オルビスクレンジングリキッドは毛穴に悪い?成分解析と2ヶ月使ってわかった効果の真相は!?

| クレンジング
Share:

オルビスクレンジングリキッドは肌に悪い?実際に使って感じたこと

毎日のスキンケアと同じくらい美肌に重要なのがクレンジング。あなたは今使っているクレンジングに満足していますか?

メイクの基剤はオイルであることが多いので、一般的なクレンジングも馴染みやすいオイルベースが多いです。しかしオイルベースのクレンジングはメイク落ちがいい分使用感が悪かったり肌荒れをすることも……。

そこでオイルベースではなく入浴中にも使えて、肌に優しいと評判の「オルビス クレンジングリキッド」に注目しました。発売から約15年以上もヒットし続けているメイク落としですが、少なからず悪い口コミも聞こえてきます。

  • 実際に使った期間⇒60日間
  • 検証した口コミ⇒265件
  • ワガママ解消度⇒★★★★☆

今回はその真相を探るために、詳しくリサーチするだけでなく実際に2ヶ月間使用してみたレポートもお伝えしていきます!

\オルビスの15年連続売り上げNo.1商品/

Source: 公式サイト

クレンジングリキッド

  • 編集部評価:★★★★★総合95点
  • 価格:1,440円
  • 内容量:150ml
  • メーカー:オルビス

オイルフリーなので入浴時にも使え、マツエクをしてても大丈夫です。時短・コスパともに良し!リニューアルしてさらにメイク落ちがよく、肌に優しくなったオルビスクレンジングリキッドは15年以上ものロングセラーで数多くの人々が愛用しています。

公式サイトを見てみる

オルビスクレンジングリキッドの悪い口コミから分かったデメリット

ロングセラーを誇るオルビスのクレンジングリキッドですが、ちらほら悪い口コミも見受けられました。

  • 使い心地が重たい
    1/5
    30代後半
    使い心地としては、重たい。 結構伸ばすのに力を使います。 ただし、水とのなじみ方、落ち方は抜群です。 驚愕するほどさっと落ちて、残りません。 ダブル洗顔不要なぐらいです。

    @コスメ

  • クレンジング後に乾燥します
    1/5
    30代前半
    メイクはしっかり落ちるのですが、落とした後が猛烈に乾燥します。 ちょっと乾燥しやすい方とかだとかなり乾燥して大変なことになってしまいそうな気がします。

    @コスメ

オイルフリーなのにモッタリと重いテクスチャー肌に広げづらくて苦労しているという声がありました。

これはメイク落としの使用感の好き嫌いも関係しているかもしれません。

またそういった感想を書かれている人の中には、メイクに馴染ませるときに力を入れてしまったり、何度も摩擦を与えてしまって、その刺激で肌にダメージを与えてトラブルを起こしているケースが多く見受けられました。

確かに使ってみると肌に広げにくいのですが、2プッシュくらいでゆっくりと優しく回すように広げていけばメイクが馴染んで落ちていきます。そしてオイルフリーなので洗い上がりがサッパリとしますが、人によってはつっぱって乾燥を感じる人もいました。

一般的なオイルクレンジングとは違うものなので、肌に合う人と合わない人、使用方法が合う人と合わない人がいるようですね。

オルビスクレンジングリキッドのデメリット

悪い口コミを総合してみると、以下のデメリットが見えてきました。

  • モッタリと重たいので肌に広げづらいので2プッシュくらい必要
  • 洗い上がりがサッパリして乾燥を感じる場合がある
  • 成分自体が合わない人がいる

公式サイトを見てみる

オルビスクレンジングリキッドの良い口コミから分かったメリット

愛用者たちの良い口コミを見てみましょう。中には「10年以上愛用している」という人もいました。

  • するするメイクが落ちる!
    5/5
    20代前半女性
    肌への負担はまったく感じませんし、洗い流した後も乾燥知らずです。 これだけクレンジング力があるのに乾燥しないのには驚きでした。

    @コスメ

  • コスパもいい!
    5/5
    30代後半女性
    すっとなじんで、すっきり、そして肌に優しい。 おすすめの商品です! 値段もお安く買えて大満足。。毎日たっぷり使えます~~!

