成されています。

上記で紹介した4つの薬と異なる点は、7歳以上であれば15歳未満も服用可能なこと。15歳以上の大人より1回あたりに飲む量は少なくなりますが、年齢によっては子どもでも使用できる薬となっています。

基本情報


成分
ケイガイエキス 27.5mg
サイシンエキス 36mg
シンイエキス 70mg
ビャクシエキス 60mg
カンゾウ末 900mg
ショウキョウ末 100mg
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 4.5mg
無水カフェイン 60mg
(15歳以上1日量:9錠中)
用法・用量1日3回15歳以上の場合は1回3錠、7歳~15歳の場合は1回2錠を目安に服用
副作用
  • 皮膚の発疹
  • 皮膚のかゆみ
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 排尿困難

などが起こる可能性あり

価格オープン価格
購入方法薬局・薬店・インターネットなどで購入可能

口コミの評判は?

  • 副作用がなく、優しく効いた
    5/5
    花粉症に悩まされており、色んなものに手を出しましたが、花粉症によるくしゃみ鼻水ノドの痛みなど和らげてくれます。市販薬では喉の渇きや眠けになりますが、ホノビエンは優しく効くようです。これほど効果のあったものはありません。抗ヒスタミン系の薬にありがちな副作用(眠気、喉の渇き、微熱)などがホノビエンには全くありません。漢方ということで、効き目が発揮されるまで時間がかかると思っていましたが、飲んで30分もしないうちに鼻水がぴたっと止まりました。この薬に、ものすごく助けてもらった。花粉症のつらさは花粉症の人にしか分からない。これは私にはすごく効きました。

    楽天市場

  • 漢方薬での十分効く
    5/5
    リピート購入になります。さすがに効き目は強烈ではないですが、飲めば鼻水やくしゃみの緩和には確実になるし、通常ならこれで充分の効き目だと思いました。それに漢方薬なので安心して使用できると感じています。

    楽天市場

使用した人からも評価が高かったホノビエン錠deux。ご紹介した薬の中で唯一の漢方薬ですが、花粉症や鼻炎の症状にちゃんと効いているという声が続出しています。

気になる副作用も感じにくく、強い作用こそなくても身体に優しく効いてくれる経口薬として注目が集まっています。花粉症・鼻炎の症状が辛い人は、まずこちらを試してみるのもアリですね。

カルナ博士
身体に優しい漢方薬じゃから、15歳未満でも服用できるんじゃのぅ。効果があったという声も多く、リピート購入している人も少なくないようじゃ。花粉症のシーズン本番の良いお供になりそうだぞぃ!

「ホノビエン錠deux」はこちら

人気の目薬ランキングTOP5

次は目薬部門のTOP5をご紹介していきます。花粉症で目の充血やかゆみが気になるときに助けてくれる人気の目薬を調査してみました。辛い症状を感じたときに活用してみて下さい。

ザジテンAL点眼薬

目薬部門第1位に輝いたのは、『ザジテンAL点眼薬』です。抗アレルギー成分であるケトチフェンフマル酸塩を配合しているシンプル処方の点眼薬で、アレルギー症状で表れやすい目のかゆみ・充血・涙目に効果を発揮します。

他にも抗ヒスタミン作用、抗炎症作用があるとされ、アレルギー症状を緩和・改善してくれる効果が期待できます。1日4回の使用で十分な効果を発揮するアレルギー専用の点眼薬となっています。

基本情報


成分
ケトチフェンフマル酸塩 69mg
ケトチフェンとして50mg
(100ml中)
用法・用量1日4回(朝・昼・夕方・就寝前)1回につき1~2滴点眼する
副作用
  • 皮膚のかゆみ
  • 皮膚の発疹
  • 目の充血
  • 眠気
  • 口の渇き

などが起こる可能性あり

価格

1,380円(税抜)
購入方法薬局・薬店・インターネットなどで購入可能

口コミの評判は?

