【悲報】女性の抜け毛の原因は〇〇!?生活習慣から予防×対策するべし!

【悲報】女性の抜け毛の原因は〇〇!?生活習慣から予防×対策するべし!

yjoDIbAU.jpg

抜け毛の原因は女性の場合さまざまです。女性だけが経験することのできる妊娠・出産も抜け毛と大きな関わりがあるほか、何気なく行なっている生活習慣の中にも抜け毛を悪化させていることがあるかもしれません。正しく予防して出来る対策を見つけましょう。

シェアする

女性でも抜け毛対策が必要!?

抜け毛は男性だけに起こるものだと思っていませんか?女性も加齢だけでなくさまざまな要因から抜け毛に悩む人が増えています。男性のように全く頭髪の無い、ハゲた状態になることはほとんどないのが女性ですが、抜け毛が多くなると見た目にもかなり変貌してしまいます。そして抜け落ちた毛を取り戻すのは思っているよりも難しいものです。しかし早めに正しく対策を取ることで改善できる確率が高いのが女性の抜け毛なのです。


抜け毛の初期症状を見逃さないで

髪の毛が薄くなるに当たって、一夜にしてごっそりすべて抜け落ちてなくなるということはありません。段階を踏んで薄くなっていくのです。

●主な初期症状

・抜け毛が増える:いつもよりも抜け毛が増えたような…。

・髪の毛にハリが無くなる:髪の成長期が短くなるため、髪の毛が太くなる前に抜けてしまう。髪全体のハリが不足し、ボリュームが減ります。

・切れ毛・短い抜け毛(産毛)・細い毛が抜ける:抜け毛の先端が細く尖っていたら要注意です。


女性の髪が抜ける3大原因

仕事に家庭に育児にとさまざまな役割を持つ女性の抜け毛には主に3つの原因があると言われています。

ストレス

現代社会に生きているとストレスは避けられないものかもしれませんが、過度にストレスがかかったりストレス状態が長引いたりすると気が付いたら抜け毛が増えていた!ということは良くあるものです。

ストレスを受けるとまず影響を受けるのが自律神経です。自律神経は交感神経と副交感神経のバランスを取り持っているもので緊張とリラックスのバランスということになります。ストレス状態から自律神経が乱れると交感神経優位の緊張状態に。頭皮にも十分な血液が運ばれなくなってしまいます。すると頭皮は硬く冷えて栄養が行き渡りません。結果として抜け毛が増えてしまうのです。

妊娠

抜け毛というと産後のイメージを持つ方も多いものですが、実は妊娠初期に髪の毛が抜けることに悩む女性は多いのです。それは妊娠すると女性ホルモンが必要になり優位になるというしくみの中に理由があります。通常髪の美しさや体の女性らしさを保つためにエストロゲンという女性ホルモンが働いています。しかし、妊娠すると子宮の収縮を防いで胎児を守るためにエストロゲンは減少し、黄体ホルモンであるプロゲステロンが優位になります。するとホルモンバランスが乱れて抜け毛という現象が起こる人がいるのです。

妊娠中にも抜け毛があるというのは一時的なホルモンによる影響だと言えるのです。

女性男性型脱毛症(FAGA)

男性の脱毛で知られるAGA(男性型脱毛症)は女性にも起こります。男性のAGAと同じく遺伝の関係も考えられますが、過激なダイエットやストレス・老化・喫煙・経口避妊薬(ピル)の影響などでFAGAを発症する場合があります。

また、更年期や閉経により女性ホルモンが急激に減少する時にも発症することが多いと言われています。FAGAはツルツルにハゲてしまうことはないものの、ケアをしなければ進行し、抜けた部分には生えてこない可能性も。早めに病院で適切な治療を受けましょう。

ストレスが多い10代から抜け毛

体力もあり無理の利く若い世代の薄毛が増えています。特にその無理の利く元気さからついつい睡眠不足になりがち。その反面勉強や人間関係、家庭環境などでストレスも感じやすいためホルモンバランスが崩れやすく、徐々に薄くなっていくびまん性脱毛症になる女性はなんと10代から増えているのです。