    @コスメ

ダントツだったのが、メイク落ちがよく、肌に負担が少ないという感想でした。そういった人たちの多くはやはり1プッシュではなく2プッシュ以上使っているようです。

またオイルベースではないので水とよく馴染んで、むしろ入浴中の方が伸びがよくなり、毛穴の汚れまでよく落ちてスッキリするという意見が多かったのも驚きです。

通常のオイルクレンジングでは入浴時に使用すると水と油が馴染まなくて使えませんから、クレンジングの概念が覆されてしまいますね!

価格面でも高評価が多く、比較的、高価ではないけれど大きなボトルにたっぷりと入っているので長持ちしますし、詰め替え用も販売されているのでコスパがとてもいいという感想が多かったです。

限定販売されているオシャレなムーミンボトルを購入した人も多かったのは印象的でした。可愛いボトルを見ているだけで、乙女心をくすぐられてしまいます。

オルビスクレンジングリキッドのメリット

高評価の口コミをまとめてみると、次のようなメリットがあがりました!

  • コスパがいい
  • メイクがするする落ちる
  • 肌へのダメージが少ない
  • お風呂でも使える

公式サイトを見てみる

【体験レポート】注文から2ヶ月試したリアルな効果

口コミや体験談だけでは真相がわからないので、編集部の20代後半のAさんが実際に使用してみることにしました。

会社員なので毎日メイクをしていますが、メイク落としが不十分なのか毛穴に黒ずみができてしまっています。あとたまにニキビができてしまうのが悩みだそう。

時々ニキビができる割には乾燥肌で、乾燥する季節はさらに肌にダメージがかかって敏感肌になってしまうので、冬のメイクやスキンケアに苦労しているそうです。

オルビスクレンジングリキッドは突っ張るという口コミもありましたが、逆に突っ張らないで保湿されているという声もあったので、どちらが本当なのか使ってみて確認したいですね!

とりあえず試しで1本を使い切ってもらうことにしました。オルビスクレンジングリキッドの1本の容量は150mlと大容量でおよそ2ヶ月持つということなので、長期戦になりますが2ヶ月頑張って使ってくれたレポートを見てください!

商品到着!送料無料が嬉しい!

オルビスの公式サイトで注文してから早2日、さっそくクロネコヤマトさんのメール便で到着しました!たった1本だけの注文でしたが、送料無料、代引き手数料無料だったので、かかった値段はわずか1,440円のみ。

これで2ヶ月分とは驚きです!Aさんはこれまで色んなクレンジングを使ってきましたが、3,000円や4,000円という商品も少なくなかったそうで、値段の安さにびっくりしていました。

あまりにおトクなので、逆に本当に肌にダメージがないのかと心配するAさん……。

コスパがいいけどきちんとした商品なのか、メイク落ちや肌への優しさなどを使いながら編集部みんなでAさんの肌を観察していきます!

早速使ってみた!

商品到着後、Aさんは目の前で包装を解いて開けてくれました。クレンジングリキッドのボトルはクリアな透明感があって、すっきりとしたスタイリッシュなボディ。2ヶ月も使うのですから、ダサいものだと気分的にも飽きてしまいますよね。