点眼薬といえばザジテンAL点眼薬というほど、アレルギー性鼻炎に効果のある点眼薬として浸透しているようです。症状の中でも多い目のかゆみが無くなったという声も数多く見られました。点眼薬を探しているなら、まずこちらを試してみてはいかがでしょうか。

ひばり
堂々の第1位はザジテンAL点眼薬でした!確かに、鼻水やくしゃみ以外にも目のかゆみや充血を感じると辛いのよね。1日4回点眼すれば効き目が持続しやすいので、正しい使用法を守って花粉症を乗り切りましょう。

「ザジテンAL点眼薬」はこちら

JSP製薬『マリンアイALG』

続いてご紹介するのは、JSP製薬から発売されている『マリンアイALG』。クロモグリク酸ナトリウムと呼ばれる医療用にも使用されている抗アレルギー剤を配合していて、アレルギーを引き起こす元となる原因に働きかけます

目のかゆみや充血は、アレルギー症状を誘発する化学物質の放出が原因だと言われているため、それを抑制し優れた効果を発揮してくれる点眼薬として人気上昇中の商品です。

基本情報

成分
クロモグリク酸ナトリウム 1000mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 15mg
グリチルリチン酸二カリウム 125mg
(100ml中)
用法・用量1日4~6回を目安に1回につき1~2滴点眼する
副作用
  • 皮膚の発疹
  • 皮膚のかゆみ
  • 目の充血
  • 目の腫れ
  • 目の痛み

などが起こる可能性あり

価格オープン価格
購入方法薬局・薬店・インターネットなどで購入可能

口コミの評判は?

こちらの点眼薬も効き目があると嬉しい声で溢れています。お近くの薬局やドラッグストアと始め、ネット通販などでも比較的安く手に入るため、コスパも良いといった口コミも少なくありませんでした。症状がしっかりと緩和され、愛用している人も増えているようです。

カルナ博士
マリンアイALG、安い上に効き目はしっかりと感じるのは嬉しいのぅ。1日4~6回を目安に使用ということじゃから、症状が重いと感じるときには少し多めに点眼して、普段は4回という使い方も可能じゃ。気になる人は要チェックだぞぃ。

『マリンアイALG』はこちら

第一三共『エージーアイズ アレルカットC』

第一三共からは、『エージーアイズ アレルカットC』がランクイン。

抗アレルギー剤として使用されているクロモグリク酸ナトリウム、ヒスタミンの働きを抑えるクロルフェニラミンマレイン酸塩、抗炎症作用があるグリチルリチン酸二カリウム、目の潤いを保持してくれるコンドロイチン硫酸エステルナトリウムの主に4つの有効成分を配合しています。

使用した後のスッキリ感が気持ち良いすっきりクールタイプで、使い心地も◎。目の潤いも保ってくれるので、乾燥にも強い味方です。

基本情報

成分
クロモグリク酸ナトリウム 1g
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.015g
グリチルリチン酸二カリウム 0.125g
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 0.2g
(100ml中)
用法・用量1日4~6回を目安に1回につき1~2滴点眼する
副作用
  • 皮膚の発疹
  • 皮膚のかゆみ
  • 目の充血
  • 目の痛み
  • 目の腫れ

などが起こる可能性あり

価格1,580円(税抜)
購入方法薬局・薬店・インターネットなどで購入可能

口コミの評判は?

  • 4/5
    私は重度の花粉症ということで、この商品を購入しました。CMでもやっているものだったので信用はある程度ありましたが鼻づまりが収まりよかったです。

    本音と口コミ.jp

4つの有効成分を配合しているので、即効性がありある程度高い効果は望めそうです。実際に目のかゆみや鼻づまりなどの症状を緩和できたという声もありました。しかし、人によっては効果の持続時間が短く、短時間で再び症状が表れ始めることも。個人差があるようですが、その効果は確かだと判断できます。

ひばり
高い効果と即効性が期待できるので、辛い症状を今すぐどうにかしたいというときにおすすめですね。ただし、症状がひどいときなどは効果の持続時間が短くなる可能性もあるので、いつもより点眼する回数を増やして工夫してみましょう。

