在宅ワークでおすすめの副業5選!探し方と確定申告方法まで徹底解説!

| 仕事
Share:

口コミでも人気の在宅ワークでおすすめの副業が知りたい!

在宅ワークに興味があるけど、まだ一歩踏み出せていない……お店でアルバイトをするのは諸事情で難しいけれど、だからといって自分が在宅でできる仕事はあるのだろうか……

在宅ワークや副業をしたいと思うなら、その理由があるはずです。

「欲しいものがある」「毎月ギリギリなので、もう少し経済的・精神的余裕が欲しい」「会社の給料を上げてもらうのは難しそうだ」など、目指すものがあって副業に関心を持っているはずです。

調べてみると、在宅ワークはわたしたちが思っている以上に身近な存在だということがわかりました。

  • 調べてみた求人サイトの総数⇒45サイト
  • 使った総額⇒かかった費用はなし
  • 実際に使えそうなサイトの数⇒19サイト

この記事では、副業・在宅ワークの選び方からスタートして、おすすめの副業、おすすめの求人サイト・クラウドソーシングサイトをご紹介していきます。

加えて、安心して仕事を始めるために役立つ情報を凝縮しています。

読んだらすぐに始められるようになっていますので、さっそく順番に見ていきましょう!

副業・在宅ワークの選び方

まず、在宅ワークや副業を始める前に確認しておくべき点があります。

本業の規則に抵触しないもの

会社によっては、「一切の副業を認めない」となっている場合があります。その場合、どんな理由であれアルバイトや在宅ワークを含む副業は始めるべきではありません。

「一部認める」「届け出を提出することで認める」など、会社によって規定が異なります。

副業を考えているなら、具体的に話を進めていく前に本業の服務規程を読んで確認するようにしてください。

労力に対しての報酬が大きいもの

副業を始める。そう考えるだけでワクワクして、「あれを買おう、これをしよう」と夢が広がるかもしれません。

しかし現実に目を向けると、副業を始めることと実際にお金を稼げることには違いがあります。副業をすれば、どんな仕事でも効率よく稼げるというわけではありません。

もし報酬を期待して仕事を始めるなら、その仕事が労力に見合った報酬を得ることができるものかどうかしっかり確認してください。そうしないと、ただ毎日が忙しくなってしまうだけで、肝心の報酬が全然増えてくれない可能性があります。

スマホからでも作業OK!副業・在宅ワーク5選

とりあえず副業にチャレンジしたい……気軽に始めたい……

そんな時におすすめのものを5つご紹介します。

1:アンケートモニター

難しいことを考えず、とにかく手軽に始めるならアンケートモニターです。

単純に言えば、アンケートに答えることで謝礼をもらうバイトのようなものです。一般的に、アンケート案件を扱っているサイトに登録して、送られてくるアンケートや興味のあるアンケート項目に記入して送信することで、「1件○○円」のように謝礼をもらうことができます。

アンケートモニターが便利なのは、いつでもどこでもスキマ時間にスマホを使ってお小遣い稼ぎができるところです。

1つのアンケートの謝礼は微々たるものでも、塵も積もれば山となっていきます。コツコツとこなしていける人に向いていけます。

謝礼はポイントという形で贈られることが多いのですが、現金に換えたりギフトカードでもらったりできますので、お仕事としても十分成り立ちます。

2:アフェリエイト

アフィリエイトとは、自分のウェブサイトやブログで商品やサービスを紹介し、そのサイトを経由して購入、契約が成立した場合に手数料をもらえる仕組みのことです。広告業のウェブ版のようなものです。

専門的な知識がなくても、ブログやホームページを開設して運営していける人であればだれでもチャレンジできます。すべてを自分で管理しなくても、ブログサービスを提供している会社に登録することでお金をかけずにスタートできます。

アフィリエイトは上手にやればかなり稼ぐことができるのですが、労力に応じた報酬が保証されているわけではないので注意してください。それで、安定した副業を目指し、「やった分だけ確実に稼げる仕事がいい」という人にはおすすめできません。