正常なヘアーサイクル

人間の髪は成長期→退行期→休止期という3つのステップをまんべんなくくりかえしています。これをヘアサイクルと呼び、髪は同じものがずっと生えているのではなく、成長して抜けては生えてというサイクルを繰り返しています。成長期は4~6年間と言われており、その期間に満たない短い期間で抜け落ちてしまう事を「ヘアサイクルが乱れる」と言って抜け毛の始まりに当たります。

10~20代の若い人でも睡眠・栄養・ストレスなどの生活習慣が乱れるとこのヘアサイクルに乱れが生じます。

ホルモンバランスの乱れ

抜け毛とは全く縁のなさそうな10~20代ですが、無謀なことも行いがち。女性の場合は特にホルモンバランスを乱してしまう行動に注意が必要です。

・無理なダイエット

・タバコ

・体を冷やすファッション

・睡眠不足

これらはすべて体の血流を滞らせてしまうという共通点があり、女性の健康に大切なホルモンバランスを乱してしまい、ひどい場合には生理が止まったり抜け毛を促進させてしまいます。

ブリーチやヘアカラーの影響

髪のファッションを楽しむため、脱色してからヘアカラーをするという人がいます。ブリーチ(脱色)は髪の深部の細胞まで破壊し、キューティクルも傷つけてしまいますがその後に行うヘアカラーが綺麗に発色することなどに魅力を感じて使用する人は少なくありません。ヘアカラー剤も髪だけでなく頭皮にも薬剤の影響が大きいため頭皮を傷ませて抜け毛の原因に。

若い世代は市販のブリーチやヘアカラーが安価ということから自分でカラーリングを行うことも頭皮への負担を増やしている原因です。できれば美容室でプロにきちんと行ってもらいカラー後のお手入れを怠らないこと、カラーリングの間隔をあけて頭皮を休ませる期間をつくるなどの工夫をしましょう。


ジャンクフードの摂り過ぎ

10代の好む嗜好としてスナック菓子やファストフードを始めとするジャンクフードの摂り過ぎが挙げられます。ジャンクフードは「ゴミ屑のような食品」という意味。塩分や油分が多く、食品添加物の宝庫です。カロリーや脂質は多いのに体に必要な栄養素は不足しているという、つまり体に有害な食品ということができるのですが、若い時はその味がやみつきになりやすく食べても代謝が良いために太りにくかったりするとなおさら食べ続けてしまいがち。当然栄養素が足りないので頭皮に栄養分がいかず、頭皮に皮脂が増えて抜け毛の原因になります。

妊娠、出産で抜け毛が多くなった人多数

女性にとって大きな人生の変化であり、喜びでもある妊娠出産。それまでの体とはまったく違った状態になる妊娠期はもちろん、出産した後からも心や体には大きな変化が訪れます。同時に髪の毛にも影響があるのです。

女性ホルモンの急激な変化

出産したら抜け毛が増えるということを耳にしたことのある方、経験済みという方も多いかもしれませんがその原因は妊娠を継続して胎児を健康に育てていくために女性ホルモンがいつもより多く分泌されたあとで出産によってその状態が終わるからだと言われています。「赤ちゃんに養分を奪われたからだ」などというのは迷信ですね。

この分娩による脱毛は約7割以上の女性が経験したというデータがあり、初めてのことで驚いたり戸惑ったという声も多いようですが妊娠出産の時には多くの方が経験するもので異常ではありません。

生活に大きな変化

可愛い赤ちゃんの誕生は出産というだけで身体的に大きな負担がかかるのはもちろんですが、出産しておしまいではありません。出産後の疲れた体であっても赤ちゃんのお世話やなれない育児でのストレスなど生活リズムが大きく変化します。実際に出産してからの抜け毛は1年以内でおさまったという方がトータルで7割以上とはいうものの、その内訳は1~6か月、7~9ヶ月、10~11か月とそれぞれ分かれており中には1年以上経っても抜け毛がおさまらなかったというママもいます。

