オーガニックの天然葉酸サプリがいいって本当?おすすめの葉酸サプリ6選!

オーガニックの天然葉酸サプリがいいって本当?おすすめの葉酸サプリ6選!

gJsk6aqr.jpg

葉酸サプリはオーガニックで安全性の高いものがおすすめです。毎日服用したり妊娠中の栄養補給のために服用するには、より安全なものが良いですよね。ここでは葉酸サプリの選び方や種類の違い・おすすめ商品などを紹介して行きます。

シェアする

赤ちゃんの為に安全な葉酸サプリが欲しい

妊活や妊娠中に重要な役割をしてくれる「葉酸」。葉酸はサプリメントで補う必要のある栄養素になります。私自身も妊娠した時には葉酸を含んでいる野菜などを取り入れて食事をするように病院で勧められました。

食事からも摂取することができますが、やはりサプリメントで取るのが効率良く取れるのでおすすめです。しかし、毎日飲むサプリメントは一体どのようなものがあって、どう選べば良いのかいまいちわからない人は多いと思います。

安全なサプリの選び方を知ることができれば、妊娠中でも安心して飲むことができますよね!

参考にしたサイト数サプリメントの平均価格試したサプリの数
20サイト5,716円6種類

ここからは、おすすめのサプリの選び方やおすすめのサプリメント・その他にも妊娠中に取り入れたい栄養素などを紹介して行きます。それでは、見て行きましょう!

安全なサプリの細かな選び方

安全なサプリの選び方

  • 安全なサプリかどうか
  • 添加物が含まれているか
  • 農薬は使われているか・残留農薬はないのか
  • 成分の摂り過ぎになならないか
  • 信頼して使えるメーカーかどうか

安全なサプリを選ぶには、細かいポイントがいくつかあります。ここからは、より安心して葉酸サプリを使い続けることができるようにサプリの選び方を紹介して行きます。 

サプリメント製造工程は安全?

サプリメントはどのような場所で製造されているのか考えたことのある人は少ないと思います。基本的に安全ではないの?と思う人もいるでしょう。しかし、「安全性」を知ることができれば、妊娠中でも安心して飲むことができますよね。

第三者によるチェックが行われているか

サプリメントのパッケージに、GMPマークが付いているのを見たことがある人もいるでしょう。このGMPとは、「Good Manufacturing Practice」を略したもので、医薬品・医薬部外品の製造や品質を管理する基準のことです。

サプリメントを製造している工場を第三者機関がチェックして、品質や管理している状況を承認してくれるとGMPマークをつけることができるそうです。定期的に工場内が清潔に保たれているのか、品質に問題は無いかなどの基準をクリアしていないと認定されないので安全性が高いと言えるでしょう。

しかし、GMPマークが付いているからといって、成分や効果までは保証されていません。あくまで製造されている工程などの保証なので間違わないように注意してください。

危険な添加物が含まれていない

合成着色料や甘味料・保存料などの添加物は、スナック菓子などにもよく含まれているものです。しかし、これらは食品添加物と呼ばれ、食品に使われルノが認められていても、体に良い成分ではありません。妊娠中の場合は胎児にも影響を及ぼしかねません。

さらに、美容にも良く無いと言われています。毎日摂取するとなると、これらの成分が配合されていないものを選ぶと良いでしょう。

残留農薬の検出試験が行われている

 サプリメントの原材料が農薬を使って育てられた場合は、農薬がサプリに残っていないかをチェックする必要があります。農薬中毒になると大人は嘔吐や下痢・胃痛などを発症してしまう可能性があります。さらに胎児にも何らかの病気を発症するリスクがないとは言えないそうです。

残留農薬試験では、安全性を調べることができます。微量でも入っていると、検出することができるので試験をして検出されなかったサプリメントは安心して使うことができますね。

成分の摂り過ぎの心配がない

葉酸の過剰摂取は、葉酸過敏症を起こす可能性があるそうです。葉酸過敏症になると、発熱や蕁麻疹などの症状を発症してしまいます。1日1000μgから10000μg摂取してしまうと摂り過ぎになるので、注意してください。