でもビジュアル面で合格点を出したAさん。「これなら洗面所やお風呂場など、デザイン的に場所を選ばないでどこにでも馴染むしダサくならないのでGOOD!」だそうです。

早速その夜、自宅の洗面所でメイクオフをするために使ってみてくれました!ここからはAさんが教えてくれた使用感をお伝えします。

「とりあえず1プッシュ出して使ってみましたが、確かにモッタリとしたテクスチャー。オイルフリーと言われなければ普通のオイルクレンジングだと思ってしまいそうです。」

この量とテクスチャーでは肌全体に上手く伸ばしにくかったので、口コミでも2プッシュ出している人が多かったのを思い出して、もう1プッシュ出してみたそうです。

合計2プッシュだと肌へ伸ばす時もいい感じでメイクにも馴染ませやすかったと話してくれました。

「香りは無香料と書いてありましたが、まったく無臭というよりはおそらく成分(?)の香りが少しします。しかし嫌な感じがするわけではなく特に気になるほどではありません。」

「水で洗い流す時もオイルクレンジングのように落ちにくさを想定していたのですが、2度洗いがいらないくらいさっぱりと落ちました

オイルクレンジングを使った時の、顔に油膜を張った感がなく、目に膜が張る感じもなくスッキリなのに、メイクがしっかりと落ちました!」

ちなみにこの日はウォータープルーフのマスカラを使っていないので、口コミにあったメイク残りは特に感じられなかったとか。

【1週間後】クレンジングの時短でストレスフリー

水によく馴染むことを実感してから、翌日以降は入浴時に使っているというAさん。シャワーで濡れた手で使っても水が弾くことなくメイク落としができる点は、「さすがオイルフリー!」と感動だったと話してくれました。

確かに口コミにあったように、濡れた手でクレンジングリキッドを馴染ませると滑りもよく、かといって洗浄力が落ちるわけでもないようで、メイク落としに支障が出るわけでもなかったと話してくれました。

それどころか、洗面所で使った時より体が温まって毛穴が開くせいか、メイクがもっとよく落ちている感じがしたのだそうです!

今までは仕事で疲れていても、

クレンジング⇒入浴⇒スキンケア

というステップを踏まなければいけなかったのが、オルビスクレンジングリキッドを入浴時に使うことで、

クレンジング&入浴⇒スキンケア

とワンステップ減って手間が少し省けたと喜んでいます。

しかもオイルクレンジングだと2度洗いで時間がかかっていたのが、1度洗いでスッキリするので時短にもなり、仕事後の疲れがあってもメイク落としが楽だと言っていました。

口コミで落ちにくいという意見が多かったウォータープルーフマスカラについて聞いてみると、入浴時にしっかり馴染ませると落ちやすかったと話してました。でもやはりウォータープルーフマスカラなどを使った日は2度洗いをするそうです。

今まではメイクオフしないで寝てしまうこともあったAさんですが、「これなら面倒臭くないので毎日欠かさずメイクオフができそう!」と意気込んでいました。

【1ヶ月後】毛穴の黒ずみが改善されてきた!

オルビスクレンジングリキッドを使い始めて1ヶ月後。なんと、Aさんの悩みだった毛穴の黒ずみが編集部のみんなから見ても改善されてきました!Aさん自身の感想によると、「クレンジングを変えたことで毛穴がスッキリしてきたということは、今まで使っていたクレンジングの洗浄力が悪かったのか、オイルを上手く流せずに肌に残ってしまっていたのかもしない」とのことでした。

また、オイルクレンジングの時は乾燥をすごく感じていたのですが、オルビスクレンジングリキッドを使い始めてからは肌がシットリしている気がするそうです。

編集部の他の子たちにも一緒に見てもらいましたが、「確かにカサカサ気味だったAさんの肌が潤っているかも!」とほとんど意見が一致。オルビスクレンジングリキッドの保湿効果はかなり影響しているのかもしれません。

【2ヶ月後】肌の調子が良くなってきた!

