これって若年性更年期障害?症状をチェックしてわかる心身のゆらぎとは

これって若年性更年期障害?症状をチェックしてわかる心身のゆらぎとは

wYvCzkeD.jpg

最近休んでも疲れがとれない…もし20代~30代でそんな症状に悩んでいたとしたら、それは若年性更年期障害の可能性があります。更年期障害は中高年女性だけに起こる症状ではありません。今回は若い世代もかかる更年期症状にスポットライトをあてていきます

シェアする

これって若年性更年期障害?

最近体のだるさが全然抜けない、気分も沈みがち…そんな症状があれば、ひょっとして何かの病気が隠れているかもしれません。体調不良の原因を調べるには、病院で詳しく検査する必要がありますが、そうした症状を引き起こす病気の一つに、更年期障害があります。

通常、更年期は閉経を挟んだ前後5年と言われており、一般的には45歳~55歳位の間とされます。人によって時期は多少前後しますが、この間は、心身がゆらぎやすく、不安定になりやすい時期です。

しかし、最近では20~30代でも更年期と同様の症状に悩む人もいます。比較的若い人にみられるこうした症状は「若年性更年期障害」と呼ばれます。若年性更年期障害は、医学書に定義づけられている正式な症名ではありません。しかし、そうした症状で悩んでいる人は多く、体質改善のためには、それなりの対策が必要です。

そこで、今回は体調不良に悩む若い人を対象に、「若年性更年期障害」について特集します。症状の特徴、原因、検査方法、セルフケアまで詳しく紹介、体調改善の方法を一緒に考えていきたいと思います。

それでは最初に、その不調が若年性更年期によるものなのか、症状のチェックからしていきましょう。


おすすめサプリメント!基本のサプリ


まずは気になる症状をチェック

これからあげる症状があれば、体は更年期のシグナルを発している可能性があります。更年期障害は女性だけの症状と思われがちですが、実は男性にも同様の症状が起こることがあるんです。男性の更年期については、これまであまり注目されませんでしたが、近年になって盛んにメディアでも取り上げられています。

そこで、ここでは男女別の更年期チェックリストを用意しました。以下のチェック項目で、自分がいくつあてはまるかセルフ診断してみてください。最初は女性用です。

更年期セルフチェックシート(女性用)

  • 疲れやすくなった
  • 生理前の症状がひどくなった
  • 生理が不順である
  • 頭痛やめまいが多くなった
  • イライラしすい
  • 気分が不安定になりやすい
  • 記憶力や判断力が低下している
  • のぼせ・ほてり感がある
  • 汗をよくかくようになった
  • 耳鳴りがする
  • 肌が乾燥しやすい、かゆみがある
  • 動悸、息切れがする
  • 肩こりや腰痛、関節痛がある
  • 寝つきが悪い、不眠気味
  • 手足の冷えがある
  • 頻尿・尿失禁・排尿痛がある
  • 便秘や下痢気味になりやすい
  • 性交時の痛みを感じやすい

いくつ当てはまりましたか?診断結果は、セルフチェックシート(男性編)の下に記載してあります。

続いて男性の更年期セルフチェックです。

更年期セルフチェックシート(男性用)

  • 疲れが取れない
  • 入眠困難&不眠
  • めまい、ふらつき
  • 身体のほてり
  • 頭痛
  • 寝汗が多い
  • 首・肩・背中・手足の痛み、むくみ
  • 体の冷え
  • 味覚異常&食欲不振
  • 仕事がつらい
  • ゆううつになる
  • 気力がでない
  • 朝起きられない
  • 何事にも興味が薄れている
  • イライラする
  • 情緒不安定
  • 記憶・集中・判断が鈍っている
  • 人と関わりたくない
  • 性欲の減退

チェックシートの結果

0~3個ストレスを減らし、栄養をしっかりとって、規則正しい生活を送りましょう。
4~6個ホルモンバランスが乱れている可能性があります。食事と睡眠に気を付けて生活し、薬と上手に付き合いながら症状の緩和をしましょう。
7~8個更年期の治療が必要となる場合があります。病院で診察を受ける事をおすすめします。
9個以上更年期以外の病気の恐れもあるので、早めに病院で検査を受けましょう。

上記はあくまでも目安です。この中のチェック項目に複数該当する場合は、女性は婦人科、男性は男性更年期専門外来(もしくは内科・泌尿器科)を受診することをおすすめします。

それでも症状が改善しない場合は、他科の疾患の可能性もあるので、関係する科で検査をしてもらいましょう。

【原因】なぜ若くして更年期症状が?

