コンタクトレンズおすすめ6選!初めて使うなら必見の安心ガイド!通販での買い方や注意点

| コンタクト
Share:

コンタクトレンズを初めて使うなら?通販でも安心のおすすめ厳選​

「視力が落ちてきたのでコンタクトレンズを買おうかな…」「メガネじゃなくてコンタクトレンズを試してみたい! 」など、コンタクトレンズを購入しようとする理由は人それぞれです。初めてのコンタクトレンズ選びにはいろいろと不安が付きまといますよね。しかも、「お店に行って購入するのはなんだか大変そう…」とさらに不安になることも。

そこでこの記事では、初めてのコンタクトレンズ選びの不安を解消できるような、選び方のコツおすすめのコンタクトレンズについて調査をし、購入しやすい通販サイトについてもリサーチしました!

  • 調べたコンタクトレンズの数⇒10種類
  • リサーチしたコンタクトに関する口コミの数⇒53件
  • ​チェックをしたコンタクトレンズ販売サイト⇒8件

自分に合ったコンタクトレンズが見つかれば、視界がパッと明るくなって毎日快適に過ごせるようになります。おしゃれも楽しめますし、メガネとコンタクトを時と場合によって上手に使い分けるのも格好いいですよね。

それでは、まずはコンタクトレンズを初めて選ぶ時の選び方について見ていきましょう。

初めてコンタクトレンズを買う時の選び方は2つ

初めてのコンタクトレンズ選び。選び方にはポイントが大きく分けて2つあります。

近視、乱視など目の症状に合わせる

ポイントの1つ目は、自分の目の症状に合わせることです。眼科などで近視乱視、遠視のうちどれと診断されたかを思い出しましょう。

とても基本的なことなのですが、コンタクトレンズを選ぶ際にはまず視力検査が必要になります。近視、乱視だけでなく視力の正確な数値がわからない人は一度眼科で診てもらいましょう。

なお、近視になると、近くのものは見えるけれど遠くのものが見えにくくなります。いわゆる、黒板の文字などが見えにくくなるのは、遠くのものが見えにくくなるので近視と言えます。

乱視は、距離にかかわらずぼやけた状態で見えます。ぼやっとしてピントが合わない状態になってしまうので、近い遠いにかかわらず、常に見るものの輪郭がぼやけてしまいます。加えて、近視に乱視が合わさっているパターンの人もいます。

遠視は別名、屈折異常と呼ばれ​ます。よく、遠くははっきり見えて近くのものを見るとぼやけて見えると勘違いされていますが、本来は遠くも近くもピント調節機能がうまく働かずぼんやりして​見えてしまうそうです。

このように、目が悪いと言っても色々な症状がありますので、まずは現在の自分の目の状況を把握することから始めましょう。

自分でレンズや目のケアができるもの

 ポイントの2つ目は、自分にとってケアがしやすいコンタクトレンズの種類を選ぶことです。コンタクトレンズには大きく分けるとソフトレンズハードレンズがあります。

ソフトレンズはその名の通り柔らかく、目のカーブに合わせて形状が変わりますので、コンタクトレンズ初心者でも目に入れやすく使いやすいと言われています。

もう一方のハードレンズ質感が硬く、目のカーブに合わせて形状が変わらないので、最初は痛みを感じたり、目に馴染まなかったりします。次第に慣れる人もいるのですが、何度使ってもハードレンズは入れられないという人もいます。

また、比較的使いやすいと言われているソフトレンズの中には、一日使い捨てのもの二週間使い捨てのもの一ヶ月使い捨てのもの使い捨てタイプではないものなど、さまざまな種類があります。それぞれの詳しい洗浄の仕方は後ほどお伝えしますが、家でケア(保管・洗浄など)がしやすいコンタクトレンズを選ぶことは重要です。

さらに、万が一コンタクトを付けているときに目が痛くなったら…?目が乾燥してきたら?目に直接つけるものなので、たまにはトラブルが起こることも考えられます。そんなときに、自分で目のケアがしやすいコンタクトレンズを選ぶことも大切な要素です。

[ワンデー]初めてのコンタクトレンズおすすめランキング

ではおすすめのコンタクトレンズをランキングにしてご紹介していきましょう。まずは、ワンデータイプからです。ワンデータイプは毎日の洗浄などが必要ないので、ケアが楽で旅行などにも持って行きやすいのが特徴です。​

