在宅ワーク・内職のおすすめランキングベスト5!初心者も始めやすい人気のお仕事とは?

| 暮らし
Share:

​在宅&内職歴20年のベテランに聞く!初心者でも稼げるお仕事

皆さんは、働くといえば、何を思い浮かべますか?大多数の方は、会社に行って仕事をしたり、アルバイトやパートなどを思い浮かべるかと思います。しかし現代ではそれらの働き方以外にも、自宅に居ながら働くことができる在宅ワーク内職という仕事もあるのです。今回は、在宅ワークや内職はどうなっているのか、その実態を見ていきましょう。

  • 比較した在宅ワーク・内職の数⇒30種類
  • 参考にしたサイト⇒30種類​

在宅ワークや内職は稼げるのか、稼げるとしたらどれくらい稼ぐことができるのでしょうか。

在宅ワーク・内職の選び方は2つ

在宅ワークや内職の選び方は主に二つあります。

作業内容は自分に合っているかどうか

まずは、作業内容が自分に合っているかどうかを確かめましょう。この二つに共通する点は自宅で仕事をすることです。当然仕事内容は家でできるものが基本となりますが、中には郵送や取材などが必要になる場合があります。つまり、在宅ワークや内職は家でダラダラできる仕事というわけではなく、むしろ作業内容によっては外で働くよりも作業が多くなることがあります。外で働いていれば困ったときは同僚や上司などが助けてくれますが、在宅ワークや内職は困ったことやわからないことがあってもすぐにレスポンスが来るとは限りません。そのため作業内容がしっかりと理解できていることが必要となります。

お給料形態や振込時期に納得できるかどうか

次に、給料形態や振り込まれる時期が納得できるものかも大事です。アルバイトやパートは時給制で正社員は月給制など、給料形態が決まっていますが、在宅ワークや内職は必ずしも給料が同一であるとは限りません。例えばA社から引き受けた仕事は時給制であるが、B社から受けた仕事は月給制であるということもあるのです。仕事をする際は、必ず自分にあった給料形態のものを選ぶようにしましょう。

また、振り込み時期も大切です。仕事をするということは、日々の生活を過ごすためのお金を得るということです。いくら大金がもらえても、それをもらうまでに満足な生活ができないのであれば意味がありません。通常ならば給料は当月振り込みか翌月振り込みとなりますが、在宅ワークや内職の場合は翌々月振り込みであることも多いのです。

ということは仕事をしても実際に給料が振り込まれるのは2か月先になってしまうのです。納得できているのであれば問題はありませんが、しっかり把握していないと今月生活ができなくなってしまう、なんてことになる可能性もありますので注意しましょう。

在宅ワーク・内職のおすすめ総合ランキング

それでは、在宅ワーク・内職のおすすめ総合ランキング​を紹介します。

1位:データ入力

第一位は、いわずと知れたデータ入力です。在宅ワークといえば大半はこれを思い浮かべるのではないでしょうか。

データ入力では、主に決められたデータをパソコンに入力していく作業をしていきます。タイピングが得意な方や、単純作業が得意な方に向いている仕事といえるでしょう。データ入力は大きく分けてコールセンター事務データ入力のみの三つとなっています。しかしコールセンターと事務に関しては、実際に会社に出向いて行うことになるため、在宅での仕事とはなりません。

データ入力のみの仕事は在宅であることもありますが、その分専門性が問われることがあり、タイピングのスピードや正確性、一般的なパソコンの知識が必要となります。最近では学校でも情報処理などの授業でパソコンの使い方を学ぶ機会も多いと思いますで、それらでしっかり勉強できていれば問題はないでしょう。最も大事なのは正確性です。入力するデータに誤りが多くあったのでは仕事を依頼している意味がありません。入力が完了して納品する前に必ず間違いがないかをチェックしましょう。

2位:シール貼り

第二位はシール貼りです。 シール貼りとは、商品に値札やバーコード、商品PRのシールを貼る作業のことです。文字通りシールを貼る作業となりますので、特別難しいこともやらず必要な技術も特にありません。なので誰でもできる仕事として有名です。

