中性脂肪を減らすにはどの薬?種類・効果を処方から市販まで解説

| 部分痩せ
Share:

お腹がタプタプ…痩せるにはどの薬?

お腹がタプタプになっている人は要注意。中性脂肪がお腹周りに溜まっていますので、すぐにでも落とす必要があります。

でも、お腹周りに付いた中性脂肪はなかなか落ちにくいもの。生活習慣の改善と薬を併用することで、中性脂肪を落としやすくできるかもしれません。

今回は、中性脂肪を減らすサポートをしてくれる薬について見ていきましょう。


おすすめサプリメント!シボへール


そもそも中性脂肪とは

中性脂肪が肥満の原因で体に悪いとなんとなくわかっていても、どんな役割があるか詳細を知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?

まずは中性脂肪が体の中でどのような働きをしているかを見ていきましょう。

ひばり
ねぇ、博士。中性脂肪って肥満の原因なんでしょ?なんで体の中に中性脂肪が溜まるの?中性脂肪なんてなければいいのに。

カルナ博士
まぁまぁ、中性脂肪を一方的に悪者扱いするのも良くないぞい。中性脂肪にも役割っちゅうもんがあるんじゃ。

生きる上で必要なエネルギー源

肥満の原因として悪者扱いされがちな中性脂肪ですが、体を動かすためには欠かせないエネルギー源なので、人間の体には必要なものなのです

そもそも中性脂肪は正式名称をトリグリセリドと言い、中性脂質、リン脂質、糖脂質、ステロイドの4種類の脂を指します。

通常、脂質や糖質は中性脂質に変換されて体を動かすためのエネルギーとして使われますが、余った分は貯蓄エネルギーとして蓄えられます

人体を動かすためにはまず糖分が使われるのですが、これが足りなくなると中性脂肪が使われるという順位があるため、例えば運動量が少ないとなかなか中性脂肪が使われないということになるわけです。

また、中性脂肪には体温を一定に保つ働きや、クッションのような働きをして骨や内臓を守る働きがあるので、特に内臓の内外や皮膚の下に溜まりやすくなります。ですからお腹周りに中性脂肪が過剰に溜まってしまうとメタボリックシンドロームとなってしまうのです。

日常の不摂生で中性脂肪は増える

普段の生活習慣が中性脂肪を増やす原因となります。あなたも中性脂肪が増える生活習慣を送っていないかどうかチェックしてみましょう。

食事

中性脂肪が増える一番の原因はやはり暴飲暴食で、特に中性脂肪の材料である炭水化物(糖質)や脂質の過剰摂取が中性脂肪の増加の原因となります。

もちろん炭水化物や脂質は体を動かすためのエネルギーとなるのですが、先程もご説明したように、使われなかった分は中性脂肪として体に蓄えられます。

中性脂肪は1gあたり9kcalのエネルギーがあります。炭水化物には1gあたり4kcal、脂質には1gあたり9kcalのエネルギーがありますので、炭水化物を2.2gあるいは脂質を1g摂取すれば1gの中性脂肪になるというわけです。

炭水化物や脂質が多く含まれている食品を見てみましょう。

食品別炭水化物含有量一覧100gあたりの含有量(g)炭水化物のカロリー(kcal)生成される中性脂肪(g)
砂糖99.2396.8 44.1
あめ97.539043.3
せんべい86.3345.238.4
はるさめ84.6338.437.6
コンフレーク83.6334.437.2
白玉粉8032035.6
はちみつ79.3317.235.2
大麦77.8311.234.6
小麦粉75.9303.633.7
そうめん72.7290.832.3
パスタ72.2288.832.1
コーンスープ(粉末)67.4269.630.0
インスタントラーメン63.525428.2
パン粉63.4253.628.2
くり(甘露煮)56.8227.225.2
ライ麦パン52.7210.823.4
もち50.3201.222.4
アンパン50.2200.822.3
食パン46.7186.820.8
ごはん37.1148.416.5
中華麺29.2116.813.0
そば2610411.6
うどん21.686.49.6
ごぼう13.754.86.1
たまねぎ8.835.23.9
にんじん8.734.83.9
なす5.120.42.3
とまと4.718.82.1
いわし0.72.80.3
牛もも肉0.520.2
生ハム0.520.2
ししゃも0.31.20.1
さば0.31.20.1
たまご0.31.20.1

こうしてみると砂糖やデンプン、小麦などを原料とした食品には炭水化物が多く含まれていることがわかります。
例えば食パンを100g食べると、カロリーは186kcal摂取したことになり、最大で20.8gの中性脂肪が生成される計算となります。
一方、野菜や肉、魚は炭水化物が少なめです

それでは次に脂質の含有量を同様に見てみましょう。

食品別脂質含有量一覧100gあたりの含有量(g)脂質のカロリー(kcal)生成される中性脂肪(g)
ごま油100900100.0
サラダ油100900100.0
牛脂99.8898.299.8
バター8172981.0
牛バラ肉5045050.0
牛サーロイン47.5427.547.5
サラミ4338743.0
ポテトチップス35.2316.835.2
豚バラ肉34.6311.434.6
チョコレート3430634.0
たまご33.5301.533.5
いわし(油漬け)30.7276.330.7
ウインナー28.5256.528.5
まぐろ(脂身)27.5247.527.5
フライドポテト27.4246.627.4
コーンフレーク27.1243.927.1
しめさば26.9242.126.9
クロワッサン26.8241.226.8
さんま24.6221.424.6
ツナ缶(油漬け)21.7195.321.7
デニッシュパン20.7186.320.7
さんま(開き)1917119.0
ぶり17.6158.417.6
鶏もも肉1412614.0
あじ(干物)12.3110.712.3
さば12.1108.912.1
鶏むね肉11.6104.411.6
豚もも肉10.291.810.2
食パン4.439.64.4
ごはん191.0
もち0.87.20.8
しゃがいも0.10.90.1
にんじん0.10.90.1
トマト0.10.90.1

ごま油やサラダ油といった調味油や牛脂は油そのものなので、含まれる脂質はほぼ100%です。
したがって、油で調理されたポテトチップスいわしの油漬け、ツナ缶なども脂質が高めです。
ジャガイモや魚(いわし、まぐろ)はそれほど脂質は高くありませんのでで調理されているかどうかが重要になってきます。
また、脂質に関しては肉が多めで特に牛肉が多い結果となりました。
一方、鶏肉は脂質が少なめなので、健康的にタンパク質を確保するためには魚や鶏肉を積極的に食事に取り入れていくとよいでしょう。

以上の表からわかったことをまとめてみましょう。

炭水化物・脂質が多い・少ない食べ物

  • 炭水化物が多い食べ物…砂糖、小麦(これらを原料にした食品)、米
  • 炭水化物が少ない食べ物…肉、魚、野菜
  • 脂質が多い食べ物…油(これを原料にした食品)、牛肉、スナック菓子
  • 脂質が少ない食べ物…魚、鶏肉、野菜
  • 脂質と炭水化物が多い食べ物…コーンフレーク
  • 脂質と炭水化物が少ない食べ物…野菜、魚

炭水化物と脂質を抑えるには、野菜や魚中心の食生活に改善するのがポイントですね。 

ひばり
コーンフレークとか朝食で食べている人も多そうだけど、脂質も炭水化物も多いんだね。

カルナ博士
そうじゃのぅ。まぁ100gも食べる人はおらんかもしれんが、食べ過ぎは良くないぞい

お酒

お酒も中性脂肪を増やす原因となります。種類によっては糖質が含まれている上に、お酒に含まれているアルコールはカロリーが高いのが要因です。

アルコールは1gあたり7kcalありますので、例えばアルコール度数5%のビールを350ml(1缶)飲むと単純計算で122.5kcalを摂取することになり、最大で13.6gの中性脂肪が生成されることになります。

でも、お酒好きの人にとってはビール1缶ではとても足りませんよね。

飲む量が多ければ多いほど、またアルコール度数が高ければ高いほど、摂取カロリーも高くなります

種類別アルコールの含有カロリー表アルコール度数(%)100mlあたりのカロリー(kcal)生成される中性脂肪(g)
ビール5353.9
焼酎2014015.6
ワイン1510511.7
日本酒1510511.7
ウイスキー4028031.1
泡盛4028031.1

こうして見るとビールは他のお酒よりもアルコール度数も低いし、太らなくて良いじゃない?と思うかもしれません。

ただ、焼酎やウイスキーはロックで飲んだ場合それほど多くの量を飲めるわけではなく、水割りなどにして飲むことも多いですし、日本酒やワインもそれほど多量に飲むことは少ないので、単純比較がしづらのです。