「エージーアイズ アレルカットC」はこちら

ロート『アルガードクリアブロックEX』 

第4位は、ロートから発売されている『アルガードクリアブロックEX』です。アレルギー症状を抑える成分+炎症を鎮める成分を配合していて、公式サイトでは

従来のアレルギー専用の点眼薬を2日間使用してもあまり効果が得られなかった人にもおすすめしています。

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムと呼ばれる角膜を保護してくれる成分も入っているため、外部からのダメージも防いでくれる効果が期待できます。

基本情報

成分
クロモグリク酸ナトリウム 1%
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.015%
プラノプロフェン 0.05%
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 0.2%
用法・用量1日4回を目安に1回につき1~2滴点眼する
副作用
  • 皮膚の発疹
  • 皮膚のかゆみ
  • 目の充血
  • 目の腫れ
  • 息苦しさ

などが起こる可能性あり

価格1,580円(税抜)
購入方法
薬局・薬店・インターネットなどで購入可能

口コミの評判は?

少しの量でも花粉やアレルギー性鼻炎に効果があったという人もいて、アルガードクリアブロックEXの効き目は抜群と高評価の口コミが目立ちました。中には、病院で処方されたものよりも自分に合っていると感じている人もいるようで、花粉症の季節には手放せなくなる必需品となりそうです。

カルナ博士
効果があればラッキーという気持ちで使ってみたら、驚くほど効果抜群!という声も多く届いているようじゃのぅ。アルガードクリアブロックEXを使い始めて、特に目のかゆみが気にならなくなった人が急増しているんじゃ。そんなにビックリするぐらい効くなら、わしも欲しいぞぃ。

「アルガードクリアブロックEX」はこちら

sato『ノアールPガード点眼液』

最後にランクインしたのは、satoの『ノアールPガード点眼液』です。抗アレルギー成分であるペミロラストカリウムを配合していて、目に表れるアレルギー症状を緩和してくれます。

他の点眼薬との違いは、1日あたりの使用回数が圧倒的に少ないという点で、従来の点眼薬の使用回数は1日あたり平均4~6回使用するのに対し、ノアールPガード点眼液は1日たったの2回の使用だけで効き目が持続するという優れもの。頻繁に使用できないという人も、朝・夕など時間を空けて2回使用すれば良いので続けやすいですね。

基本情報

成分
ペミロラストカリウム 8mg(8ml中)
用法・用量1日2回(朝・夕)を目安に1回につき1滴点眼する
副作用
  • 皮膚の発疹
  • 目の充血
  • 目の刺激感
  • 目の痛み

などが起こる可能性あり

価格オープン価格
購入方法薬剤師のいる薬局・薬店、ドラッグストア

口コミの評判は?

実際に使用した人の口コミを見てみると、1日2回の点眼でじわじわと効果を実感している人がいる様子。口コミ自体の数は少なかったですが、効かなかったという声は見つかりませんでした。経口薬と併用して使用しているケースも多く、万全の花粉症対策をしたい人におすすめの点眼薬となっています。

ひばり
点眼する回数が少なくてもちゃんと効果を発揮してくれるなら安心よね。ノアールPガード点眼液を活用して、しっかりと朝・夕に使って花粉症の症状を緩和させましょう。

「ノアールPガード点眼液」はこちら

 口コミで話題の点鼻薬ランキングTOP5

最後に、口コミで話題となっている点鼻薬ランキングTOP5を発表します。直接鼻に使用する点鼻薬、果たして最も人気が高かった商品はどれなのか、それでは結果をご覧下さい。

第一三共『新ルル点鼻薬』

点鼻薬部門、第1位に輝いたのは、第一三共の『新ルル点鼻薬』です。 ナファゾリン塩酸塩・クロルフェニラミンマレイン酸塩・塩酸リドカイン・ベンゼトニウム塩化物の4つを主成分としていて、スプレータイプで鼻の通りを良くしてくれます。

花粉症による鼻水・鼻づまり・くしゃみを改善に効果を発揮し、3~4時間の間隔で1日あたり6回まで使用できます。こまめに使用することでスッキリ感を維持し、不快感が気にならなくなるかもしれません。

基本情報

成分
ナファゾリン塩酸塩 0.5mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 5mg
塩酸リドカイン(無水物として)3mg
ベンゼトニウム塩化物 0.2mg
(1ml中)
用法・用量1日3~4時間ごとに6回まで使用可能、1回につき1~2度ずつ両鼻腔内に噴霧する
副作用
  • 皮膚の発疹
  • 皮膚のかゆみ
  • 鼻の腫れ
  • 鼻の刺激感

などが起こる可能性あり

価格728円(税抜)
購入方法薬局・薬店・インターネットなどで購入可能

口コミの評判は?

