育毛剤は成分で効果が変わる!自分に最適の1本が早く見つけよう!

| 育毛剤
Share:

育毛剤の効果的な成分まとめ!自分に合った選び方は?

育毛剤に含まれる効果的な成分について、調査した結果を詳しく解説していきたいと思います。

  • 調査した育毛関連サイト⇒214サイト
  • 参考にした育毛剤の口コミ・レビュー⇒71件
  • 実際に試してみた育毛剤の種類⇒11種類

長鎖の結果から、育毛剤にどんな成分が含まれるのかを効果別に詳しく解説しました。その他にも育毛剤の成分表の見方・選び方、 育毛シャンプーの選び方、薄毛の原因など育毛に関してさまざまな角度から検証しています。薄毛が気になり始めたという方は、必見ですよ!

育毛剤に含まれる成分を効果別にまとめ!

最適の育毛剤を選ぶためには、含まれる成分にどのような効果があるのかしっかりと理解することが大切です。 成分を効果別にまとめ、その成分を多く含む育毛剤も紹介していますので、参考にして、自分に相応しい育毛剤を見つけてくださいね。

血行促進

髪の毛はそのほとんどがタンパク質で構成されています。血行が促進されるとタンパク質を含むさまざまな栄養素が毛母細胞や毛乳頭に行き渡り、髪の毛を生成しはじめるのです。食事で得た栄養素がしっかりと髪の毛に届けられることで、太くハリのある髪の毛が増え、抜けづらい髪になっていきます。

血行促進に効果的な成分 

  • ミノキシジル:毛細血管の拡張作用がある代表的な育毛成分です。育毛剤に多く使用されており、とくに頭頂部の育毛に効果的とされています。
  • センブリエキス:リンドウ科植物センブリから抽出された成分です。肝機能改善・末梢血管拡張作用、皮膚温度上昇・毛細血管の増強作用があります。
  • M-034:海藻類から抽出した育毛成分でヒト由来の外毛根細胞を増殖させたり、高い保湿力を与えてくれる成分です。
  • セファランチン:血液幹細胞増加・抗アレルギー作用があり、造血機能の回復させ、循環障害を改善させてくれる働きがあります。
  • ピディオキシジル:ミノキシジルと似た分子構造を持つ成分です。吸収率が高く血行促進・毛母細胞の活性化などの作用があります。
  • ビタミンE:血管拡張作用があり、血流の正常化を促す栄養素です。ビタミンCとともに摂取するとより効果があります。

おすすめの育毛剤「フィンジア」

スカルプを超える奥まで届く育毛剤!/

Source: 公式HP

フィンジア

  • 編集部評価:★★★★総合89
  • 通常価格(定期コース):9,980円(税込)
  • 内容量:50ml
  • メーカー:株式会社ユーピーエス

「フィンジア」は、2大先進スカルプ成分をしっかりと頭皮に浸透させ、育毛を促してくれる高品質の育毛剤です。脱毛を止め毛根復元を促してくれるキャピシキルと、血行を促進し毛母細胞を活性化させてくれるピディオキシジルの2つの育毛成分がしっかりと浸透し、強い髪を育ててくれます。

また、効果を実感できなければ、初回購入金額を返金してくれる全額返金保証もあるため、安心して試すことができます。

公式サイトを見てみる

男性ホルモン抑制

薄毛の原因とされているのは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT) です。このDHTはもともとは脱毛作用などないテストステロンと呼ばれる男性ホルモンで、テストステロンが5αリダクターゼという酵素によって還元され、DHTに変化することによって脱毛効果を発揮してしまいます。

一般的に男性ホルモン抑制と言われている育毛剤の効果は、実はこの5αリダクターゼの働きや生成を抑えることで、テストステロンがDHTに変化するのを防ぐことをいい、正確にいえば「5αリダクターゼを抑制する」成分なのです。