一般的に更年期症状がでるのは、40代後半からと言われています。しかし近年は、若くして更年期症状を訴える人も少なくありません。ここではその原因を明らかにしていきたいと思います。

女性にとっての若年性更年期障害は、卵巣機能の低下によるホルモン分泌の低下や、ホルモン受容体異常が大きく影響していると言われます。こうしたホルモン機能異常を起こす原因は全部で5つ。それぞれ順番に見ていきましょう。

【1】精神的ストレス

若年性更年期障害の主な原因はストレスと言われています。20代~30代は本来であれば、ホルモン分泌の異常は起こりにくい年代。しかし、さまざまなストレスによってホルモンバランスが乱れると、更年期と同様の症状が出ることがあります。

20代~30代は、社会的に精神的なストレスが大きい時期です。新しい環境の中、慣れない仕事をこなすプレッシャー、上司や同僚との人間関係における気遣い、恋愛場面における葛藤、結婚生活上で直面する問題など、精神面での負担は大きい時期です。

精神面でストレスがたまると、自律神経のバランスに影響がでます。自律神経とホルモンバランスは、共に脳内の視床下部がコントロールしており、相互に影響を与えています。そのため自律神経が乱れればホルモンバランスが乱れ、その逆もまたしかりです

そもそも更年期障害とは、自律神経とホルモンバランスの乱れによって起こる体の不調の総称で、特定の病気を指しているものではありません。そのため、年代に関わらず、自律神経やホルモンバランスが乱れていれば、更年期と同様の症状は起こると言われています。

若い年代であってもストレスがたまっていると、更年期症状が起こるのはそのためです。

【2】身体的ストレス

若年性更年期障害の原因その2は身体的ストレスです。若年性更年期障害の症状を訴える女性が急増している背景として、女性の社会進出があげられます。

女性をめぐる社会環境は以前とは変わり、男性と同様にフルタイムで働き、残業も同等にこなすことは珍しくありません。そうした生活環境の中で、慢性疲労や寝不足が重なり、自律神経やホルモンバランスが乱れやすくなります。 

またこうした生活習慣の他に、喫煙や飲酒も体の不調を引き起こす原因と言われています。心当たりがある人は禁煙をして、アルコールも控えめにしましょう。

【3】無理なダイエット

若年性更年期障害の原因には、無理なダイエットもあります。特に影響が大きいのは食事制限中でも肉類を減らすと、女性ホルモンを調節するタンパク質が不足して、ホルモンバランスが乱れやすくなります。また無理に食事を減らすことで、ストレスがたまり自律神経のバランスが乱れます

自分では大丈夫だと思っていても、体は意識していないレベルのストレスにも反応するので、その点は注意が必要です。

さらに体脂肪率が極端に落ちると、卵巣機能が低下して、ホルモンバランスが乱れやすくなります

こうしたことから、無理なダイエットは健康維持という点ではデメリット大。時間をかけてゆっくりスタイルを整えていきましょう。

【4】栄養障害・栄養不足

若年性更年期障害には、食生活も大きく関わってきます。栄養不足になると、自律神経とホルモンバランスが乱れやすくなります。特に注意が必要なのがインスタント食品の摂取です。インスタント食品は化学調味料が多いので、体内のミネラルを奪い、成長ホルモンの分泌を妨げると言われています。

成長ホルモンの分泌が抑制されると、疲労感、ストレス、抑うつ症がでてきます。また、骨密度が低くなったり、免疫力の低下といったことにも影響します。これらの症状は若年性更年期障害と重なる部分が多く、疾患を引き起こす原因の一つと言われているんです。