点鼻薬の第1位に相応しく、効き目があったという口コミが多い印象でした。鼻水・鼻づまりが改善され、鼻の通りが良くなると花粉症もかなり楽になりますね。スプレータイプでスッと鼻に抜ける感じが気持ちいいので、爽快感が味わえます。

カルナ博士
花粉症の症状で、鼻水・鼻づまりが辛いという人も多いから、鼻の通りが良くなるとスッキリするのぅ。花粉症のシーズンも、新ルル点鼻薬を活用して乗り切れるかもしれんぞぃ。

「新ルル点鼻薬」はこちら

sato『ナザールスプレー』

次にご紹介するのは、satoから発売されている『ナザールスプレー』。抗ヒスタミン剤に加え、血管収縮剤と殺菌剤も配合されているスプレータイプです。

症状が重い場合にも、鼻腔の血管を収縮する働きによって炎症を鎮めてくれる効果が期待できます。使用は3時間以上の間隔を空けて1日6回までが目安となっています。

7歳~大人まで幅広い年代に使用可能なので、子どものアレルギー性鼻炎などにもおすすめです。 

基本情報

成分
ナファゾリン塩酸塩 50mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 500mg
ベンザルコニウム塩化物 10mg
(100ml中)
用法・用量7歳~大人まで3時間以上の間隔を空けて1日6回まで使用可能、1回につき1~2度ずつ鼻腔内に噴霧する
副作用
  • 皮膚の発疹
  • 皮膚のかゆみ
  • 鼻の腫れ
  • 鼻の刺激感

などが起こる可能性あり

価格
  • 15ml→620円(税抜)
  • 30ml→1,050円(税抜)
購入方法薬局・薬店・インターネットなどで購入可能

口コミの評判は?

口コミを調査してみると、ナザールスプレーを使用したらすぐに鼻の通りが良くなったという声が多く集まりました。即効性も期待でき、使用後わずか数分で不快感がなくなり快適に過ごせたという意見も。花粉症のシーズンに持ち歩いている人も少なくないようですね。

ひばり
ナザールスプレーがあるのとないのとでは、全然違うようですね。あまりにも効果があるので、花粉症の症状がひどいときは毎日使用している人も多いようです。息ができないほど辛い鼻づまりも、コレを使えば改善できそうです。

「ナザールスプレー」はこちら

コンタック鼻炎スプレー

第3位は、『コンタック鼻炎スプレー』です。抗アレルギー作用+抗炎症作用を持つと言われるベクロメタゾンプロピオン酸エステルを配合していて、1日2回の使用で効果を発揮するとされています。

朝・夕の2回で良いので、こまめに使用する必要がないのも嬉しいですね。液だれしにくいゲルのような特殊な薬液を使用しているため、のどまで垂れにくく使用感も◎。症状がひどい日には1日4回まで使用できるので、日によって調整することも可能です。

基本情報

成分
ベクロメタゾンプロピオン酸エステル 0.05g(100g中)
用法・用量18歳以上の場合、3時間以上の間隔を空けて1日4回まで使用可能、1回につき1度ずつ噴霧する
副作用
  • 鼻出血
  • 鼻のかゆみ
  • のどの刺激感
  • 皮膚の発疹
  • 頭痛

などが起こる可能性あり

価格オープン価格
購入方法薬局・薬店・インターネットなどで購入可能

口コミの評判は?

