クレンジングクリームおすすめランキング!敏感肌に口コミ人気の商品・使い方まとめ

| クレンジング
Share:

クレンジングクリームのおすすめは?口コミ1,000件から厳選ランキング

クレンジングには色々な種類がありますが、どのようなタイプを使っていますか?オイル?それともリキッド?

ミヂカ編集部ではお肌に優しいということでクレンジングクリームの人気が高いらしいということを聞きつけ、調査を開始。

人気アイテムの口コミをとことんリサーチして、効果があったと評判の高いクレンジングクリームを厳選して紹介することにしました!

  • リサーチした口コミ⇒1,000件以上
  • 実際に試してみた金額⇒31,906円
  • おすすめできるクレンジングクリーム⇒14点

この記事では、口コミで人気のクレンジングクリームをランキングで紹介するとともに、そもそもクレンジングクリームってどんなもの?という素朴な疑問も解決。

毎日のクレンジングタイムがより充実すること間違いなしのスキンケアの基本を特集します。

ポーラ公式サイトはこちら

クレンジングクリームの選び方

使ったことのないクレンジングを試そうかな、と思った時に役に立つポイントがあります。

保湿成分や天然成分配合のもの

クレンジングクリームは配合されている界面活性剤が少ないので、お肌に優しいタイプのクレンジングです。よりお肌への優しさを考えた時に注意して見ておきたいのが保湿成分です。

  • ホホバオイル
  • オリーブオイル
  • 米ぬかオイル
  • ハトムギエキス
  • あんず果汁
  • 桃の葉エキス
  • ヒアルロン酸
  • グリセリン

以上のようなさまざまな成分が保湿成分としてクレンジングクリームに使われています。植物エキスや天然の成分が多く、洗い上がりのつっぱり感を解消したり、クレンジングによる刺激からお肌を守るなどの働きをしてくれています。

肌やライフスタイルにあったタイプのもの

肌質や肌の状態、そしてライフスタイルに合ったアイテムを使うことも大切です。洗い流せるものだけでなく、拭き取るタイプやシートタイプなど、今では種類豊富に揃っています。

デリケートな肌や肌荒れしている場合には、低刺激な敏感肌用などを選ぶのが無難です。また、出張や旅行が多い、忙しくてあまりスキンケアの時間が取れないといった人には、簡単に使えるシートタイプもおすすめです。

自分の生活に取り入れやすいクレンジングを選ぶと、ストレスなく使っていけるでしょう。

クレンジングクリームおすすめランキング【流すタイプ】

口コミでの評価や配合されている保湿成分をリサーチし、おすすめできるクレンジングクリームを厳選、ランキングを作成しました! (※以降、価格は2018年4月10日現在)

ポーラ モイスティシモ 薬用クレンジングクリア

\うるおい成分たっぷりの優しいクレンジング/

Source: 公式サイト

モイスティシモ 薬用クレンジングクリア

  • 編集部評価:★★★★☆ 総合92点
  • 価格:4,104円
  • 内容量:120g
  • メーカー:ポーラ

美白効果+高保湿のクレンジングクリームです。お肌の内側、角質層の状態を整えてクレンジングの後の保湿ケアがより効果的に働くように導いてくれます。

また、女性ホルモンにも働きかけるメリッサエキスやハイビスカスエキスを配合しており、自然成分なので優しい洗い上がりです。アレルギーテスト済みで、敏感肌の人にも使いやすいクレンジングクリームになっています。

公式サイトを見てみる

プレディア スパ ・エメール ファンゴWクレンズ

\天然ミネラル泥が肌に優しい/

Source: 公式サイト

プレディア スパ ・エメール ファンゴWクレンズ

  • 編集部評価:★★★☆☆総合90点
  • 価格:2,700円/4,860円
  • 内容量:150g/300g
  • メーカー:コーセー

海の力をいただくプレディアのクレンジング。天然ミネラル泥がメイクだけでなく、毛穴に溜まった汚れや古い角質、余分な皮脂にも吸着して落としてくれます。

ほかにも、皮脂の分泌をコントロールするセージ葉エキス海藻が持つ保湿成分を抽出したアルゲエキス美肌に効果が期待できる海水を配合。保湿成分だけでなく洗浄成分も天然由来なので、お肌への刺激が少なめで優しく洗うことができます。