3:ハンドメイド・写真販売

物を作るのが好き……創作意欲がある……

そんな人は「ハンドメイド」にチャレンジしてみるとよさそうです。アクセサリーや編み物、スマホケースや木彫りなど、なんでも需要があるものならお金になる時代です。

これまではハンドメイドのものを売るためには雑貨屋さんにお願いして置かせてもらうか自分でお店を開くかしなければ売れませんでしたが、いまではスマホ1つあれば売りに出せます。

ハンドメイドの売買を扱っているサイトに登録することもできれば、フリマアプリを使って自分で出品することもできます。

「腕に覚えがある」「いいアイデアがある」というときは試してみてもよさそうです。

写真の腕があるなら、写真を販売することで報酬を得る機会もあります。これも写真販売サイトに登録して審査を通過すれば、自分が撮った写真を売ったり、指定されている写真を撮って送ったりしてお金にできます。

4:商品モニター

アフィリエイトもハンドメイドも自分にはハードルが高そう……

そんなときには、やっぱりアンケートモニターのような手軽にできるものがおすすめです。

ここでもう1つ取り上げたいのが商品モニターです。感覚的にはアンケートモニターと同じで、ある会社の商品を試してみて、その感想をまとめて提出したり、自分のブログに書き込んだりする作業によって謝礼がもらえます。

実際に使った人の生の声を聞きたい企業側と、手軽に副業をしたい人のニーズがマッチしているシステムです。

注意点としては、商品モニターを扱っているサイトに登録しても、いつも豊富な案件があるとは限らないこと、そして化粧品などはとくに「商品を無料で提供する代わりに謝礼はなし」という案件が多いことです。

お小遣い稼ぎ感覚で始めるのがちょうど良いかもしれません。

5:データ入力・文章作成

スマホだけではなくPC操作も得意なら、データ入力文章作成にチャレンジするとよいです。

クラウドソーシングを扱うサイトに登録することで、だれでも簡単に始めることができます。在宅ワークや副業の中でも人気が高く、案件が豊富にあるのも魅力です。

「でも文章なんて書いたことがない……」

そんな人は、まず文字数の少ない簡単な案件からスタートして徐々に間隔をつかんでいくとよいです。やがてスキルが向上し、単価が上がったり、継続案件の依頼が入ったりするかもしれません。

データ入力や文章作成のお仕事の報酬にはかなりの幅がありますので、まず「労力に対する報酬は?」と問いかけて、納得したうえで始めるようにしてください。

【副業・在宅ワークの探し方1】求人サイトで探す

スマホ1つで簡単に始められる副業をご紹介しました。

「よし!やるぞ!」と思ったなら、さっそく応募してみましょう。

ところで、在宅ワークや副業はどこでどのように始めたらいいのでしょうか?

ここからの部分で、「求人サイト」「クラウドソーシングサイト」について取り上げます。自分に合っていると思えるほうを選んで始めてみましょう。

もらうお金は「給与」であることが多い

求人サイトを使って在宅ワークや副業を探すときは、ふつうにお店や工場でのアルバイトを探すのと同じ感覚で情報を探して応募できます。

もらうお金はアルバイトと同じで給与扱いであることが多いです。働き方も、時間給や固定給での契約が一般的です。

わたしたちが利用できる求人サイトはたくさんありますが、その中でも安定感のある3サイトをご紹介します。

バイトル

\在宅ワークの仕事探しならバイトル/

Source: 公式サイト

全国各地でバイト情報を探すときに活用できるサイトです。

地域ごとに情報を探すこともできれば、「単発」「在宅・内職」「派遣」など、希望の働き方に近い求人情報に絞って検索することも可能です。

在宅ワークの仕事探しで豊富な採用実績がありますので、「初めての仕事探しで不安……」という人におすすめしたいサイトです。

公式サイトを見てみる

タウンワーク

\タウンでのワークだけでなく在宅ワークも/

Source: 公式サイト

全国のバイト情報を網羅しており、家の近くの求人に絞り込んで検索したり、在宅ワークの仕事を探したり、自由自在に活用できるサイトです。無料の冊子でも有名になりました。

ウェブサイトには「在宅バイト」というカテゴリーがあります。そこから求人情報を探せるだけではなく、「在宅バイトがどんな仕事なのか」「実際に働いた人の体験談」などの情報も閲覧できます。

