内臓脂肪を減らす薬&サプリがすごい…30代メタボ女がダイエット効果を実感したものをランキング

| 部分痩せ
Share:

→ランキング結果はコチラ



デブは楽して痩せたい!内臓脂肪は薬やサプリで対策が賢い。

あなたは内臓脂肪によって高まるリスクを知ってますか?


  • 生活習慣病のリスクが高まる
  • 健康面での出費がかさむ
  • 体が急速に老化する
  • 見た目で判断され、人生損する

↑コレはマジです。

32歳でメタボ診断を受けた私の体験談ですもの。(デブはほんとつらい)

しかしそんな私も、サプリを使い続けなんとかメタボ卒業できました!

今回は、脱メタボした私が内臓脂肪をサプリや薬で楽して減らしていく方法をご紹介します!

→ランキング結果はコチラ


→男性におすすめのダイエットサプリはこちら【診断テスト】


内臓脂肪を減らす薬&サプリ|口コミおすすめTOP10

シボヘール

\運動量を増やしたくないあなたに!/

シボヘール

シボヘール

  • 価格:980円(定期初回)
  • 内容量:120粒(30日分)
  • 特典保証:契約回数のしばり無し
  • メーカー:ハーブ健康本舗

「機能性表示食品」として脂肪減少のデータを提示している信頼度ナンバーワンの商品!

編集部で実際に試した結果、1ヶ月で64キロ→62キロに!(運動・食事制限なし)
脂肪燃焼力をアップ・蓄積されてしまった脂肪の分解までもサポートしてくれるのが特長です。

多方面から内臓脂肪にアプローチしてくれるので、いままでと同じ運動量でも変化が出やすいサプリ。
「これ以上、運動量なんか増やしたくない!」というあなたにおすすめです!

 おすすめポイント

  • 脂肪減少データあり
  • 葛の花由来のイソフラボンが主成分
  • 内臓脂肪・皮下脂肪にアプローチ
  • 機能性表示食品
  • コスパ◎

主成分の「葛の花由来のイソフラボン」は国からの認定を受けている「機能性表示食品」。
脂肪の合成抑制分解促進燃焼力UPと、内臓脂肪を減らすためのポイントをすべてケア!

12週間の臨床試験の結果では、なんと平均-20平方センチという結果に。
いつもの運動量でも、脂肪が溶けやすくなるカラダ作りをしていくことができます◎

出産後で痩せにくい人からの口コミ評価も高く、いままでのダイエットに大きな変化を与えてくれます。

初月分を980円で購入できるので、お財布にやさしいスタートで内脂肪ダイエットを始めましょう!

シボヘール 公式サイト おすすめ

酵水素328選生サプリメント

\便秘でお腹ポッコリなあなたに!/

酵水素328選生サプリメント

酵水素328選生サプリメント

  • 価格:2,095円(定期初回)
  • 内容量:120粒
  • 特典保証:2回目以降も10%オフ
  • メーカー:ジェイフロンティア

ダイエットブログやテレビで紹介され、楽天@コスメ1位を獲得!
橋本マナミさん、たんぽぽ(芸人)のおふたりも減量に成功。

話題の「酵素」をたっぷり328種類配合、特許カプセルで体内に栄養をとどけます。
生のままの酵素と4種類のビタミンが代謝UPにダイレクトにアプローチ

内臓脂肪を効率よく溶かして、ゆとりある腸内環境にしてくれます。
「便秘がち」「昔よりもダイエットがしにくくなった」と感じるあなたにおすすめです。

おすすめポイント

  • 生の酵素が328種類配合
  • ビタミン4種類も配合
  • 非加熱処理
  • 特許製法ソフトカプセル

生の酵素」と「4種類のビタミン」が配合されているのがポイントのサプリ。
酵素とビタミンは相性がよく、内臓脂肪が腸を圧迫して便秘になっているお腹でも消化力UP!

さらにビタミンそのものが内臓を活発にする働きを持つため、腸内環境を徹底サポートしてくれます。
30代以降、内臓脂肪の圧迫で下腹ポッコリが治らない悪循環をケア。

非加熱処理の酵素は、体内で作用しやすいメリットを持っているため効率よく内臓脂肪を減らしていくことができます!