伸びが良いため気持ちよくマッサージができ、優しい香りを楽しみながらメイクオフの時間をゆったりと過ごせそうです

詳細を見てみる

トリロジー クレンジング クリーム

\オーガニック成分をたっぷり配合/

Source: 公式サイト

クレンジングクリーム

  • 編集部評価:★★★☆☆ 総合87点
  • 価格:4,968円
  • 内容量:200ml
  • メーカー:トリロジー

オーガニックコスメの有名ブランドであるトリロジーのクレンジングクリームは、配合成分にこだわっています。

保湿効果・抗酸化効果の高いオーガニック認定のローズヒップオイルのほか、アーモンドオイルを使用。肌への負担を抑えながら、しっかりとメイクを落とすことができます。

大容量ながら低コストで経済的なのも魅力的。オーガニックコスメを使ってみたい人におすすめです。

詳細を見てみる

クレンジングクリームおすすめランキング【拭き取りタイプ】 

洗い流さない拭き取りタイプは、水のないところでも使えるのが特長です。ここからは拭き取りタイプのクレンジングのおすすめランキングをみていきましょう。

トレフル クレンジングマッサージクリーム

\肌を守りながらメイクを落とす/ 

Source: 公式サイト

クレンジングマッサージクリーム 

  • 編集部評価:★★★★☆ 総合93
  • 初回価格:1,800円
  • 内容量:180g
  • メーカー:トレフル

富山県産の天然水をベースに天然スクワラン透明感をアップさせるフラーレン、さらにニキビにも効果が期待できる天然イオウを配合。メイクはしっかりと落として、肌への潤い補給もしっかりとできるように作られています。

クレンジングしながらマッサージをすることで顔の血行促進にも繋がり、血色の良い健康的な肌へと導いてくれます。加齢によるくすみや肌のバリア機能低下にも対応しているクレンジングクリームです。

公式サイトを見てみる

ゲラン クレンジング クリーム

\美容家「佐伯チズ」さん愛用/

Source: 公式サイト

クレンジング クリーム

  • 編集部評価:★★★☆ 総合89
  • 価格:9,720円
  • 内容量:200ml
  • メーカー:ゲラン

肌に潤いを与えて肌荒れを防いでくれるニゲラオイルという成分を配合した、スキンケアとしても優秀なクレンジングクリームです。

美肌で知られる佐伯チズさんが愛用していることで有名なゲランのクレンジングは、その使い心地はもちろん上品で癒される香りも特徴的。

公式サイトを見てみる

コーセー コスメデコルテAQミリオリティリペアクレンジングクリーム

\リッチクレンジングで輝く肌へ/

Source: 公式サイト

コスメデコルテAQミリオリティリペアクレンジングクリーム

  • 編集部評価:★★★☆ 総合86
  • 価格:10,800円
  • 内容量:150g
  • メーカー:コーセー

ベストコスメも受賞しているこちらの商品。リッチで触り心地の良いクリームがメイクを丁寧に浮かせて落としていきます。また、保湿成分にはダブルペプチドを使用し、肌の潤いもしっかりと補います。

価格は他と比べて高額でパッケージも高級感溢れるアイテムですが、その分肌への配慮も充実しており、ワンランク上のクレンジングを探している人にはぜひ試してみてほしいです。

詳細を見てみる

クレンジングクリームのおすすめプチプラ5選【市販・ドラッグストア】

手軽に身近なお店で買える市販クレンジングの中にも優秀なアイテムはたくさんあります。一度試してみたいおすすめクレンジングクリームを選んでみました。

ちふれ ウォッシャブル コールド クリーム

\マッサージもできるクレンジングクリーム/

Source: 公式サイト

ウォッシャブル コールド クリーム

  • 編集部評価:★★★★☆ 総合92点
  • 価格:1,239円(Amazon)
  • 内容量:300g
  • メーカー:ちふれ化粧品

しっかりメイクを落しつつ、フェイスマッサージもできるのが嬉しいアイテム。ノンアルコールで香料や着色料は無添加。とろみのあるテクスチャーで滑りが良いので、肌に負担をかけることなく優しくマッサージできます。

