最近急にニキビが悪化…その原因は日常生活に潜んでいた!治し方は?

| スキンケア
Share:

最近目立つニキビ悪化、どうして?

思春期ではそれほどニキビに悩まされることもなく、肌がキレイと褒められることも多かった私ですが、ある時期を境にそれは過去の栄光になってしまいました。最初はフェイスラインにポツポツとニキビができ始め、当時なにも知識がなかったわたしは、ごしごしと洗顔をしまくる荒行を繰り返していました。当然のことながらニキビは見事に悪化の一途をたどり、気づいた時には頬やおでこにも大きなニキビを作ってしまうことになるのです。当時は「きっとこのコスメがダメなんだ…」と、ただやみくもに「肌に良い」と書いてあるものは、財布に糸目をつけずに色々試しました。

  • 試したスキンケア商品の数⇒18種類
  • ニキビに悩まされた年数⇒5年
  • コレだ!と思ったコスメ⇒7品

そんなわたしも今では元のとまではいかないものの、ニキビには悩まされることがなくなりました。ニキビを悪化させていた原因はスキンケアだけではなく、日常生活の中にも潜んでいたのです。綺麗な肌を取り戻すまでの経験から、お役に立てそうなことをいくつか紹介していきたいと思います。


すべての年代のニキビ予防「プロアクティブ+」


悪化したニキビの種類とは

さてニキビというやっかいな敵をやっつけるには、まずは「敵をよく知る」ことが勝利への第一歩。ということで症状別にニキビができる過程やメカニズムについて、少しの間お勉強タイムです。一般的に毛穴に皮脂が溜まった状態を白ニキビ、さらに溜まった皮脂が酸化して毛穴の奥が黒くなる状態を黒ニキビと言います。この状態なら少し気を付けるだけで、自然治癒も期待できます。

しかしそれが悪化して「しこりニキビ」や「赤ニキビ」、「黄ニキビ」に発展すると治りにくい上に、完治しても肌の表面が凸凹してしまう「ニキビ跡」を残してしまうリスクも高いのです。鏡を見て症状をよく観察しながら、まずは今、皮膚の中でどんな状態になっているのかを、しっかり理解していきましょう。

しこりニキビ

しこりニキビとは、肌の表面というより皮膚の奥深くで老廃物が溜まってしまう状態です。皮膚の色は他のところと変わらないのに、触ってみるとしこりがあったり、押してみると痛かったりします。本来、毛穴は体から出る老廃物を、体の外に出す出口の役割をしています。しかし毛穴が汚れで詰まってしまうと、老廃物が外に出られず、皮膚の中にどんどん溜まっていきます。

しこりの中には皮脂や、皮脂が大好物なアクネ菌、さらにアクネ菌と戦った白血球の死骸などが詰まっています。下手にいじって悪化させない限りは、他の悪化したニキビに比べてニキビ跡になる可能性は低い方です。

腫れた赤ニキビ

赤ニキビは、白ニキビが炎症を起こしている状態で、痛みやかゆみを伴います。皮脂はアクネ菌の大好物なので、白ニキビで毛穴に皮脂が溜まっている状態はアクネ菌にとって、まさに食べ放題の夢のような楽園状態です。餌をたくさん食べたアクネ菌は、毛穴の中でどんどん増殖していきます。それに対して体は、アクネ菌の増殖と体への侵入を防ぐため、白血球を始めとする防衛軍を派遣し、総攻撃をしかけます。炎症を起こした赤ニキビは、アクネ菌と白血球のニキビ戦争最前線というわけです。赤ニキビの炎症が強い時は、周りの皮膚もダメージを受けている状態なので、つぶしてしまうと皮膚の修復ができず、ニキビ跡になってしまうリスクが非常に高いです。

膿んだ黄ニキビ

黄ニキビは、赤ニキビがさらに悪化して、ニキビ戦争で死んでしまった白血球の死骸が、膿となって毛穴に溜まった状態です。ニキビの中でも、炎症が重症化した場合にできるニキビで、ぱっと見た感じでは白ニキビと似ていることもありますが、白ニキビとは全くの別物になるので、注意してください。