しかし、気を付けなければならないのが商品です。通常のシール貼りは倉庫で行い、そこにある商品にシールを貼る作業となっており、商品に不備があったら別途取り替えてシールを貼ったり、商品の管理は会社に任せたりできるのですが、在宅でやる場合は予め必要量の商品を受け取った状態で始めるため、その商品を自分で適切に管理しなければなりません。

つまり、商品を傷つけたり壊したりしないように気を使わなければならないのです。特に小さい子供などがいる方はなおさら注意しなければなりません。そのため一人で住んでいる方におすすめの仕事といえるでしょう。

また、商品をどのように受け取るかも問題です。業者によっては商品を郵送してくれるところもありますが、その場合は送料はどちらが負担するかも確認しておきましょう。場合によっては発注元まで商品を取りに行かなければならないこともあるため、その場合は車などがないと持ち運びに不便です。シール貼りをする場合は、これらの点をあらかじめ確認しておきましょう。

3位:ライティング

こちらも在宅ワークや内職で人気の仕事です。ライティングとは、指定された内容の記事を書く仕事のことです。ブログの投稿を任されたり、受注者が独自に作ったサイトに記事を投稿したり、メルマガを書いたりと、ライティングには様々な種類があり、それぞれ必要な技術も違ってきます。

サイトによっては画像を用意することもあるため、画像収集能力に長けている人がおすすめです。インターネットにはフリー画像がありますので、そちらを使用したり、自分で写真を撮ってそれを使用したりします。

ライティングで気を付けなければならないことは著作権肖像権です。他のサイトの文を丸パクリしてしまっては権利的にも危ないです。画像に関しても、個人ブログに投稿されている画像を勝手に利用したり、許可のないのSNSサイトに投稿されている画像を無断で使用すると訴えられてしまいます。それらは使用しないようにしましょう。基本的には、無断転載禁止と書かれているものに関しては使用することができないので覚えておきましょう。

ライティングでは様々な知識が必要となります。美容のサイトならば美容に関する知識が、運動のサイトなら運動に関する知識が必要になります。皆さんもこれまでの人生で培われてきた知識があると思います。ライティングを始めるなら、まずはその知識を活かせるようなサイトでライティングを行ってみると良いでしょう。

4位:包装や袋詰め

内職で有名な包装と袋詰めです。名前の通り、商品の包装を行ったり、袋詰めをしたりします。コンビニやスーパーなどでアルバイトをしていた方は、包装や袋詰めの経験があると思いますので、勝手もわかっておすすめです。包装や袋詰めは、場合によっては前述したシール貼りも一緒に行う場合があります。

包装や袋詰めで大事なのは丁寧さです。雑に包装や袋詰めをしていると受注者の印象も悪くなってしまいます。一個一個丁寧に包装や袋詰めを行いましょう。

5位:検品

検品は包装や袋詰めと一緒に行うことが多いです。商品を検査して、欠陥がないか不良品が混ざっていないかなどをチェックします。また、以前は食品で騒がれていた異物混入についても、この検品でしっかりとチェックして製品に不備がないかを確認しています。検品を終えた後、場合によっては包装や袋詰めを行って発注者に商品を送ったりもします。

在宅ワーク・内職の求人ならこのサイトをチェック!

在宅ワークや内職は、どのようなサイトで仕事を見つければよいのでしょうか。ここでは仕事を発注しているサイトを紹介します。

クラウドワークス

クラウドソーシングと呼ばれる、インターネットから個人や企業へと仕事を発注するサイトの中でもトップクラスの規模を誇るサイトです。ひとえに在宅ワークといっても、様々な種類のものがあります。内職系の仕事やポスティングなど、幅広い職業を募集しているので在宅ワークや内職以外にも仕事を探している方にもおすすめのサイトとなっています。

ランサーズ

こちらもクラウドワークスと同様にクラウドソーシングで最大手と呼ばれるサイトです。クラウドワークスとはまた違った種類の仕事もありますので、二つのサイトを比較してやってみたい仕事があったら応募してみましょう。

