【保存版】花粉症に効く強い薬はこれだ!処方薬・市販薬ランキング

【保存版】花粉症に効く強い薬はこれだ!処方薬・市販薬ランキング

wWCJbit9.jpg

花粉症になった時、効果的な強い薬を知っておくことは大切です。処方箋と市販薬の2つのカテゴリーにわけ、それぞれどのような薬があるのか、また、どんな効果があるのかを検証していきたいと思います。花粉症で悩んでいる方は必見です!

シェアする

花粉症に効果バツグンの強い薬はある?

春先になってくると毎年、つらいのが花粉です。症状が今まで出てなかった人でもある年からいきなり始まったりするので、油断はできません。もし、花粉症になってしまった時、事前にどんな薬があるのかを知っておくのは非常に大切なことです。

そこで今回は、処方箋・市販薬の中からとくに効果の強いとされる薬をご紹介していきたいと思います。今、花粉症にかかっている方はもちろん、そうでない方も、どのような薬があるのかその実態を知っておきましょう。備えあれば、憂いなしです。

【処方薬】強い順ランキング

花粉症の処方薬の主成分は、アレルギー反応を引き起こすきっかけであるヒスタミンの分泌を抑える抗ヒスタミン剤となります。ですので、基本的にこの抗ヒスタミン剤の強さの度合いによってどのような薬かが決まります。

抗ヒスタミン剤は、年代によって第1世代第2世代の2つに分けられます。

  • 第1世代:抗アレルギー成分だけでなく他にもいろいろな成分が入っていて即効性がある。副作用として眠気やだるさなどが出やすい傾向。
  • 第2世代:強い副作用を抑えるように開発。緩やかに効果が継続していく薬となり副作用も比較的弱くなりました。

その点を踏まえながら、強い処方薬順に特徴をみていきましょう。

なお、薬の強さは複数の医師・薬剤師のブログ等から総合的に判断したものです。医師や薬剤師によって判断も異なっており、必ずしもこうであることを保証するものではありません。あくまでも目安としてご覧ください。

セレスタミン

【特徴・効果】

セレスタミンは、1回の服用でも多大な効果が期待できる強い花粉症薬ですが、他の花粉症薬とは根本的に性質が違います。鼻水などのアレルギー症状に使用される小児用シロップで有名なポララミンと軟膏・目薬で有名なリンデロンの2つ成分を組み合わせた配合剤です。ポララミンは第1世代の抗ヒスタミン剤、リンデロンはステロイド剤となっており、セレスタミンはこの両方の効果が期待できます

セレスタミンは他の花粉症薬が効かない場合、短期的に処方する非常に強い薬で、花粉症の有効率は他の薬よりも格段に高いです。さらにステロイド剤もはいっていますので、皮膚の湿疹炎症やかゆみに対しても高い効果を発揮してくれるでしょう。

しかし、その反面、眠気やだるさ、口の乾き、目のかすみなどといった第1世代の抗ヒスタミン剤が有する副作用もあります。また、ステロイド剤の副作用として、長期間使用し続けると感染症・高血圧・高血糖・胃潰瘍などの症状になる可能性が出てくるでしょう。

なお、緑内障前立腺肥大症などの疾患のある人は服用できません。さらに、3日以内にセレスタミンを服用していた場合は、献血をすることができないので、ご注意ください。

セレスタミンは非常に強い薬ですが、医師の指示に従い用法・容量を守って服用すれば、問題ありませんので、花粉症が酷い方は試してみるとよいでしょう。

【価格の目安】

ジェネリック1錠:6円 その他1錠:6~10円(シロップと錠剤がありますが、ジェネリック薬品は錠剤のみです)

アレロック

【特徴・効果】

アレロックは、抗ヒスタミン薬のひとつで、アレルギー症状を抑える薬です。花粉症はもちろん、じんましんや皮膚のかゆみにも使用されます。第2世代の抗ヒスタミン薬に分類され、抗ヒスタミン特有の眠気やだるさ、口の乾き目のかすみなどといった副作用はありますが、第1世代の薬ほどはありません。