5αリダクターゼ抑制に有効な成分

  • ファナステリド:AGA治療の代表的な成分であり、5αリダクターゼを抑制する作用があります。
  • オウゴンエキス:シソ科のコガネバナから抽出した成分で、5αリダクターゼ抑制や抗炎症・保湿作用があります。
  • キャピキシル:毛周期を正常化してくれるアセチルテトラペプチド-3、5αリダクターゼを抑制してくれるビオカニンAがあわさった育毛成分です。
  • ヒオウギエキス:イソフラボンを主成分としたエキスです。頭皮の老化を改善したりDHTの生成を抑えてくれます。
  • 亜鉛:髪の毛の生成に必須な栄養素であり、5αリダクターゼの抑制、髪質の改善などの作用があります。
  • ノコギリヤシ:ヤシ科のハーブであるノコギリヤシから抽出した成分で、5αリダクターゼの生成を抑制してくれます。

おすすめの育毛剤「薬用プランテル」

M字薄毛に攻めの育毛!/

Source: 公式HP

薬用プランテル

  • 編集部評価:★★★★総合88
  • 通常価格(定期コース):6,980円(税込)
  • 内容量:150ml
  • メーカー:株式会社ユーピーエス

「薬用プランテル」は、男性の生え際の薄毛である「M字薄毛」にとくに高い効果が期待できる育毛剤です。ヒオウギエキスが強力に男性脱毛症の原因である5αリダクターゼの生成を抑制し、センブリエキス・セファランチン・グリチルリチン酸2Kなどの有効成分が発毛をサポートしてくれます。

また、パラペン・合成着色料・香料・鉱物油は不使用の無添加となっており安心して使えますから、M字ハゲが気になる方には、とくにおすすめです。

公式サイトを見てみる

毛母細胞活性

毛母細胞とは毛乳頭周辺の細胞組織のことであり、毛乳頭から酸素や栄養素を受け取ることで髪の毛を生成します。いわゆる「髪が伸びていく」のは、毛母細胞が活性化し細胞分裂を繰り返している状態のことで、当然毛母細胞が活性化すれば、髪の毛が生えてくるというわけです。

毛母細胞の活性化を促す成分は、育毛を行う上でなくてはならない成分といえます。

毛母細胞の活性化を促す成分

  • ペンタデカン酸グリセリド:休止期の毛乳頭に栄養を供給して、毛母細胞の活性化を促してくれる成分です。
  • ビオチン:ビタミンB群のひとつです。毛細血管拡張作用があるため、毛母細胞の活性化や新陳代謝促進効果があります。
  • M-034:海藻類から抽出した育毛成分で、ヒト由来の外毛根細胞を増殖させてくれます。
  • バイオポリリン酸:肌への浸透力が強く毛乳頭に働きかけることで、毛母細胞の活性化を促す働きがあります。
  • ローヤルゼリーエキス:ビタミン・ミネラル・アミノ酸といった豊富な栄養素を含む成分で、毛母細胞に必要な栄養素を補ってくれます。
  • センブリエキス:リンドウ科植物センブリから抽出された成分です。肝機能改善・末梢血管拡張作用、皮膚温度上昇・毛細血管の増強作用があります。
  • グリチルリチン酸ジカリウム:甘草の根から抽出されるエキスで、抗炎症、抗アレルギー作用があるため、毛母細胞を守ってくれます。

おすすめの育毛剤「ポリピュアEX」

浸透性が違う!大人気の定番育毛剤!/

Source: Amazon

ポリピュアEX

  • 編集部評価:★★★★総合90
  • 通常価格(定期コース):6,800円(税込)
  • 内容量:120ml
  • メーカー:シーエスシー株式会社

「ポリピュアEX」は、シリーズ累計400万本以上の人気育毛剤です。成分量と浸透性のバランスを考え開発された新メソッドIMBシステムを採用しており、毛母細胞の活性化を促すバイオポリリン酸に加え、独自の研究によって生み出された新成分バイオチップスが、育毛を強力にサポートしてくれます。

他にもセンブリエキス・ニンジンエキス・グリチルリチン酸ジカリウム・パントテニルエチルエーテルなどの育毛有効成分をバランス良く配合しているため、相乗効果により非常に高い効果が期待できるでしょう。薄毛に悩む人はまず、使ってみるべき1本です。