妊娠出産という大仕事だけでなく、その後の生活環境でも睡眠不足や疲労の蓄積、相談できる人がいないなどの不安感からのストレスも原因として考えられます。

正常なサイクルに戻る印

妊娠によってどんどん増え続けた女性ホルモン。それは出産ギリギリまで続きますが、出産を終えた体は今までのホルモンバランスに「戻り」ます。妊娠から出産で女性ホルモンが減るのではなく、本来あった状態に戻るのですがその戻り方は急激なものです。つまり、妊娠期というのは本来抜けるはずの毛が抜けていなかった状態にあったということになり、出産後はそれまでに抜けずにとどまっていた髪の毛が抜けるから「抜け毛がドンと増えた!」と感じてしまうのです。妊娠出産における脱毛は体が正常なサイクルに戻る印だと言えるのです。


女性男性型脱毛症(FAGA)の場合

30代~40代になったらなんだか髪の毛が痩せてきたみたい…。いままで決まっていたスタイリングが決まらなくて髪型を変えた。そんなお悩みが出て来たらFAGA(男性型女性脱毛症)かもしれません。

見分け方

FAGA(男性型女性脱毛症)であるかどうかの見分けるポイントはその抜け毛のタイプと抜け方からわかります。

・ミニチュア毛と呼ばれる産毛のような細くて短い、成長しきっていない抜け毛である

・急激にごっそり抜けるのではないが、徐々に薄くなってきている

・前頭頂部周辺が薄くなってきた

などが挙げられます。

●FAGA以外の脱毛

・円形脱毛症

・脂漏性皮膚炎

・薬による抜け毛(抗がん剤など)

・抜毛症

女性にも男性ホルモンがある

男性に女性ホルモンがあるように、女性にも男性ホルモンがあります。元々どちらも持ちあわせているのが人間です。バランス良く持っている時期の女性は生理があり、妊娠出産が可能で女性ホルモンが優位だから女性らしさのある体つきや豊かな髪の毛などを持っています。

しかし、閉経期が近づくにつれ女性ホルモンはバランスを崩し始めます。早い人では35歳ごろから女性ホルモンの分泌が減少する人も。そして閉経と共に一気に減少。すると男性ホルモンが優位な状態に。すると男性ホルモンに5αリダクターゼという酵素が結びつき、ジヒドロテストステロン(DHT)というさらに強化された男性ホルモンになりやがて脱毛因子に変わってしまうため抜け毛になるのです。

ジヒドロテストステロンは抜け毛の他、皮脂を過剰にしてニキビの原因になったり体毛を濃くするなど女性にとっては嫌な働きをします。

病院、クリニックに行く

FAGAかも知れないと思ったら早めの行動をおすすめします。それは女性の頭髪外来のあるクリニックを受診することです。必ずしもFAGAではないかもしれないし、逆に自己判断で薬を服用したりすると症状が悪化する可能性も否めないからです。FAGAは早期発見早期治療で症状を食い止めることが可能です。女性の場合はすべての髪を失ってしまうことはありませが、健康な頭皮を取り戻し、髪を大切にするケアをするためにも専門医に相談して治療してもらうのが一番安心できます。

頭皮の刺激で抜け毛が酷くなる

日常生活の中にも頭皮を刺激してしまうさまざまな要因が溢れています。

紫外線の影響

夏はリゾートやアウトドアで楽しむもの。と決めている女性も多いものですが1年中を通して紫外線は降り注いでいます。その中でも特に日差しの強い夏などにもUVケアをしなかったり、帽子をかぶらずに過ごしていると夏が終わり秋が来るころには頭皮が硬くなり、毛穴も縮んでしまい髪の毛が抜け落ちるようになります。秋に抜け毛が増える原因の一つが夏の紫外線対策の怠りがあります。

紫外線の影響にはくれぐれも気を付けましょう。風通しの良い帽子を身につけたり日傘を差すなどの紫外線対策をしましょう。

エクステンション

地毛に付け毛を編み込んだり貼り付けたりして髪を長くしたり、ボリューミーなスタイルを楽しむおしゃれを叶えてくれるのがエクステンションです。まつげエクステをしたら自まつげが大量に抜けたことを経験したことの有る方もおられるかもしれませんが、髪の毛も例外ではありません。