黄ニキビにもなると、毛穴の中にはアクネ菌だけではなく、黄色ブドウ球菌というさらに凶悪な細菌が増殖しています。炎症を抑えないまま放置してしまったり、膿を無理やり押し出してしまったりすると、かなりの高確率でニキビ跡になって残ってしまいます。

ニキビが悪化する原因

ニキビは、毛穴に詰まった汚れが原因で起こり、そこから様々な原因で悪化します。中でも皮脂の分泌量が増えすぎると、肌環境が悪くなりニキビが悪化しやすい環境を作ってしまいます。また食べ物の偏りや間違ったスキンケア、雑菌や紫外線など外からのダメージが原因となることもあります。この章では、ニキビを悪化させてしまう原因を一つ一つ確認していきましょう。

食べ物

毛穴は、体の老廃物を排出する役割をしています。そのため食べ物次第では、毛穴から分泌される皮脂の量が増えたり、不純物が多くなって詰まりやすくなったりします。すでにニキビができている状態であれば、状態をさらに悪化させてしまう原因にもなります。肌環境を劣化させてしまう以下のような食べ物は、できるだけ避けましょう。

ニキビを悪化させてしまう食べ物

  • チョコレートやケーキなどのスイーツ
  • スナック菓子やファーストフードなどの不飽和脂肪酸が多く含まれるお菓子
  • カフェインを含む飲み物
  • アルコール類

とはいっても好きな物を我慢すること自体が、ストレスになってしまうこともあります。一切禁止にするのではなく、食べたくなった時は食べ過ぎてしまわないように、少しだけ気を付けるようにしてみてください。また夜寝る前に食事をしたり、間食をしたりすると消化器系の内臓に、負担をかけてしまいます。美肌を育てるなら食べる内容だけではなく、食べる時間にも気を付けたいですね。

オロナインなどの薬の間違った使い方

ニキビの治療で薬を使う時は、説明書に書いてある用法・用量をちゃんと守って使わないと、状態を悪化させてしまう原因になることがあります。古くから愛用されているオロナイン軟膏も、正しく使用すればニキビに有効な場合もありますが、絆創膏やガーゼに塗って患部にべったり貼り付けてしまうと、中で蒸れてニキビが悪化してしまう可能性があります。インターネットの普及により、いろんな情報が溢れていて、本来の使用方法とは違う使い方がレクチャーされているブログなどもありますが、中には逆効果になってしまうものもあるので、十分注意してくださいね。

適当に潰す

ニキビの状態によっては、中の膿を出してあげることで、治りが早くなる場合もありますが、炎症がひどい時に適当につぶしてしまうと、他の雑菌が入り込んで悪化したり、周りの細胞がダメージを受けて、肌が凸凹になってしまう場合もあります。デートやイベントの直前でニキビができてしまうと、気になってついつい潰してしまいたくなる気持ちはとても分かりますが、そこはぐっと我慢しましょう。

洗顔のしすぎ

皮脂や雑菌はニキビを悪化させる原因でもあるので、肌を清潔に保つのは大切なことですが、洗顔をしすぎてしまうと、肌環境がますます悪くなってしまう場合があります。とにかく皮脂を洗い流そうと、洗顔の回数を増やしたり、強い洗浄成分が含まれているコスメを使ったりすると、肌はとても乾燥してしまいます。そうすると体は皮脂が足りてないと感知して、皮脂の分泌量をどんどん増やします。良かれと思ってする行動も、度が過ぎてしまえば肌の負担になり、体はそれに順応するため、さらに皮脂を分泌して、負のスパイラルが出来上がってしまうのです。

メイク

メイクそのものは肌を外部刺激から守ってくれる役割もするので、一般的に言われている「ニキビができたらメイクは一切しない方が良い」というのは間違いです。ただコスメに使われている成分には、十分に注意しましょう。ニキビができてしまうと、それを隠すためにコンシーラーやカバー力の強いファンデーションを使いたくなるものです。しかし、なるべく肌に優しいものを選び、厚塗りをするのではなくカラーコントロールなどで、色味を活用してカバーするようにしてみてください。またメイクをして外出したら、夜はきちんとクレンジングをして、埃や空気に混じっているチリなどが肌に残らないようにしましょう。