またアルコールのカロリーが高い上に、炭水化物も含まれているから、お酒を飲むと太りやすくなるというわけですね。

次はお酒の種類別に含まれる炭水化物の量を見てみましょう。

種類別炭水化物含有量炭水化物含有量(100mlあたり)炭水化物のカロリー(kcal)
生成される中性脂肪(g)
ビール3.632.43.6
焼酎000.0
ワイン(ロゼ)4364.0
日本酒(清酒・純米酒)3.632.43.6
ウイスキー000.0
泡盛000.0
白酒48.1432.948.1
梅酒20.7186.320.7
スイートワイン13.4120.613.4

ビールや日本酒、ワインなどは炭水化物も含まれているため、アルコールととともに炭水化物も中性脂肪を作る原因となってしまうのですね。

さらに上表では特に炭水化物が多い白酒、梅酒、スイートワインも含めてみました。健康に良さそうな梅酒も炭水化物がたっぷり含まれているのですね。

逆に酎やウイスキーは炭水化物が0です。焼酎はダイエットに良いと言われますが、少量でも満足感が得られることと、炭水化物が入っていないのがその理由かもしれませんね。

アルコール・炭水化物が多い・少ない食べ物

  • アルコールからのカロリーが高いお酒…泡盛、ウイスキー、焼酎
  • アルコールからのカロリーが低いお酒…ビール
  • 炭水化物が含まれるお酒…白酒、梅酒、ワイン、ビール
  • 炭水化物が含まれないお酒…焼酎、ウイスキー、泡盛
  • ※飲む量や飲み方によって摂取カロリーは大きく異なる。いずれにしても飲み過ぎ注意

また、お酒を飲むときにはおつまみを食べる人も多いかと思いますが、これも中性脂肪を増やす大きな原因となっています(お酒自体よりもおつまみのほうが肥満を促進させているという声もあるくらいです)

アルコールには胃液の分泌量を増やして消化を促す働きがありますし、特にビールやシャンパンに含まれる炭酸ガスは胃を刺激する働きがあるので、食欲が増すというわけです。

また、アルコールは食欲を抑制するレプチンというホルモンの分泌量を減らす作用もあります。

ですからお酒を飲んでいると食欲が増しておつまみが欲しくなるというわけですね。

特に焼肉あるいはフライドポテトや唐揚げといった揚げ物はお酒に合いますし、飲んだ後のシメとしてお茶漬けやラーメンなどもとっても美味しいのですが、そんな生活ばかりをしていると中性脂肪は増えていく一方。

なかなかお酒は止めにくいものですが、まずは飲む量を減らしたり、おつまみを野菜などに替えたりするなどして、改善していきましょう。

カルナ博士
酒におつまみ…特に揚げもんなんかは美味いからのぅ。考えただけで飲みとうなってきたわい!止められんのはよ~くわかるぞい!でも、それが肥満への道になるんじゃな!

ひばり
もぅ、博士も気をつけてよ!若くないんだから!まずは休肝日を設けたり、飲む量を減らしたりするのが大切だね。

喫煙

タバコを吸っていると痩せる」逆に「タバコを止めたら太った」という俗説を聞いたことがある人も多いかもしれませんね。確かにタバコに含まれるニコチンは食欲を抑える働きがあり、胃腸の動きもるため食欲が低下するというのも事実のようですが、だからといって「タバコを吸っているから中性脂肪は付かない」と考えるのは間違いです。

喫煙者は非喫煙者に比べてメタボリックシンドロームになる確立が1.3~3倍にまで高まるという研究結果があります。タバコに含まれているニコチンは血管を収縮させる働きがありますが、血行が悪くなると悪玉コレステロールが血中に溜まることになり、善玉コレステロールの数が減少することがわかっています。

善玉コレステロールは血中の中性脂肪を排除してくれる働きがあるのですが、ニコチンを摂取することによって善玉コレステロールを減らしてしまうことになるので、結果として血中の中性脂肪の量が増えてしまうのですね。

また、ニコチンには血糖値を上げて内臓脂肪を増やすコルチゾールというホルモンの分泌を促す働きもあります。血液中の糖が高くなることで、余分な糖が中性脂肪として体に蓄積されていきます。

更にタバコには中性脂肪を浮遊脂肪酸とグリセリンに分解して体のエネルギー源に変換するリポたんぱくリパーゼという酵素の動きを鈍くする作用もあるのです。

タバコが中性脂肪を増やす理由

  • 善玉コレステロールを減少させる
  • 血糖値を上げるコルチゾールの分泌を促す
  • 中性脂肪を分解するリポたんぱくリパーゼの動きを鈍くする

 タバコは食欲を減らす働きがありますが、それ以上に中性脂肪を増やす働きの方が大きいといえます。

百害あって一利なしと言われますが、タバコは肥満の原因にもなるのですね。

また、飲酒と喫煙を両方する人は、お酒を飲んでいるとタバコが吸いたくなる、あるいは飲み会に行くとタバコの量が増えるという経験があるかもしれません。

また、禁煙していてもお酒の席でタバコをもらって、ついついまた吸い出してしまったという苦い経験もあるかもしれませんね。

お酒とタバコは密接な関係があります。

ニコチンを摂取することで、脳が快楽をもっと欲しいと感じるようになるため、お酒が進むようになります。更に、タバコを吸うと血流が悪くなるため、お酒を飲んで血流が良くなったときの気持ちよさをより敏感に感じることができるようになります。

こうしてタバコを吸うとお酒が飲みたくなって、お酒を飲んでいるとタバコを吸いたくなるという負の連鎖が始まり、両方とも摂取量が多くなってしまうのです。

これまでご説明したように、お酒もタバコも中性脂肪を増やす原因。特に両方やっている方は要注意です。

タバコもなかなか止めるのが難しいですが、まずは本数を減らすよう心がけてみてください

運動不足

運動をしていないと太るというのは当たり前のように思われるかもしれませんが、もう少し詳しくメカニズムを見てみましょう。

運動をしないと体を動かす機会がないため、エネルギーも消費されません。消費されなかったエネルギーは体内にどんどん中性脂肪として蓄えられていきます。

お金を使わなかったら、どんどん貯金が増えていくのと同じですね(貯金が増えるのはうれしいですが、中性脂肪が増えていくのは嬉しくありませんよね)

また、運動をしないと体の筋力が衰え、エネルギーが消費されにくい体になっていきますし、血行も悪くなって血中の中性脂肪が排除されなくなるなど、中性脂肪の燃焼効率も落ちてしまいます

運動不足になると単純に脂肪の消費量が増えないだけでなく、燃焼しにくい体質となってしまうので、中性脂肪が溜まってしまいます。

ストレス

ストレスも中性脂肪を増やす原因となります。人体はストレスを感じるとそれに抵抗するためにアドレナリンノルアドレナリンといった神経伝達物質が分泌されます。それと同時に喫煙したときにも分泌されるコルチゾールが分泌されることで、血液中の糖が高くなり、余分な糖が中性脂肪を増やすことになります

また、ストレスを感じると体の筋肉が緊張して血行が悪くなります。疲れたり緊張したりすると肩こりになるのもこの働きが影響しているのですが、血行が悪くなると血液中の中性脂肪が増えることにつながります。

更に、ストレスが大きいと過食になる危険性も高まります。イライラしたときにはついつい食べてストレス解消をするという人もいるかもしれませんが、ストレスを感じると心を落ち着かせる働きがある脳内物質セロトニンの分泌が減少して、食べても満足感が得られないため過食につながります

また、食べるという行為自体がストレス解消につながります。食べ物を食べると体をリラックスさせる副交感神経が活発になるため、食べた後は気持ちが落ち着くのですね(食事の後に眠くなったり、体がだるくなったりするのも副交感神経が活発になっているためです)

食べてストレスを解消するという行為は当然ながら炭水化物や脂質の過剰摂取につながるので、中性脂肪が増える原因となります

代謝の低下

さて、先程お酒の部分でひばりが何気なく重要なキーワードを話したことに気づいたでしょうか?

もう一度、ひばりの言ったことを思い出してください。


ひばり
もぅ、博士も気をつけてよ!若くないんだから!まずは休肝日を設けたり、飲む量を減らしたりするのが大切だね。

もちろん、お酒自体も中性脂肪を増やす原因となるのですが、ひばりはそれに加えて「若くないんだから!」と博士の年齢も心配していたのですね。

人間は生きているだけでエネルギーを消費し、その消費量を基礎代謝と言いますが、基礎代謝量は年齢を重ねることに減少していきます。「歳を取って痩せにくくなった」「昔は痩せていたのに最近お腹が出てきた」という人も少なくないかと思いますが、それは基礎代謝の低下が原因です。

基礎代謝の基準値は男性の場合10代は平均して30~40なのが、20代では25、30~50代では22、50歳以降は21程度になります。一方女性の場合は10代が25~35、20代は22、30歳以降は20~21という数値になります。

同じような生活をしていても、年齢が上がるとともに痩せにくくなるのですね。

基礎代謝が落ちる要因は骨格筋の量が減少すること。若いときは筋力が活発であったため、普通に生活していても太りにくいものですが、歳を取って筋力が衰えてくると、それに伴って基礎代謝も落ち、中性脂肪が溜まりやすくなります

基礎代謝を上げるためには、まずエネルギーを使う筋肉の量を増やすことが大切です。

こんな人は中性脂肪に要注意!