地毛にエクステンションを付けるということは、一つの毛根で数十本の髪の毛を支えていることになります。とうぜん引っ張られる力で毛穴や頭皮に大きな負担がかかり、髪の毛が抜けやすくなってしまいます。これを牽引性脱毛症といい、エクステンションだけに限らずいつも同じ位置でポニーテールにしていたり分け目を同じにしているのも髪の重さで引っ張られてしまうため、抜け毛を誘発する同じ状態になりやすいのです。どうしてもエクステンションをしたい場合は、特別なおしゃれをしたい時限定で付ける、頭皮を休ませる期間を設けるようにしましょう。

シャンプー、ドライヤー

髪の見た目を美しく洗い上げることや、洗った後のサッパリ感、良い香り(香料)などにこだわってシャンプーを選んでいませんか?シャンプー剤は頭皮に悪影響を与える物も多く、洗った後にドライヤーを使いすぎたり熱い温度で長い時間使用していると頭皮の必要なうるおいまで奪ってしまい頭皮の環境が悪くなり抜け毛の原因になります。

頭皮に優しい低刺激のアミノ酸系のシャンプーを選び、ドライヤーの長時間使用を防ぐためタオルドライをしっかり行ってから(毛を挟んでポンポンと水分を吸収させる)20センチ以上離してドライヤーを使用しましょう。

6つの生活習慣を見直そう

【対策.1】食べ物

体の健康を保つ上で大切な食事。髪は末端の組織であることから摂取した栄養分が行き渡るのは後回しになってしまうため、髪の健康までを考えるなら食べる物には十分に気を付ける必要があります。


摂るべき食べ物

バランス良く栄養素を摂ることは大切ですが、髪の健康を考えると3大栄養素であるビタミン・ミネラル・たんぱく質を中心に摂るのがベストです。

・たんぱく質:髪の毛の成分であるケラチンは90%がたんぱく質から出来ている

・ミネラル:亜鉛は5αリダクターゼを抑制する。ヨウ素は代謝を正常化して血液循環を促進。

・ビタミン:ビタミンAは細胞の酸化を緩やかに、ビタミンB群は細胞の代謝促進、ビタミンEは頭皮の血行促進

たんぱく質亜鉛などのミネラルビタミン
牛肉・羊肉・鶏肉・卵・大豆製品牡蛎・イワシ・昆布・ごまかぼちゃ(ビタミンA,B,E)
レバー(ビタミンB1)
アーモンド(ビタミンE)

控えるべき食べ物

油っこい食べ物・ファストフードやスナック菓子などのジャンクフード・辛すぎる刺激物系・チョコレートやキャンディなどの甘いお菓子・お酒などは頭皮の皮脂分泌を過剰にしてしまい、毛穴づまりを引き起こします。お菓子などの糖分は頭皮の体を冷やす作用もあり、血流を滞らせて頭皮を冷えた状態にしてしまいます。

すべて全く摂ってはいけないというわけではありません。バランスの良い食事を摂りながら時々はお菓子や揚げ物も楽しんでストレスを溜めないように食事をしましょう。

【対策.2】頭皮マッサージを行う

抜け毛を防ぐためには頭皮の血流を良くすることが大切です。直接的に出来る方法として頭皮マッサージがあります。シャンプーのついでに指の腹を使って優しく頭皮をほぐすように行いましょう。

●頭皮マッサージの方法

  1. 両耳を包むようにして手を当て、親指以外の4本の指で地肌をつかむようにしてもみほぐします。
  2. 徐々に指の位置を上にずらしながらマッサージを行います。こめかみからてっぺんに向けて指の腹でくるくると。
  3. 頭頂部まで行ったら次は後頭部も同じように下から上に行いましょう。全体で1~3分程度でOK

