【調査】人間の抜け毛の時期は動物の換毛期と同じ!?悪化予防対策は?

【調査】人間の抜け毛の時期は動物の換毛期と同じ!?悪化予防対策は?

fpHKyYPw.jpg

抜け毛にもなりやすい時期があるってご存知でしたか?しかも動物の換毛期と同じなのだそうです。進化しつづけているように見える人間にもまだまだ原始的な部分が残っているんですね。抜け毛の悪化の予防策としても抜ける時期を知っている方がお得なのです。

シェアする

秋になると多い!抜け毛にも時期がある?

髪は1日に30~200本も抜けると言われています。しかし、それはいつも平均的に抜けるのではなく、どうやら人間も動物のように毛の抜けやすい「時期」があるようなんです。それは秋だと言われていますが、そんな抜け毛の多い時期やなぜそうなるのか?というメカニズム、悪化させずに薄毛を予防するにはどのようにしたらいいのかという対策に至るまでをしっかり解説いたします。


おすすめNO1!女性専用の無添加育毛剤【マイナチュレ】


動物は「換毛期」に抜け毛が多い

動物には年に数回、全身の毛が生え変わる「換毛期」というものがあります。自然のシステムで動物たちも季節によって夏服冬服と衣替えをするような感じですね。

・猫

春と秋の2回:3月頃~冬毛から夏毛に変わる、10月頃~夏毛から冬毛にチェンジする。

・犬

春と秋の2回:猫よりも長く1か月くらいかけて大量の抜け毛ののち新毛が生える。ダブルコートと呼ばれる柴犬やチワワなどに換毛期があり、柴犬は特に抜け毛が多い犬種で有名です。

・ウサギ

年4回:早春・晩春・秋・冬とそれぞれの中で約一週間の期間を使い4回に渡って抜けて生え変わる。ほとんど1年中ですね。

では人間の場合はどうなのでしょうか?人間は動物のように一気に抜けて生え変わるということはありませんが、やはり春と秋に抜け毛が増えて生え変わるというサイクルがあるのが通常の形です。そのため人間にも換毛期らしきものはあるということが言えるようです。


人間にも換毛期あり?季節ごとの原因

人間にも換毛期があるらしいとされているのには、地球上で人間が生きていく上でのそれぞれの季節に原因があると言われています。抜け毛が最も多いのは秋と言われてはいるものの、実は1年中油断は出来ないようです。

名残があるらしい!?

人間も動物であるため、いくらテクノロジーが発展しても体にはまだまだ原始的な部分が多く残っています。それが抜け毛によって現れているのではないか?と言われていて春に抜け毛が多いのは冬の寒さに対応して自動調節していた細胞が、今度は夏に向かって暑さに対応できる細胞に自動的に交代することによって起こるのではないかと言われています。つまり秋に抜け毛が増えるのは夏毛が冬毛に変わるという人間が動物としての名残なのではないか?と言われているのです。

春:季節と環境の変化

3~5月は冬毛が抜け落ちる季節です。また、新しい環境がスタートする人も多く進学や就職、転勤などでストレスが多くかかる時期でもあります。ストレスを受けると全身の血行が悪くなり、頭皮に血流がスムースに行かなくなるため抜け毛が増えやすいのです。

外的環境の要因としては寒暖差も激しく、花粉やほこりが多く舞う時期でありアレルギー体質の人にはとても辛い季節でもあります。また、ストレスや外的な環境がきっかけとなってアレルギーを発症したり心因性の抜け毛を発症する人も出て来やすいのが春先だとも言われています。

梅雨:高温多湿

6~7月はジメジメとした梅雨の季節です。そのうえ気温は徐々に上昇してくる季節でもあるため、高温多湿というカビや雑菌がもっとも繁殖しやすい環境になります。食べ物も傷みやすいので体調をくずしやすい時期に。

そのため頭皮環境も悪化しやすく、その原因の一つに雨に頭部が濡れる回数が他の季節に比べて増えることが挙げられます。雨の中には異物も含まれているため、頭皮に付着すると悪影響があるほか皮脂も雑菌とともに付きやすいのです。

