貧血と眠気には密接な関係がある!強烈な睡魔の原因と対策を紹介

貧血と眠気には密接な関係がある!強烈な睡魔の原因と対策を紹介

VCRge2FX.jpg

貧血は、めまいや顔色が悪いだけだと思っていたら実は、眠気にも大きく関係していました。昼間に襲ってくる強烈な睡魔……何もする気がなくなるし、耐えられないし……とても嫌なものです。悩んでいるそこのあなたにその対処法と解消法を教えます。

シェアする

貧血と眠気には密接な関係がある

夜たくさん寝ているつもりなのに、仕事をしていても食事をしていても眠くてたまらない。起きていないといけないときに、強烈な睡魔が襲ってくるとすごく困ってしまいます。

でも、理由ってわかないことが多くないですか?単に寝不足?と、簡単に考えている人が多いのではないでしょうか?実は眠気は貧血と大きく関係している場合があるということを知っていますか?

貧血は女性に多く、実に40%以上の人が貧血を持っているといわれています。

ひばり
貧血と眠気に関係があるってどうしてなんだろう?と思ってみて調べてみたら、貧血になると体の中では大変なことが起こっていました!
そのことにより、強烈な眠気が起こることも。そのメカニズムを知れば、嫌な眠気とサヨナラできそうです。
調べたサイトの数調べた時間
約500サイト約280時間

それでは、貧血と眠気の関係をみてみましょう。

睡眠と貧血の深~い関係

一見、関係ないように思える睡眠と貧血。貧血で具合が悪いほうがよく寝られそうですが……でも、実は反対。貧血だと睡眠にも悪い影響を与えてしまうのです。

貧血が原因の強烈な睡魔

運動や仕事、日常生活で体や頭が疲れてしまえば、眠くなるというのはごく当たり前のことですが、貧血を持っている人は、そうでなくてもいきなり我慢できないくらいの強烈な眠気が襲ってくることがあります。

それは、体に必要な酸素の量が足りないことが原因です。女性に多い一般的な貧血は、ヘモグロビンという赤血球の中の成分が少ないために起こる貧血です。ヘモグロビンは体中に酸素を運ぶ役割を持っていますが、それが足りないために脳に酸素が十分に届きません。脳が酸欠の状態ですね。

そうなってしまうと、深い眠りに入らなければいけないリズムのときでも、足りない酸素を補おうと脳や体が覚醒した状態になってしまうため、自分は寝ているつもりでも熟睡はできていません。

実際は眠れていないので、寝不足の状態です。そして、寝不足だけではなく、脳に酸素が十分にいかないため、脳の活動が低下してしまうこともいきなり睡魔が襲ってくる原因でもあります。

その眠気は貧血からきている?見極める方法

眠気が起きるのも、いろいろな原因があります。しかし、貧血であれば眠気のほかにもいろいろな症状が現れます。代表的な貧血の症状は以下の通りです。すべて当てはまらないといけないというわけではありませんが、思い当たる症状があれば、その眠気は貧血が原因である可能性があります。

体がだるい

貧血は体が酸素不足になっている状態です。酸素は人間が生きていく上でなくてはならないものです。足りなければ生きていく上でもっとも重要なところ(心臓や脳など)に優先的に送ろうとします。

そのような状態では、体が酸素を送ろうとがんばりすぎていること、しかし、体のすみずみに酸素が行き渡らないことから体がだるい、倦怠感といったことを感じることがあります。

酸素不足による寝不足も体が休まらないので、疲れが取れず体のだるさを感じる原因です。

顔色が悪い

ヘモグロビンの不足が顔色が悪くなる原因です。一般的に貧血の人は血が薄いといわれることがあります。これは、ヘモグロビンが血液の赤い色を作っている成分のためです。ヘモグロビンは酸素と一緒になって赤い色になります。

たださえ赤い色が少ないこと、血の巡りが悪いことで血色が悪くなってしまうのです。

吐き気がある

胃や腸の働きが悪くなり、消化不良を起こしていることが考えられます。これも酸素不足が原因。酸素が足りないので、胃や腸が正常に働かないのです。

暴飲暴食やストレスなどでも消化不良は起こりますが一時的なものです。しかし、貧血の場合には酸素不足が原因なので、慢性的に消化不良→吐き気が起こることもあります。

寒気を感じる

貧血になると、寒気を感じることがあります。酸素が少ない血液は糖質や脂肪を燃やす力が少なく代謝が悪くなるので、体温を維持できなくなってしまうのです。その結果、体温が下がってしまうことがあります。