その他にも脂溶性ビタミンの摂り過ぎにも注意が必要です。葉酸と違い脂溶性ビタミンは体に貯まるので、過剰摂取しやすい成分になります。過剰摂取による副作用は、吐き気や下痢などを起こす可能性があります。しかし美容や健康維持には、とても重要な成分なのです。

妊活中・妊娠中・授乳中などに飲む葉酸サプリには、これらの脂溶性ビタミンも含まれているものが多くなっています。サプリに含まれている脂溶性ビタミンの配合量にも注意すると良いでしょう。

信頼できるメーカーかどうか

毎日飲むサプリの場合は、特に信頼できるメーカーのものを選ぶことをおすすめします。記載されている情報に嘘がないかなど心配になることもあります。しかし、葉酸サプリの信頼できるメーカーはわからない人も多いのではないでしょうか?

公式サイトや口コミなどでも信頼できるメーカーかを調べることができるので、チェックしてみるようにすると良いでしょう。以下の項目ではおすすめ葉酸サプリを紹介して行きます。

オーガニックの葉酸サプリ3選

オーガニックのサプリは、化学肥料などに頼らずに有機栽培された野菜や果物を使っているので人気が高くなっているそうです。

オーガニックレーベル葉酸

\妊活中の体を整えてくれる効果が期待できるサプリメントです!/ 

Source: Amazon.com, Inc.

オーガニックレーベル葉酸

編集部評価★★★★★ 総合点94点
価格4,400円(通常価格)・実質無料(定期コース 初回購入価格)
1回あたりの値段146円/1ヶ月分/60粒
保証・特典(定期コース)2回目以降も10%OFF・送料無料・7回目以降は休止や再開が可能
メーカー・会社株式会社ミーロード

100%天然由来成分と完全無添加処方のサプリメントです。葉酸が400μg含まれていて、キヌアスプラウトが原料となっています。葉酸やビタミンBなどが豊富な穀物です。

さらに、103種類もの野菜や果物・40種類以上の栄養素(ザクロ・タンポポ・生姜・マカ・高麗人参・ルイボス・ローヤルゼリーなど)が含まれているので、野菜嫌いなど栄養が不足している人にもおすすめです。

妊活中におすすめ

 GMPを取得した工場で作られているので、安全性のある品質であるそうです。さらに、葉酸は妊活にもとても大切な栄養素です。精子と卵子が受精しても、着床しなければ、妊娠にはなりません。

そこで血液を促進したり子宮内膜を強くしたり着床を促してくれる効果があるとされているので、積極的に摂取したいですよね。さらに妊娠前の体を整えることができるので、おすすめです。

男性におすすめ

 男性にも葉酸は必要な成分と言えます。精子の質をアップさせる効果があるとされています。妊活中のカップルは男女共に葉酸を摂取するようにすると良いでしょう。

妊娠中には安全とは言えない

原材料が天然原料で安全だと言われていますが、妊娠中には向いているとは言えないそうです。原材料の中にマカやザクロ・アマチャヅル・イチイの実などは、妊娠中には胎児に影響を与えてしまったり、早産などのリスクが高くなってしまう可能性があるそうです。

妊娠したら使うのをやめるようにした方が良いでしょう。 妊活中などには、とても良いサプリです。


単品価格よりも定期価格の方が、安く購入できるのでお得になります。アルミ袋タイプなので、劣化するのを防ぎ品質を保つことを考えられています。さらに、つぶのサイズが小さく、飲みやすいそうです。

公式サイトを見てみる

ドクターズチョイスオーガニック天然葉酸

\妊娠中の女性のことを考えて作られたサプリメントです/

Source: Amazon.com, Inc.