雑菌

皮脂の分泌過剰や乾燥で肌環境が乱れると、悪さをしでかす雑菌が大繁殖します。ニキビの原因菌でもあるアクネ菌だけではなく、元から肌に住み着いている常在菌も増えて、ニキビの炎症を強くさせます。中でも黄色ブドウ球菌は、白ニキビを赤ニキビや黄ニキビにしてしまうやっかいな病原菌です。「毎日洗顔しているから大丈夫」と思っていても、洗顔後に拭くタオルが雑菌の温床になっていることもあるんですよ。タオルは使ったら毎回洗濯して、よく乾燥させてから使うようにしましょう。また肌が乾燥している状態では、角質がめくれてしまい、そこが雑菌の居場所になってしまうこともあるので、洗顔後の保湿を忘れないでくださいね。

体調不良

肌は体が弱っていると、正常な環境を保つことができなくなります。消化器系の内臓が弱ると、老廃物がうまく体外に排出できず、血液がドロドロになって血行不良になり、健康な肌を作るために必要な栄養が運ばれなくなります。またストレスや不規則な生活によって睡眠不足になると、肌が受けたダメージを修復する時間が減って、ダメージはどんどん蓄積されていきます。精神的に負担がかかれば、ホルモンバランスも崩れてしまいます。皮脂を分泌する司令塔の役割をしている男性ホルモンが優勢になれば、皮脂の分泌量が増えて、脂性肌が出来上がるというわけです。心身ともに健康を保つことが、美肌にとっては必要不可欠なのです。

環境の変化

学校を卒業して働き始めたり、転職で職場が変わったりすると生活リズムが変わって、ニキビが悪化してしまうことがあります。生活環境の変化は、精神的にもストレスを抱えてしまいがちです。また季節による空気感の変化も、肌にとって負担になることがあります。特に冬の乾燥は、お肌にとっては過酷な環境です。環境を変えないというのは不可能なので、環境によって負担がかかってしまう体や心を、日頃から充分にいたわってあげてください。また普段使っている基礎化粧だけでは、保湿が足りなくなることもあるので、状況に合わせて保湿力が高いものを使うなど、出来る限りの対策をしましょう。

紫外線

紫外線を浴びると、体の中では皮膚の細胞を傷つける「活性酸素」という物質が生み出されます。本来、肌には健康な肌へ生まれ変わる「ターンオーバー」と呼ばれる周期があるのですが、活性酸素はこのターンオーバーを妨害して、肌の修復機能を弱らせます。また紫外線は肌から分泌される皮脂を酸化させる働きをするため、皮脂が肌の表面にある状態で紫外線を浴びると、肌環境はますます悪化します。さらにニキビが治りかけているところに紫外線を浴びると、色素沈着を起こしてシミを作ります。紫外線はニキビを悪化させるだけではなく、ニキビ跡が残りやすい状態にしてしまうのです。夏はもちろんですが、夏以外の季節でも紫外線は降り注いでいます。一年を通して紫外線対策をしておきましょう。

悪化したニキビを治す方法

治し方【しこりニキビ編】

しこりニキビは、皮膚の奥深くで炎症を起こしている状態なので、表面からのケアが届きづらく、どうしても治るまでに時間がかかってしまいます。治療法としては根気よくケアをすることと、体の内側からターンオーバーを促して康な肌を作っていくのがベストな治療法です。大事なイベントやデート前に早く治したくて、針でつぶしてしまう人もいますが、そう簡単にはつぶせませんし、下手にいじると皮膚の表面が陥没してクレーターになってしまう危険性もあるので、絶対にやめましょう。どうしてもすぐ治したい場合は、皮膚科やクリニックで、専門的な治療を受けるのも一つの手です。病院であればきちんと消毒された器具を使いますし、状況がひどい場合は切開をして、中に溜まっている膿を出してもらうこともできます。

治し方【腫れた赤ニキビ編】

赤ニキビができてしまったら、まずは炎症を鎮める必要があります。患部をなるべく清潔に保ち、消毒効果のある塗り薬を使って炎症を抑えます。炎症が落ち着いてきたら、中に溜まっている膿を出してあげましょう。炎症がひどいうちに膿を出そうとすると、他の雑菌が入り込んで炎症をさらに悪化させてしまうので、必ず炎症を収まってからにしてくださいね。