そのほか、血液の流れが悪く手や足の先まで行き渡らないことで、末端の冷え性を起こしてしまっているために体が冷え、寒気を感じることが多くなります。

足にむくみが出る

夕方になると足がむくみ……経験がある人は多いのではないでしょうか?1日のほとんどが心臓より下にある足はむくみやすいものです。おうちに帰ってからのケアで改善できればいいのですが、貧血でのむくみの場合はそうもいかないようです。

むくみは二酸化酸素や老廃物を心臓に戻す静脈やリンパ液の流れが悪くなってしまうと、血管内の水分が血管の外や細胞の外に染み出し、たまってしまうために起こるものです。

酸素不足で血液の流れが悪くなってしまうとキチンと心臓に戻すことができないのでこのような状態に。そして酸素が足りないために、血液を全身に巡らすために必要な心臓や筋肉の働きも悪くなります。このような状態になると、心臓は血液を送るためにがんばってしまい、疲れて心臓に不調を起こすこともあるという話も。

さらに、貧血の人は血液内のタンパク質も不足していることが多いと言われています。タンパク質は水分とつながり血管内や細胞内に水分をためる働きを持っています。タンパク質が足りないと水分をしっかりためておくことができず、血管や細胞の外に水分が出てしまいやすくなります

頭痛を患う

頭痛も貧血の症状の1つです。こちらも酸素不足が大きな原因になっていると考えられています。脳は体全体で必要とされる酸素の4分の1を消費します。かなり多くの酸素を必要とするのですね。

そんなにたくさんの酸素を必要とする脳は、酸素不足になると影響を受けやすいところだと言えます。必要な酸素を取り込もうとするため、血管には強いストレスがかかります。

そのために、周りの神経が炎症を起こしてしまったり、血流が悪いために頭の筋肉がうまく動かずに緊張してしまったりといったことが原因で頭痛が起こると考えられています。

動悸や息切れがする

激しい運動をしたわけでもないのに、心臓の鼓動が早いなと感じたり、息切れが起こることはありませんか?貧血では、このような症状がでることもあります。

体に必要な酸素が足りないと心臓は、血液の流れを早めて酸素を補おうと働きます。これが動悸です。そして、不足した酸素を呼吸から補おうとして大量の酸素を取り込むと息切れが起こります。

めまいを感じる

貧血で代表的な症状がめまいです。突然くらっとしたり、自分が揺れている、回っている、ふわふわとしているなど、感じ方はいろいろですがとても怖いですよね。耳鳴りも一緒に起こることもあります。

めまいは、脳に十分な血液が送られていないまたは、一時的に血液が足りない状態のときに起こります。貧血だと血液の流れが悪かったり、血液を送る力が弱く、脳に必要な血液が届かない場合も多くなるため、めまいを起こしやすくなってしまうのです。

立ちくらみも症状は似ていますが、立ちくらみは短い時間で回復することが多く、比べてめまいは時間が長く続くことが多いようです。

無性に氷が食べたくなる

味がない普通の冷凍庫で作る氷が食べたくてたまらない。なんとなく、氷をぼりぼりとお菓子のように食べている。こんなことがあったら氷食症という症状かもしれません。

氷食症とは、食べ物ではないものや栄養のないものを食べてしまう異食症と言われるものの1つです。異食症でよく聞く話は、妊婦さんが土や髪の毛といった食べ物でないものを口にしてしまうということがあります。

外食先でお冷やジュースに入っている程度の氷を食べているくらいなら問題はありません。氷食症は、1日に製氷皿1皿以上食べてしまう状態が目安になります。

原因はまだよくわかっていないらしいのですが、貧血で脳が酸欠を起こし、自律神経に影響が出ている。そのため、体温の調節がうまくいかず、体や口の中を冷やしたいから起こる症状。また、貧血により食の好みが変わってしまう……といったことが原因として考えられています。