ドクターズチョイスオーガニック天然葉酸

編集部評価★★★★★ 総合点93点
価格4,980円(通常価格)
1回あたりの値段166円/1ヶ月分/60粒
保証・特典購入後90日間全額返金保証・セット購入や定期購入になると価格がお得
メーカー・会社 ビューティーアンドヘルスリサーチ社

妊娠している女性が、葉酸をしっかり摂取できるオーガニック天然葉酸サプリです。店頭などでは販売していないので、ネットで購入することができます。ツワリのひどい妊娠中のことを考えて、サプリ独特の匂いを取り除いた無臭なのでとても飲むやすくなっているようです。

粒が小さいので飲む量が調整できる

必要な葉酸の量は、妊娠何ヶ月かによって違ってきます。 1粒が小さく葉酸200μgが配合されていて、自分が摂取したい量を調整できるのでとても使い勝手が良いです。

安全性の高い栄養素が配合されているので、妊娠中でも安心して飲むことができます。90日間全額返品保証されているので、体に合わないと感じても、もったいないと落ち込まずに済むのでおすすめです。

公式サイトを見てみる

はぐくみ葉酸

\葉酸だけでなく他の栄養素も補うのに役立つサプリです!/

Source: hugkumi+(はぐくみプラス)

はぐくみ葉酸

編集部評価★★★★★ 総合点95点
価格6,980円(通常価格)
1回あたりの値段232円/1ヶ月分/90粒
保証・特典10日間返金保証・送料無料(定期コース)
メーカー・会社はぐくみプラス

妊活・妊活中から出産後まで飲むことができる葉酸サプリです。葉酸だけでなく15種類以上のビタミンやミネラルも豊富で、体の内側から整えることができるそうです。

3粒で500μgの葉酸が含まれているので、食事から葉酸を摂取しにくい時期に重宝します。さらに放射能検査や残留農薬検査なども行われていてGMPで認証されている工場で作られているので安心した品質です。

オーガニックレモンの葉酸

 はぐくみ葉酸には、オーガニックレモン・酵母由来の葉酸を配合しているそうす。レモンからはあまり葉酸を抽出できないそうなので、とても貴重になります。自然由来なので安心できる原材料です。

妊娠中に摂りたい成分がいっぱい

 妊娠中には、ビタミン類やミネラルもとても重要な栄養素になっていますビタミンB6には、つわりを軽減させる効果があると言われていてます。ビタミンCは妊娠中に不足しがちな鉄分の吸収をサポートしてくれるそうです。

妊娠中には積極的に摂取したいですね。

管理栄養士さんの食事サポートなどの専用窓口もあるので、悩んでいる女性も相談ができるのがとても良いですね。

定期コースなどお得なコースがあるので、とてもお得に購入することができるのでおすすめです!

公式サイトを見てみる

オーガニックと無添加の違い


 オーガニックと無添加の違いを知っていますか?どちらかが記載されていると、体に安全な商品というというイメージがありますよね。しかし、この2つには違いがあるのです。

オーガニックとは

オーガニックとは、有機農法や無農薬栽培のことです。オーガニックの場合は、有機JASの審査を受け通らなければマークを記載できないので、 有機JASマークが記載されているものは信用できる商品であることがわかります。

農薬を使って栽培されたものでも、口に入る段階では雨や日光によって農薬はほとんど薄くなっているので農薬が残っていても健康を害する可能性は低いと言われています。しかし、そうは言っても農薬と言うものは良い印象を受けませんよね。

オーガニックと記載されているから「安全な商品」と言うわけではなく、安全性を追求しているかどうかで安心して使えるものかが決まるそうです。

無添加とは

 無添加とは、防腐剤や着色料・香料・甘味料などの添加物が入っていないことを指します。よく商品のパッケージに着色料無添加などと記載されているものがあります。

無添加と記載されているだけで、体に悪いものは何も入っていないようなイメージになりますが、○○無添加と言うのは、一部の添加物が入っていないだけで、その他の添加物は入っている可能性があるのです。無添加は安全というのは間違いなので、成分表で自分の目でチェックする方が良いですね。

完全無添加って何?

旧表示指定成分や石油系成分・着色料・香料・エタノールなどが入っていないものを指します。無添加よりも完全無添加の方が厳しく、天然素材でないと完全無添加とは言えないそうです。

完全無添加の方が、余分なものが入っていないので安心して使えますね。

天然葉酸と合成葉酸の違いとは!?どっちがいいの?

葉酸は一日どれくらい摂取すれば良いのでしょうか?さらに天然合成のものがあり、吸収率なども違ってきます。ここから詳しく説明して行きます!