使い始めて2ヶ月後、Aさんの肌の乾燥や毛穴の黒ずみがだいぶ改善しました!クレンジングを変えるだけでこの効果は驚き!と編集部の子達の中で話題になっています。

Aさんによると「オルビスクレンジングリキッドで毛穴まで綺麗に洗えて、保湿効果で潤っているからか、なんとなく新しいニキビができにくくなってきている気がします。」と嬉しい感想を話してくれました。

2ヶ月試してみてわかった効果

  • 時短できて毎日のメイク落としを欠かさなくなったことで、肌がきちんと休めるようになった
  • メイクにすぐ馴染んでサッと流せるから、クレンジング成分が長時間肌に滞在しない
  • 以前は気になっていた乾燥が改善した
  • 毛穴の黒ずみがほとんど目立たなくなった
  • ニキビができにくくなった

口コミにあった「突っ張る」という意見がありましたが、乾燥肌でときどき敏感肌のAさんはほとんど感じなかったそうです。

このクレンジングはサッと洗い流せるのが強みですが、「もし濃い目のメイクを時間をかけてこすったとしたら、突っ張るかもしれない」とは思ったとか。

公式サイトを見てみる

【他商品比較】結果は…一番のおすすめ商品は?

オルビスクレンジングリキッドと同じようにお風呂でも使えてマツエクをしていても問題ないクレンジングに、「ファンケルマイルドクレンジングオイル」という商品があります。

どちらも同じように濡れた手でもメイクがスッと落ちると評判なのですが、何が違うのでしょうか?

オルビスクレンジングリキッドvs.ファンケルマイルドクレンジングオイル

オルビスクレンジングリキッドとファンケルマイルドクレンジングオイルが、比較してみました。

オルビス
クレンジングリキッド
ファンケル
マイルドクレンジングオイル
総合評価★★★★★
95点
★★★★★
94点
通常価格1,440円1,050円
内容量150ml /2ヶ月60ml /1ヶ月
特徴オイル・アルコールフリー
無香料・無着色
オイルクレンジング
無添加

価格をみるとわかりづらいのですが、オルビスは2ヶ月間は使えるのに対し、ファンケルは1ヶ月分の量です。ファンケルオルビスと同じ2ヶ月分の量に置き換えてみると以下のようになりました。

オルビス
クレンジングリキッド
ファンケル
マイルドクレンジングオイル
2ヶ月分の価格1,440円

2,100円

2ヶ月分の容量150ml120ml

このように置き換えてみると、価格や内容量ではオルビスの方がコスパがいいことがわかりますね。

肌に優しいのはオルビスクレンジングリキッド

オルビスクレンジングリキッドはどちらかというと洗浄力がファンケルほど強くなく、ウォータープルーフマスカラや濃いメイクなどはしっかりとよく馴染ませないと落ちにくい感じがします。

対してファンケルマイルドクレンジングオイルはウォータープルーフマスカラや濃い目のアイメイクなどもスルっと落ちるという利点があり、濃い目のメイクを頻繁にする人などはファンケルの方がいいかもしれません。

しかしファンケルはオイルベースなので、肌を守っている皮脂がオイルに溶かされて余分に落ちてしまう可能性があります。

皮脂が洗い流されてしまうと肌のバリア機能バランスが崩れて乾燥肌やニキビの原因になるので、そういった点を考慮すると、肌に優しいのはノンオイル・ノンアルコールのオルビスでしょう。

公式サイトを見てみる

オルビスクレンジングリキッドの成分解析・特徴まとめ

オルビスクレンジングリキッドが肌に優しいのはなんとなくわかりましたが、実際にどんな成分や特徴が肌に優しいのかを見ていきましょう。

100%オイルカット処方

オルビスは開発する化粧品をオイルフリーにすることに努めています。このクレンジングリキッドもその一つで、オイルが基剤になっている化粧品を落とすクレンジングでありながら、オイル成分を一切使っていません。

それはオルビスが長年研究してきた「インナー酵素」を活性化・修復させるためでもあります。

インナー酵素とは私たちが食べた栄養を、体に働きかける様々な成分に変換してくれる、いわば作業員のようなもの。どんなに美容に良いものを食べても、インナー酵素が働かないと体はその栄養を使えません。