この他、普段のブラッシングも頭皮マッサージの効果があります。天然素材(動物の毛)を使用した良質なブラシを使いさまざまな方向からブラッシングしましょう。

※マッサージは決して爪を立てないように注意しましょう。ブラッシングもマッサージも頭皮にトラブルがある時は行わないようにしましょう。

【対策.3】女性用育毛剤を使う

頭皮マッサージをさらに効果的に行うためには育毛剤の使用がおすすめです。女性の抜け毛には女性専用の育毛剤を使いましょう。

マイナチュレ

\幅広い世代から愛されている無添加育毛剤♪/

Source: @コスメ

マイナチュレ

効果・特徴使い方価格・コスパ・購入方法
抜け毛の予防・ダメージから髪を守りながら育てる。化学物質を排除してあるため育毛有効成分がしっかり浸透して効果を発揮髪を6部位に分けて塗布する。よくなじませたらトライヤーで乾かす。公式サイトからの定期購入なら4,457円
1日あたり148円

●気になる成分

グリチルリチン酸2K、ジフェンヒドラミンHCI、センブリエキス、ビワ葉エキス、海藻エキス(北海道ミツイシコンブ)、牡丹エキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ヒオウギ抽出液、クロレラエキス、オウゴンエキス、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、松エキス、ローズマリーエキス、人参エキス、グリシン、アラニン、プロリン、セリン、トレオニン、アルギニン、リジン液、L-グルタミン酸、サクラ葉抽出液、エタノール、D-パントテニルアルコール、フェノキシエタノール、POE(40)硬化ヒマシ油、ラウリルジメチルアミンオキシド液、濃グリセリン、無水エタノール、BG、DL-PCA・Na液、トリメチルグリシン、ソルビトール液

Source: 成分

頭皮ダメージとホルモンバランスの乱れが組み合わさることによって起こる女性の抜け毛。10代の若い人から60代くらいまでと幅広い層から支持されて満足度は92%!ヘアサイクルを整えて抜け毛を防ぎ、髪を元気に。安心の無添加だから肌が敏感な方にも安心してお使いいただけます。

マイナチュレについて詳しく知るならコチラ

ミューノアージュ

\エイジングによる抜け毛にも力強くアプローチ!/

Source: Amazon

ミューノアージュ

効果・特徴使い方価格・購入方法・コスパ
美容液で頭皮環境を整えて太い髪を作る。加齢による薄毛に負けないアルコールフリー処方。2剤使用することでWの効果。ヘアサイクルの安定させる。洗髪後のドライヤーやタオルドライした髪をクシでとかすようになじませてマッサージする。Ⅰ剤の後にⅡ剤を塗布。公式サイトでは2週間のお試し用1,980円
定期初回3,980円
定期2回目6,108円 3本まとめ買いなら17,308円とお得。1日あたり188円

●気になる成分

ミューノアージュ スカルプエッセンス[1剤]
水、BG、ペンチレングリコール、エトキシジグリコール、ソルビトール、オクタペプチド-2、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、シソ葉エキス、 エンドウ芽エキス、パントテン酸Ca、グルコシルヘスペリジン、イソマルト、アクリレーツコポリマー、アルギニン、クエン酸、フェノキシエタノール

ミューノアージュ 薬用育毛剤(医薬部外品)[2剤]
有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキス、ピロクトンオラミン、酢酸DL-α-トコフェロール、パントテニルエチルエーテル
その他の成分:ニンジンエキス、海藻エキス(1)、ダイズエキス、イチョウエキス、コメ発酵液、カキタンニン、乳酸、乳酸ナトリウム液、精製水、1,3-ブチレングリコール、 ジエチレングリコールモノエチルエーテル、1,2-ペンタンジオール、濃グリセリン、モノオレイン酸ポリグリセリル、クエン酸、水酸化カリウム、フェノキシエタノール

Source: 成分

年齢とともに細くなる女性の髪。そんな女性特有の症状を年齢のせいだとあきらめさせません。Ⅰ剤には注目成分ペプチド配合で毛根にダイレクトにアプローチ。Ⅱ剤では5種類の育毛成分が太く黒々とした髪を育てます。今までいろいろ試したけれど手ごたえを感じられなかった方へ。

ミューノアージュについて詳しく知るならコチラ

ベルタ育毛

\高い浸透力でヘアサイクル正常化。ダメージを予防/

Source: Amazon

ベルタ育毛

効果・特徴使い方価格・購入方法・コスパ
育毛に効果的な有効成分をナノ化。毛穴の奥までしっかり浸透して吸収率をUP必ず洗髪後の清潔な頭皮に使用する。ライン状になじませてからマッサージをする。公式サイトからの定期便は初回3,980円
通常定期購入は4,980円
1日あたり166円