厚生省が推奨する1日の摂取量

1日の摂取量継続するる期間
成人男性240μg特になし
成人女性(非妊娠時)240μg特になし
妊活中・妊娠中480μg妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月まで
出産後・授乳中340μg卒乳まで

妊活中から授乳中までは推奨摂取量が違ってきますね。妊活中の場合は、男性も必要摂取量を摂るようにすると良いでしょう。妊娠後期は、つわりなども治ってくる人も多く、食事から葉酸が取れるようになるのでサプリメンとで補う葉酸の量は調整する必要がありますね。

実は吸収率がいいのは天然より合成!?

  • ほうれん草などの食品に含まれているのは「ポリグルタミン酸」(天然葉酸)
  • サプリメントに含まれているのは「モノグルタミン酸」(合成葉酸)

野菜などから葉酸を摂取しようとすると、身体に吸収するのは50%以下になってしまうと言われています。さらに、加熱調理や茹でたりしてしまうと葉酸が失われてしまうので、効率良く摂取することが難しくなってしまいます。

それを身体に効率良く吸収できるのようにしたのが、合成葉酸になります。しかし、この合成葉酸には食品から変換された葉酸合成化学物質から変換された葉酸があります。

合成化学物質から取り出したものは吸収率は85%と高くなっていますが、消化や吸収をするのに身体や妊娠していれば退治の肝臓や腎臓にまでダメージとなってしまうそうです。

食品から取り出されているのなら、結局吸収率が悪いのでは?と思う人もいるでしょう。しかし吸収率の良い合成葉酸に変換されているため、吸収率が85%となるそうです。

サプリメントで妊娠時でも安心して使うことができるのは、合成葉酸で食品から取り出された葉酸になりますね。

【商品紹介】

ベルタ葉酸サプリ

\ネットなどでも人気の高い葉酸サプリです!/ 

Source: Amazon.com, Inc.

ベルタ葉酸サプリ

編集部評価★★★★★ 総合点98点
価格5,980円(通常価格)
1回あたりの値段49円/1ヶ月分/120粒
保証・特典送料無料
メーカー・会社株式会社ビーボ

DHA・EPAなどのオメガ3脂肪酸ラクトフェリン・ベビーコラーゲンなど、健康や美容に効果のある成分が豊富に含まれています。27種類のビタミンミネラルカルシウム21種類の野菜・6種類の美容成分など食事からはなかなか摂取できないものが多くなっています。酵母葉酸100%で吸収率が高く、妊活中の人や妊婦さんにとても人気が高い葉酸サプリです。

鉄分も豊富で、鉄分が不足してしまいがちな妊婦さんにもおすすめです。粒の大きさも飲みやすい大きさの円形になっていて、つわりに悩んでいる人でも飲みやすいそうです。1日4粒で400μgの葉酸を摂取することができます。

香料・着色料・保存料・香料発色剤・漂白剤・防カビ剤・膨張剤・苦味料・光沢剤が無添加になっています。

お試しで1個購入することができますが、気に入ったら定期コースやセット購入すると1個あたりの価格がとてもお得に購入することができるそうです。

もちろんGMPにも認定されいる工場で作られていて、放射能や残留農薬検査でも問題がないので安心できる品質です。

朝・晩と2粒ずつ飲むと良いそうです!

公式サイトを見てみる

\ベルタ葉酸サプリの詳しい記事はこちら/

ベルタ葉酸サプリって、いろんな口コミがあるけど、結局のところどうなの?!という疑問を解消するべく、口コミを徹底検証!実際に購入して飲んでみて分析してみました。元気な赤ちゃんを産むために本当に安心な葉酸サプリを探している人は必見です!

愛され葉酸

\葉酸だけでなく乳酸菌など、不足しがちな成分も配合されているサプリです!

Source: Amazon.com, Inc.