まずは読み物として活用しても楽しいサイトなので必見です。

公式サイトを見てみる

フロムエー

\在宅ワークの求人情報も満載のフロムエー/

Source: 公式サイト

古参の日本最大級のサイトです。信頼と安心で選ばれているフロムエーは、「在宅勤務アルバイト」というカテゴリーを設定しています。おすすめの在宅ワークや居住地から検索することができて便利です。

同じページから、在宅でのお仕事の種類やそのメリットについての情報も入手できますので、合わせて確認してみるとよいです。案件も豊富です。

公式サイトを見てみる

【副業・在宅ワークの探し方2】クラウドソーシングサイトで探す

求人サイトからの応募以外にも、クラウドソーシングサイトから在宅ワークや副業を探すことができます。

最近ますます増えているクラウドソーシングサイトですが、その中から3つピックアップしてみました。

もらうお金は「報酬」であることが多い

求人サイトから申し込んで働き始めると、お金を給与としてもらうことになるのですが、クラウドソーシングサイトを経由して仕事をすると報酬としてもらうことになります。

給与でも報酬でも、お金をもらえれば別にどちらでもよい。そんなふうに言いたくなりますよね。

ただし実際には違いがあって、報酬の場合は確定申告時に経費を差し引いて申告できるので、税金の面で有利なのです。

そんな理由も頭の片隅に起きながら、日本を代表する3サイトを見ていきましょう。

クラウドワークス

\働きたい人の数だけ頼みたい人がいる/

Source: 公式サイト

認知度も会員数も日本最大規模のクラウドワークス。こんなに副業があるの?とビックリするほどの案件がひしめいています。

わざわざ自信のないジャンルや高いスキルが要求されるものに手を出さなくても、タスク感覚でサクサクこなしていけるワークで自信を付けることができます。

案件によってはシステム利用料としていくらかの手数料が差し引かれて報酬になるのですが、依頼主と自分の間にクラウドワークスが介在することで安心して仕事が続けられます。

利用するためには、無料登録が必要です。

公式サイトを見てみる

ランサーズ

\初めての在宅ワークはランサーズで/

Source: 公式サイト

仕事の発注件数が多く、仕事を探している側にとっては案件数が多い、利用価値の高いサイトです。ウェブ上で完結する種類の仕事なら何でも見つかるといっても過言ではありません。

この機会にライティングやデータ入力にチャレンジすることもできますし、軽作業など内職を探すこともできます。

無料登録を済ませるだけですぐに始動できます。

公式サイトを見てみる

シュフティ

\在宅ワーカーとしての成長を目指せる/

Source: 公式サイト

主婦層を中心に、在宅ワーカーに人気のクラウドソーシングサイトです。宛名書きや礼状書き代行など、他のサイトに比べて事務作業の案件が多い印象です。

決済はシュフティが担当してくれるので、仕事をした分の報酬が保証されます。チャットでの相談や教育サポートなど、長く在宅ワーカーとして活躍したい人におすすめです。

公式サイトを見てみる

会社員が副業・在宅ワークをするメリットとデメリット

在宅ワーカーとして活動する人の多くが、会社員と副業という二足のわらじを履いています。

ここからは、会社員が在宅ワークや副業をするときのメリットやデメリットを見ていきます。

メリット

会社員が、仕事終わりや週末にお店でアルバイトをすると、だれかに見られて会社にバレてしまうことがあります。

副業OKの職場や会社に届け出をしている場合は問題ありませんが、そうではない場合は大変なことになってしまいます。その点、在宅ワークなら人に見られてバレるリスクがありません。

ほかにもメリットがあります。

会社員による在宅ワークのメリット

  • 会社バレしにくい
  • 移動に時間がかからない
  • いつでもできる
  • 知り合いに見つからない
  • 本業の忙しさに合わせて仕事量を調整できる

デメリット

 手軽に始められるのが在宅ワークのメリットですが、デメリットと思える要素もあります。

会社員による在宅ワークのデメリット

  • ネット環境がないと仕事ができない
  • ダラダラやってしまう
  • 貰えるお金が安い
  • やり過ぎてしまう
  • 締切のある仕事を受注するとストレスが増す

人によっては、在宅ワークにチャレンジしたものの「やっぱりお店でバイトするほうが向いている」と思えるかもしれません。

大切なのは自分に合ったスタイルで働くことなので、ピッタリのスタイルで上手に稼いでいけるよう工夫してください。 

本業は副業禁止!メルカリやネットオークションならセーフ?