デイリーズトータルワン

 \水分が三層構造で潤う!/

Source: 公式サイト

デイリーズトータルワン

  • 編集部評価:★★★★★​総合96点
  • 価格:2,880円〜
  • 内容量:レギュラーパック・一箱30枚入り(片目30日分)
  • 保証・特典:お試しフリートライアルあり
  • メーカー:日本アルコン株式会社

ワンデータイプのおすすめコンタクトレンズ第1位はデイリーズのトータルワンです。乾燥しがちなワンデータイプのコンタクトレンズですが、独自の開発によりレンズ表面、裏面は水分80%以上、レンズ内部は水分33%をキープする3層構造でうるおいを保ちます。

さらに、酸素透過率が従来品より6倍もアップ!ワンデータイプのソフトレンズの大きな問題点はその低い酸素透過率でしたが、これなら快適な付け心地で一日過ごせそうですね。

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット 

  • 紫外線予防したい!
    今まで使っていたコンタクトレンズより酸素透過率が高いということでこちらにしてみました。とても快適です! でも、一つだけ残念だと思っているのがUV機能がないそうです…。紫外線予防できれば最高なのにな…と思いました。

    編集部独自調べ


  • 流通が少ない?
    ビックリするほど快適な着け心地! 最初ゴロゴロするかな、と思いましたが装着して3分程経つと自分の角膜のように気持ちよく馴染みました。 (中略) 難点を挙げるとすれば流通が少なくて価格が高いことですね…

    価格.com

1つ目の口コミのように、コンタクトレンズにたまについているUV機能を頼りにしている人もいるようです。確かに、コンタクトレンズを付けながら紫外線が防止できれば一石二鳥ですよね。でも、残念ながらデイリーズトータルワンにはついていないとのこと。今後の改良に期待しましょう。

2つ目の口コミは、とても快適な付け心地と満足しているものの、比較的新しいコンタクトレンズなのでまだ売っているお店が少ないことが残念な点とのこと。価格が高いとのことですが、もうしばらく様子を見て流通も増えれば価格も下がって取り扱い店が増えると期待しましょう!

良い口コミから見るメリット

  • 目につけている感じがしない!
    ドライアイの私には、酸素透過率が高いというのが何よりも魅力的でした。店でトライアルでつけてみたところ、今まで使っていたものに比べて全然目がゴロゴロしないし、つけている感じがしないのが気に入りました。こんなに快適なのにケアが楽なワンデータイプということなので、もうこれからはコンタクトに悩まずに済みそうです!

    編集部独自調べ

  • ドライアイでも大丈夫
    とにかく目に負担が少ないです。自分の角膜のように馴染んでいると思います。 簡単に装着できるのも魅力です。 毎日10時間はつけていますが、今のところドライアイの問題は出てきていません。

    編集部独自調べ

2つの良い口コミからもわかるように、デイリーズのトータルワンはワンデーの中で圧倒的な酸素透過率を誇るのが大きな魅力です。ドライアイで悩む人にはぴったりのコンタクトレンズですね。

また、つけたときにゴロゴロしないというのは重要です。1日何時間もコンタクトをつけっぱなしにすることが多い人は特に、装着時に不快感があると目が気になって他のことに集中できない場合が多いですよね。そんな状態に悩んでいる人はぜひこのトータルワンを試してみてください。

公式サイトを見てみる

デイリーズトータルワン​の特徴

  • レンズ中央部の含水率は33%、レンズ表面の含水率は80%以上​
  • 酸素透過率を表す​DK/L値は156(従来レンズの6倍)
  • ​同じシリーズで近視用遠近両用の2タイプあり

デイリーズトータルワンの特徴は何と言ってもその酸素透過率の高さにあります。同社の従来製品と比べると6倍の酸素透過率を誇るそうです。

また、とにかく付け心地がいいと評判なのは、10年の歳月をかけて独自に開発されているため。付けた瞬間から1日の終わりまで同じ付け心地をキープできるように工夫されているそうです。

ドライアイの人には、低含水レンズのほうが向いていると言われます。もともとレンズ自体に水が多く含まれていると、その水分量をキープしようとコンタクトレンズの素材が装着中に目の水分や涙を吸収してしまうため、目にもともとあった水分を奪われてしまうからです。