さらにエアコンをかけ始める時期でもあるため、乾燥して頭皮の脂分の分泌が増えることも抜け毛の原因になります。


夏~秋:抜け毛のピークシーズン

8~10月は抜け毛のピークと呼ばれるシーズンです。夏場に浴びた紫外線は髪を傷ませ、汗を良くかいた頭皮には皮脂汚れなどが溜まっていきます。紫外線には髪のたんぱく質であるシステインを破壊する作用があるため頭髪そのものにダメージを与えるだけでなく、頭皮も日焼けをすることによって頭皮が硬くなってしまいます。紫外線を浴びた頭皮は皮脂が酸化して毛穴詰まりが起こります。すると頭皮の血行は滞ってしまうのです。

また、夏の暑さによる食欲不振による栄養不足からも抜け毛の大きな原因と言えます。髪に必要なたんぱく質が夏バテの状態では摂取量が大きく減るケースが多いためです。そして夏~秋にかけての季節の変わり目はその気温差や紫外線量の変化などから反動が大きく、多い人では通常の季節の約1.5倍300本もの抜け毛に見舞われる場合もあると言われています。

冬:寒さによる頭皮トラブルあり

12~2月、冬の寒い時期には抜け毛そのものは少ない傾向になります。しかし、冬の寒さも頭皮にとっては過酷な環境になります。その原因としてまず空気の乾燥があります。乾燥すると頭皮は血行不良になり、皮脂分泌が増えてしまいます。このようにして冬に頭皮の環境が悪くなる上に、寒い時期は体を動かす量(運動量)も減ってしまうためさらに血液循環が悪化。よって次に迎える春に抜け毛が多くなるというスパイラルに陥ってしまうのです。

季節の変わり目以外の7つの要因

季節の変わり目以外の要因でも抜け毛は起こります。

男性の薄毛ならAGA

抜け毛や薄毛に悩むというと男性のイメージがまだまだ強いことの一つにAGA(男性型脱毛症)であるということが挙げられます。AGAは男性ホルモン(テストステロン)に5αリダクターゼという酵素が結びつくことによってジヒドロテストステロン(DHT)というさらに強化された男性ホルモンに変わるためそれが毛乳頭にとりついて抜け毛を発生させるということから起こります。このAGAは遺伝性などによるものが多く、季節には関係なく発症します。

女性ホルモンの乱れ

女性には妊娠出産という大きな仕事がありますが、妊娠中は女性ホルモンの量が増えるため抜け毛が減り、出産後にはホルモンバランスが通常に戻るため毛髪が一気に抜けてしまうという症状があらわれることが良くあります。「分娩後脱毛症」と呼ばれており、これは一時的なもので産後約半年間くらいは抜け毛の多い時期が続くと言われています。

また、びまん性脱毛症というものもあり女性ホルモンの乱れによって髪全体が少しずつ抜け落ちて薄くなるのが特徴です。その原因は加齢などによって女性ホルモンが減少することやストレス・ダイエット・生活習慣の乱れなどによるものです。別名FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。FAGAの場合には自然には治りません。病院を受診して治療する必要があります。

エイジングによる頭皮の老化

60歳以上の老年期に差し掛かると男性だけでなく女性も薄毛に悩まされる方が少なくありません。その特徴としては頭頂部が薄くなるのが目立つということや、すぐにたくさん抜けるのではなくゆっくりと進行していくということが挙げられます。年齢を重ねると顔のしわやたるみ、体の衰えだけでなく頭皮も老化するのです。昔と違い、年齢に見合った生活習慣を送らない人が増えたことも原因と言われており、その反面運動量などは減っているため血流が悪い状態が慢性化しているということが抜け毛をさらに多くしてしまいます。

ストレス

円形脱毛症などに代表されるように、精神的なストレスは体全体の血液循環を悪くしてしまうため食事で髪に良い栄養素を摂取してもその栄養を髪まで運ぶことが出来なくなってしまいます。通常でも栄養素は体内の臓器から順番に送られていくため髪の毛は後回しに。ストレスで循環が悪くなっていては頭皮環境は悪化の一途をたどってしまいます。

髪へのダメージ

・ヘアスタイル

いつも同じ位置で髪を結んで(ポニーテールなど)いたり、まとめ髪や同じところで分けているなど一定の方向に髪を引っ張り続けているスタイルは毛乳頭に大きな負担がかかるため、頭皮の血流が悪くなります。そのため毛母細胞に必要な栄養を送ることが出来なくなり、抜け毛が増えてしまったり生えにくくなってしまうことがあります。