さて、中性脂肪が増える原因を解説してきました。

中性脂肪が増えてメタボになりやすい条件をチェックシートにしてみました。

メタボになる危険性チェックシート

  • 麺類が大好きだ
  • 肉が大好きだ
  • 脂っこい料理が大好きだ
  • あまり野菜は摂らない
  • お酒をよく飲む
  • タバコを吸う
  • あまり運動しない(仕事がデスクワークなど)
  • ストレスが多い
  • 30歳以上

以上の項目に複数当てはまる人は要注意です。

例えば会社では1日中デスクワークで、ストレスも多い。歩くのはたまに一服を吸いに行くときだけ。忙しくて運動している時間もなく、夜遅くに仕事が終わった後はお酒を飲んでストレスを発散……というあなたはメタボまっしぐらかもしれません。

仮に今メタボの人は、上記のようなスタイルと似たり寄ったりの生活となっているのではないでしょうか?

全てを一気に改善することは難しいかと思いますが、まずは「お酒の量を減らしてみる」「肉や麺類ではなく、野菜中心の食事に変えてみる」など、1つでも改善していくことで、メタボを少しずつ解消できます。

カルナ博士
チェックリストに当てはまる項目が多い人ほど、メタボの危険性が高いもんじゃ。今日からどれか1つでも見直したいのぅ。メタボになると病気のリスクも高まるぞい。

ひばり
へぇ~、まぁ、メタボが健康に良くないのは想像できるけど、どんな病気になるのかな?

カルナ博士
よし、それじゃあ後で病気のリスクについても考えてみようかのう。

健康的な体の中性脂肪の数値

体内の中性脂肪の量は血液中の中性脂肪値を図ることで、数値で表すことができます。

日本人間ドッグ学会によると、中性脂肪値の基準は以下のように定められています。

不足一般的要注意異常
~2930~149150~399400~

血液1mgあたりの中性脂肪の量が29以下の場合は低中性脂肪血症の疑いがあります。康的な数値は30~149、150以上はメタボの要件となる脂質異常となります。

健康診断の際には、必ず中性脂肪の量に注目して、もし30~149の範囲外であれば対策をとるようにしてください

高すぎても低すぎても病気のリスク

中性脂肪は高すぎても低すぎても病気のリスクを高めることになります。メタボリックシンドロームという言葉が一般的になりましたが、これは内臓脂肪型肥満と併せて、高血糖、高血圧、脂質異常症のいずれか1つが発症している状態です。

日本では男性の場合は腹囲85cm以上、女性の場合は腹囲80cm以上あるとメタボの可能性が高いと言われています。

中性脂肪が溜まりすぎるとさまざまな疾患を発症させるリスクが高まりますので、ここからは、中性脂肪の値の異常によってかかる病気についてご説明します。

高いと発症しやすい病気①動脈硬化

動脈とは心臓から血液を全身に送るための血管ですが、この動脈が何らかの理由で固くなって血液の流れが悪なってしまう病気を動脈硬化と言い、進行すると心筋梗塞や脳梗塞といった重篤な疾病のリスクが高まります。

血液中の中性脂肪が多くなると善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加します。悪玉コレステロールが増えると、血管の壁が損傷し、その傷口から悪玉コレステロールが侵入して活性酸素と結びついて酸化します。

酸化したコレステロールを除去するために、泡沫細胞という細胞が作られるのですが、それが血管の壁に付着することで脂質プラークという、血液の流れをせき止める障害物となります。

血液の流れを悪くするだけでなく、この脂質プラークが損傷すると血小板が集まって血栓ができ、血管が完全に詰まってしまう原因となります。

こうして動脈硬化が進行していくのですが、心臓の血管が詰まれば心筋梗塞、脳の血管が詰まったら脳梗塞という恐ろしい疾病が起こります。

高いと発症しやすい病気②肝硬変

肝臓に脂肪が付着した状態を脂肪肝と言います。肝臓は食べ物から糖分やタンパク質、脂肪を体内のエネルギーとして使えるように変換する働きがある他、アルコールなどの毒物を分解する、胆汁を生成して消化を助けるなど、さまざまな働きがあります

しかし肝臓に脂肪が付着すると肝臓の機能が低下していき、やがて肝臓の働きに異常が発生し、やがて肝臓が壊死して固くなる肝硬変も脂肪肝が原因となります。

最初は食欲不振や倦怠感といった症状が現れてきますが、症状が重くなると黄疸が現れて、重度になると肝機能が停止して死に至ります。

この肝硬変は中性脂肪はもちろん、アルコールの過剰摂取によって起こりますので、お酒をたくさん飲む人は肝硬変のリスクが一層高くなります

しかも肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるほど、異常があっても自覚症状が出にくい臓器。食欲不振や黄疸などの症状が出始めたときにはすでに手遅れというケースもありますので、日頃から検診を受けることと、中性脂肪を溜め込まないことが大切です。

余談ではありますが、世界三大珍味であるフォアグラは、ガチョウやアヒルの脂肪肝です。ひたすら食べ物を与えてガチョウやアヒルをまるまる太らせることで脂肪肝であるフォアグラが作られるのですね。

美味しいフォアグラなのですが、無理やり餌を食べさせて太らせるので残酷だという声もあります。

高いと発症しやすい病気③糖尿病

糖尿病は血液中の糖の濃度が上がることによって起きる病気で、糖を多く含んだおしっこが出ることから糖尿病と名付けられました。

もともと糖分は脳を始め体を動かすためのエネルギーとして使われますが、糖からエネルギーとなるブドウ糖を抽出して血液中の糖の濃度をコントロールするインスリンが働かかなくなると、血中の糖が多くなって糖尿病になってしまいます。

糖尿病になるとまず「喉がかわく」「疲れやすくなる」「おしっこが出やすくなる」という自覚症状が現れますが、やがて体の機能に悪影響を与えて視力低下や失明を招く糖尿病網膜症や、腎不全、尿毒症などを引き起こす糖尿病腎症、足の腫瘍や手のしびれを発生させる糖尿病神経障害など様々な深刻な症状がでてきます。

血液中の糖が多くなると、エネルギーが過剰となって中性脂肪として蓄えられますので、炭水化物を過剰摂取して中性脂肪が増えている状況であれば糖尿病にかかっているリスクがあるのです。

ひばり
うう…どれも怖い病気ばかりだね。やっぱり中性脂肪には気を付けないと…

カルナ博士
そうじゃな。取り返しのつかんことになる前に対策すべきじゃ。ただ、中性脂肪は悪者とも言い切れん。少なければそれはそれで病気のリスクはあるんじゃよ。

低いと発症しやすい病気①低中性脂肪血症

先程もご説明したように、血中の中性脂肪が少なすぎると低中性脂肪血症の疑いがあります。主に過度なダイエットによる食事制限が原因となっているケースが多いようで、男性よりも女性に多く見られます。

中性脂肪は確かに上記のような疾病のリスクを高めますが、体を動かすエネルギーとなるので、少なすぎるのも問題。内臓機が低下したり、体温を一定に保てなくなったりという弊害があり、低中性脂肪血症になると体の倦怠感などが現れる場合があります。

また、普通に食べているけど中性脂肪の量が異常に少ない場合は、肝臓機能が低下している肝硬変や、栄養の吸収が十分になされない吸収不良症候群、代謝に異常をきたす甲状腺機能低下症などが原因となっていることも考えられますので、精密な検査を受けることをおすすめします。

低いと発症しやすい病気②ビタミン欠乏症

ビタミンは体に無くてはならない栄養素で脂に溶ける性質がありますので、中性脂肪が少ないと体内にビタミンが行き渡りにくくなりビタミン欠乏症につながります。

ビタミンにはAやB群、Cなどさまざまな種類があり、それぞれ役割も異なりますので、どのビタミンがどんな働きをして、欠乏するとどんな症状が起きるのかを表にまとめてみましょう。