多くの医師や薬剤師が第2世代の薬の中ではもっとも強いという印象を持っている花粉症薬です。

【価格】

ジェネリック1錠:20~40円 その他1錠:40~70円(錠剤と顆粒があります)

ジルテック

 【特徴・効果】

ジルテックは、アレロックと同じ第2世代の抗ヒスタミン薬のひとつで、花粉症やアレルギー性鼻炎、皮膚炎などの症状に効果があります。さ・効果ともにアレロックとそれほど大差はない薬といえるでしょう。副作用も同様です。また、この薬は処方箋だけでなく市販薬にも使用されています。

【価格】

ジェネリック1錠:30~60円 その他1錠:70~100円(錠剤)

ザイザル

【特徴・効果】

ザイザルは上記のジルテックを改良した薬です。花粉症やアレルギー性鼻炎、皮膚炎などの症状に効果があります。効果・強さともにジルテックに負けないくらいあるのですが、ジルテックと比較すると眠気の副作用が少なくなっているのが特徴です。

第1世代ほどではないにせよ、ままある第2世代の副作用をさらに抑えた花粉症薬といえるでしょう。

【価格】

1錠:90~100円(錠剤・現在ジェネリック薬品の販売はまだありません) 

タリオン

【特徴・効果】

タリオンは第2世代に分類される抗ヒスタミン薬です。上記と同様に花粉症などのアレルギー症状に効果があります。強さとしては、同じ第2世代のアレロック・ジルテック・ザイザルなどより弱く、下記のアレジオンやアレグラと同程度の効果とみられています。

タリオンの特徴としてアトピー性皮膚炎に対して効果があることがあげられるでしょう。副作用もそれほど強くはないですが、人によっては眠気を覚える人もいます。なお、市販薬は販売されていません。

【価格】

1錠:40~50円(錠剤・現在ジェネリック薬品の販売はまだありません) 

アレジオン

 【特徴・効果】

アレジオンは第2世代に分類される抗ヒスタミン剤です。花粉症をはじめとするアレルギー症状を緩和させる効果があります。薬の強さとしては上記のタリオンと同程度ですが、副作用である眠気もそれほどでないために、効果と副作用のバランスがちょうどよい処方薬といえるでしょう。

また、気管支喘息に適応を持っているという特徴を持っており、これが他の抗ヒスタミン剤との違いになります。アレジオンは市販薬も販売されている薬です。

【価格】

ジェネリック1錠:30~90円 その他1錠:130~180円(錠剤)

アレグラ

  【特徴・効能】

アレグラは第2世代に分類される抗ヒスタミン剤です。花粉によるアレルギー症状はもちろん、ダニやハウスダストによる通年性のアレルギー症状にも効果があるとされており、年中花粉症のような症状が出る人には効果的です。

アレグラの特徴としては、副作用による眠気が他の第2世代の抗ヒスタミン剤より少ないことがあげられます。効き目としてはやや弱い部類に入るでしょう。アレグラも市販薬が販売されている薬です。

【価格】

ジェネリック1錠:20~40円 その他1錠:60~70円(錠剤)

ディレグラ

【特徴・効果】

ディレグラは上記のアレグラにプソイドエフェドリンという成分を加えた第2世代の抗ヒスタミン剤です。アレグラと効能はほぼ一緒ですが、プソイドエフェドリンの作用によりアレグラに比べ鼻づまりに対して効果があるのが特徴です。

ディレグラはアレグラとほぼ同じ成分であり、市販薬も販売されています。

【価格】

1錠:60~70円(錠剤・現在ジェネリック薬品の販売はまだありません) 

エバステル

 【特徴・効果】

エバステルは第2世代の抗ヒスタミン薬です。花粉症などのアレルギー症状に効果を発揮しますが、第2世代の抗ヒスタミン薬の中では中程度の効果となります。眠気などの副作用もそれほどありませんので、軽度、中程度の症状によく使用されるでしょう。

強すぎない薬ということもあり小児の治療に使われることが多いです(処方薬は7歳以上から使用可能)。市販薬も販売されています。

【価格】 

ジェネリック1錠:30~60円 その他1錠:60~100円(錠剤)