こうした症状を緩和をするためには、自律神経やホルモンバランスを整える栄養素を意識的にとることが大事です。以下に、自律神経とホルモンバランスに効く栄養素をあげるので、ぜひレシピに取り入れてみてください。 

自律神経を整える食品

栄養素食品
ビタミンAニンジン・レバー
ビタミンB1玄米・麦芽米・納豆・豚肉
カルシウム海藻類・大豆
マグネシウム大豆製品・ヒジキ・昆布
鉄分レバー ・ほうれん草・ヒジキ
亜鉛レバー・貝類・豆類

女性ホルモンのバランスを整える食品
大豆食品全般(大豆イソフラボン)、マグロ、カツオ、ナッツ類、アボカド、ココナッツオイル、バター、卵黄

カルナ博士
ひばりくん、健康に良さそうなものばかりじゃな。
ひばり
そうだよ、博士!見るからに健康的な食材ばかりだよね。
気になる症状がある人は、毎日の食生活でここにある食品を取り入れてください。コンビニや外食中心の人は、こうした食材を使っているメニューを積極的に選ぶことをおすすめします。一時的にサプリメントで栄養を補うのも良いアイデアだと思います。

【5】有害物質の蓄積

若い世代の人に更年期症状がでる一因として、有害物質の影響も取り沙汰されています。現代社会で生きていると、環境汚染の影響を知らず知らずのうちに受け、それが体調不良の原因にもなります。

有害物質は一つではなく、人体に影響を与える原因として以下のものがあります。

  • 食品添加物
  • 残留農薬
  • 環境ホルモン
  • 大気汚染
  • 自動車の排気ガス
  • 酸性雨
  • 有害化学物質
  • 発ガン性物質
  • 有害電磁
  • ダイオキシン
  • 遺伝子組み換え食品
もちろん、有害物質に触れたからといってすぐに更年期症状がでるとは限りません。しかし長い時間、有害物質にさらされると、やがて自律神経やホルモンバランスに影響がでてきます。特に都会で生活している若い人は、こうした影響も無視はできません。
カルナ博士
ひばりくん、わしは男性じゃから…あまり心配しなくても良いな。
ひばり
いや…博士の場合は男性というより、若年じゃないよね(笑)
若年性更年期障害は男性もなる可能性があります。ストレスが多かったり、仕事が大変な人は要注意。上記で説明した原因に心当たりがあれば、改善したり、日ごろからできるだけリラックスして過ごすようにしてくださいね。

若い女性に多いホルモンのゆらぎ症状

ここからは不調を抱える若い女性の体の変化についてです。一般的に更年期に入る前の女性には「ホルモンのゆらぎ」が見られます。ホルモンのゆらぎとは、女性ホルモンのエストロゲンプロゲステロンのバランスが崩れている状態です。いわゆるプレ更年期と言われるのはこの状態で、月経不順、自律神経失調症を引き起こしやすく、30代後半から40代前半位までの女性に、こうした症状が多く見られます。

更年期になると卵巣機能が低下しますが、それも突然低下することはありません。ホルモンのゆらぎというプロセスを経て、徐々に機能が低下していくので、こうした症状に自覚があれば、更年期の前兆の可能性があります。

そして今、20~30代の若い世代の女性の間でも、ゆらぎ症状に悩む人が増えています。

ホルモンのゆらぎで起こる症状

ホルモンのゆらぎが起こると、女性ホルモンのうち、女性の美しさを司るエストロゲンが減少します。エストロゲンが減ると、髪のツヤがなくなり、肌が乾燥し、シワが目立つなど、外見的にも若々しさが失われていきます。また以前よりも太りやすくなり、生活習慣病にもかかりやすくなるんです。

さらに卵巣機能が低下すると、排卵が正常に行われなくなるので、生理周期が不安定になります。そうすると受精卵も着床しにくくなるので、妊娠を妨げる可能性があります

年齢が若くても、ホルモンのゆらぎを放置すると更年期症状に発展し、そのまま閉経することもあるので注意が必要です。特に生理周期に変化が見られたら黄信号。いつもと違うと感じたら、早めに婦人科を受診しましょう。