<ニキビの膿を出す方法>

  1. 蒸しタオルで患部周辺を温めて、毛穴を開く
  2. 針やコメドプッシャー、ピンセットなどの器具をアルコールで消毒する
  3. 白い膿の中心に針で穴を開ける
  4. コメドプッシャーを膿の中心に押し当て3秒間キープ
  5. 一度離してもう一度コメドプッシャーを押し当てる
  6. 白い膿が出てきたらピンセットで取り除く
  7. コットンに消毒液をしみこませて患部を消毒する

膿を出すときに、強引にコメドプッシャーでえぐるように力を入れてしまうと、周りの皮膚がダメージを受けてしまうので、優しく押し出すようにしてください。また溜まっている膿を全部出し切ってしまうと、ニキビが悪化してしまう可能性もあるので、膿を出すのは半分くらいに留めておきましょう。

治し方【膿んだ黄ニキビ編】

黄ニキビになるまで悪化してしまっている状態は、アクネ菌だけではなく他の雑菌も悪さをしているため、セルフケアだけでは治療が難しいです。病院で内服薬の抗生物質を処方してもらって、炎症をなるべく早く抑える必要があります。清潔に保ってできるだけ触らないようにしていれば、自然治癒もできなくはないのですが、その場合もニキビ跡が出来てしまうことは覚悟しておいた方が良いかもしれません。また周りのニキビにも雑菌が増殖して、黄ニキビが増えてしまう可能性もありますので、なるべく早めに病院に受診することをおすすめします。

中学生ニキビと大人ニキビで治し方は違う?

中学生ニキビは、思春期特有の皮脂の分泌量が増えることが原因で起こるので、肌の油分と水分のバランスをうまく保つようにすることが一番の解決策となります。中学生ニキビの場合は、無理につぶしたりいじったりしない限り、悪化しにくいですし治りも早いです。
一方、大人ニキビは生活習慣の乱れや食生活など、体の中の異変がニキビとして現れるため、日常生活を見直す必要があります。根本的な問題が肌表面だけではないので、治りにくいですし、症状が重症化しやすい傾向にあります。

ニキビを悪化させない5つの方法

1.悪化させないメイクをする

ベースメイクはクレンジング不要のもの

ニキビがあるからといって、すっぴんで仕事に行くわけにもいきませんし、デートでもできれば隠したいものですよね。メイクは外部からの刺激や紫外線から肌を保護してくれる役割もありますし、少しでもニキビを隠せると気持ちも軽くなるので良い面もあります。しかしカバー力が高いファンデーションやコンシーラーは、肌にしっかり定着させるために油分がたくさん入っているものも多いので、注意が必要です。

化粧品はなるべく付け心地が軽いものを選び、光の乱反射やカラーコントロールをうまく利用して、カバーしてくれるタイプのものを選びましょう。強いクレンジング剤を使わないと落ちないようなコスメは、ニキビができているときは避けた方が良いかもしれません。

肌負担の少ないファンデーション2選

薬用クリアエステヴェール

\光のヴェールで自然にカバー/

Source: マキアレーベル公式サイト


薬用クリアエステヴェール

  • 編集部評価:★★★★★ 総合展98点
  • 価格:4,216円(税込)
  • 内容量:25ml
  • 特典:定期購入で20%OFF
  • メーカー:マキアレイベル

あくまでもファンデーションは肌にとっては異物。その前提の上でいかに負担を最小限に抑えることができるか、というコンセプトで度々進化してきた薬用クリアエステヴェール。現在は68種類もの美容成分で肌への負担を抑えつつ、美肌の大敵「乾燥」を防いでくれるファンデーションです。付け心地はかなり軽く、メイクをしても肌が呼吸している感じ。気になるニキビも光の乱反射を利用して、しっかりカバーしてくれます。SPF35 PA+++の紫外線カット効果付きで、ニキビで弱った肌を守ってくれます。

口コミを見てみると、薄付きなのに高いカバー力としっとり潤う付け心地に、一度使ったら他社のファンデーションは使えないと言わせてしまうほどの安定した人気を得ています。定期購入やステージ割引をうまく活用すれば、定価より安く購入できるのも嬉しいですね。