さらに特許製法で作られたソフトカプセルで、胃酸にも負けず内臓脂肪にアタックする理想的な酵素サプリです。

酵水素328選生サプリメント 公式サイト おすすめ


メタバリアS

 \どうしても食べちゃうあなたに!/

メタバリアS

メタバリアS

  • 価格:500円(お試し)
  • 内容量:120粒(お試し)
  • 特典保証:
  • メーカー:

 内臓脂肪を減らすためは、「余計な糖を吸収させない」ことも重要!

主成分のサラシノールが小腸で上手に余計な糖の吸収をコントロール
白米やパンをがまんせずにストレスフリーなダイエットを叶えてくれます。

さらに吸収しきれなかった糖は腸内で善玉菌のエサに変わります!
糖を吸収させずに腸内環境を整えていく、食事管理系のダイエットサプリです。

「食事制限はしたくない」「白米が好き!」というあなたにおすすめ。

おすすめポイント

  • 白米やパンを食べてもOK
  • 余計な糖の吸収をブロック(サラシノール)
  • 食後30分の血糖値上昇を抑制
  • 脂肪蓄積をブロック
  • 糖を善玉菌のエサにする

いかに食後の血糖値上昇をコントロールできるかが、ダイエットのカギ!
30分以内で血糖値が急激に上昇すると脂肪はどんどん蓄積

その流れをブロックしてくれるのがサラシノールの優れた特徴です。
さらに糖を腸内で善玉菌のエサに変えるので、理想的な腸内環境をサポート。

皮下脂肪よりも落ちやすい内臓脂肪は、これくらい負担のない糖質制限でも十分に脂肪燃焼力をアップしてくれます。

内臓脂肪を減らすサプリのなかでも、不規則な食生活をしている人からの口コミが高評価です。

メタバリアS 公式サイト おすすめ


生漢煎防風通聖散

\医薬品同等の配合量!/

生漢煎防風通聖散

生漢煎防風通聖散

  • 価格:3,900円(初回限定)
  • 内容量:90包
  • 特典保証:なし
  • メーカー:

 テレビ番組でも紹介され、厚生労働省認可18種類の漢方成分は医薬品同様の配合量
デトックス作用の強い生薬で、肥満の原因となっている毒素をどんどん排出。

摂取した栄養をエネルギーとして使え、内臓に不要な脂肪を寄せ付けません◎



スマートガネデン乳酸菌

\デブ菌撃退の「ダイエット用乳酸菌」/

スマートガネデン乳酸菌

スマートガネデン乳酸菌

  • 価格:500円(定期初回)
  • 内容量:30包
  • 特典保証:
  • メーカー:

 売切れ続出の超人気「乳酸菌」サプリ。

研究で明らかになっている太りやすい体質の人がもつ「デブ菌」を撃退し、内臓脂肪減少をサポート!
23種類の乳酸菌を使用することで、どんな体質でも腸内の善玉菌を増やすことが出来ます。


\スマードガネデン乳酸菌の詳しい記事はこちら/

スマートガネデン乳酸菌は本当に効果があるの?巷で噂の商品を検証してみました。評判の良い口コミや悪い口コミからはもちろん、実際に体験した様子をレポートとして残してあるので、本当に効果があるのかを見てみましょう。


肥後すっぽんもろみ酢

\すっぽんの栄養をサプリで摂れるチャンス/

肥後すっぽんもろみ酢

肥後すっぽんもろみ酢

  • 価格:500円(定期初回)
  • 内容量:30粒
  • 特典保証:2回目以降も特別価格
  • メーカー:ミーロード


\肥後すっぽんもろみ酢の詳しい記事/

肥後すっぽんもろみ酢が、ダイエットの味方になってくれると評判です。でも、気になるのはその実力。今回は口コミをじっくり調べるだけでなく、購入、体験、電話取材までしてみました。飲んで試して、包み隠さず本音でお伝えいたします。


善玉元気

 \発酵エキスが腸に嬉しい効果♪/

善玉元気

  • 価格:3,980円(定期初回)
  • 内容量:30包
  • 特典保証:2回目以降も特別価格
  • メーカー:フローラ科学健康研究所



 \善玉元気の詳しい記事はこちら/

善玉元気ってご存じですか?お腹の調子を整え、毎日の健康をサポートしてくれるサプリ!この善玉元気に含まれている成分が今話題!購入者の口コミ・レビューを紹介。販売元に電話で直撃取材した結果で見える善玉元気の力を最大限引き出すコツとは?!