更年期症状に対応する検査

ここからは更年期症状の検査方法についてです。今の体の不調が更年期からきているものかどうかは、女性ホルモンの血中濃度を調べることで判明します。

血液検査

病院を受診したときに若年性更年期が疑われる場合、最初に血液検査をします。血液検査では、脳から分泌されるLH(黄体化ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)の2つの数値と、エストラジオールの分泌量を見ます。エストラジオールは女性ホルモンのエストロゲンに含まれる成分の一つです。

それぞれの値の正常値と、機能低下状態の数値は以下の通りです。ホルモンの数値が機能低下の範囲になると、若年性更年期の診断が下される可能性が高いです。

ホルモン名正常な状態機能低下状態
LH3~1020~30以上
FSH3~1020~30以上
エストラジオール30以上30未満

数値が機能低下の水準にあると、ホルモン値だけ見れば閉経に近い状態となり、更年期障害と診断されます。

ちなみに、男性の若年性更年期障害は、男性ホルモンのテストステロンの分泌量の低下が原因とされます。詳しい診断をする場合は、血液検査、尿検査、PWV検査などの検査を行います。

男性・女性ともに、セルフチェックで該当する項目が多い場合は、早めの受診をおすすめします。

検査・治療できる病院は?

カルナ博士
ひばりくん、ところで自分が若年性更年期障害かも?と思ったら、どこで治療すればいいんじゃ?特に男性の場合は困るぞ。
ひばり
そうね、その点についてはここで詳しく解説するね。
若年性更年期障害は男女別で受診科も変わります。

若年性更年期の検査・治療はどこでできますか?

女性の場合、若年性更年期障害の検査・治療を行うには婦人科や更年期外来を受診しましょう。また心療内科や精神科でも、心身の不調がホルモンバランスの変化からきているか、血液検査でチェックすることができます。
男性の場合は、内科、泌尿器科、男性更年期外来で検査・治療をすることができます。

更年期による体調不良で受診した際には、最初に血液検査が行われます。ホルモン値に問題があれば、若年性更年期障害として治療対象になります。

血液検査をしてもホルモン値に問題がなければ、他の疾患が疑われるため、関係する科で治療を行いましょう。他の病気だと思って検査をした結果、若年性更年期の診断が下されることもあり、その逆もあります。

何か異常があれば、とにかく一度病院で検査をしてみてることをおすすめします。

【漢方】若年性の更年期症状にも有効

ここからは若年性更年期障害のセルフケア特集です。若年性更年期の症状が疑われたら、まずは病院に行くことをおすすめします。しかし、通う時間がない、病院に行くほどの症状ではない、という場合には、セルフケアで症状の改善をしてみましょう。

更年期の改善を得意としているのは漢方薬。病院の外来でも、更年期の治療に漢方薬を処方するお医者さんは多いです。ここでは更年期対策で有名な4つの漢方薬を紹介します。

加味逍遙散

おすすめの漢方のその1は加味逍遥散(かみしょうようさん)です。この漢方は、更年期障害による症状の改善に効く漢方薬で、のぼせ感・肩こり・疲労感・精神不安・イライラといった症状がある人におすすめです。

この漢方薬は「血(けつ)」の不足から「気」が余り、その「気」が熱に変わって体の不調を起こしている人に向いています。熱に変わった気は上にあがる性質があるので、それがイライラや不眠症といった症状を引き起こします。

この漢方薬は不足した「血」を補い、体のバランスを整えて血行を促進し、自律神経も調節して、気持ちも穏やかにします。

体力は中程度以下の人が対象で、冷え性・虚弱体質・不眠症を抱えている人は試してみる価値ありです。

メーカークラシエ
内容量180錠
対象性別女性・男性
一日の服用量成人・1回4錠(1日3回食前又は食間に水か白湯で服用する)
価格 2,899円(Amazon価格)

加味逍遙散料エキス錠クラシエ 180錠

桂枝茯苓丸料

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)も更年期症状に良いとされています。この漢方薬は更年期の他に、生理痛・月経不順・肩こり・頭重・打撲・しみ・しっしん・ニキビなどに効果があるとされています。