経口薬と併用している人や、花粉症のシーズン中にコンタック鼻炎スプレーのみで対処しているという人など様々な口コミがありました。CMもインパクトがあり印象に残りやすいので、点鼻薬として広く認知されている商品ではないでしょうか。基本的には1日2回の使用でOKなので、毎日使う人も取り入れやすいですね。

カルナ博士
ふむ。コンタック鼻炎スプレーは、症状の度合いによって使用回数を決められるのも嬉しいのぅ。症状が落ち着いたら頻度を減らして様子を見るのも良いぞぃ。上手く活用していけば、症状が緩和されるかもしれんのぅ。

「コンタック鼻炎スプレー」はこちら

大正製薬『パブロン鼻炎アタック』

大正製薬からは、『パブロン鼻炎アタック』がランクイン。ステロイドを配合していて、優れた抗アレルギー作用と抗炎症作用で季節性のアレルギーに効果を発揮します。

ステロイドの種類にもこだわり、体内での作用は弱くアレルギー症状がある患部にはしっかりと効果が表れるアンテドラッグ型ステロイドを採用しています。身体に優しく作られていて、1日2回の使用で症状を緩和してくれる点鼻薬です。

基本情報

成分
ベクロメタゾンプロピオン酸エステル 0.1g(100g中)
用法・用量18歳以上の場合、3時間以上の間隔を空けて1日4回まで使用可能、1回につき1度ずつ噴霧する
副作用
  • 鼻出血
  • 鼻の中のかさぶた
  • のどの刺激感
  • 吐き気
  • 動悸

などが起こる可能性あり

価格1,380円(税抜)
購入方法薬局・薬店・インターネットなどで購入可能

口コミの評判は?

パブロン鼻炎アタックを使用し始めて、花粉症だったのを忘れるくらい症状が楽になったという口コミがいくつかありました。しっかりと効果が発揮されているようで、花粉症シーズンにマスクが要らなくなったという声も。これほど楽になるのなら、使わない手はありませんね。

ひばり
経口薬を試してもイマイチ症状が緩和されない人も、直接患部にしっかり効くパブロン鼻炎アタックを使用すれば楽になるかもしれませんね。これを使用して不快症状がなくなったという人も多いようなので、試してみる価値はありそうです。

「パブロン鼻炎アタック」はこちら

fine『天然アミノ水505スプレー』

fineの『天然アミノ水505スプレー』は、添加物を一切使用せず、卵白から抽出したタンパク質+天然成分で作られた人気商品、天然アミノ水505鼻ぬ~るのスプレー版です。

含まれるタンパク質には、粘着吸着性・抗菌作用・免疫支援・粘膜の保護などアレルギー症状の緩和・改善に効果的な働きがたくさんあります。年代・性別を問わず、多くの人がその効果を実感していて、添加物を使わず天然成分にこだわっているため子どもや妊娠中の女性でも使用可能です。副作用もほとんどないので、安心して使用することができます。 

基本情報

成分
卵白(アミノ酸結合水)
用法・用量1日1回ほど1回につき1度ずつ噴霧する
副作用ほとんどなし
価格1,134円(税込)
購入方法公式サイトにて送料無料で購入可能

口コミの評判は?

  • 子どもと使えるのが嬉しい
    5/5
    子供は鼻が気持ちいいと自分ですすんでぬっています。花粉飛散の時期に限らず、年間を通じて鼻のムズムズが気になったら使っています。我が家は5年間『鼻ぬ~る』だけです。

    ファイン工業株式会社エグザ研究所

  • 今までで1番効果を実感
    5/5
    もう手放せない・・・納得です! 一年中アレルギー症状で悩まされていてこの10年間、病院の薬やいろいろな市販薬・対策商品を試してみましたが、『鼻ぬ~る』が一番です。もっと早く知りたかったです。

    ファイン工業株式会社エグザ研究所

目立った副作用もなく、子ども~大人まで安心して使えるので、幅広い世代に受け入れられている商品です。親子で使用しているという人や、他の経口薬よりも効果を実感して乗り換えた人もいました。自分に合っていて、毎年使い続けている人もいるようです。

できるだけ安心して使える点鼻薬を探しているなら、天然アミノ水505スプレーがおすすめです。

カルナ博士
天然成分だけでアレルギー症状に効果があるとは驚きだぞぃ。天然アミノ水鼻ぬ~るは、スプレータイプと塗るタイプがあるので、気になる人は公式サイトをチェックじゃ!