コレスリム

 \ぜいたく成分ギュッと凝縮!/

コレスリム

コレスリム

  • 価格:7,000円
  • 内容量:180粒×2個
  • 特典保証:2回目以降も特別価格
  • メーカー:亀山堂


生命(いのち)の乳酸菌7選

\7つの乳酸菌が腸まで届く!/



生命(いのち)の乳酸菌7選

生命の乳酸菌7選

  • 価格:500円(定期初回)
  • 内容量:30粒
  • 特典保証:2回目以降も特別価格
  • メーカー:ミーロード

  

小林製薬ナイシトール

 \じっくり利かせる漢方薬/

ナイシトール ※第2類医薬品

小林製薬 ナイシトール

  • 価格:2,100円(ナイシトールZ)
  • 内容量:105錠(7日分)
  • 特典保証:なし
  • メーカー:小林製薬

ナイシトール史上最大!防風通聖散5000mg配合。落ちにくい脂肪には「ナイシトールZ」

防風通聖散2500mg配合。お腹周りが気になりだしたら1日2回で効く「ナイシトール85a」


→ランキングTOPに戻る

内臓脂肪を減らすサプリ【女性におすすめ】

年齢とともに内臓脂肪が徐々に増えてしまうと、体型も崩れてしまいます。ダイエットを成功させて、もう一度スタイルを取り戻したいという人に一押しのサプリメントもご紹介していきます!


スーパーフードプライマリースリム

\10種類のスーパーフード含有♪/

Source: 公式サイト

スーパーフードプライマリースリム

通常価格4,400円
定期初回価格500円
内容量90粒/30日分

スーパーフードが10種類も簡単に摂取できるサプリ!

ビタミン・ミネラル、アミノ酸、酵素など栄養満点であると同時に、チアシードがお腹の中で膨張し「食べすぎ予防」としても大活躍してくれます。

ダイエットや肥満対策だけでなく、健康習慣のひとつとして続けたい商品となっています。


CUTE ME-キュートミー

\特許成分をダブル配合!/

Source: 公式サイト

CUTE ME-キュートミー

通常価格7,800円
定期初回価格1,598円
内容量180粒/45日分

超レアな特許取得成分がダブル配合!

体脂肪のスムーズな減少を促す成分が豊富に含まれており、内蔵脂肪撃退やダイエット目的で取り入れる人が増加中の商品です。

医学的にも実績が認められた成分を手軽に毎日摂取でき、安心して使い続けることができます。

健康的に体型維持を目指したい人にはぴったりのサプリだと言えるでしょう。


内臓脂肪を減らすDHCのサプリ【薬局・市販】

Source: 公式サイト

DHCフォースコリーは、コレウスフォルスエキスという成分や様々なビタミンが配合されていて、飲むことでスリムな体をキープできるという商品です。

この商品は薬局・ドラッグストアで取り扱われているため、市販で入手することが可能です。


市販のサプリは偽物が多い!

「できれば市販で買いたい」という人もいると思いますが、残念ながらダイエット効果の高いサプリで市販で買える商品はとても少ないのが現状です。

サプリは通販での販売が多く、特に公式サイトでは安く売っているという場合が多いです。

公式サイトでは安いお試し版が売っていたり、返金保証が付いていたりするので、サプリは公式サイトでの購入がオススメです!




内臓脂肪の薬とサプリの違いはナニ?

薬とサプリは同じように思われがちですが、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあります!あなたに合っている方を選びましょう♪

薬の特徴

即効性が高く効果が感じられるのが早いことが多いのが特徴です。

病院にかかり医師の処方箋を持って購入できるもので、効果効能がはっきりと明記されています。ただし効果が出やすい分反動として副作用が出る可能性もあります。

お金がかかるし病院に通う時間もとられるため、肥満が重症の方にのみおすすめです。

サプリの特徴

サプリは、ある程度の期間使い続けることが前提なので、即効性は特に期待できないと言えます。

ネットで自由に購入することができ、値段も比較的安いのがメリットです!ただし医薬品ではないため、効き目には体質や体調などが関わり、個人差が出やすいようです。

処方箋が不要価格的にも安く手軽に始めやすいのでほとんどの人にはサプリが向いています


まずは気軽にサプリから試してみる
⬇︎

効果が出なかった場合に病院にかかる

とするのがおすすめです!


内臓脂肪を減らすアイテムの選び方は1つだけ


「筋トレ + サプリ」でガッツリ脂肪燃焼!

薬やサプリメントは、飲むだけでも痩せたと感じる人がいる反面、運動も合わせておこなった人はさらに高い効果を感じている傾向があります。

軽い運動を取り入れて、さらなる燃焼効率アップを目指しましょう!