ビタミン名役割欠乏すると現れる症状
ビタミンA・網膜の働きをサポートする夜盲症…目の乾燥、視力低下、失明
ビタミンB1・エネルギー代謝を促す
・肌や粘膜を正常に保つ
脚気、意識障害、手足のしびれ、消化不良、肌荒れ
ビタミンB2・エネルギー代謝を促す
・肌や粘膜を正常に保つ
口内炎、口角炎、脂漏性皮膚炎、てんかん、肌荒れ、目や口内の粘膜異常
ビタミンB6・血液や筋肉の生成を促す
・タンパク質の代謝を促す
貧血、てんかん、口角炎、神経過敏、不眠、肌トラブル
ビタミンC・肌や粘膜を正常に保つ
・活性酸素から細胞を守る
・免疫機能を高める
壊血病(肌や歯茎から出血する、傷の治りが遅くなる)
ビタミンD・骨の生成を促す
・免疫機能を高める
骨粗鬆症、骨格異常
ビタミンE・活性酸素から細胞を守る
・コレステロール値をコントロールする
貧血、歩行障害、位置感覚障害
ビタミンK・出血時に止血する
・骨の生成を促す
・血管の健康状態を保つ
出血、骨粗鬆症

中性脂肪が不足してビタミンが体に行き渡らないと以上のような症状が現れます。

身近なところだと、ニキビなど肌トラブルの増加もビタミン欠乏症のわかりやすい症状といえます。

低いと発症しやすい病気③動脈硬化

中性脂肪が多いと動脈硬化が起こりやすくなりますが、逆に中性脂肪が少なすぎても動脈硬化が起こるリスクが高まります。

中性脂肪が多い場合は悪玉コレステロールが増加することが動脈硬化の原因でしたが、中性脂肪が低すぎると脂溶性ビタミンが少なくなり、血管に栄養が行き渡らないことで静脈の壁がもろくなることで静脈硬化につながります

ひばり
なるほど~中性脂肪が少なすぎてもダメっていうことなんだね。

カルナ博士
さよう。健康診断で中性脂肪が「30~149」の範囲じゃったら良いが、それ以外じゃったら何らかの対策が必要じゃ。まぁ、何はともあれ、まずは自分の中性脂肪を把握するのが一番大事じゃて。

中性脂肪を減らす処方薬の種類と特徴

中性脂肪を減らすには生活習慣の改善が大切ですが、薬を使うという手もあります。

ここからは中性脂肪に効く3つの薬をご紹介しますので、中性脂肪にお悩みの方は処方してもらうと良いかと思います。

中性脂肪の分解促進にニコチン酸誘導体

ニコチン酸は中性脂肪の分解を促したり、コレステロール値の低下や悪玉コレステロールの量を減らしたりする働きがあり、欧米では脂質異常症の治療に昔から使われてきました

日本ではニコチン酸は使われていませんが、ニコモールやトコフェロールニコチン酸エステル、ニセリトールと言ったニコチン酸誘導体と呼ばれる成分が使われています。

体内にはニコチン酸受容体という器官があり、そこにニコチン酸が働きかけると脂肪組織での脂肪分解が抑制されてます。すると脂肪組織から肝臓へ移動する脂肪酸の量が減少して、超低比重リポタンパク質(VLDL)の生成が抑えられます。

このVLDLはエネルギーが中性脂肪に変換される際に生成される物質なのですが、中性脂肪を血液中に溶け込ませて体内に運びやすくする働きがある、いわば橋渡しのような役割をします。

このVLDLの生成が抑えられるから、ニコチン酸誘導体は中性脂肪に効き目があるというわけです。

ニコチン酸誘導体を使った薬として、ユベラNユベラニコチネートコレキサミンペリシットといった薬が処方されます。

副作用はほとんどありませんが、まれに肌が赤くなったりほてることがありますが、これはニコチン酸誘導体を飲んだことによって血行が良くなるために起こることなので、それほど心配する必要はありません。

肝臓で働くフィブラート系薬剤

フィブラートは高脂血症治療に使われる薬で、主に肝臓に対して作用します

肝臓ではコレステロールトリグリセリドと呼ばれる中性脂肪の材料となる物質が生成されますが、フィブラートにはコレステロールの合成を阻害したり、トリグリセリドを分解する働きがあります

また、トリグリセリドはリポ蛋白リパーゼ(LPL)という酵素によって血液中の善玉コレステロールとなりますが、フィブラートにはLPLを活性化させて善玉コレステロールの生成をサポートする働きもあります

中性脂肪の材料であるトリグリセリドや、悪玉コレステロールを減らす作用があるため、中性脂肪にはもちろん、動脈硬化などの疾病のリスクを軽減する効果も期待できます。

主にペザフィブラートリピディルベザトールトライコアといった薬名で処方されます。

手足のしびれや痙攣などが起こる横紋筋融解症や、肝機能の低下、膵炎などの副作用がまれに起きる危険性があります。また、クレストールなどのスタチン系の薬と併用すると特に横紋筋融解症が生じる危険性が高まると言われているので、スタチン系の薬を服用している場合には注意が必要です

間接的に中性脂肪を減らすEPA薬

EPAは魚の油に含まれている成分で、脂質の合成を抑えたり、フィブラート系薬剤でもご紹介したトリグリセリドの分解を促進することで、血液中の脂質を下げる働きがあります

また、血液が固まりにくくしたり、血管の弾力性を維持する作用もあるため、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などのリスクを低減する効果も期待できます

高中性脂肪血症と低HDLコレステロール血症の両方が診断された患者に対して、EPAを飲んだ人と飲まなかった人では5年後の心臓病の発生率が飲んだ人の方が53%も低いという調査結果も出ていて、メタボに有効だと考えられています。

EPAが配合された薬としてはエパデールロトリカが知られています。

副作用としては胸焼けや胃部不快感などの消化器異常や稀ですが肝機能障害などがあるとされています。

ひばり
へぇ~中性脂肪を減らす薬があるんだね~知らなかった。これでダイエットもバッチリだね!

カルナ博士
そうとも言い切れんぞ。後にも話すが、あくまでこれらの薬は一時的に中性脂肪を減らすもの。こうした薬は魔法のやせ薬じゃないんじゃ。

ひばり
そうなんだ~。やっぱり日頃の生活習慣が大事ってことだね。

薬の種類別ジェネリック一覧

以上ご紹介した3つの薬は医師から脂質異常症と診断されると処方してもらえますが、処方してもらうにはやはりそれなりのお金が掛かります。

少しでも治療費を安く押さえたいのであれば、ジェネリック医薬品もおすすめです。

ジェネリックとは先発薬と同じ成分で作られていて、かつ「医薬品、医療機器などの品質、有効性および安全性の確保などに関する法律」の基準をクリアした医薬品です。

効き目や安全性は先発薬同様ですが、価格が安い、形状が大きくて新薬で飲みにくいという場合でもジェネリックで飲みやすい薬を探せるなど、メリットが多くあります

先程ご紹介した薬にもジェネリックがありますので、どれくらい価格が違うのか比較してみましょう。

ユベラN

先発orジェネリック薬名薬価 / 差額 / 割引率
先発ユベラNソフトカプセル200mg10.2円
ジェネリックトコフェロールニコチン酸エステルカプセル200mg「サワイ」5.6円(差額4.6円、割引率45%
ベザトール
先発orジェネリック薬名薬価 / 差額 / 割引率
先発ベザトールSR錠100mg22.4円
ジェネリックベザレックスSR錠1009.9円(差額12.5円、割引率56%
リピディル
先発orジェネリック薬名薬価 / 差額 / 割引率
先発リピディル錠53.3mg28.4円
ジェネリックフェノフィブラートカプセル67mg「KTB」16.7円(差額11.7円、割引率41%
エパデール
先発orジェネリック薬名薬価 / 差額 / 割引率
先発エパデールS30039.9円
ジェネリックイコサペント酸エチル粒状カプセル300mg「TC」16.4円(差額23.5円、割引率59%

いずれもジェネリックは先発医薬品より4割~5割安い値段で購入することができます。

同等の成分だから効果も同様なのですが、ジェネリックにするだけでコストを半分くらいに抑えることが可能なのですね。


ひばり
へぇ~こんなにも値段が違うんだね。ジェネリックのほうが断然オトクって言うわけだね。

カルナ博士
医者に「ジェネリックで」と言えば、ジェネリック医薬品を処方してもらえる。治療費を安くしたいときにはおすすめじゃよ。

おすすめ中性脂肪を減らす市販薬Top5

以上ご紹介した中性脂肪治療薬は病院に行けば処方してもらえますが、忙しくて病院に行っている時間がないという人も多いかと思います。また、病院に行って中性脂肪を診断してもらうのに抵抗がある人もいるかもしれませんね。