公式サイトを見てみる

頭皮保護 

頭皮を保護することも育毛・発毛には非常に大切な要素です。基本的に毛母細胞が死滅することはめったにありませんが、頭皮が強い刺激を受け続けると不活性となり薄毛になりやすくなってしまいます。

とくに乾燥すると頭皮は傷つきやすくなりますから、保湿をもたらしてくれる成分は必須なのです。

頭皮保護に有効な成分 

  • ヒアルロン酸:代表的な保湿成分であり、極めて高い保水力を持ちます。
  • アロエエキス:ユリ科のアロエから抽出したエキスで、高い保湿効果以外にも5αリダクターゼを抑制する働きもあります。
  • ヒオウギ抽出液:イソフラボンを主成分としたエキスです。頭皮の老化を改善したりDHTの生成を抑えてくれます。
  • イチョウ葉エキス:イチョウ葉から抽出されたエキスで、抗菌・抗酸化作用のあるフラボノイドや血管拡張作用のあるギンコライドを配合しています。
  • ピロリドンカルボン酸ナトリウム:アミノ酸の一種です。空気中から水分を取り出しうるおいを与えてくれます。
  • サンザシエキス:バラ科のサンザシから抽出されたエキスで、抗酸化・抗炎症作用があり肌を刺激から守ってくれます。

おすすめの育毛剤「富貴神」

脱毛症におすすめ!頭皮環境を改善!/

Source: 公式HP

富貴神

  • 編集部評価:★★★★総合86
  • 通常価格:7,000円(税抜)
  • 内容量:180ml
  • メーカー:レイソー・ジャパン株式会社

「富貴神」 は、育毛・発毛に高い効果があるとして、薬局や大学病院などでとくに利用されている育毛剤です。サンザシエキスやトウキエキスなどの有効成分がしっかりと頭皮に浸透して、効果を発揮してくれます。

とくに神経性脱毛・円形脱毛などに最適とされていますので、もしこれらの悩みをお持ちの方は試してみるといいかもしれません。

公式サイトを見てみる

皮脂抑制

皮脂が過剰分泌されるとべたつき・臭い・かゆみなどが発生するだけでなく、毛穴がつまりやすくなり育毛を阻害してしまいます。上記の頭皮保護にもつながりますが、皮脂の生成を抑えることで頭皮環境を良くし毛が生えやすい状態を作り出せるのです。

とくにオイリー肌の方は皮脂が過剰に分泌される傾向にありますので、皮脂抑制成分が含まれる育毛剤を選ぶべきでしょう。

皮脂抑制に有効な成分

  • ドクダミエキス:ドクダミの葉や茎から抽出したエキスで、皮脂の過剰分泌を抑え炎症を鎮めてくれる作用があります。
  • シャクヤクエキス:ボタン科の植物芍薬から抽出したエキスです。保湿・消炎効果、頭皮の皮脂バランスを整える作用があります。
  • オドリコソウエキス:オドリコソウの花・葉・茎から抽出したエキスで、抗脂漏性で収れん作用、消炎作用、肌荒れ予防、保湿効果などがあります。
  • グリチルリチン酸:頭皮の皮脂分泌を抑えてくれる代表的な成分です。

おすすめの育毛剤「チャップアップ」

満足度97%!大人気の育毛剤!/

Source: Amazon

チャップアップ

  • 編集部評価:★★★★総合88
  • 通常価格:7,400円(税込)
  • 内容量:120ml
  • メーカー:株式会社ソーシャルテック

「チャップアップ」は、ネット上の育毛剤ランキングやAGA関連医師から高い評価を得ている育毛剤です。毛母細胞の活性化を促すセンブリエキス、皮脂の過剰分泌を抑えるグリチルリチン酸、血行促進・抗炎症効果のあるジフェンヒドラミンHCを始めとして育毛に特化した有効成分をバランスよく配合しています。

また、パッチテスト・低刺激性テスト・アレルギーテスト済みなため、安心して使用できるのも特徴です。今までいろんな育毛剤を試しても効果を得られなかったという方は、一度試してみましょう。