トータルワンのレンズ全体(中央部)の含水率は33%と低含水のため、ドライアイの人におすすめできるワンデーコンタクトレンズです。

デイリーズトータルワン​を安く買う方法

デイリーズトータルワンは現在、Amazonや楽天などでの取り扱いはないようです。アイシティなどのコンタクトレンズ専門店やLENSMODEなどのコンタクトレンズ通販、コストコなどで購入することができます(2017年12月現在)。

近所で購入できる店舗を知りたい時は、日本アルコンのウェブサイトから取り扱い店舗を検索してみましょう。

アイシティ・LENSMODEとコストコの価格比較(2017年12月現在)

※日本アルコンで取り扱い店と認めているお店以外で購入すると、偽物や保証が受けられない場合があります。

​アイシティ​LENSMODE​コストコ
​店頭価格​2,880円(1箱)​店頭価格

公式サイトを見てみる

ワンデーアキュビュートゥルーアイ

  \「裸眼」のように健やかな目に/​

Source: 公式サイト

ワンデーアキュビュートゥルーアイ

  • 編集部評価:★★★★★​総合93点
  • 価格:1,848円〜
  • 内容量:レギュラーパック・一箱30枚入り(片目30日分)
  • 保証・特典:公式サイト購入で2箱以上購入で送料無料
  • メーカー:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

第2位にランクインしたのはワンデーアキュビュートゥルーアイ​です。ワンデーアキュビューはワンデータイプのコンタクトレンズとしては有名で、昔からこれを使っているという人も多い商品です。

これからコンタクトレンズを選ぶという人におすすめしたいのは、このワンデーアキュビューの中でも高い酸素透過率にこだわって作られ、裸眼で過ごしている時のように過ごせると評判の「トゥルーアイ」です。

新素材のシリコーンハイドロゲルを使用し、DK/L値は118と第1位のトータルワンと比較すると低いものの、ワンデーコンタクトレンズとしては高い酸素透過率を誇ります。また含水率は46%で、ドライアイに良いと言われる低い含水率のレンズと言えます。UVカット付き。

公式サイトを見てみる

ワンデーアキュビューオアシス

   \涙と一体化する設計で目が疲れにくい!/​​

Source: 公式サイト

ワンデーアキュビューオアシス

  • 編集部評価:★★★★★​総合90点
  • 価格:3,220円〜
  • 内容量:レギュラーパック・一箱30枚入り(片目30日分)
  • 保証・特典:公式サイトで無料お試しあり
  • メーカー:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

3位にランクインしたのは、ワンデーアキュビューオアシスです。こちらも2位のトゥルーアイ同様に新素材シリコーンハイドロゲル​を使用しています。

酸素透過率のDK/L値は118とトゥルーアイより若干高いものの大差はありませんが、含水率も38%​とトゥルーアイより低めです。ドライアイや長時間パソコン作業などをする方におすすめです。涙と同じ成分ムチンと似た成分をレンズ内に含むため、レンズと涙が一体化します。乾燥ぼやけ瞬きからの摩擦を妨げてくれます。

2位と3位を比較すると性能にほとんど差はないのですが、オアシスのほうが値段が少し高めになっているため、新素材を試してみたい人はトゥルーアイから気軽に試してみるのもいいかもしれません。
公式サイトを見てみる

[2week]初めてのコンタクトレンズおすすめランキング

使い捨てのコンタクトレンズの中でも、ケアにさえ慣れてしまえば2週間用のものは清潔に使えて便利だと人気があります。ここでは2ウィークタイプのコンタクトレンズのランキングを見ていきましょう。

アキュビューオアシス

 \2週間ずっと目の潤いが続く!/​​

Source: 公式サイト

アキュビューオアシス

  • 編集部評価:★★★★★​総合95点
  • 価格:1,598円〜
  • 内容量:レギュラーパック・一箱6枚入り
  • 保証・特典:公式サイトで無料お試しあり
  • メーカー:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

2ウィーク用コンタクトレンズの1位に輝いたのは、アキュビューオアシスです。ワンデーでもオアシスは人気ですが、2ウィークのほうがもっと最新技術を実感できます。

新素材シリコーンハイドロゲルにうるおい成分をプラスし、レンズは長時間潤い、さらに2週間その潤いが続くと言われています。酸素透過率と紫外線カット率もシリーズ最高

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット 

  • 私には合わなかった…
    装用感:私の目には合わなかったです。 うるおい:普通ですね。乾くってことはなかったです。 日々のケア:ちょこっと面倒ですかね。やわらかすぎますね。 疲れにくさ:目に合えば疲れにくいと思います。ベースカーブ値が普段使っているものとは少し違っていたので気にはかけていましたが、合わなかったですね。