筋トレをして脂肪の付きにくい体に

さらに、ポッコリお腹を引き締めたいなら軽い筋トレも有効!場所を取らずに簡単にできる2種類をご紹介します。

スクワット

お腹以外にも、太もも、お尻、背中、腕などあらゆる部分の筋肉を使うため効率の良い筋トレ。

  1. 脚を肩幅より少し広めに開き、手は頭の後ろに持っていきます
  2. 膝をなるべく前に出さないように意識して、息を吐きながらゆっくりとしゃがみこみます
  3. この時、背筋はまっすぐのまま、ゆっくり椅子に腰かけるようなイメージで行います
  4. 3秒キープして、息を吐きながら元の状態に戻します

10~20回、3セットほどを目安に行ってください。

レッグレイズ

※仰向けになり、脚を伸ばしたまま上下させる筋トレで、特に下腹に効果を発揮します。腰が浮かないよう、下腹の筋肉に力を入れることがポイント。

  1. 仰向けになり、手は身体の横に置きます
  2. 膝を伸ばしたまま腰を支点に脚をゆっくり上げていきます
  3. 脚が床と垂直になったら、今度はゆっくりと元の位置に下ろします
  4. かかとを床に付けないまま、再度上げて同じ動作を繰り返します

8~15回、2~3セット行います。膝を伸ばしたまま上げるのが難しい人は、途中で少し曲げてもOK。


有酸素運動も効果的

有酸素運動とは、体内に酸素を体内に取り入れながら行うウォーキングやジョギング・水泳などのこと。血液中に十分な酸素を取り込みながら運動することで、脂肪の燃焼が促進され、内臓脂肪の消費を促します。

有酸素運動というと30分ほどは続けないと効果がない、というイメージがあるかもしれませんが、じつは5分や10分程度でも運動開始の時点から脂肪は燃焼されています

大切なのは、短い時間でもできるだけ毎日継続すること続けることで脂肪燃焼効果も積み重なっていくと覚えておきましょう。

⇨運動にプラスするならシボヘールがおすすめ!


内臓脂肪の薬&サプリの効果を高める生活習慣

さらに、日常的にできる内臓脂肪を減らす簡単なコツをまとめてみました!


食事での3つのポイント

【1】脂肪の多い食材を減らす

脂質をとくに多く含む食材には、「オリーブ油や調合油などの油類」「マーガリン・バター類」「牛バラ・牛ロース・豚バラなど脂身の多い肉類」などが挙げられ、摂り過ぎには注意が必要です。

具体的に脂質の量を見てみると

  • バター(パン1枚分)……約5g 
  • 揚げ物に使用する油(1食分)……約10g
  • 牛バラ肉(100g)……約50g

成人の1日の脂質適正摂取量は、1日の総摂取エネルギーの20%~25%=平均すると1日約50g~60gほどが目安です。これを見ると、1日分の脂質はかなり簡単に摂取できてしまうことが分かりますね。

調理の際に油を使いすぎないこと、バターやマーガリンを塗りすぎない、脂身はできるだけ避けるなど、ちょっとした心がけで脂質の摂取量を減らすようにしてみましょう。マヨネーズやドレッシング、ベーコンなどもかなり脂質が多いため、摂り過ぎは注意です。

【2】食べ方・食べ合わせにも工夫

脂肪を蓄積させる作用を持つBMAL1というたんぱく質は、1日のうち午後3時頃に最も減少することが分かっています。つまり午後3時頃までに食べたものは脂肪として蓄積されにくいという性質があるのです。

逆に、午後10時〜午前2時ごろは最もBMAL1が多いとされ、脂肪が溜まりやすい時間帯です。がっつり食べても脂肪になりにくいのは午前中~午後3時まで、午後10時〜午前2時に高脂質な食事はNGと覚えておきましょう。

また、脳が満腹感を感じるのは食べはじめて約20分後です。なるべく早食いせず、よく噛んでゆっくり食べることでいつもより少ない量でも満腹感を得やすくなります。

脂肪の吸収を抑える成分一覧

  • エリンギ、シイタケ、マイタケなどキノコ類(キノコキトサン)
  • 緑茶(茶カテキン)
  • 烏龍茶(ウーロン茶重合ポリフェノール)