公式サイトを見てみる

リペアリキッドファンデーション

\100%天然由来のファンデーション/

Source: 公式サイト

リペアリキッドファンデーション

  • 編集部評価:★★★★★総合展95点
  • 価格:初回特別セット1,980円(税抜)
  • セット内容:リペアリキッドファンデーション2色×各5g・リペアパウダーファンデーション2色×各1g・・リペアフェイスパウダー1g・専用パフ付
  • 特典:初回特別価格・送料無料
  • メーカー:リソウコーポレーション

原料にこだわって作られた、肌に優しいファンデーションです。石油由来の原料が使われていないので、肌への負担も少なく、むしろメイク中に美容パックをしているようにお肌をいたわります。ニキビ肌に目立ちがちな毛穴も、透明感のある自然なツヤでカバーしてくれる優れもの。大人ニキビに悩む人には試してもらいたい一品です。紫外線ブロック効果はSPF28 PA++と若干低めなので、紫外線が多い時期は日焼け止めの併用が必要かもしれません。

実際使用している人の声を見てみると、カバー力が高いのに厚塗り感がなく、時間が経っても粉っぽさが出ないと評判でした。また肌に負担が少ないため、肌トラブル中でも不安なく使えるという声や、ノンケミカルの安心感はずば抜けてイイ!という声もありましたよ。

公式サイトを見てみる

2.基本のスキンケアをしっかり行う

メイクはあくまでもニキビを「隠す」ためのものなので、根本的に治すためには日頃のスキンケアが一番大切です。毎日のスキンケアのやり方に一手間加えるだけで、効果を実感しやすくなるかもしれませんよ。新しいニキビを作らない・悪化させないために、基本になるスキンケアを見直してみましょう。

肌を乾燥させず、しっかり保湿する

ニキビができたら油分を徹底的にカットしようと、化粧水や乳液を使うのをためらってしまう人もいますが、肌が乾燥して逆効果になってしまいます。肌は乾燥すると角質がはがれやすくなり、はがれた角質が毛穴に落ち込むことで、ニキビの元になるコメドを作ってしまいます。またターンオーバーが正常に機能しなくなるため、新しい健康な肌が作れません。洗顔で汚れを洗い流してリセットする、肌に水分をたっぷり与える、水分の蒸発を防ぐための油分でフタをする、この3ステップがとっても大切なんです。

洗顔はきめ細かい泡を作って、指の力ではなく泡の弾力を使って汚れを洗い流します。石鹸や洗顔フォームが肌に残らないように、洗顔後はしっかりすすぎましょう。洗顔後タオルで水をふき取る時も、「こすらない」が大原則。優しくタオルを当てて、自然にタオルが水滴を吸収するようにします。その後はすぐに化粧水でたっぷり水分を与え、水分の蒸発を防ぐ乳液でフタをします。少し肌が疲れ気味な時は、その後で蒸しタオルを当てるのも効果的。とっても気持ちいいのでリラックス効果も期待できますよ。乳液のべたつきも軽減されるので、ぜひ試してみてくださいね。

おすすめ基礎化粧品2選

NOV ACアクティブ(ノブAC)

\集中的にニキビケアしたい方に!/

Source: 公式サイト

NOV ACアクティブ(ノブACシリーズ)

  • 編集部評価:★★★★★総合点97点
  • 価格:トライアルセット初回購入1,500円(税抜)
  • 内容量:メイク落とし20ml・洗顔料15ml・化粧水(モイスト)20ml・乳液6ml・化粧水(ノーマル)2ml×2
  • 特典:初回特別価格・送料無料
  • メーカー:常盤薬品

ニキビの原因である、毛穴のつまりを予防することに重点をおいて、開発された基礎化粧品のノブACシリーズ。繰り返しできる頑固な大人ニキビも、まずは白ニキビを作らせないことが治療に繋がるという観点から、健康的な肌の土台を作るために必要な処方がされています。ニキビ有効成分のサリチル酸もばっちり配合されていますよ。マイルドピーリング作用で毛穴すっきり度は、満点の★5評価です。化粧水が入りやすくなるので保湿効果も高めですが、人によっては潤い不足を感じてしまうこともあるようなので保湿効果は★4評価となりました。