勤務先が副業を認めていないとしても、お店でアルバイトをしたり在宅ワークをしたりする人もいますが、おすすめできません。

服務規程に違反することを知りながら副業をするなら、本業を失ってしまう可能性があります。

「でもなんとかして臨時収入が欲しい!」

そんなときにパッと思い浮かぶのがフリマアプリやネットオークションです。メルカリを上手に使って収益をあげている人が増えている中で、副業できない会社員でもチャレンジできるのでしょうか?

セーフでしょうか?アウトでしょうか?

不要な物の処分は副業にならない

メルカリやネットオークションは副業に該当するかどうか。一言で答えることはできません。

収入を得るために行なう本業以外の仕事を副業とみなすとして、「メルカリで儲けるぞ!」と思えば副業に該当しますし、「ただ不要なものを処分するだけです!」と言えば副業にはなりません。

自宅にある使わなくなったものを処分する方法の1つとして利用する程度なら、会社側が「副業に手を染めている」とみなすことは稀と考えていいでしょう。

手広くやると副業にあたる場合もある

同じメルカリでも、どんな使い方をするかによって副業になってしまうことがあります。ネットオークションでも同じです。

単なる不用品処分の枠を超えて手広く中古品を売買すると、収集を得ることが目的の副業とみなされる可能性があります。

ほかにも、ハンドメイドのものを大々的にメルカリで売るとなると、やはり副業扱いになる可能性が高いです。

セーフとアウトのラインを明確にできないわけですが、個人の判断で「副業になるかもしれない」と感じることは避けておくと無難です。

【豆知識】副業・在宅ワークの確定申告ってどうやるの?

副業として手軽に始められる在宅ワークですが、忘れてはいけないのが税金の支払いです。

これまで会社任せで済んできた分野かもしれませんが、在宅ワークでもらう報酬次第では、自分で申告して税金を支払うことになります。

もう少し詳しく見ていきましょう。

確定申告は本業の年末調整が終わってから行う

基本的に副業を始めたら確定申告をするものと思ってください。

確定申告の時期は、毎年2月16日から3月15日の間です。会社務めの場合は年末調整があって、源泉徴収書をもらうことになります。

源泉徴収書と、1年間の副業で得た分を合わせて個人の収入として申告することになります。

確定申告の流れ

  1. 会社で源泉徴収書が発行される
  2. 1年間の副業での収入をまとめる
  3. 確定申告書に記入する
  4. 指定されている期間内に管轄税務署に郵送、または直接届ける

最近では事前の登録を済ませれば電子形式での送付ができます。ただし専用の端末を購入する必要がありますので、初年度からe-Taxを申し込まなくてもよいです。

所得年間20万以下でも確定申告しよう

「副業の収入が20万円を超えなければ確定申告をしなくてもいい」と聞いたことがありませんか?

たしかにクラウドソーシングサイトを使用して報酬として支払われたお金の場合、20万円を超えなければ申告しなくてもよいことがほとんどです。

一方で求人サイトから応募して給与を受け取るときには、年間の副業での所得が20万円以下でも確定申告してください。なぜなら現行のルールでは会社からもらう給与と副業の給与を合算して申告しなければならないからです。

申告義務がなくても確定申告をすることで節税につながることがあります。

税金に関係することは複雑なので、在宅ワーカーの中にはクラウド会計サービスを利用して確定申告をする人が増えています。ほかにも、最寄りの税務署や市町村役場で相談することができます。