この漢方薬の体内の働きは、「血(けつ)」のめぐりを良くすることです。体内で「血」の流れが滞ると、上半身がのぼせて、下半身が冷えやすくなります。

この漢方薬は血のめぐりを良くして下半身の血流を促し、重い生理痛を緩和する効果もあります。比較的体力のある人に処方される漢方薬です。

メーカークラシエ
内容量90錠
対象性別女性・男性
一日の服用量一回1錠(1日3回食前又は食間に水か白湯で服用する)
価格 2,128円(Amazon価格)

「クラシエ」漢方桂枝茯苓丸料エキス錠 90錠

当帰芍薬散

次は当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)です。この漢方薬も更年期の処方として非常に有名で、古くは中国の漢方の原典『金匱要略(きんきようりゃく)』にも記載されている、伝統的に女性に使われているお薬です。

更年期の他には、生理痛、生理不順、産前産後の貧血・倦怠感、めまいといった症状にも処方されます。虚弱体質の人に処方される薬で、体力がない人に向いている漢方薬です。

メーカーツムラ
内容量64包
対象性別女性・男性
一日の服用量一回1包(1日2回食前又は食間に水か白湯で服用する)
価格 3,445円(Amazon価格)

ツムラ漢方当帰芍薬散料エキス顆粒 64包

半夏厚朴湯

最後は半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)です。この漢方薬は、心身ともに疲れやすく、繊細なタイプの人に向いています

半夏厚朴湯はふさがった気分を開く働きがあり、「気剤(きざい)」の代表薬として古くから用いられてきました。更年期の精神不安にも効果が高いとされ、不安神経症や、喉のつかえ感がある人にもよく処方されます。

また不安からくる胃腸の不調を改善する効果があるとも言われています。そのため、神経性胃炎・嚥下障害・つわりといった症状にも使用されます。体力は中程度の人に処方される薬です。

メーカーツムラ
内容量24包
対象性別女性・男性
一日の服用量1回1包(1日2回食前又は食間に水か白湯で服用する)
価格1,679円(Amazon価格)

ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒 24包

更年期対策におすすめの漢方は以上の4つです。ちなみに、女性ホルモンを整えるのに効果がある漢方・生薬には「当帰 (トウキ)」・「芍薬 (シャクヤク)」・「川芎 (センキュウ)」・「地黄(ジオウ)」の4つがあります。

これらの成分を含んでいるのは加味逍遥散、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散の3つです。もう一つの半夏厚朴湯は自律神経のバランスを整えるのに効果があるので、いずれも更年期症状を和らげるのにはおすすめです。

以上の4つは男女ともに効果を発揮するお薬です。決して女性だけしか効かないものではないので、更年期症状に悩んでいる男性の方も試してみてください。

【サプリ】ゆらがないカラダ作り

若年性更年期障害対策のセルフケアは、漢方もいいですが、サプリもおすすめです。漢方ははっきりした症状があれば試せますが、特に病気というほどでない…というときにはサプリの方が使いやすいでしょう。

今回おすすめする更年期対策のサプリは全部で4つ。それぞれの特徴について見ていきましょう。

キッコーマン「基本のサプリ」

更年期におすすめのサプリは、キッコーマンから発売されている「基本のサプリ」です。このサプリは40代~50代の更年期の不調をケアする商品で、若年性更年期障害のケアにも対応しています。

このサプリの主成分はイソフラボンアグリコン・葡萄酒氏ポリフェノール・ビタミンD3、葉酸の4つです。いずれも更年期対策には欠かせない成分ですが、特にイソフラボンアグリコンは、女性ホルモンと似た働きをするので、ホルモンバランスの乱れが生じる更年期の不調によく効きます。

また、葡萄酒氏ポリフェノールは高い抗酸化作用があるのでエイジングケアには最適です。メンタル面への作用も高く、抑うつ・不安・不眠といった症状も改善します。

更年期のさまざまな変化から体を守り、女性の美容もしっかりとサポートするサプリです。

内容量60粒
一日の服用量1日2粒
価格初回購入4,390円

キッコーマン「基本のサプリ」

大塚製薬「エクエル」

おすすめサプリのその2は、大塚製薬の「エクエル」です。

更年期対策と言えば、真っ先に思い浮かぶのは大豆イソフラボン。確かにイソフラボンには、更年期女性の体をサポートする働きがあります。しかし、最近の研究によると、全員がイソフラボンの恩恵を受けられるわけではない、ということが判明しているようです。