そういう場合にはドラッグストアで市販薬を購入することも可能です。

ここからは中性脂肪の改善に効果が期待できる市販薬でも、特に人気が高いものをランキング形式でご紹介します。

大正製薬 エパデールT

1位は大正製薬のエパデールTです。 純度96.5%のEPAを配合し、中性脂肪に作用します。

成分
イコサペント酸エチル、トコフェロール、ゼラチン、D-ソルビトール、グリセリン、パラベン
容量42包入(14日分)
用法・用量1日3回、1回1包を食後すぐに飲む
価格5,800円

エパデールTにはイコサペント酸エチル(EPA)が1包あたり600mg配合されています。EPAはサバやアジなど青魚の脂に多く含まれている脂肪酸で、脳の発達を良くしたり、血液をサラサラにしたりする栄養素として知られています

96.5%という高純度なEPAが体の各部に働きかけ、腸で中性脂肪の吸収や、肝臓で合成を抑えたり、血中の中性脂肪の代謝を促進したりして中性脂肪の値を改善します。

エパデールTの口コミ

エパデールTの口コミを見てみましょう。

  • 主人の中性脂肪値が低くなりました
    5/5
    40代後半 / 女性
    主人が健康診断で中性脂肪値が高いと言われたので改善に購入しました。こちらの商品と運動効果で中性脂肪値が以前より低くなり安心しました。

    本音と口コミ.jp

  • 調子が良いです
    4/5
    50代後半 / 男性
    健康診断であまり良い結果が出なかったので体の為に飲み始めました。使用したばかりで効き目が出ているか分かりませんが、調子も良いので多少は効果が出ていると思います。数値が良くなるようにもう少し継続します。

    本音と口コミ.jp

エパデールTの公式サイトにも書かれていますが、中性脂肪を減らすには服用と同時に食事や運動などの生活習慣の改善が必要。

運動と併用することで、中性脂肪の値もしっかりと落ちるようですね

エパデールTはどこで買える?

 エパデールTのお値段は5,800円。全国の薬局・薬店でで購入することができますが、販売できるのは「エパデールT販売認定薬剤師」が居るお店に限られているので注意してください。販売認定薬剤師はバッチを付けているので、ひと目でわかります。

エパデールT公式サイト

カルナ博士
純度96.5%のEPAが配合されとることが1位の決め手じゃよ。

小林製薬 ナイシトール85a

続いてご紹介するのはTVCMでもおなじみのナイシトール。お腹の脂肪を落とす薬として有名で、19 種類の有効成分が中性脂肪に作用します。

成分
防風通聖散料乾燥エキス、トウキ、シャクヤク、センキュウ、サンシシ、レンギョウ、ハッカ、ショウキョウ、ケイガイ、ボウフウ、マオウ、ダイオウ、硫酸ナトリウム十水塩、ビャクジュツ、キキョウ、オウゴン、カンゾウ、セッコウ、カッセキ
容量140錠(14日分)
用法・用量1日2回、1回5錠を食前または食間に飲む
価格2,300円

ナイシトール1日分には2.5gの防風通聖散料乾燥エキスを配合。脂肪が燃焼する仕組みとして、脂肪細胞が脂肪を遊離脂肪酸に分解して燃焼するという流れになりますが、歳を取るとこの働きが鈍ってくることで太りやすくなります。防風通聖散は脂肪細胞を活性化することで、脂肪の燃焼をサポートしますので、特に痩せにくくなってきたという中高年の人におすすめです

また、体を温めて代謝を向上させるトウキや、内臓機能を活発にするセンキュウ、肝機能を向上させるオウゴンなど豊富な生薬成分を配合。体内の機能を向上させて脂肪がつきにくい体質に改善します。

ナイシトール85aの口コミ

それでは口コミから、どのような変化があったのかを見てみましょう。

  • 2週間で5kgの減量
    5/5
    27歳女性
    効果がないと言っていらっしゃる方もいますが、運動も食事制限もせずに飲むだけで痩せようというのは甘すぎると思います。 4年間で50キロから75キロになり、外に出る事すら恥ずかしくなってきたのでダイエットを始めましたが10代の頃のように食事制限だけでは痩せなくなっていました。 食事制限は勿論、ルームウォーカー、ステッパー、エアロバイクを毎日少しずつやって 6/14 78.6キロ 6/23 73.7キロ になりました。 今後も継続していきます。

    ダイエットカフェ

  • 便秘がちが人にもおすすめ
    5/5
    45歳女性
    飲み始めは便通が良くなったくらい。3ヶ月目くらいから『アゴがスッキリしたね』と夫に言われ体重を測ると-1.5Kg 朝晩2回 食事30分前に5粒ずつ飲むこと、週末に有酸素運動をしていたら5ヶ月で-3Kg。飲まなかったり運動しないと痩せません。 揚げ物やお菓子、炭水化物も朝昼食べお酒も週3は飲んでいます。きっと食事を減らすと痩せるのでしょう(笑) 飲む前は少しずつ太るのが止まらない状態でしたので、制限していない割にこれならありがたいです。 便通が気になり健康的に落としたい人にはおすすめ。私は水を多めに飲むと効果でるみたいです。

    ダイエットカフェ

1件目は手厳しいコメント。でも本当にそのとおりで、生活を見直さないとなかなか中性脂肪は改善できないんですね。食事制限や運動を併用して、なんと2週間で5kgのダイエットに成功

ナイシトールの口コミには「体重が落ちた」という投稿の他、「便秘が改善された 」という口コミも多く見られます。便には中性脂肪やコレステロールを排出する働きもあるので、便秘になってしまうと中性脂肪やコレステロールが体内に留まることになります

便秘でスッキリしないという場合にも良さそうですね。

ナイシトール85aはどこで買える?

ナイシトール85aは140錠(14日分)で2,300円。他にも50錠で900円、280錠で4,500円と分量がさまざまなので、必要な量やお財布事情を考慮して選べます。

全国の薬局・ドラッグストアで手軽に買えるので、まず市販薬を試してみたいという場合にもおすすめです。

ナイシトール85a公式サイト

ひばり
たいていのドラッグストアで買えるという入手のしやすさとネームバリューが上位ランクインの理由です。

第一三共ヘルスケア ユンゲオール3

3位に輝いたのは第一三共ヘルスケアのユンゲオール3です。3つの脂質代謝成分を配合し、コレステロールと中性脂肪を改善する市販薬です。

成分
日本薬局方パンテチン、大豆油不けん化物、酢酸d-α-トコフェロール
容量60錠入(10日分)
用法・用量1日3回、1回2錠を食後に服用
価格2,400円

ユンゲオール3には肝臓のコレステロールの代謝を促し、血中のコレステロールを取り除く働きがある日本薬局方パンテチンを配合。このパンテチンは高脂血症治療として処方される薬にも配合されている成分なので、高い効果が期待できます

他にも大豆から抽出された大豆油不けん化物が小腸でコレステロールの吸収を阻害し、酢酸d-α-トコフェロール(ビタミンE)が過酸化脂質の生成を抑えて血行を維持する働きがあります。

ユンゲオール3の口コミ

それではユンゲオール3の口コミを見てみましょう。

  • 中性脂肪の数値が下がりました
    4/5
    五年くらい前に、高脂血症のため、悪玉コレステロールの数値を下げる効果があるというユンゲオールを薬局で買い、半年くらい毎日服用してました。たしかに数値は下がりました。…現在、産後で太ってしまい、また高脂血症が気になるので、今度は食事療法と組み合わせてユンゲオールを飲んでみようと思います!

    ダイエットカフェ

  • 手足の冷えにも良い
    5/5
    50代前半 / 男性
    コレステロール値が高めなので数値の改善に飲み始めました。手足の冷えにも効果があるのでこれを飲んでいると血行も良くなりました。数値もかなり下がったので効果を実感出来て良かったです。

    本音と口コミ.jp

中性脂肪やコレステロールの値が下がるという、目に見える形で成果が現れると嬉しいですよね。

ユンゲオール3にはビタミンEが入っているので血行促進にも効果的。血行が良くなれば2件目の口コミのように手足の冷えも改善されますし、中性脂肪が代謝されやすい体質にもなり、更に肩こりや腰痛などの改善も期待できます。 

ユンゲオール3はどこで買える?