・パーマやカラーリング

パーマ液やカラーリング剤などは髪の毛に主に使用しますが、強いアルカリ性であるため髪の毛だけのダメージにとどまらず頭皮頭皮への影響も大きく繰り返し行うことによって髪が細くなったり、頭皮に刺激を与えてしまいます。そのため頭皮環境は薬剤の影響を受けて成長が止まってしまったりするため抜け毛が増えやすいと言われています。

NG生活習慣

普段行っている生活習慣にも抜け毛の原因は多くあります。

・過度のダイエット

急激に体重を落とそうと摂取カロリーを大きく減らしたり、体に必要なたんぱく質や脂質などを極端に制限するダイエットを行うと最初は体重減少などの効果が表れたように見えても後になって頭皮や髪への栄養素が送り込まれていなかったしわ寄せがやってきてどっと抜け毛が増えてしまうということが起こります。

・喫煙

タバコは血管を収縮させてしまうため、当然頭皮の血流も悪化してしまい頭皮を硬くして抜け毛の原因になります。

・アルコール

適度な飲酒は良いのですが、過剰摂取になると肝臓がその分解にフル稼働してしまい髪の毛の栄養を運ぶ機能に支障を与えてしまいます。また、おつまみに脂質や塩分の多いものを多く摂取する場合が多く、頭皮の皮脂分泌を促進する可能性も高くなります。

原因となる病気がある

・円形脱毛症:過剰に精神的なストレスがかかると髪の毛の毛乳頭は一時的に機能を停止してしまいます。そのため抜け毛が増えて毛髪自体も細く痩せた状態になります。また、部分的にまとまって抜けて生えなくなった形状が円形のことが多く円形脱毛症と呼ばれています。

・感染症:白癬症は白癬菌が頭皮に感染することから起こります。大量のフケが出たり抜け毛になりやすい。

     また脂漏性皮膚炎(マラセチア菌感染)も脱け毛の原因になる場合があります。

・膠原病:症状の一つに抜け毛があります。

・甲状腺機能低下症:甲状腺ホルモンには髪の毛母細胞を活性化させる働きがあるため。低下すると抜け毛になる。

・リウマチ:リウマチによってコラーゲン生産量が減ることや体全体の血流が悪くなるため。

・アトピー性皮膚炎:かゆみによって掻きむしることや、肌のバリア機能低下によるもの。

いずれもまず疾患を治療することが大切です。その上で医師に相談をしましょう。

ヘアケアは頭皮と髪に優しく

抜け毛や薄毛が気になってくるとシャンプーの度に抜けていく髪を見るのが恐ろしくなるという方もいます。しかし、抜け毛をしっかりケアするためにはシャンプーを始めとする毎日のお手入れを見直して正しく行なうことが大切なのです。

マスター必須!正しい洗い方

●シャンプー選び

抜け毛が気になる人は、とにかく頭皮に優しいシャンプーを使用するようにしましょう。香りや洗浄力を重視するのではなく素材から頭皮に刺激性の少ない、安心できる成分のものを選びます。アミノ酸系シャンプーなら髪の毛の成分と同じため、刺激を感じずに頭皮を清潔にしっとりと洗い上げる事ができます。男性などで皮脂が特別多くて困っているという人の場合には地肌の皮脂をすっきり洗い上げたいものですが、やみくもに脱脂力の強いシャンプーを選ぶのではなく頭皮ケア効果のある成分を配合したものを選ぶことで頭皮環境の改善が期待できます。

●洗い方

  1. ブラッシング:頭皮・髪の汚れを落とす、血行促進
  2. 素洗い:38℃くらいのお湯で地肌からマッサージしながら2分程度洗う
  3. シャンプーを手で泡立ててから頭皮や髪につける。直接つけると毛穴に入り込み、洗い残しの原因に。
  4. 爪を立てずに指の腹で優しく洗う
  5. 3分以上かけてよくすすぐ。
  6. トリートメント剤を使用する場合は毛先に付ける
  7. 頭皮を乾かす

シャンプーの役割は髪の毛だけでなく頭皮を清潔にすることです。清潔な頭皮は健康な頭皮環境をつくる上で欠かせません。


頭皮マッサージ

耳を包み込むようにして後頭部に親指を当てて残り4本の指の腹で地肌をマッサージしていきます。方向は下から上に。位置を少しずつ移動しながら行います。指の腹を使って決して爪は立てないでください。くるくると円を描くようにしながら位置を変えつつまんべんなく行います。シャンプーのついでに行っても良いでしょう。マッサージはちょっと面倒だし苦手という方はブラッシングも頭皮マッサージになります。動物の毛などの良質なブラシなら頭皮に優しいのでおすすめです。