    価格.com

  • ケアの仕方が悪いから?
    2週間用とのことでしたが、私のケアがうまくできていないのか2週間経たずに破れてしまいました…。もう少し強く作ってほしいです。

    編集部独自調べ


アキュビューオアシスの悪い口コミとしては、装着感があまりよくないとのこと。目のカーブは人によって違うので、この方には合っていなかったようです。コンタクトレンズを作る前には、眼科で必ず目のカーブを測ってもらい、自分に合ったものを購入するようにしましょう。

また、ケアを丁寧にしていないからか2週間持たずに破れてしまったとのこと。もしかしたらたまたま弱い製品に当たってしまっただけなのかもしれませんが、購入前にお店などでレンズケアの仕方を教えてもらってから購入するようにしましょう。

良い口コミから見るメリット

  • 最高です
    私的には最高ですが、コンタクトは人によって装着感が違うので、色々試されて最高の一つを見つけたいですね。 カーブがきっちり合うとゴロゴロ感はないですし、乾燥気味でない私には意外とどれでもOKなんですが、、今のところオアシスで満足です。

    価格.com

  • 私には一番良いコンタクトレンズ
    オアシスでない通常のアキュビューも使ったことがありますが、やはりオアシスのほうがうるおいがつづく気がします。 (中略) 2週間用ですが、いつも一ヶ月以上使っています。当然ですが、古くなってくると疲れやすくなる気がします。 裏表の区別は123と書いてあります。慣れてくるとカーブの仕方でも区別できるようになります。 総評は満足しています。今後もこれを使い続けます。

    価格.com

良い口コミを見ると、レンズの装着感にも問題がなく、オアシスで満足しているとのこと。自分に合ったコンタクトに出会えると嬉しいですよね。

また、アキュビューシリーズの中でもオアシスの潤い感が一番いいとのこと。悪い口コミのところではレンズがすぐに破れてしまったという声もありましたが、人によっては、1ヶ月以上使えるという声もあるようです。

ただし、基本的には2週間用として開発されているため、衛生面や耐性から言っても1ヶ月使うのはおすすめしません…。 

公式サイトを見てみる

アキュビューオアシスの特徴

  •  紫外線B波を約99%、A波を約96%カットしてくれるUVカット機能付き
  • レンズのお手入れは消毒剤につけておくだけと簡単
  • レンズ表面が滑らかで、瞬きの際の摩擦を削減
  • 酸素透過率を表すDK/L値は147含水率は38%

付け心地がよく、乾燥から目を守るために開発されているため、ドライアイの方におすすめです。ワンデーアキュビューオアシスと同様、涙に含まれるムチンに似た成分をレンズに含んでいるため、レンズが涙を吸収してしまい目の乾燥を引き起こすことを防ぎます。

ケアも毎晩消毒するだけなので、慣れてしまえばワンデーよりコストがかからずお財布も目の乾燥も助かります。

アキュビューオアシスを安く買う方法

アキュビューオアシスは、公式サイト、Amazon、楽天、アイシティなどのコンタクトレンズ専門店で購入できます(2017年12月現在)。Amazonや楽天で購入すると値段は安いようなのですが、本物かどうかは不明です。保証などを考えるのであれば、公式サイトでの購入をおすすめします。

楽天・amazonと公式サイトの価格比較(2017年12月現在)

※楽天・amazonは公式サイトではないので、偽物や保証が受けられない場合があります。

​公式サイト​Amazon​楽天
​2,350円​2,325円〜​1,598円〜


公式サイトを見てみる

エアオプティクスアクア

  \レンズに汚れがつきにくい!/​​​

Source: 公式サイト

エアオプティクスアクア​

  • 編集部評価:★★★★★​総合93点
  • 価格:1,939円〜
  • 内容量:レギュラーパック・一箱6枚入り
  • 保証・特典:公式サイトでフリートライアルあり
  • メーカー:日本アルコン株式会社​