「天然アミノ水505スプレー」はこちら

【番外】花粉症向けサプリ3選

ランキングとは別に、花粉症のアレルギー症状に効果が期待できるおすすめのサプリを3つご紹介します。薬の副作用などが気になる人は、こちらのサプリから試してみてはいかがでしょうか。

山田養蜂場 花粉ケアEX

花粉症のケアにおすすめなサプリといえば、『山田養蜂場 花粉ケアEX』。健康維持におすすめのブラジル産のプロポリスエキス末、ローヤルゼリーの原料となる花粉荷、季節の変わり目の対策になる甜茶など注目の3つの成分を厳選配合しています。

1粒の大きさがわずか9mmと飲みやすいサイズとなっていて、1日4粒を目安に服用します。花粉の飛散量が多くなる季節の変わり目環境の変化に敏感な人におすすめのサプリです。

基本情報

成分
花粉荷 7.5mg
甜茶エキス 600mg
プロポリスエキス末 225mg
(1日量目安:4粒中)
用法・用量1日4粒を目安に好きなときに飲んでOK
効果実感目安3ヶ月~半年
価格
  • 120粒瓶入り4,500円(税抜)
  • 120粒袋入り4,400円(税抜)
ひばり
花粉症もそうだけど、季節の変わり目に体調を崩しやすい人は意外と多いのよね。花粉ケア+健康維持のために取り入れると嬉しい効果が期待できるかもしれません。定期購入だと1ヶ月ごとのお届けで、通常価格より11%もお得になります。

「山田養蜂場 花粉ケアEX」はこちら

 ラクトプランL-137

『ラクトプランL-137』は、乳酸菌を配合しているサプリです。

乳酸菌の中でも特に健康維持に強い効果を発揮すると言われる加熱菌体HK-137にプラスして、4種類のビタミンB群とビタミンCも含まれています。身体を内側からしっかりと守れるように、生きた乳酸菌よりも高い効果を発揮するように加熱処理をしているのです。

一時的なものではなく、長期間に渡ってその状態がキープされるため、季節の変わり目に起こりやすい花粉症予防風邪・ウイルス対策に効果的となっています。

基本情報

成分
乳酸菌加熱菌体(HK L-137) 10mg(1日量目安:3粒中)
用法・用量1日3粒を目安に噛まずに水などと一緒に飲む
効果実感目安3ヶ月~半年
価格30日分(90粒)3,086円(税込)
カルナ博士
ラクトプランL-137の魅力は、優れた乳酸菌の働きにあるようじゃ。通常の乳酸菌よりもさらに優れた効果が得られるように研究して作られているので、健康を目指す人におすすめだぞぃ。毎月定期お届けコースだけの特典で、初回購入価格が半額になるのも見逃せないのぅ。継続して続けたいなら迷わずお得な定期購入じゃ!

「ラクトプランL-137」はこちら

 北山村産のじゃばらサプリ

最後にご紹介するのは、『北山村産のじゃばらサプリ』。じゃばらというのは和歌山県北山村の特産品で柑橘類のひとつに分類され、幻の果実とも呼ばれています。注目すべきはじゃばらに含まれるナリルチンという成分。

これは強力な抗酸化作用を持つスーパーフラボノイドの一種です。じゃばらにはこのナリルチンの含有量が他の柑橘類と比較すると約13倍で、健康効果が高いとされています。

本来邪気を払うという意味で地元の人達に食されているじゃばらですが、摂取することで福音になると言われているため、じゃばらサプリは積極的に取り入れたい果実系サプリです。

基本情報

成分
じゃばら果皮乾燥粉末
用法・用量1日3~6粒を目安に水などと一緒に飲む
効果実感目安個人差があるので、毎日継続して飲み続けることを推奨している
価格
  • 60粒2,200円(税別)
  • 90粒2,760円(税別)
ひばり
こちらの商品も定期購入ありで、5%OFFや3個セットでお得な価格で購入できるなど複数のプランが用意されています。サプリ以外に子どもでも飲めるじゃばら入りのジュースも販売されていますよ。定期購入に珍しく、1回のみの使用でも解約可能なので、回数に関わらず定期購入を申し込むとお得です。普段めったに口にできないじゃばらの優れた効果を実感したい人は、公式サイトを覗いてみて下さいね。