オルビスの研究では、そのインナー酵素が活性化する環境が「水分だけ」の環境であることを突き止めました。一般の化粧品のように「水分と油分」の環境だとあまりインナー酵素が活性化しないのです。

オルビスがクレンジングにも「100%オイルカット」を採用しているのは、インナー酵素の研究に基づいたものなのです。

ノンコメドジェニック処方

ニキビは毛穴に皮脂が詰まって、ニキビ菌がその皮脂をエサにどんどん増殖して炎症を起こしてしまうことが原因です。

ニキビ菌は皮脂などのタンパク質が大好きで、皮脂に関わらず化粧品に含まれている成分も増殖の原因になってしまうことがあり、そういった化粧品を「コメド(ニキビ)ができやすくなる化粧品」と呼んだりします。

オルビスクレンジングリキッドは「ノンコメドジェニック処方」がされていて、ニキビ菌の原因になる成分を一切配合しない処方になっています。

保湿成分が30%配合

オルビスクレンジングリキッドには保湿成分が全体の30%も配合されています。一般的に化粧水などでも5%〜10%ほどの美容成分配合が多い中、クレンジングで30%とはとても高配合でおどろきですね!それらの配合成分がどのようなものか見てみましょう。

ヒルアロン酸

ヒルアロン酸は、たった1gの量で6リットルもの水分を保持できるほどの保水力をもった、私たちの肌にもともと存在する成分です。オルビスクレンジングリキッドにこの成分が含まれてることにより、メイク落とし後でも肌の水分を保持して乾燥を防ぎます。

アミノ酸

アミノ酸も私たちの体にもとから存在し、美容には欠かせない成分。肌表面の細胞が水分を維持しているのも、ほとんどアミノ酸のおかげと言っても過言ではありません。

ローズマリーエキス

ローズマリーエキスは紫外線によるダメージから守ったり、毛穴の引き締めや殺菌作用などがあり、肌荒れを未然に防いでくれます。

公式サイトを見てみる

オルビスクレンジングリキッドの副作用や心配な点

オルビスクレンジングリキッドが肌へ優しいことはわかりましたが、副作用などの不安要素があるのか心配な人もいるでしょう。でもこのクレンジングはアレルギーテストなどもされていて特に副作用はないので安心してください。

しかし、メイク落ちについては一般的なオイルクレンジングとは少し違っています。ベースメイクも目元メイクも濃い目の人は、しっかりと落としたいからとゴシゴシこするケースがあるかもしれませんが、肌に残ったメイク成分がこすれて肌が傷つきます。

また、いくら肌に優しくてもクレンジング成分を長時間肌にのせておくと肌にダメージが加わり、逆効果になることもあるので要注意です。

公式サイトを見てみる

オルビスクレンジングリキッドの会社・メーカーは安心?解約・返金保証

数多くの人々に愛用されて成分や技術なども信頼できるものだということがわかりましたが、その開発源であるメーカーは安心できる会社なのでしょうか?

大手化粧品メーカー「オルビス」

創業30周年にもなる大手化粧品メーカーで、様々な化粧品やサプリメントなどを開発・販売しています。その売り上げは業界ナンバー2を誇ると言われています。

オルビスの会社内部についてブラック企業という話は全く聞きません。業務形態なども比較的安定していて、社員や従業員からの口コミも高評価が多いホワイト企業なので信頼と安心感をもっても大丈夫でしょう。

30日間の返金保証あり!

オルビスの商品は、購入後30日以内であれば返金保証があります!

オルビスの商品を通販で購入すると、返品の時に使える「返品受付票」「返送宛先ラベル」が一緒に付いてくるので、肌に合わないなどで返品したい場合はまずフリーダイヤルで返品の問い合わせをしてから指示に従って返品しましょう。

公式サイトを開くと自動返答チャットで質問などができるようにはなっていますが、返品の問い合わせは受け付けていません。また、最初にフリーダイヤルで問い合わせていない場合、返品しても返金してもらえない可能性があるので注意が必要です。

返品・交換時に使用するフリーダイヤルはこちら⇒0120-040-040

受け付け時間は9時〜19時までとなっていて、日曜祝日は午後5時までなら対応してくれます。

公式サイトを見てみる

【Amazon・楽天vs.販売店vs公式】安く買う方法

お財布に優しいクレンジングですが、どうせなら一番お得な方法で手にいれたいですね!