マイナビ

マイナビといえば、大学や専門学校、あるいは高校などで使用したことがある方もいるのではないでしょうか。就職活動ではおなじみとなっているサイトです。就職に使えるだけではなく、アルバイトや在宅ワークなどの仕事を探すときにも重宝するサイトですので、使用したことのある方は再び使ってみると新しい発見があるのではないでしょうか。

an

こちらも大手求人サイトとなっています。在宅ワークや内職はもちろん、モニターなどの普段ではあまり見かけることがない仕事もあります。様々な業種の仕事をやってみたいという場合はanを使ってみると良いでしょう。

在宅ワークと内職ってどんなお仕事をするの?

在宅ワークや内職は、どのような仕事をするのでしょうか。​

商品作りや検品をして郵送するタイプ

一つは、商品づくりや検品などの作業です。古き良き小説や漫画でこういった内職をしている描写もあるため、内職といえばこれ、というイメージがある方もいるのではないでしょうか。

商品づくりや検品は作業自体は簡単なのですが、その分商品を傷つけないようにしなければなりません。不良品をつくりだしてしまったらそれを弁償しなくてはならなくなることもあります。働いていて給料を得ているのに弁償をするのでは意味がありません。これらの仕事をするときは細心の注意を払って行うようにしましょう。

パソコンを使って作業をするタイプ

もう一つはパソコンを使用した作業です。現在ではインターネットが発達したおかげてパソコン一つで仕事をすることが可能となりました。中ではパソコンを使用した仕事で大金を稼いでいる方もいるほどです。外での仕事ができないと思っている方は、一度パソコンを使った仕事をやってみると、こういった道もあるということがわかって新たな道が開けるのではないでしょうか。
パソコンの仕事は求人も多いのですが、その分応募する人も多いのです。なので良い条件の仕事が見つかっても、100%受けられるかどうかはわかりません。試験に不合格なら落ちてしまいますし、実力がないとそもそも受けることすらできないものもあります。様々な仕事がありますが、その分実力を問われるので自分の実力に自信がある方は挑戦してみてください。

【収入比較】在宅ワーク・内職vs外でバイト

在宅ワークや内職と外で働くのは、収入面ではどちらが良いのでしょうか。メリットやデメリットを踏まえて紹介していきます。

商品作りの内職の収入は月3万円以下

内職の収入の相場としては、およそ月3万円以下となることが多いです。仕事の単価自体が低いので、数をこなしても月に入る金額はこの辺りとなるでしょう。しかし単価が安い分他の仕事と比べると作業自体は簡単なものばかりですので、お小遣い稼ぎにはちょうどいいと思います。スキマ時間でできるので主婦の方や外で仕事ができない事情がある方などが働くものとしては良いですが、内職を専業にするのは非常に難しいでしょう。

パソコンでの在宅ワークの収入は月4万〜6万

パソコンでの在宅ワークは、仕事を募集しているサイトの平均を見てみると月4万から6万ほどであるといわれています。仕事の単価は内職と比べれば高いものの、スキマ時間でできるというわけではなく、1時間単位でのまとまった時間が必要となります。在宅ワークを行っている方の中には本業と並行して行っている方もいますが、そういった人たちは自分のプライベートの時間を削ってでも副収入を手に入れているのです。

しかし、在宅ワークは内職とは違い専業にすることも可能です。最近では仕事を募集しているサイトの努力により、低単価案件が減って高単価案件も徐々に増えてきています。中には在宅ワークで生計をたてている方もいたり、人によっては年収1000万を超える方もいます。自宅で仕事をして高収入を得ることも不可能ではないという夢がありますが、その分実力が問われます。実際に在宅ワークで活躍している方のほとんどは、過去に会社で実績を上げた人も多いのです。