ユンゲオール3は10日分が2,400円、30日分6,000円、長期間使える50日分が8,500円です。全国のドラッグストア・薬局で販売されている他、Amazonや楽天などの通販サイトでも購入することができます。

ユンゲオール3公式サイト

カルナ博士
処方薬にも含まれているパンテチンが入っておるから効果もしっかり出そうじゃ。


久光製薬 コレストン

 4位は久光製薬の高コレステロールを改善する市販薬、コレストンです。

特徴ユンゲオール3と同様の成分を配合。コレステロールの低減や血行促進に効果が期待できます。
成分
パンテチン、大豆油不けん化物、酢酸d-α-トコフェロール
容量84錠入(14日分)
用法・用量1日3回、1回2錠を食後に服用
価格2,800円
ひとことコレステロール値の改善や冷え性など血行不良にお悩みの方におすすめです。

コレストン公式サイト

アインファーマシーズ 生漢煎防風通聖散

 5位はお腹の脂肪を燃焼させる漢方薬として知られる、生漢煎防風通聖散です。

特徴18種類の生薬を配合。基礎代謝を向上させ、脂肪の分解、燃焼、排出を促します。
成分
トウキ、シャクヤク、センキュウ、サンシシ、レンギョウ、ハッカ、ショウキョウ、ケイガイ、ハマボウフウ、マオウ、ダイオウ、硫酸ナトリウム、ビャクジュツ、キキョウ、オウゴン、カンゾウ、セッコウ、カッセキ
容量90包入(30日分)
用法・用量1日3回、1回1包を食前もしくは食間に服用
価格7,800円
ひとこと累計販売450万包以上。92.3%の医師が「飲み続けたい」と回答している、医師お墨付きの漢方薬です。


ひばり
市販薬も色々あって便利なんだね。ドラッグストアですぐに手に入るから良いかも!

カルナ博士
そうじゃの。あとは併せて生活を見直すことも大切じゃ。これから一番肝心な生活習慣の改善方法を見ていこうかの。


地道だが生活習慣の改善は必須

ここまで、中性脂肪の数値を下げるための薬をご紹介してきました。

確かに薬を使って中性脂肪の値を下げることはできるのですが、それはあくまで一時的なもの。中性脂肪が溜まってしまう根本的な原因は解決できていないので、いくら薬を飲んでもすぐにもとに戻ってしまいます

やはり中性脂肪を減らすためには普段の生活を改善することが必要。そこで、ここからは中性脂肪を減らすための生活習慣の改善についてご説明します。

中性脂肪を増やさない食事の仕方

何と言っても中性脂肪を減らすためには、その材料である炭水化物や脂質の摂取をコントロールすることが大切です。

炭水化物や脂質の量を減らすだけでなく、食べ合わせなど食事の方法を見直す必要があります。

NGな食材

冒頭で炭水化物と脂質が多い食品を紹介しました。
炭水化物は砂糖や小麦、米に多く含まれているので、それらを含んだものを控えることが重要です。
具体的にはチョコレートやケーキ、清涼飲料水など甘いものや、ラーメンやパスタなどの麺類です。
米は日本人の主食であり、栄養価も豊富なので完全に抜くわけにはいかないかと思いますが、食べすぎず腹八分目で抑えると良いでしょう

一方、脂質はサラダ油やごま油などの油や、牛肉に多く含まれていますので、油を使った揚げ物や、脂身が多い牛肉などはなるべく避けるようにしましょう。

食べ合わせ

更に食べ合わせで中性脂肪を増やしてしまうことにつながります。特に炭水化物が多い食材と、脂質が多い食材が組み合わせて使われている料理は要注意。

例えば牛丼には炭水化物が多い米と、脂質が多い牛肉が使われていますし、ハンバーガーも炭水化物が多いパンと、脂質が多い牛肉あるいは揚げ物が使われていますので、炭水化物と脂質を同時に摂取することになります。
どちらもファーストフードとして人気が高い料理ですが、食べ過ぎには注意しましょう。

また、インスタントラーメンやカップラーメンは炭水化物が多い麺を油で揚げているため、これも炭水化物と脂質の過剰摂取につながります。

ではどんな食事が理想的か?

中性脂肪を減らすためには野菜中心の食生活がおすすめです。
特にキャベツやレタスといった葉菜は炭水化物も脂質も少ないので、なるべく葉菜でお腹を満腹にすると良いかと思います。
ただ、肉類を全く摂らないのは問題。肉に含まれるタンパク質は健康な体を作るためのエネルギー源なので、不足すると筋肉が減少したり、肌トラブルに繋がったり、十分な活動や思考ができなくなったりします。
そこでおすすめしたいのがです。
魚は牛肉と比較すると脂質も少なく、タンパク質も豊富。特にサバやアジといった青魚には中性脂肪をコントロールすると言われているDHCやEPAが豊富に含まれています
今まで肉や脂っこい料理、ファーストフードやインスタント食品などが中心の食生活だった人は、野菜と魚を中心にした食事メニューに変えることで、中性脂肪も徐々に減ってくるのではないかと思います。

咀嚼回数

よく噛むことは健康に良い」と言われていますが、咀嚼回数を増やすことは中性脂肪対策にも効果的です。

咀嚼回数が増えると、GLP1ペプチドYYという2つのホルモンが分泌されます。

GLP1はインスリンの分泌を活発にして、血糖値をコントロールする働きがあります。ペプチドYYは脳の視床下部と結合して満腹感を得ることにつながります

食事のときによく噛めばあまり食べる必要もなくなり、血糖値も正常に保たれるようになるというわけです。

他にもよく噛むことによって食べ物が小さくなって胃腸の負担を減らしたり、顎の筋肉が鍛えられて小顔効果がある他、脳を刺激して活性化したり、唾液を分泌させて虫歯を予防したりなど、さまざまな効果が期待できます

ついつい忙しいと噛むのを疎かにしがちですが、早食いの人は以上のような効果が十分得られないため太りやすい傾向にあると言われています。

1回あたり20回は噛むよう心がけてください

ひばり
もう1度上の方にある「炭水化物含有量一覧表」と「脂質含有量一覧表」を参考にして、毎日メニューを考えてみると良いね。

カルナ博士
何はともあれ、中性脂肪が増える一番の原因は食事じゃ。食生活を変えるだけで中性脂肪も減ってくると思うぞい。

お酒は体調に合わせて節酒

お酒も中性脂肪を増やす原因でしたよね。もちろんお酒を止めることが中性脂肪を減らす一番の近道ですが、いきなり止めるのは難しいもの。少しずつ飲む量を調整していきましょう。体質や体重などによって上限のアルコール量は変わってきますが、健康な状態では以下の表の量までににお酒を留めるようにしましょう。

お酒の種類
ビール中瓶1本~2本(500ml~1000ml)
日本酒1合~2合(180ml~360ml)
ウイスキー(シングル)3杯(180ml)

それぞれ以上の量でアルコールの血中濃度が0.05~0.10%くらい、ほろ酔い状態となります。

これ以上飲むと酩酊状態となって健康にも悪いですし、周囲に迷惑をかける「酔っぱらい」になってしまうので、なるべくこれだけの量に留めておきましょう。また、あくまで健康な状態での目安なので、体調が悪いときには飲む量をこれ以下にするか、お酒を控えましょう

お酒は体調やストレスによって肝臓がアルコールを分解できる量も変わってきます。

体調が悪い時やストレスが溜まっているときに悪酔いしやすいのは、肝臓でアルコールが分解されないからなのですね。

また、毎日お酒を飲んでいると肝臓が休まらずに肝機能が低下する危険性もありますので、週に1日~2日は休肝日を設けるようにしましょう。

もちろん、お酒の量だけでなくおつまみを減らすことも重要です。

適度に運動をして脂肪を燃焼

中性脂肪を落とすには有酸素運動がおすすめです。「有酸素運動ってダイエットに良いって聞くけど、そもそも有酸素運動って何?」という人のために、まずは有酸素運動についてご説明します。

その名前のとおり酸素を体内に取り入れながら行う運動で、ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳など、比較的長時間持続して行う運動が有酸素運動です。一方短距離走や筋トレなど瞬発力が必要なものを無酸素運動と言います。

無酸素運動は体内のエネルギーを一気に使うイメージなのに対して、有酸素運動は体内の糖質や脂質を徐々にエネルギーとして使い、次第に余分な中性脂肪がエネルギーとして使われはじめるので、中性脂肪を減らすには有酸素運動が良いとされています。

とはいえあまり短時間だと余分な中性脂肪が減らないので、最低でも20分以上は続ける必要があります。

脂肪燃焼にはウォーキングから始めよう

有酸素運動にもさまざまありますが、初心者の人はまずウォーキングから始めると良いかと思います。

もちろん、ウォーキングよりジョギングのほうが疲れやすく脂肪燃焼がされやすいのですが、運動に慣れていないとつらいと感じますし、体重が重たい場合には膝を痛める可能性があります

まずはウォーキングで運動に慣れてかつ体重をある程度落としてからジョギングを始めると良いかと思います。

ウォーキングをすることで景色を楽しんだり、四季を感じることができたりして良い気分転換にもなります。普段は見慣れている街でも歩いてみると新しい発見があって楽しいですよ。