価格比較(2017年12月現在)

公式サイト店舗Amazon楽天
価格
1,440円1,440円1,440円1,333円
送料無料350円ショップによりあり
30日間返金保証ありありなしなし
特典様々なポイント
無料サンプル
購入ポイントAmazonポイント楽天ポイント

ネット通販では楽天のショップが最安値ですが、送料や返金保証を考えると公式サイトやデパートなどにある販売店舗の方がお得です。

オルビスの公式サイトと販売店舗はほとんど同じように感じられるかもしれませんが、公式サイトでもらえる購入ポイントとは別の、期間限定のポイントは販売店舗では使うことができません。

また、販売店舗でも無料サンプルはもらえますが、品揃えが限られている可能性があるため欲しい商品の無料サンプルがもらえない場合もあります。しかし公式サイトでは品切れや品揃えを気にすることなく、好きな無料サンプルをもらうことができます。

公式サイトを見てみる

オルビスクレンジングリキッドの正しい使い方

オルビスクレンジングリキッドできちんとメイクを落とし美肌効果を望むなら、間違った使い方では実現されません。まずは正しい使い方をマスターしましょう。

  1. 1プッシュ〜2プッシュほどを手に取り肌にのせます
  2. 肌全体に広げながら、優しく撫でる感覚でくるくるとメイクに馴染ませていきます
  3. 凹凸の多い小鼻は中指と薬指で優しく包み込んで、くるくると馴染ませていきます
  4. 目元や口など粘膜周りは、最後にサッと馴染ませてすぐにすすぎます
  5. 水やぬるま湯などでしっかりと洗い流して完了です

クレンジングリキッドの量は、実際に使ってもらった感想では2プッシュくらいあると余裕を持ってメイクに馴染ませられるようです。また、目元や口元はクレンジング成分の刺激を強く感じてしまう場合があるので、水などですすぐ直前にサッと済ませましょう。

その場合、アイメイクが濃くて上手く落としきれないことがあるかもしれません。そういった場合は、ダブル洗顔が必要になってしまいますが、一番肌へのダメージを最低限にして綺麗に落としてくれる、ポイントメイクアップリムーバがオススメです!

公式サイトを見てみる

オルビスクレンジングリキッドと並行したい!毛穴改善方法

メイクを綺麗に落として毛穴詰まりを解消してくれるオルビスクレンジングリキッドはとても便利ですが、毛穴詰まりや黒ずみを改善していくためには他にも様々なケアが必要です。

保湿ケアを行う

肌が乾燥すると表面のキメが荒くなっていき、みずみずしさが失われて毛穴が目立つようになってきます。また、肌のバリア機能が弱ってくるので、体が肌を守ろうとして皮脂を過剰に分泌してしまい、乾燥で広がった毛穴に皮脂が入り込んでしまいます。

さらに乾燥でターンオーバーが上手く行かない状態だと、本来剥がれ落ちるはずの垢が溜まって毛穴に入り込んだ皮脂と混ざり合い、毛穴詰まりを起こしやすいのです。

そういったことを防ぐためには、常日頃からの保湿がとても大切です。

紫外線対策を行う

紫外線も毛穴詰まりや黒ずみの原因になります。紫外線が肌に入り込むと、肌内部の細胞を攻撃してダメージを与えてしまうのですが、表面の角質層の下にある真皮層に紫外線が入り込むことで、コラーゲンやエラスチンなどもダメージを受けてしまいます。