クラリチン

 【特徴・効果】

クラリチンは第2世代の抗ヒスタミン薬に分類されます。花粉症などアレルギー症状の改善が期待できます。薬の強さは第2世代の中ではもっとも弱い部類に入るでしょう。しかし、花粉症薬の中ではもっとも眠気が出にくい薬です。なお、市販薬は販売されています。

【価格】

ジェネリック1錠:20~50円  その他1錠:80~90円(錠剤タイプ以外にもドライシロップタイプもあります)


カルナ博士
うむむ、花粉症の処方薬にもこれだけ種類があるのじゃな(汗)。どれにするか迷ってしまうわい……。

ひばり
病院でしか処方されないのもあるわね。症状に合わせて軽度だったら、花粉の時期前の予防や軽度なら効果が比較的軽いものを選べばいいと思います。あと、第2世代の抗ヒスタミン薬は副作用が弱いといっても、人によっては出てくることもありますので、服用するタイミングを寝る前とかにして調整すればいいでしょう。

【市販薬】強い順ランキング

鼻炎Z(コンタック)

 【特徴・効果】

処方薬ではジルテックに使用されているのと同じ成分が使われているもっとも強い分類に入る花粉症市販薬です。花粉症やハウスダストによるアレルギーやくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を緩和してくれます。1日1回で効果が持続するため、花粉症のひどい人の必需品となるでしょう。

【主成分】

セチリジン塩酸塩

【価格・内容量】

 希望小売価格(10錠):1,600円 希望小売価格(14錠):1,886円

【口コミ】

鼻炎Z(コンタック)の口コミは見当たりませんでした。しかし、どのサイトでも「強い市販薬」として紹介されており、Q&Aサイトでも多くの人が、「市販の内服薬で効く薬」としてコンタックを例にあげていました。どんな効果か誰でも知ってるから口コミする人もいないのかもしれませんね。

商品詳細はこちら

ストナリニZ(佐藤製薬)


【特徴・効果】

コンタックと同じく処方薬ジルテックと同じ成分が使用されている市販薬です。コンタックとほぼ同成分であり、強さもそれほど変わりませんし、1日1回で効果が持続する点もいっしょとなっています。どちらも使用しても問題はないので、薬局で安い方を買った方がよいでしょう。

【主成分】

セチリジン塩酸塩

【価格・内容量】

希望小売価格(10錠):1,619円 希望小売価格(14錠):1,886円

【口コミ】

 ストナリニZも口コミはほぼありません。コンタック同様「強い市販薬」のイメージが定着しており、今更口コミする必要はないということなのでしょう。

商品詳細はこちら

アレジオン20(エスエス製薬)

【特徴・効果】

処方薬にもある第2世代抗ヒスタミン薬アレジオンの市販薬です。花粉症の市販薬の中では効き目が強いほうではありませんが、眠気やパフォーマンスの低下を起こしにくいという特徴があるため、ビジネスマンを中心に愛用されています。

効果は1日中持続しますので、寝る前に服用するのがよいでしょう。

【主成分】

エピナスチン塩酸塩

【価格・内容量】

希望小売価格(6錠):1,316円 希望小売価格(12錠):2,036円

【口コミ】

  • 大変満足しています。
    40代 男性
    大変満足しています。花粉が飛散している季節に使用することにより、鼻詰まり、くしゃみを軽減してくれるため購入しました。

    レシーポ

こちらの方はよくアレジオンの効果を実感されているようです。軽度~中度くらいの花粉症ならそこまで効果の強くないアレジオンでもしっかりと効くことでしょう。

  • 眠気がない薬とのこと。
    50代 男性
    1日1回で眠気がないこと。毎年花粉症の季節になると薬を服用していて、もうそろそろ飲もうと思って買いに行ったら、眠気が少ないと書いてあってので、この商品を買ってみた。

    レシーポ

眠気がない薬ときいて購入したという口コミです。だいたいドラッグストアで眠気がない花粉症薬を尋ねるとアレジオンか下記のアレグラFXがすすめられるでしょう。それほど、一般的に名度の高い薬であるといえます。多くの人が使用されているので安心ですね。

商品詳細はこちら

アレグラFX(久光製薬)

