ニキビの原因はアレだった!敵を知って正しいケア!繰り返す炎症ループから抜け出そう!

| スキンケア
Share:

ニキビ撲滅には原因を知るのが早道!専門家が徹底解説!

色々試しているのに中々ニキビが治らない、治ってもすぐにまた出来てしまうと悩んでいる人も多いでしょう。そんなニキビを改善するには、原因を知るのが一番の近道です。

そもそもニキビには思春期にできる思春期ニキビと、大人になってからできる大人ニキビの2種類あります。この2種類のニキビは、それぞれできる原因が違うのです。そこでニキビができる原因を、徹底調査。

  • 調べたサイト⇒32サイト
  • 参考にした専門家の意見⇒3人
  • ニキビができる主な原因の数⇒8つ

思春期と大人ニキビそれぞれできる原因を始め、部位別の原因も詳しく解説。ニキビができるメカニズムや、頑固な背中ニキビの原因までニキビに関する原因の全てをまとめました。原因を知って、頑固なニキビを撃退しましょう。

ニキビの種類とメカニズム

まずはなぜニキビができるのか、そのメカニズムを知るところから始めていきましょう。またニキビの種類も詳しく解説していきます。

毛穴詰まり、皮脂の過剰分泌がニキビへと進行

ニキビは「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と呼ばれる皮膚病の一種です。簡単に言うと、皮脂などが毛穴に詰まり毛穴が炎症を引き起こしている状態のことを言います。

何らかの原因で皮脂や古い角質などが毛穴に溜まると、毛穴詰まりを引き起こします。毛穴が詰まると、今度はそこにアクネ菌が繁殖。アクネ菌は皮脂などをエサに増殖することで、炎症を引き起こしニキビへと発展するのです。

ニキビ(尋常性ざ瘡)の種類

ニキビには主に微小面ぽう・閉鎖面ぽう・開放面ぽう・赤色丘疹・膿疱・嚢胞の6種類あります。実はニキビは症状が悪化するにつれて名前が変わっていくのです。ではそれぞれの特徴や症状を詳しく見ていきましょう。

微小面ぽう

微小面ぽうは毛穴が硬く収縮してしまっている状態で、毛穴に皮脂などが詰まりやすい状態になっています。ただこの段階ではまだ肉眼で見えるニキビのようなものはできていません。

閉鎖面ぽう(白ニキビ)

閉鎖面ぽうは皮脂や古い角質などが毛穴に詰まり、毛穴を塞いでしまっている状態です。見た目が白いことから「白ニキビ」とも呼ばれています。この白ニキビはニキビができ始めた初期段階になります。

開放面ぽう(黒ニキビ)

開放面ぽうは、毛穴に詰まった皮脂などが外の空気に触れることで酸化し黒くなった状態です。別名「黒ニキビ」とも呼ばれています。白ニキビ同様、まだ初期段階です。

赤色丘疹(赤ニキビ)

白ニキビや黒ニキビを放置しておくと、毛穴の中にアクネ菌が繁殖し炎症を引き起こします。この状態を赤色丘疹です。炎症を起こし見た目が赤くなっていることから「赤ニキビ」とも呼ばれています。炎症を起こすことで、痛みを伴うことが多いです。

膿疱(黄色ニキビ)

赤ニキビがさらに悪化し、毛穴の中が膿んで黄色くなってきた状態を膿疱です。見た目が黄色いことから「黄色ニキビ」とも呼ばれています。黄色ニキビにまで症状が進むと、アクネ菌以外にもブドウ球菌も増殖。一刻も早い治療が必要になります。

嚢胞(紫ニキビ)

黄色ニキビがさらに悪化すると、毛穴の中に膿と血が混ざった状態の嚢胞になります。別名「紫ニキビ」とも呼ばれるこのニキビは、ニキビが最大まで悪化してしまった状態です。紫ニキビにまで悪化すると、病院などで治療を受けても高い確率でニキビ跡ができてしまいます。

20代からの大人ニキビの原因

20代以降にできる大人ニキビは、吹き出物とも呼ばれています。そんな大人ニキビは主にUゾーンと呼ばれる、フェイスライン・顎・首周りにできやすいのが特徴の一つ。そんな大人ニキビができる原因は一体何なのでしょうか。

ストレス

現代人の多くが抱えているストレス。そんなストレスもニキビができる原因の一つです。ストレスを感じると体が緊張し興奮状態になることから、交感神経が優位に立ちます。

そもそも私たちの体はリラックス状態にある副交感神経と、興奮状態にある交感神経の2種類の自律神経があります。それぞれがバランスよく働くことでバランスを保っているのです。