コラーゲンやエラスチンなどは肌にハリや弾力を持たせてくれている組織。これは加齢によっても減少してしまうのですが、紫外線によってさらにダメージを受けて減少してしまうと、肌がたるんだりシワができてしまうのです。

肌がたるむと毛穴も開いてトラブルを起こしてしまうので、そうなる前に、紫外線対策がとても重要になります。

栄養のある食事をとる

きちんとしたスキンケアや対策を行っていても、美肌の材料になる栄養豊富な食事をバランスよくとっていなければ、美しい肌は生まれてきません。

化粧品などで一時的に肌の調子をよくしても、ターンオーバーによって細胞が常に変わっていきますから、継続的に肌の栄養となるものをしっかり食べて補給していかなければならないのです。

具体的には、肌の材料となる良質なタンパク質(肉類、魚類、卵、豆など)や、その合成を助けてくれるビタミン類(緑黄色野菜、フルーツ、豆類など)をバランスよく摂取していくように心がけましょう。

添加物がたくさん入ったインスタント食品やコンビニ弁当、外食などは極力控え、できるなら手作りのものを食べるのが理想的です。

質の良い睡眠をとる

良質な栄養をとって適切なスキンケアを行っていても、夜に良質な睡眠をとることができなければ、ターンオーバーが上手く働くことができません。

ターンオーバーにも深く関わる「成長ホルモン」は、夜10時ごろ〜午前2時ごろの間に多く分泌されることがわかっています。

しかしその時間にしっかりと睡眠をとることができないと、成長ホルモンの分泌を妨げてしまいます。せっかく美肌になる材料や条件が揃っていても、ホルモンの乱れが生じてターンオーバーが正常に行われなくなってしまうので、肌トラブルの原因となるのです。

そのため、なるべく成長ホルモンが多く分泌されている時間帯に熟睡していることが大切。生活習慣を変えていくのはとても大切なことですが、少しつづでいいので意識していくようにしましょう。

公式サイトを見てみる

オルビスクレンジングリキッドの種類は?4タイプの特徴

クレンジングには大きく分けて4つのタイプがあるのですが、それらがどのような特徴を持っているか知っていますか?

リキッドタイプ

リキッドタイプはオイルが入っていない、水分だけのクレンジングです。

通常オイルベースがほとんどの化粧品は水分とは馴染みにくいのですが、親水性の界面活性剤によりメイクがスッと馴染むのでメイク落ちはオイルに次いでよく、ある程度のしっかりメイクでも簡単に落とすことができます。

オイリー肌や毛穴詰まりニキビなどを起こしている人は、オイル分が多いクレンジングだと洗い残しなどで余計に油分がプラスされて、ニキビの悪化や肌トラブルの原因になってしまいます。しかしリキッドタイプならそういう心配がありません。

また乾燥肌の人は、サッパリしすぎると乾燥が酷くなってしまう心配をすることが多いですが、オルビスのクレンジングリキッドは保湿成分がたっぷり含まれているので、メイクオフ後の乾燥対策もバッチリです。

オルビスクレンジングリキッドは、オイリー肌から乾燥肌まで全ての肌タイプに対応できる柔軟性を兼ね備えた、優秀なクレンジングなのです。

ミルクタイプ

ミルクタイプはクリームタイプより水分が多めで多少の油分と乳化されているので、使い心地はクリームタイプよりサッパリしています。クリームほどではありませんがある程度の摩擦を防ぎ、肌に優しい商品が多いのも特徴です。

親油性の界面活性剤が入っている場合は、ミルクタイプで水分の方が多いのでメイクがやや落ちにくい面があり、しっかりメイクには向かない商品が多いです。

保湿力もある程度ありながら、使い心地はサッパリしていることも多いので肌タイプはあまり選びませんが、どちらかというとパウダー系など、落ちやすいナチュラルメイクをしている人に適しています。