第2位にランクインしたのはエアオプティクスアクアです。こちらも新素材のシリコーンハイドロゲルを使用しています。

シリコーンハイドロゲルを使用すると、酸素透過率は上がるのですが、反面、脂質が付きやすいという欠点があるそうです。

女性の場合は化粧品などが付着してレンズが変形してしまうこともあるそうなのですが、エアオプティクスアクアは独自の表面加工を施し汚れが付着しにくくなっているためいつまでも潤いが続くという設計です。DK/L値は​138で、含水率は33%です。

公式サイトを見てみる

バイオフィニティ

   \親水性シリコーンマクロモノマー​使用で目に優しい/​​​​

Source: 公式サイト

バイオフィニティ

  • 編集部評価:★★★★★​総合90点
  • 価格:2,080円〜
  • 内容量:レギュラーパック・一箱6枚入り
  • 保証・特典:店舗によってはフリートライアル実施あり
  • メーカー:クーパービジョン

第3位にランクインしたのは、バイオフィニティです。約20年もの開発期間を経てソフトコンタクトレンズの新素材と言われるシリコーンハイドロゲルの弱点を克服。新素材は、従来品に比べて素材が硬いことや脂質汚れが付きやすいという問題点を改善し「やわらかさ」と「高い酸素透過性」を実現しました。安心・安全な上に目を乾燥から守る快適なコンタクトレンズと言えます。

DK/L値は160抜群の酸素透過率を誇りますが、含水率は48%と少し多め。ただ、コンタクトレンズ選びにはこういった数値よりも実際に装着したときの感覚が大事なこともあります。購入前にぜひ一度試してから決断しましょう。

公式サイトを見てみる

初めてコンタクトレンズを使う人のためのガイド​

ランキングなどを見て、コンタクトレンズ購入を本格的に考えている人も多いかと思います。初めてコンタクトレンズを購入して使う場合、事前に知っておいたほうがいいことを考えてみました。

ワンデー・2week・通年レンズのメリットとデメリットを知る

まず、コンタクトレンズを初めて選ぶ時に迷うのが、どのタイプのコンタクトレンズを買えばいいのかということです。それぞれメリット・デメリットがありますので、特徴を知った上で眼科の先生に相談しながら決めるとよいでしょう。

大きく分けるとコンタクトレンズには、「ハード」と「ソフト」があります。ハードコンタクトレンズは目の輪郭よりも小さなサイズで、レンズの形状が変化せず、ほとんど水分を含まないため​その名の通りハードな触り心地です。

一方、ソフトコンタクトレンズは、レンズが目の輪郭より大きく、レンズそのものに水分を多く含むため触るとぐにゃっとした感触です。​

まず、ハードコンタクトレンズのメリット・デメリットをまとめてみましょう。

ハードコンタクトレンズのメリット

  • 酸素を透過しやすく目に優しい
  • 毎日のお手入れは水で洗うだけでOK
  • 長持ちするのでコスパが良い。一枚で2年〜2年半は持つ
  • 痛みを感じやすいので目に何かあった時(角膜異常など)にすぐに気づける
  • 乱視に向いている

ハードコンタクトレンズのデメリット​

  • ​初めてつけるときは目が痛く、慣れるまでに1〜2週間かかる
  • 強い風や衝撃があると外れやすい
  • 運動には不向き

次にソフトコンタクトレンズのメリット・デメリットをまとめてみましょう。

ソフトコンタクトレンズのメリット

  • 初めてでも装着しやすい
  • ずれにくいので運動に向いている
  • 付け心地が良い​

ソフトコンタクトレンズのデメリット​

  • ハードに比べると乾燥しやすい
  • 角膜異常があっても痛みを感じにくいので気づきにくい
  • 乱視矯正をするには乱視専用ソフトコンタクトレンズを購入しなければならない

さらに、ソフトコンタクトレンズには、通年タイプと使い捨てなどの定期交換タイプがあります。定期交換タイプには、ワンデー、2week、1monthなどがあります。

通年タイプと定期交換タイプと比較すると、まず通年タイプは年単位での使用を考えて作られているため、しっかりとした作りになっており、コスパが良いです。

定期交換タイプはワンデーだと毎日のケアは必要ありませんし、2week、1monthは毎日のケアは必要ですが、時期がきたら交換するため通年タイプに比べると衛生的と言えます。