【特徴・効果】

第2世代抗ヒスタミン剤であるアレグラの市販薬です。知名度の高い市販薬のひとつで、多くの方が使用されています。現在出ている市販の花粉症薬の中ではもっとも眠くなりにくい薬といえるでしょう。もちろん、だた、効果は弱いため「効かない」という人もいるようです。

なお、他の花粉症薬と違い1日2回の服用となっていますので、コストパフォーマンス的には少し高めになるかもしれません。

【主成分】

フェキソフェナジン塩酸塩

【価格・内容量】

希望小売価格(14錠):1,314円 希望小売価格(28錠):2,036円

【口コミ】

  • 一番眠気が少ないように感じます。
    アレグラは、処方薬と比べ、多少パフォーマンスは落ちるものの、鼻炎薬の中で一番眠気が少ないように感じます。薬局で尋ねたところ、病院で処方されるものと全く同じ成分だそうです。病院では「飛行機のパイロットも使えるくらい眠気がない」と伺っています。この時期の耳鼻科の混み具体は大変なものなので、市販で買えるのはうれしいです。

    花粉症の薬の口コミ

効果はやや弱いものの、眠気は一番少ないと述べられています。もちろん、体質に合う合わないはあると思いますが、市販薬の中では一番眠くなりにくいようですので、遠くへドライブに行く際などは重宝するかもしれませんね。

  • 花粉が強くなってくるとダメみたいです。
    家族4人全員花粉症です。アレグラは2月のうちはよかったのですが、飛散量が増えた3月に入ってからはダメでした。病院に通っています。

    花粉症の薬の口コミ

最初はきいていたが、花粉が強くなってくるとダメだったという口コミです。軽度の花粉症には効果的でしょうが、ある程度強い花粉になると効果を発揮できない場合もあるようですね。マスクやその他の花粉対策をした上でアレグラを飲んでもダメなら、一度医師の診察を受けた方がよいかもしれません。

商品詳細はこちら

エバステルAL(興和株式会社)

【特徴・効果】

第2世代の抗ヒスタミン薬の一種で、処方薬として扱われるエバステルの市販薬版となります。花粉症やアレルギー性鼻炎症状に効果を発揮しますが、効き目はそれなりにありますが、即効性はあまりないようです

くしゃみや鼻水などよりもアトピーなどのアレルギー症状に対して効果があるとも言われています。1日1回の服用です。

【主成分】

 エバスチン

【価格・内容量】

 希望小売価格(6錠):1,400円 希望小売価格(12錠):2,000円

【口コミ】

  • 効き目が長持ちします。
    40代 男性
    ホコリを吸うとくしゃみが止まらない為、これを使用していました。効き目が長持ちするので寝る前に飲んでいましたが、続けていると症状が治まりました。また調子が悪い時は購入を考えています。

    本音と口コミ.jp

 こちらの方はエバステルALがあっていたようですね。この方もいっているように1日1回服用で効き目が長持ちする薬ですが、即効性はそれほどありませんので、注意が必要です。

  • あまり効果がなかったです。
    30代 男性
    外仕事をしているとホコリでくしゃみが出るので困っていました。予防に飲み始めましたが、くしゃみは止まらないのであまり効果が無かったです。続けても改善出来なくて残念でした。

    本音と口コミ.jp

上記の方とは逆に効かなかったという口コミです。抗ヒスタミン剤はアレルギー症状を抑える薬で、その効果の一貫としてくしゃみや鼻水がとまるのであって、花粉症やアレルギー症状と関係ない場合は効かないでしょう。

商品詳細はこちら

クラリチンEX(大正製薬

【特徴・効果】

処方薬のクラリチンを市販販売しているのがクラリチンEXです。花粉症やアレルギー症状に効果があり、第2世代の抗ヒスタミン薬の中ではかなり弱い部類に入りますが、市販薬としては、それなりに効くでしょう。

また、処方薬と同様に眠くなりにくいという特徴がありますので、眠気のなさを重視する人にとっては重宝する薬といえます。1日1回の服用です。

【主成分】

 ロラタジン

【価格・内容量】

希望小売価格(7錠):1,380円 希望小売価格(14錠):1,980円 

【口コミ】

 こちらの方はクラリチンでかゆみが軽減されているようですね。アトピー性のアレルギー症状はもちろん、クラリチンEXは花粉症によるくしゃみや鼻水などの予防にも効果的です。