確定申告では「住民税を普通徴収」にチェックするといい

そもそも会社が副業を禁止しているなら副業すべきではないのですが、認めている場合も「できれば知られたくない」というのが本音かもしれません。

確定申告の仕方によっては、会社の経理を通じて副業の実態が知られてしまう可能性があります。それを避けるには、住民税を普通徴収にしておくとよいです。

住民税は確定申告の内容に基づいて算定されます。もし特別徴収にして会社を通して住民税を支払うと、「あれ?この人に支払っている給与に対する住民税の金額と異なるな」とバレてしまいます。

その点、普通徴収にしておけば、自分で住民税を支払う形になるので、住民税の金額によって会社へ副業のことがバレてしまう危険がありません。

ただし、特別徴収から普通徴収への切り替えをすべての自治体が受け付けているわけではありませんので、事前に自治体へ確認してみることをおすすめします。

【知っトク】会社にバレても大丈夫な副業ってある?

会社員が神経をすり減らすのは、副業の仕事内容やキツさというよりは、「会社にバレないかどうか」という点だと思います。

会社にバレても問題ない副業があればどんなに楽なのだろう……と思いませんか?

会社の服務規程違反で処分の可能性がある

会社が一切の副業を禁止しているなら、どんな種類の副業であれ、自分がどのように考えて説明したとしても、会社の服務規程違反で処分される可能性があります。

これは会社によって規定が異なりますし、場合によっては厳重注意で済むことも考えられます。

基本的に、バレてしまったときに大丈夫な副業はないと考えておいた方がよさそうです。

副業が絶対バレない方法はない

年間所得20万以下に抑えて、確定申告をせず、家にこもってインターネットを通じて副業をしていれば絶対にバレないかというと、そうは言い切れません。

バレるときはバレます。

たいていバレてしまうのは自分の不注意によります。ついついSNSで副業についてつぶやいてしまって誰かに見られるとか、同僚と飲んでいる席で「ポロッ」と話してしまい、それがまわりまわって会社に伝わることがあります。

バレてもOKなのは「投資信託」「不動産経営の一部」などだけ

バレても問題のない副業はないと思え!と言いましたが、じつはバレてもOKなものがあります。

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、本業以外での収入でも会社側が「副業」とはとらえないものがあります。

副業に該当しないもの

  • 投資信託
  • 不動産投資

サラリーマンを対象にして、投資信託や不動産経営で資産を増やす方法を紹介している書籍を目にしたことがありませんか?

じつはこれらは副業とはみなされず、公務員をはじめとして会社員でも始めることができる方法なのです。

ただし投資信託や不動産経営は手軽に始められる副業というわけではなく、ある程度の資金や借金が必要になります。

副業・在宅ワークをもっと知りたいQ&A

ある程度の情報は得られたはずですが、最後に在宅ワークや副業についてよくある質問を取り上げておきます。

副業在宅ワークは高校生でもできる?

詳細は求人サイトやクラウドソーシングサイトの規定を確認していただきたいのですが、高校生や大学生など未成年者も、基本的には保護者の同意書があれば始めることができます。

高収入が狙える副業在宅ワークは?

専門性の高いジャンルや、需要が多くて供給が少ない方面の仕事の報酬は高くなる傾向があります。ただし、「高収入」という言葉に目が行き過ぎると騙されてしまう可能性がありますので、仕事内容をよく吟味するよう心がけてください。

副業在宅ワークで経費と認められるのはどんなもの?

その業務を行なうために必要とされる物品やサービスについては経費と認められます。たとえば新聞図書費、打ち合わせのための費用などです。自宅で副業をする場合の按分など、経費の算定方法の詳細は確定申告に関する書籍などでしっかり確認してください。


賢く副業!使えるお金が増えたらやれることがいっぱい!

副業を続けていったらこんなに人生が変わった!という経験をする人がいます。

これまでは「でもお金がないから……」とあきらめていた何かに手が届くかもしれず、精神的な余裕がもたらされるかもしれません。

不安いっぱいで始めた在宅ワークも、続けていくうちに軌道に乗り、そのこと自体が大きな自信につながることもあります。

選ぶ仕事のジャンルによっては、やがてその仕事自体を本業にしたりフリーランスとして独立したりすることも可能です。

ただ当面のお金を工面するためだけではなく、賢く副業を選んで続けていくことで、今後の人生が大きく動くかもしれません。さっそく始めてみませんか?