氷食症であれば、ほかの貧血の症状も現れてきますので、併せて様子を見てみましょう。

直ぐにできる貧血による眠気対策4選

眠たくて困る……そう思ったら直ぐできるおすすめの対策法を4つ紹介します。

眠って体を休ませる

眠っている時間=体や脳を休ませる時間です。貧血の人は眠りが浅かったり、常に体や脳が覚醒してしまっているために十分な睡眠が取れず、寝不足気味でしっかり休息が取れていません。

しかし、それだけではなく酸素不足から脳が「眠りなさい」と指令を出します。心臓や消化器官、筋肉や脳。人間の体はどこを働かせるにもたくさんの酸素を必要としています。燃料のようなものですね。

その酸素が少ないと節約するように働きも鈍くなります。特に脳はたくさんの酸素を必要とするので酸欠になりやすい場所です。そのような状態になると脳は体を休ませなければいけないと判断。眠ることが体を休ませることになるので当然眠気が襲ってきます。

そんなときは、脳の指令に従ってみましょう。理想的な時間は1時間から1時間半。それ以上になるとかえって脳の疲れが取れなくなってしまうようです。「昼間眠くなっても寝る時間なんかそうそう取れない!」そんな人でも大丈夫です!昼間なら5分だけでもいいので目を閉じてみましょう。昼寝の5分は夜の1時間~2時間分に相当するそうです。

食べ物で積極的に鉄分を摂る

一般的な貧血は、鉄分不足が原因です。鉄分が不足すると酸素を運んでくれるヘモグロビンが少なくなり、しっかりと酸素を運ぶことができなくなってしまいます。

数ある貧血の中で、女性に1番多いタイプの貧血が鉄分不足。原因は、偏った食事や無理なダイエット、生理や妊娠、授乳などいろいろです。摂取量は1日1mgと言われますが、体に吸収されるのは健康な人でそのうちの10%ほど。できれば、10mgは摂りたいものです。

そして鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があります。違いは吸収率です。吸収率と含まれているものを表にしてみましょう。

鉄の種類吸収率含まれている食べ物10mg摂るには?
(100mg中の含有量が多いもの)
ヘム鉄10%~20%
レバーや肉などの動物性の食べ物
赤身の魚や貝類
煮干し:18mg
干し海老:15.1mg
豚レバー:13mg
非ヘム鉄1%~6%野菜や果物、豆類や貝類など乾燥青のり:74.8㎎
ヒジキ:55.0㎎
焼きのり:11.4㎎

吸収率に大きな違いがありますね。そして鉄分はタンパク質やビタミンCと摂ることで吸収率がUPします。ヘム鉄は動物性の食品なのであれこれ考えなくてもタンパク質も一緒に摂れます。毎日の食事に取り入れましょう。

ただ、摂りすぎにもよくないのでたくさん摂ればいいということもありません。神経質にならず毎日必要な量を足していく感覚で摂取していきましょう。

カルシウムや食物繊維、ポリフェノール、タンニンは鉄の吸収を妨げてしまうようです。牛乳やワイン、コーヒー・紅茶は食事と一緒には摂らないほうがいいでしょう。

適度な運動を心掛ける

運動不足を解消することも貧血や眠気の改善につながります。毎日軽い運動をすることで

  • 血液の流れをよくする
  • 酸素を取り込む
  • 筋肉を鍛える

といった効果が期待できます。必要な栄養をキチンと摂っていても血液の流れが悪ければ酸素不足は改善されません。特に、筋肉は血液を送るポンプのような役割を持っていますので、衰えていると血液を送る力は弱くなってしまいます。

また、酸素が足りないと筋肉はうまく働きません。そこで、激しい動きが必要のない有酸素運動がおすすめ。水泳やウォーキング、ヨガ、踏み台昇降も有酸素運動です。

プールで歩いたり、自分のペースでウォーキングをするだけでも効果があります。「でも、もっと手軽にやりたい」という人はラジオ体操はいかがでしょうか?