では、ここでワンデー、2week/1month、通年のソフトコンタクトレンズの違いをまとめてみましょう。

ワンデーのメリット

  • ​​​ケアが不要で楽
  • スポーツに使いやすい
  • 時々使うのに良い
  • 旅行に持って行きやすい

ワンデーのデメリット

  • 毎日変えるのでコスパが悪い
  • 通年などと比べると性能が劣る

2week/1month​のメリット

  • コストと性能のバランスが良い
  • ワンデーに比べてコスパが良い
  • 毎日使うのに向いている

2week/1month​のデメリット​

  • ​​​毎日洗浄液で洗い保存液につけるケアが面倒
  • たまに使わない日があると無駄になる
  • 旅行の際ケア用品も持っていく必要がある

通年​レンズのメリット

  • 丈夫で長持ち(性能が良い)
  • コスパが良い

通年​レンズのデメリット​

  • ​衛生面が使い捨てに比べると劣る
  • 旅行の際ケア用品も持っていく必要がある
  • 毎日洗浄液で洗い保存液につけるケアが面倒​

このように、さまざまなメリット・デメリットがありますので、違いを理解して自分に合ったコンタクトレンズを選びましょう。

必ず眼科で検査を受けて先生に相談する

コンタクトレンズ購入を考えたら、まずは眼科で検査を受けましょう。コンタクトレンズ専門店の場合は、眼科が併設してある場合があるので、行こうと思うお店に眼科があるかどうか、事前に確認してみましょう。

眼科では、視力を測ります。そして、目に傷や病気はないかを調べてもらいます。コンタクトレンズの購入を検討していることを告げると、先生が相談に乗ってくれるでしょう。

人によっては、乱視だったのでハードレンズをすすめられたということもあるようです。自分で考えているだけではわからないことも多いので、コンタクトにしようと思ったらまずは眼科を受診しましょう。その際、保険証を必ず持って行きましょう。

眼科で合うコンタクトレンズを選んで処方箋をもらう

コンタクトレンズを使用したいことを告げると、眼科では目のカーブの値を測ってくれます。目の形によって合うレンズの種類がありますので、おすすめはどのタイプなのか先生に聞いてみましょう。

また、ドライアイなのかどうかもコンタクトレンズ選びには重要な要素になりますので、涙の量も測定してもらいましょう。

検査が終わり処方箋を書いてもらったら、その処方箋を持ってコンタクトレンズ販売店へ行きましょう。これでコンタクトレンズを購入することができます。 

洗浄液や保存液などのケア用品を準備する

ワンデー以外のコンタクトレンズは全て使用した後になんらかのケアが必要になってきます。

ハードコンタクトレンズの場合は、使用後はレンズを水で洗って保存液に浸しておく必要があります。また、ソフトコンタクトレンズの場合は、専門の洗浄液でレンズを洗ってその後保存液に浸しておく必要があります。毎日最低でも4〜5時間は保存液に浸けておく必要があるようです。

そのほか、溜まったタンパク質を除去するために月1回使うタンパク洗浄液や、コンタクトをつける前に1滴垂らすと快適な付け心地になるというコンタクトレンズ装着液などのスペシャルケア用品もあります。

コンタクトレンズを購入する際に、おすすめの洗浄液やケア用品をお店の人に聞くと良いでしょう。

乱視や近視の度数によってはハードのコンタクトレンズがおすすめ!

コンタクトは一般的には乱視や度数の高い近視の人には不向きと言われています。ですが、やっぱりコンタクトレンズを使いたいという人は多いですよね。

そういう場合は、乱視専用や近視度数が高い人向けのソフトコンタクトレンズをすすめられたり、ハードコンタクトレンズをおすすめされたりすることが多いようです。

アイシティーで人気の「HOYAアイシティEX-a nano」

ハードレンズの良いところは、酸素透過率が高く、レンズのサイズが小さいので自分の涙がレンズ表面へ流れて水分をキープしやすく、ドライアイの人に向いていることです。さらに、レンズが硬いためピントが合いやすく乱視や近視度数が高い人にはおすすめのレンズと言えるのです。

カメラのレンズやメガネなど、「レンズ」は通常硬いものがほとんどですよね。そのことからもソフトコンタクトレンズに比べるとやはりハードレンズのほうがピントを合わせやすいそうです。

コンタクトレンズ専門店で有名なアイシティーでは乱視や近視度数が高い人には、目にも優しくピントを合わせやすいハードコンタクトレンズをおすすめしているそうです。その中でも特におすすめなのは、HOYAアイシティEX-a nanoです。