消費カロリーが高い水泳もおすすめ

時間やお金に余裕があるのであれば、ジムやプールに通って水泳をするのもおすすめです。

水泳は水の抵抗があるため、想像以上に消費カロリーが高く、短時間でも大きな効果を得られます

また、ジョギングやウォーキングと比較して膝に負担がかかりにくいため、体重が重い人や膝の調子が悪い人でも安心です

水の浮力が重力から体を開放してリラックス効果を与えてくれますし、肩を使って泳ぐので、肩の血行が良くなって筋肉がほぐれて老廃物が流れるので、肩こりにも効果的です

生活リズムを乱さない

睡眠や食事時間などの生活のリズムも中性脂肪を増やさないためには重要です。

睡眠

睡眠と中性脂肪。一見関係がないようですが、実は大きな関係があります。理想的な睡眠時間は6時間~8時間と言われていますが、それを裏付けるような調査結果があります。

睡眠時間が6時間未満もしくは8時間以上の人は、6時間以上8時間未満の人に比べて糖尿病を診察した際にヘモグロビンA1cの値が高いという結果が出ました。

ヘモグロビンA1cは赤血球の中でどれくらいの割合のヘモグロビンが糖と結合しているかという数値です。つまりヘモグロビンA1cが高い人ほど血糖値も高いということになります。

実は睡眠不足あるいは睡眠が過剰な人は血糖値が上がりやすいのですね。逆に睡眠時間が6時間以上8時間未満の人は中性脂肪が低いという調査結果も出ています。

中性脂肪の量は睡眠中に分泌される成長ホルモンに関係していると言われています。睡眠中に分泌されるホルモンで、体の成長や組織の修復、疲労回復を促します。睡眠をよく摂ると疲れが取れたり、肌トラブルが治ったりするのは成長ホルモンが分泌されているからなのですね。

この成長ホルモンは脂肪の分解作用もあるのですが、寝ているとき、しかも熟睡しているときにしか分泌されません

成長ホルモンの分泌は22時から翌日の2時までがピークとなるので、その時間帯には寝るようにすることと、なるべく寝る前はスマホやテレビ、パソコンの画面は見ないようにして、質が良い睡眠をとることを心がけましょう。

食事時間

食事については先程もご説明しましたが、こちらでは食事を摂る時間という観点でご説明します。

じつはいつ食事を摂るかということも中性脂肪と大きな関係があります。体の中にある脂肪の合成を促すBMAL1というタンパク質があるのですが、このタンパク質の量によって中性脂肪が付きやすいかどうかが変わってきます。

BMAL1が一番増えやすいのが22時から翌日の4時までなので、この時間帯に食事をすると中性脂肪が増えやすくなります。「夜遅くに食べると太りやすい」と言われるのはこうした理由からなのですね。

また、寝る前に食事をすると内臓が活発になっているため睡眠の質が低下しますし、内臓が休息できずに疲弊します

食べるものはもちろんですが、いつ食事を摂るかというタイミングについても意識してみてください。

喫煙をしているならすぐにやめる

タバコを吸っている人にとって禁煙は非常に辛いものですが、タバコは中性脂肪を増やすだけでなくさまざまな弊害をもたらします。

例えば中性脂肪が増えることで動脈硬化の危険性が高まるのは先程説明したとおりですが、タバコ自体も悪玉コレステロールの量を増やして動脈硬化の危険性を高めるので、喫煙者は一層動脈硬化のリスクが高まるのですね

また、脳卒中や心筋梗塞、うつ病や肺がんなど、さまざまな病気のリスクを高め、喫煙者は非喫煙者と比較すると10年も余命が違うとも言われています



喫煙者の人には耳が痛い話ですが、禁煙することによって寿命を伸ばすことはもちろん、お金の節約にもつながりますし、「疲れにくくなった」「ごはんがおいしくなった」という声もあります

今は禁煙外来やグッズもあり、禁煙に集中できる環境が整っていますので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

ひばり
食事に運動、お酒にタバコ…今までの生活を変えるって大変だよねぇ。ハードルが高い……

カルナ博士
「千里の道も一歩から」いきなり全てを変えようとするとつらいし長続きもせん。まず食事なら食事、禁煙なら禁煙みたいにできることから1つづつ地道にやっていくほうがええと思うぞい。


口コミで話題のサプリメントTop5

これまでご紹介したように、中性脂肪を減らすためには生活習慣の改善と、必要に応じて薬を飲むことが効果的です。しかし、「中性脂肪を減らす処方薬の種類と特徴」の章でも説明したように、薬は効果が確実にある分、体質によっては副作用が出る可能性があります

せっかく中性脂肪を減らして健康になろうと思っても、副作用で健康を害してしまっては意味がないですよね。

そこでおすすめしたいのがサプリメントです。薬と比べると効果は緩やかですが、その分副作用の心配もそれほどありません。そもそもサプリは副作用が出ないような成分・製法で作ることが定められているので安全性も高いのですね。

そこで、ここからは中性脂肪を減らすのをサポートしてくれるサプリを5つ、ランキング形式でご紹介します。

スッキリライフ通販 シボヘール

堂々の1位に輝いたのはすっきりライフ通販が販売しているシボヘールです。

成分
葛の花由来イソフラボン、葛の花抽出物
容量120粒(30日分)
用法・用量1日4粒、起床後もしくは食事前に飲む
価格3,218円
定期購入初回限定価格980円
定期購入価格2,808円

シボヘールに含まれている葛の花由来イソフラボンには、体重や腹部の脂肪を減らし、ウエストを小さくするのを助ける働きがあることが報告されています

葛の花は日本や中国などで古くから薬として使われてきて、中性脂肪の合成、分解、燃焼をサポートする働きがあるとされています。

BMIが25~30の肥満気味な男女97人の被験者に葛の花由来イソフラボンを摂取させて、併せて1日の摂取カロリーを2,000kcalという食事制限と、平均歩数9,000歩という運動を12週間続けさせるという実験をしたところ、お腹の脂肪の面積が20平方cm減少したという結果が出ました。

シボヘールを飲んで生活習慣を見直せば、大きな成果が期待でます。

シボヘールの口コミ

シボヘールの口コミから、どんな変化があったのかを見てみましょう。

  • 2kgのダイエットに成功
    5/5
    41歳男性
    二キロ落ちました ダイエットサプリとしてはまあまぁです。 食事制限と併用したので、その効果もあると思います。 できれば何もせずに飲むだけで痩せたいので少しがっかりそさた部分もあります。 引き続き使ってみたいと思いますが金額がもう少しお手軽だと長く続けたいと思っている私にとってはありがたいです。

    ダイエットカフェ

  • ウエストが8cm減少しました
    5/5
    51歳女性
    お腹の脂肪を減らす為に購入しました。 1日4粒飲むだけとあったので、毎朝の食後に飲んでいましたが、結果は2ヶ月でウエスト周りが8cm減少、体脂肪率も5%減少、しかし体重の減少はまったくありませんでした。

    ダイエットカフェ

  • お通じが良くなりました
    5/5
    43歳女性
    お通じがよくなり、体が軽くなりました。 体重にまだ変化はありませんが、3袋目、飲み始めます。 一度に4つぶずつ朝起きたら飲むことにしていますが、忘れてしまったときは、帰宅して寝る前に飲むようにしています。

    ダイエットカフェ

2kgの体重減少、8cmのウエストダウン、体脂肪率5%ダウンなど、確かな効果が現れているようです。

 一番嬉しいのはこうして数値で結果が現れることですが、口コミでこれだけ効果が知れると頼もしいですね。

一部「価格が高い」という意見がありますが、オトクな購入方法もご紹介していきます。

シボヘールのオトクな購入方法

シボヘールの通常価格は3,218円。臨床結果から公式サイトでは3ヶ月飲み続けることが奨励されていますが、それだけ長期間飲み続けるのであれば定期購入がオトク。10%オフの2,808円で毎月購入することが可能で、初回はなんと980円で買うことができます。

買い忘れや面倒な購入手続きもないので、断然公式サイトでの定期購入がおすすめです。シボヘール公式サイト

カルナ博士
医薬品製造レベルの品質基準があると認定されているGMP認定工場で作られているから安全性もバッチリじゃよ。

えがお生活 コレステ生活

続いてご紹介するのは笑顔生活が販売しているコレステ生活です。その名の通り、コレステロールの抑制をサポートすることで中性脂肪を改善するサプリです。

成分フラバンジェノール
容量60粒(30日分)
用法・用量1日2粒、起床後もしくは食事前に飲む
価格3,700円
定期購入初回限定価格1,850円
定期購入価格2,960円

コレステ生活にはフラバンジェノールが原料として使われています。フランスの南西部に生息する松の樹皮から抽出されるエキスで、この中にはプロシアニジンという、LDLコレステロールを低減するといわれている成分が含まれています