洗い流し専用なのでお風呂でゆっくり時間をかけてクレンジングしたい人にぴったりです。

詳細を見てみる

ポンズ クリアフェイス クリームクレンジング

\くすみが気になる人におすすめ/

Source: 公式サイト

ポンズ クリアフェイスクリームクレンジング

  • 編集部評価:★★★☆☆総合89点
  • 価格:812円(Amazon)
  • 内容量:270g
  • メーカー:ユニリーバ

保湿成分の植物エキスを4種類配合した、人気のあるクレンジングクリーム。使うほどにお肌が明るくなってきたという口コミも多く、くすみのないクリアな肌を目指す人におすすめです。

美容クリームから生まれたクレンジングで、肌に優しいのも嬉しいポイント。マッサージに最適なので、リフトアップのためにも毎日使い続けたいクレンジングクリームになっています。

詳細を見てみる

無印良品 マイルドクリームクレンジング

\しっとりとした洗い上がりが魅力/

Source: 公式サイト

マイルドクリームクレンジング

  • 編集部評価:★★★☆☆ 総合85点
  • 価格:990円
  • 内容量:150g
  • メーカー:無印良品

植物由来の保湿成分として桃の葉エキスやアンズ果汁などを配合した、マイルドなクレンジングクリームです。クレンジングをすると乾燥してしまう、という悩みを抱えている人におすすめ

無印良品にはさまざまなタイプのクレンジングがあるので、肌に優しいクレンジングを試したいという人が他のタイプのものから乗り換えるというパターンも多いようです。

公式サイトを見てみる

トランシーノ 薬用クリアクレンジング

\保湿クリーム成分が70%でしっとり/

Source: Amazon

トランシーノ 薬用クリアクレンジング

  • 編集部評価:★★★☆☆総合82点
  • 価格:1,940円(Amazon)
  • 内容量:120g
  • メーカー:第一三共ヘルスケア

たっぷりの保湿成分のほか、肌荒れを防ぐための有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合した薬用クレンジングです。

すみを無くして透明感のあるお肌に近づけるトランシーノシリーズのクレンジングなので、お肌を明るくしたい人におすすめ。乾燥肌でもクレンジング後つっぱることがなかった、という口コミが多い人気商品です。

詳細を見てみる

雪肌精 クレンジングクリーム

\リピーター多し!隠れた名品/

Source: 公式サイト

雪肌精 クレンジングクリーム

  • 編集部評価:★★☆☆☆ 総合80
  • 価格:3,240円
  • 内容量:120g
  • メーカー:コーセー

なめらかで肌なじみの良いクレンジングクリームです。和漢オイルエキスを美肌成分としてプラスしており、クレンジングしながら素肌に自然成分の効果を与えることができます。

保湿成分のハトムギエキスやトウキエキスメロスリアエキスの他、エゴマオイルなどのエモリエント成分も含まれており、幅広い年代の人に使えるアイテムになっています。

詳細を見てみる

クレンジングクリームのおすすめ3選【目的別】 

肌トラブルやお悩みに合わせたクレンジングクリームを取り入れることも、効率の良い解決に繋がります。目的別におすすめの商品をピックアップしました。

ニキビケア 

ニキビのある肌にはメイクをしないのが一番良いですが、メイクをした場合はクレンジングも負担をかけず、悪化させない配慮が必要です。肌に優しく低刺激なクレンジングクリームを使うようにしましょう。

カネボウ ソフニング クリーム クレンジング

\なめらかに洗い上げるクレンジング/

Source: 公式サイト

ソフニング クリーム クレンジング

  • 編集部評価:★★★☆☆ 総合87
  • 価格:3,420円
  • 内容量:120ml
  • メーカー:カネボウ

やわらかくなめらかな感触のクリームタイプのクレンジングです。肌にかける負担が少なく、ニキビに優しくメイクを落とすことができます。洗い流しても拭き取っても使えるので、旅行などの出先でも活躍します。