公式サイトを見てみる

育毛剤の成分表の読み方

育毛剤に含まれる有効成分にどのようなものがあるかわかりましたか?次は、育毛剤の裏面に記載されている成分表の読み方を解説いたします。成分表を見て、自分の髪質や頭皮状態に合った育毛剤を選びましょう。

どの位含まれているかはわからない

育毛剤の成分表にはさまざまな成分が書かれていますが、基本的にどの位含まれているかの配合量まではわかりません

ですから、「この成分が一番多く配合されているものを選ぼう」と思ってもできないのです。 

成分表の最初が含有量多い

配合量は一部の例外を除き、確認する術はありません。ですが、国が定めた成分表の表記では、成分の含有量が多い順番に表記しなければならない」と定められていますので、 成分表の上に記載されているものほど多く入っていることになります。

これらを踏まえた上で、自分の頭皮状態・髪質に合った育毛剤を選ぶようにしましょう。

効果があると言い切れる成分は2つだけ!

現在(2017年12月)、「髪の毛を生やす」発毛効果が正式に認められている成分は、実はほとんどありません。そんな中で医薬品から派生し、現在「発毛剤」として認められている2大成分をご紹介します。

フィナステリド内服

フェナステリドは、もともと前立腺肥大症や前立腺がん治療に使用されていた薬です。5αリラクターゼがテストステロンと結合するのを阻害しDHTの生成を予防してくれる効果があることがわかり、広くAGA(男性型脱毛症)を改善する発毛剤として認知されました。

ただ、女性に効果はなく妊娠への悪影響もあるため女性の服用は禁止されています。また、子供向けの臨床実験も行われたことがないため、子供も服用できません。

副作用として、精力低下や肝機能障害があるといわれており、とくに肝機能障害をすでに患っている方は、注意する必要があります。

ミノキシジル

ミノキシジルも元々は高血圧患者のための血管拡張剤として開発された成分で、後に発毛効果があることが判り発毛剤となりました。

ミノキシジルの効果は、毛乳頭細胞に働きかけアデノシンを分泌させ、VEGFやKGFなどの細胞増殖因子の生成を促すもので、AGA改善に高い効果が期待されています。

一応、性別にかかわらず服用可能ですが、女性が使用した場合、多毛症などの危険性もあるため、基本は使用しない方がいいでしょう。副作用としては、低血圧による頭痛・めまい、動悸や息切れ、ニキビ・肌荒れ、性的不能・性欲減衰などが報告されています。

初心者必見!育毛剤を成分で選ぶステップ

 育毛剤にどのような成分が含まれているのかはわかりましたか?それでは、育毛剤を成分で選ぶステップを具体的に解説していきます。育毛剤初心者の方は必見です!

1:自分に欲しい効果と順番を決める

まず最初に自分の欲しい効果をピックアップし、さらに効果の優先順位を決めます

  • AGA治療が目的⇒男性ホルモンを抑える成分が第一、次にフケが出ないように皮脂抑制成分も入れたい。
  • 最近、薄毛が気になり始めた⇒とにかく血行促進成分をメインにして、次いで毛母細胞活性化もしたい。

などのように一番欲しい成分と次いで欲しい成分を決めておくと、成分表示を見る際ももっとも見るべき箇所が見えてくるはずです。

2:必要な成分が入っている育毛剤を選ぶ

もっとも欲しい効果がが決まったら、次にその成分が多く含まれる(成分表の上に記載されている)育毛剤を選びます

この時大事なのが、自分の予算と照らし合わせて続けられるかどうかです。個人差もありますが、基本的に最低でも2~3ヶ月程度は使用しないと、育毛剤は効果がわかりませんので、きちんと続けられる予算内で選ぶようにしましょう。

3:2~3ヶ月使い続ける

使う育毛剤がきまったら、次は2~3ヶ月ほど試してみて、効果がきちんとあるかを確認します。まったく効果がなかったなら、欲しい効果が違う可能性もありますので、とりあえず、それ以上購入するのはやめた方が無難です。

4:違う成分の育毛剤を使ってみる

購入した育毛剤に効果なしと断定したなら、次に試す育毛剤は、今までの育毛剤に含まれていた成分とは異なる成分が高配合されているものを選んだ方がいいでしょう。同じ成分しか含まないものを選んでも、効果はあまり期待できないためです。 