誰でも知っているラジオ体操も有酸素運動です。国民の健康のためと、1928年に始まった長い歴史を持った体操。ラジオ体操は無駄な動きは一切なく、短時間で効率的に全身の筋肉を使えます。15分やると1日分の運動量になるそうです。

激しい運動は息切れや動悸の原因になりますので注意しましょう。無理なく適度な運動で十分です。

できるだけ早寝早起きをする

不規則な生活は睡眠やホルモンバランスに大きな影響を与えます。ホルモンバランスが崩れると自律神経に影響が出る場合があり、しっかり眠れなくなることもあります。寝不足が体の酸素不足を起こす原因なのは上でお話しした通り。

睡眠不足→ホルモンバランスが崩れる→自律神経に影響が出る→不眠になる……と、悪い方向にループしてしまうのです。ホルモンバランスを整え、自律神経を健康に保つには早寝早起きを習慣にしましょう。

検査キットで自分で検査できる

検査を受けたいけど病院に行く時間がなかったり、病院が苦手……という人でも自宅で簡単に貧血の検査ができるキットが通販で手に入ります。

デメカル 生活習慣病+フェリチンセルフチェック

\病院に行く時間がなくても自宅で簡単検査!/

Source: Amazon

デメカル 生活習慣病+フェリチンセルフチェック

編集部評価★★★★★ 総合点95点
価格10,584円(税込み)送料無料 
メーカー・会社製造元:富士フイルム株式会社 販売元:株式会社リージャー

自宅で簡易検査ができる血液検査キットです。指先からちょっと血を採って専用のケースに入れ、検査申込用紙と問診票と一緒に検査センターに郵送するだけ。

もちろん送料は無料です。検査結果は3日~4日ほどで速報メールが、7日~10日ほどで自宅に郵送で届きます。速報メールを希望する人は検査申込用紙にメールアドレスを書いて下さね。

また、結果が郵送されてくるのはちょっと……という人も、申込用紙で検査結果を郵送するかしないか選べますので安心です。検査費用もこの価格に含まれています。

楽天を見てみる

貧血の種類

貧血といっても種類があり、原因もさまざまです。一般的に貧血は、血液検査でヘモグロビンの値や赤血球の数や大きさをみます。貧血かどうかをみるのに目安になるのがヘモグロビンの値です。

  • 男性:13g/dl以下
  • 女性:12g/dl以下

だと貧血と診断されます。

一番多い 鉄欠乏性貧血

一番多いのが鉄欠乏性貧血というもの。鉄欠乏性という名前の通り、鉄分が足りないので、赤血球の中のヘモグロビンが少ないために血が薄いといわれるものです。赤血球の働きはその中のヘモグロビンによって体に酸素を運ぶことです。

鉄欠乏性貧血だとヘモグロビンが少なくなるので赤血球も小さくなってしまい、十分に働けなくなってしまいます。

貧血の人の約70%が鉄欠乏性貧血だといわれています。症状は動悸・息切れ、顔色が悪い、体がだるいなど一般的な症状と

  • 爪がスプーン状になる
  • 口角炎
  • 舌の異常
  • 嚥下(えんげ)障害

などがみられる場合があります。

また、ヘモグロビンの値が正常でもこのような症状がでることがあります。それはフェリチンという内臓にあるタンパク質が減って起こるものです。フェリチンは鉄分を貯めこんでくれ、血液中の鉄分が足りなくなった時に放出、鉄分不足を補ってくれます。

フェリチンが減ってしまうと、だんだん鉄分を補うことができなくなってしまうために近いうちに鉄分が足りなくなってしまいます。ヘモグロビンの数値が正常でも鉄欠乏性貧血の症状が出ている人は、精密検査をしてフェリチンの値も調べてみましょう。

怪我などが原因の失血性貧血

怪我や病気など体から血が失われることでなる貧血です。血液の中の成分ではなく、血液そのものが流れ出て少なくなってしまうことが原因で、手術や怪我、出産でなることが多いようです。胃潰瘍などの消化器官の病気で慢性的になることもあります。

出血の度合いによってはその日に起こらず、あとからなってしまうこともあるので怪我をしたら止血をキチンとしましょう。

ビタミンが欠乏する悪性貧血

鉄分のほかに赤血球を作る必要なものにビタミンB12があります。悪性貧血はこのビタミン12が欠乏して起こる貧血です。ビタミンB12を吸収するには、胃の中にある糖タンパク質が必要です。この糖タンパク質が足りないとビタミンB12の欠乏が起こります。

ビタミンB12が足りないと赤血球を作れず、赤血球の前の段階で死んでしまいます。この死んでしまったものが巨赤芽球(赤芽球)と呼ばれるもの。

この巨赤芽球は骨髄の中にたまります。そのために、悪性貧血は骨髄液を調べ、巨赤芽球があるかないかでわかります。

一般的な貧血の症状のほか、神経性の不調が現れます。

  • 舌に口内炎や食べ物を食べると舌がしみる
  • 手足がしびれる
  • 胃もたれ・胃痛

自己免疫性萎縮性胃炎という自己免疫が胃の壁の細胞を攻撃して壊してしまう病気が大きく関係している場合もありますので、胃の不快感なども症状として現れることがあります。

貧血を起こしやすいのはどんな時?