愛され葉酸

編集部評価★★★★★ 総合点97点
価格7,980円(通常価格)
1回あたりの値段266円/1ヶ月分/90粒
保証・特典
メーカー・会社株式会社オンライフ

葉酸・カルシウム・鉄分・ビタミン・ポリミアン・DHA・乳酸菌など美容効果のある成分や妊婦さん・妊娠中・授乳中に不足しがちな成分も含まれています。モノグルタミン酸の葉酸が配合されているので吸収率がとても良くなっています。

小粒タイプでフレッシュレモンの香りなので、スッキリ飲めるので飲みやすいそうです。1日3粒を目安に飲むと葉酸400μgを摂取することができるそうです。

放射能検査でも異常がなく、GDP認証されている工場で作られているので信頼できる品質です。単品購入もできますが、定期購入にすると6ヶ月縛りがありますが初回は980円+送料で購入することができます。

6個セットにすると、25%OFFになっているのでとてもお得です。

公式サイトを見てみる

\愛され葉酸の詳しい記事はこちら/

『愛され葉酸』は妊娠中の母子のためのサプリです。妊娠中はつわりや大きなお腹での生活など大変なことがいっぱい!そんな中、ママは誰よりも「栄養を摂って大切な赤ちゃんを育みたい」と考えています。『愛され葉酸』にはママの願いが詰まっています。

めぐりの葉酸

\天然酵母の葉酸が配合されているサプリメントです!/

Source: Amazon.com, Inc.

めぐりの葉酸

編集部評価★★★★★ 総合点96点
価格3,980円(通常価格)
1回あたりの値段132円/1ヶ月分/90粒
保証・特典(定期購入が対象)送料無料・30日間現金保証・2回目以降も12%OFF
メーカー・会社株式会社メディアハーツ

天然ポリフェノール・天然ビタミン・カルシウムなど厳選された原材料でできている天然素材100%の葉酸サプリです。健康維持ができる成分だけでなく、美容成分など不足しやすい成分が豊富に配合されています。

1日3粒が目安量になっていて、吸収率もよく葉酸200μgが摂れると言われています。合成添加物が一切使われていないので、妊娠していても安心して継続することができますね。

薬草のような匂いがするそうですが、無味でとても小粒なので飲みやすいそうです。GMP認定工場で作られているので、信頼できる品質になっています。

定期購入のラクトクコースで購入すると、初回が630円の送料無料で購入できるそうです。初回だと30日間の返金保証があるので、体に合わないと感じた時でも返品することができて良いですね。

公式サイトを見てみる

\めぐりの葉酸の詳しい記事はこちら/

めぐりの葉酸は、葉酸をはじめ妊活・妊娠中に欠かせない栄養素が詰まったサプリです。でも本当に効果あるの?効果的な飲み方は?どこで買うと安いの?もし合わなかったときの解約の方法は?買う前に知っておきたい6つのポイントを徹底調査しました!

葉酸のほか妊娠中に摂りたい成分7選

葉酸の他にも妊娠中には積極的に摂りたい成分があります。ここからは、各々含まれる食品も一緒に紹介していきます。

ラクトフェリン

 ラクトフェリンはスキムミルクや牛乳・チーズ・ヨーグルトなどに含まれているそうです。

<便秘改善>

ラクトフェリンには、腸内環境を整えて便秘を解消する効果があると言われています。妊娠初期頃は女性ホルモンで便秘がちになったり、貧血予防の鉄剤の影響や妊娠後期はお腹が大きくなったりなどで便秘に悩まされてしまう人も少なくないそうです。

腸の中に悪玉菌が増えるのを阻害して、善玉菌が増えやすくしてくれるそうです。妊娠中の便秘は胎児にあまりよくないので、解消するのが一番です。病院で薬も処方されますが、薬などで便秘を解消しなくて済むのは嬉しいですよね。

<風邪予防>

妊娠中は免疫力が低下しやすくなっていて、風邪などをひきやすいそうです。しかし、ラクトフェリンは細菌が体で繁殖するのを防くなどの効果があるので、風邪などの予防に役立つそうです。

妊娠初期などはいつも飲んでいる風邪薬が飲めないので、風邪対策は必要になるのでおすすめです。

ビタミンB12

 牡蠣やしじみ・レバー類・納豆・牛乳などに含まれている栄養です。

 <貧血予防>

ビタミンB12は葉酸と一緒になることで、ヘモグロビンを作りだし造血効果があるので貧血予防効果があると言われています。血液の健康を維持できるそうです。

その他に、も体力低下疲労感など健康に影響を与えるとされています妊娠中に不足すると母体だけでなく胎児の成長や出産後の乳児の発育に影響を与えてしまう可能性があるので、積極的に摂取する必要のある栄養素です。