そんな中ストレスで交感神経が優位に立ち続けると自律神経が乱れ、皮脂の分泌を促すアドレナリン男性ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。さらに男性ホルモンには肌を固くする働きもあるため、毛穴が詰まりやすい状態になってしまうのです。

肌の乾燥

ニキビと肌の乾燥、一見関係なさそうに見えますが、実は大人ニキビの主な原因はこの乾燥から来ていることが多いのです。肌が乾燥すると肌を外の刺激から守っているバリア機能が低下します。

バリア機能が低下すると体は肌を守ろうと、必要以上に皮脂を分泌。さらに肌が乾燥することで、毛穴が収縮し狭くなってしまいます。ただでさえ毛穴が狭く詰まりやすい状態の中、皮脂の過剰分泌で一気に毛穴詰まりを引き起こしニキビができやすくなってしまうのです。

間違えたスキンケア

ニキビを何とか治したいと、1日に何度も洗顔を行う人も多いでしょう。しかし過度な洗顔は必要な皮脂までも取り除くことで、肌が乾燥してしまうのです。また洗浄力の強い洗顔でゴシゴシ洗ったり、保湿を行なわないのも乾燥を招きニキビを引き起こす原因になります。

そのため洗顔は1日2回、洗顔料などは肌に優しいマイルドなものを選ぶ、洗顔後は保湿を行なうなどを徹底する必要があるのです。しかし中にはどんな洗顔料やスキンケア商品を選べば良いか迷ってしまう人もいるでしょう。

そんな人は「ルナメアAC」のセットがおすすめ。ではルナメアACの特徴を簡単に説明していきます。

ルナメアAC

\大人ニキビの為に作られたスキンケア用品/

Source: Amazon

ルナメアAC

  • 編集部評価:★★★★★ 総合93点
  • 価格:1,080円(送料無料)
  • 内容量:メイク落とし3ml×7、洗顔料15g、化粧水(ノーマル)30ml、化粧水(しっとり)3ml×2、クリーム12g
  • メーカー富士フイルムヘルスケア ラボラトリー

大人ニキビに悩む人のために作られたスキンケア用品です。ニキビの原因でもあるアクネ菌を撃退するのはもちろん、毛穴に詰まった油脂も吸収。さらに4種類の天然保湿成分が、肌にたっぷりの潤いを与えてくれます。

ニキビのもとができにくい「コメドジェニックテスト済み」なうえ、香料や着色料不使用で肌にも優しいです。お得な1週間トライアルセットがあるので、ぜひ一度試してみてくださいね。

公式サイトを見てみる

乱れた生活習慣

乱れた生活習慣も大人ニキビを引き起こす原因の一つ。中でも睡眠不足が続くとホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの過剰分泌に繋がります。また古い角質を剥がし新しい肌へと生まれ変わらせるターンオーバーは、寝ているときに活発に行われます

寝不足が続くとターンオーバーが乱れ、角質層が分厚くなってしまうことでもニキビができやすくなってしまうのです。ニキビを改善するためにも、最低7時間以上の睡眠を心がけると良いでしょう。

10代の思春期ニキビの原因

大人ニキビとは違い、皮脂の分泌が多い額や鼻などのTゾーンや頬などにできやすい傾向にあります。そんな思春期ニキビができる原因は一体何なのでしょうか。

皮脂の過剰分泌

思春期ニキビの中で特に多いのが皮脂の過剰分泌です。特に思春期の時期は、第二次性徴期(12~18歳頃)とも呼ばれ、成長ホルモンや男性ホルモンの分泌も盛んになることで皮脂の分泌も盛んになります。

また思春期の時期は人間関係や学校など、ストレスも抱えやすいデリケートな時期です。そのため過度なストレスなどが原因でも皮脂の過剰分泌を引き起こし、毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。

ホルモンバランスの変化

思春期ニキビができる中学生以降は、ホルモンバランスも大きく変化する時期です。この時期は男女とも生殖器が発達する時期でもある為、男の子は男性ホルモンが、女の子は女性ホルモンの分泌が盛んになります。

女性ホルモンの中でも、排卵日後から生理前まで盛んに分泌される黄体ホルモンには、皮脂の分泌を盛んにする働きがあります。ですので女の子は特に生理前にニキビができやすくなるのです。