発症した後だと効果はないと思い込んでいたようですが、ちゃんと効いているようです。抗ヒスタミン剤はアレルギー反応を抑える薬ですので、発症した後であってもある程度の効果は期待できるでしょう。

商品詳細はこちら


カルナ博士
第2世代の抗ヒスタミン薬も次々と市販薬になっているようじゃのう!
ひばり
そうね、最近は、医療用のものが安全面がクリアされ、市販できる一般用になった「スイッチOTC医薬品」も増えてきていますから、今は処方薬だけの薬でも将来的には、市販されるかもしれません!

【子供用】おすすめ市販薬

こどもパブロン鼻炎液S(大正製薬)販売終了

【特徴・効果】

第1世代の抗ヒスタミン薬であるポララミン(d-クロルフェニラミンマレイン酸塩) を主成分とした鼻炎用の市販薬です。抗ヒスタミン薬を使用していますので、アレルギー鼻炎や花粉症に高い効果が期待できるでしょう。

3ヶ月以上の乳児から服用可能で、飲みやすいストロベリー味のシロップ剤となっています。子供の花粉症や鼻炎といったら、まず最初に服用するべき代表的な薬です。

【主成分】

d-クロルフェニラミンマレイン酸塩、ケイガイ流エキス、シンイ流エキス

【価格・内容量】

 希望小売価格(100ml):1,099円

【口コミ】

こどもパブロン鼻炎液Sについての口コミは見当たりませんでした。ただ、子供用の花粉症薬を紹介しているサイトではのせているところが多かったですので、非常によく知られた一般的な子供向き花粉症薬なのだろうと思われます。

キッズバファリン鼻炎シロップS(ライオン株式会社)

【特徴・効果】

第1世代の抗ヒスタミン薬であるポララミン(マレイン酸クロルフェニラミン)と血管収縮作用のあるdl-塩酸メチルエフェドリンの2つの有効成分によって、急性鼻炎やアレルギー性鼻炎などの症状を改善します。

3ヶ月以上のお子さんから服用可能な飲みやすいイチゴ味のシロップです。また、ノンカフェインなので睡眠の妨げにもならず、誤飲を防ぐ安全キャップもついていますので、安心して服用させることができます。

【主成分】

マレイン酸クロルフェニラミン、dl-塩酸メチルエフェドリン

【価格・内容量】

希望小売価格(120ml):980円

【口コミ】

  • ノンカフェインなので安心です。
    40代 男性
    鼻炎の症状が治まらないのでこれを飲ませています。ノンカフェインなので子供でも安心して飲めるシロップだと思います。鼻の調子も前より良くなったと言ってるので効果もあるようで安心しました。

    本音と口コミ.jp

ノンカフェインなので、安心して飲ませられ効果も実感できているという口コミです。誤飲を防ぐキャップなどもついており、お子さんの安全にとても配慮した商品ですので、鼻炎の時は重宝しますね。

  • これは喜んで飲んでくれます。
    30代 女性
    鼻水が止まらないない子供を見て購入を決めました。味付きの甘いシロップなので、これは喜んで飲んでくれます。鼻水にも何となく効果が出ているので、改善するまでは続けてみようと考えています。

    本音と口コミ.jp

鼻の出る子供に飲ませたところ、喜んで飲んでくれて症状も改善しているみたいという口コミですね。 キッズバファリン鼻炎シロップSは花粉やアレルギー症状に非常に効果的な抗ヒスタミン薬入りですので、続ければ時期に効果があらわれると思います。

商品詳細はこちら

宇津こども鼻炎シロップA(宇津救命丸)

【特徴・効果】

第1世代の抗ヒスタミン薬であるポララミン(d-クロルフェニラミンマレイン酸塩)と血管収縮作用のあるdl-塩酸メチルエフェドリン、鼻水の分泌を抑えるベラドンナ総アルカロイドなどを主成分としている鼻かぜやアレルギー性鼻炎に効果的なシロップ薬です。