育毛剤も活用

頭皮マッサージの効果を最大限にするためには育毛剤を使用することがおすすめです。素の状態の地肌にマッサージを行うよりも摩擦も少なく、なにより有効成分が浸透して頭皮環境を改善できるからです。

チャップアップ

\男女共に使用できる医薬部外品の育毛ローション♪/

Source: wowma

チャップアップ

効果・特徴使い方価格・購入方法
天然成分55種類と15種類のアミノ酸を独自配合。毛髪診断士と美容師が共同開発した同ラインのシャンプーやサプリメントとの併用でさらに効果がアップ。
育毛・発毛促進・毛生促進・フケ・かゆみなど。
洗髪後(入浴後)などの清潔な頭皮に適量を塗布して1分ほどマッサージ。1日1回。公式サイトから都度購入(1本)なら50%offの7,400円+送料
定期便はシャンプーとのセットが8,880円
育毛剤・サプリ・シャンプーのセットなら12,370円。
永久返金保証書発行制度あり

●気になる成分

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン、精製水、濃グリセリン、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、エタノール、D-パントテニルアルコール、フェノキシエタノール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ラウリルジメチルアミンオキシド液、ビワ葉エキス、海藻エキス(1)、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス(1)、ヒオウギ抽出液、クロレラエキス、オウゴンエキス、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ニンジンエキス、サクラ葉抽出液、乳酸ナトリウム液、L-ピロリドンカルボン酸、L-アルギニン、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L-アスパラギン酸、水酸化ナトリウム、グリシン、L-アラニン、L-セリン、L-バリン、L-プロリン、L-スレオニン、L-イソロイシン、L-ヒスチジン、L-フェニルアラニン、ジオウエキス、カモミラエキス(1)、ショウキョウチンキ、ダイズエキス、1,3-ブチレングリコール、ドクダミエキス、チョウジエキス、マロニエエキス、ウメ果実エキス、チンピエキス、センキュウエキス、トウキエキス(1)、グルコシルヘスペリジン、油溶性マサキエキス、イチョウエキス、セイヨウサンザシエキス、サンザシエキス、タイソウエキス、グレープフルーツエキス、リンゴエキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ライム果汁、キイチゴエキス、キウイエキス、スターフルーツ葉エキス、セイヨウナシ果汁発酵液、ユズセラミド、L-グルタミン酸ナトリウム、塩酸リジン、冬虫夏草エキス、トマトエキス、ヘマチン液、クエン酸ナトリウム、無水クエン酸、無水エタノール

Source: 成分

モニターアンケートでの満足度97%を誇るチャップアップ。AGA専門医師も推奨するチャップアップは、AGAが気になりだした20代から、薄毛にかなり悩んでいる50代以上の方まで広く使われています。安心の成分で、今ある髪をしっかりと守りながら次に生えて来る髪を強く育てていきたい!という方におすすめです!

チャップアップについて詳しく知るならコチラ

マイナチュレ

\女性の髪の悩みを安心成分で優しく改善♪/

Source: @コスメ

マイナチュレ

効果・特徴使い方価格・購入方法
頭皮の負担になる化学成分を排除。育毛成分と植物成分がバランス良く配合された無添加育毛剤。他の育毛剤で刺激を感じて使用できなかった方にも安心。
育毛効果のほか、発毛促進も。
1回約2㎖を朝晩2回頭皮になじませる。
指の腹を使って1分程度揉むようにマッサージ
公式サイトからの定期購入(6ヶ月継続)
なら4,457円送料無料
180日間全額返金保証

●気になる成分

グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL‐α‐トコフェロール、センブリ抽出液、精製水、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、フェノキシエタノール、クエン酸、クエン酸ナトリウム、ビワ葉エキス、海藻エキス(1)、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス(1)、ヒオウギ抽出液、クロレラエキス、オウゴンエキス、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、セージエキス、トリメチルグリシン、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、ソルビット液、L-セリン、グリシン、L-グルタミン酸、L-アラニン、L-リジン液、L-アルギニン、L-スレオニン、L-プロリン、サクラ葉抽出液、ジオウエキス、エタノール、アロエエキス(2)、キューカンバーエキス(1)、セイヨウサンザシエキス、セイヨウノコギリソウエキス、タイムエキス(2)、ラベンダーエキス(1)、ノバラエキス、ニンジンエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