臨床皮膚医学に基づいて作られた、低刺激性のスキンケアブランドなので、敏感な大人ニキビ肌でも安心して使えるのが嬉しいですね。「ノンコメドジェニックテスト」もクリアして、毛穴がつまりにくいことも実証済みです。

  • 皮膚科の先生に勧められた
    ニキビがひどくて皮膚科に行った時に、先生からこのシリーズを勧められて使い始めました。 ピーリング作用があるので、ピリピリするのではと不安でしたが、思っていたよりも穏やかな使用感でした。ニキビも炎症が少しずつ軽くなり、新しくニキビができにくくなっているようなので今後が楽しみです。

    編集部独自調べ


  • 肌のごわつきがなくなった!
    常に小さいニキビができてしまう私の肌は、触るとなんだかザラザラゴワゴワしていました。使い始めて最初に感じたのは、肌が柔らかくなって化粧水が浸透するようになったこと。そして小さいニキビもほとんどできなくなりました。ピーリング作用がある化粧水って怖かったけど、使ってよかったと満足しています。

    編集部徳治調べ


マイルドピーリング作用があるので、口コミの中には少しピリピリするという意見もありました。基礎化粧品は肌に直接付けるものなので、合う合わないがハッキリ分かれます。どの化粧品もそうですが、トライアルセットが用意されている場合は、最初はそちらからチャレンジしてみましょう。

公式サイトを見てみる

プロアクティブ+

\ニキビケアの定番といえばコレ!/

Source: プロアクティブ公式サイト

プロアクティブ+

  • 編集部評価:★★★★★総合点96点
  • 価格:初回購入4,900円(税込)
  • 内容量:薬用洗顔料60g・薬用美容液60g・薬用クリーム30g・電動洗顔ブラシ・ボディブラシ付
  • 保証・特典:60日間返金保証付き・電動洗顔ブラシとボディブラシプレゼント
  • メーカー:ザ・プロアクティブカンパニー株式会社

 日本売上No.1のプロアクティブがさらに進化して、パワーアップしました。ニキビに悩む全ての人に向けて、一から処方を見直し、乾燥肌・オイリー肌、思春期ニキビ・大人ニキビ問わずに、使えるようになっています。毛穴の汚れを落とすことに関しては、他社に負けない実力を誇っており、毛穴すっきり度は余裕の★5評価。サラサラの使い心地なのにちゃんと潤う仕様で、保湿効果も★4と高めの評価ができます。

プロアクティブ+は、洗顔・美容液・クリームの3ステップ全てに、有効成分のサリチル酸が配合されており、徹底したニキビケアができます。また配合されている有効成分が、毛穴の奥まで届くように「スマートターゲットテクノロジー」が採用され、より早く、より効果的にニキビに働きかける処方になっています。

  • 洗い上がりのツッパリ感や乾燥がない!
    ニキビ用洗顔料にありがちな洗い上がりのツッパリ感がなく、角質がめくれることもありませんでした。美容液の浸透力にもびっくり!ベタベタせずあっという間にしっとりサラサラになりました。使用感が良かったので使い続けていますが、毛穴が目立たなくなって、以前は気になっていた皮脂テカリもなくなっています!ニキビケアはここまで進化したのかと納得の仕上がりでした。

    編集部独自調べ


  • 毛穴がスッキリ!
    最初はあまり期待をしていませんでした。洗顔も泡立たなくて不安を感じましたが、使ってみて毛穴がスッキリしたのが、やみつきになりました。ニキビで赤味がかっていた肌の色も落ち着き、ニキビ跡も少し薄くなったような気がして嬉しかったです。ただちょっと高いのでもう少し安かったらいいなぁと思います。

    編集部独自調べ


以前は思春期ニキビ用というイメージが強かったプロアクティブですが、新しくなって大人ニキビにも使えるようになり、大人ニキビに悩んでいる人の口コミも増えているように感じました。大人肌は思春期と違って乾燥しがちですが、保湿効果も満足している人が多かったです。プロアクティブは使い切っても返金保証があるので、一度は試してみる価値ありです。