飲みやすい甘いブドウ味ですが、ノンシュガー、ノンカフェインですので、歯を磨いたあとでも飲ませることでき、睡眠の妨げにもなりません。容器も割れにくいプラスチックボトルにお子さんが開けにくい安全キャップを採用していますから、安心してご利用いただけます。

【主成分】

d-クロルフェニラミンマレイン酸塩、 dl-メチルエフェドリン塩酸塩、ベラドンナ総アルカロイド

【価格・内容量】

希望小売価格(120ml):1,200円 

【口コミ】

宇津こども鼻炎シロップAの口コミは見当たりませんでした。しかし、評価としては上記でご紹介した2つの子供用シロップと効果はそれほど違わないとのことです。唯一ノンシュガーであるからという点と飲みやすくて子供が服用しやすいという理由から購入されている方が多いようですね。

カルナ博士
なるほどのう、子供用の市販薬は安全設計のものばかりじゃな!


ひばり
その通りよ。いかに「子供に薬と思わせない」で飲ませるかが、小さい子に薬を飲ませる時は大事だけど、その点、甘いシロップなら、子供でも喜んで飲めますから、吐き出す心配もないでしょう!

効果をアップさせる飲み方をご紹介

「そろそろ花粉が飛び始める頃」に飲み始める

抗ヒスタミン薬に代表される花粉症の症状を緩和させる薬には、大きくわけて「抗ヒスタミン」と「抗アレルギー」2種類の効果をもたらします。よく勘違いされることですが、基本的に花粉症に対する抗アレルギー効果はだいたい1~2週間前(十分な効果を得たいなら1ヶ月前)から飲むのがよいとされているのです。

薬の多くは即効性を感じられるものも多いですが、これは「抗ヒスタミン」の作用となりますので、アレルギー症状をちゃんと「予防」したい場合は1~2週間前から飲み続けるべきとなっています。もちろん、薬によって差異はありますので、しっかり用法・用量は守りましょう。

食前に飲むと吸収率アップ

とくにアレグラなどの1日2回服用する花粉症薬の場合、飲むタイミングは食前が良いとされています。これは、食後に飲むよりも食前(空腹時)に飲む方が薬の吸収率があがり、より効果を発揮するからです。

なお、1日1回の薬などは、就寝前のタイミングに飲めば次の日の夜まで効果が持続するとされています。また、上記でも説明したように花粉症薬には、抗アレルギー効果がありますので、花粉が少ないからといって服用を止めるのはよくないでしょう。

花粉症薬は、飲み続けることで、「花粉症を予防する」薬です。

水かぬるま湯で飲むのがベスト

花粉症薬に限らず、医薬品である薬はたとえ市販薬であっても、水、またはぬるま湯で服用すべきです。これは、お茶やジュースにはカフェインや糖分などなにかしらの成分が入っており、これと薬の成分が何かしらの科学反応を起こし、効き目が薄くなる可能性があるからです。

医薬品を服用するときは水かぬるま湯で服用するのは、常識として覚えておきましょう。


カルナ博士
うむうむ、正しい時期に、正しい用法で飲んで、薬の効果を最大限に発揮せねばならんのう。

ひばり
そうね。せっかく効果的な薬を服用しても、飲み方が間違っていたら、十分に効果を発揮できないでしょう。医師や薬局の人からしっかりと薬の説明を聞いておくことが大事ですね!


症状や目的に合わせて薬の強さを選ぼう

花粉症に使用される代表的な薬を処方薬と市販薬にわけて、ご紹介してきました。どのくすりも花粉症やアレルギー症に効果があるという点では一緒ですが、強さやどの症状にとくにきくのかなど細かい点では大きな違いがあります。まずは、医師や薬局の人と相談して「自分の症状」を自覚して、それに合わせた薬を選択することが大事です。一番自分にあった花粉症薬を手に入れて、つらい花粉の時期を乗り切りましょう!

参考リンク

厚生労働省ー適格な花粉症の治療のために(第2版)
厚生労働省ー抗ヒスタミン薬主薬製剤
日本赤十字社ー献血いただく前にご確認ください

TOP