「北山村産じゃばらサプリ」はこちら

 花粉症の市販薬の疑問をQ&A

ここまで様々な種類の花粉症に効く市販薬を紹介してきましたが、まだ少し疑問が残る人もいるのではないでしょうか。そこで、市販薬を選ぶ基準や使用する時期について小さな疑問を解決していきます。分からないことを解消して、安心して薬選びができるようにサポートします。

病院の処方薬ザイザルの市販薬は?

花粉症や鼻炎の症状に処方されることが多いザイザルは、眠気などの副作用を抑え、強い効果を発揮します。このザイザルに似た市販薬は、残念ながらまだ販売されていません。しかし、ザイザルの元となるジルテックという薬に似た市販薬は存在します。ジルテックに含まれる主成分はセチリジン塩酸塩。これを含む市販薬には、「コンタック鼻炎Z」と「ストナリニZ」の2種類があります。ジルテックとザイザルの効果はほぼ同じとなるため、市販薬で代用したいときはこのどちらかを選ぶのがおすすめです。

価格の安い市販薬でも効く?

市販薬でも、そこそこ良いお値段のものから安いものまで様々な種類があります。できる限り費用を押さえたいという人も多いですよね。そこで気になるのが、安い=効果がない、または薄いのでは?ということ。しかし、ある程度の金額のものを使用しなければいけないわけではなく、自分の体質に合っていれば安い市販薬でも十分効果を得られる可能性があります。反対に、いくら高い薬を買ってもあまり効果を実感できないケースもあるので、自分に合ったものをしっかりと見極めることが大切です。現在は安い市販薬でもコスパの良いものが揃っているので、安いからといって避けるのではなく、1度使用してみるのも良いかもしれませんね。

薬はいつ頃から使い始めるのがベスト?

花粉症の症状が悪化してから薬を飲みはじめる人もいますが、アレルギー症状が出てから飲んでも、思ったように効果を得られないこともあります。飲みはじめるベストなタイミングは、花粉のシーズンがくる2週間ほど前から予防という意味も込めて使うのが良いでしょう。症状が出る前に薬を飲みはじめると初期療法に繋がり、その後花粉症の症状が出たとしてもいつもより軽く済む場合が多いようです。特に中~重度の花粉症に悩んでいる人は試してみて下さい。

市販薬だけで花粉症の対策は万全?

花粉症の予防・対策には、ただ市販薬を飲めばいいというわけではなく、その他アレルギー症状を悪化させないための対策が必要です。外出時はマスクを着用、帰宅後は手洗い・うがいをする、掃除をこまめに行う、お風呂でしっかりと花粉を除去する・空気清浄機を活用するなど、身の回りで実践できる花粉症対策が必ずあります。市販薬を使うのも良いですが、花粉症を悪化させない環境づくりを同時に行っていけるのが望ましくなります。

カルナ博士
ほほぅ。花粉症の薬は風邪のように症状が出てからではなく、アレルギー症状が出る前から飲んでおくことが大事なんじゃな。予防をしっかり行っておくと症状が出ても悪化しずらくなるぞぃ。
ひばり
花粉症の薬は価格で選ぶよりも、含まれている成分や期待できる効果を良く見て使ってみたいと思えるものを選ぶのが良いですね。生活の中でできる対策も一緒に行っていけばそれほど花粉症に悩まなくて済みそうです。

 体質に合った市販薬で花粉症を緩和

花粉症に効く市販薬といっても、経口薬・点眼薬・点鼻薬など色々なものがあるので、使ってみて自分の体質に合うものを選びましょう。薬の種類によっては効果が薄いと感じる場合もありますが、個人差があるので一人ひとり自分に合った薬は違うはずです。紹介したサプリや薬を飲み始めるタイミングも参考にして、不快なアレルギー症状を緩和しましょう!


おすすめ花粉ケアサプリメント!ラクトプランL-137