キレイラインを徹底調査!口コミで話題の安すぎる歯列矯正とは

キレイラインを徹底調査!口コミで話題の安すぎる歯列矯正とは

Sc69gZ3T.jpg

安すぎると話題のキレイラインですが、調べてみると、情報が少ない上に「怪しい」という口コミもちらほら。今回、編集部ではその実態を解き明かすために、株式会社キレイラインへの問い合わせや口コミ調査などを実施しました。

シェアする

この驚愕の安さ、怪しくない?

最近耳にするようになったキレイライン、もともと少し歯並びが気になっていたし、手軽にできる歯科矯正なら話だけでも聞いてみたいという人も多いはず。

ところで、そもそもキレイライン矯正ってどんな矯正なのでしょうか。

特徴は主に8点あります。

  • 3種類のオーダーメイドマウスピースを使用する
  • 初回2万、2回目以降4万、平均合計費用は20万
  • 矯正装置が透明で目立たない
  • 自由に取り外し可能
  • ホワイントニング併用可能
  • 約4週間に1度の診察
  • 3~10ヶ月の短期間で終了
  • 東京・神奈川の提携歯科医院にて展開中

100万近くの費用がかかり、見栄えが悪く、1~3年程かかってしまう従来の矯正と比べてみると、とても魅力的な矯正プランです。

でも、この「初回2万円、2回目以降4万円、平均合計費用は20万円」は、従来の相場に比べるとあまりにも安く、本当に効果があるのかどうか不安になりますよね。

Twitterを見てみると、上で紹介したような「怪しい」という感想を多く見つけることができました。

キレイライン矯正は本当に効果があるのでしょうか…?

医師監修!新矯正技術の効果

キレイライン矯正は、マウスピース装置の弾性を利用して必要な部位に力を加え歯を動かす歯列矯正プランです。マウスピース矯正手法に独自のフィロソフィを導入して作られており、日本人の歯の動き方を考慮し、見た目を改善することに特化しています。日本矯正歯科学会認定医以上の資格を持った歯科医師が監修しています。

実際にキレイライン矯正を施術した人の口コミを見てみましょう。

受け口、すきっ歯がコンプレックスでした。
そのせいで、「しゃくれ」なんて言われてました。
高校時代なんかほぼ毎日マスク…人前で元気に笑えませんでした。

友達から「キレイライン」がいいと聞き、私でも払えるとても安い値段だったので、不安ながらもやってみることに。

そしたら、だんだん歯が動いてきて、
たった3ヶ月後には、下の前歯が後ろに下がって、歯のスキマもなくなりました!

自然で、かなり綺麗になることができました!
写真を撮るときに、歯を気にせずに思いっきり笑顔を作れることが嬉しいです!

会社の先輩に「綺麗になったね」って言われたときには、感激しちゃって泣いちゃいました(笑)

矯正してホント良かったって思います!!(参照:下図)

医師が監修していて、効果も期待できるということがわかりました!

でもここで新たな疑問が生まれました。

ちゃんと効果を期待できる矯正プランなのに、他の矯正プランと比べて、どうしてこんなに安くすることができているのでしょうか?

どうしてこんなに安いの?2つの秘密

編集部は調査して行くうちに、キレイラインが安い2つの秘密について知ることができました。

【1】前歯上下6本に特化した部分矯正

従来の矯正は、全ての歯並びをまとめて矯正する全体矯正です。それに比べ、キレイライン矯正は人目につきやすい前歯上下6本に特化した部分矯正です。

つまり、奥歯の歯並びは施術することができません。これはキレイライン矯正の大きなデメリットと言ってよいでしょう。

奥歯の施術費やマウスピース製作費用等が安くなり、私たちが支払う費用がその分安くなるのです。

でも、前歯上下6本を矯正することでどの程度綺麗な歯並びになれるか、自分自身ではわかりませんよね…

この口コミのように、歯医者さんのカウンセリングを受けて確かめてみることをオススメします♪

【2】国内で製造した自社製品

従来のマウスピース矯正は、海外で製造された製品を使用しているため、輸送費やライセンス費用がかかってしまいます。それに比べ、キレイライン矯正は国内の技巧所で製造された自社製品のマウスピース矯正装置を使用しています。

つまり、海外からの輸送費やライセンス費用がかかりません。私たちが支払う費用がその分安くなるのです。

日本矯正歯科学会認定医以上の資格を持った歯科医師が監修しているので、製品の質は保証されています♪

徹底比較! vs他の矯正プラン

ここからはキレイライン以外の矯正方法についてです。

従来矯正と言えば針金を使ったワイヤー矯正が主流でしたが、近年では様々な矯正方法が登場しています。それぞれにメリット・デメリットがあるので、キレイラインの特徴と比べてみて下さい。

vs 表側ワイヤー矯正・裏側ワイヤー矯正

矯正治療と聞いて多くの人が思い浮かべるのがこの表側ワイヤー矯正です。また、見た目を良くするために生まれた裏側ワイヤー矯正という矯正プランもあります。

下の図を参考に、それぞれの矯正とマウスピース矯正を比べてみましょう。

(※実際に施術された方々の情報に基づいています)

見た目・痛み・虫歯の治療など、矯正中の利便性マウスピース矯正がとても優れていますね。

しかし適応範囲においては、ワイヤー矯正の方が優れています。

施術費用目安・期間は、どの矯正においても負担が大きいことが現状です。

vs インビザライン

次に、他のマウスピース矯正プランと比較します。日本でのマウスピース矯正の王道と言えば、このインビザラインです。

下の図を参考に、キレイラインとインビザラインの違いを見ていきましょう。

(※実際に施術された方々の情報に基づいています)

施術費用目安・期間は、キレイラインが大きな差をつけて優れています。この2点がキレイラインの最大のメリットです。

他にも検診から施術開始まで・歯に装置貼り付けなどで、キレイラインが優れています。

適応範囲・来院頻度においては、インビザラインが優れています。

キレイラインが合ってるのは〇〇な人

安さの秘密や他の矯正プランとの比較結果を知るにつれて、キレイライン矯正を選ぶべき人がわかってきました。

歯の特徴と暮らしの特徴で分けてご紹介します。

歯の特徴4タイプ

  • 出っ歯
  • すきっ歯
  • 八重歯
  • 受け口

*対応可能な症例は他にもあります。確かめたい方はカウンセリングへ行くことをオススメします。

暮らしの特徴3タイプ

  • 80~100万円ほどの費用が準備できない
  • できるだけ早く矯正を終わらせたい
  • 虫歯になりやすい

1つでも該当される方は、是非キレイライン矯正を受診して見てください♪

キレイライン提携歯科病院はコチラ♪

最後にキレイラインを行っているクリニックを紹介します。キレイラインはどこの歯科医院でも行っている訳ではありません。取り扱いをしている店舗は以下の通りです。

歯列矯正は手軽に始められる時代に

いかがでしたでしょうか?

キレイライン矯正は、安い費用・短い期間・手軽さというメリットを持った、新しい矯正プランだということがわかりました。

歯列矯正と言えば、約100万円かかって、1~3年も続け、醜くて、痛くて辛い…というのは今となっては昔の話。キレイラインという新しい時代の矯正で、ずっと欲しかったあの綺麗な歯並びを手軽にゲットすることができます♪

実際にやるかどうかは相談の後に決めればOK。まずは気軽に相談に行ってみてはいかがでしょうか。

キレイライン公式HPはコチラ

TOP