どの食品も、食事と一緒に摂ると脂質の吸収を抑えてくれるという特性があります。油っぽいものを食べるときなど、意識して取り入れてみてくださいね。

【3】無茶な糖質制限はしない

ご飯やパンを抜くだけという糖質制限ダイエット。糖質を制限することによって、糖質の代わりに脂肪がエネルギーとして使われるようになり短期間で体重が落ちるのが特徴で、その手軽さからチャレンジする人も多いダイエット法です。

しかし急激な糖質制限は低血糖状態を引き起こし

  • 糖質不足による集中力の低下やイライラ
  • 発汗・動悸・めまい 
  • 重度の場合は意識障害

などが起こる可能性もあります。糖質を1日20g以下にするというような極端な糖質制限にはリスクがあると覚えておきましょう。糖質制限のリスクでも触れたように、急激に体重や体脂肪を落とそうとすると身体への負担が大きくなりがちです。


内臓脂肪はなぜつくの?そもそもを確認

ここでは内臓脂肪の基本的な知識を抑えておきましょう。

内臓脂肪が担う役割とは

内臓脂肪とは、腹筋の内側・内臓の周りに付いている脂肪のこと。悪いイメージが先行しがちな内臓脂肪ですが、内臓を外からの衝撃から守ったり、内臓を支え正しい位置を保つためには必要な脂肪なのです

また、蓄えられた脂肪は、いざというときの大切なエネルギー源でもあります。


内臓脂肪が減りすぎると……

内蔵脂肪が大敵だと思い込み減らしすぎると、体温調節に難が出て平熱を保ちにくくなる、胃下垂など内蔵が下がる、そしてホルモンバランスが崩れ女性なら月経不順が起こる、といった支障が出る恐れもあるのです。 


 内臓脂肪は減りすぎ注意

ただ余計な脂肪だと思われがちですが、しっかりと役割があるので減らしすぎは逆にマイナスとなります。内臓脂肪が減りすぎると胃下垂など内蔵が下に下ることで、消化器系の働きが衰えやすくなるかもしれません。また、いざというときのエネルギーが不足しリバウンドしやすくなることも考えられます。

内臓脂肪はただの敵ではなく、体に必要があって存在するということは忘れないようにしましょう。


内臓脂肪と皮下脂肪の違い

内臓脂肪が内臓の周りについている脂肪なら、皮下脂肪は皮膚のすぐ下についている脂肪のこと。簡単な判別方法は、手でつかむことができるのが皮下脂肪です。

体脂肪とは、内臓脂肪と皮下脂肪の総称であり、「体脂肪」という言葉は内臓脂肪と皮下脂肪の両方を指しています。男性はもともと筋肉量が多く、そのエネルギー源を確保するために女性より内臓脂肪が付きやすいという性質を持っています。逆に女性は女性ホルモンの影響で、皮下脂肪が付きやすくなっているのが特徴です。

ちなみに、身体を衝撃から守ったりエネルギー源になったりする皮下脂肪は、ダイエットでは悪者にされますが、身体に直接的な害はありません。


病気の予防のために脂肪を落とすべき

内臓脂肪の蓄積で起こる症状には脂質異常・糖尿病・動脈硬化・高血圧症などがあり、増えすぎれば脳梗塞や心臓病のリスクも高まります。増えすぎていないかどうか、定期的にチェックしなくてはならないのが内臓脂肪なのです。


内臓脂肪が多いと診断される基準

分かりやすい目安として、男性ではウエストが85センチ以上、女性では90センチ以上という厚生労働省の診断基準があります。

さらに内臓脂肪の割合を細かく測る基準に「内臓脂肪レベル」があり、これはCT検査によって内臓脂肪の総面積を測って数値化したものです。

一般的に

  • 1~9…… 標準
  • 10~14…… やや高い
  • 15~30…… 高い

という基準があり、内臓脂肪レベルが10を超えると生活習慣病のリスクが高まってくると言われています。

最近では、オムロンやタニタといった会社からや内臓脂肪レベルを測定できる体重計も販売されていますから、気になる方はこまめなチェックを習慣付けてみるのが良いでしょう!


体脂肪率の原因は?|内臓脂肪と皮下脂肪の違い


「お腹まわり太ったな…」「体脂肪率あがってる!」と気づいても、内臓脂肪とか皮下脂肪とか何のせいだか分からなくないですか?

ここでは内臓脂肪・皮下脂肪の特徴や見分け方について説明します!