いつもは大丈夫なのに急にふらっとしたり、時期によってこのような症状が出ることありませんか?貧血と自覚かない人もこんな時には貧血が起こりやすいので注意が必要です。

生理のとき

生理のときには特に鉄分が失われやすくなります。生理になると子宮に血液が集まってしまうために他の部分の血液が不足してしまうためです。貧血ではない人でもこの時期はふらっとしたり、クマができやすくなったりと体の上に行くにしたがって血液が回ってないことがわかるもの。

鉄分を摂ったり、軽い運動で血液の流れをよくしたりして血液の流れをよくしましょう。健康であればこの症状生理が終われば収まります。

妊娠のとき

妊娠をすると今まで貧血ではなかった人も貧血になってしまう場合があります。実に、妊婦さんは約30%~40%が貧血だといわれています。妊娠すると貧血になってしまう原因は

  • 血液の量が増えるから
  • 鉄分が多く使われるから
  • つわりで十分な栄養が摂れないから

といったことがあげられます。妊娠32週目に入るころには血液の量が1.5倍になります。しかし、血液の成分もすべて増えるというわけではなく、血漿(けっしょう)といわれる液体が増えます。赤血球や白血球などは増えないので薄い血液になってしまいます。

血液が増えるのは赤ちゃんに栄養と酸素を送るためです。しかし、血液が薄くなり鉄分が足りない状態なのですが赤ちゃんに栄養や酸素を送るためには鉄分を多く使用してしまいます。

このために、妊婦さんの多くが貧血になってしまうのです。つわりなどで必要な栄養を摂れないことも貧血の原因です。妊婦さんは妊娠していない人の1.7倍、20mgの鉄分が必要だとされています。

強いストレスを感じた時

ストレスは目に見えないやっかいなもの。しかも、誰にでもあるものです。そして、強いストレスを感じた時にも貧血になってしまうことがあるんです。では、強いストレスを感じたりすると体の中ではどんなことが起こってしまうのでしょうか?

  • 神経が緊張したり過敏になり血液の流れが悪くなる
  • ビタミンCが不足する
  • アドレナリンなどのホルモンの分泌が盛んになり脾臓(ひぞう)に負担をかける

自律神経に影響が出てしまいバランスが崩れてしまうと内臓への血液の流れが悪くなったり、活性酸素を発生させます。活性酸素は体を老化させる原因になるものです。その活性酸素を取り除いてくれるのがビタミンCです。

そして、ストレスを感じた時に分泌される抗ストレスホルモンを作るときに大量に消費されます。ビタミンC は鉄分を体に吸収させるのにも大事なビタミン。ビタミンCが足りないことによって鉄分の吸収も悪くなってしまいます。

血液に関係する大事な脾臓(ひぞう)もダメージを受けてしまします。脾臓(ひぞう)は、古くなったり傷ついてしまった赤血球を壊す働きを持っています。

ストレスを受けると分泌されるアドレナリンなどのホルモンが過剰に出てしまうと、脾臓(ひぞう)の働きが高くなってしまい、赤血球をたくさん壊してしまうのです。

強いストレスを感じてしまったり、長くストレスを溜めてしまうことも貧血を起こしてしまう原因になります。

無理なダイエットをしたとき

短期間で痩せたい!と、過剰な食事制限をする無理なダイエットも貧血を起こすものです。無理に食事を減らしたり食べないというのは、必要な栄養素が摂れなくなるのは目に見えています。

ダイエットをするときは、栄養バランスを考えたり運動量を増やすなど食事をキチンと摂る方法で行いましょう。

鉄分を効果的に補えるサプリ3選

貧血予防には鉄分が大切。ですが、鉄分だけ摂取しても体に吸収されるのはごくわずか。吸収率を上げるにはビタミンも一緒に摂ることが大切です。それでは、鉄分をしっかりと体に取り込むためにおすすめのサプリを3つ紹介します。