公式サイトを見てみる

3.食事バランスに気を配る

食べ物から得られる栄養素には、肌を強くするために必要なものがたくさんあります。特にビタミンB群は、皮脂の分泌を整え、肌を健康に保ってくれるので、ニキビに悩む人なら積極的に摂取したい栄養素です。ビタミンBが多く含まれる食品は、レバーや豚肉、マグロやサバ、あさりなどの魚介類、納豆や卵などです。特に納豆は美肌効果を持つ葉酸も含まれているので、毎日の食事に取り入れたいですね。

また体の冷えが、ニキビに悪影響を与える場合もあります。体が温まって血行が良くなると、体に溜まった老廃物を排出する助けにもなりますし、健康な肌を作るために必要な栄養素もちゃんと届けられます。体を温める食品の代表格は生姜ですね。薬味に付け加えたり、料理の下味に入れたり工夫して、冷え知らずの体づくりをすることもニキビ対策に繋がりますよ。

バランスよく食事から必要な栄養素を取り入れるのが一番ですが、必要な栄養素を食べ物だけで補うのは難しいかもしれません。そんな時はサプリに助けてもらうと、効率良く必要な栄養素を摂取できます。

ニキビ悩みに効果バツグン!きらりのおめぐ実

\体の内側からキレイに!ニキビ対策サプリ/

Source: 公式サイト

きらりのおめぐ実

  • 編集部評価:★★★★★総合点93点
  • 初回購入:1,980円(送料無料)
  • 内容量:360粒入
  • 保証・特典:初回特別価格・送料無料
  • メーカー:ファンファレ

きらりのおめぐ実は肌を強くするビタミンが豊富に含まれているだけではなく、ビフィズス菌やオリゴ糖、食物繊維で腸内環境を整え、老廃物を体外に排出するのを助けてくれます。体の内側からキレイにしつつ、さらに美肌の土台を作るリコピン・ポリフェノールといった栄養素を補ってくれます。口コミを見てみると、最初は半信半疑で使い始めた人も、「最近肌がキレイ!」と周りから褒められることが増えて、効果を実感している人もたくさんいるようですよ。

公式サイトを見てみる

4.ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスは、ちょっとしたストレスや不規則な生活で簡単に乱れてしまいます。ホルモンバランスが乱れると、皮脂が分泌過剰になってニキビを悪化させてしまいますから、最近テカり気味かな?と思ったら、生活規則を整えてみましょう。

一番簡単で効果的な方法は、睡眠をしっかり取ることです。休みの前の日はついつい夜更かしして、翌日午前中寝て過ごしてしまったなんてこともありますが、体にとってはそれが負担になり、ホルモンバランスが乱れます。健康的な美肌を育てるには、とにかく睡眠時間を削らないこと。寝る時間と起きる時間をなるべく規則的にして、生活のリズムを整えてあげましょう。

5.ニキビを触らない・隠さない

ニキビができたら、ついつい気になって触ってしまうことありますよね。でもその手は清潔ですか?手は普段からいろんな場面で使う部位なので、気づかないうちに雑菌がたくさんついています。特にスマホやパソコンには、トイレの便器並みに雑菌がついているとも言われています。ついさっきスマホを触った手で、ニキビをいじってしまったら…。考えるだけでも恐ろしいですよね。

それにニキビができている周辺の皮膚は、体の免疫機能とニキビ菌との激戦地でボロボロの状態。触れば触るほど弱っている皮膚をさらに傷めつけてしまうことになるんですよ。触ってしまいたい衝動はぐっと我慢しましょう。

また意外と盲点なのは、メイクの時に使うパフやハケです。使ったあとで汚れっぱなしに保管していると、雑菌がどんどん繁殖します。メイクの度に顔に雑菌を塗り付けることにならないためにも、定期的に洗ったり買い直したりして、常に清潔を心がけましょう。

ニキビ悪化したら生活を振り返って!

もしニキビが悪化してしまったら、悪化させる原因になる行動をしていないか一度チェックしてみましょう。肌環境を整えることはもちろん、体内環境も肌の調子に影響を与えます。食事睡眠ストレス解消、この3つが美肌を作るためには必要不可欠なポイントです。仕事で規則的な生活を送りたくても送れないことはありますし、嫌でもストレスは溜まっていくものです。だからこそ休みの日は、体と心をリセットする有意義な時間にしていきたいですね。


すべての年代のニキビ予防「プロアクティブ+」