 \スムーズな涙液流れで快適なフィット感/​​​​​

Source: 公式サイト

HOYAアイシティEX-a nano​

  • 編集部評価:★★★★★​総合92点
  • 価格:店頭価格
  • 内容量:2枚(左右)
  • 保証・特典:公式サイトで割引クーポンあり・1年間保証
  • メーカー:HOYA

レンズ周辺部デザインを改良し、より快適なフィット感と安定しながらも自然な装用感を実現したEX-a nanoです。ハードレンズならではのピントが合ったクリアな視界とシャープな見え方が特長です。アイシティでは、1年間の保証付きなので壊れても安心。

公式サイトで見てみる

初めて通販でコンタクトレンズを買う場合の注意点

通販でコンタクトレンズが購入できたら便利ですよね。実際に購入できるサイトはいくつもあるのですが、どのサイトから購入すればいいのかわからないという人のために、ネット通販で購入する際のポイントをお伝えします。

信頼できるサイトで買う

まず、コンタクトレンズを通販で購入できるサイトを見つけたら、そのサイトの運営元・販売元となる会社をチェックしてみましょう。激安につられて購入して思わぬ落とし穴があることがあります。

例えば、日本にある日本の会社であれば何かあったときに連絡が取りやすいですが、海外のサイトだった場合、商品の到着が遅かったり、届かなかったりすることがあります。問題があったときも連絡が取りにくいので何かと不便です。

さらに、最悪なケースだとクレジットカードなどの個人情報が漏れてしまう危険性も潜んでいますので、安心できる日本国内の会社を選ぶようにしましょう。

処方箋に書かれている度数などを間違いなく入力

通販で購入する場合でも、必ず眼科に行って処方箋を作る必要があります。そうでないと、自分に合った度数が選べないからです。処方箋をもらったら、サイトで購入する際に、自分で処方箋を読み込んで注文をする必要があります。

まず、コンタクトレンズの度数とはそのレンズが持つ矯正力を示します。通常、PWRという記号で表されますが、メーカーによってはPやD、SPHと表されます。例えば「D+0.75」のように示されます。数値は0.25刻みで上がります。プラスは遠視用、マイナスは近視用となっています。

また、DIAは直径を表します。一般的な日本人の黒目の大きさは11mm〜12mmと言われています。ソフトレンズはDIA14mmくらいで作られていて、ハードレンズはDIA9mm前後で作られていることが多いようです。

なお、BCはベースカーブを表します。ハードコンタクトレンズでは角膜に合わせて0.05mm刻みで設定されていることが多いです。ただ、ソフトレンズは柔軟性があるのであまりカーブの種類はないようです。重要なのは、BCと角膜がきちんと合うことなので、必ず眼科で調べてもらいましょう。

近視と遠視の場合は、DIAとBCとPWRの3種類の数値が必要となります。乱視の場合は、DIA、BC、PWR、​AXまたはAXIS(軸)、CYまたはCYL(乱視度数)​の5種類の数値が必要になりますので、注意しましょう。

届いたら度数などが合っているか確認

通販でコンタクトレンズを購入した際は、商品が到着したら必ず自分自身で注文した度数やDIA、BCが合っているか確認をしてから開封するようにしましょう。

お店での購入だと、お店の人が商品を渡す前に確認してくれることがほとんどですが、通販では確認は自分でしなければいけません。商品によっては、開封後は返品不可の場合もあるので、必ず確認しましょう。 

買い物後も眼科で定期検査を受ける

通販で購入している場合でも、定期的に眼科で検診を受けるようにしましょう。通常、店舗で購入する場合は3ヶ月ごとの定期検診をすすめられることが多いようです。使い続けているうちに目のトラブルが起きたり、度数が合わなくなったりすることもあるからです。

通販で買っていると、目にトラブルなどがあっても気づかずに使い続けている可能性もあります。目の病気を早期発見するためにも定期的に眼科検診を受けておくことをおすすめします。

コンタクトレンズを使い続けてドライアイになったら?