クリームタイプ

クリームタイプのクレンジングは、オイル分が多めながら水分も多少含まれていてモッタリとしたクリーム状のテクスチャーです。クリームのクッション性でメイクを馴染ませるので、肌への摩擦はクレンジングの中で一番少なく、敏感肌の人などにオススメ。

クレンジングオフは洗い流すタイプ拭き取るタイプに分かれますが、拭き取るタイプはコットンなどで肌に摩擦を与えるので、気をつけないとダメージを与えてしまうことがあります。

クレンジングオフ後はクリームのベタつきが多少残るので、乾燥肌や敏感肌など皮脂が少ない人にはオススメです。

しかしオイリー肌や、部分的にオイリーな混合肌の人の場合は、肌に残ったクリーム成分が毛穴詰まりなどを起こしてニキビの原因になる場合があるので注意が必要。

また洗浄力がそこまで強くないので、軽いメイクをしている人向けです。

オイルタイプ

化粧品は基本的にオイルベースで作られています。そのためオイルタイプのクレンジングはメイクに馴染みやすくメイク落ちに優れていて、特にウォータープルーフタイプの化粧品を使う場合などは、4タイプの中で一番メイク落ちがよくなっています。

メイク落としが十分でないと肌に成分が残ってトラブルを起こしやすいということで、しっかり落とすためにもオイルタイプが手放せない人は多いでしょう。

しかしオイルタイプという特性で皮脂も一緒に洗い流されてしまい、バリア機能にダメージが加わって乾燥肌になりやすいというデメリットがあります。

オイルタイプに合うのは皮脂が多いオイリー肌や普通肌など、多少皮脂が流れてしまっても回復できる人。その中でも特に優しめのクレンジングだと落ちにくい、しっかりメイクをしている人にオススメです。

皮脂がもともと少ない乾燥肌や、部分的に皮脂が少ない混合肌、敏感肌の人はオイルタイプだとダメージが加わってしまうかもしれません。

公式サイトを見てみる

オルビスクレンジングリキッドの疑問解消!Q&A

それ以外にオルビスクレンジングリキッドについての様々な疑問に答えます!

オルビスクレンジングリキッドはマツエクに使える?

マツエクをしていても安心して使えます。オルビスクレンジングリキッドはオイルではないのでマツエクに影響しません。

配合されている界面活性剤は安全?

親水性の界面活性剤なので、オイルほど皮脂を取り除かなくて肌に優しいです。

オイルタイプのクレンジングに含まれている親油性の界面活性剤は、肌を守っている皮脂がオイルに馴染みやすいゆえ、皮脂を簡単に浮かして一緒に洗い流してしまうので、肌へのダメージが大きいです。

詰め替え用のボトルへの移し方を知りたい!

切り口を切って、ノズルの先をボトルにくっつけて流し込むだけです。ノズル部分にストローのような硬めのプラスチックが入っていて、こぼれにくい構造になっています。

マツキヨなどの薬局では市販されてる?

残念ながら薬局などでは市販されていません。インターネット通販か、直営店での購入になります。

オルビスザクレンジングワンとの違いは?

クレンジングワンのほうが洗浄力が強く、ウォータープルーフマスカラもスルスルと落とせます。保湿成分もそのぶん含まれていますが、洗浄力が強力なため肌への負担が大きいです。

どちらもオイルカットで水に濡れた手でもメイクが落とせて、マツエクをしていても問題ありません。

公式サイトを見てみる

低負担で洗浄力を求めるならオルビスクレンジングリキッド!

ある程度のしっかりメイクでもきちんと落としたい!でも肌に負担がかかるのは避けたい!そしてできるならマツエクをしていても使えるオイルカットクレンジングがいい!お風呂でクレンジングもいっぺんにやっちゃいたい!

というわがままを全て叶えてくれる、オルビスクレンジングリキッド。肌に優しいだけでなくお財布にまで優しいので、至れり尽くせりに思えてしまいますね。クレンジングで悩んでいる人はぜひ一度試してみませんか?

公式サイトを見てみる