とはいえ、初めての方でもそこそこ稼ぐことはできるので、まずはやってみるのもよいでしょう。

外でするバイトの平均は月5万〜10万

外でアルバイトやパートをする場合は出勤日数や時給にもよりますが大体5万から10万くらいは稼ぐことができます。上記の二つの仕事と比べると、稼げる可能性は高いですが、その分移動時間や長時間働く必要があります。在宅ワークや内職は、移動時間分も働くことができるので、その点ではそちらの方が優れているといえるでしょう。

また、勤務地によって時給が異なることもあります。時給850円のところもあれば、時給1,000円以上のところもあるのです。特に都会は時給が高く、田舎の方は時給が低いという傾向があります。その点も在宅ワークならばネットで仕事を得ることができますので、単価が場所によって変わるということはありません。

とはいえ、やはりある程度の金額を稼ぐことができるのは外でのアルバイトやパートです。より確実にそこそこのお金を稼ぎたい場合はアルバイトやパートがおすすめとなります。

在宅ワーク・内職の始め方は?初心者必見のハウツー

在宅ワークや内職はどのようにして始めればよいのでしょうか。ここでは仕事の始め方や一連の作業を紹介します。

求人サイトから気になるお仕事を選ぶ

まずはアルバイトやパートと同じく仕事を探すことから始まります。上記に紹介した仕事を発注しているサイトをめぐって、自分ができそうな仕事や気になる仕事を探してみましょう。

ここで気を付けることが、初めてだからといって低単価案件のものを選ばないことです。高単価案件は低単価案件と比べると責任のかかり方や仕事内容の質が違いますが、逆にそういった仕事を受けることで業務にハリを与えることができます。だらけずに仕事をしたり、なるべく多く稼ぎたいと思っているならば実力に自信がなくても高単価案件を狙ってみましょう。そこで学べることも多いのでおすすめです。

会社に連絡・履歴書や自己紹介を送る

仕事に応募したら、次は自分をアピールします。会社へ履歴書を送ったりするのですが、クラウドソーシングの場合は自己PR欄にこれまでの実績や自己紹介、持っている資格などを記入していきます。

自己紹介では、誇張表現やウソなどは書き込まずに正しい情報を記入するようにしましょう。同時に自分の強みだと思うところは恥ずかしがらずに素直に記入することも大事です。企業はその人の特徴を見て仕事を発注するかどうかを判断します。自分の長所だと思う部分はしっかりと書き込んでおきましょう。

テストや電話研修などがあれば参加

仕事に応募して受注することが決まる前に、企業によってはテストや研修などがあります。その場合はしっかりとそれらを受けておきましょう。

ただし、研修はともかくテスト(トライアル)がある場合はしっかりと報酬があるものを選びましょう。仕事を発注する企業や個人によっては、トライアルやテストに報酬を払わないところもあります。いくら採用する立場とはいえ、テストを行ったのならば受注者にも報酬をもらう資格はあります。報酬なしのところはなるべく受けないようにしましょう。

商品やデータが送られてくるのを待つ

仕事が決まったら、商品やそのデータが送られてくるのを待ちます。それらが手元に届いたら、いよいよ作業スタートです。

作業は丁寧に行うようにしましょう。仕事には納期がありますが、納期に間に合わせたいからといって雑に仕事を終わらせるのはNGです。これでは仕事が終わっても、発注者からの印象は最悪となってしまいます。発注者側も納期に余裕をもってスケジュールを組んでくれますので、仕事は確実に丁寧に行いましょう。

作業が終われば連絡し、報酬を振り込んでもらう

作業が終わったら、その旨を発注者に連絡しましょう。その商品やデータを納品してOKが出て初めて仕事が完了となります。修正があった場合は、それに対応してもう一度作業完了の報告をしましょう。

仕事が完了したら、発注者から報酬を振り込んでもらいましょう。発注者側も多くの人たちに仕事をふっているため、たまに報酬を振り込み忘れることがあります。期限が来ても報酬が振り込まれていなかった場合は、その旨を発注者に問い合わせてみましょう。

もし作業が完了して催促したにもかかわらず報酬が振り込まれなかった場合は、仕事を応募したサイトに問い合わせてみましょう。

そもそも在宅ワーク・内職の定義とは?