シンプルながらしっかりとメイク落としの役割を果たしてくれるアイテムです。

詳細を見てみる

毛穴ケア 

気になる毛穴の黒ずみや開きを改善させるのに役立つクレンジングクリームを紹介します。

ディセンシア つつむ ジェントルクレンジング

\潤いを残してクレンジング/

Source: 公式サイト

ディセンシア つつむ ジェントルクレンジング

  • 編集部評価:★★★☆☆ 総合85
  • 定期価格:2,138円
  • 内容量:100g
  • メーカー:ディセンシア

人気スキンケアブランドのディセンシア「ジェントルクレンジング」は、保湿効果の高いアイテムです。角質層保護成分をプラスしており、潤いを落としすぎずに済みます。肌を保湿することで状態を整えるので、毛穴引き締めに繋がるでしょう。

オイル状のテクスチャにしてつけるため、サラリとしたテクスチャがなじみやすく、毛穴を広げることなくメイクを落とせます。

公式サイトを見てみる

30代からのエイジングケア

エイジングケア成分がプラスされたクレンジングクリームとして、プチプラ市販品のポンズの商品も取り上げていきます。 

ポンズ エイジビューティー クリームクレンジング

\リフトアップ効果も期待できる/

Source: 公式サイト

エイジビューティー クリームクレンジング

  • 編集部評価:★★★☆☆総合86
  • 価格:812円(Amazon)
  • 内容量:270g
  • メーカー:ユニリーバ

美容クリームがベースになったクレンジングです。これひとつでクレンジングからリフトアップ、保湿などのスキンケアまでをカバーしてくれる優秀な商品です。

有効成分には、小じわ解消・弾力とハリを取り戻すための成分を使用しており、加齢によるたるみやしわが気になる人のクレンジングアイテムとしておすすめします。

詳細を見てみる

クレンジングクリームが乳化が決め手!使い方まとめ

クレンジングは種類によって使い方が異なります。ではクレンジングクリームの場合はどうなるのでしょうか?

洗い流しタイプの場合

はじめに、マスカラやアイシャドウなどのポイントメイクは先に専用リムーバーで落としておきましょう。

  1. キレイに洗った手にクレンジングクリームをとる(量はだいたい500円玉くらい)
  2. Tゾーン・Uゾーンをマッサージするように、メイクとクリームを馴染ませる
  3. 目元や口元も同様に優しく馴染ませる
  4. クリーム状だったクレンジングが「ふっ」と軽くなりオイル状になったらメイクとクレンジングが馴染んだ合図
  5. オイル状になってからしばらくマッサージして、ぬるま湯でしっかりと洗い流す

拭き取りタイプの場合

手順としては、1から5までは洗い流しタイプと同じです。 

  1. ティッシュをお肌に当ててクレンジングをとる
  2. 蒸しタオルを顔に乗せてクレンジングを拭いていく
  3. クレンジングが残らないように丁寧に、キレイな面を使って何度か拭き取る

クレンジングクリームの使い方のポイント

クレンジングを肌に乗せる前に手のひらで少し温めると乳化を早めてくれます。乾いた手て必ず使うようにし、優しくマッサージしていきます。

ただクレンジングクリームはマッサージ専用のものとは違うので、必要以上に長くマッサージをするのはおすすめできません。とはいえ、乳化する前に洗い流してしまったら汚れはきちんと落ちません。目安は1分から1分半程度です。

優しく力を入れずにくるくると馴染ませて、オイル状になってしばらくしたらすぐに流すようにしましょう。その後に、洗顔石鹸や洗顔料で洗っていきます。(ダブル洗顔不要のクレンジングの場合は省略します)