小林製薬の栄養補助食品 ヘム鉄 葉酸 ビタミンB12

\これ1つで女性の鉄分不足を解消!/

Source: amazon

ヘム鉄 葉酸 ビタミンB12

編集部評価★★★★★ 総合点95点
価格1,480円
1日あたりの価格90粒(約30日分) 1日あたり約49円
メーカー・会社小林製薬株式会社

ヘム鉄・葉酸・ビタミンB12と、赤血球を作るのに大事な成分がそろっていてうれしいサプリ。鉄分の推奨摂取量は10.5mgですが、吸収率を考えると食べ物やサプリなどで摂る場合それ以上入っているものが必要。

この小林製薬のヘム鉄葉酸ビタミンB12は、ヘム鉄が325.0mg(鉄6.5mg)入っているので大満足です。足りなくなると悪性貧血を引き起こしてしまうビタミンB12は2.0μg配合。女性の推奨摂取量が2.4μg(妊婦さんは2.8μg)ですので、ほぼカバーできます。

お腹の中で健康な赤ちゃんを育てるのに必要な葉酸も入っているため、女性にはとてもうれしいサプリです。

Amazonを見てみる

ディアナチュラヘム鉄Withサポートビタミン2種

\欲しい成分がしっかり入っていてコスパは最強!/

Source: amazon

ヘム鉄 With サポートビタミン2種

編集部評価★★★★★ 総合点90点
価格592円
内容量30粒(30日分) 1日あたり約20円
メーカー・会社アサヒグループ食品

コスパの面でおすすめなのがディアナチュラ ヘム鉄Withサポートビタミン2種です。毎日飲むものだからやはり手軽に買いたいものですよね。ビタミンB12と葉酸は推奨摂取量をほぼ補えます。

しかし、鉄分は3.0mgとちょっと物足りなさを感じてしまいます。しかし、しっかり食事からも摂るように習慣付けることも大切なので、食事からとって足りないかな?と思う分をこれで補給。

コスパの面では長く続けられるサプリですので、おうちに1つ置いておけば家族みんなで飲むことができますね。

Amazonを見てみる

大塚製薬 ネイチャーメイド鉄(アイアン)

\鉄分だけをちょっと補給がしたい人向け/

Source: 公式サイト

鉄(アイアン)

編集部評価★★★★ 総合点85点
価格80粒入り:680円(税抜き) 200粒入り:1,550円(税抜き)
内容量粒:80粒40日分 200粒100日分 1日約15円(200粒入りで計算)
メーカー・会社大塚製薬

大塚製薬のネイチャメイド鉄(アイアン)は、鉄分だけを摂りたいときにおすすめです。1日あたりにかかる費用がとっても魅力的ですよね。2粒中に含まれる鉄分は6mg。

ほかのビタミンとかは意識して摂っているから大丈夫!という人や、生理のときやたまに貧血のような症状が出るけど……とちょっと心配な人は常備しておくといいかもしれません。

公式サイトを見てみる

病院に行くべきケースも知っておこう

食事や生活習慣などで改善できる貧血ですが、なかには病院でしっかり検査をして治療をしなければいけないケースもあります。ちょっとでも思い当たる節があったら病院に行ってみてくださいね。

貧血を長く患っている人

貧血は体が酸欠の状態だとお話ししましたが、この状態を長く続けているとどうなってしまうのか考えたことはありますか?自覚症状は、めまいだったりとか動悸・息切れだったりとかそんなものでしょう?と思うかもしれません。

しかし、動悸や息切れが起こるということは、心臓や肺が足りない酸素を取り込もうと必要以上にがんばってしまっているから。それが長年続くとものすごい負担がかかっていることなります。

そして、知らず知らずのうちに心臓が肥大してしまう可能性も。重大な病気を起こす前に病院に行ってみましょう。

眠気が強すぎる

脳の酸素不足により起こる強烈な眠気は場所や時間を選んでくれるものではありません。仕事中や家事の途中、食事中だって起こってしまいます。これでは日常生活に支障をきたしてしまうことも。