内臓脂肪

胃や腸など、内臓の周りについている脂肪が内臓脂肪です。

増える主な原因

  • 高カロリーな食べ物の食べすぎ
  • お酒の飲み過ぎ

見分けるポイント♪

内臓脂肪が増えていくとお腹は風船のように膨らんでいきます。また、
そのため内臓脂肪が多いお腹は、張っていて「皮膚のシワの段が少ない」「ぽっこりお腹」です!

皮下脂肪

お腹の皮膚の裏側にへばり付いている脂肪が皮下脂肪です。

増える主な原因

  • カラダの代謝が悪い
  • 運動不足

見分けるポイント♪

皮下脂肪が増えると皮膚が厚くなり、少し伸びます。
そのため皮下脂肪が多いお腹は、触ると「プニプニ」していて、「手でつまめて痛くなく伸ばせる」のが特徴です!

☆特に内臓脂肪は減らすことが大変なので、サプリなどでダイエットのサポートをすることがおすすめです!

内臓脂肪を放置すると高まる危険性

内蔵脂肪が増える中、そのまま放置しておくとどうなるのか。リスクや病気の可能性についてみていきましょう。

生活習慣病にかかりやすくなる 

まずはなんといっても生活習慣病へ繋がるというリスクがあります。必要なエネルギーを取り込み消費しておく中では、余分な脂肪が蓄積することはありません。

しかし、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回っている場合、余分なエネルギーは体脂肪として溜まっていきます。内蔵まわりにつく内臓脂肪は臓器の働きを妨げ機能を低下させてしまいます。

すると、全身のさまざまな部分に影響を及ぼすことになり、肥満やメタボリック症候群、動脈硬化から脳梗塞や心臓病、糖尿病といった生活習慣病を発症しやすくなるのです。


様々なリスクが出てくる

ガンを含め、生活習慣病になると健康だったときのような生活を送るのが難しくなります。体力が落ち、病気の治療のために不自由な生活をすることもあるでしょう。

また、治療における薬の副作用も考えられますし、最悪は死に至る可能性も充分にあります。こうしたリスクを考慮すると、内臓脂肪から病気になる前に対処しておくべきだと言えます。


内臓脂肪の薬&サプリの不安解決Q&A

よくある質問Q&A

効果の出る飲み方は?

水やぬるま湯などで飲むこと。食前より食後、寝る前がおすすめ。

薬でもサプリでも飲む際には気をつけたい点があります。飲む際には水やぬるま湯などで飲むようにし、牛乳やオレンジジュースなど味のついたドリンク、カフェインやアルコールなど避けた方が無難です。また、飲むタイミングは消化吸収力が高まっている食後か、寝る前がおすすめです。

効果の出るスピードは?

商品や体質によって異なりますが、比較的即効性が高いのが薬で、徐々に効果が感じられるのがサプリだとされています。

商品や体質によって異なりますが効果が出るまでにどのくらいの時間がかかるかは個人差があります。口コミなどで寄せられているタイミングについては参考程度に抑えておきましょう。比較的即効性が高いのが薬で、徐々に効果が感じられるのがサプリ。ある程度の期間続けて使うことで効果が発揮されるものです。

サプリメントの効果期待値は?

処方薬ほどの高い効果はありませんが、脂肪を減らすサポート役としての働きは十分に期待できます。

内臓脂肪が増えるとかかりやくなる病気のひとつに糖尿病があります。糖尿病に処方されるお薬には、脂肪の燃焼効果があるチアゾリジン薬やビグアナイド薬などですが、どちらも医師の処方が必要になります。

他にも脂肪を減らす薬としては、肥満外来などで使用される「サノレックス」や「ゼニカル」といった薬があります。どちらの薬も副作用のリスクも高いため、自己判断での利用はおすすめできません。


内臓脂肪に効く薬&サプリを賢く活用でリスク回避!

つきやすく落としやすい内臓脂肪は、日々のちょっとした心がけで減らしていくことができる脂肪です。知らず知らずのうちに体につきすぎて、生活習慣病の原因になりかねませんので、早めの対応をする必要があります。

大切なのは、「薬」「運動」「食事制限」のトライアングルのバランスではありますが、時間や余裕がない人は薬やサプリメントを取り入れて効率よく対処していくのがおすすめです。内臓脂肪を効率よく落として、きっとひと回りスッキリしたお腹に近づけましょう!


参照リンク

厚生労働省 e-ヘルスネットー内臓脂肪型肥満

つくば総合健診センターー食事を見直してメタボリックシンドロームを予防しよう!

国立循環器病研究センター 循環器病情報サービスー[93] メタボリックシンドローム その対処法