●気になる成分

●有効成分
センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロール
●その他の成分
プラセンタエキス (1)、サクシニルアテロコラーゲン液、水溶性コラーゲン液 (3)、ヒアルロン酸ナトリウム (2)、プルーン酵素分解物、ユキノシタエキス、海藻エキス (1)、シルバーバイン果実エキス、ウメ果実エキス、カンゾウ葉エキス、イザヨイバラエキス、エイジツエキス、テンニンカ果実エキス、スターフルーツ葉エキス、イチョウエキス、アシタバエキス、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス (1)、カモミラエキス (1)、ビワ葉エキス、ジオウエキス、ヒオウギ抽出液、水素添加大豆リン脂質、L- ピロリドンカルボン酸、L- アルギニン、L- アラニン、L- アスパラギン酸、大豆たん白水解物 (2)、L-セリン、L- バリン、L- プロリン、L- スレオニン、L- イソロイシン、L- ヒスチジン、L- フェニルアラニン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ラウリルジメチルアミンオキシド液、濃グリセリン、キサンタンガム、1,3- ブチレングリコール、乳酸ナトリウム液、DL- ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、水酸化ナトリウム、グリシン、N- ラウロイル -L- グルタミン酸ジ(フィトステリル・2- オクチルドデシル)、馬油、無水クエン酸、クエン酸ナトリウム、無水エタノール、フェノキシエタノール、エタノール、D- パントテニルアルコール、精製水

Source: 成分

育毛剤の男女兼用はありえないと女性の頭皮や体を研究して女性のためだけに開発された育毛剤。32成分もの有効成分をナノ化しただけでなく、天然由来成分が99.6%という無添加育毛剤。固くなってしまった頭皮のエイジングケアにおすすめ。

ベルタ育毛について詳しく知るならコチラ

【対策.4】有酸素運動

ウォーキング・ジョギング・ランニング・自転車・水泳など有酸素運動にはさまざまな効果があります。

血行を促進して必要な栄養素を頭皮や髪に行き届く

新陳代謝がアップする

・汗とともに余分なものを排出できる

・運動によるストレス解消

●どのくらい行う?

1日15~30分程度を週に3~5日行えるのが理想。しかし出来る範囲で良いので続けていくことが大切です。

【対策.5】良質な睡眠

睡眠も頭皮の健康のために欠かすことが出来ません。睡眠はしっかりと取りたいところですが忙しい方などはなかなか安定した睡眠時間をキープすることは難しいかもしれません。そのため睡眠の質をアップさせる工夫をしましょう。

・寝る3時間前には食事を終えている

・PCやスマホは寝る1時間前には見ない

・寝室や寝具など眠る時の環境を整える

良質な睡眠に導くためには日中に良く身体を動かして運動することも効果的です。理想としては22時~2時までの間にしっかりと眠れる習慣をつけられるとベストです。

【対策.6】禁煙をする

タバコはストレス解消に欠かせないという方も、薄毛を悪化させたくなければスパッと禁煙することをおすすめします。それほどタバコの害は大きいからです。タバコに含まれるニコチンやタールは血管を収縮させ体全体の血流を滞らせてしまいます。また、ニコチンやタールを解毒するために肝臓もフル稼働し内臓にもダメージを与えるほか、ヘビースモーカーになると気分の落ち込みや辞めたくてもやめられない依存性に苦しむ人も多いのです。当然血流不良によって抜け毛が増えてしまいます。

女性ならではの美髪を取り戻そう

髪は女の命…と言われた時代と違い、髪をかなり酷使している女性の増えた現代。薄毛に悩む人もその分増加中です。しかし、女性はもともと持っている素質から手入れ次第で美髪をキープすることが可能です。普段仕事に育児に頑張りすぎていませんか?今一度自分をきちんといたわって女性らしい美髪を取り戻しましょう。


参照リンク

女性の髪が抜ける原因と 抜け毛対策方法

コンビタウン/妊娠・出産時期の抜け毛




TOP