佐伯チズ式クレンジング方法

美容意識が高い人は聞いたことがあるであろう「佐伯チズ式」のスキンケア方法。クレンジングの場合もポイントがあるので、まとめていきます。

  1. ポイントメイク用のクレンジングを麺棒やコットンにつけ、目の周りと口周りを丁寧に落とす
  2. クレンジング剤を手でくるくるとマッサージするように顔全体に伸ばしていく
  3. コットンを濡らして拭き取る
  4. 最後に水で20回ほど洗う

肌に過剰な負担をかけないように優しく、しかし丁寧に時間をかけるようにし、まぶたの裏まで洗うくらいの気持ちで取り組むのがポイントだそうです。

クレンジングクリームとは?種類別で比較

そもそも、クレンジングクリームと他のクレンジングの違いはどのような部分にあるのか、比較をしてみましょう。

クレンジングクリーム

ポイントメイクを落とすほどの洗浄力はありませんが、クリームとメイクや皮脂、汚れがなじむことでキレイに洗い流すことができます。油分や界面活性剤の量が少ないのでお肌に優しいクレンジングとして人気です。

  • お肌が乾燥しがち
  • エイジングケアをしたい
  • メイクが軽めの日

汚れが浮いてクレンジングが乳化するまでに時間がかかるので、ささっとクレンジングしたい人には不向きと言えるでしょう。

クレンジングオイル

洗浄力が最も強いのがオイルタイプのクレンジングです。ポイントメイクもしっかり落とせるのでとても便利なアイテム。しかしその分、肌への負担も大きいのでどの肌質の人も毎日使うのはおすすめできません

  • しっかりめのメイクをした日
  • 週に何度か毛穴のケアも兼ねて
  • 手早くメイクオフしたい日

などの場面で使用するのがおすすめです。

クレンジングリキッド

オイルを使わないクレンジングリキッドはさっぱりとした使用感が特徴なので、ニキビができやすい肌や脂性肌におすすめです。ただし、クレンジングリキッドはアルコールを多めに配合しているものが多く、乾燥肌や敏感肌の人には不向き

  • ニキビ肌
  • クレンジングのベタつきが嫌な人
  • まつ毛エクステをつけている人

完全にオイルフリーのクレンジングリキッドなら、エクステをつけていても使うことができます。

クレンジングミルク

トロッとしたテクスチャーで肌に乗せても刺激がなく、優しい洗い心地なのがクレンジングミルクです。成分的にもお肌に優しいものが多く、安心して使うことができます。

反面、メイクや汚れを落とす力は小さいので、クレンジングに時間をかけすぎてしまったり、力を入れてしまうということも。

  • 軽めのメイクの日
  • 肌が敏感になっている時
  • 肌が乾燥している時

クレンジングが肌に負担になるな、と感じる時にはあクリームタイプがぴったりです。

クレンジングジェル

クレンジングジェルは製品によって成分や特徴にバラつがあり、さっぱりタイプのノンオイルタイプや洗浄力を高めたオイル配合のジェルなどもあります。

クレンジングオイルやリキッドほどの洗浄力はいらないけれど、クリームより手軽に落としたい時などに活躍しそうです。

  • 敏感肌の人がしっかりメイクを落とす時(オイル配合ジェル)
  • 脂性肌の人がナチュラルメイクを落としたい時(水性ジェル)

選ぶ時には成分を確認して、自分の肌に合うかを判断することが大切です。

クレンジングクリームが敏感肌・乾燥肌におすすめの理由

しっとりとした洗い上がりのクレンジングクリームは乾燥肌はもちろん、敏感肌にもおすすめなのです。

肌への摩擦を少なくメイクを落とせる

クレンジングクリームの程よい硬さと弾力のあるテクスチャーが肌への優しさにつながっています。クレンジングを肌に乗せてくるくるとなじませている間も、肌に直接指や手が触れないので肌への刺激が軽減されます。

クリームより柔らかいミルクや水のようなリキッドタイプの場合、そうはいきません。どうしても直接、肌に指や手が触れてしまうので、摩擦によってお肌への負担が増えてしまいます。

保湿成分を配合しやすい

オイルクレンジングほどではありませんが、クレンジングクリームにも油分は配合されています。しかし、この油分に溶かすようにして保湿成分がたっぷり配合されているので、敏感肌の人でも使いやすいと考えられます。