5:2~3ヶ月使い続ける

次に購入した育毛剤もやはり2~3ヶ月は使用して、効果があるかどうか見極めましょう。この時、高い方が効果がありそうだからと、自分の予算を大幅に超えるものを選ぶのは早計です。続けられる予算内で選ぶようにしてください。 

6:効果を判断して比較する

2つの育毛剤を試して効果が高かった方を選ぶか、 もしくは、より良い効果を求めて別の商品を選ぶかを決定しましょう。

もし、より高い効果がありそうな育毛剤をさらに求めるなら、自分と同じような髪質・頭皮状態の方のレビューや口コミなども参考にして、多くの方が効果を実感している育毛剤を選ぶべきです。

何度も育毛剤を試して改善されないようなら、専門の医療機関を頼るのもありかもしれません。ただ、それなりの費用がかかることは覚悟してください。

育毛シャンプーならどんな成分がいい?

育毛剤だけでなく最近は、育毛シャンプーも多く販売されています。普通のシャンプーは使用感や低コスト化のために、界面活性剤や化学成分が多く使われている場合がほとんどですが、育毛シャンプーは低刺激な頭皮に優しい成分でできているのです。

育毛シャンプーを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

アミノ酸の洗浄成分

シャンプーには、「アルコール系シャンプー」、「石鹸系シャンプー」 、「アミノ酸系シャンプー」があり、育毛シャンプーはほとんどが「アミノ酸系シャンプー」になります。

これらの違いは洗浄成分です。アミノ酸を洗浄成分とした育毛シャンプーは肌になじみやすく低刺激で、アルコールシャンプーに比べ洗浄力はかなり弱くなっていますが、それゆえに皮脂をとりすぎることがなく頭皮を良好な状態に保ってくれます。

頭皮状態別で必要な成分は違う

育毛シャンプーは、自分の頭皮状態に合わせたシャンプーを選ぶ必要があります。頭皮状態によってどのようなものを選ぶべきか簡単にまとめました。なお、基本的に無添加・低刺激のものを選ぶべきです。

頭皮状態別、育毛シャンプーに必要な成分

  • 乾燥:保湿成分や植物オイルなどの頭皮のうるおいを持続させる成分。
  • ベタつき・オイリー肌:オレフィンスルホン酸Naなどの洗浄力が強い成分。
  • 炎症:グリチルリチン酸など肌の炎症を抑える成分。

育毛剤を使用する前に薄毛の原因チェック!

育毛剤を選ぶ前に、自分の薄毛・抜毛の原因はどこからきているのか、しっかりと原因をチェックすることも大切です。たとえ、効果のある育毛シャンプーに出会えたとしても、これらの要因を放置したままでは、根本的な解決にはなりません。 

ストレス

現代人は非常に多くのストレスを抱えています。仕事、人間関係、生活環境など多岐にわたり、人によってその種類はさまざまです。これらストレスの原因をなくすことは非常に困難でしょうから、何かひとつでもストレスを解消させる要素を生活に取り入れるようにしましょう。

運動であったり、趣味であったりストレス解消法は人によって異なるでしょうが、おすすめは「好きなことに打ち込む時間を作る」です。 日頃のストレスを忘れ、好きなものに没頭できる時間を日常に取り入れることで、ストレスは軽減できるはずです。

タバコ・飲酒

タバコや飲酒の習慣は肌荒れの原因ともなり、当然頭皮にも悪影響を及ぼします。直接的に肌状態を悪化させることはもちろん、他の生活習慣病の原因ともなり、いくつもの疾患を誘発する可能性もあるのです。

ストレスの解消効果は確かにありますが、習慣化すれば健康被害がひどくなる一方ですので、なるべく控えるようにしましょう。 

食事

食事は育毛の基本中の基本といえます。そもそも髪の毛自体が18種類ものアミノ酸が結合してできる「ケラチン」というタンパク質で形成されていますので、効率よくアミノ酸を合成できるようビタミンやミネラルをしっかりと摂取することは重要なのです。