プロシアジニンはコレステロール自体はもちろん、コレステロールから合成される胆汁酸の吸収を抑えて、体外に排出します

コレステ生活を12週間飲むことで、LDLコレステロールの値が130台から110台にまで下がったという臨床試験結果も出ていて、コレステ生活を飲んでいる管理栄養士の86%が「おすすめ」と回答しているほどです。

コレステ生活の口コミ

それではコレステ生活を実際に飲んだ人たちの生の声を見てみましょう。

  • 病院に行く時間が無くてもOK
    5/5
    コレステロールを下げるのに薬を考えましたがそんなに高い数値ではないし、病院に行くのは忙しいし、ずっと飲み続けるのは大変だと思いこれを試しに買ってみました。会社の健康診断を受けましたが数値は下がって今のところ順調です。定期購入で飲むことにします。

    楽天市場

  • 体重もコレステロール値も下がりました!
    5/5
    50代前半女性
    体重が増えて気づけばコレステロール値も上がってきてしまっていたので、始めてみました! 2ヶ月ほど飲むと、健康診断でも注意されなくなってほんとうに驚きました! サプリのおかげか、体重も減ってアクティブになれたのもうれしいです。

    SUTEKI NI PLUS

  • 飲みやすいです
    5/5
    40代後半女性
    粒タイプで飲みやすくて続けやすいです。 味もクセもないので、ありがたいですね。 これを飲み始めて上昇気味だったコレステロール値が下がってきてうれしいです!

    SUTEKI NI PLUS

コレステ生活では「体重が減った」「コレステロール値が下がった」という口コミを多く見ることができました。

健康診断で数値が下がって注意されなくなったり、褒められたりするのは嬉しいですよね。

粒が飲みやすい」「嫌な味や臭いがしない」というように、飲みやすい点もGoodです。

コレステ生活のオトクな購入方法

コレステ生活の通常価格は3,700円ですが、シボヘールと同様、定期購入制度が設けられています。初回はなんと半額の1,850円、2回目以降は2,960円で購入することができます。

更に定期購入を申し込むと、500円分のクオカードと、外出先でもサプリを持ち歩けるタブレットケース、美容と健康に役立つ季刊誌『すまいるらいふ』が無料でついてきます。

更に更に、不定期でプレゼントが貰えますし、「実感チェック表」を記入して提出すれば最大1,000分のクオカードが貰えます。

特典盛りだくさんのコレステ生活もなかなかおすすめです。

コレステ生活公式サイト

ひばり
臨床実験で結果も出ているので効果も期待できるし、特典も盛りだくさんなのがいいよね~

ハピネス マンボウサンQ

3位に輝いたのはハピネスのマンボウサンQ。貴重なマンボウから抽出された良質なDHAとDPAが豊富に含まれているサプリです。

成分
DPA、DHA、EPA、コエンザイムQ10
容量90粒(30日分)
用法・用量1日3粒、起床後もしくは食事前に飲む
価格12,312円
定期購入初回限定価格6,156円
定期購入価格

あまり知られていませんが、マンボウの肝油にはEPAとDHA、DPAという3つのオメガ3脂肪酸が豊富に含まれいます。いずれも血液をサラサラにし、悪玉コレステロールの改善に効果があると言われています

EPAやDHAはアジやサバといった青魚にも含まれていますが、DPAはこうした青魚にはほとんど含まれておらず、アザラシやマンボウといったごく限られた動物にしか含まれない貴重な成分です。

アラスカやグリーンランドの先住民であるエスキモーたちが健康なのは、アザラシから豊富なDPAを摂取しているからではないかという説があります。

オメガ3脂肪酸を含む肝油は体長1m以上、体重500kgもの巨大なマンボウからでもたった1リットル程度しか採れません。しかもマンボウの漁獲量は年々減少傾向に。そんな貴重なマンボウの肝油を原料としたのがマンボウサンQです。

マンボウサンQの口コミ

それではマンボウサンQの口コミから、どんな変化が現れたのかを見てみましょう。

  • 疲れにくくなりました
    5/5
    40代男性
    体を使うハードな仕事をしています。 最近は、仕事が忙しくなっても疲れにくくなったような気がします。 注目の新成分DPAに期待しています。

    マンボウサンQ公式サイト

  • マンボウ肝油、期待感いっぱい!!!
    5/5
    EPAやDHAはよく耳にしますが、DPAは今回初めて知りました。 マンボウ肝油に多量に含まれていて血管壁のキズを修復したり、血管壁の柔軟性を高め、 血栓ができるのを阻害し、心筋梗塞などの予防に効力がある。 しかもEPAの10倍以上という事なので、心臓の悪い兄にぜひ勧めてみたいと思います。

    楽天市場

  • 匂いもなく飲みやすいです
    5/5
    30代 女性
    私の両親ともに高血圧、弟まで血圧が高いです。 太りすぎなのでコレステロール値も気になっているので飲んでみようと思いました。 つるんとした感じで飲みやすいです。特に匂いもないしこれなら続けられそうです。

    マンボウサンQ公式サイト

サラサラにする効果が、 中性脂肪を改善するのはもちろん、疲れにくい健康的な体づくりにもつながるようです。

貴重なマンボウのパワーと聞いて期待する人も多いですね。

表面がツルツルしていて喉通りも良く、魚の嫌な臭いもしないので、こちらも飲みやすいサプリとして評判です。

マンボウサンQのオトクな購入方法

マンボウサンQは通常価格12,312円と少しお高め。貴重なマンボウの肝油を原料にしているので仕方ない面がありますが、定期コースを申し込めば初回はなんと半額の6,156円で購入することが可能です。

更にサプリの小分けに便利なサプリメントケースと冊子『マンボウ肝油ご愛用者さまの体験談』プレゼントという特典付き。

ただし、このキャンペーンは先着100人限定です。すぐに定員に達してしまうことが考えられますので、早めに公式サイトをチェックしてください。

マンボウサンQ 公式サイト

カルナ博士
マンボウとは珍しいのぅ。EPAとDHAだけでなく、DPAが含まれとることがランクインした理由じゃよ。

健美ライフ 極上クリル

第4位は高品質でバランスが良いDHA・EPAを含んだクリルオイルがたっぷりと配合された極上クリルです。

特徴1日に必要なDHA、EPAの量はサンマ2匹、クロマグロの刺し身9人前分。極上クリルは豊富なDHA・EPAを効率よく体内に吸収できます。
成分
DHA、EPA(リン脂質型)
容量120粒(30日分)
用法・用量1日3粒を食前もしくは食間に服用
価格6,480円
定期購入価格5,400円
ひとこと2014年モンドセレクション健康食品部門で金賞受賞。多数の新聞で掲載実績あり。

極上クリル公式サイト

ひばり
青魚よりも更に効率的にDHAとEPAが摂取できるってわけね。その分効果も期待できそう!

大正製薬 大正DHA・EPA

 最後にご紹介するのは大手製薬会社大正製薬が出している大正DHA・EPAです。


特徴1日あたりDHAを400mg、EPAを200mg摂取できるサプリ。劣化を防ぐため1回分ごとに袋に小分けされている点もGood!
成分
DHA、EPA
容量150粒(30日分)
用法・用量1日1袋(5粒)を食前もしくは食間に服用
価格4,000円
初回限定価格1,000円
定期購入価格3,600円
ひとことリピート率90%以上!続けやすい価格で高純度なDHA、EPAを豊富に摂取できます。

大正DHA・EPA公式サイト

カルナ博士
大手製薬会社が出しているサプリじゃから安心感があるぞい!

おすすめのサプリを5つ紹介しました。いずれも副作用の心配は低く、高脂質血症の治療に使われているEPAを摂取することができます。

おトクに買える定期購入制度もあるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

栄養はなかなか食事では補えないもんね。EPAやDHAが良いって言っても毎日サバばかり食べるわけにいかないし。そういうのを考えたら、サプリって便利だよね。

カルナ博士
そうじゃな。何度も言うようじゃが、生活習慣が大切じゃ。生活を見直した上でサプリを飲めば、一層効果が期待できるぞい!

中性脂肪を減らすには薬だけはダメ!

中性脂肪は確かに薬で減らすことができますが、飲むだけで痩せるということではありません。

食事や運動、お酒、タバコなど日頃の生活を改善しなければ根本的な解決にはならず、いつまで経っても中性脂肪は無くなりません。

逆に、生活習慣を改善してなおかつ薬やサプリを飲めば、相乗効果が期待できます。

おすすめサプリメント!シボヘール


カルナ博士&ひばり
今日から生活習慣を見直して、中性脂肪とおさらばしよう!

参照リンク

MSDマニュアル家庭版ーコレステロールと脂質の異常の基礎知識

大正製薬ーEPA(イコサペント酸)について
厚生労働省ー新たな健診・保健指導と生活習慣病対策