界面活性剤による刺激が少ない

クレンジングにとって、油分と水分をつなぐ界面活性剤はなくてはならない存在です。とはいえ、たくさん入っているとその分、肌の負担となってしまうので注意が必要です。

  • クリーム⇒油分も界面活性剤も多すぎない
  • オイル⇒油分も界面活性剤も多い
  • リキッド⇒油分がない代わりに界面活性剤が多い
  • ミルク⇒油分が少ない代わりに界面活性剤が多い
  • 透明のジェル⇒油分が少なく界面活性剤が多い

このように、クレンジングクリームは肌の刺激となる界面活性剤が最も少なく、敏感肌の人でも使いやすいクレンジングと言えるでしょう。

クレンジングクリームの疑問解消Q&A

肌に良いと言われても、使ったことがないとわからないことも多いクレンジングクリーム。使い始める前に疑問をクリアにしておきましょう。

クレンジングクリームの後に洗顔は必要?

製品やお肌の状態によって変わります。基本的には、製品の説明でW洗顔不要となっているものはクレンジングクリームのみで大丈夫です。

クレンジングクリームの場合、洗い上がってからも油膜感が残る場合もあるので、W洗顔したくなるかもしれません。特に「不要」と記されていなければ洗顔料や石鹸を使ったW洗顔をしてOKです。

ただし、お肌が乾燥していてヒリヒリするような場合には、お肌に負担がかかってしまうので避けるのが無難です。

クレンジングクリームが適したメイクの濃さは?

「パウダーファンデーション」や「BBクリーム・パウダー」などの軽めのメイクを落とすのに向いています。

クレンジングクリームはポイントメイクなどの濃いメイクを落とすことには適していません

濃いめのメイクをクレンジングクリームで落とそうとすると、時間が長くかかったり力を強く入れてしまうこともあるからです。そうなるとお肌に優しいというクレンジングクリームの特徴が台無しになってしまいます。

そのため、クレンジングクリームは優しく洗ってキレイに落とせるようなメイクの時に使うのが正解です。

なかなか乳化しないんだけどクリームによって早い・遅いの違いはある?

濡れた手や冷たい手で扱うと、乳化しにくい場合があります。

クレンジングクリームの乳化は、「水分>油分」のバランスのクリームの水分だけが蒸発し、メイクとなじむことによって水分<油分」に逆転して起こります。そのため、下記のような時には乳化しづらいと考えられます。

  • 濡れた手やお肌にクリームを乗せる
  • クリームをたくさん使う
  • 手やお肌が冷たい

通販のクレンジングクリームを買うにはどこがお得?

公式サイトから購入するのがおすすめです。

公式サイトからだと1点から送料無料だったり、定期コースで安く買えたりさまざまなメリットがあります。

また、公式サイトから購入をしていれば、製品のリニューアルや新商品の発売などの案内が来ることもあるので、クレンジングクリームと一緒にチェックしておきたいところです。

20代~40代で同じものを使用しても平気?

年齢によって肌の状態が異なるため、それぞれに合ったアイテムがおすすめです。

皮脂が多めな20代は洗浄力の高いクレンジング40代は保湿力が高くアンチエイジング成分が入ったクレンジング、といった具合に選びましょう。自身の肌質を丁寧にチェックして、その時々に最適なクレンジングを選ぶのが理想です。

クレンジングクリームで肌に優しいスキンケア習慣

軽めのナチュラルメイクや、BBクリーム・日焼け止めなどを落とす時には、肌への負担が少ないクレンジングクリームがおすすめ。また、クレンジングクリームは保湿力も高いので、エイジングケアをしたい人にぴったりです。

パパッとメイクが落とせるアイテムではありませんが、お肌への優しさはNo.1!ゆっくりお肌になじませてクレンジングをしていると、1日の疲れも一緒に洗い流されていくようです。

「お肌の乾燥が気になる」「最近お肌に疲れを感じる」そんな時には、クレンジングをクリームに替えてみてくださいね。

ポーラ公式サイトはこちら