もちろん、ビタミンやミネラルのみを大量に摂取すればよいというわけではありません。過剰摂取は意味がないばかりか体に害を及ぼす可能性もありますので、適度にバランスよく栄養素を摂らなければなりません。育毛に良い成分をまとめましたので、これらを含む食材を積極的に使うようにしましょう。

育毛に大事な成分

  • 良質なタンパク質:髪の毛を作る成分です。とくにDHTの生成抑制・ホルモンバランスの調整などの作用がある大豆が良いでしょう。
  • ビタミンB群:ビタミンB群は育毛をサポートしてくれる働きがあります。なかでも青魚に多く含まれるビタミンB6は、アミノ酸の代謝に不可欠な栄養素です。
  • ビタミンD:カルシウムの吸収をよくする栄養素です。黒い髪の色素を作り出すためには必要な成分といえます。
  • ミネラル:他の栄養素の吸収を高めてくれる成分です。中でも牡蠣・青魚に含まれる亜鉛には、DHTの生成を抑える働きがあります。

睡眠

髪は日中、紫外線・ちりやほこり・湿度や気温によってダメージを受けています。このダメージの回復は睡眠中に行われますから、睡眠不足に陥ると十分に回復しないため、抜毛・薄毛の原因となってしまいます。

この状態を解消するためには「良質な睡眠」を摂る必要があります。「良質な睡眠」とは、ただ長時間寝るのではなく、眠たくなったタイミングですんなりとそのまま眠りにつけるような睡眠を指すのです。

たとえ、長時間眠ってもいわゆるまどろみの状態が長く続き、なかなか寝付けなかった場合は、良質な睡眠とは呼べません。

心当たりがある方は、なるべく同じくらいの時間帯に床につくように習慣づけ、生活リズムの中で睡眠を見直しましょう。

頭皮環境

強い紫外線、夏場の汗、冬場の乾燥などさまざまな自然条件に加え、上記のストレスや食生活の乱れも頭皮環境を悪化させる原因になります。頭皮環境が悪化すれば、当然、薄毛・抜毛も発生しやすくなりますから、そうなる前に、きちんとした頭皮状態を保つようにしましょう。

そのためには、紫外線・乾燥対策をしっかり行い、生活習慣もなるべくきちんと整えなければなりません。育毛剤は頭皮環境を整える手段のひとつなのです。 

育毛剤に関するQ&A

育毛剤に関する疑問点に回答いたします。気になっている方は、どうぞご覧になって、疑問解消してください。

育毛剤を買うのが恥ずかしい時は?

多くの通販サイトで、送られてくる箱が何かわからないようにしてくれるサービスを行っていますので、利用するとよいでしょう。

育毛剤を使用しているとばれるのが恥ずかしい人のためのサービスを、多くの通販会社が行っています。注文する前に電話やメールなどで尋ねてみましょう。 

育毛剤は10代から使える?

まだ成長過程の中高生が使用した場合、ホルモンバランスが乱れる可能性がありますので、使用する場合は医師に相談しましょう。

育毛剤のほとんどが医薬部外品ですから使用は可能ですが、多くのメーカーで未成年の使用は推奨されていません。それでも使いたい場合は、医師に一度相談した上で、なるべく低刺激で男性ホルモンに影響を及ぼす成分が入ってないものを選ぶべきでしょう。 

育毛剤はいつ使えばいい?

入浴後で、髪を完全に乾かした後に使用してください。

髪に湿気が残った状態で使うと効果が落ちますから、しっかりと髪を乾燥させた後に使いましょう。 

育毛剤を成分で選んで合ったものを早く見つけよう!

髪に与える効果別に相応しい成分と育毛剤ご紹介しつつ、育毛剤の成分表の見方・選び方、育毛シャンプーの選び方、薄毛の原因なども解説してきました。髪質・肌質・頭皮の状態などによって使うべき育毛剤は変わってきます。

この記事を参考にして自分にもっとも合った育毛剤を探し出し、同時に育毛に悪い生活習慣は改めるよう心がけましょう。

最適の1本を見つけ生活習慣を改善すれば、きっと黒々とした若々しい髪の毛を取り戻せるはずです!