ニキビに良くない食べ物の摂り過ぎ

思春期の時期は友達とジャンクフードを食べたり、勉強の合間にお菓子を食べたりなど、食生活が乱れることもあるでしょう。特に思春期は成長期なので、お腹がすくことも多くニキビに良くない脂っこいものや甘いものを好んで食べる人も多いです。

逆にニキビに良いとされている野菜や魚、キノコや海藻などあまり食べない子も多いです。そのため食生活の乱れや栄養の偏りなども思春期ニキビができやすくなる原因の一つと言えます。

肌を清潔に保てていない

思春期の頃は汗をたくさんかくことも多く、肌が不潔になりやすいです。そんな状態を放っておくと、肌が不潔になりアクネ菌が繁殖しやすくなります。また整髪料や長い髪が顔に付くなども良くないので、できるだけ肌を清潔に保つことが大切です。

ただし洗顔のし過ぎは逆に肌の乾燥を招いてしまいます。大人ニキビ同様洗顔は1日2回まで、たっぷりの泡で優しく洗うようにしましょう。泡の洗い残しはニキビの原因に繋がる為、洗い残しのないようしっかりすすぐのもポイントです。

またスキンケア用品は、ニキビ用のものを選ぶとニキビ改善の近道です。ちなみに思春期ニキビには「プロアクティブ」がおすすめ。

プロアクティブ(スキンケアセット)

\13年連続No.1の薬用ニキビケア用品/

Source: 公式サイト

プロアクティブ(スキンケアセット)

  • 編集部評価:★★★★★ 総合91点
  • 価格:4,900
  • 内容量:洗顔料60g、美容液30g、クリーム30g
  • メーカー:ザ・プロアクティブカンパニー

世界中で2,000万人もの愛用者がいる人気の薬用ニキビケア用品です。そんなプロアクティブは、殺菌効果に優れたサリチル酸を、3つのスキンケア用品全てに配合。

さらに毛穴の汚れを落とすのはもちろん、毛穴の奥深くまで有効成分が浸透するため、より効果的にアクネ菌にアプローチできるのです。60日間返金保証付きなので、気軽に試せるのも魅力の一つと言えます。

公式サイトを見てみる

顔のニキビは内臓の不調?場所別の原因診断!

顔のニキビはできる場所によって原因が違うことを知っていますか。中には内臓の不調からくるニキビもあるのです。では部位別の原因を詳しく見ていきましょう。

おでこ

おでこや眉間、こめかみなどにできるニキビの主な原因は、外からの刺激によるものです。おでこは顔の中でも特に皮脂の多い部位なうえ、髪の毛が触れやすい部位になります。

また毛のおでこの毛の生え際やこめかみは、シャンプーの時すすぎ残しが発生しやすい部位でもあるのです。髪の毛やシャンプーなどの外的刺激が原因で、ニキビが発生してしまいます。他にも胃腸の調子が悪い場合も、おでこにニキビができることがあります。

鼻の下にできるニキビは、ファンデーションや紫外線などの外的刺激が原因の場合が多いです。また鼻を頻繁に触る癖などが原因で、ニキビができることもあります。外的刺激以外にも、肝臓・大腸・肺の不調からできることもあるのです。

ちなみに鼻の頭にできる黒いブツブツ(イチゴ鼻)も実はニキビです。こちらは黒ニキビで、外的刺激や皮脂の過剰分泌が主な原因になります。

頬にできるニキビは、髪の毛が頬に触れたり化粧や紫外線など外的刺激も原因の一つです。頬は顔の部位の中でも乾燥しやすいため、乾燥による皮脂の過剰分泌でもニキビができます。

他にも胃腸の不調や肝機能障害油っこいものや甘いものの食べ過ぎなども原因として考えられます。

顎にできるニキビは、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどから来るホルモンバランスの乱れが原因です。さらに顎は皮脂の分泌が少なく、乾燥しやすい部位になります。

そのため過度な洗顔による肌の乾燥も、顎ニキビを引き起こします。

口周り

口周りのニキビは、主に食べたものが口に付くなど、外的刺激によるものも多いです。他にもビタミン不足やホルモンバランスの乱れが原因として考えられます。

そして一番気を付けなければいけないのが、胃の不調です。口周りにできるニキビは胃の不調を表しているともいわれているため、食べ過ぎや飲みすぎ、暴飲暴食を行っている人は胃の不調からきている可能性が高いと言えます。