眠気が襲ってくるということは、体を休めなさいというサインです。なので、体のすべての機能は低下してします。疲れが抜けなかったり、ホルモンバランスを乱したり、免疫力を低下させてしまったりします。

これでは、貧血が重くなったり、ほかの重大な病気を引き起こしてしまいますよね。さらに集中力や思考能力も低下してしますので、仕事にも影響しますし、車を運転しているときだと事故を起こしてしまう可能性もあります。

あまりにも強い眠気が日常的に起こるようならお医者さんに相談をしましょう。

貧血症状が現れた男性

女性に貧血が多いのは、女性特有の生理や妊娠といったことで男性よりも出血する機会が多くあるからです。怪我や病気でなくても出血をするために鉄分不足になることも多いため。

このようなことがない男性の場合、普通に生活をしているなら、鉄分が不足することは少ないです。過剰な食事制限をしたりしているといったことなら普通の鉄分不足もあるでしょう。

男性がなにもしていないのに貧血の症状が出た場合の多くは、胃がんや大腸がん、十二指腸潰瘍や胃潰瘍などの重大な病気で内臓から出血している場合が多いとのこと。

現に、貧血を訴え受診した男性から大腸がんが見つかることも多いといいます。男性で貧血の症状が現れたら迷わず病院で検査を受けましょう。

腎性貧血

腎臓の働きが弱くなってしまって起こる貧血が腎性貧血です。腎臓は尿を作ってくれるところというのは知っていると思います。しかし、腎臓の働きはそれだけではありません。

腎臓は赤血球も作る手助けをしてくれます。エリスロポエチンというホルモンを作り脊髄に赤血球を作るようにと働きかけます。腎臓の働きが悪くなるとエリスロポエチンが作られず、赤血球も減ってしまいます。

腎臓病を患っている人は特に注意が必要です。貧血は腎臓病も悪化させるので悪循環。心臓にも影響があるといわれています。腎性貧血はゆっくりとしたもので気づきにくいという特徴があります。

病院で治療できますので、腎臓に不安があり貧血も少しあるかも?と思ったら、早めに病院で検査を受けましょう。

脳機能の異常によるナレコレプシー

時間や場所を選ばずに、突然強烈な眠気が襲ってくるものにナレコレプシーというものがあります。ナレコレプシーの原因ははっきりとはわかっていないようですが、神経伝達物質が不足してしまうために起こる脳機能の異常によるものだとされています。

ナレコレプシーの症状は貧血とは少し違ってきます。ナレコレプシーでは、貧血と同じように時間も場所も関係なく眠気に襲われますがこれを我慢することはできません。

そのほか、感情が高ぶったとき(怒ったり、笑ったり、騒いだりしたときなど)に突然力が抜けてしまう、金縛りのようなことが起こるようなことがあります。

そして特徴的なのが、寝入るときのリズムです。普通であれば寝入るときは脳が休むノンレム睡眠、そのあとに体が休み、脳は覚醒しているレム睡眠。それを繰り返して眠っているという状態になっています。

しかし、ナレコレプシーの人は寝入るときにすぐレム睡眠に入るので、はっきりとした夢を見ることが多いようです。そのために、現実か夢か区別がつかないことがあるようです。

子宮筋腫

子宮筋腫は40代の女性の4人に1人は持っているといわれる良性の腫瘍です。だからといって貧血に関しては安心できるものではありません。

子宮筋腫は中にも外にもできますが、中にできた場合、生理の出血となる子宮内膜のできる面積が増えてしまうため、出血の量が多くなったり、不正出血を起こしたりします。

そのような状態が長くつづくと鉄分不足を起こし貧血になったり、貧血が悪化してしまったりしてしまいます。また、免疫を落としてしまったり、ほかの内臓に負担をかけ、大きな病気を引き起こしてしまうこともあります。

眠気に悩まされないために

突然襲ってくる強烈な眠気はどうしていいかわからなくて困ってしまうもの。でも、原因を知れば改善や予防ができます。毎日の生活習慣を変えたり、食事の内容を見直してみるだけでもいい結果がでることも。

場所や時間を問わずに眠気に悩まされるのはもう終わりにしましょう。解消されることで毎日が楽しくなりますよ。

参照リンク

QLife

サワイ健康推進課

小林製薬

TOP