Source: 成分

敏感肌だけど抜け毛が気になるからケアしたいけれど、育毛剤の刺激が気になる。低刺激だけど効果はしっかり実感できるのがマイナチュレです。女性の抜け毛にはホルモンバランスが大きく関係しており、年代によってその悩みは違います。しかしマイナチュレなら10代から60代までの女性が愛用している実績があります。最近抜け毛が気になる、ボリュームが減ったというお悩みのある方に是非。

マイナチュレについて詳しく知るならコチラ

紫外線対策も重要

紫外線を浴びると頭皮はやけどをしたのと同じ状態になります。日差しの強い季節に汗もかいて髪の毛がバサバサになると同時に頭皮も悲鳴を上げています。なにより頭皮が痛んで髪の毛が抜けてしまうというのは対策をとれば防げるのです。

・帽子や日傘でUVカット

・日差しの強い時間は外出を控える

・水分をしっかりと取る

・海やプールに入ったら身体だけでなく髪の汚れをきちんと洗い流す

紫外線の怖さを認識し、顔や体のUV対策と同じように頭皮を紫外線から守るようにして大切な髪を守りましょう。

体と心の健康習慣は髪にも好影響

抜け毛は毎日の食事や運動、睡眠などの生活習慣に加えて心の状態も深く関係しています。

心と体のストレスを減らす

抜け毛が気になり始めると、抜け毛に関しての情報を集める事や「これ以上抜け続けたらどうしよう」という不安や心配の方が生活のメインになってしまう方がいます。あまりにも気にして悩みすぎるとそれはストレスとなって余計に抜け毛を進行させてしまうかも。心にも体にも良くありません。抜け毛について考えすぎる時間が長くならないように工夫しましょう。

・睡眠:心と体の健康を保つ方法として睡眠がとれているかどうかは大きなポイントです。お肌のゴールデンタイムと呼ばれる22時から午前2時までの間には成長ホルモンが分泌されるため、髪のすこやかな成長のために睡眠はかかせません。

・入浴:いつもシャワーで手軽に済ませているという方もできるだけ毎日湯船に浸かる習慣をつけるように心がけましょう。全身の血のめぐりが良くなり、頭皮の血行も促進されるほかリラックス効果からストレスの軽減にもつながります。

・運動:人間の体は使うほどに筋肉が活性化されて強くなっていくものです。抜け毛と運動は実は深いかかわりがあり、運動して血流が良くなることは頭皮環境の改善に直接影響を及ぼします。また最初に述べた「抜け毛を気にしすぎること」を運動に集中することによって忘れる時間をつくることもできます。

食事の栄養バランスを改善

抜け毛改善のためには全身の血流を改善することが大切ですが、そんな血管の中を通り地肌に与える栄養素をバランス良く摂取することが大切です。中でもタンパク質・亜鉛などのミネラル・ビタミンは欠かすことの出来ない栄養素です。

たんぱく質:納豆・味噌・豚肉・牛肉・鶏肉・卵・魚

亜鉛:牡蛎・豚レバー・牛肉・たまご・たたみいわし

・鉄:牛レバー・赤身肉・赤身魚・あさり・ひじき・プルーン

ビタミンB群:豚肉・卵・大豆・海苔・昆布

・ビタミンA・C:緑黄野菜(ニンジン・ブロッコリー・ほうれん草など)

・ビオチン:豚・牛レバー・あさり・たらこなど

たんぱく質は髪の主成分であること、血流を良くしてそれをサポートする存在がビタミン、髪の成長に欠かせない亜鉛ビタミンCやビタミンBのサポートなしには働かないということで、これらの栄養素を偏らずに摂取する必要があるのです。

普段のお手入れこそピーク時の対策

抜け毛には動物と同じように時期があることがおわかりいただけましたでしょうか?しかし、そんな自然なサイクルの中でケアを怠っていると抜け毛が進行したり、新たな髪が生えてこなかったりという状態になりかねないのが人間です。普段のお手入れの積み重ねが、抜け毛のピーク時にひどくならずに乗り越えられるコツなのです。


おすすめNO1!女性専用の無添加育毛剤【マイナチュレ】



参照リンク

東京ビューティークリニックー秋は脱毛症状が盛んになる季節です

タケダ健康サイトー抜け毛・脱毛

大正製薬ートータヘアケアのすすめー



TOP