顔の左右どちらかにできるニキビ

顔の左右どちらかにだけニキビができるという人もいます。その原因は、ニキビができている方の顔を良く触る、髪がかかっている、同じ方ばかり向いて寝ているなどの外的刺激が考えられます。

また片方だけリンパの流れが滞っている場合や、ホルモンバランスの乱れもどちらか一方にニキビができる原因です。

ニキビの原因になりやすい食べ物

食べ物が原因でニキビを引き起こすこともあります。ではどういった食べ物がニキビになりやすいのでしょうか。

刺激の強いもの

激辛など刺激が強いものもニキビの原因に繋がります。なぜなら刺激の強いものを食べると、痛みの感覚が刺激され、脳に痛みとして伝わるのです。痛みとして伝わると、早く体の外に出そうと胃液が過剰に分泌され、胃腸不良の原因にも繋がります。

胃腸が弱ってしまうことで消化がうまくいかず、体内に栄養が行き渡らないうえ毒素がたまってしまいます。こうした毒素がニキビとなって肌に現れてしまうのです。

脂っこいもの

揚げ物やバターなどの動物性脂肪には、皮脂腺を刺激する働きがあると言われています。そのため脂っこいものをたくさん食べると、皮脂の過剰分泌に繋がるのです。

また脂っこい食べ物をたくさん食べると、コレステロール値が上がります。コレステロール値があがると血液の流れが悪くなり、肌の代謝が低下。古い角質が溜まることでニキビができやすくなるのです。

糖分の多いもの

チョコレートやケーキなどの甘いものもニキビができる原因の一つです。なぜなら甘い食べ物には大量の「糖分」が含まれています。

糖分をたくさん摂取すると、皮脂の分泌を抑えたりターンオーバーを整えるビタミンB群を大量に消費してしまいます。また糖分には皮脂の分泌を促進したり、皮脂が硬くなり毛穴詰まりを起こさせやすくする働きもあるのです。

甘い食べ物以外にも、お酒やカフェインなどもニキビには良くありませんので覚えておきましょう。

背中のニキビの原因は?意外な○○の可能性!

ニキビは顔だけでなく、背中にもできることが多いです。特に背中ニキビは、頑固で中々治らないうえ治ってもまた出来る厄介な存在。

そんな背中ニキビの多くは、マラセチア菌によって引き起こされています。アクネ菌とマラセチア菌は元々私たちの体におり、アクネ菌=細菌マラセチア菌=カビといった違いがあります。

ちなみにマラセチア菌によって引き起こされるニキビは、正式には「マラセチア毛包炎」という皮膚病の一種です。そんなマラセチア菌によってできる、背中ニキビの主な原因は以下の通り。

  • シャンプーのすすぎ残し
  • 下着などの摩擦
  • 皮脂の過剰分泌
  • ホルモンバランスの乱れ

特に背中は見えにくいため、知らず知らずのうちに不衛生になってしまっていることも多いです。また乾燥からくる皮脂の過剰分泌も背中ニキビの原因の一つ。そのため背中を清潔に保つのはもちろん、顔と同じくスキンケアを行う必要があるのです。

しかし背中は顔よりも肌が分厚いため、顔用のニキビケアでは思うような効果が得られないことも多いです。そこでおすすめなのがオルビスの「クリアボディローション」。ではクリアボディローションについて、詳しく見ていきましょう。

オルビス クリアボディローション

\逆さスプレーで簡単噴射/

Source: 公式サイト

オルビス クリアボディローション

  • 編集部評価:★★★★★ 総合91点
  • 価格:1,404
  • 内容量:215ml
  • メーカー:オルビス

グリチルリチ酸ジカリウム漢方植物エキスが背中ニキビにアプローチ。ニキビ改善はもちろん、肌バリア機能を高め、ニキビができにくい肌へと導いてくれます。

逆さまにした状態で噴射できるため、使い勝手が良いと好評です。また背中全体にまんべんなく吹きかけれるため、より効果的に使えるのも魅力の一つ。サンプルがあるため、試せるのも嬉しいですよね。

公式サイトを見てみる

ニキビの原因に合ったケアでツルツル美肌になろう!

ニキビと一言に行っても、原因は様々です。しかし原因が分かればその原因に合わせた対策を取ることで、簡単にニキビを改善することができます。まずは今回紹介した原因を参考に、普段の生活を見直してみてください。

そして今回紹介したオススメアイテムもうまく取り入れながら、ニキビのないツルツルの肌を目指してみてはいかがでしょう。