ビタミンB6

 モロヘイヤ・味噌・アーモンド・ごまなどに含まれている栄養素です。

 <つわり対策>

ビタミンB6はつわりを軽減させる効果があると言われています。妊娠初期は特にひどいつわりに悩んでいる人も少なくないでしょう。ビタミンB6を含む果物のバナナやマンゴーなどを食べるようにすると軽減することができるかもしれませんね。

<むくみ対策>

 妊娠すると、体のむくみに悩む人もいます。酷い人だと、足がかなりむくんで痛みなどが出てしまう人もいるそうです。このむくみは、妊娠高血圧症候群になってしまう可能性もあるので注意が必要です。ビタミンB6には水分の代謝を促す効果もあると言われているので、むくみ改善に効果が期待できます。

ビタミンC

パプリカ・レモン・アセロラ・芽キャベツなどに含まれている栄養素です。

<栄養素のサポート>

葉酸・カルシウム・鉄などの栄養素の活性化や吸収をサポートしてくれる効果があると言われています。 ビタミンC と一緒に摂ることで相互作用が生まれ、高い効果が期待できるのです。食べ物の組み合わせを考える参考にもなりそうですね。

<風邪予防>

ビタミンCは免疫力を高めてくれる効果があると言われています。白血球をサポートしてくれるので、風邪などの菌と戦うことができるそうです。

<美容効果>

抗酸化作用・コラーゲン生成の促進など美肌効果を発揮してくれるそうです。妊娠中はホルモンのバランスなどの影響で、肌荒れやシミなどが起きやすくなっています。ビタミンCなどの美容効果のある栄養素をしっかり摂取すると良いでしょう。

鉄分

レバー類・しじみ・パセリなどに含まれている栄養素です。

<貧血予防> 

 妊娠中は鉄分が不足しやすく、鉄剤を処方される妊婦さんも少なくないようです。赤ちゃに栄養を血液に乗せて送るため、血液が薄くなってしまい貧血を引き起こしやすくしてしまうそうです。

鉄分を摂取することで、貧血予防効果に役立ちます。特にタンパク質やビタミンCと一緒に摂取すると吸収率がアップすると言われています。

産院でも葉酸と一緒で鉄分の含まれている食事を摂るようにと勧められます。妊娠中の貧血は胎児にも影響を与えてしまう可能性があるので、予防することをおすすめします。鉄剤は便を硬くして便秘を引き起こしてしまうと言われているので、しっかり食事から摂取するようにしましょう!

DHA・EPA

 DHA・EPAはオメガ3脂肪酸と言われています。必須脂肪酸で体では作ることができないので、食品から摂取する必要があります。

DHA

特にDHAは胎児の脳を成長させるのに必要な成分で、妊娠中の情緒不安定などを安定させる効果があると言われています。イワシやアジ・サバなどに多く含まれているそうです。

EPA

血液をサラサラにして、体に血が巡りやすくしてくれるそうです。赤ちゃんには血液に乗せて栄養素を運ぶので、必要な効果ですね。造血作用のある栄養素と一緒に摂取すると良いでしょう。

ハマチ・サンマ・カツオなどに多く含まれているそうです。

しかし、これらは魚から摂取できる栄養素になります。妊娠中は魚の摂りすぎはあまり良くないと言われています。サプリメントで補うようにすると良いでしょう。

カルシウム

 カルシウムが不足すると、赤ちゃんにカルシウムが優先して送られるので母体のカルシウムがさらに不足してしまいます。そうすると、将来骨がもろくなってしまったりなどの問題が出てしまう可能性があります。

カルシウムは、小松菜や牛乳・チーズ・ひじきなどに多く含まれています。ビタミンDやタンパク質と一緒に摂取すると、吸収率がアップするのでおすすめです。

\具体的な葉酸配合の食品やレシピの詳しい記事はこちら/

葉酸を含む食品は一体何?葉酸の摂取量は……と妊娠を視野に入れると急に「葉酸」の存在が気になり始めます。しかし葉酸を食事で摂取するためには少々コツがいるのです。元気な赤ちゃんのためにも葉酸をしっかり摂取できる調理方法をマスターしていきましょう