大豆イソフラボンの体内の吸収には個人差があり、中には上手く吸収できない人もいます。その原因は腸内で「エクオール」という物質を作れないことにあります。日本人女性の2人に1人は、エクオールを腸内で作れないと言われており、その場合はエクオールを食品から摂取する必要があるんです。

そこで役立つのがこの「エクエル」です。エクエルはエクオールを体内に効率よく届けるサプリで、これを摂ることで、大豆イソフラボンを効率よく吸収できるようになります。自分がエクオールを作れるか否かは、(株)ヘスルケアシステム社のエクオール検査キット「ソイチェック」で調べることができます。

内容量112粒(28日分)
一日の服用量1日4粒
価格4,104円(定期便・送料無料)

大塚製薬「エクエル」

白井田七

更年期対策のサプリ3つ目は「白井田七」です。このサプリは35歳を過ぎて、毎日体が重いと感じている人におすすめのサプリ。もちろんそれ以下の年齢でも、辛い症状に悩んでいる人にはおすすめです。

中国では古くから田七人参という生薬があり、これは「お金に変えることができない貴重な漢方薬」として重宝されてきました。白井田七の名前の由来は、ここからきています。その田七人参を、日本人の白井博隆さんが有機栽培に初めて成功、白井さんが作った田七人参として、この名がつけられました。

田七人参には豊富な栄養が含まれ、収穫後はその土地から10年は雑草も生えないと言われるほど、土壌の栄養分を吸収します。田七人参の中には、サポニン・フラボノイド・ギャバといった成分が含まれ、ゆらぎ世代の女性の健康をしっかりとサポートします。

このサプリは男性にもおすすめで、更年期症状に悩んでいる人は性別問わず、一度試してみてください。

内容量120粒(半月~1ヶ月分)
一日の服用量1日4~8粒
価格3,980円

「白井田七」

高麗美人

おすすめその4は「高麗美人」です。このサプリも更年期女性に人気で、体が重くてツライ、イライラする、集中力・記憶力の低下といった症状をケアします。もちろん若年性更年期対策にも適しています。

更年期の健康は、女性ホルモンの分泌と体のめぐりを整えることが鍵となります。このサプリには女性の健康をサポートする栄養素が98種類含まれ、内側からの変化をもたらします。

この商品に含まれる、高麗ニンジンから抽出された「サポニン」は、全身のめぐりを整える働きがあり、体を理想的な美と健康に導きます。更年期を美しく健康的に過ごしたい、そんな思いを持った人にはまさにピッタリの商品です。

内容量62粒
一日の服用量1日2粒
価格2,570円(定期便・2ヶ月で2袋ずつのお届け・料金は一袋あたりの値段)送料無料

「高麗美人」

若年性更年期障害の症状は要検証

今回の若年性更年期障害特集は以上です。何か思い当たることはありましたか?もし気になる症状があれば、できるだけ早く病院に行って、詳しい検査をすることをおすすめします。若年性更年期障害の症状に感じても、別の原因が潜んでいる場合もあります。

また、若年性更年期障害にみられる症状は、ストレスと無理なダイエットが引き金になることが多いと言われています。心と体に負担がかかると症状が悪化するので、できるだけリラックスした生活を送り、栄養をしっかりとることを心がけましょう。

もしそれでも改善しなければ、漢方やサプリを併用して症状緩和をしてください。あせらず、ゆっくり体質を変えていくことで、きっと元通りの元気な体に戻れるはずです。20代~30代はまだまだ元気な世代、辛い症状はしっかり治して、生き生きと毎日を過ごしていきましょう。


おすすめサプリメント!基本のサプリ


参照リンク

西荻聖和クリニックー若年性更年期障害と云う診断は存在するのか?
ピュアー女性クリニックープレ更年期って何?
渋谷セントラルクリニックー 若年性更年期・プチ鬱外来
五本木クリニックー男性更年期障害(LOH症候群)

TOP