そもそも、在宅ワークと内職はどのような違いがあるのでしょうか。

在宅ワークはパソコンを使ったフリーの仕事

在宅ワークの場合は、主にパソコンを使ったフリーの仕事のことを指しています。フリーランスとも呼ばれており、個人で仕事に応募し、作業してお金を得ているのです。

在宅ワークは他の仕事とは違って雇用主が一人とは限りません。実際に在宅ワークを行っている方の中には複数の雇用主から仕事を受注している方もいます。複数から仕事を受注することで、その分報酬も増えて自分の名前を売ることができるのです。至れり尽くせりですが、その分仕事量が多くなるのでスケジュール管理はしっかりしておく必要があります。

近年では在宅ワークのみで生計を立てている人もいます。そういった人たちは上記のように複数の仕事を請け負ったり、高単価案件を請け負ったりしているのです。在宅ワークのみで生計を立ててみたいと思っている方は、まずは自分の無理のない範囲でこれらのことを実践してみてください。

内職は会社に雇われた家内労働のこと

内職とは会社にやとわれた家内労働のことを指しています。在宅ワークと違って雇用主は一人となります。

内職では家内労働法というものが適用されます。どういう法律なのかというと、仕事でのトラブルを防ぐために家内労働手帳と呼ばれる仕事内容や報酬の金額などが記されたものを交付したり、工賃をしっかり払うことを定めたり、安全や衛星の確保をしっかりするように定められたものとなっています。

もし家内労働法に違反していることがあったら、労働者は労働基準監督官​に報告することができます。家内労働者は立場的には雇用主よりも弱く定められていますが、この家内労働法があるおかげで保護されているのです。

在宅ワーク・内職の気になるQ&A

 在宅ワーク・内職の​疑問について答えていきます。

Q高校生ですが、内職をする事はできますか?

高校生に内職を発注する雇用主はほとんどいません。大抵の企業は内職をする場合は18歳以上である必要があります。内職はほぼできないといっていいですが、在宅ワークなら高校生ができるものも少なからずありますので、そちらを探してみてください。

Q在宅ワーク・内職だけで生活していく事は可能ですか?

実際に在宅ワークで生活をしている方もいます。実力があれば一般企業で働くよりも多くのお金を稼ぐことも可能です。ただしその場合はそれ相応の責任も負いますし、それほど多くのお金を稼いでいる方たちの割合は在宅ワークをやっている人たち全体で見てみると非常に少ないです。不可能ではありませんが狭き門であることは確実です。

Q在宅ワークや内職は会社にバレずにできますか?

何も対策をしていないと当然バレます。会社にバレないようにするためには、年末調整ではなく自分で確定申告をする必要があります。
副業をしていることが会社にバレる多くの原因が住民税です。会社で働いていると住民税の支払いは特別徴収といって会社の給料から天引きされるのですが、在宅ワークなどの支払いも特別徴収にしていると会社にその旨が記された通知書が送られてしまうのです。
会社にバレずに副業を行いたい場合は、税理士などに相談してみましょう。

在宅ワーク・内職は自分のライフスタイルと性格に合わせて選ぼう

現代では、仕事は外に出てするものだ、というものではなくなってきています。もちろんそういった仕事が多いのが現状ですが、徐々に在宅ワークや内職などをしている方も増えてきています。中には在宅ワークだけで生活をしている方もいるので、会社で働かなければいけないというわけでもないのです。

しかし、これを簡単に考えてはいけません。確かに在宅ワークで生計を立てている人たちはいますが、社会的な保障は会社の方が上であることが多いのです。自由に仕事ができる反面会社よりも保障が少ないこともありますので、在宅ワークで生計を立ててみたいと考えている方はそれを覚悟で挑戦してみてください。

今ではアルバイトやお小遣い稼ぎとして働くことも可能です。今までやったことない仕事をやってみたいと思っている方は一度チャレンジしてみると良いでしょう。