妊娠中に注意が必要な食べ物6選

 妊娠中には、注意する必要がある食べ物があります。摂取るする食事を考えないと、母体だけでなく胎児にも影響を与えてしまうこともあるそうです。ここからは、注意すべき食べ物を紹介して行きます。

生レバー

生レバーを避けたい理由はトキソプラズマです。生レバーを食べた母体から、胎児に届きトキソプラズマは胎児の脳に悪い影響を与えてしまう可能性があるそうです。

生レバーは避けるようにして、良く加熱してして食べるようにしましょう。

さらにレチノール(脂溶性ビタミン)も含まれているので、過剰に摂取しすぎると胎児に奇形などの影響が出てしまうことがあるそうです。1日の摂取量の上限を超えないよう、食べ過ぎないように注意しましょう。

生ハム

生ハムにもリステリア菌と寄生虫のトキソプラズマが存在している可能性があるのです。リステリア菌は食中毒菌で、感染すると流産などの可能性があるとされています。

トキソプラズマは豚や牛・鶏などにいる寄生虫で、妊娠前6ヶ月頃から妊娠中に感染すると胎児に影響を与えてしまうことがあるそうです。水頭症や網膜炎になってしまう確率が高くなってしまうそうです。

大型の魚

マグロなどの大型の魚は妊娠中は、食べるのを避ける方が良いと言われています。 その理由は水銀です。母体には影響がなかったとしても、胎児は水銀を体に蓄積してしまうので身体に何らかの影響が出てしまう可能性があるそうです。

しかし、ひどい影響がでるというわけではないようですが、少しでも影響があることを考えると大量に食べるのは避けるようにしましょう。

ナチュラルチーズ

チーズと聞くと、カルシウムが入っているから積極的にとった方が良いのでは?と思う人もいるでしょう。しかし、ナチュラルチーズにはリステリアと言う菌が存在しているので、妊娠中には注意が必要だと言われています。

妊娠中だと感染する確率が高くなってしまい、リステリア菌に感染した場合下痢や発熱など食中毒のような症状が現れるそうです。妊婦さんの場合、流産・早産・死産の可能性がでてしまったり、胎児が水頭症や髄膜炎などになってしまう可能性があるそうです。

こういった可能性が出てきてしまうので、妊娠中はナチュラルチーズを食べるのを避けるようにした方が良いと言えますね。

お酒

妊娠中には、お酒は控えると言うのは一般的な話ですね。ではなぜ飲まない方が良いのかと言うと、アルコールを摂取すると胎児にもアルコールが届いてしまうからだそうです。奇形や健康に何らかの悪い影響を与えてしまリスクが高くなってしまうと言われています。

しかし、 全く飲んではいけないわけではないそうです。たまにコップ1杯程度なら飲んでも問題ないとも言われています。とはいっても胎児がアルコール症候群になってしまったりすることを考えると、妊娠している間は避ける方が良いという人は多いのではないでしょうか。

ノンアルコールカクテルなどで、気を紛らわせるのがおすすめです!

コーヒー

コーヒーは妊娠中に飲みすぎると、流産・死産のリスクが高くなってしまったり胎児の成長を阻害してしまうことがあるそうです。しかし、これはあくまで過剰に飲みすぎた場合になります。

毎日100mgまでならカフェインを摂取しても問題ないと言われています。最近では、タンポポコーヒーなどカフェインレスのコーヒーも販売しているのでおすすめです。

 普段は食べたり飲んだりしていたものも、妊娠すると食べるのを我慢しなくてはいけないものもあります。コーヒーならカフェインレスを飲んでみるなど、我慢がストレスに繋がってしまわないようにする方法を考えるようにすると良いでしょう。

安全な葉酸サプリで赤ちゃんを育もう!

みんさん、いかがでしたか?葉酸は妊娠前からとても重要な役割をしてくれるのです。胎児の成長もサポートしてくれるそうです。しかし、つわりなどで食事が取れない場合はどうしても不足しがちになります。

効率良く摂取するにはサプリメントが役立ちます。葉酸の他にも健康維持に効果のある成分が豊富なので、バランス良く栄養を補うことができるのでおすすめです。


TOP