コンタクトを使い続けていると、ドライアイが引き起こされてしまうこともあります。なるべくドライアイにならないように、予防の方法を見ていきましょう。

まずは予防のためにコンタクトレンズを正しく使う

ドライアイの症状とは、目が乾燥するだけでなく、目の表面に傷がつき、目がしょぼしょばしたり、ぼやけたり、目やにが出たり、目が疲れたり…といった多くの現象が見られます。 このようなドライアイにならないためにも、コンタクトレンズ装着時には正しい使い方を心がけましょう。

ドライアイの予防にいいのは、目の休息をこまめに取ることです。長時間コンタクトレンズをつけた状態でPC作業などを続けているとドライアイになってしまう危険性が高いです。1時間に1回は目の休息を取りましょう。

PC作業を一旦やめ、目の周りをマッサージしたり、温めたりしましょう。オフィスなどでは、目の渇きを防ぐために暖かいお茶の入ったカップの湯気を当てるだけでもいいでしょう。

なお、家に帰ったらコンタクトレンズをなるべくすぐに外しましょう。長時間のコンタクトレンズの使用は目に負担をかけます。少しでも短い装着時間となるように心がけましょう。

ドライアイになってしまったら眼科で相談

万が一、ドライアイになってしまった場合は眼科に相談しましょう。眼科では、ドライアイの予防のための工夫や、今後の対策について指導してくれるはずです。また、現在使用しているコンタクトレンズをこのまま使用していいのかどうかも相談しましょう。

眼鏡との併用・ドライアイ用の目薬を使う

繰り返しになりますが、一番いいのは目を酷使しないことです。コンタクトレンズの装着時間が少しでも短くなるように、メガネと併用するなど日々の生活で工夫をしましょう。​

また、眼科ではドライアイ専用の目薬を処方してもらえたり、一般の薬局でもドライアイ専用の目薬が売っています。購入してこまめにさすようにしましょう。

初めてのコンタクトレンズの気になるQ&A集

初めてコンタクトレンズを購入するに当たって気になること、たくさんありますよね。ここでは、よくある質問をまとめてご紹介しましょう。

ハードよりソフトの方が付け外しが難しいの?

付け外しの難しさで言えば、ソフトのほうが難しいという人が多いようです。ただ、それぞれ付け外し方が違うので、人によって難しいと感じるタイプが違うかもしれません。

装着するときは、ハードもソフトも人差し指の上にレンズを置いて、瞳に近づけて装着します。ハードのほうがレンズのサイズが小さいので、装着時は慣れるまで時間がかかるかもしれません。

また、外す際は、ハードは素材が硬いので目を大きく開いた状態で人差し指を目頭に当てて、横に引っ張るとレンズがぽろっと落ちてきます。ソフトの場合は、人差し指と親指でレンズを直接つまんで取り出さなければいけないので、コンタクト初心者にはハードルが高いかもしれません。自分の瞳を触ろうとするのは初めてやってみると結構怖いのです…。

コツとしては、できるだけ目の下のほうにコンタクトをずらしてからつまむと痛くないようです。黒目の部分でつまもうとすると痛いことがあるので、気をつけましょう。

ハードの使い捨てはないの?

日本には残念ながらハードコンタクトレンズの使い捨ては販売されていません。

激安のカラコンって大丈夫なの?

品質にもよりますが、目にトラブルが出ることもあるので、気をつけましょう。安全性を確認してから購入するようにしましょう。

万が一、使用してみて痛みを感じたり違和感を感じたりした場合は、すぐに使用を中止しましょう。​

楽天やAmazonで買っても大丈夫?

楽天やAmazonには多くのコンタクトレンズ販売店の店舗が存在しています。安全性の高いお店だと確認できた場合のみ、購入するようにしましょう。

稀にですが、偽物などが出回っていることもあります。購入した後返品はできるのか、保証はあるのかなどもチェックして、ちゃんとしたお店かどうか確認を怠らないようにしましょう。

初めてのコンタクトレンズは処方箋をもらってから通販で購入がおすすめ!

初めてのコンタクトレンズ購入について色々リサーチしてみましたが、最終的には自分に合ったコンタクトレンズを安く購入できたら嬉しいですよね。その場合は、お値段はお店で購入するより安く設定されている通販をおすすめしたいと思います。でも、必ず事前に眼科で検査を受けてからにしましょう。

眼科でコンタクトを作りたいと伝えて、検査を受け、自分の目に合うコンタクトタイプを先生に相談し、処方箋をもらいます。後は気に入った通販サイトからお得に購入!これが一番手軽な方法かもしれません。

もしくは、最初はコンタクトレンズ専門店で色々説明を聞きながら購入して、次回から同じものを通販で購入するという方法もあります。

ただし、自分の目のことなので、定期検診などは必ず受けるようにしましょう。快適なコンタクトレンズ生活が送れますように!